お手軽超能力入門




◆地球の波動が上昇しているからでしょうか、サイキックやチャネラーのような人達が増加しているような気がします。波動が低い3次元世界から高次元の存在と繋がりたいと潜在意識が欲求しているのかもしれません。チャネリングは特別の人に限られた能力ではなく、誰にでも備わっているもので、松果体を活性化することで貴方にもお手軽にできるそうです。




たった3日で「第3の目」を覚醒させる法! 脳の中でパチパチ音が聞こえたら「超能力」ゲットの合図!

siva.png

海外ニュースサイト「Conscious Life News」が、第6のチャクラ「アージュニャー・チャクラ」として知られる「第3の目」を覚醒させる超お手軽メソッドを紹介している。なんと、たった2つの呼吸法を数日間実践するだけで松果体を刺激され、超能力が手に入るというのだ!

 松果体は、脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置する小さな器官であり、現代医学では体内時計を調節するホルモン、メラトニンの分泌器と定義されている。だが、17世紀フランスの哲学者ルネ・デカルトは、松果体に他の身体器官とは異なる不思議な側面があることを直感し、精神と肉体を繋ぐ最重要の器官と考えていた。
 スピリチュアルの世界でも、松果体は重要な器官だと見なされており、特に「第3の目」の覚醒にかかわっているとされている。そこで今回、「Conscious Life News」が推奨する「第3の目覚醒メソッド」をご紹介したい。

脳内爆発

■松果体を揺り起こす「覚醒I」

 ステップは大きく分けて2つ、「覚醒I」と「覚醒II」がある。まずはこりかたまった松果体を刺激する覚醒Iから順番をおって説明しよう。

1、背筋をまっすぐ伸ばした状態で座る

2、鼻から息を吸い込み、苦しくない程度に空気を体内にとどめる。この時、口を少し開き、上下の前歯の隙間に舌を軽く置く。

3、英語のth音を発音するときのように、上下の前歯で舌を軽く押さえ、ゆっくりと前歯と舌の隙間から息を吐き出す。この時、舌に振動を感じ、「ソー(thoh)」と聞こえるはずだ。

 ここまでの手順を正しく行うと、松果体が振動を受け、顎と頬のあたりに圧力と感覚を覚えるようになる。

4、1~3を5回繰り返す。

5、これを1日1回、3日間続けて行う。


 基本的にただ座って息を出し入れするだけである。こんな簡単な呼吸法で本当に効果があるか心配になるが、次のような肉体的・精神的なスピリチュアル効能があるという。

(肉体的スピリチュアル効能)

 最初に頭痛を感じ、額中央に圧力を感じるようになる。これは松果体が適切に覚醒しつつある良い徴候。(数時間にわたる偏頭痛を経験する人もいるため、休日の前夜に行うと良い。頭痛の大きさは、松果体の萎縮や石灰化の程度による)

 頭痛と額中央の圧力がなくなった後、朝起きるとズキズキ、ヒリヒリする痛みを額に感じるようになる。人によっては、何かが額の中にあるような強烈な感覚を覚えるだろう。この感覚は1日中続き、頭の中から「パチッパチッ」といった軽い音が聞こえるようになる。これは、第3の目の開眼が最終段階に入った証拠。

■超能力の開花、学習能力の向上……驚愕の効能

(精神的スピリチュアル効能)

・学習スピードや記憶力の向上

・直感力の劇的な向上

・創造力の向上

・サイキック能力やオーラの感応力の向上と強化

・千里眼、透聴力、超感覚の獲得

■仕上げのトレーニング「覚醒II」



ヨガ

画像は「Thinkstock」より引用

 覚醒Iを完了後、10~14日程度空けてから覚醒IIに移行する。期間を空けないと効果がないそうなので、注意が必要だ。
 覚醒IIは週に1回行う。

1、深く息を吸い込み、息を止め、5秒数える。これを3回行う。

2、深く息を吸い込み、苦しくならない程度に空気を体内にとどめる。

3、アルトぐらいの高い音域で「メーィ(英語のmayの発音を意識すると良い)」と言いながら、ゆっくりと吐き出す。

4、「メーィ」と息を吐くとき、意識を頭に向けることが重要。最初は額の中央部分、次に脳の中心、それからクラウンチャクラが位置する頭のてっぺんへ意識を向け、エネルギーを送り込む。この順番は絶対に間違ってはならない。額の中央→脳の中心→頭のてっぺんの順に意識を向けること。頭のてっぺんに意識を向けた時にちょうど、息を吐ききると良い。

5、1~4を5回繰り返す。


 覚醒IIを実践すると、頭の内側にエネルギーを感じるようになり、この感覚が数時間から数日間続くという。さらに、毎週しっかりと訓練を積めば、さまざまな超能力を開花させることができるようになるそうだ。

 メソッドの紹介は以上だ。たった2つの簡単な呼吸法を数日間トレーニングするだけで、これほどの効果を得られるとは驚きである。道具もお金もかからない手軽さも大きな魅力だろう。興味のある読者は、今週末から実践してみては如何だろうか?

(編集部)
http://tocana.jp/2017/02/post_12280_entry.html




◆ササニ星人バシャールのチャネラーとして有名なダリル・アンカはUFOと出会ったときから始まったそうです。前世で縁があったバシャールからコンタクトされていたのでしょう。

ダリル・アンカ「バシャールのチャネリングについて」



◆さて、アシュタール司令官からアセンションにむけてのメッセージが届いています。知識ばかり増やしても実践が伴わなければ宝の持ち腐れになる。今はもうインプットをやめて、得た知識をアウトプットすることが肝心だと言っています。


アシュタール あなたへ・・・


アシュタール 続、あなたへ・・


▼言うは易し、行うは難し。瞑想や呼吸法は5分も続かんからニャア・・・

半ぐれ

ベーシックインカム導入実験始まる



◆昔から「働かざる者食うべからず」という言葉がありますが、病気や障害で働きたくても働けない人々がいます。そいうひとには生活保護などの救済措置がありますが、中には世間様の世話にはなりたくないと、頑なに保護を拒否して餓死するというケースもありました。一方では生活保護受けながらそぐわない贅沢な暮らしをしている者もいて、不公平感が払拭できません。

そうした不公正、不平等をなくし、誰でも最低限度の暮らしができるよう考え出されたベーシックインカムの本格導入実験が始まったようです。




ベーシックインカムの導入実験を行う8カ国 —— 社会保障の新しい仕組みを模索

タイトリ1

ここ数年でベーシックインカム、つまり、国民が最低限の生活費として必要とされる額を定期的に受け取るという構想が世界に知れ渡った。

ケニア、オランダ、カリフォルニアなど、さまざまな地域での実験は、2017年にその結果が明らかになる。

政府や民間組織が人々にお金を給付すると、いったいどういう事態が起こるのだろうか? 人は果たして働くのだろうか? 貧困から逃れられる人がどのくらいいるのだろうか? どの程度の割合で何もしない人が出現するのだろうか?

ケニア

ケニア

2016年の10月、GiveDirectlyという、送金プログラムで知られている慈善団体が、歴史上で最大となるベーシックインカム実験(の試験版)を開始した。

2017年前半に始まり、40の村々が12年間にわたって月々おおよそ22.5ドルを受け取り続ける。これが1つ目の実験。

ある80の村々が2年間だけ月々一定額を受け取り、他の80の村々は2年間で貰える合計額を一度に一括で受け取る、さらに、100の村は何も受け取らないという比較実験も行う。

これら実験によって、これまで得られなかった最も包括的な(ベーシックインカムに関する)データが確保できるだろう。



フィンランド


フィンランド

フィンランドでの2年間にわたる実験は元日に始まった。

Kelaというフィンランドの政府系経済機関が、2000人の失業者に対して、およそ600ドル(約6万8000円)を毎月支給する。

目的は2つある。1つは、ベーシックインカムがどのような新しい社会保障の仕組みを提供できるかを評価するため。もう1つは、保証された固定給を受け取るようになった状態で、人々の生産性がどのように変化するのかを確かめるためだ。


カリフォルニア州・オークランド

カリフォルニア

シリコンバレーでもっとも躍進を遂げているスタートアップであるY Combinatorは、2016年の半ばに、オークランドに住む100の家族に月々1000ドル(約11万円)から2000ドル(約22万円)の月給を支払い始めることを発表した。

ベーシックインカムの「真の精神」に従って、家族たちは多様な社会・経済的地位から選ばれた。彼らはアメリカに留まる義務も課されない。もし、この試験導入が成功したら、次は5年間の実験が始まる予定だ。

オランダ・ユトレヒト

オランダ

2017年の前半に仮に予定されているユトレヒトでのベーシックインカム実験は2年間続く予定だ。250人のオランダ国民が政府援助の対象となり、月々およそ1100ドル(約12万4000円)を受給する。

彼らは6つのグループに分けられ、それぞれのグループに課された労働条件を満たしているかによって、支払い額を変動させる。
例えば、あるグループは、ボランティアをすれば月末に161ドル(約1万8000円)追加で支給される。他のグループはお金が前払いで支給されるが、もしボランティアをしなければ返金しなければならない。

カナダ・オンタリオ

カナダ

1970年代のマニトバで行われた、いわゆる「Mincome実験」を再現するため、オンタリオは2017年の春に向けておおよそ1900万ドル(約21.3億円)の予算を確保した。

Ontario Worksという州政府の労働局が、市民に対してオンラインでの議論の参加を呼びかけている。

この取り組みには、ベーシックインカム導入に際して支払われる金額、さまざまな条件、またベーシックインカムに対する包括的な疑問(とその回答の提示)が含まれている。

インド

インド

インド政府は、2010年にマドヤ・パラデシュ州でベーシックインカムの実験を行った。対象は6000人以上。それ以前に、18カ月に渡って2度実施された(少額の支援)実験に続く、新たなベーシックインカムの実験だった。

2016年の10月には、インドで最も著名な経済学者が「ベーシックインカムは次の経済調査(1月に国会に提出される年次の報告書)に大きな影響を与えるだろう」と発言した。

the Basic Income Earth Networkの共同設立者であるGuy Standing教授は「ベーシックインカムは世界で2番目に人口の多いインドでも瞬く間に浸透するだろう」と楽観的な態度を示す。

イタリア

イタリア

イタリアのリボルノ(Livorno)市の市長であるFilippo Nogarin氏は、その沿海都市に住む15万の市民の内100人に月々537ドル(約6万円)を支給し始めた。2017年にはさらに100人追加する予定だ。

実験の規模は小さく、支給は僅か6カ月間。Nogarin氏はこの制度の導入の意義をこう説明する。「(ベーシックインカムは)市民が国家に依存するのではなく、自立して生活することを促す制度だ」

同市の実験にならって、他のラグーザ(Ragusa)やナポリ(Naples)などのイタリアの町もベーシックインカムのテストを実施しようとしている。

ウガンダ

ウガンダ

非営利団体の Eight は、ベーシックインカムとして8.6ドル(団体名の通り、8ユーロ)をウガンダのフォート・ポータル地域にある村の50世帯に毎週支給する。

この取り組みは2年間続き、『Village One』という関連ドキュメンタリーのテーマにされる予定であると、 BIENのKate McFarland氏は報告している。

[原文: 8 basic income experiments to watch out for in 2017]
(翻訳:一柳優心)

https://www.businessinsider.jp/post-528


労働ゼロ、毎月600米ドルの「ベーシックインカム」を受け取るフィンランド人男性


ハルヒネン

2017年初頭、フィンランド政府は国民の労働習慣調査の一環として、2000人の失業者に対し今後2年間、毎月600米ドル(約6万9000円)を支給する制度を試験的に開始した。

この試験的制度を管理するのは連邦機関であるフィンランド社会保険庁事務所(Kela)。Kelaはユニバーサル・ベーシックインカムの名で知られる経済モデルの改良版としてこの制度の導入を開始したが、制度として不適切だという声も上がっていた。支給対象は失業者に限られ、厳密にはユニバーサルと言えるものではなかった。

幸運にも受給者となった2000名のうちの1人、ユーハ・ハルビネン(Juha Jarvinen)氏は反対論者ではなかった。

「私は試験対象になるのが夢で、そして今こうしてここにいる」。37歳の起業家であり6人の子の父親でもある彼はFacebookのプロフィール欄にこう記した。「まったく信じられないよ」

ハルビネン氏は、自身が受給対象者であるという知らせを受けるまでの5年間、失業状態だったと記している。彼は2010年に事業を始めたが、起業から2年で経営に行き詰まった。何時間も自宅で新たなベンチャー事業を思索していたが、結局、看護師である妻の給料と、児童手当と失業手当で生活するようになっていた。

「事業から撤退した時は6カ月間、無一文だった」「6人の子供を持つ父親としては辛かった」と彼は記した。

フィンランドは今回の試験導入で、ハルビネン氏のような人が仕事に再挑戦するのか、それとも現金収入があることで甘んじてしまうのか、を見極めようとしている。今月初め、Kelaの法益部門のトップであるマルユッカ・ツルネン(Marjukka Turunen)氏はBusiness Insiderに対し、結果がどちらに転んでもおかしくない、と語った。


発展途上国のいくつかの予備データを除いて、データはあまり明確なものではない。

「家でゴロゴロする人もいれば、働きに出る人もいるかもしれない」とツルネン氏は言った。

「我々にはまだわからない」
少なくともハルビネン氏は、この給付金を使って起業家として再挑戦するつもりだという。

「将来自分は何をしているのか? 2年後は? 私はできるだけ早く新たなビジネスを始める。今なら自由にそれができる」「市民権を取り戻したと実感している」と彼は記した。

ベーシックインカム受給者の多くが、この「自由を取り戻した」という感情に同調している。 オランダ在住のフリー・コピーライター、フランス・ケルバー(Frans Kerver)氏は2014年7月から2016年までの2年間、ベーシックインカムを受給していた。追加金として1100米ドル(約12万円)を得た彼は、2016年3月にBusiness Insiderに対し、1週間の労働時間が数時間減り、そのかわり家族と過ごす時間が増えたと話している。

またケニアの現金給付プログラム「ギブ・ダイレクトリ(GiveDirectly)」の対象メンバーは、生活の質が向上したと繰り返している。数百ドルの余分なお金があることで人々は屋根を再建したり、農地を広げたり、また子どもを学校に通わせることができる。

ハルビネン氏と1999人の受給者は2019年までの収入によって同様の飛躍を遂げられそうだ。
「数週間後、数カ月後に私は自分の事業を始める」と彼は書き記した。

「5年後には幸せいっぱいになる。それはベーシックインカムのおかげだ」

[原文:This Finnish guy gets a $600 per month 'basic income' for doing absolutely nothing]


(翻訳:Conyac)

https://www.businessinsider.jp/post-426





◆ベーシックインカムは生活保護と違って、働いて別に収入があっても支給が打ち切られる心配がないので生活にゆとりがでます。そうすると消費に回すことができるようになり、経済が活性化するのではないでしょうか。また生きる上で様々な選択肢がうまれ、起業家も増えるのではないかと思います。

ベーシックインカム

◆ベーシックインカムは日本でも検討されているようですが、支給額は国民年金の最高額6万円程度でしょう。これでは憲法で保障されている、「最低限度の文化的生活」は営めません。やはり働いて別収入が必要になります。


◆それにしても「働かざる者食うべからず」という言葉にはなんとなく嫌な感じがありますね。もとはと云えば新約聖書の『テサロニケの信徒への手紙二』3章にけじめのない生活を送る人々への聖パウロの叱責と忠告です。

10節には「わたしたちがあなたがたの所にいたとき、働きたくないものは食べてはならないとはっきり言っておいたはずです。
それなのにあなた方のなかにはけじめのない生活を送り、仕事はせず余計なおせっかいばかりしている者がいると聞いています。主イエスズス・キリストに結ばれている者として、そういう人たちに命じ、勧めます。黙々と働いて、自分で稼いだパンを食べなさい。とあります。

If any would not work, neither should he eat. 

「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」という言葉が「働かざる者食うべからず」という表現になったのはソ連の初代指導者ウラジミール・レーニンが共産党機関紙プラウダに書いた論文で、資産家らが不労所得で荒稼ぎする階級層を戒めるためのものだったようです。

◆聖書の「働きたくない者」(怠惰な者」)とレーニンの「働かざる者」(地主、資産家、富裕層)はどちらも同じ意味でつかわれています。「働きたくても働けないため、人の世話になっている」といった、止むを得ない生活をしている人のことではなく、働くことを拒否している者のことです。

◆それが日本では、本来の意味から離れ、経営側にとって絶好の口実に変わり、「失業者は食うな」「営業成績の悪い営業マンは給料不払い」「サービス残業100時間」「遅刻欠勤は給料天引き」などと云うブラック企業が続出するようになり自殺者まで出るようになっています。働けるのに働かないのか、本当に病気や障害で働けないのか、現実的に失業者全員を選別するのは不可能なので、ベーシックインカムの実験が始まったことは歓迎すべきことです。

▼NESARAはどうなっているのかニャ?

ドル猫


大雪の紀元節



◆今日2月11日は建国記念の日。昔は紀元節(きげんせつ)と呼ばれていました。

B9fjTTNCMAEfuCw.jpg

古事記や日本書紀で日本の初代の天皇とされる神武天皇の即位日であるということで定められた祝日です。紀元節は1873年(明治6年)に定められましたが、太平洋戦争で敗戦し1948年(昭和23年)に占領軍 (GHQ)の命令で廃止されました。GHQは日本の成立が2600年も古く、歴史と由緒ある国であることを認めたくなかったのです。なぜなら米国の建国は1776年であり、200年にも満たない歴史しかないからです。

◆日本書紀によれば紀元前660年1月1日に神武天皇が即位したとありますが、明治に入り旧暦の1月1グレゴリオ暦に換算したものだそうです。紀元節廃止の後も復活の動きが高まり、1966年(昭和41年)に、2月11日を「建国記念の日」として国民の祝日として翌年から適用されました。

◆古事記によると神武天皇は137歳、日本書紀では127歳まで生存されていたとありますが、現代の歴史学や考古学では確証がないことや、神武天皇が実在した人物どうかも分からないとして、史実であるとは考えられていないそうです。神が実在するという証拠はない、だから神などいないというのが学者なんですな。

◆紀元2677年2月11日。今日は日本列島各地で大雪に見舞われ、交通麻痺が起きているようですが、死亡時事故や怪我人も多発しているようです。不要不急の外出を控え他方かいいかもしれません。

雪


◆お暇なら懐メロでもいかがでしょう。雪をテーマにした歌をいくつか選んでみました。。雪の歌はメランコリックなものが多いようですが、なんとなく落ち着きますね。


雪が降る  尾崎紀世彦 (アダモ作曲)  


岩崎 宏美 ~ 雪の降る街を


◆北島三郎の歌に「風説流れ旅」という歌があります。これは瞽女(ごぜ)がテーマになっていることで余計に骨に染入るような恐ろしい冷気を感じます。
瞽女とは、「盲御前(めくらごぜん)」という敬称に由来する盲目ぼ女旅芸人で、新潟を中心に北陸地方などを転々として三味線や胡弓を弾き唄い、門付巡業を主として金銭を恵んでもらう生業でした。時にやむなく売春をおこなうこともあったそうです。 昔は生活保護や福祉制度がなく、悲しすぎる人生を送っていた人たちがいたんですね。

ごぜ

北島三郎 風雪ながれ旅



◆人生いろいろといいますが、世の中には骨まで冷え切った薄幸の瞽女さんたちがいるかと思えば、ペチカのそばお喋りできる幸せな人たちもいるんですね。


ペチカ (童謡・唱歌)倍賞千恵子


◆最近は山ガールという元気な女性が増加しているそうですが、昔は誰も聞きもしないのに「山があるから登るんだ」という無暗にポジティブな山男ちが青春を謳歌していましたね。

雪山讃歌 ダーク・ダックス




◆子供のころは朝目が覚めて雪が積もっていると無性に嬉しくなって、ふんわり積もった雪を長靴で踏み散らすのが快感でした。雪やこんこの歌詞にある犬と同じですね。素直な情景描写が幼いころの楽しいひと時を思い出させてくれます。

♪ 雪 (ゆきやこんこ…)



▼雪で喜ぶ犬の気持ちが解らんニャア~

炬燵猫



濡れ衣を着せられたままでいいのか!



◆南京大虐殺の嘘、慰安婦の嘘が世界のリベラル派にとって真実になっているにもかかわらず、日本政府と害霧消が弁明も反論もしないのはなぜか。それはGHQによる東京裁判のインチキ判決を日本が文句も言わず大人しく受け入れ、ポツダム宣言の受諾が外交文書に固定されたからです 。韓国人じゃないんだから10億円をふんだくっておいて、慰安婦増撤去の合意を破棄するなどという狡猾なことなど到底できないのが日本人。負け戦を素直に認め、また言い訳などしない、合意や約束は必ず守るという実直さと、武士に二言はないという潔白な気質も要因の一つになっているのではないでしょうか。

調印式

◆中国が主張する南京30万人大虐殺の嘘について小名木善行氏が解説しています。

南京事件は4度あった」 小名木善行


新聞


◆チャンネル桜は、旧日本軍兵士の証言を集めたドキュメンタリーです。一見は百聞に如かず、大虐殺の嘘が全て暴露されています。


【間接侵略撃破】今、暴かれる「南京大虐殺」の歴史捏造!~証言と証拠映像[桜H27/11/26]




◆中韓の反日宣伝活動を裏で操っているのは、米国のシオニストではないかと思われる節があります。
連合軍というより、マッカーサーのGHQがでっち上げた東京裁判の嘘を中国が利用して宣伝戦に利用し、自分たちのやった残虐行為を日本軍のせいにして責任回避をするという発想は偽ユダヤから学んだものではないでしょうか。
さらに言えばシオニストF・ルーズベルトが日本を太平洋戦争に引きずり込むために真珠湾におびき寄せ攻撃させ、モラトリアムだった国民の怒りを爆発させ、戦争やむなしの世論形成を図るための謀略だったのはいまでは常識です。

◆資源も金もない日本が無謀な戦争に突入したのは、満州に新天地を求めて官民挙げて開拓団を入植させたからですが、英米は満州を横取りするために、ABCD包囲網を張り経済と海上封鎖で日本の生命線を断たれたからです。鉄も石油も鉱物資源、そして食料まで封鎖されにっちもさっちもいかなくなったからです。

◆それで日本は連合5か国を相手に戦わなければならない羽目になってしまいました。しかし「軍の強硬派は座して死を待つより打って出るべし」という声が高まり、世論もそれに同調して行ったので軍事政府は引くに引けなくなったのです。太平洋艦隊司令長官山本五十六は、かつて駐米日本大使館で駐在武官として勤務していましたので、米国の経済力、工業力の凄さが分かっていたので、戦が始まれば日本が負けるのは最初から分かっていました。

◆はじめのうちは破竹の勢いで勝ち進んでいましたが後半になって日本軍は敗退に敗退を重ね太平洋の島々で玉砕が頻発します。米軍は非道にも東京をはじめ日本各地の大都に無差別絨毯爆撃を加えたうえ、原発を2発も落とし無辜の市民を大量虐殺したのです。非戦闘員である一般市民の無差別攻撃を加えるのは国際条項違反であり、戦争犯罪です。


◆しかし米国はその犯罪行為を糊塗して、戦争責任と犯罪性を日本人にかぶせる積もりで東京裁判に臨んだのです。日本焦土作戦は戦争を早く終わらせるためだった。原爆を落とさなければ米兵200万人が犠牲になっていた。卑怯にも真珠湾を不意打ちして、アメリカ人2000人以上を殺したのは日本軍である。この卑劣な戦争を指揮したのは東条英機をはじめとするA級戦犯たちであるとして、軍人ではなく文官であった広田 弘毅総理までA級戦犯として断罪し死刑に処しています。

◆このA級戦犯と云うレッテル張りで、日本の戦争遂行責任者に極悪非道のイメージをつくりあげたのもGHQです。靖国神社を戦争神社と呼び、まるで悪魔の社であるかのように喧伝しているのが、米国のハザール・シオニストなのです。日本の総理大臣や閣僚がA級戦犯を合祀する靖国神社に参拝することを非難したり、激しい反日運動を展開するように中韓をそそのかしているのは、米国のハザールマフィアであるのは間違いないでしょう。

◆日本は反撃をするときです。このまま、何事も穏便にと云う政府や害霧消の弱腰と事なかれ主義が蔓延していけばどんどん日本人の立場は苦しくなるばかりです。南京大虐殺も、従軍慰安婦も無かったと云う証拠は山ほどあります。
政府も害務省も何故中韓に殴られっぱなしでいるのでしょうか。良識のある国なら別ですが、特亜に紳士的な態度で接するのは禁物です。日本は殴っても殴りかえしてこない。日本は弱い、弱いと踏んだらどこまでも増長して、不快な挑発をエスカレートさせてきます。

福沢

◆言うべきことは云い、反論するべき時には反論すべきです。そのためにオランダ・ハーグの仲裁裁判所があるのです。仲裁裁判所は中韓が出廷を拒んでも手続き可能で、フィリピンのドゥテルテ大統領が中国を提訴した結果、南シナ海のほぼ全域がフィリピンの管轄下にあるとして、中国の主張を法的に切り崩す戦術をとっています。 これ以上中国が南シナ海全域で島々を埋め立て無法な軍事要塞化をするなら、国際的非難を浴びて勝手なことができなくなるでしょう。

▼濡れ衣を着せられたままで、気持ちが好いわけがニャイ!!

濡れ猫

易姓革命の兆し



◆ドナルド・トランプ大統領誕生で、夜郎自大な習近平が鳴りを潜めてしまいましたなwww。自分の力を知らず世界に中国の夢を語り、陸と海のシルクロードを創る一帯一路構想をぶち上げ、国際ルールを無視して南沙諸島の軍事要塞化を進めるなどやりたい放題でしたが、大人しいオバマに替わってエキセントリックなトランプが中国を名指しで非難し始めたので、恐怖が湧いてきたのでしょう。ポンコツ空母「遼寧」では米国の太平洋艦隊に刃向かうのは無理だと分かっているからです。

習トランプ

◆大なり小なり中国人というのは、夜郎自大で魯迅の小説の主人公「阿Q」のように自分の力量を知らない人間が、仲間の中で大きな顔をしていい気になってのさばりかえるので、返り討ちに遭ってボロボロにされるというのが特徴のようですね。

◆それは習近平に限らず、下々の中国人も同じです。多少経済的に豊かになったからと云って世界中で爆買いをして、マナーやルールを無視して傍若無人な振る舞いをするものだから、もう来ないでくれといわれていますよwww




            中国人旅行客

雪をポストに入れる…北海道で中国人の迷惑行為 「モラル低下」の背景は?

雪景色

2017/02/07 12:42

旧正月の休暇期間、中国人旅行客にとって人気の高いのは日本の北海道だ。しかし、彼らのルールを守らない行動に、地元住民たちは迷惑している。悪評は本土へも伝わり、恥ずかしいとの声があがっている。「マナーの悪い人物は(渡航禁止の)ブラックリストにいれるべきだ」などの強硬意見も飛び交う。このルールを守らず、地域の配慮ができない横暴な今日の中国人の態度は、中国共産党による伝統的価値観の崩壊に起因する。

 2月3日に日本テレビの情報番組「スッキリ!」が伝えたところによると、中国の人気ドラマ「恋愛中的城市」のロケ地となった北海道・JR函館本線の無人駅・朝里駅では、毎日多くの中国人旅行客が来訪する。

番組では「地元住民は大迷惑」と、非常識な中国人旅行客の行動を報じた。例えば、同線は線路への不法侵入で、2017年に入り、すでに6回、緊急停止した。駅員らが立ち退くようにとの忠告もなかなか聞き入れないという。また、旅行客の子供が現地のポストに雪を押し込みいたずらするのを、親たちは注意せず、その様子を記念写真に収めるほどだ。

なぜ中国人には軽蔑されるほど道徳観がないのか

 なぜ、中国人には軽蔑されるほど道徳観がないのだろうか。そこには、中国社会全体にしみ込んだ、共産党の改革による伝統価値の崩壊にあると考えられている。

 大紀元の時事評論員・章天亮氏は、「中国共産党政権は、無神論社会だ。国が法律を制定する時、(神との誓約に)根付いた誠実さがない。中国は人の力で統治され、ルールは瞬く間に破壊される。だから、中国人はルールを守ることは、損をしていると感じている」とルールを無視する中国人について解説する。

 中国では、法律や憲法さえ、ほとんど意味をなさない。司法よりも共産党の党規が優先され、これらはしばしば変更される。

法律は、権力のない社会的弱者など下層部の人間の訴えとして認知されているだけで、各地域ごとの共産党幹部が不法な「法律」で統治する例は少なくない。「違憲」であることさえ、訴えても裁判所は公正な判断を下さない。

迷文「カネ持ち爺さん」カネがあれば何でも作れる

ネットではこのような「迷」文が転載されている。「私はカネ持ち爺さんだ。カネをあげるから、お前は私に服従しなければならないぞ、カネさえあれば、何でも作り出せるのだ」。このカネ持ち爺さんは、ただの資本家ではなく、権力の下で不正な財を築き続けて横暴な統治をおこなう共産党の腐敗官僚を指すと考えられる。

 共産党による「階級闘争」「文化の革命」「反保守」により、5千年以上の歴史を誇った中国伝統の礼儀や道徳、信条などは「封建思想だ」として、政権の指導で捨て去られた。伝統的価値観から「開放」させ、他より抜きんでて富を得ることこそ「勝利」であり、社会的に他人との競争を煽動する傾向にあった。

 元国家主席・江沢民政権時代、国の道徳滑落はさらに深刻化した。江沢民の政治理念「声をたてずに財を得る(悶聲不響發大財)」で経済の不透明化・不正蓄財を容認し、そこで生まれた腐敗官僚は、不正取引情報を江沢民側が握ることで、腐敗を黙認する代わりに自身に従わせる「貪腐治国」を行った。

 国の統領は、高い道徳性でもって国を治めるべきだが、中国共産党政権により、トップダウンで腐敗が蔓延していった。

 自由と良識を取り戻すために、中国人もまた共産党の抑圧に反発していた。象徴的なのは1989年の六四天安門事件だが、共産党は戦車や銃など武力を投じて、丸腰の市民を鎮圧した。「結局、中国で生き残るにはカネを手にすることでしかないのか」。絶望する中国人が希望を見いだすには、目に見える「カネ」「権力」の力は分かりやすい。専制政治による抑圧のなかでは、選択肢も限られている。逃亡か、不正に加担するか―。

 米国の政治評論家・曹長青氏は、「どうしたら中国社会は変化させられるか。(共産党の独裁)制度、文化、人、3つの方面からの悪循環を断ち切らなければならない。中国伝統文化を復興させて、少しずつでも内面からの善良さを回復できれば、文化は変わる。それが中国人に期待されることだろう」。

(翻訳編集・佐渡 道世)

http://www.epochtimes.jp/2017/02/26748.html




◆まあ、金があるうちに世界を回って、自分達がいかに「井の中の蛙」であり「世界の孤児」であったかを思い知らされるのも好いでしょう。しかし反省しても時すでに遅し。もうすぐ中国人の9割が失業する時代がくるわけですから共産党一党独裁も終わらざるを得なくなります。




中国工場、労働力9割をロボットに入れ替え 250%の生産増

ロボット

2017/02/05 22:03

中国の東莞市のある工場は、650人の全従業員のうち590人分の労働力をロボットで置き換えた。結果は驚異的で、生産能力は250%増加したという。

 残った60人の従業員は、生産作業に直接かかわっておらず、ロボットやマシンが正常に稼働していることを確認する仕事をしている。Monetary Watchが1月20日に伝えた。

 携帯部品をつくるメーカー「長盈精密」は、ロボットアームを導入して生産ラインをほぼオートメーション化した。自律走行トラックを使い、輸送さえ自動化したという。

 現在、工場では60人の従業員が監視カメラで全ロボットの稼働状態を確認しているが、工場長によると、将来的には20人に減る見込みだという。

 ロボットの導入以降、部品の生産数は毎月8000個から2万1000個になり、250%増加した。欠陥の数は、25%から5%に減少した。

 ロボット導入を進める工場は、ますます増加するとみられている。中国政府は2015年、向こう10年における製造業の道筋を示す計画案「中国製造2025(Made in China2025)」を発表。製造業に、高度なデジタル制御の工作機械とロボットの導入、次世代情報技術を適応し、イノベーション能力や効率を高めるというものだ。

 それによると、中国は2025年までに、世界の製造国の中堅水準にならぶ「製造強国」になることを掲げている。

 この政府の計画が、中国全土の工場労働者にとって何を意味するのか、まだはっきりしていない。しかし、公正な労働条件と賃金を要求する労働者にとって、肯定的に受け止められないだろう。 雇用減少につながるロボット導入は、いくつかの異なる製造分野でストライキを扇動しているとも考えられている。

 高い品質の製品は、購入する人にとっては魅力的だが、 人は仕事を必要とし、人道的な環境で働ける機会を設けられるべきだ。

(翻訳編集・佐渡 道世)

http://www.epochtimes.jp/2017/02/26741.html




◆9割の人員を整理すれば必ず内戦状態になりますなwww中国人というのは程というものを知らないんですかね。
虎も蠅もすべて叩くという習近平の虎退治もいよいよ終盤を迎えているようですが、その体制も盤石ではありません。宿敵江沢民を逮捕するまでは、その徒党が習近平を闇討ちにしようと狙っています。中国共産党は7人の常任委員が中心になって全体を指導していますが、この7人の間で対立が激しくなっているようです。




習・江対立を内外にアピールか 党の祝賀会で不自然な「すき間」


2017/02/07 17:53

 今年の旧正月直前の1月26日、恒例行事となっている指導層が参加する新年祝賀会が、北京の人民大会堂で催された。専門家らは、国営テレビの報じた祝賀会の映像にある、習陣営の常委4人と江派の常委3人の席の間に設けられた不自然な「すき間」に注目し、「習・江対立の内外アピールではないかと推測されている。

国営放送、中央テレビは、祝賀会に臨む常委7人の様子を映し出した。習近平国家主席の左側には順に、習陣営の李克強国務院総理、常委の兪正声、王岐山が座り、習主席の右側には江派の張徳江、劉雲山、張高麗が座っていた

隙間

不自然にも、習主席と張徳江の席の間に通路が設けられ、あたかも「分水嶺」のように両陣営を二つに隔てていたことだった。常委のテーブルが2つに分断されたことは、いまだかつてない。
 北京のある政界人物は、会場の敷設スタッフが独断でこうした配置をすることはありえず、上層部の意向が働いたことは間違いないと分析している。

 張徳江、劉雲山、張高麗の常委3人は江沢民派の主要メンバーで、法輪功弾圧政策を積極的に追従したことより、破格の出世を果たしたことで知られている。

 2012年の18大以来、張徳江は人民代表大会の系統や江派の香港勢力を操り、劉雲山は宣伝部門を掌握し、張高麗は一部の経済政策の決定権及び天津閥を利用しながら、3人で結託して習陣営中央と対抗してきた。

 だがこの半年間で、江派常委3人の権力は削がれ続け、側近らも次々と失脚していった。彼らは今非常に危うい立場に立たされていると見られている。

(翻訳編集・島津彰浩)

http://www.epochtimes.jp/2017/02/26750.html




◆孫文が辛亥革命を起こし清朝を倒し中華民国を樹立した辛亥革命は、1911年10月10日夜に発生から、1912年2月12日の宣統帝退位までの期間を指します。革命の原因は、清朝支配体制に対する民衆の不満が爆発したことによります。

それは1899~1900年に義和団事件端を発しています。当時の清国は日・英・米・露・独・仏・伊・墺などの列強に進駐され、国土の割譲を迫られ為す術もない清朝に対し、民衆が排外運動を起こしたのが義和団事件でした。

giwadann.jpg

giwadan.jpg

列強

◆義和団は北京の列強の公使館を包囲攻撃をしたことで、列強に武力鎮圧されたのです。そのために清朝は列強に莫大な賠償金を要求され、国庫が空に近くなったと言われています。これを機に清国内のさまざまな社会矛盾は極度に激げしくなり、革命を起こそうとする徒党が各地で頻繁に武装蜂起、馬賊のような軍閥が勢力争いを始めるようになります。

◆歴史は繰り返すと言われていますと言われていますが、今の中国はおよそ100年前の状況に酷似してきたように思えます。共産党一党独裁の政治体制は経済繁栄から取り残された民衆の怒りや不満が渦を巻いています。そのうえ無数の腐敗官僚らが莫大な国富を盗んで国外逃亡をしているというような現実を民衆が知るに至っては、共産党に対する信頼は地に落ちたと云っても好いでしょう。

◆そのうえ経済は下降線を辿り、外貨準備も大幅に減少、外国資本はどんどん中国から逃げ出している。AIIBも掛け声倒れです。これでは江沢民一派を淘汰しても習近平の中華帝国の夢は水泡に帰すでしょう。

◆今からちょうど100年前の1917年には、シオニスト・イルミナティから送り込まれたマルクス、レーニン、トロッツキーらの煽動で、ロシアで血の革命が起き、世界最大の資産家といわれたロマノフ王朝が滅亡しています。
最後の皇帝ニコライ2世は、1917年の2月革命後に退位に追い込まれ、家族とともに、首都サンクトペテルブルク近郊のツァールスコエ・セローのお気に入りの離宮、アレクサンドロフスキー宮殿に軟禁されていましたが、翌年の1918年7月17日未明にエカテリンブルクのイパチェフ館において一家ともども虐殺されてしまいました。

9kkk.jpg

◆莫大なロマノフ家の財宝が今英国と米国で続々とオークションに出されているということです。ロマノフ家の財宝は誰が盗んだか言うまでもありませんね。闇の支配層が美術品を売り始めたということは、もう本当にお金に困窮しているのでしょう。2017年闇の支配層は再び100年前と同じことを始めようとしているのでしょうか。

2014y03m22d_184836205.jpg

4c6364440eb95.jpeg

◆アルシオン・プレアデスのドキュメンタリーも、1917年と2017年は似てきた第一次世界大戦同様、第三次世界大戦が始まるのではないかという危機感を持っています。しかし我々が目覚めて闇に従わなければそれを回避することができるとし、次のようなキャプションを付けています。

この機会に、現代史の方向性を変え、その悲惨な結果を今日まで私達が耐えなければならなくなった、一連の策略や共謀、陰謀に関する一定の事実を示すよう試みたい。

それゆえ情報に精通していることは極めて重要であり、私達に語られてきた、あるいは彼らの権力の乱用を覆い隠す目的で抜かりなく脚色されたものではなく、真の歴史を知ることでのみ、これが可能となる。というのも、この2017年には多くのことが準備されているからだ。もしかしてこの2017年は、人類の運命を決定づけるのだろうか?

かなり複雑な1年が私達を待ち受けていることは、新たなアメリカ大統領が形成した内閣を見れば、なおさら明らかだ。もしかして彼は、同じ超保守派の人種差別的方針を続けるために、エリート政治によって選ばれたのか?それとも、何らかの形でBrexit、イギリスの欧州連合からの脱退とつながっているのか?

もしかして私達を待ち受けるのは、ナチス主義-ファシズム式の全体主義の政府となり、何百万人もが路頭に迷った大不況のあった20年代に為されたような、世界経済の破綻も模索するのか?

私達の見解では、ひどく強烈な何かが近づいており、さらには今年が2017年であることや帝政ロシア崩壊後100年に一致すること利用するだろう。あるいは、帝国が戦争を課し、多くの物事を自らに有利に仕向けて、主権国家に対し干渉するという任務に専念した、19世紀に起こったように。実のところ、その当時から大英帝国のエリートがその連合国と共に支配し、第1次世界大戦を熱心に準備していたのだ。



2017/02/07 に公開

アルシオン・プレヤデス52:トランプとシオニスト、世界大戦の原因、ロシアのツァーリの滅亡、メキシコ革命


▼2017年はトランプとプーチンの動き次第ということだニャア?

親父

Rhマイナスの人はUFOアブダクションに遭いやすい?



◆学生時代に、日本人には珍しい血液型がRhマイナス型の友人がいましたが、彼は喜怒哀楽が少なく茫洋としていて、いつも何を考えているのかわからない男でした。容貌も性格もどこか日本人離れして居ましたがいつの間にか姿を消して行方が分からなくなっていました。他の友人たちも消息を知っているものはいませんでした。そして今日この記事に出逢って、ふと思ったことは、あいつUFOに拉致されたのではないかということでした。




Rhマイナスの人は“突然消える”!? 次々と「奇妙な事態」に遭う彼らの血液とDNAの謎!

エイリアンに誘拐されているという驚愕の情報が飛び込んできた! 彼らが人類を誘拐し続ける理由は、我々の血液の中に隠されていた。

■Rhマイナスはエイリアンが創造した

rh-blood.png

画像は「gaia」より引用

 血液型といえばABO式血液型が主流であるが、これは赤血球の表面にある抗原(免疫反応を引き起こす物質)によって区別をしているものである。それに対しRh式血液型は、赤血球膜の抗原によって分類するものだ。

 この「Rh」というのは、アカゲザルの(Rhesus)に由来する。アカゲザルが持っている抗原と、同じものを人間が持っていることがわかったため、そこから取られたのだ。Rh抗原にはいろいろな種類があるのだが、その中でも免疫原性が強いD抗原の有無によって、プラスかマイナスかを区別している。

 日本ではRhマイナスの血液型の人は少なく、0.5%ほどしかいない。しかし白人の15%はRhマイナスの血液型であるという。そしてこのRhマイナスの血は、ホモサピエンスとは違った起源を持つものでないかというのだ。つまり、現世人類とは別の種族であるということだ。


 その有力候補として急浮上したのが、地球外生命体の存在だ。UFO情報ニュースサイト「Ancient Code」によると、近年の“科学的”研究により、太古に地球外生命体が地球を訪れ、人類の遺伝子を操作し、奴隷化するためにRhマイナスの血液型を生み出したという。

 一部のUFO研究家の間では、シュメール神話に登場するアヌンナキが人類と文明を地球にもたらしたとされているが、その時に行われたのがDNA操作だったという。シュメール文明の伝承においても、アヌンナキは人類を創造するために、彼らの精子を原人の卵子に受精させ、試験管型の筒の中で受精卵を培養したのち母体となる女性のアヌンナキの子宮へ着床させたといわれている。そして、DNA操作の名残こそがRhマイナスの血液型だというのだ。

■連れ去られ続けるRhマイナスの人間


そのことを証明するかのように、UFO研究サイト「gaia」(2015年1月5日付)によると、Rhマイナスの血液型を持つ人には高血圧や瞳の色などの身体的特徴に加えて、アブダクション(宇宙人による誘拐)や超自然的現象の経験を持つ人の割合が高いという。
 先述した通り、シュメール神話では人類は最初から地球外生命体とのハイブリッドであり、その影響を強く残しているのがRhマイナスの血液型を持つ人々である。宇宙人らが、そういったハイブリッド人類を積極的に誘拐する目的は不明であるが、研究家の中には両者の間には無視できない関係性があると固く信じる者もいるようだ。

 しばしば、Rhマイナスを持つ人々は常人よりも優れた能力を備えている場合があるといわれ、たとえば、エジソンと同時代の天才発明家ニコラ・テスラの血液型もO型RHマイナスだったそうだ。


ニコラテスラ

彼が発明に着手していたと噂される重力エンジンやデス・レイなども地球外からインスピレーションを得た技術だったのかもしれない。果たして、彼らの天才的な才能が宇宙由来であるか否かについては議論の余地があるが、宇宙人が古代から人類に干渉していたとする「古代宇宙飛行士説」の観点からすれば一考に値する仮説といえるだろう。

(編集部)
http://tocana.jp/2017/02/post_12254_entry.html





◆二コラテスラには終始ETの影が付きまとっています。彼自体が地球人になりすましのエイリアンだったのではないかという人もいます。さて中国人にもRhマイナス型がいるようですね。アブダクションの衝撃映像があります。




【衝撃動画】UFOアブダクションの決定的瞬間が激撮される! 絶叫とともに回転しながら吸い込まれる男=中国

 世界各地で無数に目撃されている未確認飛行物体(UFO)。UFOらしき物体が写り込んだ画像や映像はトカナでも逐一報告しているので、真偽はともかく、その目撃数がいかに多いかはおわかりいただけるだろう。これらのあまりにも多いUFOの目撃例は、観測方法や対象との距離などの条件によってさらに細かく分類される。

■実は頻繁に起きている!? 第四種接近遭遇とは……

アブダクション

 観測されたパターンによる分類法を考案したのは、アメリカ空軍のUFO調査機関「プロジェクト・ブルーブック」で顧問天文学者を務めた物理学・天文学博士、ジョセフ・アレン・ハイネック。博士の分類において、接近遭遇とは150m以内の近距離からの目撃である第一種接近遭遇(CE1)から始まり、さらに全4種に分けられる。

 最もUFOに接近した観測パターン、第四種接近遭遇(CE4)とは宇宙人によって誘拐されるアブダクション事例を指し示す。このアブダクション、体験者の記憶が一部欠落するなど不明瞭な部分はあるものの、本人はUFOに誘拐されたことをハッキリと記憶しており、さらに宇宙人に研究・調査された跡と考えられる、

異常な痕跡が身体に残されているという特徴がある。アメリカで実施された「Unusual Personal Experience」という世論調査では人口の2%、つまり、アメリカ国内だけで370万人もの市民がアブダクションされた経験を持つと見積もられたのだが、このような事例は何もアメリカだけにとどまらないようだ。

 2010年、中国陝西省南部にある安康市でUFOによるアブダクション事件が発生した。人間が連れ去られる、まさにその瞬間が、被害男性のスマートフォンによって激撮されていたというのだ! 何はともあれ、まずは問題の映像をご覧いただこう。


MAKES A SELFIE OF HIS ABDUCTION BY UFO



■事件当日、強烈なビームが目撃されていた!?

 動画には、絶叫とともに回転しながら上空に吸い込まれてしまう男性の姿がはっきりと収められているではないか!? 真っ白い空の中に、小さく黒い点が確認できるが、これが男性を誘拐したUFOなのだろうか。そして、この映像は本当にアブダクションの決定的瞬間を捉えたものなのか!?

Abduction_in_China1202.jpg
画像は「YouTube」より引用

 動画の解説によると、事件が起きたのは2010年10月13日の午後4時ごろ。誘拐された男性は、安康市で働いていた石工職人だそうだ。そして、この映像を撮影したスマートフォンは、彼の作業着の中に入っていたために誘拐を免れたのだという。画面の激しい揺れは、UFOによって引き起こされた激しい乱気流の影響によるものと考えられている。作業着のポケットに入っていたということだろうが、ポケット内のスマートフォンが、激しい風が吹き荒れる中、これほどまで外の様子を撮り続けることができるのか、当時の状況には不明点も多い。
アブダクション2
画像は「YouTube」より引用

 さて、動画の解説には興味深いことも書かれている。なんでもこの日、秦嶺山脈にほど近いこの村の住民は、上空に何時間にもわたって強烈なビームのような光がとどまり続ける様子を目撃していた、つまり石工職人が働く山の上空には、どうやらUFOがいたようなのだ。だとしたら、アブダクションを捉えたとするこの映像の信憑性はさらに高まるかもしれないが、住民の証言がどれほど信頼できるものなのか判然とせず、なんとも言い難いところだ。

 そもそもこの動画には分からない部分が多く、拐われた男性が無事に戻ってきたのかも明らかにされてはいない。この映像をどう判断するかは、ご覧になった各々に委ねられるだろう。ちなみにこの動画を紹介している海外サイトには「スカイダイビングをしているでは?」などのコメントも寄せられている。動画内の男性は落下しているのか、それとも浮き上がっているのか!? 真相は闇の中だが、前述したようにアメリカのみならず世界人口の2%という割合でアブダクションが発生しているならば、どこで起きても不思議ではないだろう。

(坂井学)

http://tocana.jp/2016/12/post_11751_entry_2.html





◆アブダクションをされても記憶が消されているので、大抵の人は自分がアブダクションに遭ったことを覚えていないと言われていますが、中には何かのはずみで思い出すことがあるようです。




グーグルアースが「アブダクションの決定的瞬間」を激写! 誘拐された本人が事件を回想

firumu.jpg

アブダクション体験者は、UFOの中でエイリアンに医学的な手術を受けたり、体内に発信機を埋め込まれた、などと証言している。

中には、性行為の対象になったという報告まであるのだが、このようにアブダクション体験は、物的証拠を伴わず体験者の証言のみが報告される場合が多い。催眠療法によって記憶が蘇り、アブダクションの詳細が判明するケースもあり、そのような場合はエイリアンによって記憶の一部が消されているのではないかと推測される。

一部の研究者は、「アブダクションなど存在せず、体外離脱などの臨死体験を、エイリアンによる誘拐・拉致と捉えているのではないか」と考えている程、アブダクションは物的証拠に乏しく、おぼろげな輪郭しか描くことができない現状だ。

 そんなアブダクションに関して、驚きの報告が飛び込んできた。なんと、アブダクションの瞬間がグーグル・アースにばっちり写っているというのだ! さらに不思議なことに、その画像を発見したのは、誘拐された本人だという……。

 やはり臨死体験などではなく、エイリアンによる誘拐は確かに行われているのだろうか!? 1月27日付の英紙「EXPRESS」が、この摩訶不思議な事件を伝えている。

■エイリアンにさらわれているのは自分!?

 イングランド南西部のデヴォン州トーキーに暮らすジョン・ムーナー氏は、UFO画像を多数掲載しているウェブサイト「www.WORLD UFO PHOTOS.ORG」に多くの画像を提供している人物だ。かなりのコンタクティと見え、昨年9月には3カ月間に8体のUFOを目撃した人物として、英紙「Herald Express」にも取り上げられている。
 そんなムーナー氏が、グーグル・アースで昨年UFOを目撃したエリアを調べていたところ、異常な光景を発見し、言葉を失ってしまったという。

「よく見ると、その衛星画像にはアブダクションが行われている瞬間が映されていました。さらに衝撃的なことに、グレイタイプのエイリアンに誘拐されているのは、私だったのです。画像には、私が必死に抵抗する様子が映り込んでいます」(ジョン・ムーナー氏)

光1
画像は「Herald Express」より引用

光2

画像は「Herald Express」より引用

グレイと戦う

画像は「Herald Express」より引用

 画像には、白く発光する物体が、大・中・小と3体確認できる。機体には透明な翼のようなものが付いているようだ。住宅地の上空を飛んでいるようで、確かに奇妙な画像なのだが、アブダクションの瞬間であるとムーナー氏が主張する、黒っぽい画像(一番下の画像)はかなり判別が難しい。目を凝らすとぼんやりとではあるが、小さなエイリアンが人間の手を取っているように見えないこともない。意外にも、エイリアンが直接UFOまでムーナー氏を運んでいたようだ。しかし、なぜこれほど不鮮明な画像に写っている人物が自分自身であるとムーナー氏は確信できたのだろうか……。

■黒の野球帽にTシャツという出で立ちが一致……!?

 ムーナー氏には、エイリアンに誘拐された記憶は一切なかった。しかし、思い返して見ると2016年には、ポツポツとイメージのみが点在する“失われた時期”があったというのだ。その時期、彼は画像に写っている人と同じく、黒の野球帽にTシャツ姿という出で立ちだったという。こうしてムーナー氏は、2016年の“失われた時期”、エイリアンに誘拐されていたと確信するに至ったのだ。

 冒頭で述べたように、アブダクションには物的証拠がほとんど残されていないので、ぼんやりとではあってもアブダクションらしき場面が捉えられているこの画像は貴重かもしれない。

しかし、ひとまず彼のアブダクション時の記憶を、もう少し詳細に呼び覚ます事が必要かもしれない。記憶の断片のみが残っていて、物的証拠がない多くのアブダクション事件とは真逆の、極めて珍しいケースなのだ。ただ、顔も見分けらないこの画像では、ムーナー氏以外の人を納得させるのは難しいといわざるを得ないだろう。

 UFOとされる画像や映像のフェイクを見極め告発するサイト「UFO OF INTEREST」を運営する、イタリアのスコット・ブランドー氏は、ムーナー氏の主張を真っ向から否定している。UFOらしき発光体は、温室の窓が太陽の光を反射しているだけだというのだ。氏は、原因となった温室の画像を提示している。

ガラスやね
画像は「UFO OF INTEREST」より引用

屋根の反射

画像は「Twitter」より引用

 温室がある家と、発光体の位置関係は確かに一致しているようで、ブランドー氏の主張にも一理あるだろう。肝心のアブダクション画像には触れていないのが気になるが、実はこの2人、過去にも因縁があるようだ。1月にムーナー氏が撮影した“飛行機雲を伴う円盤型UFO”とされた画像を、ブランドー氏はピントがずれた飛行機だと一刀両断している。韮沢潤一郎氏と大槻義彦教授の論戦を彷彿させる、両氏のぶつかり合いがドーヴァー海峡を隔てて繰り広げられているようなのだ。

 今回のアブダクション(?)画像についての判断は読者に委ねるほかないが、かなりの頻度でUFOと遭遇しているムーナー氏から、今後さらなるUFO情報がもたらされることだろう。果たしてブランドー氏を黙らせることのできる画像は出てくるのだろうか。

(坂井学)
 
http://tocana.jp/2017/02/post_12202_entry.html




◆ブランドーという人は大槻教授やオカルト・バスターのジェームズ・ランディと同じで、ETやオカルトなどすべてを隠ぺいして大衆を目覚めさせないように、1%の支配層のために働いているのです。エリートが持つ秘儀や秘密を全てを否定することが仕事なんでしょうな。日本にも「と学会」というのがありましたね。さて次は何度もアブダクションされてエイリアンとの混血児を生んだという女性の体験談です。




16歳少女告白「寝ている間に宇宙人に拉致された」! エイリアンアブダクションの衝撃内容に迫る!

エイリアン・アブダクション――。主に宇宙人による拉致・誘拐を指す言葉であるが、その歴史は実に古く、その被害件数は統計で1億件にものぼるとさえいわれている。トカナではこれまでもエイリアン・アブダクションについて伝えてきたが、今回また新たな宇宙人拉致被害者の証言が英「Express」紙に掲載されている。誘拐時、若干4歳だったという被害者は、宇宙人に何の目的で誘拐されたのだろうか。

■窓の外が明るくなり、そこには…

グレイトの体験

「Express」の記事より

 世界最大のUFO研究組織「MUFON」へ新たな宇宙人拉致被害を訴えたのは、米国ミシガン州に住む16歳の少女である。人口1500人ほどの小さな町でごくごく普通に暮らしていたという少女はある夜、体験した不思議な出来事が今も忘れられないでいるというのだ。

「急に外が明るくなって目が覚めたわ。同じ部屋で寝ていた父を起こそうと身を起こした時、窓の外に4体のエイリアンを見たのよ」と語る少女は、そのあまりの衝撃に気を失ってしまったという。
 この時少女は若干4歳であり宇宙人の存在を知る由もなかったが、彼女のもとに現れたのは灰色の肌に大きな目をした「典型的な“グレイ”タイプのエイリアンで間違いない」ということだ。その後16歳になった今でもこの出来事を昨日のことのように思い出すという。

 エイリアン・アブダクションの被害は今も後を絶たないと報じられてはいるが、被害者らは「変わり者」「嘘つき」「夢でも見たのでは?」などと周囲から異端視されることを恐れ、言い出せないものも多い。しかもこの少女の場合は、その体験が若干4歳であったということが災いし、12年もの間この事実に苦しめられてきたということだ。

■エイリアン・アブダクション、その目的とはいったい?

 実際、宇宙人拉致事件には、その信憑性が疑わしいものも少なくない。しかしながらすべてが偽りであったかというと、その答えは“No”であるようだ。米国アリゾナ州セドナ在住のブリジット・ニールソンさんも同じような宇宙人拉致被害者の1人であると同「Express」紙が報じている。現在27歳であるニールソンさんは5歳の頃から定期的に宇宙人に拉致され続けてきたと語っており、その目的を次のように明かしている。

burijit.png

「宇宙人は私たち地球人との間にハイブリッドエイリアンを作りだそうとしているの。私はその目的のために拉致され、宇宙人と関係を結んだわ。彼らとのSEXは最高だった。もうこれまでに経験したことのないくらいにね。そして私は4人の男の子と6人の女の子を出産したの」

 ニールソンさんによると、宇宙人はより優秀な種族を作るため、人類の特性を組み合わせたハイブリッド研究に力を入れており、ハイブリッドとして生まれた子供たちはコロニーのような巨大宇宙船で暮らしているということだ。しかし、実の母親でもこの話を嫌うとニールソンさんは言う。

「友だちができて仲良くなったと思っても、このことを話すと急に私と距離を置きだすの。今までの恋人も皆そうよ」(ニールソンさん)
 確かに常識を逸した話であるが彼女は「これは本当に起きた事実」と力強く主張している。また彼女のように宇宙人との間にハイブリッドを生んだ女性らのため「ハイブリッド・ベビー・コミュニティ」なるサイトも存在しており世界中から数多くの女性らが参加しているという。 

 これらのエイリアン・アブダクションが事実であるならば、UFOや宇宙人の存在を疑問視する領域をはるかに踏み越えており、我々人類にとって実にショッキングな出来事が現実に起きていることを示唆しているといえよう。そして、明日は我が身であってもおかしくないのだ。トカナではこれからもエイリアン・アブダクションについて追っていきたいと思う。

(文=遠野そら)

Alien Abduction Hypnosis Experience & Hybrid Children - Bridget Nielsen


http://tocana.jp/2016/09/post_11002_entry.html





◆ニールソンさんばかりでなく、米国にはRhマイナス型の人たちが沢山いるので「ハイブリッド・ベビー・コミュニティ」ができるほど、ハイブリッド・ママさんはポピュラーなものになっているようです。




宇宙人と校内セックス? 「エイリアンの子どもを産んだ母親たちの会」で語られた衝撃の性体験とは?


エイリアンと呼ぶか、異星人と呼ぶか、地球外知的生命体と呼ぶかは人それぞれだが、そういったいわゆる「宇宙人」と性交し、子どもを産んだと主張する女性たちがいる。それも、限られた人だけではなく、19歳から60代の女性まで何人もの女性たちでコミュニティを形成しているという。イギリスの「Daily Mail」紙や「Mirror」紙など、複数のメディアがこのコミュニティをレポートしている。

■エイリアンとのセックスは「最高!」

「エイリアンを父親とする子どもをもつ母親たちの会」とでも呼ぶのだろうか、アメリカのハイブリッド・ベビー・コミュニティには、実際にエイリアンとのセックス、もしくは、体外受精によってもうけられた子どもをもつ母親が多数参加している。そして、その子どもたちは巨大な宇宙船で父親たちと暮らしているといっている。エイリアンたちは数年前から彼らのDNAをひろめ、人類とエイリアン種のすぐれた特徴を兼ね備えたハイブリッド種をつくるために地球に訪れているという。

 アリゾナ州セドナ在住のブリジット・ニールソンさんには10人、カリフォルニア州ロサンジェルス在住のアルナ・ヴァースさんには3人のエイリアンとのハーフの子どもたちがいるという。



 27歳になるニールソンさんによれば、エイリアンとのセックスは「最高に自由で、最高に原始的で、最高にスゴイ!」とのことで、地球の女性たちがそれを経験するチャンスを逃していることを残念に思うという。ニールソンさん自身は、彼女の父親と地球上で暮らしてはいるが、彼女の子どもの父親(夫になるのか単なるパートナーになるのかはわからないが……)とは、頻繁にコンタクトしているそうである。

■学校の教室でエイリアンと公然セックス

 23歳になるヴァースさんによれば、彼女のエイリアンとのセックスはさらに衝撃的である。エイリアンとの間に3人の子どもをもつヴァースさんが体験したセックスは、なんと教室で行われたという。

 彼女によれば、気がつくと自分の隣には緑色の爬虫類っぽい生き物が座っていて、その生き物を眺めていると突然とんでもない性的衝動があふれだし、どうしようもなくなったとのこと。そして、教室の中で他の人に興味深く見られているにもかかわらず、そのままセックスしてしまったというのだ。

 かなり常軌を逸した話に聞こえてしまうし、現に彼女は頭がおかしくなってしまったのではないかと周囲にいわれるようだが、紛れもない事実であるとヴァースさんは主張している。さらに彼女は、宇宙船の中に乗り込んで、その中でセックスを楽しんだこともあるとも断言している。

burijit2.png

 ニールソンさんには4人の息子と6人の娘がいるのだが、彼女の描く子どもたちの絵には人間らしい顔つきに、爬虫類のような巨大な黒い眼球が描かれていて、ハイブリッドとしての特徴が見て取れる。

また、ニールソンさんは「自分で気がついていないだけでハイブリッド・ベビーを産んでいる女性は地球上にたくさんいる」とも主張する。UFOによる誘拐や、突然の記憶障害、何度も繰り返される同じ夢なども、ハイブリッド・ベビーの妊娠・出産の可能性があるという。エイリアンは子どもたちを、地球に残さず連れていってしまうこともあり、気がつかないままの女性がいるとのことである。

アルナ・ヴァース

 はたして、この母親たちの主張は真実なのだろうか? それとも、一種の妄想や狂言なのであろうか? 彼女たちの主張を好意的に見ても、どうもつじつまが合わないような気がする。しかし、彼女たちだけではなく、ミュージシャンのジョン・レノンはじめ、ミック・ジャガー、故デヴィット・ボウイや俳優のダン・エイクロイド、さらには元大統領のジミー・カーターやロナルド・レーガンまでも生前UFOを見たことがあると公言している。単にUFOを見たのと、エイリアンの子どもを産んだのとでは天と地ほどの差があるが、いずれにせよ真実は本人しかわからないのである。

(文=高夏五道)

http://tocana.jp/2016/02/post_8739_entry.html





◆ハイブリッドといってもそれは多岐にわたるようで、グレイ・タイプ、レプタリアン・タイプその他、様々な種類がいるようです。

human-alien-hybrid.jpg

700_8ee95e5a3ccd39e2779e66548664c276.jpg

黒目

277e5b50e356c48ceb99cc2ceebc629b.jpg

ハイブリッド


◆海外オルタナティブニュースサイトが、ネコもエイリアン・ハイブリッドである。ネコが人類を監視するためにエイリアンによって地球に送り込まれた特殊な生物であることを証明する決定的な証拠を2つあげています。錐体視細胞は色覚の基礎となる重要な眼球の細胞であるが、より視覚が発達した哺乳類動物でもネコほどの錐体視細胞は持っていないそうで、何もない空間にむかってネコが鳴いたら、そこに幽霊がいるといわれているそうです。もしかしたら我々の目には見えないものを本当に知覚しているのかもしれません。

◆もう一つの理由は、古代エジプトで猫は神格化され、地位の高い人に飼われていたネコが死ぬと、人間と同じように死体に防腐処理が施され、ナイル川のそばの墓地に埋葬されました。
古代エジプト文明が異星人と交流していた証拠が数多くあることを考えれば、古代エジプト人たちが、 ネコを「神のつかい=宇宙からの使者とみなしていた可能性は否定できないのではないでしょうか。

▼好く見破ったニャ!俺もハイブリットなんだニャ!!


監視する猫

1%が99%を根絶やしにしようと焦っているが・・・



◆世界の警察官を降りた米国だが、トランプ大統領誕生で世界の国々が固唾を飲んで米国政府の出方を注視しています。矢張り米国は「腐っても鯛」ということなのでしょう。
トランプは1%の側ではなく99%の側に立つことを公約して大統領になったと言われていますが、どうもそうではなさそうです。犯罪者ビル、ヒラリー・クリントン、そして9,1のブッシュ一味の逮捕もやる気がないようです。

◆トランプは1%のエリートにやとわれた企業メディアと盛んにツイッターで喧嘩していますが、どうもお互い出来レースではないかと思われる節があります。つまりエリートと対立している振りをして裏ではしっかりユダヤ金融と繋がっているし、株価が下落しないのも何か腑に落ちません。

◆彼はオバマが距離を置いてきたイスラエルのネタニヤフと親密であり、ユダヤ人入植地を拡大させ、イランとの対立を深めています。娘婿ジャレッド・コーリー・クシュナー をイスラエルとパレスチナの仲介役に建てる積りのようですが、そのようなことをすれば再び中東の戦火に油を注ぐことになります。

◆しかも1%が99%をジェノサイドする手段は益々巧妙、複雑、大規模化しています。我々99%側は経済破壊、金融崩壊、失業増大、気象兵器 気候変動、ケムトレイル、遺伝子組み換え作物など、上げればキリがないほどの攻撃を受けていますが、それに対抗手段が何一つありません。

タルバ計画


◆次のドキュメンタリーには我々が置かれている状況が報告されており、次のようなキャプションがついています。


2017/01/24 に公開

****音声入り新フォーマット****

***このドキュメンタリーは、内容が3つの部分に分かれています***

今やかつてない程に、私達は世界的に全く不確かな時代を迎えており、今なお世界権力を掌握している者達がこの人類に行おうとしている手順を知らず、メディアの誤情報といった多くの理由から、非人間化させるための、彼らの裏のある不適切な意図を判っていない。

その中には、よりたやすくコントロールするために人間をロボット化するという目的を伴う無数の事実がある。ハアプやスーラ、ELF波、GWEN通信塔、ケムトレイル、フラッキング、スカラー波、ソニックブーム、精神工学兵器については、何が言えるだろうか?これらは数年前から大部分の人の行動と人間関係に、深刻な害を及ぼしている。それらはどのような具体的な目的をもって、作られたのか?

さらにMKウルトラやモナーク、モントーク、ブルーバード、ヒューマンブレイン、マネキンのような途方もなく有害な、秘密のプログラム、実験、計画が、軍人やセレブ、そして催眠術をもって非常にコントロールしやすい若者に向けられている。それらを通して大衆や、さらにはその統治者自体も操るのだ。彼らが自分はプログラミングや実験にかけられたと心理的なレベルで気づくことは、ほとんど無理である。

マインドコントロールや、エシュロンやフェニックス・プログラム、CERN計画、ワールド・オブ・ウォークラフト、セカンドライフのような諜報目的の身の毛もよだつ非人間化させる計画の全ては、私達に自らのアイデンティティーや、残されたわずかな価値感、心もとない権利や自由、同じく表現の自由や自由意思を喪失させる目的を持つ。

普通の人は、背後にあることを全く知らず、目に見える政府や、また同様に暗い、知られていない目に見えない政府に、密かに操られていることに、はたして気づくだろうか。
ニュースと政治



◆少し長いですが彼らがどういう方法で我々の肉体と精神を攻撃しているかがよくわかります。30分くらいのところから・・・


アルシオン・プレヤデス51:秘密計画、モントーク、ブルーバード、マネキン、 DARPA、CERN、スターゲート




◆次はトランプ政権誕生で2017年がどのような年になるか、学者やジャーナリストが予測しています。

テクノロジー

2017/01/31 に公開

アルシオン・プレヤデスのビデオ−ドキュメンタリーで見ることができるように、私達は人類にとって最も危機的な時を生きている。

というのも、地球が変化の段階を迎えているからだ。それは歴史上かつてないほど極端な変化であり、これにまた、私達の惑星に届いている大量の光子のエネルギーが伴って、人々の目覚めや、深い遺伝的変化をもたらしている。その一方で、目に見える政府と陰の政府のエリートとその同盟者ら、また私達の地球をわがものにしようとしている略奪者エイリアン達の、何より急を要する追放と無力化に必要な無数の世界の事件や地政学的変化、政府や宗教、社会の変化が至る所で起こっている。

私達はこれらのビデオを通して、公式の報道機関が私達から隠しているか、誤情報を伝えている、私達を取り巻く多くの出来事に対して目を開き、自然や気候のアンバランスや、次第に劇的かつ危機的になっている社会の状況、様々な国における挑発や戦争、あらゆる方面の危機や紛争などについての意識するよう促そうとしている。同じく、隠された陰謀や策略、大量のUFOの目撃、日増しに明白になる奇妙な現象や光の現象など、アルシオン・プレヤデスのビデオでより広範かつ掘り下げて展開している全てのテーマを伝えている。

これら全てについて、極めて興味深い最新のニュースやルポルタージュ、インタビュー、ドキュメントを集約して、定期的にアルシオン・プレヤデスの支持者達に伝えていくつもりである。



◆2017年がどういう年になるのかを知るには必見ではないでしょうか。


アルシオン・プレヤデス ビデオニュースNo.59-2017:トランプ政権、メキシコ、偽ニュース、陰謀、UFO



▼オルタナメディアでないと真実は解らんよニャア~

忍者


罰当たり奴がwwww



◆ローマ法王を反日に利用しょうとするとは、なんとも悪知恵が働くものですなあ~

韓国に政治利用されたローマ法王。韓国を訪問する事は、もう永遠に無い…



◆これで韓国の行方は決まったようなものです。本当に地獄へ落ちるしかないんでしょうね。




【WEB編集委員のつぶやき】潘基文氏消えて反日・左派政権誕生濃厚 「ヘル・コリア」にまっしぐら


 前国連事務総長の潘基文氏が1日、韓国大統領選に出馬しない意向を表明した。これで反日の左派政権誕生は濃厚となった。絶望が支配する「ヘル・コリア(地獄韓国)」にまっしぐらの様相だ。

 1月に帰国した潘氏は「分裂した国を一つにするのに、この身をささげる」と大統領選出馬に意欲満々だった。帰国後は、韓国国内各地を回るなど、積極的な動きを見せていた。

AS20170201003778_commL.jpg

 しかし、潘氏の実弟とおいが中東当局者への贈賄の罪で米司法当局から起訴され、潘氏は釈明を避けて非難を浴びた。さらに慰安婦像問題で「日本があれこれ言っているが、10億円が像撤去に関連するのなら間違いだ。ならば金を返さねばならないということだ」と話し、日韓合意を「歓迎する」とした自身の発言は「合意に至ったことを歓迎したわけで、具体的に何がうまくいったのかを話したのではない」と無節操ぶりをみせた。

 不出馬の理由について「旧態依然の政界の偏狭で利己的な態度にひどく失望した」「人格殺害に近い陰謀とさまざまな嘘のニュースで政権交代の名分がなくなった」「個人と家族、10年間務めた国連の名誉を傷つけた」などと述べたが、“身からでたサビ”に思えてならない。「歴代最悪の国連事務総長」と言われた潘氏の無節操さがやはり露見した。

 潘氏が出馬を断念したことで、大統領選は左派系の最大野党「共に民主党」の文在寅前代表に一層有利な情勢となった。

文氏は日韓合意の見直しや再交渉を主張している。1月23日に出馬を宣言した「韓国のトランプ」と呼ばれる李在明城南市長は、日韓合意の無効化に加え、日本については「重要な隣国ではあるが、敵性国家と思う」と言い切っている。

 一方で2月1日付本紙でソウル特派員は、「朴氏罷免のハードルが上がった」と伝えた。弾劾の可否を審理している憲法裁判所所長が31日、任期を終え辞任した。これによって憲法裁では所長を含む9人の裁判官のうち、6人以上が弾劾に賛成すれば朴大統領は罷免されるが、裁判官は8人に減ったものの罷免には6人以上の賛成が必要とする。

 憲法裁は昨年12月の国会の弾劾訴追案可決を受け審理中で、最長180日以内に判断を出す。所長の任期をにらみ、1月中にも憲法裁が結論を示すとの見方も出ていたが持ち越された。

 また3月中旬には別の裁判官1人も任期切れを迎える。そうすると罷免には7人の裁判官のうち6人以上の賛成が必要で、数の上では朴大統領に有利となるという。朴政権をめぐる混乱がさらに続くことになる。

 韓国は中国が騒いでいるアパホテルの書籍問題にも横から介入してきた。韓国の大韓体育会は、19日から札幌市などで開かれる冬季アジア大会の組織委員会に、韓国選手団の宿泊先をアパホテルから変更するよう要請した。

 組織委は中国と韓国の選手団の宿泊先を市内の別のホテルに変更する方向で調整しているそうだが、韓国はまさに中国と同じ思考で動いている。

 こうした「反日」行動について国民がどう受け止めているか興味深い数字が出た。

 産経新聞社とFNNが1月28、29両日に実施した合同世論調査によると、「韓国を外交や経済活動の相手国として信頼できない」との回答が77・9%にも達した。「信頼できる」は17・0%。

 また慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」とした日韓合意についても、86・4%が「韓国が守らないのではないかと懸念している」と回答。「懸念していない」はわずかに9・3%だった。

 慰安婦像設置をめぐって日本政府は現在、駐韓大使らを一時帰国させ、像撤去など韓国政府の動きがなければ帰任させない方針という。

 いまなお日本大使館と日本総領事館前の慰安婦像は撤去されておらず、「反日政権」が生まれればこの先も撤去は望めまい。
 残念ながら「韓国が無くても困らない」という極論をよく聞くようになった。

(WEB編集チーム 黒沢通)

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%80%90%EF%BD%97%EF%BD%85%EF%BD%82%E7%B7%A8%E9%9B%86%E5%A7%94%E5%93%A1%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%81%B6%E3%82%84%E3%81%8D%E3%80%91%E6%BD%98%E5%9F%BA%E6%96%87%E6%B0%8F%E6%B6%88%E3%81%88%E3%81%A6%E5%8F%8D%E6%97%A5%E3%83%BB%E5%B7%A6%E6%B4%BE%E6%94%BF%E6%A8%A9%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%BF%83%E5%8E%9A-%E3%80%8C%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%80%8D%E3%81%AB%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%97%E3%81%90%E3%82%89/ar-AAmBm86?ocid=iehp

▼自業自得とはよく言ったものだニャwwww
fe61d2a7b2f06e4efd9202c8c991ebe8.jpg


高すぎる日本の自動車維持費



◆キンコーンとチャイムの音。玄関に出てみると車のセールスマンでした。4月で車検が切れるとのことで是非うちで車検代行をやらせて頂けないかと云う。また物入りだ、ため息が出る・・・

seibi01.jpg

2年に一度とはいえキャッシュで十数万円の車検代は年金生活者には打撃です。壊れているのであれば自分で分かりますので修理に出しますが、どこにも異常がないのに、強制的に検査をさせ部品交換させたり、法定費用と称して自賠責保険、自動車重量税、収入印紙代を有無を言わせず現金で取り上げるのだから、陸運局=国交省はヤクザより質が悪いと云わざるをえません。

税金一覧

◆そのほかに5月になると毎年自動車税納付書というのが送られてきて、これも現金振り込みが強制されます。ひと月でも遅れると容赦なく延滞金が課せられます。それも安いものではありません。紙ぺら1枚送りつけて期日までに振り込めという、まるで振り込め詐欺です。コスパがいいのは泥棒と官業ですが、泥棒には捕まるリスクがあります。しかし官業にはそれもありません。やらずぼったくりができるので官業は止められないのです。

自動車税

◆日本では車を購入する際に多額の税金が課せられます。自動車税、自動車収得税、自動車重量税、その上消費税と異常なほどの訳が分からない税金を払わされ、廃車の時のためにリサイクル料までふんだくられることになっています。次の記事を見れば日本の自動車税の異常さがよくわかります。トランプ大統領が日本はアメ車を買わないと不服を言っていますが、バカでかいエンジンを搭載したアメ車を買うととんでもない税金がかかるので誰も買えないのです。マツダと提携していたフォードが日本から撤退したのもそういう事情があったのかもしれません。




日本以外の国では、自動車税等は、どのような税額なのでしょうか?

日本では、自動車を保有していると、毎年、一定額を課税されます。
では、外国では、そのような税金はあるのでしょうか?

アメリカ

 排気量に対し、直接かかる税金が存在しない。 そのため必然的に、大きな排気量の車が好まれる傾向にある。重量税もありません。 ガソリンにかかる税率も日本よりもはるかに少ないようです。自動車本体だけに課税されるのを比較すると、日本のそれに比べ49分の1と非常に安いものとなっています。

税金比較

前提条件】
    ①排気量1800cc ②車両重量1.5t 未満(1320kg)
    ③JC08 燃費値13.4km/L(CO2 排出173g/km)
    ④車体価格180 万円
    ⑤フランスはパリ 米国はニューヨーク市
    ⑥フランスは課税馬力8
    ⑦11年間使用(平均寿命)

   ( 2010/4~2011/3の平均)

    ※日本のエコカー減税等の特例措置は考慮せず
      日本自動車工業会調

日本では、新車を購入して平均的な使用をして、生活した場合、平均使用年数11年で、その車両価格と相当額の税金を支払うと言われています。 あくまでも税金だけです。保険や車検、さらにメンテナンス等を含めるといかに車って経費がかかるのかが理解できますね。(-_-;)

税金保険

日本の自動車関連の税金は、非常に高いです。 ガソリンの2重課税も解消されません。 高速道路も相変わらず有料です。 でも、私個人としては、それでもいいと思います。 自動車の税金が高ければ、保有しないし、ガソリンが高ければ走行しないし、高速道路が高ければ遠出しないだけのことですから。 公共の交通機関を利用すれば、環境にやさしい社会になりますし。 問題なのは集めた税金の使い方ですよね。 田んぼのあぜ道まで、アスファルトにする意味は、あるのでしょうか?

http://jidoushazei.com/gaikoku.html




◆この記事を書いた方は自動車を持たず、公共交通機関を使えばいいだけのことと云っていますが、東京や大阪のような大都市ならそれもできるでしょうが、田舎にはバスも電車も走ってないところが多いので、車に依存しなければ暮らしていけません。年を取れば買い物弱者にもなります。

◆腹立たしいことは、15年度から車齢が13年以上の車には自動車税が15%増しになった事です。新しく買い替えもできないので、13年間大事にして来たのに、今年から増税されるのです。「何でもいいから取れるところから取れ」という官業の方針らしいが、これは実に妙な考えです。住宅でも、機械設備でも古くなれば減価償却され税金は安くなるというのが普通ですが、自動車に限って逆に重加算されるというのはどう考えても変です。




古い車に長く乗るのは悪いことなのか?車齢13年以上の車に対する自動車税が「15%増し」

毎年4月に届く、自動車納税通知書。分かってはいても、金額を確認すると、その金額に愕然としますよね。特に車齢13年以上を越えた車を所有するドライバーの方々は、憤懣やるかたない思いでしょう。理由は、2015年度から施行された「グリーン化税制」。環境負荷が大きい車に対して、税負担を大きくすることが決まったからです。

更新日:2017/01/25

2015年から自動車税の仕組みが大きく変わりました。

ガソリン車では初度登録から13年を過ぎた車両、ディーゼル車では11年を過ぎた車両の、自動車税が約15%アップとなったのです。

実は筆者の車も対象車なので、2015年から自動車税は以下のように、6,000円も多く税金を払わないといけなくなりました。

39,500円×115%=45,400円(100円未満切り捨て)

環境負荷が大きいから増税?その根拠はどこにあるのか
古い車は、"環境負荷が大きい"という理由でさらなる罰を課すという構図です。

筆者自身、車齢18年を経た車に乗っていますが、昨年届いた自動車税の納付書には増税の詳しい理由など一言も書かれていませんでした。「環境負荷が大きいため」の一言だけです。

要するに、「そんな古い車になんか乗ってないで、さっさと新しい車に買い替えなさい」ということなのでしょう。

自動車税を払うのが嫌というわけではなく、エコカーに対する税の軽減も良いと考えだと思います。ただ、「車齢13年以上の車は環境負荷が大きい」というその根拠を知りたい…。

古い車が一律に「環境に悪影響だから罰を与える=自動車税増税」という流れは、どうしても納得できない話です。
日本人ならではの「もったいない精神」はどこへ?
日本は世界1、2位を争う自動車生産国であり、世界に誇れる車を多数世に送り出していますが、自動車文化に関しては後進国です。

都市部では、電車やバスを使わずに自家用車を使うことにうしろめたさを感じるドライバーが少なからず存在し、まるで車に乗ること自体が「罪」とされるような環境です。これでは正常な自動車文化が育つには無理があるのかもしれません。

それでいて、自動車産業が日本の基幹産業というのですからとても不思議です。

このような「逆境」の中、数々の懐かしい思い出とともに、古い車を大切に乗ってきた人たちも何万人、何十万人といます。しかし、古いものを大事にする心などを一蹴されたと感じるのが、2015年の増税です。
車齢13年以上を経てもまだまだ現役、低燃費で魅力的な車

自動車税増税ではつまり、「13歳以上の車」に対するペナルティなわけですが、車齢13年以上の車は有無を言わさず罰金を科せられるような、そんなにひどい車なのでしょうか?

ということで、2017年で発売から13〜14年経過した車(2003〜2004年発売)をあげてみました。

・トヨタ パッソ
・トヨタ ウィッシュ
・ホンダ エリシオン
・ホンダ フィット
・日産 キューブ
・スバル レガシィ
・三菱 eKクラッシィ
・ダイハツ タント

など、まだ現役で走っているクルマが多数ありますね。

新車が売れれば業界が潤い、ひいては日本の経済に活気が出ることは、もちろん分かります。

しかし、そうはいっても”古い車には長く乗るな”と言われているようで、どうにもやりきれない。読者の皆さんはどうお考えでしょうか?

http://car-me.jp/articles/2128/1




◆本当にやりきれない思いです。日本と同じ自動車王国ドイツでは粋な計らいがあるそうです。




ドイツは車齢30年で減税、日本は車齢13年で増税。なぜなのか?

5月の連休が明けると仕事が始まり、5月病にかかって気が重くなるのに加え、自動車の所有者にとっては毎年やってくる自動車税の納付書を目にして奈落の底に突き落とされるような気分にもなります。
そもそも自動車にはこの「自動車税」の他にも課せられる税はたくさんありますが、なぜこんなにも重税が課せられるのでしょうか。
自動車税というのはあくまでも国の財源の一部でしかありません。しかもその使途が明確ではないと言われています。

本来は教えて欲しいと言わなくてもきちんと行き渡るように知らせる義務があるはずです。しかしできていないのが現状です。
多少高額な税金を納めたとしてもその使い道がはっきりとしていて、なおかつ、世の中や社会的弱者のためになるような用途なら納得も出来るでしょう。

しかしこの国の税金のシステム、この自動車税のみならず、すべからく使い道がはっきりしていないばかりか、その使い道と思われる意味のない公共工事ばかりが目に付き、しかもその公共工事のせいで道路が混雑したり渋滞を引き起こすこともあったりして、まるで納得できない、そんな思いの方も多いのではないでしょうか。

故に、この納付書、毎年恨めしい思いで郵便ポストからつまみ出すように運んできたりするわけでして・・・。

自動車とは贅沢品なのか?

ドイツの約2.4倍(日本自動車工業会調べ)。

単純素朴に、これだけ自動車税を払わされるということは、国としてはやはり自動車を保有するという行為は贅沢なことである、という認識なのでしょうか。

そもそも自動車産業そのものが官僚主導という側面もあったりしますよね。1950年代の国民車構想は、裏を返せば自動車の普及とともに税収のアップを目論んでのものでした。日本国民にとっての自動車というのは、実は国策とか政策の一部なのであって、自動車という製品が持っている自由なイメージほどに実際は自由でなく、しかも政府や官僚の意向に想像以上に管理拘束されているとも言えるでしょう。

しかしこの日本という国、全国津々浦々、公共交通機関が行き渡っているわけではありません。どうしたってクルマが必要、クルマがなければ生活できないという地域の方々もいらっしゃる。その意味でも全国統一という自動車税の税制もあまり公平とは言えません。

さらに・・・。

13年でさらに増税とはどういうことか?!

そもそもこの13年という基準がわからないのですが、車検は6回まで、とでも言いたいのでしょうか。

解釈の仕方はありますよね。なにせグリーン税制で新車の多くは減税に次ぐ減税なのですから、クルマ全体から搾り取れる税収の帳尻を合わせなければならない。どこかで増税するには古くなったクルマを増税し、補填するという考え方もできます。ましてや「自動車税も上がったから、新しいのにするか」という消費行動を誘発しようとしている、とも考えられます。減税適用とは言っても新車をどんどん売って経済活性化、という目論見なのでしょう。

しかし日本の古き佳きクルマたちがスクラップになっていく姿は、いちクルマファンとして耐えられません。

ところが、ドイツでは・・・。

ドイツの「Hナンバー」とは?

ドイツには「Hナンバー」というものが存在します。HとはすなわちHistorischのH。

少なくとも30年以上前に生産されたクルマで、現状走行可能で車検を通過すること、無改造のオリジナルでかつ文化的価値のあるもの。
この条件を満たしたクルマのナンバープレートの末尾に「H」を付与。優遇税制まで適用するというものです。

30年経っていなければならなかったりと、ハードルは多いのですが、しかしその心意気がいいじゃありませんか。モノを大事にする。ひとつのものを長く使うこともエコである、という考え方は、自動車文化の歴史が長いドイツならではの自動車に対するひとつの解釈ですよね。

自動車に対するスタンスが日本とは全く違うし、旧車というものを根っから肯定する、敬う、ずっと成熟したものの考え方です。それにはもちろん、旧車に負けない魅力を新車が持っている、そういう商品を生み出し続けられるという自負がドイツという国にはあるからだとも言えるでしょう。

日本にはその心意気も自負もない。故に増税でしか対応できない・・・。

少子高齢化や人口減少は、すなわち税収減に直結します。ですから国はとにかく財源を確保しなければならない。しかし今は子供を作らないし、結婚もしない、そういう価値観がひとつの潮流になっています。それ故に「税金を払う年齢層」はどんどん減る一方なわけですね。
これはしかし誰かを責めるわけにはいかない。様々な時代背景や歴史、その中での文化や人の心の変化によるものですから、半ば宿命のようなものかもしれません。

しかし、自動車くらいちょっとは楽しめるような世の中を作るために、国が少しくらい手を貸してくれてもバチは当たらないと思うのですが、いかがでしょうか。

<前田恵之進>

http://car-me.jp/articles/2147/1





◆平成28年度の日本の自動車保有台数は約8千百万台だそうですが、それらの車にかけられた莫大な税金がどこに使われているのか誰も分かりません。一つ言えることはその税金は霞が関の闇金庫といわれる特別会計に入れられ、26000もある特別法人の天下り官僚たちに食い物にされていることだけは間違いありません。




特別会計412兆円が予算審議も無しに官僚の裁量で湯水の如く使われる日本


国家財政が破綻寸前にも関わらず、特別会計の闇を明らかにせず財政改革を訴える自公政権

特別会計年間予算412兆円が予算審議も無しに官僚の裁量で湯水の如く使われ、運用を...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q106377500 より

2005/10/5

特別会計年間予算412兆円が予算審議も無しに官僚の裁量で湯水の如く使われ、運用を誤り赤字を出せば一般会計が補填する。
 
官僚や政治家は失政の責任を取らず、そのつけは国民に回し、自らは高給と高額の退職金で贅沢な暮らしをする。
国家財政が破綻寸前にも関わらず、特別会計412兆円もの闇を明らかにせず財政改革を訴える自公政権に何故民主党、共産等、社民党は先の選挙で追求しなかったのか。


野党も官公労の言いなりで公務員改革、財政改革を本気でするつもりは無かったのでしょうか。郵貯簡保350兆円よりインパクトは大きいのですが。

特別会計のカネが流れるのは、主にこんな所。↓

特殊法人だけでなく、認可法人、公益法人というの、もわが国の金食い虫。すべて国から資金が出ており、官僚の天下り先になっている。国の監視はほとんどなく、税金を使い放題らしい。全国に無数にある。

公益法人には、補助金等の名目で多額の国民の資金(税金、財投資金、国債)が投入されている。

現在、約26、000もの公益法人が存在する。そのため、公益法人は格好の天下り先となっているのが現状である。

官僚は天下り先の公益法人で特殊法人の事務を補助・補完すると共に、特殊法人から、莫大な補助金を受け取る等の方法で私腹を肥やしていく。その結果、補助金を交付する側の特殊法人は赤字であるのに、交付される側の公益法人は黒字であるという現象が生じている。官僚は、いわば特殊法人や認可法人をバイパスとして、「公益」の名のもとに、公益法人から国民の財産を吸い上げているのである。

http://www.nomuralaw.com/tokushu/ リンク切れ


『特別会計』と呼ばれる裏の予算、

 こちらの規模の方がはるかに大きいのである。

『一般会計』は単なるたてまえ予算。わが国の本当の予算とは?!
http://www.yuuai.sakura.ne.jp/home11/ishiikoukiziken.html より(引用開始)

2006.10.15 

 世界には、いろいろな経済体制がありますが、日本は独特な経済体制をとっています。2002年10月、何者かに刺し殺された故・石井紘基衆議院議員は、日本独特の経済体制を「官制経済体制」と名づけ、その知られざる実態を告発してきました。石井議員が殺される直前に発行された『日本が自滅する日‐官制経済体制が国民のお金を食い尽くす!』(PHP出版)という本には、通常、国会議員でなければわからない財政構造の実情が詳しく描かれています。この、遺書ともいえる『日本が自滅する日』から引用して、その構造をご紹介させていただきます。

通常、国の予算というと、一般会計のことをいい、マスコミもこれしか報道しないが、実は特別会計と呼ばれる裏の予算があり、こちらの規模の方がはるかに大きいのである。特別会計とは、国が郵政とか道路整備とかといった特定の事業を営む場合や、厚生年金保険のような特定の資金を保有して、その運用をおこなう場合につくることができる、一般会計とは別の会計のことだ。

 その特別会計がいま38もあって、それらの歳入を合計すると336.5兆円、歳出を合計すると318.7兆円にもなる。ここに入ってくるのは、揮発油税のような税金もあれば、厚生年金の保険料もある。一般会計の四倍もの規模をもつ、この特別会計こそが"財政の横綱"なのである。

 この国の財政には、もう一つ、他の先進国には見られない「財政投融資」という大きな枠組みがある。私たちの郵便貯金や簡易保険料、年金の積立金を集めて、それを特殊法人に融資したり、国債や地方債を引き受けたりしている。その規模が平成十二年度の計画段階では43.7兆円だった。

 通常、一般会計を「第一の予算」とみなし、財政投融資を「第二の予算」ということが多いが、それはことの本質をみていない。規模の点でも実質的な意味でも、特別会計こそが第一の予算であり、財政投融資はそれに次ぐ第二の予算、一般会計は単なるたてまえ予算といっても過言ではないのだ。

 また、これらの三つの枠組みの間では、たとえば一般会計から特別会計に資金が繰り入れられたり、財政投融資で調達された資金が特別会計に繰り入れられたり、相互に複雑な資金のやり取りがおこなわれている。そしてその財投資金がさまざまなルートを通って地方自治体に流れたり、特殊法人・公益法人に流れたりし、さらには関連企業に流れて、この国の"官制経済"体制の動脈を形成しているのである。

 わが国の本当の予算はいくらなのか。これをはじき出すためには「一般会計」と「特別会計」から複雑極まりない出入りや二重三重の重複部分を除いた数字を算出しなければならない。

 平成十二年度の一般会計予算は85兆円である。次いで平成十二年度の特別会計の概要をみると、〈歳入〉の単純合計が336.5兆円であり、そのうち重複分(一般会計、他の特別会計から入ってくる分)は192.3兆円である。つまり、重複分を差し引いた総額は144.2兆円である。  これに対して〈歳出〉は単純合計が318.7兆円であり、そのうちの重複分は143.3兆円である。つまり、重複分を差し引いた総計は175.4兆円となるわけだ。

 以上の通り、一般会計の歳出が85兆円、一般会計との重複分を除く特別会計の支出が175.4兆円であるから、わが国の歳出における財政規模(=年度予算額)は260.4兆円ということになるのである。

 そもそもわが国政府は憲法違反を犯し、法律に反した財政運営をおこなっている。憲法第八三条は「国の財政を処理する権限は国会の決議に基づいて、これを行使しなければならない」と謳っている。

 しかし、国の一般会計予算から特別会計、特殊法人などへ年間約30兆円も投資されており、この財務については現実には国会の与り知らぬところとなっている。特別会計における"公共事業"などの事業予算・箇所付けについても国会を素通りして決定されているのである。

 わが国では、税金の使い方や配分には血道をあげるが、その金がどう使われたか、つまり、決算にはほとんど無関心である。
 すなわち、わが国の決算は21世紀になったというのにまだ平成9年までしかおこなわれていない。平成10年度分の委員会審議は、ついに平成14年に持ち越しというありさまだ。つまり決算しなくても予算が組める。決算の結果が予算に影響を及ぼさない国会では4年前の決算が行われなくても何ら不都合はない(!)というのがわが国の現状なのである。

 国の決算がおざなりにされている理由はただ一つ、税金の本当の使途を国民に知らせることができないからなのである。
 これにはさまざまな要因があるが、根本はわが国の財政制度に問題があるのだ。わが国の財政制度は行政権力による"事業"展開の体系として各省庁が所管する「特別会計」を軸に構成される。その中で歳出については大半が「補助金」であり、それは行政権限による配分の形で決められる。

 年間予算260兆円のうち「一般予算」として提出されるのは80兆円であり、それも大半は特別会計に繰り入れられ、省庁による箇所付けに付されるため、予算は事実上、決して憲法の定めるように国会で決められているとはいえないのである。

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/b7b402c23f2dbf998ec031a960c098e3





◆特別会計は官僚がつまみ食いしているだけでなく、それはケイマンなどのオフショアに流れ米国の戦費となっていたのです。この特別会計の闇を民主党の石井紘基議員が国会で取り上げ追求しようとして殺されたのです。


石井紘基議員 暗殺の謎 



◆暗殺された「石井紘基」議員(享年61歳)。実行犯の告白とは・・・
「所詮、身を挺して闘わなければ務まらないのが、歴史的仕事ということでしょうから覚悟はしていますが、それにしても、こんな国のために身を挺する必要なんてあるのかな、その自問、葛藤無きにしも有らずです。」友人にあてた手紙より。

▼何も知らず、云われるままに税金を払い続ける日本人、哀れだニャア・・・

悲しい日本人


トランプの正体とは?



◆米国の主流メディアは盛んにトランプ新大統領を叩きまくっていますが、トランプは負けずにツイーター反論しています。特にトランプ攻撃が激しいABC NEWSは自社の世論調査で、ドナルド・トランプ氏の不支持率は54%で米国史上最も好ましくない大統領であると伝えるなど、あることないこと書き立てて不支持者を増やし弾劾裁判に持ち込もうとしています。反トランプ・デモはアラブの春や、カラー革命同様金で雇われた煽動家たちが、メディアに煽られた大衆を巻き込んで大きな規模になっています。

ref_l.jpg

糞

4bk47dddf28fea64y4_800C450.jpg

◆1月11日、米大統領選後、トランプタワーで初の記者会見に臨んだドナルド・トランプ次期大統領は、米メディアのCNNの「ロシアのハッキングで選挙に勝たせてもらったのか」という質問に腹を立て「偽ニュース(fake news)を流す」と糾弾し、「お前の会社はろくでもない。質問には答えない」とケンカ腰になり、CNNの記者が粘ったものの一切質問を受付けませんでした。

trump-first-presser-getty.jpg


ABC.jpg

◆これまで既得権益に胡坐をかき、メイン・ストリーム・メディアを自由自在に使って偽ニュースを流してきたエリート層が総崩れになっている証拠です。もうメディアがいくら頑張っても噓が通用しなくなっているのです。独自の取材をしない日本のメディアはNHKを筆頭に、すべてABCやCNNなどの偽報道を鵜呑みにしてトランプ・イメージをのディスカウンにみ協力しているとしか思えません。

◆かく云う私も日本のメディアの刷り込みでトランプに関するにイメージはネガティブなものでした。ハッキリ言って彼はナルスチックなパラノイアではないかと思っていました。しかし本当のトランプの正体はそのような変人奇人ではなく、至極まともで本当に国のことを思う憂国の士と云えるのではないでしょうか。トランプの考えがよくまとめられた動画をご覧ください。

ドナルドトランプ氏日本に寄せる言葉とは。会見まとめ


◆トランプは至極まともであり、正しい愛国者であることがわかります。
彼が日本を名指しで夥しい数の車を売りつけるくせにアメリカの車を買わない、アメリカ人の雇用を奪っている、日銀が為替操作に介入して円安誘導している、米軍基地の維持費を全額負担するべきだと主張しています。しかし、それは彼が1970年代の日本に対して持っていたイメージが払拭出来ていないからなのかもしれません。

◆10日には安倍首相が訪米し首脳会談を行う予定ですが、安倍氏はトランプの言い分を全て聞く積もりはないとしていますが、トランプはこれまでのような、有無を言わせないネオコン・ジャパン・ハンドラーと違い、ビジネスライクに交渉事を進めるのではないかと思われます。

◆それに日本にとって、また安倍氏にとっても追い風になるのがトランプの長女イヴァンカの一言です。




「安倍晋三首相に従って」娘がトランプ大統領に忠告した、と首相官邸幹部が明かす。

n-IVANKA-large570.jpg

安倍首相に従って…長女から忠告 トランプ氏が裏話紹介

 「あなたは安倍晋三首相に従っていればいいのよ」。トランプ米大統領が長女のイバンカ氏からそんな忠告を受けたとの話を、トランプ氏が28日の日米電話会談で首相に紹介したことが分かった。首相官邸の幹部が明らかにした。

 トランプ氏は電話会談で、イバンカ氏が首相を「非常にクレバーな人だ」と評価していたとも話したという。イバンカ氏は、首相とトランプ氏が昨年11月にニューヨークのトランプタワーで会談した際に同席していた。
 トランプ氏の妻メラニア氏が当面トランプ氏と離れて暮らすため、イバンカ氏はファーストレディーに代わる役割を果たすともみられている。日本政府は「イバンカ氏はトランプ氏の意思決定に深く関わるだろう」(首相周辺)とみており、影響力に注目している。
(朝日新聞デジタル 2017年02月01日 22時56分)

http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/01/ivanka-trump_n_14560298.html





◆トランプ大統領も娘には弱いと見え、傍らで神妙な顔で小さくなっているようですなwww
彼が次に手を付け無ければならない仕事は9,11事件の解明だと言われています。米国への最大の裏切り人、戦争犯罪者ブッシュ政権の黒幕たちの洗い出しが始まるようです。

ドナルド・トランプ ブッシュ一族の陰謀を明らかに


◆中丸薫さんもトランプはこれまでの大統領とは全く違うと云っています。

マスコミが伝えないアメリカ大統領トランプ氏の真意とは


◆勢いは衰えたとはいえ、イルミナティはまだまだ力を温存しています。ブッシュ一味やウォールストリートのエリートたちの壊滅作戦が完了しない限り米国が大きく変わることはありません。噂によると20日ぐらいには大量逮捕があるそうですが、奴らも死に物狂いだから心配です・・・

▼中丸さんがトランプ大統領の暗殺はないと云っているから安心してニャ!


c8e6820cda20212a7e1e97ac11b0a6ca.jpg


プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR