列島全体を揺さぶるHAARP


◆小笠原沖で起きた地震は関東だけでなく日本列島全体を揺らしました、

気象庁によると、30日午後8時24分ごろ、小笠原諸島西方沖の深さ590キロを震源とするマグニチュード8.5の巨大地震だったそうです。

全体地図

大深度の巨大地震でしたが大災害にならなかったのは幸いでした。

口永良部島の噴火や今度の地震は日本がカザーリアン・マフィアと中国の標的になっている事の証でしょう。

◆スプラトリー海域における中国の軍事要塞化を非難し、日米軍事同盟強化に向けて国会審議を続ける日本に対するカザーリアン・マフィアと中国の陽動作戦です。

中国は明らかに米国との軍事衝突を想定しています。




アメリカと中国が「軍事衝突」したら・・・「中国は嘉手納を攻撃。米空軍基地を壊滅させる」=中国メディア

戦闘機

© Searchina 提供 中国のポータルサイト新浪網は28日、台湾を巡って米中が軍事衝突した際のシミュレーション記事を掲載した。(イメージ写真提供:(C) Alexander Perepelitsyn…


中国のポータルサイト新浪網は28日、台湾を巡って米中が軍事衝突した際のシミュレーション記事を掲載した。制空権を確保するため、中国はまず沖縄の嘉手納基地をミサイル攻撃すると主張。米軍戦闘機は行動の制約が極めて大きくなり、人海戦術ならぬ「機海戦術」に直面するという。


 記事は「台湾海峡有事」が発生し、中国側は戦闘機としてロシア製「Su-27」、米軍側は「F-22」を投入すると想定した。

 そして台湾海峡から500海里の範囲内で、中国は27カ所の飛行場から作戦機を飛ばすことができが、米軍には中国大陸部から460海里離れた沖縄の嘉手納基地しかないと指摘。中国はさまざまなミサイルで攻撃をするので「嘉手納の米空軍基地が生き残ることは不能」と主張した。


 「空の戦い」は昔も今も、「空戦」に持ち込む以前に、相手側が航空機を発進させる前に飛行場を使用不能にするのが、最もよい戦い方とされている。かつてはまず、滑走路を狙った。しかし記事は、「現在の戦い」の場合、ミサイルは基地の主要施設を破壊すると指摘した。


 米軍は制空権を回復するためにアンダーセン空軍基地からF-22を出動させる。空中給油を繰り返しながら、グアムに着陸。F-22を含め地上基地から出撃する米軍機は空中給油を重ねながら台湾海峡に向かうことになる。


 記事は、嘉手納基地を失った場合、中国側は1日に延べ1300機を出撃させられるのに対し、米軍側は138機に減少するとの見方を紹介。


 米国で行われたシミュレーションでは、中国側はSu-27を72機、米軍はF-22を6機出動させ、さらに双方とも警戒機や無人機も飛ばすと想定されたという。戦闘機だけを見ても、中国側は機数に物を言わせる人海戦術ならぬ「機海戦術」だ。

 F-22はSu-27を次々に撃墜する。F-22の被害はゼロ。ところが戦闘が経過すると、中国側のミサイルが米軍側の給油機などに命中しはじめる。戦闘で圧倒的な強さを示したF-22もミサイルなどで攻撃手段を失う。

 F-22は戦闘空域を「無傷で離脱」することができるが、米軍側が改めて空中給油機を派遣できなければグアム島の基地にたどりつくことができなくなり、「海に落ちざるをえない」結果になる。

 同シミュレーションによると中国側のSu-27は24機が残ったという。(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提
供:(C) Alexander Perepelitsyn  /123RF.COM)

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%A8%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%8C%E3%80%8C%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E8%A1%9D%E7%AA%81%E3%80%8D%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%89%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%80%8C%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AF%E5%98%89%E6%89%8B%E7%B4%8D%E3%82%92%E6%94%BB%E6%92%83%E3%80%82%E7%B1%B3%E7%A9%BA%E8%BB%8D%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E3%82%92%E5%A3%8A%E6%BB%85%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%80%8D%EF%BC%9D%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2/ar-BBkq1Ju#page=2




◆習近平はいま深刻な国内問題を抱えています。江沢民一派との権力闘争、軍部の派閥、汚職官僚一斉検挙、不動産バブル、シャドー・バンクの軒並み破綻、頻発する抗議デモ、環境破壊などあらゆる矛盾が噴き出して収拾がつかない状態です。江沢民は人心を一方向に向けさせる為に、反日教育を徹底させてきました。人民の不満を日本にぶっつけて、愚民共の怒りを解消してきましたが、ネットの普及と訪日する中国人が増えてきたことで、
人民が共産党指導部の日本悪者論は間違いだった事に気付き始めた事もあり、これまでのやり方では統治できなくなっているのです。

◆つまり、習近平は民心を統一するには米国と衝突するしかないと考えているのではないでしょうか。しかし、まともに米国と正面衝突をすれば、幾ら数で勝る中国軍でも米国の軍事力の前ではひとたまりも無いでしょう。

◆一つ懸念される問題があります。それは、敵にはHAARPがあると言う事です。嘉手納基地を巨大地震やサイクロンが襲えば如何に戦闘能力に優れた空母や戦闘機があっても戦う事はできません。何とかHAARPを無力化させる方法を講じる必要があります。米軍のなかにはHAARP開発に携わった技術者も多いでしょうし、シオニストに魂を売った将兵ばかりでもないでしょうから、干渉波を出しカバールの電磁波を打ち消す方策を取らねばなりません。

light_dotup_org193093.gif


◆3,11以来プレートの境目が緩んでいるので日本は揺れやすくなっていると言われています。これからも日本列島は火山噴火、大地震などが瀕発する可能性があります。
実に厄介な事になってきました。
スポンサーサイト

米中開戦の確率は70%と元CIA副所長


◆口永良部島の噴火で全島民避難という非常事態になっています。なにか日本の未来を象徴しているかのように思えます。

噴火2


◆中国によるスプラトリー諸島の軍事基地作りを巡って、米中の緊張が高まってきました。
米国防長官アシュトン・カーター氏は米海軍の偵察機と艦船を現場に派遣しました。

ペンタゴンは係争中の南シナ海諸島の近く飛行機、船を派遣


◆元CIA副所長マイケル・モレル氏がこのまま行けば米中戦争開戦の危機は70%まで高まっているとCNNに語っています。

モレル

Former CIA Director Michael Morell Warns of War with China (70% probability)


◆もし米中開戦となれば、日本も無関係とは言えません。





【スクープ最前線】南シナ海で暴挙続けば米中開戦の恐れ 死に物狂いで“安倍潰し”に走る中国

2015.05.27

米国と中国の覇権争いが顕在化してきた。習近平国家主席率いる中国が南シナ海での軍事的拡張に猛進するなか、オバマ大統領率いる米国がやっと攻勢に転じたのだ。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は25日付社説で「(米国が工事停止を求めれば)南シナ海での中米戦争は不可避だ」と恫喝した。「中華思想」による覇権樹立を狙う中国の策謀と、「自由」「民主主義」「人権」「法の支配」という価値観を共有する日米同盟の深化・強化とは。「米中新冷戦」の最前線に、ジャーナリストの加賀孝英氏が迫った。

 「公平で平和的な紛争解決と航行の自由のために、米国はたじろぐことなく立ち上がる」「米国が(中国の)領有権の主張に特権を与えることはない」

 バイデン米副大統領は22日、メリーランド州アナポリスの海軍士官学校卒業式での演説で、中国が南シナ海で人工島を次々と建設していることなどを列挙し、こう語った。明らかに中国の暴挙への宣戦布告だ。

 ニュースサイト「フォーカス・アジア・コム」も23日、米中央情報局(CIA)のマイケル・モレル前副長官がCNNの取材に「こうした無謀な行動を中国が続けるならば、中国は米国と将来、間違いなく開戦に至る」と発言したという、シンガポールの華字紙の記事を大きく紹介した。

 ご承知の通り、中国は現在、南シナ海のほぼ全域を囲む9つの線からなる「九段線」(赤い舌)を引き、国際法を無視して南シナ海の大部分を「自国の領海だ」と主張。領有権を争うフィリピンやマレーシア、ベトナムなどの周辺国を力で恫喝し、岩礁を埋め立てて軍事拠点を建設している。

 米国はこれまで後手後手だったが、やっと本気で「中国の軍事的拡張阻止」に乗り出したかたちだ。米国防総省のウォーレン報道部長も21日、中国が人工島の「領海」と主張する12カイリ(約22キロ)内に、米軍の航空機や艦船を進入させると明言した。

 当然のことだ。中国の南シナ海での暴挙は、日本固有の領土、沖縄県・尖閣諸島の強奪を狙って、中国艦船が卑劣にも周辺海域に連日侵入していることと、まったく同じ延長線上にある。日本としても、法と自由と平和を守る国際社会の一員として、シーレーンである南シナ海の自由航行を守るためにも、中国の暴走を断じて許すことはできない。

 旧知の外務省関係者がいう。

 「米国の姿勢が一変した。中国に対して強硬政策に転じた。中国を放置すれば『国際社会の主導権を失う』という危機感があるのだろう。バイデン氏の発言は、CNNが20日、南シナ海で警戒飛行している米海軍対潜哨戒機P8Aに同乗取材した際、中国側から8回も退去警告を受け、『You go!(出て行け)』などと罵倒された映像が公開されたことも影響している。世界の秩序を守ってきた、米国民の誇りが傷付けられた」

 実は、米中関係はすでに水面下では大変なことになっている。米国は激怒している。以下、複数の米情報当局関係者から得た情報だ。

 「コロンビア検察当局が今年3月、不審なキューバ行きの中国船を拿捕(だほ)した。積み荷の中に、火薬100トン、信管260万個、ミサイル99発、砲弾3000発以上が隠されていた。オバマ大統領は昨年末、キューバとの国交正常化に向けた交渉開始を決断した。その国交正常化を潰す『中国側の工作活動』との疑いがある」

 「米司法省は19日、中国人6人を産業スパイとして起訴した。米連邦大陪審が昨年5月、中国軍のサイバー部隊『61398部隊』所属の5人を起訴、顔写真付きで指名手配して以来のことだ。実は、米国も関係したイスラエルの最新防空システム、弾道弾迎撃ミサイル、無人機の機密技術データも盗まれたとみられている。中国と米国はサイバー世界ですでに戦争状態だ」

そして、驚くなかれ、日本にも危機が迫っている。情報はこう続く。

 「米大手セキュリティー会社が先月末、『61398部隊』以上の攻撃力を持つ、中国軍のサイバー部隊『61486部隊』の存在を報告した。彼らは米国だけでなく、日本も狙っている。機密情報の入手のみならず、あらゆる機能のシステムダウンを狙う最強部隊だ」

 日本政府は、「昨年だけで、256億件のサイバー攻撃を受けた」という事実を確認している。だが、ある自民党幹部は「61486部隊」の情報を聞いて絶句した。

 「日本にはまだ、(防御も含めた)本当のサイバー部隊が整っていない。万が一、2020年東京五輪のような国際的行事の時にシステムダウンさせられたらお手上げだ」

 外事警察関係者がいう。

 「中国側による、日本への攻撃が確かに激化している。『安倍晋三首相さえいなくなれば、日本はすべて言いなりになる』と、新たな『安倍首相潰し』『安倍政権潰し』の工作が、韓国側や一部メディアとともに、国内外で展開されている。歴史認識や安全保障をめぐる突出した批判もこの一環だ。沖縄での動きが特に激しい」

 安倍首相が狙われている。中国は死に物狂いだ。その背景には、安倍首相の4月訪米が大成功し、日米同盟が深化・強化され、現実に動き始めたことがある。中国が世界の政治、文化の中心であり、漢民族は他民族に優越している、そんな「中華思想」に基づいて世界覇権を狙う中国にとって、これに立ちはだかる日米同盟は邪魔なのだ。

 安倍首相に申し上げたい。米中両国から「どっちの味方だ」と責められて頭を抱えている、朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国などは放っておけばいい。ただ、中国については、微塵(みじん)たりとも油断してはならない。

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150527/frn1505270830001-n1.htm




◆何時かこう言う事態になると、日本の保守層は50年以上前から憲法改正を叫んできたのですが、米国と日本共産党や社会党など左翼の反対で、日本は国土と国民の生命財産を守ることができないようにがんじがらめにされてきました。

今も国会で集団的自衛権や自衛隊法の解釈の問題で野党が空理空論で、憲法9条を改正すると戦争する国になると与党を詰問しています。彼等は、国防軍にしようとするのは危険だと言い張り、日本は頭の蝿も追えない、実に情けない状況に追い込まれています。

◆昨日沖縄知事が渡米して辺野古の基地は作らせないと、ごり押しをするようですが、共和党のマケイン議員は「知事ごときが何をほざくか、防衛問題は国同士の専権事項だ!」と怒っていました。反日で凝り固まったパク・クネと同じメンタルの翁長というドン・キホーテは米議会の誰からも相手にして貰えないでしょう。
県民大会那覇

那覇反対

◆沖縄はすでに日本ではありません。中韓マネーで買収された知事と地元紙とプロ市民が結託して、日本の防衛を何としてでも阻止しようと連日のように反対運動をしています。彼等は基本的に日本の滅亡が悲願なのです。戦争になれば再び沖縄は中国の攻撃を受け自分たちの生命財産が失われてしまうのです。彼らにはそんな想像力も働かないのでしょうか。




【痛快!テキサス親父】極左集団、他国工作に注意 「辺野古移設反対」沖縄県民の裏で暗躍

テキサスオヤジ

 ハ~イ! 日本のみなさん。俺は先日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「県民大会」に関する記事をインターネットで読んだぜ。那覇市の野球場で17日に行われたものだが、記事に添えられた写真や映像を見て、強い違和感を覚えたんだ。

 同じプラカードを一斉に掲げて、まるで共産主義国の中国や北朝鮮のマスゲームのようだった。「日の丸」は見当たらず、日本の愛国者たちのデモや集会とはまったく違った。日本の友人に、目立っていた赤い横断幕に何て書いてあるのかと聞くと、「極左暴力集団の名前が書かれている」と言うじゃないか。

 友人に、日本の「警察白書」を訳してもらった。それによると、「暴力革命による共産主義社会の実現を目指している」「組織の維持・拡大をもくろみ、暴力性・党派性を隠して大衆運動や労働運動に取り組んだ」とあった。そんな集団が堂々とのぼりを上げていることに驚いたぜ。

 基地移設に反対する人々は24日にも、国会周辺で抗議行動を行ったようだ。この写真や映像についても友人と確認したが、沖縄で使用されていたプラカードに混じって、日本では使わず、中国で使用されている特殊な漢字で意思表示している集団がいたという。

 中国人が、日本で「米軍出ていけ!」と抗議行動をしているのか? 中国は東シナ海や南シナ海で軍事的拡張を続け、覇権を狙っている。沖縄の米軍基地は日本を含む、東アジアの平和と安全を守る拠点だから、中国が米軍基地を嫌がるのは分かりやすいぜ。

 もちろん、県民大会や抗議行動に参加した人々の多くは、純粋に平和を愛して、基地が危険で騒音がうるさいと感じている人々だろう。ただ、そんな純粋な人々を扇動・誘導して、自分たちの悪しき思惑のために利用しようとする集団や他国が存在することも覚えておいた方がいい。

フィリピンでは、激しい反米運動を受けて、1991年に米軍基地が撤退した。この直後、中国軍はフィリピンが領有権を主張していた南シナ海・ミスチーフ礁などを軍事占拠した。現在、中国は南シナ海の複数の岩礁を埋め立てて軍事基地化している。

 沖縄の人々は、こうした現実をよく知るべきだ。中国メディアは、尖閣諸島だけでなく「琉球も中国領だ」と報じて、沖縄を狙っている。翁長雄志知事は外交権もないのに米国に来て「基地反対」を訴えるそうだが、中国の脅威をどう考えているんだ? フィリピンの教訓を学ぶべきだぜ。

 最後に2つ、お知らせがある。

 まず、ケント・ギルバート氏との共著『素晴らしい国・日本に告ぐ』(青林堂)が発売された。慰安婦問題や集団的自衛権も取り上げている。ぜひ読んでほしい。それから、今年も7月に「日本縦断ツアー」を行うことが決定した。日程や場所などの詳細はテキサス親父日本事務局のHPに載っている。できるだけ多くの日本のみなさんと会えることを楽しみにしているぜ。

 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。

 では、また会おう!

 ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを定年退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。自著・共著に『テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」』『素晴らしい国・日本に告ぐ』(ともに青林堂)など。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150529/dms1505291140009-n1.htm




◆中国の危機がここまで迫っている時に、左翼はまだ自国を守るという意識が目覚めず、国会で不毛な揚げ足取りばかりやっています。「もし、自衛隊員に危険にさらされたら、どう責任を取るのか」などと、幼稚園児の保護者のような事を言う議員がいるのも信じられません。中国が戦闘モードに入って、足元に火が付いていると言うのに、まだこのような愚問を発する馬鹿が居るのですから、開いた口がふさがりません。自衛隊員は入隊した時から覚悟はできているのです。

将に「憲法残って国滅ぶ」状況であります。

続きを読む

英米の蜜月は終わり、中国の暴走が始まった。



◆ロスチャイルドとソロスは完全に中国へ寄生して、気象兵器を使い、米国の国土とインフラ、そして経済を破壊しようと企んでいますが、傘下の英紙フィナンシャル・タイムズが米国を攻撃する記事を掲載しています。

メディア王




米国が「AIIB」に敵意!? 誤解を招かないための最善策は・・・「自らの誤りを認めて『AIIB』に参加すること」と英メディア社説で=中国メディア

AIIBロゴ

© Searchina 提供 中国メディア・観察者網は22日、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)の発足メンバー国による協議が20日より始まるなか、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の電子版が21日に

中国メディア・観察者網は22日、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)の発足メンバー国による協議が20日より始まるなか、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の電子版が21日に「米国がAIIBに反対する理由は成り立たない」とする社説を掲載、「米国自らの誤りを認めて速やかにAIIBに参加せよ」という論調を展開したと報じた。

 記事は、FTが「米国によるAIIBへの反対は、まさに『うまいことやろうとしてかえってしくじる』状況にあり、自分で自分を打ち負かすような茶番劇だ。西側同盟国の加入を阻止できず、米政府はそっちのけにされて悶々としている」と評するとともに、「オバマ政権によるこの問題の処理は、アジアないしは世界の他地域にとって不吉な前兆である可能性がある」としたことを紹介。

 また、米国がAIIBの原則に反対する理由は立脚点がなく、「中国の重商主義の現れ」と判断するのも時期尚早だとしたうえで、「AIIBが中国のハードパワーを行使する道具ではないと信じてもらうのは容易ではない」なかで、中国がAIIBを政治化しないように細心の注意を払っていると説明したことを挙げた。そのうえで、中国がかじ取りを任せた、世界銀行やアジア開発銀行の経験を持つ金立群氏による早い段階での措置が「人びとに一定の信用をもたらした」とし、AIIBスタッフの約半数に非中国籍の人物を採用したことなどを例示したと伝えた。

 一方で、オバマ政権がAIIBに対して「反射的な敵意」を示している状況は、「米国がより興味を持っているのは中国を抑制することであって、アジアの発展ではない」との印象を与えるリスクがあると論じたこと、AIIBの成立が「中国が西洋の多様性主義をサポートするという原則を突き固めることができるかの証明になりうる」としたことを挙げ、AIIBや盟友に対して「ひどいカードの出し方」をした米国にとって、最良の対策は「誤りを認めてAIIBの創設に参加することなのだ」と結んだことを紹介した。

(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)Andrej Kaprinay, Ing. /123RF.COM)


http://www.msn.com/ja-jp/money/news/%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E3%81%8C%E3%80%8C%EF%BD%81%EF%BD%89%EF%BD%89%EF%BD%82%E3%80%8D%E3%81%AB%E6%95%B5%E6%84%8F%EF%BC%81%EF%BC%9F-%E8%AA%A4%E8%A7%A3%E3%82%92%E6%8B%9B%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%96%84%E7%AD%96%E3%81%AF%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%80%8C%E8%87%AA%E3%82%89%E3%81%AE%E8%AA%A4%E3%82%8A%E3%82%92%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%81%A6%E3%80%8E%EF%BD%81%EF%BD%89%EF%BD%89%EF%BD%82%E3%80%8F%E3%81%AB%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%80%8D%E3%81%A8%E8%8B%B1%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E7%A4%BE%E8%AA%AC%E3%81%A7%EF%BC%9D%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2/ar-BBkcuVa#page=2




◆英米はこれまで双児の兄弟のような関係であったのが、米国はここへきてその関係を英国側から切られてしまったようです。米国に対してAIIB参加を呼び掛けると言う事は日本にも参加させろと言っているようなものです。ロスチャイルドとソロスはドルと円の取り込みで、中国をより巨大な帝国に仕立て上げ、2本の新シルクロード構想を実現させ、全アジアとユーラシア大陸の小国をインフラで借金だらけにして、高利を貪ろうと考えているのでしょう。これからギリシアのように借金漬けで首が回らなくなる国が続出することになるかもしれません。

ソロスエージェント

バンキングマフィア

ロスチャ銀行


◆3月にウイリアム王子が日本と中国を訪問しましたが、日本は出汁に使われただけで、本当の目的は中国の習近平と何かの密約を交わすことだったようです。多分ロスチャイルドと英国王室との関係をより親密にするための露払いと言ったところでしょう。




ウィリアム王子、習近平国家主席と会談

中国を初めて訪問しているイギリスのウィリアム王子は2日、北京で故宮などを視察したほか、習近平国家主席と会談した。
 2日午前、ウィリアム王子は故宮や伝統的な家屋が立ち並ぶ胡同を訪れ、担当者の話に熱心に耳を傾けていた。そのあと、習近平主席と会談したウィリアム王子は、エリザベス女王からの手紙を渡し、「女王は習主席のイギリス訪問を熱く期待している」と伝えた。

 習主席「私も女王陛下との会談を期待しています」

 ウィリアム王子「未来のためにイギリスと中国のつながりが深まることを期待します」

 中国国営の新華社通信によると、互いにサッカー好きでもあり、サッカーを通じた交流についてもやりとりがあった。また中国で、象牙などの違法な取引が問題となっている中、ウィリアム王子は中国側の野生動物保護への努力を高く称賛したという。

http://www.news24.jp/articles/2015/03/02/10270269.html




◆そして5月27日にエリザベス女王が、10月に習近平が訪英すると議会で演説しています。英国がEUからの離脱の可能性を見せているのは、ギリシャやポルトガル、スペインなどのような経済脆弱国が寄り集まって、常にデフォルトの危機に瀕し、ゴタゴタを起しては、話し合いばかりで何の解決もできない民主主義的非効率な枠組みから、中国共産党独裁に乗り変えようと考えているからではないでしょうか

ロスチャと中国副首相
中国 国務院副総理 王 岐山とロスチャイルド


◆次の動画はキャメロン首相が中国へ接近しているような口ぶりですが、それは表層的な見方です。

中国・習近平に近づくイギリスの外交が最悪。「イギリスは経済のさえない国」


戦争犯罪人


◆ロスチャイルドやソロスは中国共産党の独裁体制を利用して、気象兵器と中国人民軍を操り、ユーラシア大陸とアジア全土を支配下に置くことを考えているのです。その前に米国を壊滅させる必要があるのでしょう。

ロスチャメヂア

フィナンシャル・タイムズが米国に意地悪くAIIBに入るべきだといっていますが、その裏にはもし断ったらその時は、巨大ハリケーン、巨大津波、イエローストーン公園の噴火、カリフォルニアの干ばつで人が住めなくしてやるという脅し文句が潜んでいるような気がしてなりません。

イエローストーン

◆日本も富士山、箱根、阿蘇、桜島の噴火、そして東海、東南海などの巨大地震が何時起きてもおかしくない状
況にあります。もし日本が米国に同調してAIIBに参加しないならば、いつ噴火や大地震が起きるか解らないぞと脅されているような気がしています。

ナンカイトラフ



中国は、日本をAIIBに強制加入させるために次のような露骨な要求を突き付けています。




中国政府、ATM技術の公開要求…日本企業反発

経済産業省は27日、2015年版の「不公正貿易報告書」を発表した。中国政府が同国に進出した邦銀などに、現金自動預け払い機(ATM)やコンピューターシステムの技術を中国で特許登録し、事実上、情報開示するように要求していたことがわかった。

 中国は欧米の銀行にも同様の要求をしている模様だ。

 経産省などによると、中国は14年末、国内に設置するATMなどには、中国で登録されている特許技術を使うように求めるガイドライン(指針)を示した。事実上、ATMなどで現在使われている技術を中国で特許登録することを義務付ける内容だ。
 特許を登録すれば、公開が原則なので、第三者でも閲覧できる。日本企業からは「ATMなどに使われる技術は、企業秘密であるだけでなく、防犯上の問題もあり、到底開示できない」との声が広がっている。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150527-OYT1T50121.html




01-Jacob-Rothschild.jpg

◆国会の集団的自衛権や自衛隊法解釈などと言う不毛で低次元の論争が虚しくなります。
これがシオニストの虚仮脅しであることを願うばかりです。

死神


気象兵器で狙い撃ち!第3次世界戦争に突入か?


◆気候変動で世界中に災害が広がっています。ネパールの地震では9000人ほどの方が亡くなったばかりで、復旧は遅々として進んでいません。日本でも何時大地震や火山噴火が起きてもおかしくないと言われており、自治体による避難訓練などが行われ、緊張が続いています。

このところ、連日のように地球最後の日を思わせるような気象異変が続出しています。




米テキサス州に非常事態宣言、竜巻や洪水の被害が拡大

[ヒューストン 27日 ロイター] - 米テキサス州やオクラホマ州で大雨による洪水被害が拡大し、26日までに少なくとも15人が死亡した。当局者によると、犠牲者はさらに増える見通し。
テキサス州ではメモリアルデーの週末に豪雨が襲い、数百棟の家屋が損壊。記録的な洪水によって、ヒューストンの墓地では埋められた棺がむき出しになっている。

ヒューストンのパーカー市長は記者会見で「多くの人々が水中で車を運転するような状況で、車を放棄しなければならなかった」と語った。1000台以上の車は、ヒューストンの洪水で水没したという。
テキサス州のアボット知事は、竜巻や大雨による洪水被害が広がっていることを受け、州内の少なくとも40郡で非常事態を宣言。同州では州兵も派遣されている。

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0OC01X20150527#1



25 May 2015 | Massive Texas Flooding | Lake Dam Failed in Bastrop State Park #TXwx


Floods Pummel Texas Cities As Storms - Powerful Flood





メキシコ、竜巻で13人死亡 米テキサスでは12人不明

竜巻1

竜巻2



米南部テキサス州と国境を接するメキシコ北部コアウイラ州シウダアクニャで強力な竜巻が発生、25日までに13人の死亡が確認された。同国メディアが報じた。

 また、米メディアによると南部テキサス州とオクラホマ州では激しい嵐による洪水が起き同日までに3人が死亡、テキサス州で12人が行方不明になった。住宅千戸以上が被害を受け、約2千人が避難した。

 シウダアクニャでは約200人が負傷、住宅300戸以上、車100台以上が破損した。死亡した人の多くは屋外にいたという。(共同)

このニュースの写真

http://www.sankei.com/world/news/150526/wor1505260010-n1.html






◆そのほかにも、米国の竜巻被害は今月だけで、次のような関連情報があります。


• 米、竜巻で1人死亡 南・中西部で荒天、各地で家屋が損壊
• 竜巻で十数人負傷 米中西部、家屋など被害
• 独北部で竜巻か 男性1人が死亡
• 「命かけ追跡すべきことか」米巨大竜巻専門家3人死亡で論争
• 【ZOOM】米オクラホマ竜巻「最強レベル」 懸命の捜索 100人超救出
• 【米で巨大竜巻】死者51人、20人以上が子供と米CNN 直径1キロ、小学校倒壊


◆まだ5月だというのにインドでは48度という猛暑で1000人を超える死者を出したということですが、こうした自然の猛威の前で、人類は何の抵抗もできず、ただ犠牲者を増やすばかりです。




インドで記録的な高温続く、最高気温48度 死者は500人超―インドメディア


インド紙ヒンドゥスタン・タイムズの25日付報道によると、インドでは各地で連日高温状態が続いており、現在までに500人余りが死亡した。また、熱中症を訴える市民も多く、当局が対策に乗り出した。環球網が25日報じた。

川に飛び込む2

ガンジス川

同国の多くの地域で連日高温状態が続いており、南部のテランガーナ州では最高気温が摂氏48度に達した。また、他の複数地域でも最高気温46度を記録しており、首都・ニューデリーでも43.5度に。これまでに高温によってすでに500人超が死亡している。

同国の気象専門家によると、今回の異常気象は乾いた北西風によるとのことで、この天気はしばらく続くという。

現地の医学専門家は、高温の天気によって脱水、胃腸不良、頭痛、発熱、発疹、アレルギーといった症状が起こりうるとしており、水分を多く摂取したり、なるべく日光を避けたりといった暑さ対策を施すとともに、できるだけ空腹時に外出しないよう呼びかけている。

(編集翻訳 城山俊樹)

http://www.focus-asia.com/rss/418761/




◆日本でもすでに35度を超えたところが出て、熱中症で倒れる人が出ています。

米国の気候変動は更に激烈で、洪水、トルネード、渇水、森林火災などが連日どこかで起きています。
これらの災害は、ほとんど何者かが仕組んだ気象操作によるものだと思われます。そうだとすれば、米国は知らないうちに戦争に巻き込まれているのかもしれません。

車水没

レスキュー

おぼれた子

◆1997年にクリントン政権の国防長官であったウィリアム・S・コーエンは「地震・噴火兵器」の存在を認めています。

ウイリアム・コーヘン


最近の気象予報が当たらない事が多くなっているのは気象が人為的に操作されているからではないでしょうか。
日本はこれまでHAARPを使った人工地震や大型台風で度々攻撃されてきました。広島、長崎の原爆投下と同様、私たちは何度も何度も実験台にされているのです。

阪神淡路大震災も3・11東日本大震災の津波と原発で東北から北関東にかけて甚大な被害を受けましたが、これは通常兵器、武器弾薬を使わないカザーリアン・マフィアの新しい形の戦争であると言えます。

311.jpg

◆東洋の軍師は皆風水を学んでいました。風水で気象を占い戦略、戦術に応用したのです。気象を自由に操ることが出来たなら、赤壁の戦いで諸葛孔明が風向きを利用して何千という敵船を火の海にして大勝することができます。
赤壁

反対にナポレオンがロシア遠征で敗走したのは、厳しいモスクワの冬の寒さを計算に入れていなかった事です。つまり気象を考慮しないと戦争には勝てないという事なのです。
ナポレオン敗走

欧米でも軍事専門家たちは人工的に気象をコントロールする技術を競って開発していたようで、冷戦時代の米ソはすでにHAARPのような気象兵器を開発して互いに牽制し合っていました。

◆米国の中西部から南部東部にかけてはトルネードや洪水、森林火災が毎日のように起きて、これまでにどれほどの人たちが家屋財産を失ったか、その被害の大きさは想像を絶するものがあります。

◆ところが、西海岸のカリフルニアは極度の旱魃に見舞われ、連日水不足に喘いでいます。

地図干そう

ダム2

ひわれ


はたけ

水を恵んで

カリフォルニアは世界のパン籠と言われるほど豊かな穀倉地帯でしたが、川も池もダムも干上がったままで、ひび割れた川底が不気味に広がっています。カリフォルニアをカラカラに干し上げ、南部、中西部に洪水を起し農作物が育たないようにして米国を食糧不足に陥れようとする何らかの意思が働いているように思えてなりません。



◆今、米国ではJEID HELMと言う大々的な軍事訓練が行われ、その中にはロシアや中国などの外国部隊が参加して、米国市民を不安がらせていますが、この作戦の内容は極秘になっているようです。

市民と戦車

ジェイドヘルム1

ヘリ


この軍事訓練は気象操作で米国を攻撃しているカザールマフィアとの戦いに備えているのではないかと言う事も考えられます。カザールに忠実な米軍の一部、或いはアカデミーのような傭兵軍団との戦いに備えているのではないかと言う事です。

◆米国の退役軍人たちのHP、ベテランズ・ツディの次のような記事があり、カリフォルニアの大旱魃は気象兵器によって引き起こされている。これは気象戦争であると言うのです。そしてその黒幕はロスチャイルドであると言っています。





(ソース)
http://www.veteranstoday.com/2015/05/22/weather-war/

Weather War
if Rothschild’s don’t control something, it’s not worth being controlled
もし、ロスチャイルドが何かをコントロールしていないなら、それはコントロールする価値がないからだ

by Rand Clifford for Veterans Today

旱魃が続くカリフォルニア州では、有名な天気予報士が旱魃だ旱魃だとオウムのように繰り返すばかりなので、The Ridiculously Resilient Ridge”の頭文字を取って「トリプルRのオウム」と非難されている:実際にカリフォルニア沖の高気圧の尾根は巧妙な気象工作による戦争である。

カリフォルニアは慣例のない武器で自然をグロテスクにねじれさせ、干ばつを持続させている。
悪意と地球工学は「馬と馬車」のように一体化している。カリフォルニアの旱魃は戦争である。衛星画像は、明らかにカリフォルニアの旱魃が操作されているのを明らかにしている。1996年に米空軍が発表した研究論文のタイトルは次のようなものであった。

力による気象操作:2025年気象の私物化

「2025年には、NASAは、新しい技術を活用し、それらの技術に資本投下することで「天候を所有」する事ができる、戦争のアプリケーションである。このような機能は宇宙戦争を可能にするもので、以前の戦闘機では不可能なものである。
「ハイリスク•ハイリターンの核爆発と違って気象兵器にはジレンマがない。




◆つまり気象兵器でハリケーンを起し、洪水、地震、津波などを自由自在に操ることができれば敵の戦闘機やヘリも飛べず、相手のホームランドに大打撃が与えられると言う事です。そしてこの著者はいま「カリフォルニアは戦場になって、人々は熱い鉄板の上に立たされている」と指摘しています。その主張を裏付けるのがこの動画です。



◆主流のマスメディアがオウムのように旱魃だ、旱魃だ、地上生態系が破壊されていると繰り返しているのも恐怖を煽るためのものであるとしています。

◆その先頭に居るのがウオール・ストリート・ジャーナルで、そのほかにロスチャイルドLLCは、地元のテレビ局や、ABCのようなテレビ番組に天気予報サービスとグラフィックスを提供、また「グッドモーニングアメリは天気予報の70%を取得する予定であるとのこと。

お天気チャンネルは、NBCユニバーサルとプライベート•エクイティ会社ブ ラックストーン•グループとベイン•キャピタルが率いる35億ドルの契約で2年以上前に購入した」と述べています。

◆そしてまた、ロスチャイルドは気象戦争の他、もう一つの戦争を仕掛けていると言っています。それはまた、アメリカに多くの野菜を供給してき、サン・ホアキンバレーの宝石農場をエアロゾル攻撃していることで、これは戦争行為であると言っています。

◆この美しい宝石のような農場はもう戻ってきません。

カリフォルニアのセントラルバレーの画像
https://www.google.com/search?q=california%27s+central+valley&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=WbxfVdO5DpbqoASC_oGYBQ&ved=0CCsQsAQ&biw=1010&bih=634

◆カリフォルニア一帯に巻かれているケムトレイルは衛星からも撮影されています。


◆「ケムトレイル」散布でアメリカの食品とアメリカ人の肺、そして生物圏に広く散布していると言う事です。ケムトレイルに含まれる物質は以下のようなものだそうです。

ケムトレイル




酸化アルミニウム粒子、バリウム塩、バリウムチタネート、エチレンジブロミド、カドミウム、メチルアルミニウム、乾燥したヒト赤血球、ナノアルミニウムでコーティングされたガラス繊維、クロアカ(生の生物学的物質を含む)のサブミクロン粒子、ポリマー繊維、未確認の細菌、腸内細菌、腸内細菌科、マイコプラズマ、ヒト白血球-A(DNAをスニップと組み合わせるために研究室で使用される絞り酵素)、カビの胞子、菌やカビ、黄真菌マイコトキシン、鉛、水銀、三フッ化窒素、ニッケル、カルシウム、クロム、放射性セシウム、放射性トリウム、セレン、ヒ素、チタンの破片、銀、ストレプトミセス、ストロンチウム、ウラン...。


有力紙の隠蔽とその後ろの金色のカーテンに潜んでいる者たちの存在は一般人もうすうす気づいている。それはカザールであり、何時もカザールなのだ。
極めて重要な事は現実のロスチャイルドとアシュケナジーユダヤは12世紀以降支配力を失っていて、現代のアシュケナジーユダヤは3%に過ぎず、その他のユダヤ人の大半、97%がスファラディ・ユダヤである。





◆やはりカザール人は腹黒さで抜きん出ていますね。通常兵器を使って攻撃すれば、世界中から非難されますが、気象兵器による攻撃なら、誰にも解りません。3,11も殆どの人が自然現象だから仕方がないと思っています。

気象兵器などと言えば笑われるだけです。しかしジャパン・ハンドラーズは日本からカネを引き出すための脅迫手段としてこの気象兵器で脅しをかけて来るのです。恐らく、民主党の愚昧な管直人総理は大地震と津波で脅迫されたが、カネを出し惜しみして、3.11という大災害が引き起こされたのです。

◆そして、最後に気が付いたことがあります。それは最近の中国が米国に対して、やけに強気の発言をするようになった事です。

スプラトリー諸島を埋め立て軍事基地を勝手気ままに建設しているのを非難されると、「余計なことを言うな、文句を言うなら戦争が起きても仕方が無い」などと大口を叩くようになっています。つまり習近平の後ろにはジョージ・ソロスとロスチャイルドが居て、米中戦争が起きても気象兵器を使えば、米国は中国に手も足も出せないという背景があるからではないでしょうか。

haarp2.jpg

HAARP5.jpg

HAARP3.jpg

HAARP4.jpg

◆映画「ウエザー・ウォー」そして「デイ・アフター・ツモロウ」は気象兵器による米国攻撃を予告するための作品だったと言えるかもしれません。

wether.jpg

今時、何と牧歌的なwww


◆世界は広い、そして純粋な人々もいるものですねwww

マサイ





「娘さんを僕にください」ケニアの弁護士 米大統領に牛50頭提示

【AFP=時事】(一部更新、写真追加)ケニアの弁護士がバラク・オバマ(Barack Obama)米大統領に対し、長女マリア(Malia Obama)さん(16)との結婚を認めてくれたら牛50頭をはじめとする家畜を贈ると申し出ている。現地紙ナイロビアン(The Nairobian)が26日に報じた。


 弁護士のフェリックス・キプロノ(Felix Kiprono)さんは同紙に対し、オバマ大統領に雌牛50頭のほかヒツジ70頭、ヤギ30頭を贈る用意があると語った。「2008年からマリアさんに思いを寄せてきた」という。

obama親子



 オバマ氏が最初に大統領選に出馬した当時、マリアさんは10歳だった。キプロノさんは、「実はあれ以来、私は誰とも付き合っていない。マリアさんに対して誠実であろうと決めたんだ。このことは家族にも伝えてあり、家族は私がより多くの婚資(結婚する際に花婿が花嫁の親族に対して行う支払い)を蓄えることに協力してくれいる」と述べている。


 また、今年7月にオバマ大統領が父親の祖国ケニアを訪問する際にはマリアさんが同行することを願っており、大使館を通じて大統領宛ての書簡を送る考えだ。


 キプロノさんは「オバマ家の資産が目当てだと言う人もいるかもしれないが、そうではない。私の愛は本物だ」と話し、欲得ずくの求婚ではないと述べた。年齢は非公開だが、若い弁護士であるキプロノさんは、マリアさんと共に「素朴な生活」を送りたいと話している。


http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%80%8C%E5%A8%98%E3%81%95%E3%82%93%E3%82%92%E5%83%95%E3%81%AB%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84%E3%80%8D%E3%82%B1%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB-%E7%B1%B3%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%81%AB%E7%89%9B50%E9%A0%AD%E6%8F%90%E7%A4%BA/ar-BBkhdPZ#page=2




◆ケニアではまだ牛やヤギが通貨として通用しているのですな。しかし、牛50頭貰ってもなあ、牛だけにカウ場所がありませんwwww

◆昔、これに似た話を聞いた事があります。フランクリン・ルーズベルト大統領の妻エレノアは人権運動家で有名なファースト・レディでしたので、広く世界で知られていました。ある時一人のアラブの富豪が雑誌でエレノアさんの記事を読んで、余程気に入ったらしく、夫のフランクリン・ルーズベルトに手紙を書いて、カネはいくらでも出すから奥さんを売ってくれと注文してきたというのです。これにはさすがに旦那も驚いて「家内は売り物ではありませんので」と丁重な御断りの返事を出したとかwww

250px-Franklin_and_Eleanor_Roosevelt,_November_1935

◆エレノアは蒋介石の妻、宋美齢とは親友だったそうで、親中派のフランクリン・ルーズベルト夫妻と親密な関係を構築し米国で大々的な反日活動を展開しています。

エレノア宋美齢

日中戦争の折りに宋美齢はエレノアに日本と日本人がいかに残虐で、野蛮で冷酷であるかを繰り返し、耳にたこができるほど吹き込んで、吐き気がするような醜悪な日本人のイメージを作り上げ、タイム誌などのメディアを大々的に動員し、全米から同情を引き、寄付金まで募っています。

◆その宣伝活動が功を奏して、残虐で醜悪で危険極まりない日系アメリカ人を収容所に入れる計画が立てられたのです。

マンザナー

有名なマンザナー収容所は最大時には10,046名を収容し、収容された総数は合計で11,070名となる。アメリカ全土では110,000名以上の日系人が大統領令9066号によって強制的に抑留され、多くはその財産全てを失ったのです。


◆この時の宋美齢の告げ口外交、反日宣伝戦は、今日なお、韓国の朴槿恵によって連綿と継続されています。げに怖いのはおばさんの口コミ宣伝です。


クネ新聞

人権屋の走りとも言える、エレノア・ルーズベルトはこんな言葉を残しています。

あなたの心が、正しいと思うことをしなさい。
どっちにしたって、批判されるのだから。

▼怖いにゃあ~

ネコ 疑わしいにゃ~


舐めきられた米国


◆支那からカネを借りて暮しているダメリカ、レイムダックのオバカ。阿Qからここまで舐められるとは思っていなかったでしょうね~www




米が主張撤回しなければ戦争も、中国国営紙が南シナ海問題で警告

北京 25日 ロイター] - 中国共産党系メディアは25日、同国と周辺国が領有権で対立している南シナ海問題に関し、米国が中国に人工島建設の停止を要求することをやめなければ、米国との「戦争は避けられない」とする論説を掲載した。

人民日報傘下の環球時報は論説で、人工島建設作業を「最も重要な結論(bottom line)」と位置付け、中国は作業を完了させる決意である、と述べた。

米国は、南シナ海での中国の動きを警戒し偵察機を派遣。中国は前週、これに「強い不満」を表明した。
環球時報は、中国として米国と戦うことも考えて「注意深く準備」すべきと指摘。

島
© REUTERS 米が主張撤回しなければ戦争も、中国国営紙が南シナ海問題で警告

「もし、中国が(建設)活動を停止すべきというのが米国の主張ならば、南シナ海での米中戦争は避けられない」とし「対立の程度は、世間一般で『摩擦』と評価されるよりも深刻になる」と述べた。

中国国営メディアの論説は必ずしも政府の政策方針を示すものではないが、政府の意向を反映しているとみなされる場合もある。

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E7%B1%B3%E3%81%8C%E4%B8%BB%E5%BC%B5%E6%92%A4%E5%9B%9E%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%91%E3%82%8C%E3%81%B0%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%82%82%E3%80%81%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%9B%BD%E5%96%B6%E7%B4%99%E3%81%8C%E5%8D%97%E3%82%B7%E3%83%8A%E6%B5%B7%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%A7%E8%AD%A6%E5%91%8A/ar-BBkcSVQ


◆すっかり舐められたものですねえ~www

ハイそれまでヨ~♪




第3次世界大戦を企むユダ金



◆カザーリアン・マフィアはどうしても日本と中国を戦争させ、米露を巻き込んだ第3次世界大戦を始めさせる準備をしているようです。

ソロス




米国の大富豪ジョージ・ソロス氏が、新たな世界大戦の可能性があることを示唆した。それは中国と米国の抗争から始まる、という。Market Watchより


ソロス氏によれば、中国が輸出でなく内需に経済の主軸を移したとき、そのシナリオは現実のものとなる。そのとき中国政府は政権を維持するために外部に紛争を必要とするだろう、とソロス氏。

「米国の軍事同盟諸国、たとえば日本と中国との間に紛争が発生したとすれば、第三次世界大戦が始まるといっても、過言ではないだろう」。

それを避けるために米国がなすべきことは、中国に対する「大幅な譲歩」である。すなわち、中国元にIMFの通貨バスケットの一部となることを許すことだ。中国通貨はそのときドルの強力なライバルとなるだろう、とソロス氏。

かわって中国は、国家経済の改造について、譲歩をしなければならない。中国も米国も、合意達成は困難であろうが、それがなされなければ、「非常に不愉快な」シナリオが待つことになる。

つまり、中国がロシアと政治的、軍事的同盟を結ぶ。そのとき新たな世界大戦は現実のものとなる、とソロス氏。

http://jp.sputniknews.com/life/20150523/366069.html





◆中国の領有権拡張と現状変更は国際法から見ても、目に余るほど傍若無人の振る舞いです。南沙諸島における中国の軍事基地建設はフィリピン、ベトナムなどの周辺諸国の大きな不安を与えています。米国もこれを盛んに警戒して、衛星だけでなく偵察機を飛ばして監視しています。

米偵察機が撮影、中国が南沙諸島で建設中の人工島 US plane observes


◆ロスチャイルドとその使用人ジョージ・ソロスらは、21世紀の覇権を米国から中国へ移す計画の一環として、アジアインフラ銀行(AIIBを)発足させたのですが、日米がこの組織加盟を見送った事が余程気に入らなかったのでしょう。米国経済は中国マネーによって辛うじて延命されている事は周知ですが、それを後ろから操っているのは彼等です。だから何が何でも日米をAIIBに引き摺り込んでカネを出させたいのでしょう。言うとおりにしないと戦争になるぞと日米を脅しているのです。

◆このユダヤ・マフィアは中国共産党による、一党独裁の中華大帝国を打ち立て、世界全体をコントロールしようと考えているのでしょうが、それはとても無理な話です。

◆中国は、すでに生物が生息するに適さない場所になっています。表土は剥がれ、年中砂嵐が巻き起こり、日本まで飛来する黄砂は年々酷くなるばかりです。

“砂の壁”が視界遮る 中国北部で巨大な砂嵐(15/05/18)



◆空気も土も水も食糧も人も、安全なものは皆無です。充満する瘴気の中で大脳が機能せず人間性を失い、原始的な脳の海馬がどんどん先祖返りしています。胃袋と生存本能だけが異様に肥大化し、グロテスクな爬虫類のような狂暴性を帯びています。最早人類と呼ぶにふさわしくない醜怪極まる化け物です。

【閲覧注意】本当にヤバすぎる 中国の環境汚染・奇形の実態


◆かつては山紫水明の中国大陸が今では下水と汚物で汚れ息さえできない有様になったのは、マルクスの無神論と唯物論で中国人の精神が破壊されたからです。環境よりもカネを優先してきた事に原因があります。

酷いのは環境だけではありません。人の命よりカネを追求した結果、人々の心に悪魔が住み着いたのです。人心荒廃が先か、環境破壊が先か解りませんが、人心と環境は車の両輪です。共産党体制維持のためなら、無辜の民が次々に虐殺されて行くのです。

【閲覧注意】残虐な公開処刑(中国)


【閲覧注意】 悲惨!中国の人身売買の 実態が暴かれて恐怖


◆米国の覇権が陰りを見せているのをよいことに、中華帝国を作りあげ世界を支配しょうと言う魂胆でAIIBなる銀行を作ると言って、57カ国の出資国を集めたが、IMFや世銀、ADBの方式は真似しない、中国が拒否権を持つことも無いと言いながら、矢張り拒否権をもち、自分に都合が好いように牛耳ろうと、正体を現し始めました。治まらないのは英独仏などの欧州勢でしょう。




AIIB、中国に実質的拒否権 理事、本部に非常駐

2015年5月22日 13時17分

【シンガポール共同】中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)設立に向けたシンガポールでの第5回首席交渉官会合は22日、最終日の討議を終えた。出席者らによると、創設メンバー各国は、中国が重要な投資案件について実質的な拒否権を持つことで合意。代表である理事が本部の北京に常駐しないことでも一致した。設立当初の資本金は1千億ドル(約12兆円)になる。

 AIIBには欧州の先進各国も参加する。ただ中国は30%弱の出資比率を持つ見通しで、最大の出資国として大きな権限を握ることになりそうだ。総裁には中国の金立群元財政次官が就任する見込み。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015052201001483.html




◆いよいよ断末魔の様相を呈してきた中国。日米を抱きこんでカネを出させようと考えたのでしょうが、ジョージ・ソロスや中国人が考えるペテンにかかるほど、日米の金融担当は馬鹿じゃありません。

◆シャドーバンキングは次々とデフォルトし、バブルは完全に崩壊寸前。他国への軍事挑発を繰り返す一方、国内ではテロが頻発しています。権力闘争も泥沼化の様相を呈しており、習近平体制は完全に制御不能へと陥り、江沢民一派の反撃で何時暗殺されるか解りません。そうなれば共産党は4分5裂、群雄割拠する春秋時代に逆戻りするしかありません。末期癌に罹った中国が回復するのは無理でしょう。人も環境も腐れ果てています。
ただ中国共産党が崩壊したとき、世界に何が起こるのかそれだけが恐怖です。

◆銀河連邦はこの世で一番強いのは「愛だ・瞑想だ・波動上昇だ」と言い続け、米国の闇の徒党退治には積極的ですが、愛の欠片も無い、中国には殆ど興味を示していません。中国の人心荒廃は流石に、銀河連邦でも手がつけらないのでしょう。今の中国人に何を言っても無駄と思っているのかもしれません。アセンションなど到底無理なので、別の3次元の星へ移送させ、また13000年ほど3次元での低くて粗い波動の中で、血で血を洗う抗争を繰り返し、その無意味性を少しずつ悟ることからやり直さなければ次元上昇など、とても無理だという事でしょう。

◆中国人は孔子や孟子、老子などの賢哲を沢山排出しましたが、これらを全く学ぼうとしませんでした。秦の始皇帝はこれ等の儒学関連の書物を全部焼き捨て、儒者を弾圧した歴史があり、今また唯物論の共産党が儒学を筆頭にあらゆる宗教を禁止して、自然と人心を荒廃させています。

◆中国人だけではありません、アヌンナキの悪魔思想で人類を長い間操ってきたロスチャイルドや、ジョージソロスのようなカザール・マフィアは、これからそのカルマの清算をさせられる事は確実です。

◆中国の環境破壊について、元中国国営放送の人気キャスターが大気汚染告発ドキュメンタリービデオを製作、何と2億回も再生されたという作品が日本語付きで公開されています。
中国の政府当局がこうした番組の閲覧を許してきたのが不思議です。

日本にも飛来しているPM2.5の恐怖と、その驚きの真実!是非ご覧ください。

【日本語字幕】柴静/『穹頂之下』 中国のPM2.5問題ドキュメンタリー




財務省の騙しと驕り


◆日本政府の借金は国と地方合わせて2000兆円。GDPの4倍から5倍もあるので、それを返済するために緊縮財政と増税をしなくてはならないと、財務省はマスゴミを煽りたて、消費税や物価をどんどん上げています。物価上昇の理由は円安だというのですが、円安で儲けている自動車産業などの輸出業は莫大な利益を上げているにもかかわらず、だんまりを決めています。企業は少し損をすると大騒ぎをしますが、儲かりだすとピタッと口をつぐんでしまい、マスゴミもこれを伝えません。

◆4月から生活の基礎商品、食料品の値上げラッシュが始まり、牛乳、パン、バターなど朝食関係が軒並み10数%から20%近い値上げです。家庭用品では25年ぶりの価格改定だそうですが、牛乳やヨーグルトなどの乳製品の値上げは家計を圧迫しているようです。

値上げ

◆左党にとっては、ウイスキーの値上げが痛いところで、ものによって40~45%も上昇するようです。物価高騰に比例して消費税も上がります。税収の増加、財務省はそれを狙っているのでしょうが、やっていることは弱い者いじめ以外の何物でもありません。格差は広がるばかりで、低所得層の生活は破壊します。

そんなに日本の財政がひっ迫しているのかと調べてみますと次のような記事に出あいました。





2013年末の「国民資産」、過去最高の9294.6兆円--負債も過去最高

御木本千春  [2015/01/19]

内閣府はこのほど、「2013年度国民経済計算確報(ストック編)」を発表した。それによると、2013年末時点の政府と民間の資産を合わせた国民資産残高は前年末比7.2%増の9,294兆6,000億円となり、比較可能な1980年以降で最高となった。増加は2年連続で、9,000兆円を超えたのは初めて。

国民資産残高の内訳は、株や債券などの金融資産が前年末比9.9%増の6,570兆9,000億円、土地や建物などの非金融資産が同1.2%増の2,723兆7,000億円。一方、負債残高は前年末比9.9%増の6,254兆9,000億円と、こちらも過去最高を更新した。

国民資産残高から負債残高を差し引いた国全体の正味資産(国富)は前年末比2.1%増の3,048兆7,000億円。
3,000兆円を超えるのは2年連続となる。

正味資産
正味資産(国富)の推移(出典:内閣府Webサイト)

国民が保有する現預金や不動産などを合計した家計資産残高は前年比4.0%増の2,686兆9,000億円と、2年連続で増加した。内訳を見ると、現預金などの金融資産は前年比6.5%増の1,655兆5,000億円と、2年連続の増加。土地や建物などの非金融資産は同0.2%増の1,031兆3,000億円と、6年ぶりに増加した。

http://news.mynavi.jp/news/2015/01/19/054/




◆解らないのは「負債残高は前年末比9.9%増の6,254兆9,000億円と、こちらも過去最高を更新した」と言うところです。
負債は国地方合わせて2000兆円ではなく、6千3百兆円もあるというのはどういう事でしょう?

また、9294.6兆円の国民資産から、何故政府の借金を引くのか全く理解できません。
国民が政府からカネを借りているなら、資産から差し引くのは解りますが、国民は政府から借金などしていません。
政府が国民から借りているのです。こんな馬鹿げた出鱈目な統計を出して国民を欺いている内閣府は心底庶民を馬鹿だから何を言っても通用すると思っているのです。

そして、日本が海外に有している純資産も世界1だそうです。





日本の「対外純資産」、初の300兆円突破--23年連続で世界1位に


財務省は27日、2013年末の日本の対外資産負債残高を発表した。それによると、日本政府や企業、個人が海外に保有する資産から負債を差し引いた対外純資産残高は、前年末比9.7%増の325兆70億円となり、初めて300兆円を突破した。増加は3年連続で、前年に引き続き過去最高を更新した。

日本は比較可能な1991年以来、23年連続で対外純資産が世界1位となった。2位は中国の207兆6,101億円、3位はドイツの192兆2,121億円。円安により外貨建て資産評価額が増加したことが主な要因という。

対外資産
本邦対外資産負債残高の内訳(出典:財務省Webサイト)

対外資産残高は前年末比20.4%増の797兆770億円で、5年連続の増加。外貨建て資産の為替相場変動に伴う円評価額が105.3兆円増加したほか、居住者による対外資産の取得超が38.9兆円増えた。

対外負債残高は前年末比29.1%増の472兆700億円で、4年連続の増加。非居住者による本邦資産の取得超が45.6兆円増加したほか、非居住者に保有されている本邦証券の価格上昇に伴う評価替え等が36.1兆円増加。また、外貨建て負債の為替相場変動に伴う円評価額が24.8兆円増加した。

http://news.mynavi.jp/news/2014/05/28/229/




◆国民の資産と対外資産を合わせると1京円近くにもなるんですねえ。
日本は世界一の資産国家でありながら、財務省はのべつカネが無い、カネが無いと騒いでいます。

1京円近い国民資産を吐き出させるために、物価と消費税を上げようとしているのです。何度も言います。二言目には、借金が2000兆円を超える、これを次世代、孫世代に先送りは出来ない、などと泣きごと言って国民を脅迫しますが、これは国民の借金ではなく政府の借金です。財務省の高級官僚達は余程国民を舐めきっているようで、自分で作った借金を国民に責任転嫁しているのです。

◆一体2000兆円を超えるほどの借金をして、そのカネを一体誰が、どこで、何のために使ったのか内訳が全く公表されていません。理由も使途も全く明らかにされていないのです。官僚組織は常に誰も責任を取らずに済むよう、1~2年でセクションを移動させ、前任者のやってきた事を追跡調査する事が出来ないようになっています。そう言う追求がなされても「さあ、私には解りません。前任者にお聞きください」と言うのが決まり文句です。ならばと、前任者に質問しても「さあ、私は前任者から引き継いだだけですから、解りません」延々とこれのくり返しで、最後は「始めの担当の方々はお亡くなりになっておりますので、私どもでは解りかねます」で終了です。

マスゴミも同じ穴のムジナですから絶対調査などしません。2000兆円がどこに消えたかなど永久に闇の中です。官僚組織と言うのは、誰の責任かを追及するシステムも、人もいない無責任集団なのです。


◆しかしネット時代に入って、政官財学報の闇が暴かれ始め秘密が秘密で無くなっています。日本国民の血税はほとんど米国債の買い支えと、この国に巣食うネオコン、軍産複合体に渡り、イラクやアフガン、中東の戦争に使われていたという事です。

◆ベンジャミンニュースです。破産した筈の米国株が未だに高値を更新しているのは、スイス銀行(BIS)を経由して、中国マネーが買い支えているからだと言っています恐らく日本のカネも相当入っている筈です。

低所得層のなけなしの財布からむしり取ってアメリカ様に貢ぐという財務省の一貫した政策は70年も一貫して続けられているのですな。

なぜスイス国立銀行がアメリカ株を買っているか?【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2015 05/21


◆カザーリアン・マフィア退治とNESARA実施には、まだまだ時間がかかるようです。

朝堂院氏が東京オリンピック競技場の屋根が2020年に間に合わないのは、五輪組織委員会の会長、森善朗が利権で予算を喰ったから屋根が作れないのだと言ってましたね。

yane.jpg


森が屋根代を摘み喰いしたから「雨モリ」競技場になったという訳ですwwww

韓国の平昌スキーを笑えなくなりましたね。涙目のJOC・・・とほほ・・・


▼な~んか、ヤーネ~

木久扇


忍者ドローンwww



◆首相官邸の屋上で「ドローン」が発見されて以来、テロ用の道具と観られ、すっかり悪者にされてしまいました。確かにドローンは小規模な空爆には恰好の道具になります。
箱を運ぶ

道具は使いようです。例えば、包丁は料理には欠かせない道具ですが、悪用すれば強盗、殺人にも使えます。ドローンにもまた同じことがいえるのではないでしょうか。

◆東京浅草の三社祭でドローンを飛ばした横浜の15歳の少年が逮捕されましたが、この少年はインターネットの「配信業者」を名乗り、ドローンを使って各地の観光地など自作の動画を複数の動画サイトに配信して稼いでいたそうですから大人顔負けの企業家です。見ようによっては将来見込みのある少年だとも言えるのではないでしょうか。ただし道具を悪用しない限りの話ですが。

◆少年は、動画を気に入った閲覧者が換金可能なポイントを配信者に与える仕組みを利用して報酬を得ていたほか、サイトで支援金を募り、少年の信者となった東京都内の男性が「動画が面白くて、少年の銀行口座に25万円振り込んだと警視庁に出頭したそうです。
少年は動画配信の旨みを知ってか、自身が逮捕されるシーンも配信しています。

【ネット少年】ドローンを飛ばしたら警察に奪われて配信も強制終了!【ノエル】


◆こうなるともうしっかりプロフェショナルですねwwww

親のすねをかじることなくカネを稼ぎ、ビジネス継続の為には、堂々と警察と渡り合う勇気も「見上げたもんだよ、屋根屋のフンドシ」ですなwwwww

屋ね職人

◆ドローンフアンはこれから益々増加して行くでしょうが、それがまたニュービジネスを生み出すチャンスにもなっています。

大手の警備保障会社では、国会議事堂や原子力発電所などの重要施設への侵入防止のための警備を請け負う計画だそうです。ドローンを無害化する方法は、モーターやプロペラの音をキャッチして妨害電波を送り、リモコン操縦を不能にするというもの。

無害化

もっと原始的な方法は、ドローン退治にはドローンを用い、投網を掛けたり、プロペラに紐を巻き付かせるなどの方法も考えられているようで、なんとも牧歌的ですね!

投網

◆カスミ網なども考えられているようですが、雀じゃないんだからwww

カスミ網

◆インドなど人口密集地ではドローンが監視カメラらとして使われているようですが、日本でも花火大会や大掛かりな祭りの警備の一環として使われるようになるかもしれません。

安全対策インド

◆今や、ドローンは、映画やドラマ、ドキュメンタリーなどでは欠かせないツールに撮影ができますので、これまでヘリコプターを使っての大掛かりなロケなど不要になり、製作費が格段に節約できるようになっています。これまで不可能であった、アングルからの撮影が可能となり、表現力は益々高まっています。

空撮用

Bebop Drone - LAUNCH VIDEO - Actual footage (1080p)


DJI Inspire 1 – “Soar”


◆モータを使ったドローンは音や熱センサーで感知され、捕獲されるのと言う短所がありますが、2007年頃から、音も熱も出さないUFOドローンが世界のあちら事らで目撃されたと話題になっていました。モーターもプロペラも無い、反重力装置を使ったドローンの正体は宇宙人の偵察機ではないかと取り沙汰されていました。機体の一部には地球人のものではない文字らしきものが描かれています。

California Drone UFOs and Isaac Explanation Video Report


◆次の動画は非常に鮮明な画像で撮影されています。

California Drone "Chad" UFO CG Compiliation - More Detail
https://youtu.be/57PIS2hh0Y8

◆つまり、これ等のUFOドローンはCGだったという訳です。しかし、矢張りオリジナルは存在するように思います。どこかに、原型が無ければ、これほど精密なフェイクは存在しない筈です。
光や影の作り方が実に巧妙です。ネット上に出回っているUFO動画はこの手のフェイクが多いので余程注意して確かめる必要がありあそうです。

UFO Alien Abduction - Greys vs Reptilians (CG)


UFO Drone captured and flown!


▼忍者ドローン猫じゃにゃ?


忍者猫3

破れかぶれの将軍様


◆数日前、北朝鮮が潜水艦ミサイルを試射したという写真が出回り、日米の防衛関係者を慌てさせた事件がありましたが、この写真は合成されやものだと解りましたwwww

ミサイル発射





北朝鮮の潜水艦ミサイル試射、公開写真は「修正後」=米軍幹部ら

[ソウル 20日 ロイター] - 米統合参謀本部のウィネフェルド副議長(海軍大将)は19日、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を試射したとして公開した写真について、北朝鮮によって加工されたものだとの見方を示した。
北朝鮮は今月9日、SLBMの発射実験に成功したと主張。しかし、ウィネフェルド氏はSLBMの開発には「多くの年数」を要すると指摘した。

正恩笑い
© REUTERS 北朝鮮の潜水艦ミサイル試射、公開写真は「修正後」=米軍幹部ら

また、ドイツの専門家2人も写真は「大幅に加工されている」とし、海水面に反射するミサイルの発射炎とミサイルの位置関係が不自然などと分析している。

一方、韓国軍関係者は、ウィネフェルド氏の発言について「われわれの見解に変わりはなく、写真は加工されてはいないとみている」と述べた。


http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AE%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E8%A9%A6%E5%B0%84%E3%80%81%E5%85%AC%E9%96%8B%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%AF%E3%80%8C%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E5%BE%8C%E3%80%8D%EF%BC%9D%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E5%B9%B9%E9%83%A8%E3%82%89/ar-BBjZdSk




◆この写真とミサイルの部分をフォトショップで合成したのでしょう。
ミサイル発射成功に、若き将軍様が得意満面で高笑いなさっていますが、なかなか演技がお上手ですな。


ミサイル2フェイク

◆北の軍備は骨董品の寄せ集めではないかと思われるようなものばかりです。まるで軍事博物館の様相を呈しています。

飛行機

60年前野ソ連機


空軍視察

トラクター2

海軍2

海軍1

潜水艦3

◆これは、レーダーらしいですが、このようなものでミサイルでも迎撃する積りなのでしょうか?

レーダー?



◆将軍様ご視察の、この潜水艦は何時頃つくられたものか解りませんが最近建造されたものでないことだけは確かです。ソ連時代のものと思われますが、グリーンの色からして最近塗り替えられたものだと解りますし、全体的に金属疲労が見られます。本当に潜航できるのでしょうか。出来たとしても2度と浮上できなくなるのではないかと不安になりますね。

潜水艦1

潜水艦2

◆将軍様は万能であらせられるようで、潜水艦での軍事指導から、スッポンの養殖指導まで幅広くなさっておられるご様子。この時は家来どもの不始末で烈火のごとく、お怒りあそばされたそうです。




金第1書記、スッポン養殖場視察で激怒 北朝鮮

【AFP=時事】(写真追加)北朝鮮の大同江スッポン養殖場(Taedonggang Terrapin Farm)で働く労働者たちは、自分たちにも甲羅があれば、その中に首をひっこめられるのにと思ったことだろう──視察に訪れた金正恩(Kim Jong-Un)第1書記が、施設の状況に激怒したためだ。

すっぽん養殖場

© AFPBB News 提供 北朝鮮の大同江スッポン養殖場を視察する金正恩第1書記。朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」より。News1提供。(c)News1

 朝鮮労働党の機関紙「労働新聞(Rodong Sinmun)」の1面に大きく掲載された写真には、養殖タンクがある建物の中で、明らかにいらだった様子の正恩氏が、突き出した指を振りながら現場幹部たちを叱責する姿が写っている。国営朝鮮中央通信(KCNA)によれば、正恩氏はこの視察中「工場幹部の欠点が、無能さ、時代遅れの考え方、無責任な仕事ぶりに表れている」と酷評した。正恩氏は特に、自らの父、故金正日(Kim Jong-Il)総書記の主導で創設された工場で、さまざまな欠陥を見つけたことに憤ったようだった。
 正恩氏は、父や祖父と同様に毎年、北朝鮮各地で多くの民間施設や軍部隊を視察し「現地指導」を行っている。その一つ一つを国営メディアが報じているが、通常はにこやかに「専門的な助言」を与える正恩氏の姿を写した映像が多く、今回のような厳しい表情のものは少ないため、今回叱責された人々が戦々恐々としていることは疑いがない。
【翻訳編集】AFPBB News
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E9%87%91%E7%AC%AC1%E6%9B%B8%E8%A8%98%E3%80%81%E3%82%B9%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E9%A4%8A%E6%AE%96%E5%A0%B4%E8%A6%96%E5%AF%9F%E3%81%A7%E6%BF%80%E6%80%92-%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE/ar-BBjWDb9




◆そしてまた別の記事もありますよ。スッポンだけでなくエビの養殖もご指導なさっていたらしいですな。




金正恩氏、スッポン養殖場視察、「失望」と怒り狂う

北朝鮮・朝鮮中央通信の19日付記事では、北朝鮮の最高指導者金正恩(キム・ジョンウン)氏は大同江(テドン)スッポン養殖場を視察の際に激怒し、同養殖場をきつく叱ったという。

金正恩氏がこれまでの視察でも数回、怒りを露わにして指導することがあったが、今回ほど、視察中にきつく叱ることは珍しいと北朝鮮・朝鮮中央通信は伝えた。

北朝鮮・朝鮮中央通信によると、金正恩氏は大同江スッポン養殖場の生産活動が正常化できていないとの報告を受け、自ら視察に行き、養殖場の職員らを厳しく叱責した。

スッポンは北朝鮮で生薬の材料として利用されてきたが、今では国民の食材になっている。故金正日(キム・ジョンイル)氏はそのことを喜んでいた。ところが、この養殖場にこんなに「失望させられる」窮地に陥ったことは思わなかったと、金正恩氏は指摘した。

金正恩氏はさらに、えび養殖に関する指示を下して稚エビを送ってから2年も経ったが、養殖場がまだ完成していないとは思わなかったと語り、「養殖場の職員らの能力が足りず、考え方が硬直化し、責任感がないからだ」と非難した。

送電、水道、設備などのせいで生産が正常に行われないということは理由にならない。養殖場の近代化、科学技術化の程度はまだ不十分だと、金正恩氏は指摘した。

養殖場に革命史教育学習室がないことは「理解できない」とし、故金正日革命業績への毀損だと非難した。

北朝鮮・朝鮮中央通信によると、朝鮮人民軍総政治局長の黄炳誓(ファン・ビョンソ)氏などは視察に付き添った。

(翻訳 金慧)

http://www.xinhuaxia.jp/social/69602




◆ご家来衆は手帳とボールペンを握って震えあがっているのが何とも哀れで、もの悲しさがありますが、同時に可笑しくもあります。

先代の金正日は策士ではありましたが、正恩ほど残忍ではありませんでした。正恩は権力基盤を固めるために、マキアベリズムを徹底しています。俺に逆らう奴は譬え身内でも粛清すると、叔父を機関銃で射殺したことで宗主国の中国でさえ彼を敬遠するようになっています。

張成沢氏処刑で機関銃銃弾90発、「火炎放射器」で焼却観測も?非情な迄の北朝鮮金正恩第1書記独裁政権


◆そして今月13日に行われたとされる玄永哲人民武力部長(国防相)の処刑です。玄氏は、正恩氏主催の会議で居眠りをしたという“反逆罪”に問われ、何百人もの市民の前で対空砲による至近距離の射撃で公開処刑されたとされていると言われています。

居眠りは「反逆罪」? 北朝鮮国防相を“公開処刑”(15/05/13)


処刑された将軍

◆こんな大砲で撃たれたら肉片も残らないかもしれません。まあ何ともおぞましい国が日本のすぐ近くにある訳ですから、矢張り防衛には万全を期して頂きたいものです。

大砲

◆北朝鮮政府が今年に入ってから処刑した幹部ら15人は、スパイ容疑がかけられたり、山¬林緑化運動に不満をもらしたことなどが処刑理由だそうです。北朝鮮で処刑された幹部は、¬2014年は41人で、弁論などは通用せず、見せしめのために処刑が行われているということで、国連では北朝鮮に対する非難決議が出されていましたが、北朝鮮代表が、アメリカを非難し始めたのでアメリカ側がマイクのスイッチを切断するというハプニングがあったようです。

【怒号】北朝鮮外交官が突然の”声明” 「マイクを切れ!国連騒然


◆北朝鮮はこのままでは国際的に孤立します。そうなれば益々財政困難になり、軍のクーデターが起き、武器を持ったボート難民が日本へ押し寄せて来るのは確実です。そうならないためには、正恩と兄の正男を入れ替えればうまくいくような気がします。中国がやろうと思えばできる事なんでしょうが、それをやると朝鮮半島全体が蜂の巣をつついたような状態になり、日本も無事では済みません。

◆中国瀋陽にはシンと言う働き者の焼き鳥屋さんがいます。この人と正恩を、こっそり入れ替えるというプランはどうでしょう。wwwww

シアさん4

遼寧省のシアさん

シアさん2

シアさん3




▼わしも、そう思うがにゃあ~

金正恩


プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR