恐ろしき孫子の兵法



◆また北朝鮮がミサイルを打ち上げました。轟々たる国際非難を浴びながら性懲りもなく愚行を繰り返す北朝鮮の金正恩、その後ろにはやはり中国が関わり、糸を引いているようです。

◆中国には4千年の歴史があると言われていますが、世界でもこれほど陰険で厄介な民族は他にいないのではないでしょうか。
トランプ政権は、ICBM発射や核実験を」繰り返す北朝鮮の金正恩を空母や爆撃機でけん制する傍ら、習近平に対し北朝鮮のミサイルによる挑発を止めるよう再三要求していますが、習近平は生返事するばかりで一向に効果的な手段を講じようとしていません。

◆極貧国北朝鮮が打ち上げるICBMは一発700万ドル(約7億円)と言われていますが、これは1970年のコストだそうで、新型ICBMであるピースキーパーは7000万ドル(約70億円)と言われています。
これらの弾道ミサイルは2,3トン運ぶことが可能で1トンあたり2,30億円かかると云うことです。 そのような高価なミサイルを惜しげもなくぶっ放す金正恩という狂人独裁者の愚行のせいで、一般市民は食べ物にも困窮し、飢餓に耐えられず人肉が食べられているということです。




金正恩体制で露呈した極限の人肉食

強制労働収容所での人権侵害に続いて明らかになった壮絶な飢餓の実態

2012年5月24日(木)15時23分

正恩
体制は変わらず 金正恩第1書記(中央)はよく肥えているが Bobby Yip-Reuters

 食べるものがなく極限まで追いつめられた人間はどうするか――厳しい食糧難が続く北朝鮮で、壮絶な実態が新たに明らかになった。

 韓国の政府系研究機関、統一研究院が新たに作成した人権白書では、公開処刑を目撃したという脱北者230人の証言を集計。これによると、2006年以降に公開処刑された者の中には、人肉を食べたり売ったりした者が少なくとも3人は含まれていたという。

 ある男は同僚を殺害して体の一部を食べ、残りを羊の肉と偽って市場で販売しようとしたらしい。中国との国境に位置する恵山市では3年前、食糧不足に困窮した者が少女を殺して食べる事件が発生。3件目の事件は昨年発生したようだが、詳細は分からない。

 このニュースを報道した韓国の聯合ニュースは、北朝鮮の情報統制が厳しいため、いずれの事件も裏づけを取ることはできなかったとしている。

繰り返す失政と飢饉

 北朝鮮ではデノミを断行した09年以降、食糧難が一層悪化したとみられる。
 だが01年に脱北したある公務員の証言によれば、99年以降にも10件以上の人肉食事件が発覚したらしい。

 200万人近くが死亡する大飢饉が発生した90年代半ばにも、人肉食事件が複数発生したと言われている。

 常軌を逸した人権侵害疑惑は他にもある。4月には、ワシントンの人権団体「米北朝鮮人権委員会」が北朝鮮の強制労働収容所で行われている過酷な人権侵害を告発したばかりだ。

 同団体は衛星画像や収容所の脱走者、元看守の証言を収集して分析。その結果、約20万人の政治犯が収容所に入れられており、1人の政治犯のために家族全員が収容されているケースもあると指摘している。

 当の北朝鮮政府は、強制労働収容所の存在そのものを否定している。

(GlobalPost.com特約)




◆トランプ政権はこうした飢餓状態にある北朝鮮に更なる経済制裁を加えるべ日本、中国、ロシア等に働きかけていますが、これは人道に反する行為ではないか、更なる餓死者、人肉食を推進することにはならないだろうかと懸念されます。米軍は金正恩斬首作戦を進めているようですが、正恩はそれを恐れて脱北する手はずであると英紙が伝えています。




元公使、金正恩らの中国逃亡計画を暴露=英紙

2017年08月22日 15時02分

英メディアは金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長は米国などの暗殺行動から逃れる、中国逃亡計画を策定したと報じた。

正恩視察

写真は新型エンジンのテストを視察する金正恩氏。(STR/AFP/Getty Images)

昨年7月韓国に亡命した元北朝鮮外交官の太永浩(テ・ヨンホ)氏はこのほど、英メディアに対して、金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長は米国などの暗殺行動から逃れるため、すでに中国逃亡計画を策定したと述べた。 

 英紙・エクスプレス電子版(20日付)は、太永浩・元北朝鮮駐英公使は脱北後に、金正恩の逃亡計画情報を英米情報機関「軍情報部第5課(MI5)」と「中央情報局(CIA)」に提供したと報じた。

 同計画では、金正恩が中国に逃亡する際、妻の李雪主(リ・ソルジュ)のほかに、北朝鮮軍の金絡謙(キム・ラクキョム)戦略軍司令官とミサイル開発キーパーソンの一人である金正植(キム・ジョンシク)が同行するという。

 太氏によると、李炳哲(リ・ビョンチョル)元空軍司令官の名は同計画に入っていない。理由は不明だという。

また、金正恩らが中朝両国の国境にある鴨緑江の中国側に入った後、引き続き「米軍への戦闘を指揮していく」。

 金正恩らが逃亡に備えて、2機のプライベートジェット機を24時間待機させている。金正恩は妻の李雪主と金正植と別々の飛行機に乗り込む計画だ。

 同計画に金正恩の娘、ジュエ氏の名前がないと太氏が述べた。

 今年初め、太氏は韓国メディアの取材で、金正恩政権に対する北朝鮮国民の不満が高まり、同政権が間もなく崩壊するだろうと発言した。また、金正恩政権が存在する限り、北朝鮮は核・ミサイル開発を続けるため、国際社会が対話だけでは北のミサイル問題を解決できないとの見解を示した。

(翻訳編集・張哲)

http://www.epochtimes.jp/2017/08/28225.html




◆北朝鮮がどんなに経済制裁を加えられても、潰れないのはすべて中国は裏から支えているからなのです。表面的には北の対中関係は最悪だということになっていますが、実際には、中国が陰になり日向になって金王朝をしっかり支えているのです。軍事力において中国は米国の敵ではないことを十分知っていますので、なるだけ米国を刺激しないように、トランプの云う通りに国際協調を取っている振りをしていますが、これが中国式外交、いわゆる兵法、面従腹背の術です。

◆国際的な経済制裁がかけられているので、北朝鮮は自国の産物を大ぴらに海外に輸出できません。そこで中国は、北の産物を密輸して自国内に入れ、中国の産物として世界に流通させるという手法を使っているのです。南北朝戦および中国と云う特定亜細亜の関係は単純な日本人のメンタルでは理解できませんね。




国連制裁

北朝鮮の海産物、「中国産」で世界に流通

2017年08月23日 07時00分

2017年2月、北朝鮮南西部・黄海南道(ファンヘナムドウ)にあるナマズ養殖場を視察する金正恩・朝鮮労働党委員長。朝鮮中央通信が公開した

ナマズ

(STR/AFP/Getty Images)

 国連の北朝鮮経済制裁決議が全会一致で採択された後、中国は北朝鮮の海産物の禁輸措置を取るなど、具体的な動きがみられる。いっぽう専門家は、これまで中国は、北朝鮮産の水産物を「中国産」として世界の市場に流通させていたとして、中国は対北朝鮮制裁の「抜け穴」だと指摘する。

 中国政府は制裁対象となった北朝鮮からの海産物などの輸入を今月15日から全面的に禁止すると発表した。16日、実際に中朝国境の丹東では、北朝鮮からのトラックが中国に入国できずに引き返した、と米ニューヨーク・タイムスなどが報じている。

アメリカ国連大使

 しかし、中国はこれまで、国連制裁を無視したり、独自に反発していたため、今回の制裁も厳格に履行するかどうかは懐疑的な見方は多い。

 米コロンビア大学・韓国法学研究センターのヘンリー・フェロン氏は、ブルームバーグの取材に応え、中国が表向きに貿易を制限しても、中朝貿易の関係者は既にこのような制裁をかいくぐるのに「精通している」と述べた。

 昨年、北朝鮮の数少ない財政収入源のひとつ、海産物の輸出額は1.96億ドルで、ほとんどは中国への輸出だった。
 フェロン氏は、こうして北朝鮮から輸入された海産物は「中国産」のラベルを張られて、中国を経由して世界に輸出されていると指摘する。

 制裁の履行について、現場からも声があがる。ロイター通信は16日、丹東で取引する中国人漁師を取材し「中国は本当に輸入禁止にできるのか? 何千(トン)もの食べ物がこの貿易に依存しているのに」との声を拾った。

 韓国の国営機関・大韓貿易投資振興公社の調べでは、昨年の北朝鮮の対中貿易は全体の92.5%を占め、過去最高となり、3年連続90%台の高水準を記録した。

(翻訳編集・叶清/齊潤)

http://www.epochtimes.jp/2017/08/28192.html




◆昔に比べ、昨今はビジネススーツがバカに安くなっています。バブル期はアルマーニなどイタリア製スーツなら100万円以上もしましたが、今では青山とかアオキなどの店では、吊るしなら2着で4万円を切るというような価格で売られています。それもこれも中国より人件費が三倍も安い北朝鮮製だからでしょう。




「中国製」の服は実は「北朝鮮製」?「ほとんどの発注企業が気づいていない」 

縫製工場
福建省晋江にある中国の縫製工場。2017年7月撮影。 (STR/AFP/Getty Images)

  ロイター通信は、中国アパレルメーカーは、人件費が大幅に安い北朝鮮の工場に衣服を縫製させ、「中国製」と偽って世界各地に輸出している、と報じた。

 北朝鮮に最も近い中国遼寧省丹東市にアパレル卸問屋は数十社あり、アメリカ、ヨーロッパ、日本、韓国、カナダ、ロシアの企業に製品を卸している。

 同市のアパレル企業の社長(朝鮮族)はロイターの取材に対し、「世界各国から受注している。(中略)相手の外国企業の大半は、商品が北朝鮮製造であることに気づいていない」と話した。

 国連の対北朝鮮経済制裁は織物の輸出を禁止していない。中国企業が北朝鮮に生地やその他の原材料を提供し、北朝鮮で完成した衣服を中国に輸出する。「ごく一般的なやり方」「約75%の製造コストを節約できる」などと業界関係者らがロイターに話した。

 中朝国境からおよそ300キロ離れた大連市のアパレル業者は「北朝鮮の織物会社は先々まで生産スケジュールが埋まっているため、注文が断られた」と話した。

 北朝鮮貿易投資促進局のデータによると、2016年、織物のうち衣類の輸出額は7.62億ドルに達し、石炭と金属に次ぐ同国第二の輸出品目である。国連が経済制裁を強化しているにもかかわらず、2016年の同国の輸出総額が前年比4.6%増の28.2億ドルに達した。今月初旬に採択された最新の国連制裁決議は、北朝鮮の石炭輸出を全面的に禁止した。

 中朝両国間の貿易統計から、中国が依然として北朝鮮の経済を支えていることがわかる。中国税関当局(海関総署)の発表によると、今年上半期、中国の対北朝鮮輸出が前年比30%増の16.7億ドル、主な輸出品目は国連制裁の対象ではない織物の原材料や、労働集約型商品などである。

 オーストラリアの世界大手サーフブランド「リップカール (RIP CURL)」が昨年、自社ブランドの中国製スキーウェアの一部が北朝鮮製造であることが判明したと公表し、「受注先一社の不正行為が原因」として公で陳謝した。

 オランダのコンサルティング会社GPIによると、北朝鮮国内では全国展開の大手織物会社は15社、中堅織物業者は数十社が稼働している。製造業労働者の最低賃金(月額)は75ドル、平均月収は170ドル(中国は約3~4倍)だという。

(翻訳編集・叶清

http://www.epochtimes.jp/2017/08/28172.html




◆中国が北朝鮮を庇護しているのは、やはり米国と日本を警戒しているからで、米中を牽制するには北朝鮮が大きな役割を果たしているからです。北のミサイルは日本とアメリカに向けられているだけで、決して中国に向けられているわけではありません。中国にとってみれば北朝鮮の存在は矛であり盾でもあるわけです。だから、原油の輸出も停止しないし、北朝鮮からの石炭輸入も秘密ルートで行っているのです。




経済制裁

中国の原油輸出停止なしに、北朝鮮の核は止められない=専門家

2017年08月17日 13時47分

国際会議朝鮮制裁

国連安全保障理事会は5日、北朝鮮に対して、更なる厳しい制裁決議を全会一致で可決した。専門家は、中国からの原油を停止しなければ、北朝鮮は核ミサイル開発を止めないだろうとの見方を示した(EDUARDO MUNOZ ALVAREZ/AFP/Getty Images)

 北朝鮮の相次ぐ核・ミサイル挑発に対して、国連安全保障理事会(安保理)と米国、欧州連合(EU)などの国際社会は経済制裁を強化している。専門家たちは、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による軍事挑発をとめるには、中国から北朝鮮への原油輸出停止が必要だとの見方を示す。

 8月5日、新たに国連安全保障理事会が下した北朝鮮への制裁で、「民間用」の石炭輸出を全面禁止となった。このため、今年の北朝鮮はさらなる経済難と食糧不足に陥る見通し。国連食糧農業機関(FAO)と世界食糧計画(WFP)は、北朝鮮住民の約40%がすでに栄養失調にかかっていて、3分の2は国際救護団体の食糧援助に依存していると伝えている。
北朝鮮への国連制裁

「あまり大きな影響ない」=専門家

 戦略シンクタンクHIS Markitのラジブ・ビスワス氏はブルームバーグの取材に応え、金正恩政権は、こうした「国難」にもかかわらず、武器販売や麻薬取引など様々な違法ルートを通じて資金調達し、核・ミサイル開発を続けるだろうとみている。また、今回の制裁には原油輸出を禁止が含まれていないため、軍事挑発を止めるほどの高い効果はないと指摘した。

 ほかにも、制裁の効果を評価しない声がある。韓国ソウル拠点の韓米外交学会のシン・ソンチョル会長は、金正恩政権の政策である核ミサイル開発を止めるには、制裁として、中国から北朝鮮への年間50万トンの原油出荷を禁止し、現在、外貨調達のために数万人いる国外北朝鮮労働者の入国を停止すると国連加盟国に対して求めることが必要だと述べた。

 これまで中国は、国際社会から国連の対北制裁決議案を正しく履行してこなかったと非難されてきた。むしろ、他国が北朝鮮との貿易関係を断絶した隙間さえ埋めるような動きを見せている。貿易統計がそれを示している。

 韓国国営・大韓貿易投資振興公社(KOTRA)の最新報告書によると、2016年の北朝鮮の総貿易量は、前年より4.7%増の65億5000万米ドル、対中国依存度が92.5%で過去最高を記録し、3年連続で90%を上回ったことが明らかになった。

 また、中国税関当局が7月中旬に発表した統計によると、今年上半期(1月~6月)の北朝鮮からの輸入量は前年同期比で13%減少し、8億8800万ドルになった。しかし、中国の北朝鮮への輸出量は29.1%増加している。

 2012年、金正恩政権の登場以来、北朝鮮経済は年間平均1.2%成長を記録した。特に昨年の場合、3.9%の経済成長を見せた。

(翻訳編集・齊潤)

http://www.epochtimes.jp/2017/08/28190.html






◆米国の国家安全問題に詳しいCBSテレビのフラン・タウンゼント氏は、中国政府は制裁に同意していながら、対北朝鮮支援を従来通り行っている。核・ミサイル発射の資金の8割は中国からだと指摘しています。しかもミサイル誘導には中国の衛星を利用させているというのですから、こんな酷い話はありません。




疑われる中国の関与

北朝鮮のミサイル実験 中国の衛星利用か=米メディア

2017年05月29日 12時45分

中国のナビ

衛星ナビゲーションネットワークのないところで弾道ミサイルを目標に誘導させることはできない。北朝鮮が中国の衛星ナビゲーションシステムにアクセスしている可能性について、「中国からの協力が不可欠だろう」と軍事専門家は述べている

国際社会の中で、北朝鮮の度重なるミサイル発射実験を憂慮する声が高まっている。ミサイル発射には、衛星からのナビがなければ標的に誘導することは不可能であるため、システムを有していない北朝鮮は中国のものを使用している可能性があるという。

米誌「ナショナル・インタレスト」5月23日が報じた。

ナビのないミサイル発射か、中国の衛星を利用か 憶測飛びかう

 発射されたミサイルは、人工衛星がナビの役割を果たし、目標に到達する。しかし、北朝鮮はその衛星ナビを持っていない。そのため、そもそもナビを利用していないか、あるいは中国の衛星ナビシステムにアクセスしているなど、様々な憶測が飛び交っている。

 2014年には北朝鮮の技術者が中国で、中国の衛星測位システム「北斗」の操作技術に関する研修を受けていることが、報じられている。また、伝えられるところによると、中国の軍事専門家の話として、中国側は北朝鮮が「北斗」のナビゲーションシステムを軍事行動に用いることを阻止することができないという。

 中国の「北斗」は、米国の全地球測位システム(GPS)の機能と同じように、民間・商業用のシステムと、軍事用システムの2つのナビサービスを提供している。米国のは全世界を範囲とするが、「北斗」は一部地域に限定される。軍事バージョンには電子妨害抵抗性が備わっており、精度も高いと言われている。

 軍事用の「北斗」が北朝鮮に使用されているのかは確認されていないが、北朝鮮のミサイルが電子妨害されやすい民間用の「北斗」を使用していることについても疑いの余地がある。

 米国の「憂慮する科学者同盟(UCS)」グローバル・セキュリティー・プログラムのシニアアナリスト、グレゴリー・クラツキー氏は、「中国の非公開通信バンドを正確に使用するには、北朝鮮は特殊なチップを必要とし、中国からの協力が不可欠だろう」と分析している。

 同雑誌によると、ワシントンはこの件について北京側と話し合う必要がある。その際、「北斗」問題と、それが北朝鮮の拡大し続けているドローン部隊へのナビ問題も協議事項に含まれるべきである。

(翻訳編集・島津彰浩)

http://www.epochtimes.jp/2017/05/27510.html




◆中国の世界戦略は敵対する国の最高権力者や、法曹界、大学などの知の巨塔を買収することに主眼を置いています。相手が小国なら軍事力で圧倒しますが、到底自国が叶わないと判断したらハニートラップと多額の賄賂で敵を篭絡、内政崩壊を計るのです。




米ハーバード大学、中国から3億6000万ドルの寄付受け取る

2017年08月24日 13時36分

ハーバード

マサチューセッツ州ボストンにある米国最古の大学、ハーバード大学(Kelly DeLay)


 米名門校ハーバード大学は、中国資本から、これまでに少なくとも3億6000万ドルの寄付を受け取っている。元米政府内の軍事諜報アナリストは、中国当局が、米国の最も重要な教育機関を、中国都合に基づいて操作しようとしていると警告する。

 外国勢力の影響力を調べる軍事アナリストだったアンダーズ・コール氏は16日、マイク・ペンス副大統領あてに手紙を送ったことを、ワシントン・ポスト紙に明かした。手紙のなかで同氏は、中国共産党政権のコントロール下にある中国資本が、米エリート大学への巨額寄付の背景には 、教授たちを「中国寄り」にして、米国の政策または世論に影響をあたえる狙いがあると警告した。

 ハーバード大学卒業生であるコールさんは、一例として、中国の軍事関連会社・君桐資本(JTキャピタル)が2014年、同大学に1000万ドルを寄付。同年、中国にもビジネス展開する香港大手不動産開発・香港恒隆集団の代表・陳啓宗(ロニー・チャン)氏は、大学で過去最高額の3億5000万ドルを支援したことを挙げた。

「学問の自由が根幹」ケンブリッジ大学、取り下げ論文を復活

 いずれも寄付の目的は不透明で、コール氏は「大学にはすでに豊富な資金があり、研究と教育の中立性を保つため、この類の巨額な寄付は受けいれるべきではない」と指摘した。

 「ハーバード大学の教授は中国で講演して謝礼を受けたり、著作の出版で印税収入を得たり、中国側が全額持ちの訪問旅行を満喫している」と明かし、米国の学者たちは中国側での好待遇を受け入れて「中国寄り」になりかねないと警鐘を鳴らす。

 コール氏は、最近ハーバード大学の学長と面会したペンス副大統領に対して、こうした中国からの巨額寄付は、財務省組織の対外投資委員会の監査を経るべきだと提案している。また、大学側が見返りとして、米国の技術を中国に提供していないかどうかを調査するよう求めている。

ケンブリッジ大学

 先日、英ケンブリッジ大学出版局は、中国当局の検閲を一時的に受け入れ、中国側から300あまりの論文を取り下げた。現在、すべての論文が復活している。しかし、世界的に権威ある教育機関が中国共産党の圧力により、言論の自由が抑制されたり公平性が失われかねないことに、識者たちは相次いで危惧を示している。

(翻訳編集・佐渡道世)

http://www.epochtimes.jp/2017/08/28232.html




◆まさに地獄の沙汰もカネ次第、象牙の塔もまた然りというわけです。ハーバード大学は陰謀のハザール・マフィア、ロックフェラー家のものですが、中国4000年の歴史から生まれた智謀、孫子の兵法には手も足も出ないということでしょう。ましてや、純情可憐で人を疑うことを知らない日本人は、政界、学会、法曹界、報道界のトップが中国マネーやハニートラップに懐柔され売国に血道を上げている事など想像すらできていないのではないでしょうか。中国のしたたかな戦略の前で、日米の経済制裁が何の役にも立っていないということを身をもって知るべきです。

▼日本を普通の国にするには孫子の兵法を徹底的に研究し、逆転攻勢をかけることだニャ!

bea4022afa50a2d8a5eb4642e4b09246_600.jpg

スポンサーサイト

武士と両班の差



◆韓国には国民情緒法と云う不文律があり、国民情緒に合うという条件さえ満たせば、行政・立法・司法は実際の法律に拘らずに裁判官が判断・判決を出せるというのだから、この国は法治国家ではありません。朴槿恵前大統領はチェ・スンシル疑惑で国民感情を傷つけたとして、100万人規模の蝋燭デモで弾劾されました。名門の没落を目の当たりにした文在寅大統領は、国民情緒(感情)を傷つけないようにひたすら庶民派を装っているようですが」・・・www




017.7.17 17:00

文在寅韓国大統領がブチ切れる日 “庶民派演技”でストレス溜まって… 室谷克実

 韓国の「左翼の星」である文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、よほどストレスをためている。彼はある日突然、ブチ切れて「俺は、本当は偉い人なんだぞ!」と、わめき散らすのではあるまいか。そんな日が近いような気がする。(夕刊フジ)

 20世紀後半にソウルで仕事をしていた同年代の日本人の集まりがあった。常任幹事は会合場所を韓国料理店にしたことがない。
 「みんな酔えば酔うほど、出てくるのは韓国人に対する恨み節ばかり。韓国料理店の従業員と乱闘になってはいけませんからね」

 「韓国人の人生目標とは…」が話題になった。

 「高い地位について、場所と相手をわきまえず威張り散らすこと」という解答に、ほとんどの出席者が同意した。「韓国に仕事で長期駐在したから、そう思う。普通の日本人からしたら“ひどい偏見”としか思えないでしょうがね」との補足意見も出た。

 世の中、すべての関係は「上下」だけの韓国社会だ。そこでは、周囲の人間を「奴隷」扱いできる立場に上り詰め、実際に周囲を「奴隷」扱いすることこそ“偉い人の当たり前”だ。

 小さな宅配ピザチェーンの会長ですら、テナントとして入居しているにすぎないビルが定刻の夜10時に正面シャッターを下ろしたことに激怒する。「俺様がまだいるのに」という理由で、ビル警備員を呼び出して殴る。日本人とは、とうてい融合しない社会常識が支配している。

文 トランプ

 そうした中で、「絶対的に偉い人」である文氏は「謙虚にして庶民的」な振る舞いを続けている。

 「秘書官会議で、自分でコーヒーを注いだ」といった動きが韓国紙をにぎわしている。添付写真を見ると、秘書官がみんな大統領と同じような服装をして“顔を引きつらせた笑い”を浮かべていることが、どうにも気になるが…。

 文氏は、かつての盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で、大統領府民情首席秘書官、さらには大統領府秘書室長を務めた。実質で言えば「権力機構のナンバー2か3」のポストだ。もちろん、マスコミが注視するポストだ。

 ところが、盧政権時代の記事をいくら検索しても「庶民的な文在寅氏」を紹介するような記事は出てこない(=きっと私の検索技術が下手なのだろう)。「独善性」を匂わす記事はヒットする。

 彼が大統領になってから、マスコミの前で見せている「謙虚にして庶民的な振る舞い」は、60歳を過ぎてからしている演技なのだとしか考えようがない。これはストレスをためる。

 文氏はホワイトハウスの入り口で「大韓美国 文在寅」とすべてハングルで記帳した。「大韓美国(ミゴク)」と「大韓民国(ミングック)」とは、ハングルでは1画しか違わない。しかし、「大韓美国」とは、韓国の左翼が「わが国は米帝の植民地さ」と言うような場合に使う言葉だ。

 一国の元首が、外国の大統領府の記帳に自国名を間違えることなどあり得るのか。日ごろ使っている言葉をそのまま書いてしまったのではないか。ストレスのあまりに…。

 一時的ストレスはすぐに解消できる。が、国民性に根差すストレス-「俺は、本当は偉いのに…」はたまっていく。きっと、ほどなく爆発する。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

http://www.sankei.com/world/news/170717/wor1707170018-n1.html





◆訪米でトランプに脅された文在寅は、両班のプライドが余程傷ついたのでしょうね。

両班についてWIKIより引用

両班


マリ・ニコル・アントン・ダブリュイ『朝鮮事情』より

「朝鮮の貴族階級は、世界でもっとも強力であり、もっとも傲慢である」

「朝鮮の両班は、いたるところで、まるで支配者か暴君のごとく振る舞っている。

大両班は、金がなくなると、使者をおくって商人や農民を捕えさせる。その者が手際よく金をだせば釈放されるが、出さない場合は、両班の家に連行されて投獄され、食物もあたえられず、両班が要求する額を支払うまで鞭打たれる。両班のなかでもっとも正直な人たちも、多かれ少なかれ自発的な借用の形で自分の窃盗行為を偽装するが、それに欺かれる者は誰もいない。

なぜなら、両班たちが借用したものを返済したためしが、いまだかつてないからである。彼らが農民から田畑や家を買う時は、ほとんどの場合、支払無しで済ませてしまう。しかも、この強盗行為を阻止できる守令は、一人もいない。」

「両班が首尾よくなんらかの官職に就くことができると、彼はすべての親戚縁者、もっとも遠縁の者にさえ扶養義務を負う。彼が守令になったというだけで、この国の普遍的な風俗習慣によって、彼は一族全体を扶養する義務を負う。

もし、これに十分な誠意を示さなければ、貪欲な者たちは、自ら金銭を得るために様々な手段を使う。

ほとんどの場合、守令の留守のあいだに、彼の部下である徴税官にいくばくかの金を要求する。もちろん、徴税官は、金庫には金が無いと主張する。」

「すると、彼を脅迫し、手足を縛り手首を天井に吊り下げて厳しい拷問にかけ、ついには要求の金額をもぎとる。のちに守令がこの事件を知っても、掠奪行為に目をつむるだけである。官職に就く前は、彼自身もおそらく同様のことをしたであろうし、また、その地位を失えば、自分もそのようにするはずだからである。」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E7%8F%AD



◆両班と武士の違いがこちらです。アルベルト・フジモト元ペルー大統領は、産まれてからずっとペルーで暮らしていてもやはり日本人のマインドは忘れてはいないようです。




アルベルト・フジモリ氏が「敵に塩」 ペルー前大統領に差し入れ

アルベルト

在任中の人権侵害事件でペルーの警察施設で禁錮刑に服しているアルベルト・フジモリ元大統領が、違法な選挙資金を受け取った疑いで拘束され、同じ施設に収容されたばかりのウマラ前大統領にパンや毛布を差し入れていたことが分かった。次男のケンジ・フジモリ国会議員が17日付の地元紙コメルシオで明らかにした。

 ウマラ氏は陸軍中佐だった2000年、当時大統領だったフジモリ氏の辞任を求めて武装蜂起して失敗。11年に大統領になったが、在任中にフジモリ氏の恩赦申請を却下しており、フジモリ氏としては長年の政敵に塩を送った格好だ。

 同紙によると、フジモリ議員はウマラ氏が施設に移送された14日、父親とウマラ氏に相次ぎ面会。ウマラ氏の収容室にタオルすらなかったと話すと、父親のフジモリ氏はチーズ入りのパンを用意し、防寒用の毛布やコートと一緒に持って行くよう指示。その前に「前大統領に会うのだから、ひげをそっていけ」とたしなめたという。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/170718/wor1707180003-n1.html




◆他人を見下し、尊大且つ傲慢、恩を仇で返す朝鮮人と、他人に礼節を尽くし、謙虚で温厚、敵に塩を送る日本人の魂は相反し永久に融合するものではありません。文在寅は慰安婦問題での不可逆的な日韓合意をチャラにして、また蒸し返そうとしているようです。しかし、それが許せないと日韓併合時代を生きた歴史の証人2人が真実を語っています。




【「慰安婦」裏話】

安倍晋三氏とケネディ氏に送られた「慰安婦問題のデタラメ」を糾弾する手紙とは? 「朝鮮の真実」知る日韓古老が送る

2年前、日韓の間で最終的かつ不可逆的に解決したはずの慰安婦問題が再び、蒸し返されようとしている。新たに就任した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は日韓合意の見直しをほのめかし、アメリカでは、韓国・中国系住民の運動によって慰安婦像の設置の動きが止まらない…。こうなることを見越したように「慰安婦問題の虚構性」を糾弾する手紙を日米の政治家宛に書いた2人の日韓の古老がいた。いずれも日本統治下の朝鮮にいて「真実」を知る生き証人である。

慰安婦問題をめぐる「事実ではないこと」を見逃せない

 在米の韓国系米国人古老は、日本統治時代の朝鮮で生まれ、そこで教育を受けた。年齢は90歳に近い。戦後、韓国の名門大へ進み、朝鮮戦争に従軍。その後、渡米して帰化し、在米の大手企業に勤めた。残念ながら彼の個人情報はこれ以上明かせない。家族や親類にまで累が及ぶ懸念もあるからだ。

 2年前、米国のキャロライン・ケネディ駐日大使(当時)宛に手紙を書いたのは、アメリカで慰安婦問題をめぐって「事実ではないこと」がまかり通っている事態を、どうしても見逃せなかったからだ。

 「強制連行され、日本軍の性奴隷になった20万人もの婦女子」「かつてないほど残酷な20世紀最大の人身売買」…。2007年には日系のマイク・ホンダ米下院議員(当時)が主導して、日本の謝罪まで求めた決議が下院で可決された。在米の韓国・中国系住民の働きかけによって、各地で進む慰安婦像の設置計画。事実ではない“日本軍の蛮行”は、教科書にも掲載され、「日本人の名誉」はおとしめられるばかりだ。

ケネディ大使への手紙は、「(この問題が)東アジアにおける米・日・韓の同盟関係を弱体化させている」と始まり、事実の分析を踏まえた虚構性の根拠を個条書きにしている。

 ・狭い朝鮮半島から日本軍が20万人もの婦女子を大衆の抵抗もなく強制連行できるはずがない

 ・済州島での“慰安婦狩り”などを記した吉田清治氏の本が1989年に韓国で翻訳されるまでこうした「話」は聞いたことがなかった

 ・もし、実際にこうしたことが行われていたなら朝鮮にいた欧米の外交官、宣教師、メディア関係者らが何らかの報告をしていたはずだ-。


アメリカでの事態を放置すれば、子々孫々にまで禍根を残す

 彼は当時、父親と済州島へ行ったことがあり、この問題が政治化するきっかけになった吉田清治氏が本に記した“慰安婦狩り”のような話は「一切聞かなかったし、日本の軍人が多数いるような物々しい状況にもなかった。だから(吉田氏の)本を読んだとき、おかしいと思った」とも答えている。

 彼には民族を裏切る気持ちも政治的な意図もない。さらにいえば朝鮮人を含め、慰安婦の存在自体を否定しているわけでもない。

 「当時は“おしん”の時代ですよ。家が貧しいがために、身を売られた若い女性は日本人にも朝鮮人にもいました。私も当時、朝鮮語の新聞で慰安婦募集の広告を目にした記憶があります。『親権者同伴、戸籍抄本持参で業者がいる旅館まで来るように』と書かれていたのが印象的でした」

 こうした自身の体験や客観的な事実を踏まえた上で彼はこういう。

 「前述のような話(日本軍が強制連行して性奴隷にした)は客観的に分析すれば、あり得ないと分かるでしょう。それなのに日本政府は事なかれ主義で謝ったり、お金を出したりした。アメリカでの事態を放置すれば、在米日本人、日系人、日系企業、旅行者…子々孫々にまで禍根を残すことになると思いますね」

 彼の思いとは裏腹にアメリカでの事態は悪化する一方。歯がゆさが募るばかりだ。「僕はいうなれば『部外者』です。動いたのは義侠(ぎきょう)心のようなものかな。本来なら日本人自身がやるべき仕事でしょう。特に当時の朝鮮にいて実際に見聞きした日本人たちがもっと声を上げて、今こそ『真実』を証言すべきですよ」


「軍や官吏の強制」は絶対にない

 和歌山県田辺市に住む西川清さんは、大正4(1915)年生まれ、今月末で102歳になる。

西川

 地元の林業学校を出て、日本統治下の朝鮮へ渡り、総督府の官吏になった。やがて20代の若さで、郡の内務課長に抜擢(ばってき)される。郡とは内地で言えば、都道府県と市町村の間に位置する自治体の単位。内務課長は人事や総務、そして、戦時動労働員(官斡旋(あっせん)や徴用)に携わる職だった。

西川さんが安倍首相宛てに手紙を書いたのは平成25年。そこには「(韓国などがいう)従軍慰安婦なるものに、日本の軍や官吏が強制連行などに関係したことは絶対にありません。かく私が断言できるのは郡の内務課長を歴任した経験があるからです」とあった。

強制連行、私の耳に入らないはずがない

 当時の行政系統は、朝鮮総督府→道→郡→(内地の市町村にあたる)邑(ゆう)・(さらに小さい規模の行政区分にあたる)面となっている。西川さんが携わった、朝鮮人の戦時動労働員は、総督府の指示によって、道・郡が邑・面に割り当てを行い、実際に人員を集める。

 西川さんは「朝鮮に徴用令が適用(昭和19年9月~)される前から『徴用』と呼ばれていたが、その際には労働条件をきちんと提示し、納得した上で内地へ行った。待遇も悪くなかったし、殴る蹴るで無理やり集めるなんて絶対にあり得ませんよ。もし、軍などが婦女子を慰安婦として強制連行したような事実があれば、(内務課長の)私の耳に入らないはずがありません。慰安婦を募集していたのは女衒(ぜげん)とよばれた業者です」と話す。

戦前、戦中の実態も知らず机上の空論をもてあそぶのは慨嘆に耐えない

 記憶にあるのは、当時の朝鮮にあった娼家の姿だ。「カルボチブ(朝鮮語で娼家)」と居酒屋を指す「スルチブ」の2通りがあり、どちらの店にも、朝鮮人の若い女性の娼婦(しょうふ)を置いていた。公娼制度があった時代で、面事務所があるような街には必ず、2種類の店があったという。慰安婦になった中には、こうした店の女性も多かった。

 手紙で西川さんは、「カルボチブ、スルチブの戦前、戦中の実態も知らぬくせに、いいかげんに机上の空論をもてあそぶのは慨嘆に耐えない」と憤りをあらわにする。慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野談話」の見直しを求めたが、返事は来なかった。

手紙

 西川さんはいう。「(日本統治時代の朝鮮は)治安もよく、穏やかな社会だった。創氏改名だって強制ではありません。役所の上司にも同僚にも朝鮮人はたくさんいたし、仲良くやっていたんです。こうした『真実』をぜひ、知ってほしいと思いますね」(文化部 喜多由浩)

 ●西川清(にしかわ・きよし)氏

 大正4(1915)年、和歌山県出身。熊野林業学校卒業後、日本統治下の朝鮮へ渡り、江原道産業部に就職。第1回朝鮮総督府地方官吏養成所へ入所し、28歳の若さで江原道寧越郡内務課長に就任、同原州郡内務課長、同道庁鉱工部鉱工課主任を経て終戦。戦後は和歌山県庁に勤めた。著書に「朝鮮総督府官吏最後の証言」(桜の花出版編集部)がある。

http://www.sankei.com/premium/news/170717/prm1707170001-n1.html




◆安倍首相がこの手紙に対してどのような反応をしたのか分かりませんが、こういう方々がご存命のうちに証言や物的証拠をかき集めて英訳し、国連人権委員会や、国際仲裁裁判所等へ働きかけ、韓国の主張が悉く間違いであることを訴えることが政府緊の課題ではないでしょうか。韓国側には日本軍が関与し20万人もの女性を強制連行し性奴隷にしたと云う物的証拠などどこにもないのですから。

▼何で政府はこの問題を放置しておくのか、不思議だニャア~

husigi.png

世界が賞賛した武士道精神



◆現代人は武士道と云えば、封建主義社会の主従関係を指し、過去の遺物のように考えているのではないでしょうか。しかし果たしてそうでしょうか。確かに武士道は侍が守るべき道徳律として生まれたものですが、それは時代と共に一般にも普及し、日本人の普遍的な倫理道徳観になっていきました。

NitobeInazo.jpg

新渡戸稲造

日露戦争のときアメリカでは、金子堅太郎伯爵が日本の武士道を説明するために、新渡戸稲造博士が英文で書いた「武士道」と云う本をセオドア・ルーズベルト大統領に進呈したところ、セオドア・ルーズベルトは一晩で読み上げ「武士道」の新刊本をさらに三十冊買って、知人に配り、さらに自分の五人の子供に一冊ずつ与え「この本に書いていることをお前達の人生の座右の銘にしろ」といっ他という逸話があります。そしてルーズベルトは子供たちにこうも語ったと言われれいます。「ただしアメリカ人であるお前たちには、日本の武士のように仕えるべき主君はいない。しかしアメリカ人は星条旗に忠誠を誓わなくてはならない。つまり星条旗こそはアメリカ人の主君であり、おまえたちは星条旗に仕えるサムライにならなくてはならない。」と・・・ハザール人に乗っ取られる前のアメリカ人は愛国心にあふれていたのですね。

◆武士とか侍という言葉だけは今も残っているようで、野球の世界でも選りすぐりの一流選手軍団には「サムライ・ジャパン」という名前が付けられたりしますし、会社や役所でもやり手と云われる人々は「彼はサムライだよ」と云う誉め言葉として使われています。だからと云って彼らが封建主義者や時代錯誤者だというわけではありません。揺るぎない信念、正義感、決断力、責任感、勇猛果敢でありながら、慈悲の心にあふれた筋が通った人物を表現するとき肯定的に使われています。武士には次のような徳目が要求されます。

bushido.jpg


◆昨今森友学園や加計学園 問題で財務省、文科省、安倍政権側が三つ巴になって大騒動を見るにつけ、どこにも武士道などかけらもありません。何が問題で、誰が不正を働いたか、その責任は誰にあるかをめぐって、連日のようにマスゴミが騒いでいますが、誰も責任を取るものはいません。破廉恥男、前川喜平という前文科事務次官が総理の御意思を忖度した文書はあったなどと云いだして官邸に陰湿な復讐をする積りのようですが実に卑怯未練であり、武士道とは程遠く、まことに見苦しい限りです

◆日本は上から下までサムライがいなくなってしまって、今では見る影もありません。そこで日本の精神、武士道は先人たちの魂に深く刻まれ、その気高く毅然とした振る舞いが、世界の人々から愛され尊敬されていた事を伝える動画を集めてみました。もう一度日本人はこの気骨ある精神を学び直す必要があるのではないでしょうか。


日本を下に見る海外…そこで、日本からの支援を辞めてみた結果www【海外が感動する日本の力】

◆欧米のエゴイズムに敢然と戦いを挑み正義を勝ち取ったドクター・根路銘はすごい侍ですね。「義を見てせざるは勇無きなり」」という言葉が沁みる話です。



海外の反応 外国人感動!!「日本人は裏切らなかった 」世界一貧しい国を一年で国を変え導いた日本人が凄い!!ブルネイが日本人を尊敬し親日になった感動実話【世界と日本感動CH】



◆アジアにはGHQの自虐史観で洗脳された日本人にシンパシーと義憤を感じている人々が多いようですね。

教育

自虐2

自虐3

海外の反応 外国人感動!!「日本は決して滅びない」偉大な遺産を残した日本!!アジア諸国驚愕した日本人の精神 南方特別留学生が愛したのは日本とマレーシアの歴史的な絆【世界と日本感動CH】




◆オウム真理教のサリン事件を除けば、イスラムテロが起きていないのは日本だけなんですね。

海外の反応 驚愕!!日本でイスラムテロが起きない決定的な理由に衝撃!!「日本とアラブにはプラトニックな愛がある」感動!!アラブの親日感情が凄すぎ!!【世界と日本感動CH




◆日本は欧米のようにイスラム世界を土足で踏みにじるようなことはしていませんからね。
それにしても戦前戦中の日本人には杉浦千畝のような気骨と正義感溢れ、尊敬に値するサムライが多かったのですね。


▼それが今では政財官学報界、何処を見ても保身とエゴが背広を着て歩いとる。それが今の日本なんだニャ!



貫禄
pan>

呆れた韓国の正しい歴史認識



◆習近平の一言で韓国に火病が広がっているようですねwww




「韓国は中国の一部だった」? 習近平主席の“講義”をトランプ大統領が暴露 韓国メディアは「一考の価値もない」

きんぺートランプ

 トランプ米大統領が、中国の習近平国家主席との会談で「韓国は中国の一部だったことがある」との説明を受けた-と発言したことが、韓国で波紋を広げている。韓国メディアは、この発言には「一考の価値もない」とする外交部当局者のコメントなども紹介している。

 トランプ氏の発言が飛び出したのは、12日の米紙ウォールストリート・ジャーナルとのインタビュー。今月初めの米中首脳会談の際、習氏から中国と朝鮮半島の歴史について“講義”を受けた中で、「韓国は実は中国の一部だったことがある(Korea actually used to be a part of China)」と説明されたとしている。

 これが習氏の実際の発言通りなのか、トランプ氏の誤解や通訳ミスによるものなのかは不明。トランプ氏としては、中国と朝鮮半島には複雑な歴史があることを強調する意図があったとみられる。

 これに対し、韓国メディアが反応。中央日報(日本語電子版)は、韓国外交部の当局者が「報道の内容が事実かどうかはさておき、過去の数千年間、韓中関係の歴史において韓国が中国の一部ではなかったという点は国際社会が認める明白な歴史的事実」と語ったなどと伝えている。

http://www.sankei.com/world/news/170420/wor1704200034-n1.html




◆韓国外交部が「過去の数千年間、韓中関係の歴史において韓国が中国の一部ではなかったという点は国際社会が認める明白な歴史的事実」と主張したそうですが、少なくとも李氏朝鮮の約500年間は明・清の朝貢国であり、弱者が強者に媚び諂う事大主義の属国であり中国の一部であったことは国際社会が認める明白な歴史的事実であります。

迎恩門

◆それを証明するのが中国からの使者を迎えるための迎恩門であり、李氏朝鮮では王がここへ赴き、清朝皇帝の使者に臣下の礼を示す三跪九叩頭の礼(さんききゅうこうとうのれい)を行っていたのです。 三度跪き、九度額を地面に打ち付けて、服従を示す必要があったのです。

534ぴ

◆これでも韓国が中国の一部であった事実はないと強弁する韓国人の歴史認識こそ噴飯ものではありませんか。
韓国は北朝鮮が米国と一触即発の危機にあり、ソウルが無慈悲な雷で火の海になるかもしれない時にのんびりと大統領選の行方と、各候補が如何なる反日政策をとるか、GSOMIA協定を遵守するか、日韓合意を破棄するというところで盛り上がっているようです。

◆経済もどんどん悪化して深刻度が益しているというのに、それもあまり話題にはなっていないのでしょうか。法より国民情緒が優先されるこの国では、幼児教育のカリキュラムに反日思想の刷り込みを行っています。このような幼い時から全く根拠のない捏造された嘘の歴史を刷り込まれたなら、正しい歴史観など持てるはずがありません。

◆彼らは日本人に対して正しい歴史を学べ、日帝36年の侵略を反省し、謝罪して賠償しろと繰り返していますが、彼らが本当の自国の真実を知れば腰を抜かすのではないでしょうか。

◆そもそも韓国や北朝鮮には、現実に起きた事実を記録して保存するという文化は無いのです。李氏朝鮮の時代か歴史学者たちは時の権力者の都合がいいように話を作り替え媚び諂って禄を食んでいたので、他の国の様に時の権力者にとって不都合な真実は残っていないのです。従って朝鮮半島には正しい歴史の記録など存在しないのは当然でしょう。つまり彼らは歴史を抹殺し、事実を見ようとする冷徹さがないのです。だから漢字は朝鮮が作ったとか、剣道も柔道も日本刀もピザもスパゲティも我々が作ったなどと云う幻想に取りつかれ、酔いしれて現実が見えなくなってしまうのです。

◆それは北朝鮮の民衆も同じです。金日成を神格化して、金正日、金正恩と3代にわたる独裁政治を許し、偉大なる将軍様のおかげで我々は幸せに暮らしていけると思い込んでいるし、将軍様の推し進める核ミサイルはアメリカを火の海にすることができる、マンセーと喜んでいるのです。他の世界を知らないとこうなるのです。すべてファンタジーなのに。

◆日本が併合統治していた時代は、一般朝鮮人の反日感情は今ほど酷くはありませんでした。日本の不幸は敗戦により、韓国に怨霊のような両班崩れの李承晩という殺人狂が大統領に就任したことでした。彼は徹底した日本嫌いで大統領就任以反日教育を徹底してきました。

パブロ・ピカソが1951年に描いた作品に「朝鮮の虐殺」があります。

pikaso.jpg

パリ・国立ピカソ美術館所蔵

朝鮮戦争でアメリカの支援を受けた韓国の李承晩とソ連を後ろ盾とした北朝鮮の金日成による同一民族の殺し合いを描いたものでゲルニカ同様、この残酷な民族同胞の殺し合いにピカソは激しい衝撃と怒りを感じていたのでしょう。 
 

◆韓国では李承晩の再評価が行われているそうです。共産主義者と北朝鮮を撃退し、竹島を不法占拠した李承晩は、朴正煕と並ぶ偉大な人物として評価しているそうですが、朴正煕はいざ知らず、李承晩くらい残忍なサイコパスはそういるものではありません。残忍さにおいて卑劣さにおいて世界で5本の指に数えられるのではないでしょうか。
その人物像を浮世風呂様から一部引用させていただきました。




浮世風呂


朝鮮日報が偉大な人物という「李 承晩」


李 承晩(り・しょうばん、イ・スンマン)本人サインは“Syngman Rhee”
李承晩

●1875年3月26日 - 1965年7月19日

●1896年(明治29年)- アメリカ人のキリスト教宣教師アペンセラーが設立した培材学堂で学び始める。

●1897年(明治30年) - 培材学堂在学中に高宗退位要求の檄文散布に加わり投獄される。

●1904年(明治37年) - 特赦による出獄後、アメリカ合衆国に渡る。

●1907年(明治40年) - ジョージ・ワシントン大学で学士号取得。

●1908年(明治41年) - ハーバード大学卒で修士号取得。

●1910年(明治43年) - プリンストン大学で政治学博士号取得。

●1911年(明治44年) - 寺内正毅朝鮮総督暗殺計画に連座して投獄される。

●1912年(明治45年) - アメリカ合衆国に亡命。

●1934年(昭和9年) - オーストリア人のフランチェスカ・ドナーと結婚。

●1945年(昭和20年)10月 - 日本の降伏と朝鮮解放に伴い、在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁直接統治下の朝鮮半島に帰還。

●1946年 2月 - 大韓独立促進国民会を結成。総裁に就任。

1948年(昭和23年)4月3日 - 済州島四・三事件 (3~6万人虐殺 )
※左翼島民に対する弾圧・虐殺 

●1948年(昭和23年)8月15日 - 朝鮮半島南部単独で大韓民国建国。初代大統領に就任。

●1948年(昭和23年)10月27日 - 麗水・順天事件(非武装の民間人8000人虐殺) 
※済州島事件に反発し放棄した市民を虐殺 

●1949年(昭和24年)6月5日 - 国民保導連盟を組織させる。

●1949年(昭和24年)12月24日 - 聞慶虐殺事件(韓国陸軍第2師団第25連隊の第7中隊第2小隊第3小隊が非武装の住民88人を虐殺)

●1950年(昭和25年)6月25日 - 朝鮮戦争勃発。

●1950年 漢江人道橋爆破事件 (約500~800名虐殺)  ※多数の市民が大混乱の中、漢江を渡り逃げる途中、李承晩は北朝鮮軍 侵攻阻止の為、多数市民が渡橋中にも関わらず人道橋を爆破。


人道橋爆破

ee4a623c.jpg

140471708310313027228.jpg

●1950年(昭和25年)6月 国民保導連盟事件 (約20万~100万人虐殺)

※朝鮮戦争勃発を受け、李承晩の命令により、共産主義者と見られる国民や、 収監中の政治犯や国民保導連盟に登録されている民間人など、少なくとも20万~100万人あまりを大量虐殺。

●1950年 全国刑務所在所者虐殺。 (1万4千人虐殺) 
※韓国軍が釜山に一時撤退中、地域の刑務所に収監中の 政治犯・思想犯を虐殺 

●1951年(昭和26年)1月 国民防衛軍事件 (約9万人死亡) 
※朝鮮戦争中、民兵組織国民防衛軍幹部らが、軍事物資や兵糧米などを横領し、 9万名余りの兵士が餓死したとされる。

●1951年 居昌事件 (680人虐殺) 

※朝鮮戦争中、韓国軍が共産匪賊のパルチザンを殲滅するためとして、子供385人を含む無実の市民を虐殺。婦女子を含む約680名の村民全てを、一箇所に集めて、全員を機関銃で虐殺した後、さらにガソリンをかけて焼き殺している。韓国は李承晩の人殺し犯罪実績を歴史に中で消そうとしているが、英国のBBCはこの惨たらしい虐殺現場映像を放送しているし、現在もビデオを保管している。映像を見てその残虐さに衝撃を受けたピカソは 「李・金による朝鮮の虐殺」と題した有名な絵を書いている。

●1952年(昭和27年)1月18日 - 海洋主権宣言。「平和線」、いわゆる李承晩ラインを設定する。

※竹島を占拠するとともに対馬は韓国領であるとして日本に「返還」を要求するとともに日本の漁民数千人を抑留し、第一大邦丸事件のような日本人殺害事件も引き起こした。

●1945年9月2日 - 1952年4月28日、連合国最高司令官の指令により多くの密入国者や犯罪者の在日朝鮮人が韓国に強制送還される(大村収容所だけでも3633人)。
自ら帰還を希望した在日朝鮮人140万人は日本政府の手配で帰還する。

●1952年4月28日、サンフランシスコ講和条約発効のより日本国主権回復。以後、韓国政府は日韓政府協定が結ばれていないとして在日朝鮮人の引き取りを拒否。

●1952年(昭和27年)5月26日 - 戒厳令を施行し、反対派議員を監禁・憲法改正を強行(釜山政治波動)。

●1956年(昭和31年)5月15日 - 大統領に3選。副大統領には野党の張勉が当選。

●1958年(昭和33年) - 進歩党党首の奉岩をスパイ容疑で逮捕。1959年7月に処刑。

●1959年9月、李承晩は日本に戻ることなく韓国に帰還したままであった在日義勇兵(在日朝鮮人の韓国軍への志願者)たちに、在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業を阻止するために日本に潜入して妨害工作活動を行う工作員となるよう要請した。

第一は、新潟日赤センター爆破計画、
第二は、輸送の列車爆破、
第三は、すべてが失敗に終わった時に朝鮮総連幹部と北朝鮮側の帰還責任者に対してテロを行なうというものであった。

●1959年(昭和34年1)12月4日 - 新潟日赤センター爆破未遂事件。

●1959年12月14日、北朝鮮への帰国船の第一陣が出発する。

●1960年(昭和35年) - 3月15日 大統領選挙。不正選挙が問題となり野党や国民の批判が公然化。

●1960年(昭和35年)4月19日 - 不正選挙を糾弾するデモ隊と警官隊が衝突。死者186人。4月26日に下野を表明し、5月29日にハワイへ亡命(四月革命)。


●1965年(昭和40年)7月19日 - 亡命先のハワイにて90歳で客死。

このように朝鮮民族の歴史はあまりにも惨めすぎて、過去を振り返るのが苦痛であった、だからと言って偽りの歴史をあたかも真実のように子どもたちに教え込む事は国の衰退につながる。何故なら韓国人が本当の韓国の姿を知った時、韓国政府が過剰に賛美してきた「理想の韓国」とあまりに酷い現実のギャップに耐え切れずに、精神に異常をきたすからである。

韓国には伝統的に韓民族の日本民族に対する優位性の主張ともなる華夷思想があった。それは、日本人を文化程度の低い侵略的な野蛮な中華文明周辺の夷族とみなす、非中華文明諸民族への蔑視の思想である。李承晩はこの伝統思想を目覚めさせようとすることに成功したのである。それが戦後韓国の反日思想の実態である。

没落両班の家に生まれ、李氏朝鮮末期の高宗に対し独立と家の再興を目指すが、悉く失敗し、日本に対し強烈なまでの反日思想をもった。戦前からの,アメリカでのロビー活動を認められ、大韓帝国臨時政府の代表に指名された。その後、華夷思想の回帰をもとに、日本を蔑視し偏向思想教育を行った。小中華思想の申し子のような存在である。学生時代の成績は平均Cであった。民主主義とは、相入れない、異質の政治家である。

李氏朝鮮時代のことをあたかも日本併合時代の出来事として李承晩は学校で教えさせた。現代の若者は併合時代も李氏朝鮮時代も混同して教えられている。ハングルを日帝に奪われたというが李氏朝鮮時代の1504年に燕山君によって公式な場でのハングル使用を禁止された。

更に、ハングルの教育や学習の禁止を行った。(ハングルの消滅)

それが350年間もの間続いた。だから元々無いものを日本が奪うなんて不可能である。

虐殺が繰り返されたというのも李氏朝鮮時代の出来事である。李氏朝鮮では権力争いや裏切り、抗争が絶え間なく繰り返された。併合後に飛躍的に人口が増えているのに虐殺していては辻褄が合わない。よって併合時代の日帝の悪行というのは、正に李氏朝鮮時代の出来事を日帝時代の出来事として徹底的に教育したからに他成らない。

しかし、其れくらいのことを少し調べれば分かるものを、TVなどで間違って主張する知名人や評論家というのは一体何を根拠にのたまうのかと思ってしまう。特に史実を徹底的に調査して時代考証の末に小説を書くはずの、「著名な小説家」と言う存在は、一体何者なのかと疑わざるを得ない。
今日に至るまでの約70年近くの災いの原点がここにある。
 
李承晩の怨念は、彼ら南朝鮮人の鬱憤のはけ口として今も延々と生きている。


(中略)


◆賊喊捉賊(ぞくかんそくぞく)

2012-06-12 ブログ「日豚の牢獄」

反日学

中国語に「賊喊捉賊」(ぞくかんそくぞく)という成語があります。

英訳 「A Thief shouts "theft".」 「A thief shouting "stop thief".」 「Thief crying "stop thief".」
「悪事を働いた盗賊が泣き叫びながら『盗賊を捕まえてくれ!』と、あたかも自分が盗賊を追いかけている被害者や第三者の様に見せかけて逃げる」

中国成語

「賊喊捉賊」→「泥棒が(逃げながら)『泥棒を捕まえろ!』と叫ぶ」。
転じて「自分の悪事を誤魔化す為に、悪人が他人を悪人呼ばわりする」そして「自分は第三者や被害者に成り済ます」
自分への罪責追及を逃れる為にわざと人の耳目をそらそうとする。故意に混乱を作る。

「賊喊捉賊」は日本のことわざに治すと「盗人猛々しい」に当たるとされていますが、その狡猾さ・大胆さにおいて「盗人猛々しい」だけでは言い表せない卑劣さも「賊喊捉賊」という言葉のニュアンスにはある様な気がします。

反日国、例えば韓国はなぜ日本を悪く言っているのかと問われれば
「賊喊捉賊。This is Korea.」 の一語でその全てを説明出来るのである。

例えばサムスンがアップルをパクリで訴えたように、泥棒が他人を泥棒呼ばわりしたり、パクリをした者がパクった相手を逆にパクリで訴えるなど、悪人が他人を悪人呼ばわりすることは典型的な「賊喊捉賊」と言える。
-----------------


A君がB君を殴りました。B君は殴られた痛さで泣き出してしまいました。
A君はさらにB君を足蹴にしてB君の持っていた財布を強奪しました。

そこに偶然C君が通りかかりました。
C「どうしたの。」

A君はすかさず殴られた演技をしながら

A「Bはひどいやつだ。俺を理由もなくいきなり殴りつけて俺の財布を奪ったのだ。」

A君は事実とは真逆の説明をしました。
当然B君は慌てて弁明します。

B「Aは嘘をついている。殴って足蹴にして財布を巻き上げたのはAだ。」

A「騙されるな!嘘をついているのはBの方だ。こいつは俺を殴って金を盗んでいるくせに嘘までついて俺の名誉を傷つけている。Bは本当の加害者だからこのような嘘をつくのだ。Bは二重三重の加害者だ。本当に許せない。Bはこういう見下げ果てた奴なのだ。」

-----------------------------------

「賊喊捉賊」とは簡単に例示するとこのように
「事実とは真逆の事態をでっち上げ、本当は悪くない者(善な者)を悪に、本当は「悪」の者を「善」にして事実を「転倒白黒」させて誣告することである。

あるいは犯罪を行った後で、自らの犯罪行為をあたかも犯罪行為では無いかのように見せかけるという追加的犯罪行為を行うことである。

戦後体制においては往々にして日本は悪者にされてしまう場合がある。特に近現代史などの歴史問題に顕著である。
曰く「極悪非道の日帝が…」「人類史上最大の人道犯罪を犯した日帝は…」等々。。。

しかし、本当に日本が悪者だったのか?
否、それは単に本当の極悪非道をやってしまった者、あるいは現在進行形で悪行を積み重ねている者が他人(日本)を悪者呼ばわりしているだけではないのか?
つまり単なる「賊喊捉賊」ではないのか!

他人を悪人呼ばわりしている者が一番の悪人である。。。

厳正に検証する必要がある。


http://d.hatena.ne.jp/hannitigaku20/20120612/p1

彼らが言う、「日帝は我らの文化をことごとく破壊した」というのはある意味正しい。

彼らの原始的で糞まみれの住環境を、ことごとく近代的で衛生的なものに変えてしまった。

以前は行かなくてもよい学校に、強制的に行くことを義務づけた。

以前はおまじないで直した病気を、病院をつくって医学で直すように強要した。

そのことと、彼らに関わったことを、日本人は率直に謝罪すべきかもしれない。

「すまん!放っておくべきだった。」 


http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/b79ff42f4790d827609edef3b80e2500




◆すまん、放っておくべきだった!www中々のエスプリですね。
戦後の韓国は地獄のような暗黒の歴史を辿ります。韓国人が英雄視する李承晩は、冷酷無比な殺人鬼でもありました。

済州島四・三事件

1945年9月2日に日本が連合国に降伏すると、朝鮮半島はアメリカ軍とソ連軍によって北緯38度線で南北分割占領され、南部には親米の李承晩政権と北部には親ソの金日成の北朝鮮労働党政権が米ソの代理戦争を始めます。同年9月に共産主義の朝鮮建国準備委員会支部が済州島にも創設され、済州市内で南北統一された自主独立国家の樹立を訴えるデモを行っていた島民に対して警察が発砲し、島民6名が殺害される事件が起き、この事件を機に3抗議の全島ゼネストが決行されました。これを契機として、在朝鮮アメリカ陸軍司令部は警察官や、右翼若者を組織して済州島に送り込み、左翼の島民に対してテロが行われるようになった。
警察組織を背景に右翼組織は情け容赦のない、反乱島民の弾圧を強め、怒りを増していた南朝鮮労働党は、1948年4月3日、島民を中心とした武装蜂起を起こし、李承晩は軍と警察を使って3万人~6万人を虐殺しています。

c0364699_19491297.jpg

処刑

o0800051713143105623.jpg

これだけではありません。麗水・順天事件

◆これは1948年10月27日 に起きた事件で済州島の虐殺事件に怒った市民が蜂起したため、非武装の民間人8000人を虐殺しています。

麗水事件

麗水・順天事件

補導連盟事件

◆1950年に北朝鮮の金日成に賛同する社会主義者や共産主義者と、その家族を思想改造するために「国民補導連盟」を作りブラックリストに載っている者や、収監されている政治犯を韓国軍と警察を使って100万以上を虐殺しています。これは「補導連盟事件」と呼ばれていますが、このような残虐な殺戮から逃れるために多くの朝鮮人がどっと日本へ密航して来たのです。この世代の人々が在日一世と呼ばれ、親日家が多かったのですが、この世代の人は子や孫にこうした悲惨で残酷極まりない歴史を語らず、封印して墓場まで持っていく積りなのです。だから2世代、3世代になるとこういう朝鮮半島の暗黒の歴史は殆ど知らず、朝鮮学校で教わる反日教育で一斉に日本を誹謗中傷するのです。

生き埋め

補導

補導2


◆「賊喊捉賊」は自分の悪事を他人のせいにして、責任を擦り付け、自分を正当化する。これは長い間中国の属国だった朝鮮人がよく使う手です。これが今も反日教育に使われているのです。韓国の権力者や思想団体は自国の暗黒史をひた隠しにして、国民に日本が悪い、謝れ、賠償しろと喚かしておけば、悪魔のような李承晩の残虐行為が隠蔽できると考えているのでしょう。

反日教育を受けた韓国小学生が『朴槿恵に宛てた手紙』が〝狂気に満ちている”「日本が堂々としているのが悔しい」




◆こんな小さいときから反日、可哀想に。そういえば福岡の3億8千万円強盗は韓国人だったニャア( ;∀;)

110817petc.jpg


大雪の紀元節



◆今日2月11日は建国記念の日。昔は紀元節(きげんせつ)と呼ばれていました。

B9fjTTNCMAEfuCw.jpg

古事記や日本書紀で日本の初代の天皇とされる神武天皇の即位日であるということで定められた祝日です。紀元節は1873年(明治6年)に定められましたが、太平洋戦争で敗戦し1948年(昭和23年)に占領軍 (GHQ)の命令で廃止されました。GHQは日本の成立が2600年も古く、歴史と由緒ある国であることを認めたくなかったのです。なぜなら米国の建国は1776年であり、200年にも満たない歴史しかないからです。

◆日本書紀によれば紀元前660年1月1日に神武天皇が即位したとありますが、明治に入り旧暦の1月1グレゴリオ暦に換算したものだそうです。紀元節廃止の後も復活の動きが高まり、1966年(昭和41年)に、2月11日を「建国記念の日」として国民の祝日として翌年から適用されました。

◆古事記によると神武天皇は137歳、日本書紀では127歳まで生存されていたとありますが、現代の歴史学や考古学では確証がないことや、神武天皇が実在した人物どうかも分からないとして、史実であるとは考えられていないそうです。神が実在するという証拠はない、だから神などいないというのが学者なんですな。

◆紀元2677年2月11日。今日は日本列島各地で大雪に見舞われ、交通麻痺が起きているようですが、死亡時事故や怪我人も多発しているようです。不要不急の外出を控え他方かいいかもしれません。

雪


◆お暇なら懐メロでもいかがでしょう。雪をテーマにした歌をいくつか選んでみました。。雪の歌はメランコリックなものが多いようですが、なんとなく落ち着きますね。


雪が降る  尾崎紀世彦 (アダモ作曲)  


岩崎 宏美 ~ 雪の降る街を


◆北島三郎の歌に「風説流れ旅」という歌があります。これは瞽女(ごぜ)がテーマになっていることで余計に骨に染入るような恐ろしい冷気を感じます。
瞽女とは、「盲御前(めくらごぜん)」という敬称に由来する盲目ぼ女旅芸人で、新潟を中心に北陸地方などを転々として三味線や胡弓を弾き唄い、門付巡業を主として金銭を恵んでもらう生業でした。時にやむなく売春をおこなうこともあったそうです。 昔は生活保護や福祉制度がなく、悲しすぎる人生を送っていた人たちがいたんですね。

ごぜ

北島三郎 風雪ながれ旅



◆人生いろいろといいますが、世の中には骨まで冷え切った薄幸の瞽女さんたちがいるかと思えば、ペチカのそばお喋りできる幸せな人たちもいるんですね。


ペチカ (童謡・唱歌)倍賞千恵子


◆最近は山ガールという元気な女性が増加しているそうですが、昔は誰も聞きもしないのに「山があるから登るんだ」という無暗にポジティブな山男ちが青春を謳歌していましたね。

雪山讃歌 ダーク・ダックス




◆子供のころは朝目が覚めて雪が積もっていると無性に嬉しくなって、ふんわり積もった雪を長靴で踏み散らすのが快感でした。雪やこんこの歌詞にある犬と同じですね。素直な情景描写が幼いころの楽しいひと時を思い出させてくれます。

♪ 雪 (ゆきやこんこ…)



▼雪で喜ぶ犬の気持ちが解らんニャア~

炬燵猫



プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR