追悼西部邁先生



◆西部邁氏は何時までもアメ公に支配されるジャパ公が情けなくて仕方がなかったんでしょうね。

追悼

「哀悼 西部邁先生。」週刊西田一問一答



◆西部氏は長年に渡って憲法改正をするべく数多くの本を書き、警鐘を鳴らしてきたが、日本が何時まで経っても米国の奴隷であることから抜け出そうとせず、多くの日本人が憲法改正などに関心を示さないことに絶望し、自身の老衰もあって入水自殺を遂げたのです。政府の借金一千数百兆円はアメ公の湾岸戦争イラク戦争、アフガン戦争などの費用に充てられ、更に罪務省はアメ公のために何でもかんでも増税をしようとしています。そういう隷属国家に絶望しているのは西部氏だけではないでしょう。

◆西部氏はパソコンを使わない主義で原稿は自筆であり、手が不自由になった晩年は娘さんに口述筆記を頼んでいたそうです。確かに年を取るとパソコンやスマホには馴染みにくくなります。グローバリスト・イルミナティは大衆を洗脳操作するために3S(スクリーン、スポーツ、セックス)を奨励し、皆がゾンビの様に操られてきましたがそこにもう一つのSが加わり4Sによる、より一層強力な洗脳が始まったのです。それがスマホです。

◆民衆が政治や経済に興味を持たないように作られた洗脳道具スマホは、全員が一点凝視で家族とのコミュニケーションをも分断し堕落させるためにイルミナティが造った悪魔の道具といっても過言ではありません。西部氏はこの国はもうそこが抜けてしまっている、もう元には戻せないと云っていました。確かにここまで腑抜け状態になってしまうともう修復は出来ないかもしれませんが、時代は確実に変わっています。もう少し辛抱すればアメ公もジャパ公もハザール・イルミナティ・カバールの奴隷支配から解放されるのです。

◆そのために地下では地球レジスタンスと銀河連邦の連合軍が闇の徒党と戦っているのです。コブラはイベントは近いといっています。今少し待てば西部先生も死ななくて済んだかもしれません。




コブラ (COBRA) とは?


 COBRA は COmpression BReAkthrough (圧縮状態の突破)を略したコードネームです。通常は「圧縮突破」とも言います。日本語では「コブラ」になります。人類と地球の真実を私たちに伝えるメッセンジャーが使っているコードネームです。

なぜ「圧縮突破」なのでしょうか。

 地上は、カバールという闇の勢力によって支配されています。

 カバールが頼りにしているのは、背後に潜む悪意のETからの技術協力で維持されている「ベール」という技術です。このベールによって、地球はマトリクスという空間の中に置かれ、隔離されています。宇宙からは簡単に入れないし、地上の私たちもマトリクスの中で偽りの現実を見せられている状態です。

 まさに映画「マトリクス」に描かれている世界です。あの映画は、真実をヒントにして作られたものなのです。もちろん細かいところはいろいろ違いますが、概念は同じです。違うのは、悪意を持ったETが食料にしているのは、人間の苦しみ、悲しみ、痛み、不安、恐怖、怒りなどの負の感情です。だから、彼らは絶えず私たちを苦しみに陥れるために戦争・格差・差別とありとあらゆる問題を意図的に作り出しています。

 地上の闇に対して、宇宙から地上に向かって迫っている光の勢力と、、地下から地上に向かって攻勢を強めるレジスタンス・ムーブメントが上下から挟み撃ちしています。闇の勢力は上下から押されています。これは「圧縮」の状態です。

 包囲されたカバールはもはや逃げ場を失っています。彼らが地球上に持っていたすべてのテレポート装置はすでに無力化されています。太陽系内はすでに光の勢力が大包囲網を構えているため、彼らはもはや袋のネズミです。

 しかし、彼らはベールに大量の量子爆弾を繋いでいるため、爆弾をまず解除しないとベールは剥がせません。すべての爆弾が解除され、ベールが「突破」されると、いままでマトリクスに囚われて長い眠りについていた人類は目覚め、本来の自分を取り戻します。それと同時に、地下からのレジスタンス・ムーブメントも本格的に地上で活動を始め、上空からの味方も合流して人類の再起を手助けします。

 この「突破」の瞬間を、私たちは「イベント」と呼びます。
 つまり、COBRAという言葉は「イベント」のアナグラム(言い換え)でもあるのです。

kobura.png

 イベントによって、地球は解放され、人々は真実を知らされ、地上の悪党が逮捕され、いままで人類を支配してきた金融システムも新たに生まれ変わるなど、世の中が大きく変わります。いままで隠されてきた多くの先進技術も一般公開され、ファーストコンタクトでさらに驚異的な技術がもたらされるでしょう。これは人類が長らく待ち望んだ黄金時代への幕開けになります。そして、私たちは一気に宇宙時代に突入していくのです。 

コブラ、あなたは誰ですか?

私は誰か、それは重要なことではありません。大事なのはメッセージであり、メッセンジャーではありません。誰々だから、必ずいうことが正しいと考えると、あなたは自分で考えて判断することを放棄したことになります。それは、偉い人の言うことは必ず正しいという「権威主義」の奴隷です。

一つ一つのメッセージを常に自分で考えて判断して下さい。カバールは私たちを眠らせておきたいために、絶えず様々な嘘、偽情報、攪乱情報を流し続けています。それに惑わされないで、「あなた」はしっかりと「あなた」でいて下さい。権力者の操り人形ににならないように気をつけて下さい。

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/p/cobra.html




◆スクリーン・セックス・スポーツ・スマホ、何れも人間を興奮、熱狂、没我の状態にさせるマインドコントロールの道具です。今はただ沈思黙考して時が至るのをひたすら待つしかありません。朝の来ない夜は無いのです。

▼西部先生は学者だから、コブラも銀河連邦も知らなかったんだろうニャ・・・・

物思い


スポンサーサイト

揺れる角界



◆日馬富士による貴ノ岩への暴力事件から相撲協会内で深刻な対立抗争が勃発、日馬富士は引退を余儀なくされましたが、問題の根本的解決にはならず、貴乃花親方と相撲協会の軋轢は深刻の度合いを深めています。




協会悲鳴「もう無理」貴ノ岩の聴取あきらめた


会議


 大相撲の元横綱日馬富士関から暴行を受け、現在は冬巡業を休場している平幕貴ノ岩(27=貴乃花)の診断書が、巡業最終日の17日まで提出されない見通しとなった。問題の全容解明を目指す日本相撲協会危機管理委員会の鏡山部長(元関脇多賀竜)は15日、この日は「何もない」と動きがなかったと明言した。同部長が再三、貴乃花部屋を訪れて提出を促した、休場に必要な診断書は依然として届かず。協会は平日業務で鏡山部長も「土日は休み」と話しており、16、17日中に正規の手順で診断書が提出されることはなくなった。

 さらにこの日、危機管理委が20日の臨時理事会までに、貴ノ岩への聴取を断念したことも分かった。貴ノ岩の師匠の貴乃花親方(元横綱)が、鳥取地検の処分が出るまで協力しないと協会に文書で伝えており、関係者は「こちら側がいくら言っても、来ない。もう無理だろう」と話した。理事会では予定通り調査報告を行うが「最終報告」の文言を変更する可能性がある。

 関係者によると、診断書の提出や聴取への協力以外にも貴ノ岩の病状の確認など、貴乃花部屋に届けたいずれの文書にも回答はないという。診断書未提出の休場力士がいながら、巡業が終わる異例の事態を招くことに加え、20日予定の最終報告も間に合わず。年内の問題収束は難しくなった。

https://www.msn.com/ja-jp/sports/news/%E5%8D%94%E4%BC%9A%E6%82%B2%E9%B3%B4%E3%80%8C%E3%82%82%E3%81%86%E7%84%A1%E7%90%86%E3%80%8D%E8%B2%B4%E3%83%8E%E5%B2%A9%E3%81%AE%E8%81%B4%E5%8F%96%E3%81%82%E3%81%8D%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%9F/ar-BBGNqaO?ocid=iehp




◆貴ノ岩は頭の怪我もさることながら、精神的なダメージがおおきく、精神科の治療が必要と云われています。大切な弟子を使い物にならないほど痛めつけられた貴乃花親方の怒りは尋常ではないようです。
一つには貴乃花親方の相撲協会への馴れ合い的な風潮に憤懣を募らせていた事や、横綱白鳳を筆頭にモンゴル人力士による派閥が将来的に相撲協会を牛耳るようになることへの危機感があるのではないでしょうか。日馬富士が暴力を振るい、引退させられたのも白鳳が煽ったからではないかと見ているのは貴乃花親方だけでなく白鵬の父親もそう思っているようです。

白鵬に「おまえが黒幕だろ!」と父親が激怒!「さすがモンゴル相撲の英雄だ…不肖の息子をもっと叱ってやって下さい!」




白鵬・黒幕説を裏打ちする花田景子の”ある発言”…ついに明かされた”封印された真実”とは?



◆嘘か本当か分かりませんが、白鵬は「俺も引退するから理事長の椅子をくれ」と云ったとかの噂もあります。モンゴル人力士は確かに強い。しかし相撲道というものを理解していないと言われています。

八角理事長も震える貴乃花からの驚愕の"暴露内容"角界を脅かすヤバすぎる内容とは…



◆相撲は国技だと言われていますが、やはり芸能界同様のエンターメント興行です。野球やサッカーのようなスポーツでもないので毎回ガチンコ勝負すると体が持たない。だからたまには注射が行われるのでしょうが、貴乃花が現役時代ずっとガチンコ相撲を取っていました。

貴乃花の天皇賜杯 〜クライマックス〜



◆あれだけのけがをしながら優勝を勝ち取った貴乃花に時の小泉首相も感動したと絶叫していましたね。

小泉純一郎から貴乃花光司へ「痛みに耐えて、よくがんばった! 感動した 

https://youtu.be/dJBaNgghA5w

◆彼には相撲道が金科玉条であり、相撲道原理主義者なのです。そのため注射やガチンコがテキトーに使分けられている相撲協会のあり方が気に入らないのでしょう。真っ正直で融通が利かない親方も、おかみさんの景子さんの発案で女装カレンダーなどを作って部屋のイメージを一変させるような柔軟さも、併せ持っています。

fccdc1fd.jpg

◆いずれにしても馴れ合い相撲を容認する協会に対する批判は貴乃花親方だけでなく相撲フアンにもあります。角界には外国人、特にモンゴル人が多すぎるのではないでしょうか。


▼相撲道を極める貴乃花親方だけを変人扱いするのは可哀想だニャ~


偉そうな


将来のヴィジョンが描けない若者達



◆韓国よ!よく聞け!!

北斗の拳




未来がなくなった亡国への光景 韓国の若者、楽して暮らせる公務員「最低職位」試験に殺到 室谷克実

チョンガキ

韓国で「公務員志望」の熱気がますます高まっている。といって、国を牽引(けんいん)するような大志を抱いて上級職試験を受けるのではない。「一生楽して暮らせるから」と、若者が9級職(=最低職位)の試験合格を懸命に目指す。これは「亡国への光景」だ。

 韓国に「労働者と北朝鮮のための政権」が誕生して半年余。「北朝鮮のため」は、安保主権を中国に委ねるようなコウモリ外交に象徴されるとおり着々と進んでいるが、「労働者のため」は、有効求人倍率が8月の0・68から9月には0・62に落ちるなど思うに任せない。

 最低賃金は2018年から16%アップするが、玉突き型に賃金レベル全体に上がるのは必至だ。それで民間部門からは「人員削減不可避」の声が聞こえてくる。

 そうした中で、韓国の公務員は恵まれすぎている。

 官庁系シンクタンクの分析によると、9級職でいいから公務員になれば、退職までに15億ウォン(約1億5300万円)を超える収入を得られるが、小企業(従業員49人以下)に入ったら生涯賃金は8億ウォン(約8200万円)に届かない。

 中企業よりはしっかりした中堅企業(同300~999人)に入ったところで、生涯賃金は9級合格者より4億8756万ウォン(約4990万円)少ない。

 大企業(同1000人以上)なら、9級職合格者を6875万ウォン(約700万円)上回るが、大手財閥系に入社できる新卒者は2%に届かない。いまをときめく大手財閥とて「財閥キラー政権」が続けば、どうなるか分かったものではない。上級職公務員試験は難し過ぎる。

それで、国立ソウル大学の卒業者まで、最低職位の公務員試験に殺到するわけだ。2009年の法律改正により、公務員試験の年齢制限が撤廃されてからは、“晩年受験者”も増えている。財閥系に就職したものの「45停」(サオジョン)とも「名誉退職」とも呼ばれる「早期肩たたき」に遭った人々も、9級職公務員を目指す。

だから、このところの9級職試験の倍率は50倍以上。地方で1人か2人の補充募集があると倍率1000倍といったこともある。

 9級職は、少数の例外はあれ、普通は定年まで勤めても7級までしか出世しない。日本で言えば「主事」だ。
 一昔前の韓国は、会う大学生のほとんどが、李王朝で言えば「両班」(ヤンバン)を目指していた。つまり上級職公務員か大手財閥の社員だ。

 それに比べると、今や韓国の大学生は「そうだ! 中人(チュンイン)を目指そう」に変わった。中人とは両班の下にいた宮廷の吏員だ。中人だって、両班ほどではないにしても、常民(サンミン)、奴婢(ノビ)に対しては威張り散らしていた。アァ、7~9級職公務員とは、官尊民卑が続く現代韓国で、李王朝の中人に値するのだ。

 日本には「どうして1番でなくてはダメなのですか」とわめき散らした政治家がいた。1番を目指したところで1番になれるものではないのに…。若者が初めから「中人」を目指す国に、未来があろうはずはない。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

http://www.sankei.com/world/news/171127/wor1711270034-n1.html




◆それは韓国に限らず、日本でも同じ状況です。休まず・さぼらず・働かずが公務員のモットーであると言われていますが、売利上げノルマを課されることもないのでボーナスに響くこともない。退職金を含めて生涯賃金は民間企業よりずーっと高額だし、余程のことがない限り首になることはないのだから、こんな恵まれた職業はないでしょう。

◆地方公務員というのは余程ひまなんでしょうね。だからこんなことが平気で起きるんですwwww




西宮市職員“壮絶W不倫”の結末 女性上司と男性部下 関係もつれリベンジポルノにエスカレート

西宮

会議室で女性上司と男性部下が体を貪(むさぼ)り合う-。こんなアダルトビデオ顔負けの乱れた実態が兵庫県西宮市役所で明らかになった。2人の関係はしだいにもつれ、相手の配偶者への嫌がらせやリベンジポルノにエスカレートし、女性上司が警察に逮捕される不祥事に発展。女性上司の夫も、男性部下の妻も、市職員というから驚くべきダブル不倫だった。

 「時間は10分から15分。会う時間帯はまちまちで、使う会議室なども特に決まっていなかった。ただ、会議室では愛撫止まりで、いわゆる性行為には至っていなかったようです」

 2人の痴態について市関係者がこう苦々しく話す。

 2人は健康福祉局の女性係長(40)と総務局の男性副主査(35)。

 市などによると、2人は共通の業務を通じて知り合い、2012年11月ごろから不倫関係になり、業務の合間を縫い、市庁舎の会議室などで密会を重ねていたという。当時、女性係長は市職員と結婚をしていたが、男性副主査は独身だった。

 2人の関係に変化が見られたのは15年12月、男性副主査が別の市職員と結婚したことだった。
女性係長は結婚相手を嫉妬するようになったといい、16年3月ごろから男性副主査の自宅や妻の職場に「あんたは人情のない人間だ」など中傷する内容の手紙を送ったり、無言電話をかけたりするようになった。

6月ごろには、男性副主査の転居先の集合住宅のポストに「今度、引っ越してくる男はトラブルメーカーだ」などと書いた中傷ビラを配っていた。

女性係長は一方で「こんな関係を続けていてはよくない」と不倫関係の解消を提案していたという。しかし、男性副主査は性行為中に撮影していた女性係長の全裸画像をラインを通じて送り、関係を続けていた。

 「男性副主査が送信した画像は少なくとも数十枚はありました。『こんなことはやめてほしい』と画像の削除を懇願する女性係長に対して取り合わなかった。終始、男性副主査が欲求を満たすため女性係長を呼び出していた。関係は今年2月まで続いたようです」(市政関係者)

 2人の関係が完全に絶たれたのは、女性係長が男性副主査の妻を中傷する手紙を送ったなどとして県迷惑防止条例違反容疑で兵庫県警に逮捕された今年4月だった。

 市は逮捕を受けて独自調査。今月13日、職務専念義務に違反したなどとして2人を停職3カ月の懲戒処分した。

 「女性係長は退職届を出し、受理されたが、男性副主査は役所にとどまるようです。女性係長の夫は2人の関係にまったく気がついていなかったといいます。関係者がすべて役所内というのは恥ずかしい限りです」(市関係者)

 西宮市といえば「住みたい街ランキング2017関西版」(リクルート住まいカンパニー調査)で5年連続で1位をマークしている人気自治体。市のイメージを悪くした市職員の不倫に市民からの抗議の電話が鳴り止まないという。

http://www.sankei.com/affairs/news/171127/afr1711270015-n1.html




◆戦後70年、長い間平和が続いていると人間は生存のために必要な野生を失って、堕落してしまうようです。韓国の若者たちが、下級公務員を目指して熾烈な競争をしているということはまだ生命力が残っている証です。深刻なのは我が国の引きこもり問題です。彼らには働くどころか、外に出ることさえ拒否しているのです。家族とも顔を合わせず、口も利かない。そんな輩が増加してどんどん高齢化していけば韓国より先に日本が潰れてしまいそうです。

引きこもり70万





ひきこもり、進む高齢化 「親と一緒に死ぬ」相続問題も…


自分が死んだらどうしよう。そのことばかり考えている」。埼玉県の女性(63)は、息子(32)のひきこもりに悩んでいた。息子は時々部屋を出て姿を見せるが、感情の浮き沈みが激しく、暴力を振るうこともあるという。

neet_erasou.png

 思春期に友達ができず、家にこもった。何とか大学に通ったものの、就職もせず約10年間、部屋でゲームなどしているという。
 「今はまだいいが、私はあっという間に80歳になる。急に死んだとき本人はどうしたらいいか分からない。相続など複雑な手続きがあるが、とても外に出られる状況ではない」。女性はそう打ち明けた。

 内閣府は昨年、15~39歳を対象の調査で、ひきこもりは全国で約54万人いると推計。高齢化も進んでいる。以前は10、20代が多かったが、こうした子供がその状態を脱出できなかったのか、近年の山梨県や島根県などの調査では、ひきこもりの過半数は40歳以上というデータがある。

 親子が共倒れになるケースも。昨年11月、岐阜市内の民家で70代の夫婦とその長男(43)の遺体が発見された。岐阜県警の調べでは事件性がなく、両親の死因は不詳、長男は餓死。同市によると、長男は長年ひきこもっており、職員が訪問し両親に支援を申し出ても断られていたという。

今年7月、ひきこもりの家族を支援する一般社団法人「OSDよりそいネットワーク」を設立した池田佳世理事長は「『親が死んだら、一緒に死ぬ』と言っている人もいる。ひきこもりを抱えた両親は疲弊している」と話す。

 同法人の元木翼司法書士は「親亡き後の問題は深刻で、非常に多くの相談が寄せられている」と説明。

特に相続手続きが進まず資産が凍結される場合がある。相続しても財産管理には問題が生じるという。

 中学校でいじめに遭い、ひきこもっていたという男性(39)は「ひきこもっていたときは心が痛くて、このままでは持たないという危機感があった」と振り返る。同様の境遇にあった男性の兄は2年前に自殺。男性は支援団体のカウンセリングを受けて、今ではNPOの事務を手伝うまで回復している。

 ひきこもりを長年支援してきた礒野雄行政書士は「1980年代からひきこもっている人は、社会に出てもタイムスリップする状態。社会参加を少しずつできることから支援していかなければならない」と話した。(天野健作)

http://www.sankei.com/life/news/171127/lif1711270004-n1.html





◆親が死ねば一緒に死ぬという、深刻な引きこもりたちに、何とか就労支援をしようと地方自治体が取り組んでいましたが、病的で頑強な引きこもりたちの抵抗で計画は挫折しているそうです。




ひきこもり就労支援、半数の自治体が断念 「新しい環境に拒否感」

引きこもり

ひきこもりなどを対象に就労準備を支援する事業を、主に事業主体となる福祉事務所を設置している全国の自治体の半数以上が断念していたことが26日、厚生労働省の調べで分かった。
対象者が「新しい環境に拒否感がある」「必要性を理解していない」と訴えていることなどを理由としており、対象者が社会と断絶し、支援が届きにくい実情が浮き彫りになった。自立できなければ生活保護に移行し、社会保障費がさらに増大することが懸念されている。

 就労準備支援事業は生活困窮者自立支援法に基づき、平成27年度に始まった。初年度は244自治体が始め、今年4月時点で393自治体に増加したが、厚労省によると、約900の対象自治体全体の約44%にとどまっている。京都府や熊本県で完全実施されている一方、茨城県(6%)、山梨県(7%)、長崎県(13%)が低かった。

 事業を断念した理由について、「利用ニーズ」に問題を挙げる自治体が一番多い。その中で対象者が「必要性を理解しない」(58.2%)が最多。次いで、「新しい環境に拒否感がある」(39%)、「参加のための経済的負担ができない」(35.5%)だった。

事業を実施している自治体の中には経済負担を軽減するため、約3割が「手当」として対象者に金銭を給付していることも判明。ある自治体は「交通費の一部に充ててもらい、まず外に出て事業所に来てもらうことが大事」と説明している。


【用語解説】ひきこもり

 就学や就労など社会的参加を回避し、半年以上、おおむね家庭内にとどまり続けている状態。他者と交わらない形での外出も含む。内閣府は昨年、15~39歳を対象に調査したところ、全国で約54万人いると推計。KHJ全国ひきこもり家族会連合会の今年3月の報告書では、当事者の平均年齢は33.5歳、ひきこもり期間は平均10.8年だった。

http://www.sankei.com/life/news/171127/lif1711270003-n1.html




◆アニメやゲーム等にのめり込み,現実を見ようとしない人間が増加し、親の年金に頼って働くことを拒否し、自分の老後のことも考えられない引きこもりが高齢化しているとしたら、これは本当に亡国の光景と云わずに何と云いましょうか。

▼にゃんとも云えニャイ!日本も、お先真っ暗だニャア!

にゃんとも云えニャイ


温泉に行ってきました



◆連れ合いの顔面帯状疱疹が発症して14か月、いくらか痛みが引き、外にも出られるようになったので十年ぶりの温泉に行ってきました。温泉と云ってもピンからキリまでありますが、私が選んだのは山奥にひっそり佇む古民家風の岩ぶろ付きコテージです。この湯は貸し切り状態で他の宿泊客と顔を合わせずに済みます。隠れ家温泉とでもいうのでしょうか。周りの木々は紅葉が始まっていました。

隠れ家

◆心臓病で長年飲み続けている薬の副作用なのかどうか分かりませんが、連れ合いの首や背中に大きな白斑ができたことと、帯状疱疹で顔が引きつり、すっかり人相が変わったことで、人前に出るのを嫌がるようになっていたのですが、この宿はとても気に入ってくれました。

囲炉裏

◆泉質はアルカリ単純温泉、かけ流し、温度は41度、とても肌触りがよく、じっと浸かっていると、長年溜まって染み込んでいた浮世の垢や穢れが体内からじわじわと排泄されていくような気がします。身も心もすっかり洗い清め、耳を澄ますと給湯口から浴槽内に流れ込む水音以外、何も聞こえません。湯気で曇った小窓の外にはピンクの山茶花がちらほら咲いています。久しぶりの温泉ですから、かなり長風呂になりました。

お湯

山茶花

◆温まり過ぎてのぼせたので、浴衣で一人、散歩に出ると火照った体に秋の澄み切った冷気が心地いい。ふと道端を見るとコスモスと鶏頭、秋と夏の花が肩を寄せ合うようにひっそりと咲いています。あたりは寂として静まり、鳥の声も虫の羽音も聞こえない。聞こえるのは自分の歩く下駄の音と、時折樹木を吹き抜ける風の音だけ。こんなに清々しい思いをしたのは何年ぶりだったでしょうか。
コスモス

鶏頭

◆昨年の秋以来、私には全くと言っていいほど休みがありませんでした。
連れ合いの看病と週2回の通院付き添い、買い出し、3度3度の台所仕事、洗濯、入浴、拭き掃除。その間隙を狙うような度重なる親類縁者の危篤の知らせ、通夜葬式、骨拾い、49日法要が終わったかと思えば、初盆、一周忌と云う仏事の連続、446日間、盆も正月もありませんでした。これで親戚縁者は悉くこの世を去り、もう義理を果たさねばならない相手は居なくなりました。多少の寂寥感はありますが重荷を重荷を下せたことでやっと解放感に浸れることができたのでしょう。

◆宿に戻ると連れ合いがぼんやりとテレビを見ています。こんな山の中まで来てテレビなど見なくてもと、思いましたが、小言を言って病人を刺激することもあるまいと思いとどまり、冷蔵庫の缶ビールと焼酎をちびちびやりながら考えました。心身ともに衰え、人生の黄昏を迎えた私に、これほどの試練が課せられるのには、何か訳があるのではないかと自問自答していると、インナーボイスが囁きかけてきました。「これはカルマ解消のための課題の一つである。お前には我が家系に終止符を打つ役目が与えられているのだ。お前は父母、そして親戚縁者を見送り使命を見事に果たしている。今しばし、辛抱せよアセンションは近づいている」と・・・

◆静寂の中に身を置くことでしかインナーボイスを聞くことは出来ないのでしょう。日本人は他の民族より精神性や霊性の格が高いといわれるのは、温泉や風呂好きが関係しているのではないかと思います。
神道には、禊(みそぎ)という風習があります。最近話題になったのは九州福岡県の宗像大社がユネスコ世界歴史遺産に登録されたことでした。宗像大社の三姫神のお一人が祀られている沖の島には、神官でも冬でも海の中に入り心身の穢れを落とさなければ島に上陸できないという決まりがあります。

沖の島禊

◆神道で自分自身の身に穢れのある時や重大な神事などに従う前、又は最中に、自分自身の身を氷水、滝、川や海で洗い清めること。 類似した水垢離(みずごり)と呼ばれるものがあります。禊祓(みそぎはらえ)の略称です。風呂好き温泉好きの日本人は知らず知らずに、毎日この禊を行い、心身を浄化しているのです。中国や朝鮮にはこういう禊(風呂文化 )はありません。

◆日本には昔から「水に流す」という言葉があります。どんなに憎しみ、いがみ合った間柄でも仲裁人の介入で、それまでの恨みつらみをお互いに「水に流して」仲直りができるという非常に素直で稀有な徳性が日本人には備わっています。ところが中国人や朝鮮人には「水に流す」という徳性は全く備わっていません。「水に落ちた犬は棒で打て」「憎い奴の墓は掘り起こしてずたずたに切り裂け」という言い伝えがあるように、彼らは恨みつらみを持ち続けないと生きていけないのです。だから決して忘れず、それを火種にして被害妄想というエネルギーを加えて火病を爆発させ失神しなければなりません。だから風呂に入り心身の穢れや垢を落とすなどとんでもないことなのです。

火病3

火病

火病4

火病2

火病5

◆そうこうするうちに、食事が運ばれて来ました。地元の山菜や地鶏の料理が中心の大きな弁当箱で中には様々な料理が詰め合わせになっていましたが、連れ合いも私もお子様ランチでも持て余すような小食なので、料理を作っていただいた調理師には申し訳なく思いながら、殆ど手付かずのまま残してしまいました。その代わりに焼酎のお代りは進みました。

弁当

◆酔いに任せてテレビのニュースを見ていると、希望の党の小池百合子代表が辞任するという。
その代わりにモリカケ学園騒動を捏造し、安倍政権を潰そうとしたタマキンこと玉木雄一郎が代表になるのだそうで笑ってしまいました。
小池玉木

◆小池新党、希望の党が発足当時、私はこの政党はやがて失望の党となり、絶望の党となると当ブログで書きましたところ、絶対的小池百合子信者から酷いお叱りの投稿がありました。しかしながら実際その通りになりましたね。立憲民主と希望の党の区別も差別もつかない二つの政党。その上、参議院にはまだ民進党の残党が居残って政党助成金をむさぼっています。小池百合子のお陰で立憲民主、希望の党という全く役立たずのパ翼政党が出来て、無駄な政党助成金が二つ増えたわけです。

news_20170930162826-thumb-645xauto-122765.jpg

◆小池代表は衆院選後、「創業の責任がある」などとして代表を続けていましたが、自分の意志に反するパ翼議員に母屋を乗っ取られ、立場をなくしてしまいました。女将さんとしての立場を失った、政界渡り鳥は都政に専念する必要があると判断したと云っているようですが、都知事になって一年経っても都知事としての実績はありません。豊洲市場、築地市場、そして東京五輪の問題はなお決着がつかず問題は山積したままです。あまりあちこち、あれこれ間口を広げ独断と偏見で人間関係を掻き回し過ぎて、ふと周りを見回すと屍累々。若狭勝、前原誠司などメンツをつぶされた連中は愚痴を言う場さえ無くしています。

◆小池代表は、前原誠司を篭絡して大勢の民進党議員を希望の党に鞍替えさせたまでは好かったものの、全員を受け入れるというわけではなく排除の理論もあり得るという発言で、鞍替え議員たちは恐怖しました。衆院選では過半数を超える候補者を擁立したが、当選は50人にとどまり、敗北を喫しました。衆院選の投開票日、小池代表は出張中のパリで、「今回は完敗。私自身にもおごり、慢心があったのではないかと反省している」などと述べていましたが、この結果は自ら招いたもの。「軒先貸して、母屋取られると」云いますし、また「才人才に溺れる、」と云いますが、これは所謂自業自得ですねwww

◆コケコッコーで一夜明け、朝風呂にゆっくり漬かり、酔いを覚まして、管理棟でバイキング方式のごく普通の朝食を頂き家路につきました。途中道の駅に立ち寄り何か珍しいものはないかと店内を見て回ると、今が旬の蜜柑、柿、葡萄、里芋、などが豊富に並べられています。中でも珍しかったのは地元の川で取れたシジミです。生き生きとして、勢いよく水を吐いています。オルニチンでアルコール漬けの肝臓を癒やそうとザル一杯のシジミを買いました。連れ合いもいくらか生気を取り戻したような気がします。スマホも、パソコンもない2日間でしたが、お陰様で実に爽快な二日間でした。

shijimi_1.jpg

◆帰宅して、PCを開くと、コレです・・・爽快な気分は一度に吹き飛び、また穢れの世界へ舞い戻ってしまいました。冗談もここに極まれりwwww




【悲報】韓国若者の就職難 日本市場での解決模索へ 外務次官訪日ウィンウィン関係になるため」

2017年11月12日20:20 | カテゴリ:韓国 北朝鮮

AJP20171112000100882_01_i.jpg

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙顕(チョ・ヒョン)第2次官が12日午後、日本を訪れ、就職難に苦しむ韓国の若者の雇用問題を協議する。5月の文在寅(ムン・ジェイン)政権発足以来、外交部次官が訪日するのは初めて。趙氏は14日まで滞在し、杉山晋輔外務事務次官や日本財界の関係者らと会談。韓国の若者と日本企業をマッチングするなどして両国が共に利益を得る「ウィンウィン関係」になるための方策を協議する。 

趙氏は杉山氏らとの会談で、韓中日首脳会談開催や韓日間の「シャトル外交」再開、旧日本軍慰安婦問題に関する2015年の韓日合意など、両国関係の懸案についても意見を交わすとみられる。

聨合ニュース、2017/11/12 09:34 
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/11/12/0200000000AJP20171112000100882.HTML




▼不可能だろう!恨みつらみの朝鮮人には、マッチングもウインウインもあり得ニャイ!

不機嫌


冬支度



絶え絶えに 声ふりしぼる 法師蝉

◆今日で9月もおわり、どこかでツクツクボウシが今にも死にそうな声をふり絞って鳴いています。彼らにも生への執着があるのでしょうか。私もまた寄る年波か、身につまされます。

つくつく法師

◆朝晩はすっかり肌寒くなってきましたので、衣替えの支度に掛かりました。もう何年もクローゼットの中を整理していなかったので夏物と冬物がごちゃ混ぜになっていて、お気に入りのシャツやズボンがどこにあるのか見つけることができないほどです。以前から整理しようとは思っていましたが、つい面倒で先送りしていましたので混雑は酷くなるばかり、そして今日やっと断捨離に取り掛かりました。

断捨離

◆現役時代のスーツやジャケット、ズボン、セーター、コートなどは、袖を通していないものもありますが、癌手術で20キロ近く痩せたので、どれも2サイズ大きく、ぶかぶかですので全部捨てました。3時間かけてクローゼットの中は大分すっきりしましたが、それでもまだ捨てるものがあります。かなり疲れましたが、もう一度別の日にチャレンジしようと思います。

◆顔面ヘルペスと三叉神経痛の連れ合いは目がよく見えないらしく、昨日階段を踏み外したとのこと。脱臼か捻挫で歩けなくなり、外科へいきレントゲンを撮ってギプスを付けてもらいました。骨折ではないようなので不幸中の幸いでした。破れ鍋に綴蓋、何時まで持つか分かりませんが当分二人三脚で生きていくしかありません。時の過ぎゆくままに・・・

Rod Stewart - As Time Goes By (from One Night Only!) ft. Chrissie Hynde



◆泣くも一生 笑うも一生、だったら笑って生きたいものです。

ロッド・スチュアートとナット・キングコールで「スマイル」の聞き比べ。

Rod Stewart - Smile


smile - nat king cole




▼猫は自然に冬支度できるんだが、人間は手間がかかるニャア~

21-e1429479048261.jpg



プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR