問われる民主党の存在価値



◆安保法案決議を強行採決したとして 民主党の岡田克也代表は18日午前の党首会談後の記者会見で、安倍内閣の不信任決議案に関し「最も効果的なタイミングで提出する」と述べたそうですが、民主、維新、共産、社民、生活の野党5党は18日午前の党首会談で、安倍晋三首相に対する問責決議案を参院に提出する方針で一致したとのことwwww

問責

◆内閣不信任案を出しても否決されるだけですが、安倍首相が本気になって野党潰しをやろうとすれば衆議院を解散する可能性があります。選挙にでもなれば民主をはじめ、屁たれ野党の雑兵どもにとって再選の可能性はほとんどなくなるので、無難なところで問責決議案程度にとどめたのです。こんな決議案を出したところで法的拘束力は何もありません。屁たれが屁たれたる所以ですwwww

◆しかし安保法案の議決の騒動はただ見苦しいの一言に尽きました。
野党は日本の国防について真剣に考えたことがあるのだろうか甚だしく疑問に思います。
暴力を否定しながら平気で暴力を振るう議員に安保政策を論じる資格はありません。

騎馬戦

揉み合い


◆中国や北朝鮮による軍事的脅威は、一昔まえとは比較にならないほど増大しています。民主党や共産党が法案反対のために徹底利用したのが「憲法学者」の憲法違反論と「デモ」の動員「レッテル張り」による「印象操作」の3つでした。

◆自国の安全保障政策などかじった事もない専門バカの憲法学者の「違憲論」を最後まで頼り、国会前の半島人デモにも積極的に出かけ、奇声をあげる連中の本当の目的は明らかに日本を憲法で縛り、自衛隊が武器を使用したり、諸外国と同盟を組めないようにすることなのです。中国や北朝鮮に対して日本を無力化するための反対なのです。安保関連法案に「戦争法案」とレッテル貼りを繰り返し“悪法”と決めつけるのは心底から悪意に満ちた利敵行為です。

戦争法案

朝鮮人

英語


◆国籍不明の怪しげな連中が物見遊山気分で英語のプラカードを掲げていますが、一体誰に向けてデモをしているのでしょうか。

◆野党は、この法案は国民の理解が得られていない、説明不足だと言う理由で100時間を超す抵抗を繰り返していました。なぜそんなことをするのかと言えば、法案は「長く審議するほど内閣支持率が下がる」と言うのが理由だそうです。国会会期を延長して議会手当を貰うのが目当てだったとしか思えません。納税者はこういう連中をいつまで養っていかなければならないのでしょうか。

◆日本の安全保障の本質的な論議は置き去りにされたままです。野党女性議員らも安保関連法案の本質を全く理解しておらず、本法案が通ると「徴兵制につながる」「子供を守ろう」と訴えていました。女性の立場から真剣に反対しているはずの彼女たちだが、そのはしゃぎぶりからは何が何でも成立を阻止する悲壮感や緊張感は一切感じられず、国会内で、仲良く笑顔を作って“記念撮影”に興じる民主党と共産党の女性議員たちの姿が見られました。 

じどり

◆その上ピンクの鉢巻きをして「セクハラ作戦」とやらを始め、理事会室前から動かない野党の女性議員の集団を排除するため、山崎正昭参院議長が女性の衛視を出動させたが、野党側は「こんな時に女を使うな」などと激しく抵抗。鴻池祥肇委員長は室内で事実上監禁状態に置かれ、民主党の小宮山泰子参院議員は「女を利用するな!こんな時だけ女性を前に出して。女をこうやって使うんだな。今の政権は!」などと絶叫。野党の女性議員を、排除しようとした与党の男性議員に「触るな!セクハラだ!」などと抵抗し、鴻池氏の退室を拒んでいました。実に醜く下品な連中です。

鉢巻き

◆社民党の福島瑞穂、民主党の小宮山泰子、辻元清美ら複数の野党女性議員が与党の男性議員が触れるたびに「セクハラを働いた」などと叫び「自民党の石井浩郎参院議員がセクハラしました」と大声を上げ、押されただけの石井氏が激高するシーンもあったという。

◆日本に帰化した中国人石平氏は自身のツイッターで次のように呟いています。

石平3

石平4

石平5

石平

◆石平氏の指摘は実に正鵠を射ています。どんなにトンチンカンで、真っ赤な嘘や壮大な法螺吹をも許容しなければならないのが民主主義です。共産党独裁の国で育った石平氏はかつて民主主義に憧れがあった、のでしょうがその最も醜い一面を見て失望した気持ちは大変よくわかります。

▼民主主義は面倒で非効率の代名詞だからにゃあ~

考える猫


テクトニックプレートがタンゴを踊る!



◆気象庁発表によると、今日9月17日07時54分ころ地震があったそうで、震源地は、南米チリ西部、地震の規模(マグニチュード)は8.3と推定されています。

チリ地図

太平洋の広域に津波発生の可能性があり、日本への津波の有無については現在調査中だとのことです。

http://www.jma.go.jp/jp/quake/20150917083131394-170754.html

◆宇宙からとても強いエネルギーが地球に降り注いでいるので、さまざまな変化が起きているのでしょう。大天使ミカエルが面白いことを言っています。




大天使ミカエル・・・2015年9月15日  私はミカエルとして知られている者

550.jpg


http://pleiadedolphininfos.blogspot.jp/2015/09/gillian-macbeth-louthan-i-am-he-that-is.html
Monday, September 14, 2015
Gillian MacBeth-Louthan ~ I am He that is known as Michael

私は ミカエルとして知られている者です。私はあなた方のそばに立ち、あなた方を支え、悲しみ、怒り、制約から引き離している者です。
私は何時もあなた方と共に歩んでいる者です。私の鎧であなた方を遮蔽するように要求してください。あなた方の光の守護者として立 つように私を呼びつけて下さい。私はあなた方の前、後、左、右、上、及び下に。固定金物を嵌め、この光を封じて下さい。

種々 の領域が二つのテクトニックプレートがタンゴを踊るように移動し始めています。世界の間、タイムラインの間に割れ目が生じていま す。

感情を持った地球が新たな局面へと移るので、このテクトニックプレートの傾きエネルギーが出現しているのです。

このテクト ニックプレートの不安定さはあなた方の体に影響し、新しいエネルギーの放出に合わせて変化させます。

この時空の分割は意図された ものです。あなた方が時間の質の向上を切り抜ける時、遅延反応が起きるでしょう。この時間の停止はあなた方のマインドに少しずつ 調整をする機会を与えるでしょう。


あな た方に開花、葉の変色が見られ、ハチドリの羽根が一瞬の間停止するように、時間は充分に減速するでしょう。あなた方という存在の 隠されたレベルで感じられる重要な差が生じます。

全ての者には何かが変わっている事が分かるので、何かを探すために周囲を見回し ます。あなた方に創造の実験が出来るように、時間が減速しますが、結果は得られません。贈り物としてこの時間の停止があなた方に 与えられます。

この時間の減速というイベントにおいて、コーザルで停止可能な時間と言うグラフの上の、エネルギーについてのこの 精妙な企てにおいて、あなた方には天の逡巡、平和のフラッシュダンス、真の身元を取りもどす時が与えられます。

あなた方には生命 と身体の中に神の力を吸い込むよう要求されます。あなた方が入って行けるように時間とエネルギーが充分に減速しています。常に変 化しているホログラムが地球上に投影されている間、感情の大混乱から一時逃れられるように、この食の間の一休みを受け取って下さ い。私はあなた方の光と暮らしのあらゆる角度に存在するミカエルです。

翻訳 Taki

http://japonese.despertando.me/%E5%A4%A7%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%B9%B4%EF%BC%99%E6%9C%88%EF%BC%91%EF%BC%95%E6%97%A5%E3%80%80-%E7%A7%81/




◆テクトプレートニクスがタンゴを踊り始めたという比喩は言い得て妙ですが、その所為で火山や地震が頻発するということでしょう。

プレート

◆今朝のチリでの地震は8、3というかなり強いものでしたが、1960年(昭和35年)5月23日には、マグニチュード9.5という世界最大規模の地震が発生しています。
この時チリ全土では死者1,743名、負傷者667名の大きな被害となりました。地震発生15分後に約18mの津波がチリ沿岸部を襲い、約17時間後にはハワイ諸島を、22.5時間後に日本を襲いました。ハワイ・ヒロ市では約10.7mの津波が押し寄せ、日本でも北海道から沖縄までの広い範囲で2~6mの津波に襲われ多くの犠牲者を出しています。今回も津波被害が懸念されます。

気仙沼

気仙沼2

1960年チリ津波を受けた気仙沼


◆テクトプレートニクスがタンゴを踊ると地震だけでなく火山の噴火も活発になるようです。2014年9月27日は長野県と岐阜県の県境にある御嶽山が噴火して、日本国内において噴火災害で死者を出したのは、雲仙・普賢岳の大火砕流で死者数43人をだしましたが、この時は戦後最悪の58人が犠牲になっています。

御岳1

御岳2

◆九州では今年に入って5月29日に爆発的噴火が発生し、噴火警戒レベルが5(避難)となっている鹿児島県屋久島町の口永良部島(くちのえらぶじま)・新岳(しんだけ)で18日午後0時17分ごろ、噴火が発生しています。
噴煙は9千メートル以上に達し、屋久島町は島民や観光客全137人に避難指示を出し、現在も島民は避難生活を続けています。

口永良部

◆鹿児島の桜島噴火は9月1日現在、噴火警報(火口周辺)として噴火警戒レベル3(入山規制)が発表されています。

桜島

◆更に、熊本の阿蘇山では14日午前9時43分、熊本県の阿蘇山中岳の第1火口で噴火が発生しました。

阿蘇

阿蘇の警戒レベルが3になるのは、警戒レベルが導入された2007年12月以降初めて。気象庁によると、噴煙は火口から上空2000メートルまで上がり、約60キロ離れた福岡県筑後市でも降灰があったそうです。

◆それだけではありません、桜島、阿蘇に誘発されたのか霧島連山で火山性地震が発生しています。

御鉢





「霧島山・御鉢で火山性地震「噴出現象が発生も」

霧島連山


福岡管区気象台などは16日、鹿児島、宮崎県境にある霧島山・御鉢(おはち)で、15日に火口直下を震源とする火山性地震が20回発生したと発表した。

御鉢の火山性地震は月に数回程度で推移しており、1日あたり20回に達するのは、2010年5月以来。気象台は「噴火の兆候はみられないが、規模の小さな噴出現象が突発的に発生する可能性がある」としている。御鉢の噴火警戒レベルは「1」(活火山であることに留意)。

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E9%9C%A7%E5%B3%B6%E5%B1%B1%E3%83%BB%E5%BE%A1%E9%89%A2%E3%81%A7%E7%81%AB%E5%B1%B1%E6%80%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87%E3%80%8C%E5%99%B4%E5%87%BA%E7%8F%BE%E8%B1%A1%E3%81%8C%E7%99%BA%E7%94%9F%E3%82%82%E3%80%8D/ar-AAelGAB?li=BBfTvMA




◆海の孤島で、あまり大きな騒ぎにはなっていませんが、小笠原の新島は拡大の一途、止まるところを知りません。 一説では富士山のマグマがここへ流れ出しているのではないかといわれていますが、実際のところは解明されていません。

西の新島

◆また、気象庁は神奈川県・箱根山で6月30日にごく小規模な噴火が確認された大涌谷の噴気孔について 「今後は火口と呼称する」と発表しました。この噴気孔は同月29日の調査で新たに形成されたことが分かり、 当初は直径約10メートルだったが、その後同約20メートルに拡大。噴火により周囲に噴石や火山灰が積もっていたそうです。

大涌谷

◆とにかく日本はどこも火山だらけでここなら安心と言うところはありません。私たちは、よくもまあこのような物騒なところに住んでいるものだと、恐ろしくなりますね。

日本の火山


◆米国ではイエローストーンがいつ爆発してもおかしくないと言われています。
近々米国太平洋沿岸部をM9クラスの巨大地震が襲うのではないか、という記事が取り上げられていました。

イエローストーン

◆震源地は、カスケード断層で、カリフォルニア州沿岸部には、サンフランシスコでたびたび大地震を引き起こしてきた約1,300kmの巨大活断層「サンアンドレアス断層」が伸びており、「カスケード断層」にはその30倍もの活動エネルギーがすでに蓄積されている可能性があるとのことです。これが起きると米大陸の面積は半分くらいになるという説もあります。

サンアンドレアス

地図中

◆地球は宇宙からのプラズマを大量に浴びて、テクトニクスプレートを動かし、造山活動や大陸移動などを起こし、5次元の地球に相応しい容貌に変え生まれ変わろうとしているのではないでしょうか。ゴンドワナ、アトランティス、レムリア、ムーなどの大陸を甦らせようとしているのではないかと言う気がします。

tairiku

▼どうあれ、アセンションはしたいニャア~!

お願い


何と言うことを!



◆左翼と言う連中には愛国心がないだけでなく、寧ろ日本という国を憎悪して、国民を中国の侵略下に置こうとしているとしか思えません。つまり彼等にとって日本は敵であり続けるのです。国民の生命財産を守ろうとする安保法案を戦争するための法案であると悪意のレッテル張りをし、自衛ができないようにして中国の属国にすることが使命だと思っているようです。明らかに彼等の発想は狂っているし、またその発する文言はとてつもなく下品で邪悪です。

国会前でも


佐高信さん国会前抗議集会で「安倍の頭に釘を打て!」とゲキ


◆佐高だけでなく、連中の主張は間違っており、その言葉には全く謙虚さがなく、とても下卑ています。




国会前反安保集会 本当に有識者?首相呼び捨てで批判 「安倍の頭にくぎを」…

割り箸


市民団体「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」が主催して14日夜に国会周辺で行った安全保障関連法案に反対する集会には、民主党の岡田克也代表や共産党の志位和夫委員長ら野党幹部に続き、ノーベル賞作家の大江健三郎氏ら有識者が登壇し、廃案を訴えた。主な登壇者の発言の要旨は次の通り(安倍晋三首相の呼称は登壇者の発言を尊重しました)。

※総がかり実行委員会?言いがかりの間違いでは?

作家の佐高信氏「戦争に向かって、安倍晋三とその一派はまっしぐらに向かおうとしています。断固として私たちはそれをやめさせなければなりません。民主の『主』の字を解剖すれば、『王の頭にくぎを打つ』という言葉がある。王の頭、つまり権力者の頭にくぎを打つことが民主主義だとするならば、私たちは安倍の頭にくぎを打たなければならない。私たちの力で安倍の頭にくぎを打ちましょう」


※まるでテロリストです。首相の頭に釘を打つ?殺人教唆ではありませんか?

講談師の神田香織氏「私たちの力でなんとしても廃案に追い込んでいって、そして安倍さんにも去っていただきましょう。安倍さんは日本の首相にふさわしくありません。私たち国民は、もう安倍さんを首相とは認めない。認めたくない。安倍さんは国民の安全と財産と幸福追求権のために安保法制を通すといっているが、お断りしたい。私たちは私たちの力で財産権と自由と幸せに生きていく幸福追求権を堅持しようではありませんか」


※私たちの力で財産と自由が守れるのなら、警察も自衛隊もいらない。犯罪も起きなければ、近隣の軍事脅威もなく、大災害も起きなければのことだが!

ルポライターの鎌田慧氏「いまこの国会の柵の向こうに見えるのは、何か。これは圧政と独裁と隷属です。この醜い支配がこの国会の中に見えています。そして国会の内外で私たちは戦っている。自民党の独裁とは、なんと総裁候補に誰も出られない。こんな独裁、見たことないです。これが自由と民主主義の政党なのか。隷属と独裁ではないか。絶対的権力は絶対的に腐敗する。自民党の今回の腐敗は著しい。こういうふうな政党に私たちは支配されている。これほど悔しいことはないと思います」


※どこが独裁なのか解らない。各派閥に安倍氏に匹敵する人物が居ないから暗黙の了解で総裁再選になっただけ。野田聖子は立候補しても勝ち目がないから引っ込んだだけwww

「いまここに立って、55年前の60年安保闘争を振り返っています。あのときは確かに岸内閣が強行採決をして安保条約をぶつけた。私たちはさらなる進撃をしなかった。55年たって、なんと岸の3代目が現れている。これは私たちの怠慢を示している。なぜ60年安保の後、次の闘争を踏まなかったのか。いま私たちは何をすべきか。次の闘争を準備していく。60年安保闘争の教訓は、とにかく持続する闘争を続けていく。そして安倍的なものを打倒する。力をあわせてがんばっていきましょう。安倍は絶対倒れる。安倍は絶対倒す」


※これもまた解らない。60年安保があったから日本は経済成長に専念できたので、今日の繁栄を手にすることができたのだがwwww

作家の大江健三郎氏「70年間の平和憲法の下の日本というものがなくなってしまう。このように力強い集まりを皆さんが続けられる。そしてそれが明日も続く。日本人は、あの憲法を無意味にしてしまうような法案から立ち直って、憲法の精神に立ち戻る。それしかない」
(ここで「戦争法案いますぐ廃案」「安倍政権の暴走止めよう」「強行採決絶対やめろ」などのコール)


※ノーベル賞作家は憲法9条が日本を守っていると思い込んでいるらしいが、日本を守って居るのは米軍だった。しかし今米国は覇権を失っており、もう日本を守ることが出来なくなっている。だから安保法案で、日米は勿論、近隣諸侯と同盟を結ぶ必要がある。


法政大・山口二郎教授「3カ月前、私はこの場所で、安保法制を進める安倍晋三を返り討ちにしてやろうと言いました。もうすぐです! あと2週間、みんなの力で野党の抵抗を支え、時間切れの廃案に追い込むことが、ようやくみえてきました。今週は委員会の採決、本会議の採決といわれている。ひょっとすると、金曜日に参院の採決を強行するかもしれない」

 「しかし、9月18日というのは一体何の日か、皆さん、知っていますよね。満州事変の日ですよ。日本が侵略戦争を始めたこの日、戦争法案の採決を図るなんて、こんな無知な、恥知らずの指導者を、われわれは持っていていいのか。恥ずかしい話です。これから野党は国会で、あらゆる手段を使って抵抗すると言っている。問責決議、不信任、いろんなことをします。少数党の抵抗は、民主主義の大事な、大事な、構成要素です」

「言っておきたい。安倍晋三と気脈を通じているインチキなテレビや新聞に文句を言われる筋合いはない。野党のあらゆる抵抗と、われわれのあらゆる抵抗で戦争法案を廃案に追い込もう。最後まで戦いましょう」



※何としても日本を軍事的無防備にして、国を解体させようと言う中国のエージェントが必死に吠えていますwww


(主催者がマイクを握る)

「警察部隊が危険な警備をしているために、市民の皆さんが抗議をして車道に出ている。車道に出ざるを得ない状況になっている。この警官隊の不当な警備に抗議をして、危ない状態で抗議をして行動している。皆さんの行動を支持します。

しかし絶対にけが人を出さないように行動してください。ゆっくりと動いてください。周りに最大限の配慮をして行動してください。私たちの行動は非暴力だ。警官隊は市民に対する不当な挑発をやめなさい。警官隊は市民の行動に対する不当な挑発をただちにやめなさい」

「警察官は安全に万全を期すべきです。市民をこのような状態においた責任をとれ。市民の安全を全力を挙げて警察官は安全のために働くべきだ。参加者を一人も負傷させることは絶対に許さない。私たちは今日、戦争法案に反対する大行動をしている」
(この後、学生団体「シールズ」のメンバーがコール。「安倍はやめろ」「憲法を守れ」「憲法を読めない総理はいらない」「戦争を知らない総理もいらない」「安倍を倒せ」などと叫ぶ)


◆市民って?いったいどこの市民?そこは東京都だろうにwww

作家の落合恵子氏「(警備にあたる警察に向かい)そこの装甲車の配置はなんだ! 市民に向けて、何をやってんだ、お前たちは! 苦しいとき、苦境に立ったとき、人間の価値が上がります。こんなめちゃめちゃな政権が、私たちや子供、孫の人生を決めるなんて、許さない。私たちは十分に歴史から学びました。暴力は暴力しか呼ばないということ。戦争は戦争しか呼ばないのです。市民をみくびるな!」


※治安を守る警察に対して、何ということを!これは言葉の暴力です。容貌だけでなく口まで汚らしい老女です。


(主催者が最後のあいさつ)

「この警察車両は、いったいなんなんですか。私たちは憲法の権利に基づいて、ここで集会をやっています。集会に対して警察車両で包囲して、警官がわれわれを監視している。これはなんなんですか。こんなことが許されるんですか。私たちは絶対に許せない。われわれを包囲する警察車両はただちに帰れ!(帰れコールが続く)」

「これが安倍政権の本質だ。そんなことは許さないぞ! 私たちは絶対負けない。負けてたまるか! 私たちは今まで戦い続けてきた。今から2週間が私たちの戦いの最大のヤマ場になる。8月30日、私たちの平和を願う声は全国に広がった。また今日は4万5000人の仲間が国会を取り囲んでいる。引き続き戦いたい。日本の平和と民主主義と未来のために最後までがんばりたいと思います」


※彼らの行為はとても平和を願う者の行為とは思えない。日本の平和と民主主義を守っているのは自衛隊と警察です。安保のおかげです。それを左翼は60年前に壊そうとした。連合赤軍が何をしたか?テルアビブ乱射?よど号ハイジャック?浅間山荘立てこもり?総括と称する殺し合い?彼らに日本の平和と民主主義をからる資格はない。

http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/150915/lif15091500100003-n1.html




坊主憎けりゃ袈裟まで憎いと言いますが、自民党と連立を組む公明党代表にも批判が上がっているようです。

山口夏夫


【安保法デモ】同じに日に行われた賛成派デモと反対派デモの違いがわかりやすいと話題ww


◆左翼の中で賛成派が意見を言うとこうなるwwww

【国会前デモ】集団的自衛権に賛成の男性に対して「お前殺すぞ」


◆左翼や在日はヘイトスピーチ禁止を叫びますが、自由な意見を言う者に「殺すぞ」と脅迫するのは言論弾圧で、民主主義国として決して許されることではありません。左翼は民主主義など知った事ではないのです。その証拠がこれです。革命のためには国民を殺してもいいと考えているようですが、それは毛沢東の「平和は銃口から作られる」という言葉を踏襲するものです。

中核は

◆また、反対派が日の丸を掲げないのは、彼らが日本人の魂をもっていないからです。ただ日本憎し、安倍憎しの一念で反対を叫んでいるのです。学生時代に中核派や核マル、民青などで安保反対運動を叫んでいた団塊の反日爺たちが、50年程前に安倍氏の祖父、岸信介内閣に弾圧され運動を潰された怨念を晴らすために、学生に、SEALDsを組織させ、幼稚な若者たちを操って反日運動に駆り立てて入りのです。

反安倍デモ隊の正体を暴く α01


◆こういう反社会的思想にかぶれると正気を失います。大学教授だと名乗る山口二郎のように「安倍!きさまは人間じゃねえ、叩き斬ってやる」とか、佐高真のように「安倍の頭に釘を打つ」などという恐ろしく凶暴な言葉で大衆をアジるのは教養ある人々がすることではありません。この知識人を自負する連中は本当に日本人なのか大変疑わしく、また正気とも思えません。彼らの言うことは在特会の「朝鮮人を殺せ」というヘイトスピーチとなんら変わらないし、いまどきヤクザでもこのような言葉は使いません。

ミサイル

みさいる2


◆中国の抗日70周年記念パレードは、日米を射程に入れたもので、長距離弾道ミサイルや、最新兵器を結集した軍事力による恫喝です。フィリピンをはじめベトナムやミャンマー、オーストラリアなどの国でもこれを脅威と見て、この安保法案に賛成しています。

自国の存立を脅かされた国々が結束するのは当たり前ですが、彼らにはその理屈がどうしても解らない。否、中国に忠誠を誓っているから解りたくないのかもしれません。

▼左に傾くと、差し迫った現実が見えなくなるんだにゃ!

499.jpg


難民の正体はISISだった!



◆欧州に押し掛ける難民の群れが後を絶ちません。ドイツには日に13000人平均の難民が押し寄せているそうですが、メルケル首相はここで見直しを迫られているようです。
難民1

シエンゲン2

EUはシェンゲン協定に基づき80万人の難民受け入れをしているようですが、流入する難民の数が膨大な数になり、流石に受け入れを制限せざるを得なくなったようです。
シェンゲン協定は、ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する協定ですが、ドイツ、フランス、オーストリアのように難民受け入れに寛容な国と、ハンガリーなど東欧諸国では温度差があります。ドイツはEU加盟国に人口と経済力に応じて難民を受け入れるように求めていますがなかなか足並みが揃いません。

553.jpg

警官と難民

◆ハンガリーのオルバン首相は、中東やアフリカから欧州入りする難民・移民の急増に対応するため、欧州連合(EU)が検討している難民の受け入れ分担案について「解決策にはならない幻想だ」と批判。そのうえ軍隊投入も視野に、EU域外との国境管理を強化する方針を強調しています。バルカン半島を北上しEU諸国を目指す移民や難民に対し、非EU加盟国のセルビアとの国境沿いに有刺鉄線のフェンスを設け、EU加盟国から批判の声が相次いでいました。しかしオルバン首相は記者会見で「代替案があったら教えてほしいが、欧州のリーダーらに他のアイデアはなかった」と主張しています。

◆また、ハンガリー南部の村でセルビア国境を越えて押し寄せる難民を撮影中の女性TVカメラマンが難民の子供を蹴ったり、娘を抱える難民の足を引っ掛けて転ばせたりしたそうで、この様子はソーシャルメディアを通じて世界中に広がり、女性カメラマンは8日、解雇されたというニュースが流れていました。

ける3

ける2

ける1

バルカン半島は欧州の火薬庫と呼ばれています。ハンガリーは民族紛争が絶えず、今もコソボでアルバニア人との紛争が続いているので、難民流入には言い知れぬ「恐怖」と「嫌悪」があるのでしょう。

◆もうひとつハンガリーが難民流入を嫌う大きな理由があります。この難民の中にはISISのテロ集団4000人が紛れ込んでいるといわれています。何百キロ、何千キロを数カ月かけてやってきたとすればホームレス同様、髪や髭は伸び放題、衣服は汚れてボロボロになっている筈ですが、難民らの姿を見ればみんな小奇麗な格好をしています。

小奇麗3

小奇麗2

小奇麗

髪も髭も理髪店に行きたてのように奇麗にカットされ、女性は奇麗に化粧をして、スカーフも洋服も汚れている様子はなく難民と言うより団体旅行者のような印象を受けます。若い男性たちはほとんど身の回りのものを持たず、煙草を吸いながら手ぶらで行進している者さえいるようですが、こうした若者の中にISISのメンバーがまぎれているのではないかと疑われているのです。

◆難民には子供や年寄りも相当数います。この集団が何者かによって統率されているとしか思えません。誰がこの長旅の旅費を負担しているのか、誰が水や食事を提供しているのか、どこで睡眠をとっているのか、メデイア情報では見えない部分が沢山あります。

◆この集団は自然発生的にできたものではなく、綿密に計画されたものと思われます。
ISISはドイツを拠点に、EU全体にテロを拡散させる積りのようです。

◆キリスト教国に対してイスラム聖戦(ジハード)を仕掛ける計画だと思われます。首謀者はイエズス会の元総長『 ピーター・ハンス・コルベンバック』と、米国カバールとサウジアラビア、そしてイスラエルの共謀でしょう。
この難民にまぎれこんでいるISISのテロリストはイエズス会士と、彼らのブラックウォーター(アカデミ)です。 コルベンバックは世界最終戦争を起こすことが目的で世界中に戦争の火種を振りまいています。3,11も9,11もこの悪魔の発案であることは間違いぁありません。

◆オバマが中東関与を止め、有志連合の空軍がシリアやイラクなどのISISを空爆し始めたことで、カバールは作戦変更をせざるを得なかったのです。ISISが中東でいくら暴れ回っても消耗するばかりで、ハルマゲドンには至らないし、米国とイスラエルの密接な軍事同盟まで崩れそうになっていること、またテロ輸出国サウジアラビアもオバマ政権との関係が崩れた上、ISISの正体が世界に露見したことで作戦変更を余儀なくされたのでしょう。

◆この難民騒動もバチカンのプロジェクト・ルシファーの作戦の一つであると思われます。

http://kenbounoblog.blog.fc2.com/blog-entry-218.html

◆彼らは第3次世界大戦を引き起こすために、キリスト教徒とイスラム教徒の宗教的対立と西欧と東欧の利害対立を誘発し、EUやNATOを分裂、分断し国境紛争を起こさせる積りではないでしょうか。

◆そしてアジアにおいてもインドネシアやマレーシアなどのイスラム教国を拠点に、ISISに敵対する十字軍連合国60ヶ国にテロ攻撃を仕掛けるとの声明を出しています。勿論その中には日本も含まれています。その兆候はすでにドイツで始まっているようです。ISISの旗を持った男たちが警察官と争っています。

ISISドイツ


世界各国の隅々まで送り込まれたISISのメンバーらは、24時間以内に全世界で一斉蜂起することが計画され、またその攻撃は無期限で続行されるという訳です。


“日本攻撃を” 「イスラム国」が機関誌で呼びかけ(15/09/11)





ISISが日本の在外公館攻撃を呼びかけ、
政府は警備強化を指示


CNN.co.jp 9月12日(土)14時41分配信

東京(CNN) 過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」がボスニア、マレーシア、インドネシアにある日本の在外公館を攻撃するよう支持者に呼びかけたことを受け、外務省は11日、在外公館に対し、警備を強化し不審な動きに対して警戒するよう指示した。ISISの呼びかけは、同組織の英字機関誌「ダビク」(電子版)の最新号に掲載されたもの。
岸田文雄外相は11日、ISISの脅威に関する記者団の質問に答え、「(名指しされた)3公館のみならず全在外公館に対して注意喚起を行い、更なる警備強化を指示した」「警備や安全に万全を期していきたい」と述べた。

http://www.cnn.co.jp/world/35070448.html




◆彼らの最大の資金源は油田で、シリアとイラクの支配地域に70か所あると言われています。一説では、1日8万バレルの原油を生産でき、800万ドル(約10億円)の売り上げがあったといわれているようですが、最近は有志連合国軍が油田や製油所を空爆しているため、資金源が絶たれつつあると言われています。つまりシリアやイラクで走り回っていても無人機による空爆で酷い損害を受けるだけなので、戦術を中東から欧米やアジアに変えたということでしょう。安保法案の成立を急ぐ安倍政権に対して野党が強烈な揺さぶりにをかけるかも知れません。非常に不穏な空気が漂っています。


◆夏休みを取っていた古歩道氏の最新情報です。

【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2015/09/11


コルベン594

◆やはりこの難民ISISはイエズス会の黒い法王ピーター・ハンス・コルベンバックが総指揮をとっているというのは間違いないようですね。


▼見るからに、悪党面だニャア~

hukigenn



ガンマ線が太陽フレアを活性化している?



◆太陽フレアの強弱は黒点の活動と大きな関係があると言われています。黒点周期の極大期には大黒点や黒点群の近くで毎日のようにフレアがおきますが、極小期にはあまりおきません。ところがこの数年太陽の黒点は極小期にありながら、強い磁気嵐を発生させているのです。これが気象におおきく影響しているようです。

太陽活動の変化

太陽活動の低下を示すグラフ。左からサイクル22、23、24と続く。2015年から20年までの曲線は予測。縦軸は黒点の数 (Hathaway NASA/ARC)


◆高温で爆発するガスからは、電波やX線のほかに、電子や陽子などの電気をおびた素粒子が飛び出してきます。これを太陽フレアと呼んでいますが、これらの素粒子は地球に十分から1~2日後に到着して、電離層や地磁気を乱して、電波通信を妨害するデリンジャー現象や磁気嵐をおこします。また、オーロラの活動も活発になります。

SpaceWeather3_BLG.jpg

◆先日来、栃木や茨城、宮城を襲った台風による大雨は観測史上初と言われるほどの大雨をもたらし、ました。そして12日は東京で震度5の地震もあったようですが、こうした災害は磁気嵐によるものだというリサーチャーたちが居ます。つまり9月10日~11日の洪水被害は太陽風の影響であると言っています。

STRONG Magnetic Storm | S0 News September 11, 2015


k-index 7 days sep112015


STRONG (G3) Geomagnetic STORM (K-index of 7) - Interplanetary Shock Detected


◆昨今の気象異変は太陽系全体がフォトンベルトに突入したことの証ではないのかという気がします。

フォトン

◆エロヒムが言うガンマ線などの粒子が地球全体を包み地震や海水温を上昇させハリケーンや台風を増発しているのではないかと思います。

スーパーセル

洪水

稲妻

山火事


特に米国における竜巻や大水害、或いは渇水は連日のように報道されています。山火事が頻発し、これから引火して住宅火災に繋がる事件は今年に入って1000件を超えると言うことです。これは尋常ではありません。

◆観測史上初のと言う言葉がよく使われるようになりましたが、今度の関東東北の大洪水は行政も想定外でこのような大災害になるとは思いもよらなかったでしょう。

エロヒムは次のように語っています。




ガンマ線のバーストは天文学者には良く理解さ れていませんが、彼等はこれがこの宇宙で最も強力な爆発なので、非常に重要だと言うことには気が付いています。このガンマ線バースト は太陽がその生涯の間である100億年の間に放出する量のガンマ線をたった10秒間に放射します。想像してみて下さい!

光の者達はガンマ線が人間のDNA構造の再調整に役立つことを明らかにしました。

さて、人間の断片化された二重螺旋のDNAは因の領域において元々の12条へと回復され、五次元の結晶性太陽光線の周波数に同調できるようになったので、私 たちには2015年9月に起きる記念碑的なイベントへの備えが出来ています。これらのイベントは地球とその上で進化している全ての生 命体を新地球の私たちが経験したことがない最高周波数へと推し出します。





◆頻発する気象災害はやはり次元上昇に伴う陽転反応と捉えることもできるかもしれませんが、被災者にとっては、たまったものではありませんね。


▼次元上昇はしたいけど、お手柔らかに願いたいにゃあ~

しっぽ


Elohimメッセージ



ELOHIM-main-panel.jpg


◆今日明日にも地球にガンマ線が降り注ぎ、地球と人類に変容をもたらすとエロヒム(エホバ神)が伝えています。今日は世の中で起きている事象のすべて色あせて、どうでもよいことのように感じられますが、そのせいでしょうか?




天の一団とエロヒム・・・2015年9月9日  2015年9月のための奇跡的な天のプラン

Elohim2.jpg



http://pleiadedolphininfos.blogspot.jp/2015/09/life-transforming-success-and-much-much.html
THE MIRACULOUS DIVINE PLAN FOR SEPTEMBER 2015
Wednesday, September 9, 2015
by Patricia Cota-Robles
www.eraofpeace.org

私たちがついにこの前例の無い次元上昇プロセ スを通過する時までに、私たち全ては量子物理学者になろうとしていると思われます。この情報のある部分は少し圧倒的かもしれないと言 うことは分かっていますが、この美しい地球上で起きていることの大きさを把握するために、光の者達はこのマインドに響き渡るような真 実について少なくとも考えるようにして欲しいと言っています。

この情報について時間を取って考えると、私たちは展開中の天のプランの ある部分を私たちに明らかにしてくれる神に対して扉を開く事になります。そうすれば私たちはより容易に使命を果たし、人間と母なる地 球の最大のニーズを満たすことができます。幸いにも、人間のエゴの邪魔がないので、この事は今までよりもより容易に進んでいます。

この次元上昇プロセスがこれほどまでにユニー クである理由は、次のレベルの個々の者の学びのプロセスを始める為の地球上の経験をこの惑星の始まり以来非常に多くの私たちの兄弟、 姉妹たちが行ってきたようには、一人一人が完成するのではないからです。

今回は地球上の全ての男女、子供は同時に新地球の五次元の結 晶性太陽周波数へと同時に次元上昇をします。そして私たちは変容した古い地球とその上の全ての生命体を私たちと共に進化させるので す。

古い地球と未だに目覚めていない強情な兄弟、 姉妹たちは、目覚めていて、この物理プレーンに住んでいる者たちがこれらの兄弟、姉妹たちの守護者になる責任を受け入れるとの意識的 な決断をした時にのみこの大変化の乗り切りに成功出来ます。

私たちは全ての人間に代わってヴァイオレットフレームを祈ることによって 大きく助けられ、あらゆる既知、未知の時間枠と次元から断片化した人間のエゴという誤った創造物を変容させられます。

それから、神の 無限の光という天のアルケミーを通じて、私たちは人間ファミリーの一員であるこれらの兄弟、姉妹たちの中の、全ての原子的、及び原子 以下の大きさの粒子とエネルギー波を五次元の結晶質の太陽ライトボディーの中のものへと変容させられます。

私たちは一つのものであり、分離はないので、 これを行うための能力を持っているだけでなく、これを行う許しを得ています。私たちは天の愛と臨界量に達していて、地球上の全ての人 の神の要素は光の中への前進という意識的な決定を下しました。人がこれにまだ意識的に気が付いているかどうかに関わりなく、これは真 実です。

私たちが言えることの全ては、”私は自分の神 の要素であり、私は全ての人間の神の要素と一体です。私に代わって祈る光は地球上の全ての人間に代わって祈ることを意味します。私は この光の流束が全ての人間の天のプラン、及び関係する全ての者の至高の善と完全に同調して実現されることを知っており、受け入れま す、”ということです。

宇宙はこの未曾有の実験において私たちを支援 するようにとの招きを待って待機しています。私たちは海図のない海の中にいますが、天と地球のの一体的な努力によって勝利が確実であ ることは真実です。

天の一団は、2012年の新地球の誕生以来、 時の歴史において未曾有のエネルギー、振動、及び意識の変化が起きたことを明らかにしました。しかし輝きの真実の領域に於ける光の者 たちは、これらの達成といえども、私たちが2015年9月に正に経験しようとしている変化と比較すると比肩しようもない、と言ってい ます。

次元上昇プロセスの達成を助けるために、高い レベルから人間に対して、あらゆる考え得る支援が与えられています。最も驚くべきことの内の一つは科学者達がこの宇宙の中で最大、か つ最も熱量が多いと言っている爆発から受けるガンマ線の流入です。
ガンマ線

この光の大流束は、2014年に地球に到達しましたが、それは私た ちのDNAの再調整に日日、毎時間影響を与えています。このガンマ線の強力な流束は、121億年も以前に起きたある星の爆発 の結果です。

ガンマ線1

光の者達はこの光が完全な天のタイミングで惑星地球に到達したことを確認しました。この星が如何に遠方にあるかに就いて のアイディアを示すためには、太陽表面から地球の表面に光が到達するに要する時間は8.17分でしかないということで充分でしょう。

ガンマ戦

時にはこれらの時空についての天文学的な数値は私たちを混乱させるように思えますが、時空と言う概念は三次元、及び四次元に於いての み存在するということを忘れてはなりません。五次元以上では、非常に多くの時空のようなことがあります。より高い次元の光の領域で は、全てが永遠の今と言う瞬間に起きます。

ガンマ線のバーストは天文学者には良く理解さ れていませんが、彼等はこれがこの宇宙で最も強力な爆発なので、非常に重要だと言うことには気が付いています。このガンマ線バースト は太陽がその生涯の間である100億年の間に放出する量のガンマ線をたった10秒間に放射します。想像してみて下さい!

光の者達はガンマ線が人間のDNA構造の再調整に役立つことを明らかにしました。

さて、人間の断片化された二重螺旋のDNAは因の領域において元々の12条へと回復され、五次元の結晶性太陽光線の周波数に同調できるようになったので、私 たちには2015年9月に起きる記念碑的なイベントへの備えが出来ています。これらのイベントは地球とその上で進化している全ての生 命体を新地球の私たちが経験したことがない最高周波数へと推し出します。

DNA2

天の一団によると、ウエーブXから受け取られると予想されるガンマ線の流束は人間に対して、世界のあらゆるシステムで試みられてきた、最も深い 覚醒をもたらし、キリスト意識(訳者注:無条件の愛に目覚めた意識)への回帰をさせる結果になるとのことです。

いつもそうであるように、これらの記念碑的な 光の活動は初めに因の領域で起き、その後、物理プレーンである、結果の世界の中へと移転されます。

これは地球上に居住する神の息子と 娘たちがこれらの変化をハートフレームの中の聖性を通じて形の世界に取り入れるので、達成されます。


これが意味するところは、 2015年の9月には瞬間的に地球上で天を経験しようとしているのではなく、ひとたび因の領域であることが確保されると何事も結果の 世界におけるその実現を妨げられなくなる、ということです。唯一の変数はそれにどの程度の時間がかかるのかですが、それは目覚めつつ あるあなた方と残りの人達次第なのです。

2015 年9月に起きつつある事の大きさを把握するには、光の者たちは、エネルギー、振動、全ての原子、原子以下の大きさの粒子、及びこ の惑星を進化させている生命の波の変化を含む意識レベル上で私たちに理解して欲しいと思っています。

最も小さい原子以下の大きさ の粒子さえ、聖なる知性を持っていて、重要な目的に役立っています。例えば、トップクォークは重い物質の最小の分割不能な単位で す。この極小の粒子は、人間の毛髪の幅の1兆分の1の大きさであっても、あらゆる形を形成するための重要な基礎になる建築ブロッ クであり、1秒の1兆分の1の1兆分の1秒間しか存在出来ません。これは誤植ではありません!

光の者たちはあらゆるものは生き物であり、或 る程度の知性と意識を持っていると言う気付きにまで私たちの意識を拡張することが如何に重要かを繰り返し続けています。彼等は私たち にこの気付きは大衆の感覚を全ての生命のワンネスの受け入れ、すなわち全ての生命の尊重へと急速に変化させることを保証しています。

人間がより高い次元のキリスト意識のレベルへ と目覚め続けているので、この世界で当たり前だとしていた多くのことが不正確であるとわかるようになるでしょう。

これは混乱を引き起 こし、科学の種々の分野で議論を巻き起こします。幾世紀にも亘って、自然と宇宙を客観的に観察するために科学は限界がある左脳を利用 し、それから演繹的な証拠に基づいた論理的な仮説を立てました。今はしかし、私たちは新しい地球の五次元の結晶性周波数へと移行する ので、これは変えなければなりません。


新たにキリスト意識が目覚めた状態と通じて、 大量の人間が長い間続いたマインドと断片的な左脳思考の支配から離脱しつつあります。

私たちの神の要素の支援で、私たちはついにハー トの愛の性状による知性と、右脳の創造的、かつ直感的な能力とのバランスをとるようになりました。この変容は私たちの意識を密度が高 い三次元のプレーンという制約から、私たち一人一人が実際に居住している多次元的で多面的な現実へと拡張する情報の取り込みという全 く新たなプロセスを創造しています。

今では、私たちはついに、陥落以来長い間続い ていた意識的、潜在意識的、及び無意識的マインドという操作的な人間のエゴからもたらされる歪んだ人間の思考の全ての層によって支配 される代わりに、私たちの神的要素の指令に従っています。

新たにバランスが取れた右脳と左脳、ハートとマインドの一体化、新たに活性 化した五次元の12条のDNAを通じて、私たちは今私たちの神的要素である超意識のマインドの聖性を通じて直接情報を取り込むことが 出来ます。

大量の覚醒した人間は今、日常の暮らしに関す ることであろうと、、あるい向こう側の次元から私たちの所に来るものであろうと、あらゆるものを天のエネルギー、振動、及び意識とし て感じ始めています。私たちが恐れをベースにした人間のエゴに邪魔されずに、日日、変化をキリスト意識の中に取り入れるので、瞑想に 於いても、日常生活経験に於いても、この深い真実に目に見えて気付くようになるでしょう。この深い変容のための奇跡的な触媒が今取り 入れられつつあるのです!

2015年9月12日~13日の間には、私た ちは一連の食の始まりを人間のエゴの邪魔無しに経験するでしょう。これは2015年に於いてこれまでに祝福を受けた奇跡的な変化を取 り入れるために地球上の全ての男女、子供の神的要素を大いに支援する強力な部分日食でしょう。

2015年9月22日~23日は9月の秋分で すが、新月の日食からの光の流入が強化され、それは全ての原子、及び原子より小さい粒子、及び地球上での命の波の純粋さの核の中に確 実に取り込まれます。

満月の皆既日食による信じがたいほどの強力な 光の流束だけでなく、ウエーブX、或いはイベントの水平線と呼ばれる天のイベントによる命を変容させる光の流束が到来し、2015年 9月27日~28日まで光の活動の効果のモーメントが増してゆくでしょう。これは私たちが恩寵からの陥落以来恩恵を受けられなかった 天の機会です。

2015年9月28日には私たちは銀河の核か らのガンマ線光の急上昇を受けるでしょう。これは3600年毎に神の息子や娘達の意識を向上させ、太陽系の進化を加速させようとの天 の意図によって太陽系を祝福するリズミカルな光のパルスです。

天からの素晴らしい光の贈り物を3600年毎に得ても、私たちの恩寵か らの悲劇的な陥落以来、地球と人間はこれらのガンマ線の恩恵を受け、或いは取り込むことが出来ない不調和な周波数で振動していたので す。今は、しかし、全てが変わっています!

天の一団は新地球の誕生以来、地球上の人間と 全ての生命体の中の原子的な細胞レベルで起きてきたこの奇跡的な変化で、人間はついに銀河の核からのこれらの強力なガンマ線を受け取 り、取り入れることが出来るようになった、と言っています。

数週間の間、これらのガンマ線の効果が次第にモーメントを蓄積してきまし た。実際、これは人間と天の一団が8月に開催した第29回世界照明会議で行われた記念碑的なイベントの有効性を高めました。

ガン マ線の流束は満月の皆既月食の最中にピークに達するでしょう。皆既月食からの光の流束は全元素領域の80%を占める水を安定化さ せ、人間の感情体を維持します。水は又聖なるスピリットである母なる神の愛が形の世界に具現化する天の知性を持っています。

この宇宙からのガンマ線流束の到来に備えて、 天の一団は以下の情報を明らかにすることによって私たちにこの機会の大きさを把握して貰いたいと思っています。世界中の数百万のライ トワーカーの一体化した努力によって成功裏に達成された命を変えるほどの光の活動に従って、地球とその上の全ての生命体は今奇跡的な 変容の際に居ます。


2015 年9月27日~28日の間には全ての人間の神的要素を通じて、大量の人間が、陥落の最初のインパルス以来、これまで受けることが 出来なかった、この3600年周期の定期的な天からの贈り物である大量のガンマ線の全パワーと力を受けようとしています。

これは 今までに無かったことであり、私たち一人一人にどのように具現化されるのか誰にも分かりませんが、その結果は私たちの命と次元上 昇プロセスを強化するだけなのです。

強力 なエロヒムは、全ての人間の地球での体と母なる地球の体には今、このガンマ線流束に耐えられような備えが出来ていて、これは完璧 な天の指令の下に起きることを確認しています。


これは神の息子と娘にかつて起きたあらゆる事を超越した宇宙的瞬間です。平和であ り、今、ここに居て下さい!

あな た方の神的要素はこの素晴らしい機会をどのようにすれば最善の形で経験出来るのかを正確に知っています。自分の中に導きを頼め ば、あなた方の神の要素は、このプロセスの間、間違いなくあなた方を導いてくれるでしょう。私はあなた方を、分かっている以上に 愛しています。神の祝福がありますように。

翻訳 Taki


http://japonese.despertando.me/%E5%A4%A9%E3%81%AE%E4%B8%80%E5%9B%A3%E3%81%A8%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%92%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%B9%B4%EF%BC%99%E6%9C%88%EF%BC%99%E6%97%A5-%E3%80%80/




◆ガンマ線の流入で3次元人類のDNAに変化が起きると、世界中の人にキリスト意識(愛一元)が芽生えるならば、中東戦争、ウクライナ戦争、中国共産党の軍事的覇権野望、米国に巣くうカザーリアンマフィア、軍産複合体の陰謀など一切のネガテビティな要素が雲散霧消し、一気に世界平和が樹立できます。エロヒム万歳!

▼騙され続けて20年!また、延期じゃあないのかにゃ~あ?

厭だって言ってるのに

松果体を活生化して第三の目を開く



◆鬼怒川の未曾有の氾濫で、多くの方々が被災されました。銀河連邦の台風消滅作戦が十分でなかったのでしょうか。被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。
きぬがわ600

この世には、「一寸先は闇」という言葉があります。ほとんどの人間には予知能力がありませんので、一分先のことも分かりませんが、その代わりに高次元からの預言が与えられています。
日月神示の五葉之巻に次のような言葉があります




第15帖 

今に大き呼吸(いき)も出来ん事になると知らせてあろうが。
その時来たぞ。

岩戸がひらけると言う事は半分の所は天界となる事じゃ。
天界の半分は地となる事じゃ。

今の肉体、今の理念、今の宗教、今の科学のままでは岩戸は開けんぞ。
今の肉体のままでは、人民は生きて行けんぞ。

一度は仮死の状態にして魂も肉体も、半分のところは入れ変えて、ミロクの世の人民として甦(よみが)えらす仕組、心得なされよ。

神様でさえ、この事分からん御方あるぞ。
大地も転位、天も転位するぞ。

第16帖 

マコトでもって洗濯すれば霊化される。

半霊半物質の世界に移行するのであるから、半霊半物の肉体とならねばならん。
今のやり方ではどうにもならなくなるぞ。

今の世は灰にするより他に方法のない所が沢山あるぞ。
灰になる肉体であってはならん。

原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ。

今の物質で作った何物にも影響されない新しき生命が生まれつつあるのぞ。
岩戸ひらきとはこの事であるぞ。

少し位は人民辛(つら)いであろうなれど勇んでやって下されよ。
大弥栄の仕組み。





◆日月神示が言う「岩戸開き」は次元上昇(アセンション)と同義語であり、
「大地も転位、天も転位するぞ」と言うのは、昨今の地球規模の異常な気象変動のことを指していて、次元上昇中のガイアの自浄作用を指しているのでしょう。

岩戸開き

◆また日月神示でいう「半霊半物質の肉体」とはスピ系でいうライトボディのことです。
ライトボディに変容する前に意識的に松果体を覚醒させる必要があるようです。これが目覚めると第三の目が開き、高次元の存在たちとチャネリングをしたり、アカシックレコードが読めるようになるようです。
ライトボデイ

◆米軍は松果体を覚醒させるためのプログラムを持っており、子供のころからリモート・ビューイングができるよう訓練していると言われていましたが、日本でもテレビで有名になったFBI特別心理捜査官、ジョセフ・マクモニーグルもその被験者の一人です。

makumoni-guru.jpg

松果体が目覚めると地球の裏側のどこにでも透視ができるようになり、またタイムトラベルもできるようになると言われています。

松600


第三の目


松果体が目覚めた人とデービッド・ウイルコックの対談があります。




コズミック・ディスクロージャー スクリプト

Screen-Shot.png

松果体を目覚めさせる

ウイルコック


デビッド・ウィルコックとコーリー・グッド インタビュー
エピソード10-シーズン1
2015年9月1日 17:40
Sphere Being Allianceより
Transcript of Cosmic Disclosure:
Awakening the Pineal Gland
Season 1, Episode 10
01 Sep 2015 : 17:40
http://spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-awakening-the-pineal-gland.html
(これは抜粋で、逐語記録ではありません)


DW(デイビッド・ウィルコック): 松果体とは何ですか?


CG(コーリー・グッド): MILABプログラム*で私達は額に注射をされ 、音波処理を受けました-松果体のあるところです。金属製の機器を使うのですが、松果体に向けて音波を送るんです。

それが私達のIE(認知能力)の直感を増大させるのだと言っていました。
(*MILABプログラム:軍部による誘拐・拉致プログラム。数々の”Black Opプログラム”に利用するための洗脳・トレーニングを行っている。通常、6歳かもっと幼い年齢から開始される。)


DW:頭蓋骨のなかで音波の振動は感じましたか?


CG: ええ、そりゃあ。音波が頭の中の15cmくらいのところまで達するのがわかりました。明らかに松果体に刺激を与えようとしていました。


DW: 「ソース・フィールド(Source Field)」で私が発表した研究で、松果体について書いた章があります。松果体は脳の幾何学的中心にあることがわかっています。豆粒大だということもわかっています。身体のどの部分よりも血流が起きている部分だともわかっています、腎臓を除いてね。でも、科学の主流派は「松果体の正体はわかっていないよ」と言うのです。
松果体には、目の網膜に類似した細胞があるのです。


CG: 杆錐状体ですか?

DW: 松果体細胞と呼ばれていますが、同一のものです。さらに、目と脳との繋がり方と同様の繋がり方で、松果体は視覚野に繋がっているのです。だから古代伝統ではそのまま「第三の目」と呼んでいるのです。
松ぼっくりや、そういった図像は世界中の宗教でも伝えられています。
松果体の中で、そういった杆錐状体には何かが見えているとあなたは思いますか?



CG: 彼らは、そうすることで「第二の視力」や直感能力への刺激を促すのだと言っていました。かつて古代地球を離脱したグループがいて、そのグループはとても大きな松果体を手に入れたのだとも言っていました。かつては私達は皆、現在よりも相当大きな松果体を持っていたそうです。
彼らは私達の松果体内の活動を促し、起動させるために刺激を送る処置をしていたんです。


DW: かなり興味深いですね。というのも、内部関係者のジェイコブが言っていたんですが、ドラコ(Draco)は現代人の松果体を消滅させるべく現代人を操作しようとしたらしいんです。ところが善意あるETが介入し、松果体を再インストールしたからドラコは怒ったと。そういったことは聞いたことがありますか?


CG: いいえ。実際、これは40のグループから採った22遺伝子の実験をする「グランド・エクスペリメント(Grand Experiment)」の一貫だと聞いていました。実際はこの実験は遺伝子に限らず、スピリチュアルな実験でもあり、彼らは私達を霊的にも高めようとしていました。松果体やライトボディに関連する何かを操作することで私達の霊的な成長を促そうとしていたんです。
彼らがドラコ同盟グループと対立しているのは間違いないですね。


DW: ということは、スーパー・フェデレーション(Super Federation)はまったくネガティブ(な団体)でもないということですね。


CG: ええ。言いましたが、どこに視点をおくか、なんです。彼らには彼らの底意があり、彼らのやり方で私達を操作しているんです。


DW: 何人かの内部関係者から聞いたのですが、古代の絵画などで人を囲んでいる光の輪、仏教画などではコロナのように描かれていますが、あれは松果体がかなり活発に機能している印で、そのような場合に光る現象が起きるから描かれているのだと。そういう光の輪を見たことはありますか?


CG: ライトボディについて話しましたが、私達が行わされた演習は松果体を起動させるためだけではなく、ライトボディを拡大させるためでもありました。彼らがどこまで光を拡大させたかったかと言うと…部屋に座っているとしたら、ライトボディが壁を超えるまで拡大させたいと言っていました。
つまり松果体はライトボディの発達・拡大に直接の繋がりがある。それは間違いありません。


DW: その演習についても聞きたいのですが、その前にもう一点面白いことがあります。少なくとも4人の内部関係者から聞いたのですが、松果体全体とはいかなくとも一部でも活性化すると、私達は宇宙のどこへでも飛んでゆけると言うのです。
これはスターゲイトのようなもの-私達の中にあっていつも持ち運びしている、つまり生物の機能として身体に備わったスターゲイトのようなもので、私達はまだハードウェアにアクセスできない状態にいる、そのようにお考えですか?


CG: ええ。多くの存在が行っていることですが、彼らは松果体やライトボディを使って意識やインナーセルフ(内なる自己)を他の地域(目的地)に投射して繋がり、コネクションを作ります。そのコネクションを通して目的地の情報を身体に取り込みます。

そして肉体の振動をその地域の振動に合わせて調整すると身体が目的地にテレポートし、(先に行っていた)意識に再合流するのです。体外離脱体験と呼んだり、マインドの投射と呼ぶ人もいますね。私達より先進した存在達がやっている事については、色々な用語が使われています。


DW: 私の気になるところは…というのも、光の輪は実際のところはワームホールの入り口で、松果体が開くと、この入り口からの引力で引っ張り込まれるのではないかと私は推測していまして-その光の輪の中を上昇してゆき、輪を通過して飛んで行ける、そう思いませんか?


CG: 人々の周りに描かれている光の輪やオーラ、これは本当に高いレベルまでライトボディや松果体、自分自身を直感的・霊的に発達させた人々の事だと思います。そういう人々だと示すために芸術に描かれたものだと。
このようにライトボディを発達させた人々には第二の視力もあり、他人のライトボディも見えるのです。


DW: チベットでは細長い木片などを実際に額に刺し、松果体を少しだけ傷つけるという事をしますね。そうすることでアクセスできるようになると考えられています。同じような事を彼らはもっと科学的な形で、つまりソニック・ガン(音波銃)を使ってあなた達に処置している、と思いますか?


CG: ええ、彼らはどうしたら松果体を刺激できるか、その手段を模索していました。


DW: その処置を受ける間、どのような感覚になりましたか?どのようなものでしたか?


CG: 体外離脱が起こります。


DW: そうですか。


CG: ええ。ライトボディが輝くのがわかります。身体の外側で、四方八方に向かって自分自身が輝いているのがわかるんです。自分の身体の外側で、たとえば後ろから何かが当たったりするとわかったりしました。


DW: それはすごい。

CG: でも同時に、自分の体内の感覚もあります。頭蓋骨のすぐ内側、湿った脳物質の中を音波振動が通過しているのも感じました。


DW: マイケル・パーシンガー(Michael Persinger)博士と共に『Wisdom Teachings 』を一度担当した事があります。博士は「神のヘルメット」説を唱えているのですが。
とても強力なマグネティック・ガン(磁気銃)というのがあり、彼はそれを三角推量を用いて脳の一定箇所を狙うことができるんです。そうして彼は極度のパニックや恐怖を引き起こすことが出来るのです。汗をかかせたり、性的に興奮させたりもできます。脳のある箇所に彼がそれを放射すると、その人に『神の体験』が起こります。

懐疑的な人達は、パーシンガーの事を挙げては、「これが“偉大なる現実”などないという証拠だ。イメージを見るというのも、ただの脳内反応に過ぎない」、と言います。
ですが私にしてみれば、パーシンガーが『神のヘルメット』に行っている事はあなたの言う音波と同じではないかと。


CG: ええ。そのようですね。
私達に電磁波が処置された時もありましたしね。


DW: では、こういった処置を受けた人は誰でもあなたのような体験をしたと思いますか?それともあなたは直感のトレーニングを受けて態勢が整っていた、それでこその体験だったのでしょうか?


CG: 誰でも経験するだろうと思います。何らかの経験をね。ええ、私は若かったし、体外離脱や奇妙な経験をするための準備は整っていました。
車で遠距離を移動する事が多かったので、退屈すると車の外に自分自身を投射したり、出て行って看板や丘陵の上を飛び回ったり、振り返って車を見るという体外離脱体験もしました。車で長距離を移動するので、そういった事は若い頃からすでにやってましたね。


DW: 私の知り合いで内部関係者のダニエルは、サイコープス(PsyCorps)という直感トレーニングを受けました。CIAか何かから派生したプログラムだと言われたそうです。
彼がそこで教わった事をいくつか挙げて、あなたの受けたトレーニングと比較したいのです。

まず一つ目は逆さ吊りのエクササイズです。膝や足首のところで逆さに吊り下げられ、腹筋をさせられます。血液内の酸素を増やし、松果体の血流を増やすためで、松果体や身体全体の循環を強化する事で能力を拡大させるそうです。このような事はしましたか?

CG: それに一番近い事としては、高度の気圧がかけられ、酸素濃度を高くしてある圧力室に入れられた事ですね。私達はEEG型の電極を頭に着けられ、瞑想をさせられました。シータ波その他、あらゆる状態になれるよう訓練を受けていましたから、ある状態になるようコマンド(命令)が出てからどれだけ早くその状態になれるかを、様々な気圧・酸素レベルで測りました。


DW: それは大気圏外のあらゆる環境でも役割を果たせるようになるためのトレーニングでもあったのでしょうか?


CG: これはすべて同じ期間内に行われたもので… 直感・エンパス(共感)増強のためです。


DW: このガイアムTV(Gaiam TV )にはヨガ、太極拳のビデオがあり、加入制になっていてベーシックなメンバーシップも得られます。この、逆さまになって腹筋をし、全体の循環を良くする逆さ吊りエクササイズを見るといつも思うのですが、古代人は「ヨガや太極拳の目的はすべて循環を作ることだ」と言っていますね。柔軟性も- すべてそうなんです。
直感を磨きたいと思っている人々にとって、こういったエクササイズは役に立つと思いますか?


CG: ええ。彼らは太極拳のようなものも教えていましたよ。


DW: そうなんですか?


CG:それも視覚化と大いに関係しているんです。霊的なエネルギーの球体を視覚化し、移動させ、その球体が自分の体内のあちこちに下りていったり身体中を周回させたりするのです。


DW: すごい。


CG: これが酸素や血流に良いんです。また、複数の人間をひとつのグループに合体させてエネルギーを動かし、身体全体にエネルギーを通過させたりもしました。


DW: どういったことをするためだったのでしょう?
もう少し詳しく説明していただけますか?色はありましたか?大きさは?一度につき(エネルギーの球体を)いくつ作ったのでしょう?それとも一つだけですか?


CG: 一つだけです。


DW: どんな外観のものを視覚化するか、詳しい説明はありましたか?


CG: 自分で選ぶんです。彼らが言ったのは、「ひとつの球体を視覚化しなさい、エネルギーの球体です。そしてそれを手にとり、その球体があなたの手から行ったり来たりするのを見なさい。」とだけ言いました。まずその通りにして、それから球体を持ってきて脊椎を通って下ろしてゆき、また頭頂までのぼらせます。そしてまた太陽神経叢まで下りてくるのを視覚化します。球体がまた体外に出てきて、それを手にとります。もう一度、その球体を循環させる-このエネルギーのボールを身体中に巡らせ、それを感じるという精神的・視覚的エクササイズです。


DW: それは立った姿勢でできるのですか、それともこの球体を扱うのに太極拳のような動きを伴うのですか?


CG: 手や身体を動かしながら、球体を視覚化するのです。瞑想のように、じっと座ったままではありません。


DW: なるほど、そのようなエネルギーの球体を扱うのであればきっと太極拳の動きが使われているでしょうね。それで、その球体はだいたいこれくらいの大きさ(直径20cmくらい) ですか?それとももっと小さくて-これくらい(5cmくらい)でしょうか?


CG: 小さな球体(5cmの方)を視覚化していました。


DW:色はどうですか、青とか、白とか、何色でも。


CG: たいていは電球のような白い光でした。


DW: 太極拳にどれくらい近いんでしょう-というのは、ほとんどの人が同じ一連の動きをしているようなんです。これらの動きは、あなたがやっていたのと同じ動きですか?それとも相違点はありますか?


CG: 同じ動きがかなりたくさんありますね。


DW: そうですか。


CG: 太極拳をやっている人のほとんどは、それがエネルギーワークであるとわかっています。ある程度練習を重ねてきた人なら、エネルギーのワークをしていると感じられるのです。


DW: 私はネットでまだ見つけられないんですが、ビル・モイヤース(Bill Moyers)が出ているPBSのビデオがあって、その中に太極拳の達人が出てきます。その達人は立っていて、複数の人が彼に向かって走っていきます。大声を出したり叫んだりしていますが、ただただ吹き飛ばされるんです。
あれは何が起きているんでしょう? 何かエネルギー的なものにぶつかっているように見えます。


CG: そういった人達は、エネルギーのボールを投げたり、金属を凹ませたりできるということを実演しているのです。


DW: 本当に?


CG: ええ。そういった人達は本当に発達しているのです。


DW: 「そういった人達」と言うのは、どういう人達のことですか?

CG: 本当に高度に進歩した人達。私達に教えていた人達です。

DW: 宇宙プログラムの人々ですか?それとも地球外生命体?

CG: 違います。これはMILABプログラム当時のことです。若者に教えていたのは、ブラックOpタイプです。

DW: 彼らは自分で作った球体で金属を凹ませたりできたのですか?

CG: ええ。球体が自らぶつかったわけではありません。彼らはひとつの球体を視覚化し、それをぶつけたのです。こういった人達はスター・ウォーズに出てくるジェダイやフォースといったものを真に信じていました。
あなたは「ソース・フィールド(Source Field)」という本を書きましたね。彼らはソース・フィールド、もしくはフォースのダークな部分を利用していました。本当にスター・ウォーズ-ジェダイからそのまま出てきたような、ダーク・ロード・セスのような魔法のエネルギーで、エーテル界や宇宙からそのエネルギーを引きだしていました。


DW: なるほど、するとダニエルが教えてくれた別のことと繋がりますね。あなたがどう思うか、とても興味があります。
爆発的な筋肉運動-武術…間違いない…。ピート・ピーターソン(Pete Peterson)の知り合いに太極拳の使い手がいるんですが、彼は手や指をこのように力激しく動かす名手なのです。
このトレーニングでダニエルが聞いたところでは、この強烈で激しい筋肉運動はアドレナリンと関係しているらしく-アドレナリンは魔法のエネルギー導管のようなもので、ただ滑らかで柔らかいエクササイズをしているだけではそのような能力は得られないと。腕立て伏せ、重量挙げ、武術といったエクササイズが必要不可欠らしいのです。
あなたもそのような話を聞いたことはありますか?


CG: このような事をやっていた人は多くいましたが、アドレナリンの兆候は一切見られませんでしたね。彼らは完全にラクにしていて、平穏でおとなしい様子でした。彼らにとってはとても簡単なことのようで、努めて強い力を加えている様子はまったくありませんでした。本当に滑らかな動きと言えます。あなたが言う「ソース・フィールド」からのエネルギーのアンテナとなって動いているのがハッキリわかりました。


DW: 太極拳については私はほとんどわからないのですが、実際のところあなたのお陰ですぐにビデオを見たくなりました。人はなぜこれを練習したくなるか、やっとわかりましたよ。
私も武道のトレーニングをしたことがありますが…太極拳ではよく膝を曲げて重心を下げるようですね。そして腹についてよく言及されます。腹というのは腹部のある部分で、地球から腹まで糸もしくはエネルギー・コードが繋がっている感覚を得なければならないと。地球からエネルギーを取り込んでいるようなものですね。
膝を曲げてグラウンディングする訓練もありましたか?


CG:地球の中心に自分が根を下ろしているところを視覚化することでグラウンディングできるとは言われました。また、自分がアンテナになって、宇宙の背景エネルギーを取り込んだり、こちらからエネルギーを押し出したりできる、そんな視覚化もありました。


DW: ダニエルはトレーニングを受ける中で、魔法のワークの力をくれるのは地球であり、そういった事をできるようになるには地球から許可を受けなければならないと教わったそうです。意識を用いて離れ業を為せるようになるには…地球と共同のワークをせねばならず、地球が行動ひとつひとつを認可するのだと。あなたのトレーニングでもそういったことはありましたか?


CG: それを少し上回ることを教わりましたね。宇宙のウェブと関係を持たねばならないと。地球は太陽と関係を組んでいます。太陽は周りの星団と関係を組んでいます。周りの星団は銀河の中心と関係を組んでいます。銀河はその周りの銀河団と関係を組んでいて…と言う風に。

DW: では、この他に直感トレーニングでどんなことを教わりましたか?

CG: 私達が受ける可能性のあったシナリオは多数ありました。ヴァーチャル・リアリティ(仮想現実)もありましたが、これはとても嫌な時もありました。
自分一人だけ、もしくはチームごと仮想現実のシナリオに置かれるのです。それは没頭させられるような仮想現実シナリオで、匂いや味、触覚まであります…風さえ吹いているんです。

DW: その現実に入った時、自分は仮想現実にいるとわかっていましたか?

CG: それもテストされました。時にはとても恐ろしい状況に置かれたり、恐ろしいことをするように、と要請されます。不快な生き物のいる戦場に置かれて、戦わなければならなかったりね。勝つためにはできるだけ自分の直感に頼らざるを得ません。ただ武術や戦略トレーニングの成果を頼っていては決して勝てるものではないのです。
ですが自分の直感能力を頼りにすると、勝てたんです。その時点では明晰夢を見ているようでした。自分がいるのは仮想の世界だと気づき、すると抜け出せるのです。


DW: 映画の「ダイバージェント」そのままですね。この映画ではある女の子が仮想現実の中に投げ出されるのですが、彼女こそがダイバージェント、仮想現実の破り方と脱出方法を身につける分岐そのものなんです。


CG: そうですね、私の最初の2つの録音インタビューがインターネットに載って以来、その映画のことは何度も耳にしました。


DW: 「エンダ-のゲーム」という映画でも、宇宙プログラムを受けている一人の子供がいます。そこでは子供達はETやパイロット・シップと戦うよう教えられています。彼は早いうちに、仮想現実シミュレーションに放りこまれているのだと気づきます。大人達は、彼を可能な限り反社会的に仕上げたいのです。そこで、男の子はチャレンジを課してくる存在達に協力するのをやめ、目をはぎとったりするんです。
彼らがやっていたのはこんなことですか?…こういう映画はあなたの体験と重なっていますか?



CG: はい。彼らは私達をトレーニングするだけではなく、どんな命令に私達が従うか、どこまでならやるか、心理的に人物像を図っていました。誰が反社会的か、つきとめようとしていました。
一定の命令に誰が従うか…そう、命令されたんです…


DW: 本当に恐ろしいことを、ですね。


CG: ええ、実に恐ろしいことで、カメラの前では話したくないですね。たとえば友達のような人、つまりチーム・メンバーがいて参加していて自分も参加していて、道徳的な選択を迫られるのです。仲間からの圧力にしたがうべきか-つまり他の人達がやっていることをすべきか、それでもしないでおくべきかというジレンマのね。


DW: あなたが戦わされた怪物とはどんなものでしたか?-もし教えていただけるなら、ですが。多々ある不愉快な記憶をあえて辿ってもらいたくはないので。

CG: 彼らは、私が嫌がるものをとてもよく見抜いていました。

DW: ということは、あなたが一番嫌がるものを故意に標的に持ってきたのですね。

CG: 彼らの狙いは、私達の恐怖でした。私は何がどうあれ蜘蛛が嫌いでしたから、巨大な蜘蛛を相手に戦いました。爬虫類型の生命体と戦ったこともあります。

DW: 仮想現実の中にいる間は、それがリアルではないと気づくことは不可能なんですか?

CG: ええ。何がリアルで何がリアルでないのか、ほとんどわかりません。直感・共感トレーニングである程度まで達すると、どんな時でも自分が仮想現実の設定に置かれていることが見抜けるようになります。そうすれば、そのレベルは卒業して新たなレベルに進むという具合です。

DW: あなたに以前お会いしてお話しした時、プロレスラーのような大きくて力の強い男性複数を相手にすることもあると言っていましたね?


CG: ええ。

DW: 戦わされたんですね。

CG: 子供の頃にね。

DW: まるで悪夢を見ているような感じですか?

CG: そうです。

DW: (仮想現実の)中に入ってゆく部分は覚えていない、けれど中に入った途端それが現実のように思えると。


CG: シナリオの中なんです。ある時点で、論理的に違和感のないシナリオに置かれます。その中で、シナリオから抜け出すために戦わねばならなかったり、シナリオから抜け出す方法を探しだす必要が生じるんです。うまくやるためには、直感的に行動するしかありません。

DW: それはどのように展開するのか、もう少し詳しく教えていただけますか?でないと、本当のところを知らないまま私達は勝手に想像してしまいますから。


CG: そうですね、もし誰か人間と戦っているとしたら、武術や戦略トレーニングで学んだことに頼らず、相手の目をしっかりとらえて相手と繋がるのです。すると彼らが動く前に、何をしようとしているかが直感的にわかります。

それが一つ目の段階で、それができるようになると…あらゆる事態が生じる前に直感的にわかるのです… ある建物をクリアリングするとなった場合、クリアリングする部屋は12室あると直感でわかります。そして最初の5つの部屋はすでにクリアで、まず対象となるのは6つ目の部屋だというのもわかってきます。

いったんここまで達すると、ラクに「自分がいるのは仮想現実だ」と直感できるようになってきます。いちばん最初の、着陸ゾーンに置かれる時やある状況に置かれた時点で「これは仮想現実だ」とすぐにわかり、そこから脱け出すんです。


DW: 面白いですね、その仮想現実内で実際に行動しているのは誰なんですか?戦い方をサイキックで見破ることができるなら、その相手ってどんな存在なんでしょう?誰かがいて、戦いの相手をコントロールしているのですか?コンピューターのプログラムですか?いったい、どのように進行させるんでしょう?


CG: 彼らは私達の頭の中から情報をひきだして、それをコントロールしていました。彼らは何人か複数の人間をいちどに一つの仮想現実シナリオに置くこともできました。その中では、置かれた人々は一緒に行動できるんです。
その場合、彼らのマインドと彼らの椅子に繋がれた状態で行われました。


DW: タランチュラのようなものと戦う時は、オペレーターのような人がいてそのタランチュラの動きをコントロールするのですか?それともコンピューター・プログラムのような人工知能によるのでしょうか?


CG: これは仮想現実の中で展開してゆく、ただの一つの状況です。人工知能かどうかはわかりません。かなりのハイテクです。彼らは私達の心理情報を大量に使って仮想現実に映し出していた、それはわかっています。


DW: このようなテクノロジーが現実にあるとするなら、「マトリックス」のようなことを考えだす人が間違いなく出てくるでしょうね。そして、私達みんなの現実のどこまでがシミュレーションなのか、となりますね。もしくは大きな大きな何かの仮想の一区分なのだろうかと…


CG: (歌を引用) ボートを漕ごう、人生はただの夢。
”Row, row, row your boat. Life is but a dream.”


DW: ははは。究極にはこう言えるのでしょうか、目の前の事実として、私達は一つの人生しか覚えていられない。輪廻転生というものがあり、私達には死後も生き続けるようだから、ここでの私達の人生はひとつのシミュレーションのようなもので-眠りから覚めるたびに私達はこのホログラムに戻ってきていると?


CG: うまい言い方ではあるでしょうね。ですが、ブルー・エイビアンズ(Blue Avians)に言われたのですが、私達は死んでもスピリットの子供達のままなのだと。私達には一生涯の間に霊的に成長できるほどの寿命がありません。人生を何度かかけて学びを得て、ある程度まで霊的に成長すると卒業をし、もっと高次密度の存在になれるのです。


DW: 今日はありがとうございました。こちらはコズミック・ディスクロージャー、驚くような情報ですが、さらにたくさんあります。52もしくはそれ以上のエピソードをお送りしてきました。毎週お送りしますので楽しみにしていてください。
ホストは私、デイビッド・ウィルコックです。

ご視聴ありがとうございました。

翻訳:Rieko

http://japonese.despertando.me/%E3%82%B3%E3%82%BA%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%80%80%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%88-%E6%9D%BE/




◆映画アバター、マトリックス、スターウォーズはSFではなく、事実に基づいて作られた再現ドラマだということになりますね。日本ではこの手の研究は全く行われていません。透視とか霊視などを研究すれば福来友吉博士や三田光一のようにトンデモ扱いされ学界から追放されます。アカデミズムが何と言おうとも、早く半霊反物質になりたいものです。

▼日本人は、想像力に欠けているのかにゃあ~


考える猫

財務省も総務省も国民を舐めきっている!



◆「胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出るもの」と言ったのは、将軍徳川吉宗に仕える神尾 春央(かんお はるひで)という旗本で、過酷な年貢取り立てた酷い官吏として知られています。「百姓は生かさず殺さず」という血も涙もない過酷な徴税で、農民から酷く憎まれました。しかし吉宗にとっては幕府の財政を潤沢にし、改革に貢献した功労者なのでしょう。


◆財務省がやっていることはこの、神尾春央と全く同じです。無力で無抵抗な羊のような人間たちを監視して、マイナンバーカードを作り、貧乏人からも無慈悲に10%の消費税をとる冷血さ。そしてまたそのカードを発行する総務省はまるで羊の群れを監視する羊飼いのような利益集団です。


si-puru600.jpg

◆覚えておられますか?総務省が多くの反対を押し切って、国民を一括管理するために作った筈の住民基本台帳ネットワークのことを。莫大な費用をかけて作り上げたシステムがほとんど使われないままになっており、維持管理費だけは支払われているとのこと。政府は、増税を言う前にこういう省益しか考えない役所を整理する必要があるのではないでしょうか。




これは第二の「住基ネットワーク」
マイナンバー制度実は巨額利権だった

国会

 '02年に導入された住基ネットを活用しているだろうか? 住基カードの交付率はわずか5%。壮大な税金の無駄遣いとなった。政府と霞が関はそれと同じ轍を踏もうとしている。その背景には—。


3000億円をドブに捨てる


「この法案が通っても、国民にとっての利益など、ほとんどありません。マイナンバー制度ができたら個人事業主や政治家の収入が把握できて、脱税を取り締まることができるかといえば、そんなことはまったくない。

あえてメリットを挙げるとしたら、引っ越しのときに市役所に出す書類が1枚で済むということくらい。壮大な無駄遣いになる可能性が高いのです」

 こう指摘するのは元経産省官僚の古賀茂明氏だ。



 5月9日、納税や年金などの情報を国が一元管理する「共通番号(マイナンバー)制度」法案が衆院を通過した。国民一人ひとりに番号を振り、年金や納税、家族構成などの情報を管理する。政府の試算によれば、システム構築に3000億円程度の血税が必要で、法案が成立すれば、'16年1月から施行されることになる。


 ところで、あなたは住基カードをお持ちだろうか。個人情報問題でやり玉に上げられたものの、'02年に導入された「住民基本台帳ネットワーク」(住基ネット)で個人に発行されるICカードだ。

住基ネットは住民基本台帳の情報をデータベース化し、各市町村のデータをネットワークでつないだもの。これによって、住民票の写しが全国どこでも取れるようになり、また引っ越しの際の役所への届け出が簡素化されたと、総務省は喧伝する。だが—。

「数々の反対を押し切り、システム構築に約400億円もかけて導入したけれど、今に至るまでほとんど使われていません。カードの交付率は10年経った今でもわずか5%(!)。にもかかわらず、年間百数十億円もの維持運用経費をつぎこんでいます。これに輪をかけた壮大なムダが、今回のマイナンバー制だと思ってください」(前出・古賀氏)


なぜこんなデタラメがまかり通るのか。最大の理由は、そこに"巨額利権の構造"があるからなのだ。

 そもそも運用者側である霞が関の官僚たちが、揃いも揃ってIT音痴だ、と指摘するのは、元財務官僚で嘉悦大学教授の高橋洋一氏である。

「官僚の大半はシステムの話をまったく理解できないのです。それで"ITゼネコン"(大手ITシステム会社)の言いなりに予算をはじいている。マイナンバー制だって、新たにシステムを作るのではなく、すでにある住基ネットをそのまま流用すれば、ほとんどお金なんてかかりませんよ。

でも、それではITゼネコンはおまんまの食い上げになる。だから、既存の住基ネットの番号をわざわざ別の番号に『変換』することになっています。その結果、何千億円もかかるという話になっているんです」


システム開発の世界は、「ぼったくりの世界」だと高橋氏は断言する。業者に説明を受けても、聞く側が理解できないからだ。
 ほぼ文系出身者で占められている霞が関だが、理系出身の高橋氏は、大蔵官僚時代、資産負債総合管理システムの設計をゼロから行った経験がある。氏が開発したシステムは、民間会社に最初から設計を依頼したら、費用「10億円」と言われたという。その分がまるまる浮いたのだ。


「システムという言葉はブラックボックス。聞いても分からないので、誰も中身を聞こうとしない。特に役所はITゼネコンのいいカモです。霞が関にもIT専門の官僚を入れたらどうだという意見もあるけれど、学生時代からプログラム言語が分かっているレベルの人間でないと使えないから、現実的には霞が関では無理でしょう」(前出・高橋氏)

利権で潤うのはITゼネコンだけではない。それと結託した官僚や政治家に見返りがあるのは当然だ。たとえばこんなことをする。
「事業仕分けで7人もの大量の天下りを受け入れているとして問題になっていた団体『地方自治情報センター』などを衣替えして、新たに『地方公共団体情報システム機構』という、より確固とした天下り機関に改編させることが、この法案には密かに盛り込まれています」(前出・古賀氏)


 日弁連情報問題対策委員会委員長の清水勉弁護士もこう批判する。

「関心を持っていない人にも考えてもらいたいのは、この制度自体が『巨大なハコ物』だということです。政府は、正確な所得の把握だの利便性だのとお題目を並べているが、正確な所得の把握などできるわけはないということは、われわれの委員会でも指摘しています。実際、類似の制度を導入した世界のどの国でもできていません。たとえば海外の資産は掴めないし、すべて把握しようとすると費用対効果が悪すぎるのです。では制度の目的は何か。官僚・政治家・企業がたかる巨大な利権構造をつくることです」

犯罪者に悪用される

 ほかにも問題は山積している。国家が個人情報を一元管理することの危うさについての認識が薄すぎると警鐘を鳴らすのは、上智大学の田島泰彦教授だ。

「すでに年金や税などでは実質的に番号が振られています。それをわざわざ共通の番号にするのは、様々なデータをひも付けし、名寄せし、個人情報の監視ツールにするためとも考えられます。一元的に情報が集約されると、その人に関する情報が裸にされてしまいます」

 プライバシー侵害という、当然予想される「危険」についての意識もない。前出の清水弁護士が言う。

「プライバシーの保護は無理です。なぜかというと、この国ではデジタル社会におけるプライバシーとは何かという発想や議論そのものが行われていない。便利になるからいいでしょう、で話が終わっている。政治家はプライバシーに対する『懸念』という言い方をしますが、懸念ではなく『危険』なのです。そのリスクを、この国の議員は分かっていません」

 にもかかわらず、マイナンバー制が進められている背景には、「効率重視」の世の中の流れがあると指摘するのが、ジャーナリストの斎藤貴男氏だ。

「世の中の価値観のなかで、経済成長、効率化といったものが第一になっています。マイナンバーであらゆる情報を共通化してしまったほうが、たしかに効率的なのでしょう。しかし、国家権力や大企業が番号で人間を識別するようになると、彼らの『人間観』が根底から覆ると考えています」

 米国では、日本のマイナンバーに相当する社会保障番号(以下、SSN)が広く普及している。SSNには、名前・住所・生年月日・メールアドレスなどの個人情報が入っており、納税などの際公的機関で使われるほか、就職やクレジットカードの申し込み、保険、医療サービスなど、さまざまな分野でその人を証明するIDとして使われてきた。その結果、番号の窃盗による詐欺などの被害が、なんと年間5兆円にも達しているのだ。

 ID管理などのコンサルティング会社を経営しているアダム・レヴィン氏が、恐怖の実態を語る。

「SSNが広く用いられるようになると、個人データの漏洩・不正使用が急増してきたのです。現在、特に大きな問題になっているのが、盗難された番号による還付金詐欺です。他人のSSNを盗んで所得税申告書にその番号を書き入れ、提出するのです。米国では、オンラインで申告した場合は3週間以内、郵送の場合は6週間以内に、歳入庁は払い戻しすることになっています。そのため申告書が届いたら、速やかに払い戻し額を決めて、払い戻ししなければならない。そこで他人になりすました、多数の不正な払い戻し請求が行われているのです。ほかにも医療、犯罪、クレジットカードなどさまざまな分野で、なりすましによる被害が出ています」


なんでこんな法案が通るのか

 共通番号先進国の米国で実証されているとおり、情報は盗まれる。だからこそ世界では、一元管理から分散管理へと、潮目が変わってきている。

「英国では、'06年に成立したIDカード法が廃止になっています。スウェーデンでも見直しの声が上がっていますし、ドイツでも様々な情報をマッチングさせるべきではないという裁判所の判断が出ている。一元化すれば国が国民を管理するには便利だけれど、国民のプライバシーを国に委ねるのはよくないという反省から、世界的には個人情報を分散・抑制する方向に向かっているというのが現状なのです」(前出・田島氏)

 だが、霞が関はしたたかだ。個人情報流出の恐れがあるという批判を逆手にとり、「だからより強固なシステムを構築しなければならない。そのためにはコストがかかるのはやむをえない」と主張して、ITゼネコンと手を携え、全体のシステム構築と維持に3000億円という数字を弾いているのだ。


「個人情報保護のために堅牢な仕組みにすると、非常に巨大なシステムになるというのが、霞が関の出した結論です。最初はシステム構築その他の費用を合わせて5000億円と言っていた。ひどいのになると総額2兆円という声までありました」(前出・古賀氏)


まさに「ぼったくり」そのもの。中身を知れば知るほど、壮大なムダの実態が透けて見えてくる。評論家の佐高信氏も憤慨する。
「原発問題でも明らかになったように、政府・国というのはデタラメなことをやる。そんな組織に国民の財産が把握されるのは怖いことだし、とんでもないことです。住基ネットがなくても何ら不便はない。善用はなくて悪用だけが考えられるような法案を、なぜ簡単に通すのか。大メディアは何も言わず、財界人も賛成一辺倒。バカとしか言いようがありません」


 住基ネットに輪をかけた無駄遣いが明らかなマイナンバー制。自民・民主などの賛成多数で今国会中に成立する見通しだ。

「週刊現代」2013年6月1日号より

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35897




◆実に正論!説得力があります。常にカザーリアンNWOの二番煎じばかりやるのが霞が関の仕事なのです。自分らが何をしているのか解らずに増税して、膨大な無駄使いをして仕事をしていると考えているのです。


これも国立競技場の問題と酷似しています。先のことを考えずにゼネコンのどんぶり勘定に乗せられ、国民のポケットに手を突こむようなことばかりやるのが役人です。
将に神尾春央の集団が霞が関を構成していると言っていいでしょう。

政府は、まず旧態依然とした不要不急の時代に合わない官僚組織を撤廃統合して根本的な行政改革をしなければ、この国は増税と国債で潰されてしまうでしょう。

▼霞ヶ関栄えて国滅ぶ?そんなことじゃダメェ~!!!!

gullible-mind-explained.jpg



断捨離で3次元脱出準備?


◆ミニマリストと言う人々が増えているそうです。不要なものは一切持たないという生き方を選択した人々です。断捨離という言葉があります。ヨーガの行法に「断行」、「捨行」、「離行」という修行があり、モノへの執着を捨て、簡素で身軽な人生を歩もうという処世術です。

ミニマリスト

akiya

ミニマリスト3

物を持たない、買わない、使わない、小慾知足の人々が増加すれば景気回復などありません。つまり大量生産大量消費を是としてきた資本主義経済の時代が終わったということなのかも知れません。


◆こういう人々は来るべきイベントに備えて、無意識に心身の調整を図っているのではないでしょうか。
世界は政治も経済も混乱し混沌としていますが、ぼつぼつ高次元世界へのスターゲートが開く時が来たのかもしれません。




大天使ミカエル・・・2015年9月8日 輝く光の津波 と聖なる女性性周波数の戻り

ミカエル


http://pleiadedolphininfos.blogspot.jp/2015/09/celia-fenn-aa-michael-tsunami-of.html
Monday, September 7, 2015
Celia Fenn ~ AA Michael ~ The Tsunami of Luminous Light and the Return of the Divine Masculine Frequency : September 2015


親愛なる光の ファミリーよ、今あなた方は9月と言う時に入り、8/8/8のライオンズゲートにおいて地球が受け取った輝く光の波に乗っています。

この光のコードの新し い波があなた方個人の周波数の変化と、これらの輝きの色彩とトーンがもたらすより高い周波数への調整を助けたので、あなた方はその強さを感じました。
9月 には、あなた方がこれらの新しい周波数を受け入れ、これらの新しいトーンと音響に合わせてソウルを踊らせる更なる機会があります。

あなた方が完全な多次元、或いは惑星地球の9次元の実現へとついにたどり着くので、この輝く光の津波の目的は、これをサポートすることです。地球は9次元のマトリックスへと完全に移行しているので、準備が出来ている者は光の津波に乗って、9次元の意識へと進んで行きます。

親愛なる皆さん、実にこれが、今地球上で非常に多くの混沌と混乱が起きている理由なのです。光の津波は、津波がいつもそうであるように、安定、安全ではないもの全てを洗い流し、新たな創造の為のスペースを作り出します。

ですから、この 時点で、地球は五次元に留まっていますが、多くの者は未だに三次元意識で動作しています。それから、意識を向上させ始め、さらには六、七次元或いはもっと 高い次元にまで向上させている者がいます。ですから、各人はその者の進化の旅において着いた場所に従って光のコードと周波数を受け取っています。もしもこ の人達の意識が未だに低ければ、今回は混沌と恐れに満ちたものに思えるでしょう。


親愛なる皆さ ん、三次元の意識は二元性と恐れに根ざしていることを分かって下さい。ですから全てのイベントが恐れと、”終末”や、”崩壊”の証拠のように見えるので す。このレベルの集合では天災的なアトランティス意識が最も強いので、未だにこの恐れの周波数の中にいる者には多くの恐れが前面に出され経験されるので す。

しかし、光のファミリーとして、あなた方には接続次元上の五次元に達したことが分かり、地球は2012年に”終末の時”のスターゲートを通過した事も分かるでしょうが、今は確実に新しく奇跡的な未来へのタイムラインと旅に乗っています。

六、七次元意識 に包み込まれている人達は強い創造の波と自分と自分のソウルの可能なあらゆるあり方での表現意欲を感じることでしょう。
あなた方は自分自身の中で、ハー ト、魂、及びスピリットの中で”ツインフレームの再会”が行われるので、喜び溢れる体と魂の合体を感じることでしょう。今は天使の領域での大いなる祝賀の 時であり、私たちはあなた方のそばのここにいて、あなた方と歓喜と祝賀を分かち合います。

そこで、9月と言う月では、最初の強力な日は9月9日 で、この日にはあなた方は9/9/8のスターゲートを通過します。この点では、8/8/8のエネルギー波が強まり、より高い周波数、ないしトーンへと上昇 し、入来エネルギーと同調します。これはマスターの光とコードを取り入れた者が体と魂に非常に強いインパルスを感じる時です。
あなた方はこれを自分の体の 中でのエネルギーの電気パルスとして経験するかも知れませんし、この新しいエネルギーにあなた方の肉体が慣熟するまでは、非常に大きい疲労を感じるかも知 れません。9月9日には自分の内なるパワーと内なる光のコードのマスターとの繋がりができるように”内側に向けた”穏やかな瞑想をするようにお勧めしま す。


それから、数日 後には、乙女座の中での新月と、部分日食が起きるでしょう。これはあなた方にとって新しい光の周波数の中にいる新地球と繋がる機会であり、地球上で展開す る新しい時のサイクルの中で具現化したいと思うことを何にするか決める時です。

今は、自分の暮らしの中で起こしたいと思う物理的な変化を探し、又、自分を より良い方向に育成するために暮らしの中で成し遂げたいと思う変化を探し、自分の健康と地球の幸福について更に気を遣う時です。

あなた方のライトボディー と肉体の周波数が上昇するので、あなた方には、ライフスタイルと食事を含む、”より軽い”生き方で暮らす必要があることが分かるかも知れません。

この時点 では自分のハートと魂に自分をガイドさせて下さい。新しい聖なる女性性の太陽周波数の中で、女神の存在の下に日食も起き、この時にはマグダラのマリアが非 常に強く感じられるでしょう。マリアをあなた方と言う存在の一部にし、貴方自身である内なる女神を受け入れて下さい。

9月23日に は、秋分の季節に入り、あなた方には7月と8月以来入来しているこれらの強力なエネルギーのバランスを取る機会が得られるでしょう。この秋分は昼と夜の時 間が等しくなり、太陽の周りを回る地球の旅の途上での季節の変化の準備をする時です。

北方では秋と冬に、南方では春と夏への季節の変化です。これらの強力 な地球の変化のエネルギーは、地球の地磁気の強力な力でもあり、あなた方のライトボディーの力にもなります。これは祝賀と瞑想の為の良い時でもあります が、あなた方は地球を称え、秋分の通過を祝う時に地球の集合エネルギーの声になることを思い出すためにここにきているのです。

それから、9月28日に、牡牛座/天秤座の中での満月と 強力な変化の波をもたらした四回の強力なブラッドムーンの最後のブラッドムーンでもある皆既日食を祝う時に、このエネルギーは頂点に達します。

火の月は常 に強力な満月なので、ブラッドムーンとしての牡牛座の月はフェニックスの満月なのです。それは新しいものが古いものの灰から生まれる瞬間であり、新しいも のの力があなた方のハート、魂、及びスピリットの中に立ち上がる瞬間でもあります。この時に、あなた方は新しいエネルギーの強力な高まりと新たな機会との 繋がり、及び暮らし、及び集合的な暮らしの中の新たな方向を感じると期待されます。隠されていた事が今多分明らかにされ明確になるでしょう。


それは個人としても集合としても人間にとって立ち上がり、光、愛、及び思いやりの者として前進する機会になるでしょう。愛と恐れのいずれかを選択し、2015年と2016年のタイムライン上でどのような周波数と現実を創造するのかを決定する機会があるでしょう。

親愛なる皆さん、これは祝賀と歓喜の時です。津波によって混乱と混沌の中に流し込まれないようにし、自分のハートと魂の中にしっかりグラウンディングし、天と地球を繋ぎ、天の光と新たな現実への道を照らす新しい照明周波数の導管もしくは伝送者になって下さい。

ダイアモンド光 のコードが2015年において地球に取り込まれ、今これらの照明光の新たな周波数が地球のマトリックスの中に組み込まれつつあるので、今もう一つのワクワ クのエネルギーとイベントが起きつつあります。あなた方全ては天の女性性と女神の周波数の戻りを迎え入れましたが、今は、天の男性性の輝きの周波数の戻り を歓迎する時です。

シリウスからの あなた方の友人や仲間は、あなた方が天の男性性のより高い次元周波数を再び取り入れ、組み込む支援をするために用意をして待っています。シリウスの物語に は、天の男性性エネルギーは風に乗った羽根として表現されるシュウもしくは鳥人間の形で転生しているとのことです。あなた方に紹介される多くの強力なシリ ウスの教師たちはトス、長老或いはラーのオーラス、鳥人間の形を採っています。

鳥はこのエネル ギーを天の創造の知性と言う翼と共に流し、エネルギーを具現化へと向かわせる能力を表します。それは又、多くの次元上を旅し、宇宙を翼に乗って飛び回る能 力をも表しています。あなた方が多次元的になると、人間には、天使として自分の翼で宇宙を旅する能力に自信を持てるようにこのエネルギーを取り込む必要が あります。

天の男性性のエ ネルギーは又ジーザス、ブッダ、シヴァ、及びビジョンを夢見る力を得た他の者達によって具現化されていて、人間の祈りと旅の中に大いなるイメージを見る事 が出来ます。この者達は”光の翼”を使ってより低い次元と死を乗り越え、ダイアモンド光線の天使の翼に乗って、光の中へと上昇することが出来ました。

あなた方がこれらのより高いレベルで天の男性性と再度繋 がると、天の男性性と天の女性性の間のバランスが戻ったと感じるでしょう。

これは10月10日の10/10/8のゲートで強化されるでしょうし、その後、 11月11日の11/11/8のゲートで頂点に達するでしょう。この時点ではこれら二つのエネルギーが結合して、人間と惑星の意識を新しい意識と愛のレベ ルにまで高め、”聖なる婚姻”が行われるでしょう。

これはこの惑星にとって強力な瞬間であり、あなた方を12月12日の12/12/8のゲートと、地球の 位置が銀河の中心もしくはセントラルサンと合致する、12月21日の冬至における、2015年の最後の波に備えさせ、偉大なる宇宙のハートから受け取ら れ、大セントラルサン経由で地球に、そしてあなた方のハートの中に伝送される強力な光の洪水を祝います。

親愛なる皆さ ん、この時に、私たちはあなた方に自分のライトボディーとエネルギー場に働きかけ、私たちがあなた方に与えた聖なるダイアモンドハートの活性化との作業を 日日実践するようにお願いします。あなた方が天の男性性と天の女性性のダイアモンド光を結合すると、あなた方は自分自身のハート、魂、及び存在の中で天の 光の内なるバランスを感じることでしょう。

四次元のマスターと時間のスパイラルの開始

親愛なる光の ファミリーよ、私たちは以前あなた方に四次元の時間をマスターするようにすることについての重要性を説いたことがあります。多くの人達は時間が如何に加速 しており、かつてない程早く進むのに気が付いています。これはまだほとんどの人達が三次元の時間カレンダー上で動作していると言う集合意識に繋がっている からです。天の光が加速すると、当然のことですが、あらゆることがより急速に動いて行くように思われます。

この加速に合わ せて作業をする唯一の方法は意識を生かし、あなた方が必要とする時間を作り出すことです。時間は幻想であり、ほとんど現実のものではない作り出されたもの なのです。三次元に於いては、時間は経済的、及び暮らしの上のニーズに従って作り出され、あなた方の暮らしは作業時間に支配されていました。今はより高い 次元の中にあって、あなた方は自分自身の時間枠、ニーズ、希望に従って自由に時間を作り出せます。今は自分自身のタイムラインと時間スパイラルを始め、創 造的なエネルギーをあなた方が展開し世界の中で具現化する夢と希望の中へと流し込む時なのです。

あなた方は今、光のマスターである、自分の魂とハイアーセルフとの最後の真の同調をとるようになっています。より高いレベルからの魂の中で立ち上がる夢とビジョンを自分に感じさせ、これらを自分自身の夢、ビジョン、及び創造物としてこの世界の中に表現させて下さい。

親愛なる皆さん、このようにして、あなた方はダイアモンド光線と輝きの周波数が自分の暮らしの中の具体化及びあなた方の現実の創造と結びつく方法を決めるでしょう。

今は、どのような魂の冒険をあなた方が創造したいかを決 める時であり、低いレベルの集合意識に恐れや心配で邪魔させないようにする時です。成長と決断の途上でより多くの経験が出来る時に、何故あなた方の創造エ ネルギーと力を天災が起きるというような悪夢に向けなければならないのでしょうか?今は宇宙の花が宇宙の太陽に向かって開くようにあなた方のタイムライン を展開出来る時なのですから、何故、光、喜び、愛、及び冒険に満ちた通路を作らないのでしょうか?

あなた方がこの9月という月において新たな現実の中へと向かう輝きの波に乗り続けているので、あなた方には多くの喜びと光が得られるよう希望します。


翻訳 Taki

http://japonese.despertando.me/%E5%A4%A7%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%B9%B4%EF%BC%99%E6%9C%88%EF%BC%98%E6%97%A5%E3%80%80%E8%BC%9D-%E3%81%8F/




◆高次元からは低次元世界がお見通しのようですが、その反対はありませんので、反論も否定もできません。もう少し、何がどうなるのか具体的に教えて貰えるとありがたいのですがねえ。

3次元の低い波動の中で毎日這いずり回っているのにもすっかり飽きていますが、大天使が、せっかくもうすぐもうすぐと言っているのですから、それを信じてミニマリストになれるよう努力してみましょう。九月の歌と赤い月

SEPTEMBER SONG - WILLIE NELSON


◆ブラッド・ムーンに向けてルナ・ロッサを2曲、カンツォーネとシャンソンでどうぞ。

ブラッドムーン


Mario Frangoulis luna Rossa


Lucienne Delyle - LUNA ROSSA


軽減税率代替案


◆消費税が8%になったことに加え、円安で物価が上昇していることで消費が冷え込み、低所得層には景気回復の実感がないというのが実情です。

物価

それが2017年には消費税が10%になれば生活困窮者にとって悲惨なことになるのは目に見えています。それで政府は高齢者や生活保護所帯などには消費税率負担軽減を導入しようとしています。

移動販売


◆税収を上げることしか考えない財務省は最初からこの税を軽減する積りは毛頭なかったのですが、官邸の意向で渋々これに応じたようです。
その方法はいったん徴収した消費税を後で還付するというものですが、しかしこれには様々な問題があります。




軽減税率代替:マイナンバー使い還付…財務省検討

財務省が2017年4月の消費税率10%への引き上げ後を念頭に、消費税負担を軽減するため導入を検討している新たな還付金制度の骨格が判明した。

酒類を除く飲食料品すべてを負担軽減の対象に指定。消費者は会計の際には10%分の消費税を支払うが、対象品を買った場合は後日、消費税率軽減分の還付を受けられるようにする。

ただ、後日の還付では消費者の負担感を抑える効果は限定的になるとみられるなど、問題点も指摘されている。

 ◇消費者、残る痛税感

 国民全員に番号を割り振るマイナンバー制度が来年1月にスタートすることを踏まえ、個人のマイナンバーカードに購入記録を蓄積し、それに基づき還付を受ける新システムを導入するとしている。

 政府・与党はこれまで、生活必需品の消費税率を低く抑え販売価格を安くすることで、消費者の負担軽減を図る軽減税率制度を検討してきた。しかし、対象品の線引きや、複数の税率に対応するために事業者の経理処理が複雑になることから、制度設計の作業は暗礁に乗り上げていた。

 財務省案は、対象品を「酒を除く飲食料品」と幅広く設定する一方、販売価格を安くするのではなく、後から消費税の軽減分を還付するのが特徴。消費者は買い物のたびに店側にマイナンバーカードを提示し、カードに埋め込まれているICチップに購入情報を記録する。

 仮に消費税率10%、対象品の軽減税率8%の場合、2%分が還付金となる。消費者が事前に登録した金融機関の口座に後日、振り込まれることになる。所得に関係なくすべての人が還付を受けられるようにするが、還付の年間上限額を設定する。

 財務省案では、対象品を販売する事業者が品物ごとに税率を分けて扱う必要がないため、事業者の負担は少なくて済む。財務省は安倍晋三首相や菅義偉官房長官にも既にこの案を説明しており、了承を得たという。

 しかし、普及する見通しが立っていないマイナンバー制度を前提としており、実際に機能するかは不透明だ。マイナンバーカードの取得は任意で、還付が行き渡らない可能性がある。

 自民、公明両党は昨年の衆院選の共通公約で、軽減税率の実施時期について17年4月に消費税率が10%に引き上げられることを踏まえ、「17年度からの導入を目指す」としていたが、政府関係者は「財務省案ではシステム構築は間に合わない」と断言する。

 軽減税率の導入を強く訴えてきた公明党の山口那津男代表は7日、首相官邸で記者団に「痛税感を和らげて経済全体の消費マインドを冷やさないことが重要だと強く申し上げてきた」と指摘し、財務省案を精査する必要があるとの認識を示した。

そのうえで、「全体像がよく見えない情報の伝わり方をしている。政府には心して説明に当たっていただきたい」と語り、財務省が主導して流れを作ろうとしている状況に苦言を呈した。【横田愛、大久保渉】

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E8%BB%BD%E6%B8%9B%E7%A8%8E%E7%8E%87%E4%BB%A3%E6%9B%BF%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E4%BD%BF%E3%81%84%E9%82%84%E4%BB%98%E2%80%A6%E8%B2%A1%E5%8B%99%E7%9C%81%E6%A4%9C%E8%A8%8E/ar-AAe3gev#page=2




◆マイナンバーカードには様々な個人情報がはいっていますので、日常的にこれを持ちまわり、紛失する危険性があります。また財務省案は複雑な上、膨大な人手と設備費が必要になります。特に老人はこの取り扱いが難しいのではないでしょうか。

買い物老人





日本型軽減税率案 「官邸の意向と違う」 与党内に不快感も

 財務省がまとめた飲食料品を対象とする消費税率10%引き上げ時の税負担軽減策について、与党内からは不快感を示す声が出ている。財務省の「日本型軽減税率」案は、本来の課題だった軽減税率の導入を断念する形となるためだ。自民、公明両党は近く再開する軽減税率の制度設計を検討する協議会で、財務省案を議論するが調整は難航しそうだ。

 「首相官邸の意向と違う。軽減税率はやるという方向なんだから」

 財務省案に対し政府高官は7日、不快感をあらわにした。また、軽減税率の導入をめぐり「複数の税率を入れるのは面倒くさい」とした麻生太郎財務相の発言についても「軽減税率が面倒ならインボイス(税額票)はもっと面倒だ。インボイスなら中小企業は本当に大変になる」と述べた。

 政府は平成27年度の与党税制改正大綱で、増税時に一部の税率を低くする軽減税率の導入を目指すと明記している。菅義偉官房長官は7日の記者会見で、消費税増税時の負担軽減策に関し「税制改正大綱を基本に検討していくことになるだろう」と話した。

 軽減策は与党案が軸になるとの考えを示唆したとみられる。また、公明党の山口那津男代表は同日、政府与党連絡会議後に記者団の取材に応じ、消費税10%引き上げ時の負担軽減措置をめぐる報道について「全体像がよく見えない。情報の伝わり方に懸念を覚えている」と警戒感を示した。

 公明党は低所得者の痛税感を緩和する策が必要だとして、軽減税率の導入を強く訴えてきた。山口代表は「きちんと説明するよう、政府に強く求めたい」と訴えた。

http://www.msn.com/ja-jp/news/money/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9E%8B%E8%BB%BD%E6%B8%9B%E7%A8%8E%E7%8E%87%E6%A1%88-%E3%80%8C%E5%AE%98%E9%82%B8%E3%81%AE%E6%84%8F%E5%90%91%E3%81%A8%E9%81%95%E3%81%86%E3%80%8D-%E4%B8%8E%E5%85%9A%E5%86%85%E3%81%AB%E4%B8%8D%E5%BF%AB%E6%84%9F%E3%82%82/ar-AAe2Sfq




◆消費税では、小規模事業者の事務負担を軽減するねらいから、課税売上高が3000万円以下の事業者は消費税の納付が免税される免税点を設けています。この仕組みにより、免税事業者の場合、消費者から徴収し預り金的な性格をもつ消費税が、事実上その事業者のポケットに入ってしまうという税金のネコババが生じます。財務省はこれを防ぐためにインボイス方式を導入しようとしているのです。

◆インボイス方式では、相手が発行した「税額票」がなければ控除を受けることが出来ません。この税額票は消費税の申告の際に税務署に提出されますので、発行者の消費税の申告と照合されます。これの導入により、法人税などの脱税捜査にも役立つと考えているのです。

◆麻生財務大臣は「複数の税率を入れるのは面倒くさい」とした麻生太郎財務相の発言についても「軽減税率が面倒ならインボイス(税額票)はもっと面倒だ。インボイスなら中小企業は本当に大変になる」と述べたということで、「面倒くさいとは何事か!」と批判されているようですが、実際物凄く事務手続きが複雑になり、さらなる官僚組織の肥大化がおこります。

日本のしかも財務官僚の頭の良さは特別です。物事をできるだけ細分化して複雑怪奇にしてしまう傾向があります。
サイン、コサイン、タンゼント見たいなもので本当に面倒くせえですな。

◆脱税防止のためのインボイスやマイナンバーカードを使った還付金制度を導入する必要は全くありません。

どうしてそんなに問題を複雑にするのか理解に苦しみます。国民年金生活者はひと月5万円前後で暮らしているのです。

いくら還付制度を作るからといっても、そういう人たちが10%もの消費税を前払いで負担するのは重荷でしょう。食費が月に1万円などと言う人も居ます。その上千円の負担です。何パーセント還付するのか解りませんが、増税分の2%、200円が返ってくるとしても一体どうやって受け取るのでしょうか?

◆そもそも、軽減税率導入の動機は年金暮らしの高齢者や、生活保護所帯などの生活困窮者に対する救済措置です。この人たちはほとんどが非課税所帯のはずです。各自治体はこれを把握していますので、発行した健康保険証は年齢や収入により治療費負担額が違います。同様に市町村が減免税カードを発行し、スーパーやコンビニのレジで課税か非課税かを識別するだけでこの問題は一発で解決します。
そして、こうした生活困窮者には消費税率を軽減ではなく、0にすべきだと思います。


▼この案、拡散してくれると有難いニャア~!

祈る猫


プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR