ロンドンの グレンフェル・タワー火災は計画されていた?




◆14日に起きたロンドンの高層ビル火災で出動した地元消防士も、こんなビル火災は見たことも聞いたこともないと云っていましたが、それもそのはずコンクリートビルの火災で外壁を炎下から最上階まで一気に駆け上るという現象は普通では考えにくいことだからです。これは9,11事件同様、明らかに何者かによって計画されてた犯罪であるとしか思えません。

火事1

火事3

炎上の高層マンション 200人居住「助け求める声」(17/06/14)



(

8時間経つも依然炎と猛煙 収まるのを待つしか・・・17/06/14)




【日本ニュース】ロンドンの高層住宅火災 死者1人に(2017/06/15)




◆グレンフェル・タワーの住民のほとんどがムスリムであると云う事も陰謀の臭いがしてきます。

660イスラム





ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

マスクの女性

2017年6月17日(土)

少なくとも17人が死亡した大規模火災が今週発生したロンドン西部の公営住宅がある一角から、徒歩で少しの場所に、数百万ポンドはする優雅な住宅が並ぶ、英国で最も裕福な通りの1つがある。

ケンジントン・アンド・チェルシー王室特別区は、ポップスターやセレブ、富裕層や銀行幹部が住むエリアとして、英国内外で広く知られている。

景観の邪魔

だがその同じ地区には、今回の火災が起きた24階建ての高層公営住宅「グレンフェル・タワー」が建つ一角のように、貧しい地区も点在している

住民が寝入った14日未明に発生し、瞬く間に炎が建物を飲み込んだ今回の大火災では、住民数十人が行方不明となっており、犠牲者の数はさらに増えると当局は見ている。運よく脱出できた住民も、全ての所持品を失った。

だが15日には、黒焦げの無残な姿をさらすタワーの周辺から、はっきりと怒りの声が上がっていた。地元当局が、富裕層を優遇する政策に走り、貧しい市民の安全や福利を軽視している、というのだ。

火事2

火災のあった建物に住む受付係員のアリア・アルガッバーニさんは、新たな外装材が取り付けられた昨年の改修工事に立腹していた多くの住人の1人だ。炎が急速に広がった一因に、この改修工事があった可能性を指摘する報道も出ている。

「なぜ外観をきれいにしたのかを考えると、いらだたしい。反対側の高級住宅の住民にとってこのタワーが見苦しいからだ」と彼女は言う。


消防当局は、火災原因を特定するには時期尚早としており、地元当局は、改修工事は住人の住環境改善のために行ったと説明している。
 

(中略)


当選した労働党のエマ・デントコード議員は新聞のインタビューで、安全性を軽視したとして行政当局を批判し、悲劇は防げたはずだと指摘するなど、火災を機に素早い反応を見せた。

中略

メイ首相は15日、グレンフェル・タワーを訪問したが、消防士と会話する一方で住民とは言葉を交わさなかったと批判を浴びた。

メイ

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/06/post-7818_3.php





◆被災者に対するメイ首相の態度こそ英国人富裕層の共通意識の表れです。
ロンドン市当局は、グレンフェル・タワーの外観を修復し、ウレタンなどの断熱材を入れて暖房効果を高める止めに壁に貼り付けたと、お為ごかしを言っていますが、住民は「なぜ外観をきれいにしたのかを考えると、いらだたしい。反対側の高級住宅の住民にとってこのタワーが見苦しいからだ」と怒っています。常識では考えられない大火災の原因は何だったのかを考察する記事があります。




英タワマン火災は、なぜ大惨事になったのか。火災で露呈した低所得者層向け住居の実態

クラッテイング壁

6月14日未明、ロンドン西部にある24階建てのタワーマンション「グレンフェルタワー」で発生した火災が、大きな衝撃を与えている。同タワーでは瞬く間に火の手が広がり、少なくとも住民17人が死亡、約80人近くが負傷する惨事となった。

現地メディアは炎に包まれて燃える高層ビルや逃げ惑う人々の様子を刻々と報道。批判の矛先は、住宅の管理に責任を持つ地方自治体や、改修工事を請け負った建築会社に向けられている。数百人が住んでいたタワマンで何が起こったのだろうか。

15日付の英新聞各紙の1面には、夜の暗闇の中でどす黒い煙を出しながらオレンジ色に燃え盛るグレンフェルタワーの写真が大きく掲載されていた。

gedung-43-tahun-itu-dilalap-api-ibu-pun-melempar-anaknya-dari-jendela_c_1_137749.jpeg

2001年9月11日の米大規模同時テロで攻撃を受けた世界貿易センタービルを彷彿とさせるショッキングな写真のうえに、「死の罠」(デイリー・メール)、「地球の地獄」(メトロ)、「なぜこんな地獄のようなことが起きたのか」(サン)、「15分で災難に」(タイムズ)などの見出しが躍る。

各紙は火災特集に数ページをあて、消防隊の活躍、まだ住宅の中にいて窓から助けを求める男性、命からがら逃げた住民の姿が写真とともに報じられている。さらに、高層住宅の構造図とともに火災が広がった状況分析を伝えた。

(中略)

グレンフェルタワーの住人は600人前後。ロンドン警視庁によると、15日夜時点で消息が分からなくなっている人が多数おり、死者と負傷者の数は今後も増える見込みだ。

火災発生時から現在まで、ニュースは火災の報道一色。ニュースサイトは「ライブ・ブログ」を設置して災害の様子を刻一刻と伝え、テレビ局のニュースは現場にいた市民が撮影した映像を紹介してゆく。惨劇の恐ろしさがリアルに伝わってきた。

では、なぜ火災が起きたのだろうか。

メディアの報道によると、直接のきっかけは4階に住む住民の冷蔵庫が爆発したことにある。住民が近隣に「火事だ」と伝えたのが14日午前零時50分ごろだった。

駆け付けた消防隊員によると「これほどの規模の火災がこれほどの速さで広がっているのは見たことがない」(タイムズ)。
火は「15分ほどで24階のビルの上部に向かって駆け上がっていった」という。そして約24時間にわたって、外壁が真っ黒になるまで燃え続けた。

いったいなぜ、これほどの火災になったのか。

一説によると、昨年改修された際に使われた外壁保護材が建物全体を「まるでマッチ箱」のようにしてしまい、このために考えられないほどの速さで火が広がったのではないかと言われている(ただし、BBCによると、この保護材をつける作業を担当したハーリー・ファサード社は関連性を否定しているという)。

昨年5月に大規模改修が終わったばかり

グレンフェルタワーは、ケンジントン・チェルシー行政区が1974年に建設。昨年5月、860万ポンド(約12億円)かけた大規模改修工事が終了したばかりだ。ただ、その安全性については疑問が呈されてきた。住民による「グレンフェル・アクション・グループ」が結成され、2013年2月、十分な火災防止設備が整っていないことを指摘。メンバーは改修後の2016年11月にも対策が十分ではないという趣旨の文章をブログに書いていた。

さらに、大量の散水によって消火活動を行う自動スプリンクラー設備がついていなかった。現在の英国の法律では、高さ30メートル以上の住宅用ビルを新築する場合スプリンクラーを装備することが必須となっているが、地方自治体は法律ができる以前に建てられた高層住宅にスプリンクラー設置をする法的義務はない。

過去にも大規模火災はあった。ロンドン南部の低所得者向け高層住宅「ラカナルハウス」で火災が発生し、犠牲者が出ている(2009年)。ここにもスプリンクラーが付いていなかった。

カラナウハウス

今回の火災では「警報を聞かなかった」という住民も複数いる。ビル内に貼られていた緊急時のアドバイスには、火災の際には外に出ず室内にとどまっているようにと書かれていた。これは火災が発生した部屋の中で完結することを前提としていたためだ。廊下や階段に煙が出た場合、消えるまでには時間がかかる。住民らが煙に巻き込まれず、落ち着いて階段を使って退避することを想定していたのである(数百人が住んでいるのにグレンフェルタワーの階段は1カ所だけだった)。

ケンジントン・チェルシー行政区が改修を依頼した民間の建設会社ライドン社が手抜き工事をしたのではないかとの疑問の声も出ている。果たして真相はどうだったのか。火災拡大の原因解明にはもう少し時間がかかりそうだ。
火事があったケンジントン・チェルシーは、ロンドンの高級住宅地ひとつ。元プレミアリーグ選手デイビッド・ベッカム夫妻がここに住居を構える。この地区の平均住宅価格は136万9708ポンド(英登記所調べ)と、英国の平均住宅価格の6倍以上に上る。
しかし、人口密度がロンドン内で2番目に高いこの地区には、貧困スポットも点在する。

スラム化を防ぐための住宅だった

グレンフェルタワーはケンジントン・チェルシー行政区がケンジントン北部に建築した、低所得者用高層住宅4錬で構成される「ランカスター・ウェスト・エステート」の1つ。

フィナンシャル・タイムズの建築批評家エドウィン・ヒースコート氏によると、建設理由は移民出身者や低所得者が集まる地域がスラム化することを防ぐためであった。

こうした住宅は日本の地方自治体に当たる「カウンシル」、あるいは「バラ」と言う行政区が税金を使って作るため、「カウンシルハウス」(公営住宅)、あるいは近年では「ソーシャルハウジング」、「アフォーダブルハウジング」と呼ばれている。低所得者の市民が廉価で入居できる公営住宅だ。

ヒースコート記者によると、1960年代、1970年代に建てられたカウンシルハウスは安普請が多かったが、グレンフェルタワーは外壁にしっかりしたコンクリートの柱を使った、よりまともな住宅であった。

かつては比較的スペースに余裕がある作りになっていたが、最近ではより小ぶりになり、入居者を増やすようになったという。120戸が入っていたグレンフェルタワーに階段が1カ所にしか設けられていなかったことは「驚きだ」と書いている。

労働党議員デービッド・ラミー氏は「苦しむのはまた貧しい人々だ」と題するコラムをデイリー・ミラーに書いている。

「どこにスプリンクラーがあったのか。炎が建物を覆っているのに、どうして住民は部屋の中にいるよう言われていたのか。住民組織が安全性への懸念を書いたのは昨年の11月だ。誰も聞いてくれなかった」。

ケンジントン・チェルシー地区には豪華高層ビルがどんどん建設されている。「もちろん、スプリンクラーもついているし、壁は防災だし、火災時の避難設備もある」。コラムはこう終わっている。「貧しい人は置いてきぼりにされている。危険な状態のままに置かれている」。

「企業による殺人が行われた」

15日朝のBBCのラジオ番組「トゥデー」に出演したラミー議員は「企業による殺人が行われた」とまで述べた。「責任者は逮捕されるべきだ」。

ガーディアン紙によると、地元の選挙区を代表する労働党議員エマ・デント・コード氏は、タワーにいた被災者がこの地区から追い出されてしまうのではないかと危惧する。コミュニティとは切り離された、遠く離れた地域の住宅に移動させられるのではないか、と。

デント・コード議員は6月上旬の下院選で当選したばかり。グレンフェルタワーから数分の場所に住み、個人的に住民を知っている。

行政府は「ソーシャル・ハウジングが劣悪でも誰にもとがめられないだろうと高をくくっている」とデント・コード氏は言う。「もっと市民の声に耳を傾けるべき」。住民の安全性への懸念にもっと耳を傾けていたら「火災を防ぐことは可能だったと思う」。

グレンフェルタワーを訪れた後、ラティマー・ロード駅に戻って、プラットフォームに入ると、涙をしきりにふいている女性がいた。彼女の視線の先を見ると、真っ黒で巨大なグレンフェルタワーがある。近辺にはグレンフェル・タワーそっくりの高層 住宅がいくつか見えた。緑の多い住宅地にポツン、ポツンとタワーがそびえていた。

住宅価格が高騰し、元々いた住民が住めなくなりつつあるケンジントン・チェルシー地区。低所得者の住民はスプリンクラーがない高層住宅に押し込められ、火災で命を落としたのである。

メイ首相はこの日現地を訪れ「徹底的に原因を究明する」と述べている。原因を究明したあと、政府はどのような対策を打つのだろうか。しばらく注目を集めることになるだろう。

http://toyokeizai.net/articles/-/176613




【ロンドン火災】 なぜ高層住宅の住民は「室内に留まる」よう指示されるのか


レイチェル・シュレアー、ジャック・グッドマン BBCニュース
2017年06月15日

ロンドン西部の公営住宅で14日未明、24階建て127戸の「グレンフェル・タワー」から出火し、大勢が死傷する大火災となった。管理側は住民に、自室や直近の廊下などで出火したのでなければ、火事の際は室内に留まるよう指示していた。これはなぜなのか。

グレンフェル・タワー内に掲示されていた火災時行動マニュアルは、自室で発生した、もしくは自室に影響を与えている火事でなければ、室内に留まるよう住民に勧告している。住民へのニュースレターでは、「別段の指示がない限り、長年の『その場にいて』方針が適用されます。これはつまり、自室や自室外の廊下で出火したのでない限り、自室内にいるべきだという意味です」と書いている。

これは大型集合住宅において比較的スタンダードな勧告だ

キャプチャ

ロンドン消防局は一般的な火災対策として、集合住宅で火災が発生した場合、炎や煙に直接影響を受けていない箇所の人たちは、自室に留まった方が「安全な場合が多い」と説明している。

元消防士で防火対策専門家のエルフィン・エドワーズさんは、「自室に留まる」方針は、火事に直接影響を受けない住民が不要に避難して通路をふさがないようにするためだと話す。

大事なポイントとなるのは、炎の広がり方だ。英国の防火対策の基本は、鎮圧可能な規模の火事を前提としている。高層集合住宅は通常、たとえ1カ所で出火しても建物全体には広がらないよう設計されている。個別の住宅はそれぞれ独立して、延焼を防ぐように設計されているはずだ。

しかしグレンフェル・タワー火災の場合、炎が瞬く間に建物全体に燃え広がった。その速度は前例がないとエドワーズさんは言う。
建築物の防災設備点検を専門とするジェフ・ウィルキンソンさんはBBCに対して、煙が避難ルートに侵入して広がった様子が「何より気がかりな」ことのひとつだと話した。ウィルキンソンさんはさらに、タワー棟の警報システムが、通常想定されるものとは異なっていたようだと指摘する。

「こういう建物は、全員が避難することを想定していない。非常階段が一つしかない構造では、火は個別の居宅内で鎮圧することが前提となっている。住民全員が一斉に避難しなくても良いようにするためだ。消防隊がやってきて状況を把握し、どの階から先に避難すべきか判断し、住民はその避難誘導に従うというシナリオが想定されている」

防火対策の専門家、グレアム・フィールドハウスさんは、「室内に留まる」方針があるからといって、どのような場合にも住民は室内に残らなくてはならないわけではないと話す。

「室内残留方針の是非と、住民がどれだけ方針を理解しているのかにもよる。もし炎や煙の影響を受けているなら、早く出た方がいい」
たとえばエセックス地方のハーロウ行政区は、「迷うなら、外へ」と行動指針を出している。

各地の行政区を代表する地方政府協会も、2012年の行動マニュアルで「迷ったら外へ」を勧告。「室内残留」方針があるからといって、「身の危険を感じる」人たちが外に出るのを防ぐものではないと説明している。
恋人と幼い娘の3人でグレンフェル・タワーの8階に住んでいたマイケル・パラマシーバンさんは、外に出るなという勧告を無視したと話す。

「アパートに残ってたら、3人とも死んでいた」

室内に留まるようにという勧告は、これまでにも疑問視されてきた。

2009年にはロンドン南東部の公営高層住宅「ラカナル・ハウス」(14階建て98戸)で火事があり、6人が死亡した。その後の火災調査で、当時のケン・ナイト消防総監は、火勢の広がり方が異例だったと指摘。室内に留まる原則が今でも有効なのか確認するには、火の広がり方を十分に理解する必要があると報告した。

今回のグレンフェル・タワー火災によって、避難方法に関するその疑問があらためて浮上するのかもしれない。
(英語記事 London fire: Why are people told to 'stay put'?)

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-40284049




グレンフェルタワーの火災の原因は2015年の改装時に追加された外装材か? | 断熱材がマンションを火葬場へと変えた?

火災の直接の原因は4階で冷蔵庫が爆発したこと?
出火の元になった4階の住人が隣の部屋で爆発音を聞いている。すると隣の部屋の住人が飛び出してきてドアをノックして避難を促したとのこと、冷蔵庫が爆発して炎上した。30分もするとビル全体が炎上する結果となった。

火災がビル全体に燃え移った原因は2015年の改装時に追加された外装材
1972年に建造、1974年に完成、23階建てで合計120部屋がある。2015~2016年にかけてリノベーション工事を受ける。その時に鉄筋コンクリートの基礎構造の外側にアルミ合金製の外板と断熱材を設置する。

報道で知られているようにビル全体が火に包まれるような事態になった原因は2015年のリノベーションの時に追加された外装材(英語ではrainscreen)

・コストの関係で燃えやすい素材が使われた可能性

・外装材の通気構造が酸素を供給した可能性

外装材には通気のために断熱材と金属外板の間に25~30mmの隙間がある。この隙間が空気を供給する役目を果たして、火気を強めた可能性が指摘されている

空気を送る


非常階段もない危険な構造


間取り

このようにビルの中央部に階段があるだけで非常階段は装備されていなかった様子

クラッディングとは何ですか?なぜ火災の危険性がありますか?

同社の取締役Ray Baileyは、改装業界で一般的に使用されている共通のアルミニウム複合材料(ACM)パネルを使用していると述べています。

なぜクラッドが取り付けられたのですか?

Cラッピングは、建物の一部を断熱するため、また外観の一部を改善するために一部使用されています。
グレンフェルタワーで行われた作業に先立って作成された2014年の計画文書は、次のようになっています。「高さのため、隣接するアボンデール保護区域から南に、そしてLadbroke Conservation Areaから東にタワーが見えます。

"既存のタワーの変更は、特に周辺から見たときの外観を改善する。

"reclad材料と新しいウィンドウは、建物の環境性能とその物理的外観に大きな改善をもたらすでしょう。
「制度全体の設計は、政策の要求、期待、そして願望を完全に考慮し、特に一貫性のある場所として働く広い環境を作り出すことに焦点を当て、即時かつ広い環境を十分に考慮して施工されています。

クラッディングはどのように火の広がりに貢献したでしょうか?

E xpertsは、クラッドがクラッドと建物の壁との間の隙間を通って上方に広がることを可能にすることによって、クラッドが炎のための「煙突」のように機能することができると述べた。

ウィルキンソン建設コンサルタントのジェフ・ウィルキンソン(James Wilkinson)常務取締役はデイリー・テレグラフ(Daily Telegraph)に次のように書いている。「これらのプラスチック製または金属製のパネルは天候から建物を守り、外観を改善するために設置されているが、"火災が発生した場合、これは煙突のように働き、熱気を引き上げて火炎を明るくします。このようにして、建物の底面から一番上まで火を吹き飛ばします。


"クラッドで広がると、暑い夏の夜に開いたままの窓を通って吹くカーテンに火がついた可能性がある。

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-40284049




◆こうしてニュース記事をざっと俯瞰すると、由緒あるケンジントン・アンド・チェルシー王室特別区の大邸宅に住む富裕層が、聳え立つ24階建てのビルから、汚らわしいムスリムが見下ろしている事に我慢が出来なくなったので、焼き払ったのだと思われます。

火事4

富裕層で白人至上主義者たちがお金を出してクラッド(アルミなどと別種の金属を張り合わせた外壁板)で化粧を施し、内側に断熱用のウレタンを大量に張り付け燃えやすくして、放火したと云うことでしょう。集合住宅で火事の場合は、室内に居なさいという勧告もイルミ式ですね。

◆興味深いのは、火元は4階で冷蔵庫が爆発したことにより一気に火が回ったということですが、通常冷蔵庫が爆発するとは考えられません。中国製や韓国製なら別ですがwww

更に不思議なのが4階から出火すれば火の手は上に行きますかが、このビル火災では一階まで火が駆け下っているということです。やはり手の込んだ人災だったのでしょう。現地消防当局も火災原因調査には消極的だそうですから出火原因は究明されないでしょう。いずれこのビルは取り壊され更地になり、大富豪の邸宅が建てられるのではないでしょうか。

▼流石、英国紳士、やることが違うニャア!

光る猫の目

テロ等準備罪狂騒曲



◆組織犯罪処罰法の改正案が圧倒的過半数を得て参議院で可決されました。
いやいや、徹夜での審議だったようで、議員諸氏にはご老体もおいでのようですから、さぞお疲れだったでしょう。

参議院

◆この法律の名前について、反対派は共謀罪、賛成派はテロ等準備罪という言葉を使っていましたが共謀罪反対!って野党やマスゴミがやかましく騒ぎ立てていたので、ノンポリのB層にもかなり浸透したのでは居でしょうか。

◆民進党共産党が、発狂してこの法案を潰そうと死に物狂いで反対して居たのは党内に革マルや中核派が潜んでいて、いざとなれば中朝の手先として、政府転覆や社会不安を煽るためのテロなどをを企んでいるからで、後ろ暗い過去を持つ輩は公安に目を着けられている事を知っているので、反射的に防衛本能が働いたのです。

◆テロなど組織犯罪の準備でもしてなければ特に気にする事は無いと思うんですが戦前の治安維持法に回帰するという主張は論理的に考えて飛躍のしすぎだし、時代錯誤も甚だしい。

山本太郎1

山本太郎や福島瑞穂のごときはトンカチ飼っても共謀罪、「あいつ、むかつくな。殴ってやろうか。共謀成立、相談成立です」と云い、「まばたきしたら共謀罪」「キノコ採りに行ったら共謀罪」 テロ等準備罪の反対声明がぶっ飛びすぎて、ここまでくれば被害妄想、 完全に病気です。
福島瑞穂

◆こういう異常者を日本の選良として野放しにしておけば、さらにおかしな奴らが湧いて跳梁跋扈するようになります。在日老害パ翼が公共機関である電車の座席を占拠してこうした横断ビラを広げ、ふつうの乗客に多大な迷惑をかけて平然としています。公共交通機関の電車内で政治活動することこそテロ行為ではないのか。こいつらには常識とか良識と云うものがないのです。

山手線内

山手線内2

◆安倍政権はテロ等準備罪を東京オリンピックにあわせてテロ対策を急ぐ理由に、挙げていますが、もう一つ理由があります。それはTOC条約(国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 )に加盟するためです。


WIKI引用

経緯・沿革

国際的な組織犯罪が急速に増大したため、1994年11月、イタリアのナポリで開催された国際組織犯罪世界閣僚会議において、「ナポリ政治宣言及び世界行動計画」が採択され、国際的な組織犯罪に対処するための法的枠組みを定める国際組織犯罪防止条約の検討が提唱された。

1998年12月、国連総会において、国際組織犯罪防止条約の本体条約、および「人身取引」「密入国」「銃器」に関する三議定書を起草するためのアドホック委員会(Ad Hoc Committee、政府間特別委員会)の設置が決定された。この委員会で条約案が起草され、本体条約と「人身取引」「密入国」に関する二つの議定書については2000年11月15日に、また、「銃器」に関する議定書は2001年5月31日に、それぞれ国際連合総会で採択された。

2000年12月、イタリアのパレルモにおいて、条約及び関連議定書の署名会議が開催され、本体条約には124カ国、「人身取引」議定書は81カ国、「密入国」議定書には78カ国が署名した。その後、本体条約および三議定書は、2002年12月12日までニューヨークの国際連合本部において署名のために開放された。

日本の対応[編集]

日本は、条約本体について、2000年12月にイタリアのパレルモで行われた署名会議において署名し、2003年(平成15年)5月14日に国会で承認[5]した。しかし2017年6月現在も批准していない。また、三議定書については、2002年12月9日に国連本部において署名した。2005年(平成17年)6月8日、三議定書のうち「密入国」「人身取引」について、国会で承認した(「銃器」は未承認)。

本条約の締結に伴い、その条約上の義務として、重大な犯罪を行うことの合意、犯罪収益の洗浄(資金洗浄、マネー・ローンダリング)、司法妨害等を犯罪とすることを定めて裁判権を設定するとともに、犯罪収益の没収、犯罪人引渡し等について法整備・国際協力を行わなければならない。

これに対応するため、政府は第159回国会(平成16年1月開会)に「犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」を提出したが成立しなかった。これは、同法案で新設する予定だった共謀罪の対象とされる行為があまりにも広く、かつ、曖昧であることに批判があったためとされる。

また民進党は共謀罪の成立無しでも批准可能であると主張[6]している。旧民主党政権下において批准出来なかった理由について、野田政権下で法相だった小川敏夫は2017年(平成29年)5月18日テレビ朝日の取材で、政権が弱体化し法務省に行けば外務省、外務省に行けば法務省とタライ回しにされ批准できなかった事を述べている。

これに対し、自民党政府は現行法での運用(予備罪等)のみでは足りず、共謀罪等の新たな罪状を新設しなければ条約を批准することができないと主張してきた。

その後、安倍政権下において共謀罪の構成要件を厳格化し「テロ等準備罪」を新設する方針に転換し、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(組織犯罪処罰法)の改正案を第193回国会に提出。2017年5月23日に衆議院を通過し[7]、6月15日に参議院で可決・成立した[8]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%9A%84%E3%81%AA%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E3%81%AE%E9%98%B2%E6%AD%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E6%9D%A1%E7%B4%84



◆民主党時代にはこのパレルモ合意を批准しようとしていたのですが、政権弱体化でそれが果たせなかったといっています。つまりテロ等共謀罪は日本の安全を守るためには必要不可欠の法律でもあるのです。

◆昨年パナマ文書がリークされ、日本のマネーロンダリングの実名が暴露され大騒ぎになりました。その文章には著名人から、暴力団、怪しげな企業、および個人名が流出しています。TOC条約(国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 )には188か国が批准していて、こういう組織犯罪情報を共有できるようになるのです。これまでの日本はパ翼の反対で3度廃案になり、先進国の中で唯一の未加盟国だったのです。

◆これでにほんもやっと国際犯罪組織の情報を世界中から収集できるようになり誠に喜ばしいことなのですが、山本太郎は参議院の議場で牛歩戦術に出て時間稼ぎをしていましたが、法案が通過すると議場で「恥をしれと」罵声を挙げました。恥を知るべきは己ではないのか?

【国会中継6月15日】テロ準可決! 牛歩戦術時間切れで野党の不正投票発覚!福島みずほ達3票無効でしょww 山本太郎氏「恥を知れ!」犬の遠吠えもむなしく終了www“クールな政治”




◆民進党の小西ひろゆき議員はある日こんなツイートをしています。

小西ひろゆき

◆そしてテロ等準備罪が成立するとこう言う負け惜しみを言っています。


小西2

◆小西ひろゆきは憲法が趣味だそうで、条文を暗記しているという噂があり安倍首相に条文の何条には何が書いてあるかと云うような質問を繰り返し、クイズ野郎と云われているそうです。相手が答えられないとどや顔で教えるという誠に嫌味なサイコパスです。

どや顔

konishihiroyuki-tenura-1.png

◆議事進行妨害はこの男の趣味なのでしょう。何時だったか忘れましたが、議長の声明文を取り上げようと襲い掛かったところ、髯の隊長に殴り落されていましたね。

体調に殴られる小西

◆ネットではシニカルな書き込みがなされていています。亡命すると云った筈だが何故しないwww





「小西ひろゆき議員の亡命を応援しよう」署名サイトで賛同者募集開始、テロ等準備罪法案成立で

テロ等準備罪法案が成立したことを受け、ネットで民進党・小西ひろゆき議員の「亡命」が取り沙汰されていますが、オンライン署名サイトでも「小西ひろゆき議員の亡命を応援しよう」とする企画が立ち上がり賛同者を募っています(画像はYahoo!より)。

これはChange.org上で6月15日のテロ等準備罪法案成立後にはじまったもので、発起人名が「小西洋之」と本人の名前となっていることに留意する必要はありますが、発起した人物は企画の趣旨についてこう説明しています。

「共謀罪が国会で成立してしまいました。小西ひろゆき議員を共謀罪から守るために、亡命の手助けの署名をお願いします。」

小西議員の亡命説は4月19日の深夜、テロ等準備罪法案が実質審議入りしたことを受け自身のTwitterで「共謀罪が成立すると本気で国外亡命を考えなければならなくなると覚悟している」と述べたのが発端でしたが、現在の盛り上がりは単に一政治家が2ヶ月前に発したツイートを取り上げ騒いでいるに過ぎない単純なものというわけでもありません。

「亡命考えなければならなくなる」と小西議員の発言があくまで「亡命検討宣言」であり「亡命宣言」ではない点に注意は必要ですが、ツイートから3日後に産経新聞は小西議員の政治家としてのスタンスを疑問視するかのようにこう指摘していました。

産経「ある民進党議員は、テロ等準備罪が成立したら本気で国外亡命を考えると訴えていた。国会議員の一番の責務は、国民の生命、財産を守ることではなかったか。」

国会議員という立場でありながら国民を放り出して自分だけ亡命するという選択肢を公言する姿勢は政治家として適格なのか、という問いを投げかけた格好でしたが、この一文によって小西議員の発言が如何に不適切であったかが広く認知されることになります。

更に4月24日には野田佳彦幹事長の記者会見において「国会議員がこういうツイートをすることを幹事長はどう思うか」という質問が飛び出し、野田幹事長が「よく指導していきたい」と答える場面もありました。

小西議員の「亡命」は5月になっても話題になり続け、人々の大きな関心事になっていることを示したのが5月15日の夜、作家で経済評論家の渡邉哲也氏が小西議員の亡命先候補として条件に合う国を4つ挙げてTwitter上でアンケートを行なった所、一晩で15,000もの回答が集まった際でした。

小西議員が忌避する共謀罪が制定されておらず海外との集団的防衛体制に入っていないという条件で選択肢となったのは「イラン」「ソマリア」「コンゴ共和国」そして「南スーダン」。

TOCに加盟していない国

ソマリアと南スーダンが人気を分け合う結果となりましたが、テロ等準備罪法案の審議が着々と進むにつれて法案の成立とともに再び小西議員の亡命が取り沙汰されることになるのは確実、という空気がネットに醸成されていきました。

共謀罪のない世界へ

加えて6月14日夜に流していた小西議員のツイートもこれに拍車をかけていたようです。参議院本会議で中間報告の動議が強行採決され、15日朝にかけてのテロ等準備罪法案成立がほぼ確実視され始めたタイミングで小西議員は「中間報告自体が国会法違反で違法無効。よって共謀罪は未来永劫に違法無効」と発言。

これが「違法無効だと主張することによる亡命逃れでは?」と受け止められ「亡命しろよ!」という空気が強まってしまいます。
テロ等準備罪法案の成立目前には「小西はもう家帰っていいぞ」「荷造りは終わってるのか?」といった揶揄も少なくなく、「小西議員亡命」の話がテロ等準備罪法案の成立と共に話題として大きく膨らんだのは「亡命」を含むSNSの書き込み数が急増していた点からも明らかでしょう。

Yahoo!の検索で「小西 亡命」と入力すると、6月16日朝の段階で出て来る入力予測は「小西 亡命 どうぞどうぞ」「小西 亡命先」「小西 亡命 いつ」「小西 亡命 ツイッター」「小西 亡命 早く」といずれも期待感を感じさせるものばかりですが(上記の図参照)小西議員が今後、どのような説明によって「亡命考えなければ」発言との整合性をもたらそうとするか、またオンライン署名活動がどこまで賛同者を増やすのかなど、この話題はまだまだ終わりそうにありません。

「政治家なんだし有言実行でお願いしますよ」

「議員にしがみついたらカッコ悪いゾ」

「民進党の支持者は背中押してあげないの?」

「さよならコニタンもう会わないと思うけど」

「ちゃんと日本国籍抜いてから行けよな」

「辻元も連れてってやれよ」

「玉木はついていかなくていいのかな」

「どこへ亡命するかくらい言えよ小西」

「共謀罪ない国は少ないからな。大変だな」

「6月15日はコニタン亡命記念日ですね」

「見送りに行くから便を教えてくれよ」

「国会議員の仕事はもうしなくていいよ!」

「バイバイキ~ン」
 
テロ等準備罪法案成立で小西議員は「亡命」発言への説明をすべき?

すべきだと思う (93%, 1,240 Votes)

特に必要とは思わない (7%, 98 Votes)

Total Voters: 1,338


http://www.buzznews.jp/?p=2109058




◆惨憺たる結果を招いた野党の国会戦術には、身内からも非難轟々のようです。




民進党など野党の「女の壁」作戦に非難轟々「誰も疑問持たないの?」「最低のやり方だな」


170615-003.jpg

6月15日の朝に成立したテロ等準備罪法案の採決を巡り、前日夜に野党が実行した「女の壁」作戦に対し疑問と批判の声が相次いでいます(画像は日テレNEWS24より)。

これは国会内の廊下を塞ぐ為に女性を前に出して壁のように使う作戦で、その目的について産経ニュースは「男性の衛視が体に手を掛けて移動させることが難しいという理由から用いられた手法だ」と説明しています。

中間報告で採決に踏み切った与党側の姿勢を支持するかどうかは別としても、野党側の女性を利用したこの行為に対しては厳しい意見が相次いでおり、男女平等、男女同権を唱えながら女性であることを武器とするに等しい「女の壁」作戦は女性からも不評のようで「こういうの止めて欲しい」との苦言も見られています。

他者には厳しい一方で自らの言動を客観視出来ない民進党を始めとする野党の体質が浮き彫りになった形と言えますが、参議院の法務委員会で金田法相の問責決議案提出によって質疑を打ち切っておきながら審議が足りないと騒ぐ姿勢も本質的には類似の構図だとの指摘もあり、改めて民進党など野党の身勝手な思考と行動への不快感が広がっているようです。

「女性を盾にしてセクハラだ暴行だって騒ぐのかゲスい」

「女性議員を使って廊下封鎖とか人としておかしいだろ」

「こうい連中が男女平等語るとか笑い話かよ」

「女性議員よ、女であることを武器にするな!」

「男女同権とか言いながらこういう時に女を使うの許せない」

「ちょっとでも触ったら騒ぐつもりだろ。最低」

「都合のいい時だけ女性扱いしろとかふざけんなよ」

「女の壁とか女性差別だろ?ISと同じじゃねーか」

「逆セクハラだろうが。誰か疑問持つ人いないわけ?」

「これを肯定できる神経が本当にわからない」

「女子供使ってテロやるのと本質的に何が違うんだろう」

「女だけどこういうのホントやめて欲しい」

「政治家がこれじゃいつまでたっても女性蔑視なくならないよ」

「ヒドイ。最低の作戦だ。こんなのよく出来るもんだ」

「民進党の支持者さんたちはこういうのに賛成してるの?」

「民進党のインチキなパフォーマンスはもううんざり」

「問責決議案で質疑止めた連中が何開き直ってんだ」

「自分で審議止めといて採決に文句つけるとかアホか」

「自民党不支持でもこいつらを支持することは絶対にない」
 
http://www.buzznews.jp/?p=2109024




◆女の壁などと云う愚策を考え出したのは誰だか知りませんが、民進党と云うのは全体がバカの壁で出来ているようですね。
この政党は日本にあってはならない売国集団であることがB層の有権者にも少しは理解できたのではないでしょうか。

◆日本の将来の為に次の動画は傾聴に値します。

【渡邉哲也】共謀罪は反日一掃法案!成立しないと日本が本気でヤバいことに




▼次の選挙で民進党は消滅だニャ!

富士と猫
an>

また訃報か・・・



◆長い間茶の間で親しまれてきた、女優の野際陽子さんが亡くなったと云う。野際さんは「やすらぎの郷」というテレビでは珍しい老人ホームが舞台の月金昼帯連続ドラマに出演していました。私も時折見ていますが、まあ出演者の顔ぶれを見ると誰が先に逝ってもおかしくないという御年の方々ばかり。ドラマの内容も認知症、財産管理、病気、孤独、不安などがテーマになっていますのでシルバー世代にはかなり共感されているようです。



シルバー狙い大当たり『やすらぎの郷』初回8.7%の好発進

やすらぎの里

テレビ朝日系で「中高齢の視聴者向け」と銘打ち、新設された“シルバータイムドラマ枠”で『やすらぎの郷』(月~金 後0:30~0:50)が3日、スタート。初回の番組平均視聴率が8.7%だったことが4日、わかった。最高で9.4%を2回(後0:39、0:44)記録。昼の時間帯としては好発進となった(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。 

 同ドラマは、『北の国から』などの脚本家・倉本聰氏が、夜のゴールデンタイムに若者向けのドラマが数多く放送され、大人の観るドラマが少ないという現状に対し、ゴールデンタイム以外の放送枠で毎日放送する、大人のためのドラマを企画。 

石坂浩二


 ドラマの舞台は、テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム『やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ、イタリア語で“道”の意)』。かつて一世を風靡したシナリオライター・菊村栄(石坂浩二)を中心に、このホームに入居した往年の大スターたちの姿を描き、家族、財産(遺産)、過去への想い、恋、死への恐怖、芸術への心残りなど、多岐に渡るテーマをユーモラスに描いていく。 

 石坂をはじめ、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、五月みどり、野際陽子、藤竜也、ミッキー・カーチス、八千草薫、山本圭、草刈民代、常盤貴子、名高達男、風吹ジュン、松岡茉優らが出演する。 
野際 石坂

 初回は、認知症の妻・律子(風吹)を看取って半年、ようやく気持ちの整理がついた脚本家の栄(石坂)は、生まれてから80年近く暮らしてきた東京を離れる決意を固める。妻の墓前に花を手向け、住職に遺言書を預けた栄はその晩、テレビの黄金期を共に築いた“戦友”のディレクター、中山保久(近藤正臣)と会うことを約束。初めて胸の内を明かすつもりで、栄の小学校時代の同級生(小松政夫)が営む居酒屋『侘助』へと出かけていく、というストーリーだった。 

http://www.oricon.co.jp/news/2088607/full/




◆60年前にNHKでアナウンサーをしていたという黒柳徹子さんと野際陽子さんのお別れの手紙。




黒柳徹子さん、野際陽子さんへ手紙「あなたのいない世界は寂しい」

黒柳徹子

 女優の野際陽子さんが13日に亡くなったことを受け、親交が深かった女優の黒柳徹子さんは16日未明、「あなたのいらっしゃらない、この世界は、寂しいです。本当にお友達がいなくなったようです」などと野際さんへの思いをつづった手紙を発表した。手紙の全文は次の通り。

     ◇

 「大好きだった、そして仲良しだった野際陽子さんへ 

 NHKに入ったのが、およそ60年前。あなたはアナウンサー、私は放送劇団。その頃からもう気が合っていて、一緒にフランス語を習ったり、同じお洋服屋さんで、お洋服を作ってもらったり。

 私は、あなたの感覚が、好きだったし、何より正直だった清らかなあなたが好きでした。

 長いことFAXでやりとりしましたね、流れるように美しい字のあなたのFAXは、カタカタと静かに送られてきました。大きくてガタガタの字の私のFAXは、あなたと対照的に、恐らく、ドタドタとお宅に到着したことでしょう。

いつになったら、あなたが『やすらぎの郷』に沢山出ていらっしゃるかと、楽しみにしていました。あなたが病気で、それどころではない、なんて知らなかったのよ。一緒に芝居をやりましょうとか、よく話しあいましたね。

 野際さん、胸がいっぱいで、悲しく、なんと言ったらいいのか、わかりません。転勤で名古屋でのあなたの個人アパートに泥棒が入った話は、おかしくて『徹子の部屋』だけでも、4回は、して頂きましたね。いやがらずに、よく話して下さったわね。

 この2、3日は、ずっとあなたのことを考えていました。どうしてでしょうね。
 そういえば『死』ぬときのことなんかも、呑気に話しあっていましたね。次に、あなたにお会いしたとき、どんなだったか話しあいましょうね。
 
 野際さん、あなたのいらっしゃらない、この世界は、寂しいです。本当にお友達がいなくなったようです。
 じゃ、今度お会いするまでね。お友達でいて下さってありがとう」

http://www.sankei.com/entertainments/news/170616/ent1706160019-n1.html





◆「あなたのいない世界は寂しい」と云っていますが、そそっかしいトットちゃん、慌てて後を追いかけいで「徹子の部屋」を何時までも続けてくださいね。

◆今年は松方弘樹、渡瀬恒彦、ムッシュかまやつなど多くの著名人が亡くなっていますが、野際さんより若くて逝っています。高視聴率ドラマ「やすらぎの郷」で81歳まで現役で演技を続けられたと云うことは女優冥利に尽きるのではないでしょうか。謹んでご冥福をお祈りします。

野際陽子

▼もう訃報は沢山だニャア・・・・

inori.jpg
span>

老害以て心すべし




◆日曜日、従兄の連れ合いが亡くなり葬式に行ってきました。葬式は今年に入って3回目。親類縁者がどんどんいなくなり生き残っているのは自分だけになってしまいました。亡くなった人は8年間も病床で苦吟していたそうですから、ご本人にとっても家族にとっても楽になり、結果としてはよかったのではないでしょうか。弔問客は50人ほど、見渡せば全員老人ばかり。少子高齢化を肌身で感じる葬儀でした。

P1010505_convert_20141201215242.jpg


◆老人といえば、一般的には何だか温厚な人が多いイメージがありますが、結構不穏な雰囲気を醸している人たちがいました。老人ホームでも三角関係でもめ事が多いと聞きますが人間はいつまでも生臭く人生を達観できない生き物なのでしょう。

◆近頃は若者よりもタチの悪いキレる老人が増えているそうです。
実際にスーパーやコンビニの店員や駅員にクレーム着け文句を言ったり暴力を振るうのは若者ではなく老人である場合が多いと云われています。

◆社会学者や心理学者は、団塊世代の老人たちがキレるのは『自分が時代を切り開いて来た』といった自負があり、プライドが高く自意識過剰で存在が否定されることを許容できないからだと分析しているようです。

◆「時代の流れが早すぎるのかどうかわかりませんが自分が現役であった時代と、今の社会のシステムや価値感が違い過ぎていることに不適合を起こし、ヒステリー症状が起きているのかもしれません。特に現役意識が強く自尊心の塊である団塊の世代には、もどかしさや腹ただしさが怒りに変わるのでしょう。


◆それもまたGHQや日教組教育のなせる業でしょうか、団塊世代は「ミーイズム」「エゴイズム」が生き方の基本になっています。社会や国家より自分が最優先で「俺ってビッグでサイコーだろ」と云う風で、自己顕示欲が過剰な人が目立ちます。「謙遜」とか「謙譲の美徳」と云う日本古来の価値観が殆ど欠落しているのです。





格下への接し方」が器の大きさを表わすという話


BBBZUrt.jpg


ある交流会でのことですが、久々に尊大な態度で自慢が多い社長に出会いました。私があまり好きになれないタイプの人です。
年令は50代後半くらい、某有名企業にいたようですが、そこからシニア起業で独立したようです。自分にはその気はなかったが、「周りの人たちからどうしても」と望まれて独立したのだそうです。本当にそうなのかはわかりません。

“尊大な態度”がどんなことかというと、話し口調はほとんど「タメ口」に近く、人の話をほとんど聞かずに自分の自慢話をします。名刺交換一つをとっても、もらった名刺を丸めてポケットに入れそうな勢いで、態度がいちいち感じが悪いのです。私はそういう人とはできるだけお近づきにならないようにしているので大した被害はありませんでしたが、初対面の他の社長相手に「その程度の事業では」とか「自分はこんなに大きな仕事をした」とか、明らかに見下したような態度を取っています。

当然ですが、周りからどんどん人がいなくなり、にぎやかな中で一人ぽつんとしています。試しにもう一度だけ声をかけてみましたが、やはり同じような態度なので、もともとそういう性格の人なのでしょう。ただ、有名企業で揉まれてきた結果があの感じだとすると、一般的なキャリアルートからは相当に外れてしまっているか、もしくは相当に偉い立場になって勘違いしてしまったかのどちらかで、私が多くの経営者と出会ってきた経験からすると、圧倒的に前者の可能性が高いのではないかと思いました。

■長い目で見ると、威圧、恫喝、自慢にメリットはない

私が懇意にしているそれなりに立派な経営者の方々と話していると、よく「本当に偉い人ほど腰が低い」という話になります。ある人物を指して“あんなに大企業”“あんなに有名人”なのに丁寧で品が良く、気さくでなおかつ腰が低いなどという話題のこともありますし、みんなが経験してきた一般論のこともありますが、「格上の人ほど不遜な態度を取らない」という話は共通しています。

いくつかの書籍やウェブ上の記事に、それぞれ表現のしかたは違いますが、「格下への接し方がその人の器をあらわす」という話がありました。これは私が知っているある社長の話ですが、新入社員との懇親会で、相手への話し方は敬語をほとんど崩さず、かといって相手の親近感を失わせない暖かさを感じる、絶妙な品格ある対応をしているのを見たことがあります。相手への敬意と親近感を両立させるのは、やろうとするととても難しいことで、私などでは堅苦しくなるか、なれなれしくなるかのどちらかに偏ってしまうでしょう。この社長の振る舞いに心から感心したということがありました。

人間を格上や格下ということ自体が良くないという考え方もありますが、やはり社会全体の中ではその人の立場によって上下関係は存在します。そういう中で、「格下への接し方がその人の器を示す」というのはよくわかる気がします。

短期的に見れば、威圧、恫喝、自慢が必要な場面はあるかもしれませんが、それを長い目で見たとき、本人が得をすることは何一つないと思います。その人と付き合うメリットがないと見られた途端に、周りから人が去っていきます。社会的な立場がある人ほど、「格下への接し方」には注意が必要です。

http://www.msn.com/ja-jp/lifestyle/lifestylegeneral/%E3%80%8C%E6%A0%BC%E4%B8%8B%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%8E%A5%E3%81%97%E6%96%B9%E3%80%8D%E3%81%8C%E5%99%A8%E3%81%AE%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%95%E3%82%92%E8%A1%A8%E3%82%8F%E3%81%99%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E8%A9%B1/ar-AAm3F4s#page=2




◆昔の日本人なら誰でも「実るほど頭を垂れる稲穂かな」と云う言葉を教訓として弁えていました。だから誰もが尊大な態度をとったりせず、どのような相手にも礼儀をもって接していました。自己主張を抑制して相手の立場を尊重する「謙譲の美徳」。現代はこの言葉は死語と化しているようですが、今でも社会で指導的立場にある人には特に欠かせない徳目ではないでしょうか。


◆しかし「謙譲の美徳」と云うのは上位に居るものが下位に居るものに対して遜ることではありません。下位に居る者が上位に居るものに対して心しなければならないことでもあります。ミーイズムで育った若者が陥り、失敗するのが序列と云う社会システムです。




実話・会社の上司とビュッフェ「生ガキだけ食べてブチ切れられた話 

生ガキ

みなさん、ビュッフェはお好きだろうか? 平たくいえば “食べ放題” である。落ち着かない」などの意見もあるだろうが、私(P.K.サンジュン)はビュッフェに行くとついついテンションが上がってしまうタイプの人間だ。
好きなものを好きなだけ食べられるなんて最高ォォオオオ! ……基本的にはそうなのだが、食べ放題といえどシチュエーションによっては気を付ける必要があるかもしれない。体験した

・社会人になりたての頃の話

あれは今から14~5年前のこと。私が社会人になりたての頃の話だ。スーツ姿にもようやく慣れ、パソコンも何とか扱えるようになり、さらには軽い仕事なら任せてもらえるようになった時期のことである。

当時の私は「証券系のコンサルティング会社」という、お高いような怪しいよう、いま思い返しても実に不思議な会社に勤めていた。会社がどんなビジネスモデルなのか誰も説明できないのに、オフィスは東京駅八重洲口の一等地、しかも竣工仕立ての最新ビルの最上階にあるような、

「よくわからないけど、儲かってそうな会社」に勤めていたのである。

・本物の変人だった社長

社員は10人ほどで、私は最も若く最も社会人経験の少ないルーキーであった。少人数なので社長との距離も近く、高そうなセルシオで出社する社長のドライバー役もすれば、バイク便代わりにタクシーを飛ばし、社長の忘れ物を取引先まで届けるような雑用もした。要するに使い走りである。

当時60歳手前だった社長は、私の人生で出会った中でもTOP3に入るくらい変わった人で、まさしく “変人” と呼ぶのにふさわしい人物だった。イチイチ書いていたらキリがないが、とにかく凄かったのは「永遠に怒鳴っていられる才能」を持っていたことだ。

普通、人間は怒っても数分で怒りが収束してしまうものだろう。仮にブチギレたとしても、沸点をキープできる人は滅多にいない。だが社長は違った。大げさではなく、何時間でも怒鳴り続けられるのである。いったん怒り始めたら強弱などなく、ひたすら “強” で怒鳴り続けられるのだ。あれはマジで凄かった。

しかも、社長は天才と変人の狭間にいるような人で、1日平均2回は怒鳴り声を上げていた。1度だけ1回も怒らずに1日が終わったとき、社員同士、無言でお互いの顔を見つめ合ったものである。

──話がそれてしまったが、その社長と社長の奥様、さらには上司、そして私の4人でヒルトンホテルのディナービュッフェに出かけたときのことだ。その日、社長はホテル開かれるパーティーに参加することになっており、時間が空いたため、私と上司をビュッフェに連れて行ってくれたのである。

・ヒルトンホテルのディナービュッフェへ

奥様もいたせいか、そのときは珍しく上機嫌だった社長。束の間ではあるが、普段は見せない “プライベートの顔” を私は初めて見た気がした。正直、この時点でいつもは軍隊レベルに張りつめている緊張感が緩んでいたのだろう。簡単に言えば、油断してしまったのだ。

さて、ヒルトンのディナーだが、これがマジで凄かった。一言で表すならば、ゴージャス以外の何物でもない。初めて目の当たりにした超一流ホテルの高級ビュッフェに、社長といることも忘れすっかり舞い上がってしまったのだ。

中でも特に私のテンションを最高潮にさせたのが「生ガキ」であった。私は友人に「俺が死んだら鼻に生ガキを詰めてくれ」と頼んであるほど、生ガキに目がない。しかもヒルトンの生ガキはケチ臭い小さな代物ではなく、ご立派としか言いようがない最高級品であった。

まず、皿に生ガキを5個のせてテーブルに戻る私。生ガキなんて飲み物みたいなものなので、あっという間に瞬殺した。2ターン目、テーブルから離れて1分後に戻ってきた私の皿にはまた5個の生ガキが。このとき私はヒルトンの生ガキに魅了されすぎて、社長の顔色の変化に気付いていなかった。

──そして3皿目を食べ終え、4皿目を取りに行こうとしたとき。社長が烈火のごとく……私にとっては日常だったが、怒鳴り始めたのだ。

「貴様ァァァァァァアアアアアアアア! 貴様なんてみっともないことをしてくれたんだ!! 親御さんからどんな教育を受けて来たんだ! お前といると恥ずかしいよ! だいたいお前は……

この20倍くらいの怒号を浴び、時間にすると3分ほどの激ギレタイムは終了した。私にとっては3分なんぞ余裕であったが、店中の人の視線がテーブル上の15個の牡蠣の殻に集まるのはとても恥ずかしかった。

今思えば、私が悪かったと思っているし、確かにみっともない行為であることは否めない。食べ放題なので何を食べてもいい。好きなだけ食べればいい。ただし、シチュエーションによっては多少の配慮が必要なケースがあることも覚えておこう。

執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%E3%80%90%E5%AE%9F%E8%A9%B1%E3%80%91%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E4%B8%8A%E5%8F%B8%E3%81%A8%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A7%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%80%8C%E7%94%9F%E3%82%AC%E3%82%AD%E3%80%8D%E3%81%A0%E3%81%91%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%89%E3%83%96%E3%83%81%E3%82%AE%E3%83%AC%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E8%A9%B1/ar-BBCsvHI?ocid=iehp#page=2




◆この記事の主はサンジュン(尚中)と云うからには韓国人なのでしょう。彼らには遠慮と云うものがありません。怒鳴られても張り倒されても痛痒を感じないのだから忌々しい限りです。


◆昔の話ですが、この記事と同じようなことがありました。会社が得意先を接待する宴会が開かれた時、入社間もない新人が、得意先を無視して広間の床の間を背にして座り、真っ先にメニューを見ていましたが、先輩から廊下に呼び出され、いきなり張り倒されるという珍事がありました。この新人は、社会にはしきたりや序列と云うものがあるということが理解出来なかったのでしょう。


◆若いから仕方がないでは許されないことがあります。森友学園や加計学園問題で、いま「忖度」という言葉が流行っているようですが、その場の空気を読む事ができない人が増えているのは確かです。

◆特に民進党にはこう言う輩が沢山いて、己の無知を顧みずひたすら与党を詰問、誹謗中傷の挙句、手ひどいブーメランを喰らうという事例が頻発しています。彼らは権利と自由は大音声で叫びますが国民に対する義務や責任は全部放棄しているのです。安倍首相の森友学園や加計学園への関与を執拗に追求、誹謗中傷するだけで、建設的、創造的意思や責任感などと云うものは全くないのです。民主党が民進党に党名変更しても彼らには政権担当能力がないのは少しも変わっていません。

◆戦後民主主義では、すべての人が自由で平等だと云うことになっていますが、現実を見る限り赤ん坊から老人までに広く自由と平等が行き渡っている国など存在しません。どんな国にも年齢やキャリア、そして能力によって社会的な序列と云うものが出来上がって社会秩序が保たれているのです。国民全員が自由と権利を等しく際限なく行使できるというのはありえない妄想なのです。


◆パ翼は口を開けば言論の自由とか、価値観の多様化などと云いますが、自分たちの価値感と違う価値観は全く認めません。日曜日は葬式でTBSのサイテー・モーニングはみませんでしたが、最近の若者に安倍政権支持者が増えたことが余程気に入らないらしく、老害コメンテーターたちがそんな若者を罵倒したというので炎上しているようです。


TBSサンモニで『出演者が”安倍を支持する若者”を罵倒する』喜劇が発生。若者は変化を求めるべきだ




◆サイテー・モーニングのプロデューサーが朝鮮人だということですから、全て反日発言しか出てこないのです。体制にケチをつけることしか知らないパ翼に愛想をつかした若者が、安倍支持に回るのは当然だし、実に正しい選択をしていると言わざるを得ません。

◆沖縄の辺野古ヘリパット建設の妨害をしているのも、朝鮮老害プロ市民です。北朝鮮や中国から日当をもらって、日米安保を崩壊させようとしているのですが、防衛省も外務省も警察も彼らを一斉排除することができないのには忸怩たる思いです。民進党がテロ等共謀罪を必死になって廃案に持ち込もうとしているようですが、こういう連中を排除するためにもこの法案は是非参院で通過させて頂きたいものです。

辺野古本体工事開始で「プロ市民」発狂!?



◆パ翼老人集団の愚行蛮行は益々酷くなるばかりのようです。


左翼老人集団 vs コンビニ店員 女子大生らが論破




◆「アベ政治を許さない」デモ参加者は殆どが朝鮮人だったということでしょうね。
韓国では排便後ペーパーを水に流す週間がなくゴミ箱の<中に入れるのだそうで、それが溜まるとひどい悪臭が立ち込めるとのことです。何故流さないのかと云うと、韓国のトイレット・ペーパは紙質が悪く、流すと配管がすぐに詰まってしまうからだと聞いています。

張り紙

紙の山


◆「他人のふり見て我がふり直せ」と云いますが、老人だからこそ寛容になるのが歳の取り甲斐、人間完成の証だと言えるのではないでしょうか。

▼晩節を汚さぬように。歳の取り方も難しいニャア~

白いひげを生やした猫

ハザールの偽旗作戦未だ続行中



◆最初にこの写真を見た時は、形容しがたい悲痛な思いをしましたが、これもハザール・マフィアの偽旗事件でした。奴らはシリアのアサド政権が子どもを空爆した、化学兵器を使ったと云えば世界はアサド政権を倒すためには手段を選ばずと云う気になると思っているのでしょう。





空爆から救出されたオムラン君、回復してもつきまとう独裁者の影

プロパガンダだと批判するプロパガンダ?

siriya01-thumb-720xauto.jpg

だが、オムランの怖い話はまだ終わらない。

独裁者のアサド大統領が、空爆直後の動画も最近の動画も、オムランの物語は反体制派のプロパガンダだと非難しているからだ。

そもそも最初の動画は、反体制派活動家団体「アレッポ・メディアセンター(AMC)」が人命救助活動に携わるボランティア団体「ホワイト・ヘルメット」の活動促進を目的に公開したもの。

「アレッポの惨状」が世界中に拡散されると、アサドはテレビに出演するたびに「偽装映像だ」とか「反体制派のプロパガンダだ」と反論し続けた。


المشاهد الأولية لقصف طائرات حربية يعتقد أنها روسية على حي القاطرجي



オムラン君の父親モハマド・へール・ダクニシュもアサドに同調する発言をしている。「救助されたオムランは勝手に連れて行かれた。私はまだ2階にいたし、私の意思は無視された」とイラン国営テレビのインタビューで語った。

ニューヨークタイムズによれば、シリア、ロシア、イラン、レバノンで放送された番組(シリア国営テレビ)では父親は、「AMCが空爆を操作し、同意なしに息子を撮影した」と言った。

Syria: Father of Syrian boy Omran comments on iconic image of son




オムランと家族が、アサド政権から圧力を受けているかどうかはわからないが、家族が住むアレッポがアサド政権の支配下にあるのは事実だ。

シリアの著名な活動家アブドゥル・カフィ・アルハマドはこう問いかける。「オムランの父親がアサド政権に『ノー』を言えると思いますか?」

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/06/post-7768_2.ph

p


◆爆撃を受けて親と家を失ったはずのオムラン君が、自宅で実に屈託のない笑顔でボール遊びをしています。
この写真を見るだけでオムラン君は小さいながらクライシス・アクターとして見事な演技だと賞賛したくなります。

彼の父親は「救助されたオムランは勝手に連れて行かれた。私はまだ2階にいたし、私の意思は無視された」と云っています。つまり空爆で瓦礫と化した場所に連れていかれ、衣装やメイクを施され、他の少年たちと芝居をしていたのです。アサド大統領が云う通り、これはモサドやISが仕組んだ偽旗作戦です。

◆イギリスのマンチェスターで起きたテロも偽旗でした。死んだはずの人々が起き上がっています。

Manchester false flag in a nutshell.



◆クライシス・アクターが僕は生きているよと云っていますwwww

I am alive



◆パリのノートルダムで起きたテロも偽旗で、イルミナティの警察官が大勢のクライシス・アクターに被害者の演技指導をしています。

Jun 6: Paris Notre Dame FALSE FLAG confirms ILLUMINATI POLICE STATE is a GO!




◆ベルリンでの偽旗テロは、被害者が救急車でなく貸し切りバスで運ばれていますwww

Berlin Attack. Crisis Actor Bus Spotted.




◆偽旗作戦は敵に濡れ衣を着せることが目的で、何が何でも子供たちを殺しているのはアサドだと決めつけ、アサドは狂気の独裁者である、したがって国際社会はこのような政権を温存させておく訳にはいかない。アサドの暴挙を止めるためにアメリカと有志連合はアレッポ空爆も正当化されると云う理屈をつけるために、米国の企業メディアは次のような記事を捏造し、世界に垂れ流します。




シリアの子供たちは、何度化学兵器で殺されるのか

2017年4月6日(木)16時20分

<シリアの反政府勢力の支配地域で、化学兵器が使用された疑いが強まっている。国際社会は、今度こそアサド政権の暴挙を止めることができるのか>

ガス犠牲

シリアでまた、民間人に化学兵器が使われた疑いが濃厚になっている。
4月4日、「大きな音がして、家の外に出てみたら毒ガスに襲われた」と、生き残った住民はテレビに語った。


死者はこれまでに70人、数百人が手当てを受けている。多くの子供が犠牲になった。
シリア北西部イドリブ県は、アサド政権と6年間にわたる内戦を続けている反政府勢力の支配地域。欧米各国はすぐにアサド政権の仕業だと非難したが、アサド政権は反政府勢力を非難している。シリアを支持してきたロシアも、反政府勢力の武器庫をシリア軍が空爆したところ、その中に化学兵器が隠されていた、と主張している。

【参考記事】アサドの化学兵器使用はオバマのせい──トランプ政権
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7326.php


シリアではこれまでもたびたび化学兵器が使用されてきた。2013年8月には、首都のダマスカス郊外でサリンを使った攻撃があり、数百人の民間人が死んだ。シリアはこのとき化学兵器をすべて破棄したはずだったが、アサド政権が今まで隠し持っていた可能性がある。

ソーシャルメディア


アメリカのニッキー・ヘイリー国連大使は国連安保理の緊急会合で、幼児が横たわる写真を掲げて「この写真から目を背けることはできない」と語り、アメリカ単独での軍事行動も辞さない決意を示した。ドナルド・トランプ米大統領は、アサド政権が「いくつもの一線」を越えたと非難している。

だが2013年以前に、アサド政権が化学兵器を使用して「レッドライン(最後の一線)」を越えたら軍事介入をする、と警告していたバラク・オバマ前政権も結局、何もしなかった。その後も化学兵器や通常兵器による人殺しは続いている。今度は何かが変わる、という保障はない。ニッキー


http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7338.php







◆米国の国連大使もハザールの傀儡なんですな。
シリアに化学兵器が無いのは国連の調査団が何度も入って確かめています。これもイラクの時と同じです。サダムフ・セインが化学兵器や核兵器を隠しているという米国の主張に、イラクは何度となくIAEAの査察団を受け入れていましたが、結局何も発見できませんでした。

◆ブッシュ政権はイラク攻撃をかける口実を失いましたが、次の手として9,11事件を起こし、イラクが、この事件の首謀者オサマ・ビン・ラーディンを匿っていると云いがかりをつけ、すぐにイラクへ空爆をかけたのです。ハザール・イルミナティはシリアでも同じことを繰り返していますが、外からは手の内が全部見抜かれている事に気づいていないのでしょう。






「アレッポの惨劇」を招いた欧米の重い罪

2016年12月22日(木)10時40分

ジュリオ・テルツィ(元イタリア外相)

アレッポ

<アレッポで破壊と惨劇が次々と報告されていたのに、無関心を通した国際社会の姿勢は、恥ずべき行為して歴史に刻まれるだろう>(写真:避難する民間人や反体制派を待つバスの車列)

 シリア北部の要衝アレッポは、独裁者アサド大統領に忠誠を誓う政府軍の手でほぼ制圧された。ネットには、ここで繰り広げられた破壊と惨劇が次々と報告されている。それでも欧米は何の行動も起こさない。この国際社会の無関心は、恥ずべき行為として歴史に刻まれるだろう。

 穏健民主派の反政府勢力は主要拠点を失ったが、まだ目標を断念したわけではない。彼らはアサド政権の追放に加え、外国勢力、特にイランと親イラン勢力の影響力排除も目指している。

 シリアの今後を考える上で、重要なのは原点に戻ることだ。6年近い内戦の当初は、反体制派の攻勢でアサド政権は崩壊寸前に見えた。民衆蜂起と政府の抑圧の「直接対決」は、民衆が勝利を収めたのだ。
【参考記事】昨日起こったテロすべての源流はアレッポにある

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/12/post-6586.php

 戦況が変わったのは、外国の親アサド勢力が紛争に直接介入してからだ。政府軍への武器や物資の支援に始まり、やがてイラン革命防衛隊とレバノンのヒズボラなどのシーア派武装組織、傭兵部隊が戦闘に加わった。

 真の分岐点になったのは、ロシアの動きだった。アサド政権への財政支援や物資供与に加え、ロシアは反体制派への空爆を開始。それもテロ組織ISIS(自称イスラム国)ではなく、穏健派を狙い撃ちした。

 ロシアに軍事介入を決断させたのはイランだ。空爆開始の少し前、革命防衛隊のクッズ部隊を率いるカッサム・スレイマニがモスクワを訪れ、シリアの将来の構想を話し合っていた。

 スレイマニの訪ロは明らかな国連決議違反だ。この人物はテロ行為への関与と支援を理由に国連の制裁対象に指定され、外国への渡航を禁止されている。それを黙認した欧米諸国は、イランとロシアにシリア問題の白紙委任状を渡したに等しい。

今こそ沈黙を破るときだ

 イランの反体制組織ムジャヒディン・ハルクはアレッポ陥落のずっと前に、革命防衛隊がアレッポ近郊に司令部を置いていると報告していた。ここにはヒズボラの司令部もあり、政府軍の兵士もいた。組織的な人道犯罪を実行した勢力の正体を暴く重要な報告だ。

 欧米の自由な民主主義国家が、恐るべき人道危機を手をこまねいて見ている――考えただけでもぞっとする話だ。適切な行動を取っていれば、イランの介入を食い止めることができた。

 だが、欧米はスレイマニの訪ロもイランの戦闘参加も、見て見ぬふりをした。それどころか、シリアの将来を話し合う会議へのイランの参加を認めた。これでは介入に褒美を与えたようなものだ。

 無関心と無反応は犯罪者を増長させるだけ、というのが歴史の教訓だ。88年夏、ムジャヒディン・ハルクの活動家を中心とする政治犯3万人がイラン全土で処刑された。これに対する欧米の反応は、完全な沈黙だった。この沈黙で利益を得たイラン人の多くが、ロシアと手を組んでアレッポの虐殺を主導しているのだ。

【参考記事】アレッポ陥落、オバマは何を間違えたのか?

 シリアの現状は欧米の責任だ。過去の恥ずべき誤りを埋め合わせるための時間は残り少ない。それでも、シリアでの蛮行は重大な経済的・政治的結果を招くと、イランに思い知らせることはまだ可能だ。内戦の原点、つまり民衆の意思と孤立した独裁者の対決という構図に立ち戻ることも不可能ではない。

 国際社会は国際刑事裁判所や戦争犯罪法廷を動かすことで、イランとロシアにストップをかけられる。今こそ沈黙を破って声を上げるときだ。さもなければ、歴史の厳しい審判を受けることになる。

[2016年12月27日号掲載]


http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/12/post-6590_2.php




◆このジュリオ・テルツィ(元イタリア外相)と云う人も分かっているようで分かっていませんね。イランとシリアは友好国であり、ロシアはシリアの友好国です。「友達の友達は皆友達だ」タモリの「笑っていいとも」ではありませんが、ISだけでなく、穏健派と称するは反体制派からアサド政権を守るためにプーチンは空爆をかけているのであり、イランとロシアが国際刑事裁判所や戦争犯罪法廷で裁かれることなどあり得ません。

◆裁かれるべきは、ISを組織し中東全域を無差別殺人と廃墟にし、恐怖を振りまき膨大な難民を生み出したハザール・イルミナティであり、その傀儡であるイスラエル、サウジアラビア、UAE、バーレーン、エジプトなどがISを支援している国々です。また、これらの国々は突然カタールと国交断絶を宣言しています。

◆ハザール・マフィアはベネズェラ、シリア、北朝鮮のように周辺諸国と同盟を結び、カタールの豊富な天然ガスを狙っているとしか思えません。




国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由
Will Qatar’s Diplomatic Exile Spark the Next Great War?

2017年6月7日(水)08時00分

サイモン・ヘンダーソン

<サウジアラビアなど6カ国が突然カタールとの国交断絶を発表。小さなカタールがここまで目の敵にされる背景にはテロ支援などの他に、父を退けて首長の座を奪ったり、女性が自由に運転できる文化など、湾岸諸国の体制を危うくしかねない要素があるからだ>

2017年のドーハは、1914年のサラエボのようになるのだろうか? セルビア人青年がオーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者を暗殺したサラエボ事件は、第一次大戦の引き金になった。今、万一衝突が起きるとすれば、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)を中心とした中東諸国対イランという構図だ。アメリカは、戦争を食い止めるために一刻も早く手を打つべきだ。

サウジアラビアとUAE、バーレーン、エジプトなどの計6カ国は、4日から5日にかけて、カタールとの国交を断絶すると相次いで発表。対イラン強硬姿勢を貫くアラブ湾岸諸国と一線を画してきたカタールが相手だ。


【参考記事】中東諸国のカタール断交のウラには何がある?

サウジアラビアはカタール行きの航空機の上空通過を停止し、カタールの唯一の陸路である国境も、海路も遮断した。どう見ても開戦事由に相当する決定だ。

ちなみに今から50年前の6月5日に始まったイスラエルと中東アラブ諸国の第3次中東戦争(6日間戦争)は、エジプトが紅海のティラン海峡を封鎖したことが引き金になった。怒ったイスラエルが先制攻撃を仕掛け、10日までに圧勝した。

一方のイランは、食料を輸入に頼るカタールに対して、自国の3つの港の利用を許可すると発表したもようだ。サウジアラビアとUAEにしてみれば、やはりカタールは裏でイランと繋がっていたという確信を強めるしかない。
外国人なら飲酒もOK

事態が急展開した背景には、少なくとも2つの説がある。まずカタール政府の言い分を信じるなら、5月24日に国営カタール通信がハッカー攻撃を受け、偽ニュースが流された。その中で、カタールの国家元首タミム首長が「アラブ諸国にはイランを敵視する根拠がない」と発言した、とするデマが流された。

また、カタール政府がイスラム組織ムスリム同胞団やパレスチナのイスラム過激派組織ハマスを支援しているとか、カタールとイスラエルがいいムードだ、とする「報道」もあった。

一方、サウジアラビアやUAEなどは、タミム首長の発言は事実だとしてやり玉に挙げた。各メディアはタミムの発言を繰り返し放送する一方、発言を否定するカタール側の主張が国内で視聴されないようカタール・メディアへの通信を遮断した。

ハッキングが本当だとすれば、イランの仕業だった可能性もある。そもそもイランは、5月20日にサウジアラビアの首都リヤドを訪問したドナルド・トランプ米大統領が、サウジのサルマン国王をはじめとするイスラム教スンニ派諸国を中心とした50カ国超の首脳らと会合を開き、イランを名指しで批判したことに腹を立てていた。

カタールにしてみれば、同じ湾岸協力会議(GCC)の加盟国でありながら、昔から不仲だったサウジアラビアやUAEの陰謀で、まんまと吊し上げられた格好だ。

サウジアラビアから見れば、同じイスラム教ワッハーブ派を国教とする君主制国家でありながら、女性が自由に車を運転し、外国人なら飲酒も許されるカタールは中東地域の問題児で面汚しだ。一方カタールから見れば、サウジアラビアの方こそワッハーブ派の評判を落とす元凶だ。

UAEは、エジプトのムバラク独裁体制を打倒する力となったイスラム原理主義団体ムスリム同胞団を禁止しており、それを支援するカタールを嫌悪している。

2014年にも、カタールがムスリム同胞団を支援したという理由でサウジアラビアなど3カ国が大使を召還し、外交関係に亀裂が入ったことがある。

カタール前首長の暗殺計画

カタール・タミム首長

だが今回の断交の発端は、それ以前の1995年まで遡る。その年、カタールの皇太子だったハマド(タミムの父)が、外遊中だった無能の父ハリファを退けて首長の座を奪ったのだ。

カタールで起きた宮殿クーデターを目の当たりにしたサウジアラビアとUAEは、湾岸諸国の王制の安泰を揺るがす危険な前例として、ハマドの失脚を画策した。

当時カタールに駐在していた外交筋によれば、2国は数百人の部族民に対してハマドと彼の2人の兄弟、および外相とエネルギー相を暗殺するよう命じ、ハリファの復権を狙った。

UAEは、攻撃用ヘリコプターや戦闘機を待機させるほどの力の入れようだった。だが作戦の数時間前に部族の1人が寝返ったため、暗殺は実行されなかった。
こうした因縁を思えば、タミムが両国に対して疑心暗鬼になるのも無理はない。

カタールは人口約200万人(うちカタール国籍はざっと10分の1)という小国なのに、なぜそれほど重要なのか。カタール在住の外国人にとっても、なかなか実態は掴みにくい。

夜のドーハでライトアップされた高層ビル群は壮観だが、ビルの中はしばしばガラガラ。だが1人当たり国民所得は世界一高い。天然ガスの埋蔵量は世界3位で、輸出先はイギリスから日本まで幅広い。アメリカの中東最大の空軍基地であるアルウデイド空軍基地もカタールにあり、アフガニスタン戦争やイラク戦争でもここから戦闘機が出撃した。今はISIS(自称イスラム国)掃討作戦の出撃拠点になっている。

2013年に首長の座を譲り受けた37歳のタミムは、今も前首長である父の影響を受けながら国を統治する。恐らくタミムが最優先するのは、イランの機嫌を損ねない程度にアメリカと上手く渡り合うことだ。カタールの急速な経済成長を支える天然ガスのほとんどは、イランとシェアする沖合のガス田に眠っている。カタールはイランを上回る量の炭化水素資源を生産している手前、イランをへたに刺激したくないはずだ。

アメリカは、この一触即発の状況を静めるうえで重要な役割を果たせる。米政府関係者は、イランとの敵対関係と天秤にかけると、カタールの状況に首を突っ込むのは割に合わないと内心思っているかもしれない。だが、サウジアラビアとカタールの対立が長引いたり、カタールがイランと手を組まざるを得ない状況に追い込まれたりすれば、誰の利益にもならない。

その点、レックス・ティラーソン米国務長官は交渉に適任だ。ティラーソンが最高経営責任者(CEO)を務めていた米石油大手エクソンモービルは、カタールのエネルギー分野で最大の外国企業。カタールの意思決定者の面々を熟知しているはずだ。

想定外の中東危機


サウジアラビアとUAEは、現在アルウデイド空軍基地に駐留する米軍が自国の基地に移すよう誠意を見せようとしているようだ。だが2国とも、自分たちが言うほど条件を満たしていない。

サウジアラビアは国内のイスラム過激派の掃討を進めていた2003年に、米軍をプリンス・スルタン空軍基地から追い出したことがある。UAEにはすでにアメリカのタンカーが寄港し無人偵察機が配備されているが、アルウデイド空軍基地に取って代わるほど完全な設備のある軍司令部を完成させるには長い年月がかかるだろう。

カタールとの国交断絶にどう対応するかで、トランプ政権の力量が試される。わずか2週間あまり前にリヤドで開催された首脳級の会合で集合写真を撮った時、UAEアブダビのムハンマド皇太子はカタールのタミムを押しのけてトランプの右隣に立った。

サウジアラビアとUAEは国際政治の舞台でそれと同じことをやろうとしている。中東に火種はいろいろあるが、まさかこんな危機が訪れるとは、トランプも助言されたことはないはずだ。

(翻訳:河原里香)
From Foreign Policy Magazine

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/06/post-7754_1.php




◆ハザール・マフィアはカタールで再び中東戦争を起こす準備をしているのではないかと思われます。トランプはハザールの手に落ちたのではないかという疑念もあります。

そのトランプの動きが気になります。あれだけイスラム嫌いだったトランプが大統領就任後最初に訪問したのがサウジアラビアでした。しかもサウジに12兆円分の武器売却を決めたというのですから穏やかではありません。




トランプ氏、サウジを訪問 12兆円の武器売却に署名


president-trump-saudi-arabia-may-02.jpg

リヤド(CNN) トランプ米大統領は20日、初外遊の最初の訪問先、サウジアラビアに到着して盛大な歓迎を受けた。サルマン国王と会談し、武器売却の大型契約に署名した。

米国内ではロシア政府による大統領選介入疑惑が混乱を招いているが、外遊初日の日程は大きなトラブルなく進行した。

サウジの首都リヤドの空港では、大統領専用機から降り立ったトランプ氏とメラニア夫人をサルマン国王らが出迎えた。空港からの通り沿いにはトランプ氏と国王の大きな看板が並び、滞在先のホテルの外壁にも同氏の顔が大きく映し出されるなど、現地は歓迎ムード一色だ。

トランプ氏とサルマン国王はにこやかに会話を交わした後、ともに車でリヤド市街へ移動。宮殿では国王がトランプ氏に同国最高の栄誉とされるメダルを贈呈した。

トランプ氏は、サウジに1100億ドル(約12兆円)分の武器を売却する契約に署名した後、「米国への巨大な投資だ」と述べて、雇用創出の効果に期待を示した。

サウジのトランプ


宮殿にはティラーソン国務長官やトランプ氏の長女イバンカ補佐官、イバンカ補佐官の夫のクシュナー大統領上級顧問らも同席。サウジ側もムハンマド皇太子をはじめとする有力者が顔をそろえた。

トランプ氏は9日間の予定で同国とイスラエル、イタリア、バチカン、ベルギーを訪れ、3大宗教の中心地を一気に回る計画。歴代大統領とは異なり、記者会見は一切予定していない。

米大統領が就任後初の訪問先にイスラム圏の国を選んだ前例はない。トランプ氏はこれを機に「反イスラム」の印象を払拭(ふっしょく)したい考えで、21日にはイスラム圏二十数カ国の首脳らとの会合で演説することになっている。

https://www.cnn.co.jp/usa/35101478.html




◆ロシア・ゲート事件で弾劾の危機にあるトランプが延命のためにハザールの軍門に下ったと見ることもできるのではないでしょうか。

久々に古歩道氏ニュースです。

四京三千兆円を換金しようとしたヘンリー・キッシンジャー【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/06/08




【ベンジャミン古歩道応援カンパのお願い】メディアに攻撃される安倍総理大臣の本当の理由etc【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/06/01



▼ハザールはもう長くニャイ!


warauneko.jpg






落ち込んでばかりではいられない。



◆長いようで短いのが人生。嬉しいことや楽しいことよりも憂きこと、辛いことの方が多いのが人生です。徳川幕府260年の基礎を創った徳川家康でさえ人生に呻吟しています。当ブログの読者の中にも辛い思いをしている方が居られると思います。そんな方々のために様々な名言格言をいくつか集めてみました.



〇人の一生は、重荷を背負うて遠き坂道をゆくがごとし。急ぐべからず。

家康

徳川家康


〇止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。

孔子

孔子


〇涙とともにパンを食べたものでなければ、人生の味は分からない 。

ゲーテ

ゲーテ


〇人間には不幸か、貧乏か、病気が必要だ。でないと人間はすぐに思いあがる。

ivan-turgenev.jpg

イワン・ツルゲーネフ


〇生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。転ぶたびに起き上がり続けることにある。

マンデラ

ネルソン・マンデラ


〇人生は生きることが大事なのです。いつも好奇心を持ち続けることです。どんな理由があっても決して人生に背を向けてはいけません。

エレノア

エレノア・ルーズベルト


〇人生はロマン。自分は不幸だと悩むのではなく、試練を与えられた物語の主人公だと思えば、人生をエンジョイできる。

三輪

美輪明宏


〇人生という試合で最も重要なのは、休憩時間の得点である。

ナポレオン

 ナポレオン・ボナパルト 


〇疲れた人は、しばし路傍の草に腰を下ろして、道行く人を眺めるがよい。彼らも決してそう遠くへは行くまい。

ツルゲーネフ

イワン・ツルゲーネフ



〇さあ、俺も立ち上がるかな まあ、もう少し坐つてゐよう

武者小路


武者小路実篤

◆wwww・ツルゲーネフと武者小路実篤、このお二人の言葉には癒されす。
さて今から夕餉の支度にかかります・・・


▼神は乗り越えられない試練は与えニャイ~


授乳
an>

疲労困憊


◆連れ合いの介護十月、週に2度通院すれども治療効果捗々しからず。重ねて記憶障害および認知症の兆候散見、偏食と我儘で3度の炊事は殆どが無駄に終わる。「憂き事の尚この上に積もれかし限りある身の力試さん 」との思いで日々精進してきたれども、矢尽き刀折れ、万事窮す。
心身の疲労甚だし。


アジサイ

◆陰嚢のようなモリタクの太平楽、疲労弥増す。

森永卓郎のアホさに橋下徹、東国原、激怒を取り越してあきれる トランプ 日米同盟




▼限度かニャ・・・・



samunieur.png
>

正気を取り戻しつつある日本人



◆日本が右傾化していると云う指摘がありますが、それは中国や韓国の執拗で疎ましい反日政策のおかげでやっと自虐史観の洗脳が解け、正気を取り戻し本来の日本精神が戻ってきたことの証ではないでしょうか。つまり左に振れ過ぎて重心が取れなくなって転覆しそうになっていた日本丸のバランサーが機能してきたということでしょうね。

日の丸


◆民進党が憲法改正やテロ等共謀罪に気も狂わんばかりに反対するのはこの党が中国や北朝鮮の傀儡だからですが、実はこれらの法案に反対しているのは与党内にもかなりいます。その代表格が総理の椅子を狙う男、石破茂地方創生担当相です。

◆石破茂は地方創生担当でありながら、自らの職責を利用して中韓人の大量移民を画策しているのです。彼は、その口実として、人口減少に伴う労働力不足に対応するため」として、日本から多くの移民が南米などに入植した過去に触れ「日本人がやってきたのに、外国人が日本に来るのは駄目だというのはおかしい」と指摘しています。同時に「外国人だから安い賃金で働くということは、あってはならない。日本人と同一労働同一賃金でなければならない」と語っています。

◆何時の事を言っているのか知りませんが、明治政府が南米各地に農村の二男三男を移住させたのは食い詰め者の棄民政策でした。ペルー、ボロビア、ブラジルなどの不毛の僻地に片道切符で渡らせ、現地政府も日本政府も日本からの移民を全く面倒を見ませんでした。政府に捨てられた日本人たちは自力で、血の滲むような思いで荒野を開拓し命を繋いできたのです。アメリカ本土に移民した日系人は戦争が始まるや、大人から子供まで全員が敵国人としてマンザナの荒れ地の収容所に入れられ、家や財産のすべてを没収されています。中国や韓国の移民に日本人と同一条件、同一賃金を保証するなど、そんな天国のような国などこの世界には存在しません。ありえない話です。

◆いまイギリスやフランス、ドイツに移民や難民が押し寄せ、ホームレスが急増、テロが続発 しています。米国ではトランプ大統領が中東や南米からの移民をシャットアウトしようとしています。世界が移民難民対策に苦慮しているのを知らないわけでもないだろうに、なぜ時代に逆行するようなことを言うのか気が知れません。

CO0BMWwUcAAbhqv.jpg

hungary_migrants.jpg

◆石破は日本をこのようにしたいのでしょうかwww

日本をこういう風にしたいのか

◆その国賊石破茂に関する動画がいくつも出回っています。

【韓国崩壊】『緊急』ついに安倍内閣に入り込んだ韓国人スパイが正体を現すwww「日韓合併も視野に」日本人がありえないと大激怒ww韓国経済ニュース 最新情報 6月 06日




上島嘉郎★石破茂を決して総理大臣にしてはならない理由!日本人が知らない石破茂の正体! #上島嘉郎



◆石破茂は民進党に鞍替えをしてはどうなの?

石破茂と決別する安倍晋三総理!上念司が暴露する石破茂の正体と安倍総理との器との違い




安倍首相に反旗を翻した石破茂が『無知蒙昧ぶりを自白して』呆れる人が続出。決定的に時流が読めていない



◆石破茂がここまで親韓派だとは思っていませんでした。それがばれた以上首相の芽は摘み取られましたね。正気に戻った有権者は親韓派を首相の椅子には座らせませんからwww


◆「男は40過ぎたら自分の顔に責任を持つべきだ」と云ったのはアメリカ第16代大統領アブラハム・リンカーンでした。

Lincoln.jpg

◆それを踏まえ、失礼を承知でいわせてもらえば、ゲルが日本の首相として国際会議などに出るのは如何なものかと思っている人は多いのではないでしょうか。

石破1

石破2

石破3

石破4

石破5

石破6


石破9

石破8


◆さて、気分を替えましょう。面白い動画があります。蓮舫と代表選で負けて民進党を離党した、長島昭久議員が、生田義勝氏に民進党の真実を暴露しています。

#21報道特注【長島昭久議員インタビュー】離党のワケ 蓮舫二重国籍、共産党、小西洋之、辻元清美、都民ファーストを語る 生田よしかつ




◆民進党は与党と同じ土俵に上がる積りはない。土俵の外から野次り倒すのが仕事だと思っているというから思いっきりコケましたwwww
長島議員もやはり政治家ですね。天敵である蓮舫、山尾、辻元、小西などの人物評には相当言葉を選んでいます。
改憲論者長島議員は民進党にいるべきではなかったし、もっと早く離党すべきでした。民進党は分裂して、これから新党がいくつも誕生するかもね・・・

▼俺をゲルと呼ぶニャ!ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

石破猫

対米追従時代が終わり、武士道精神復活か



◆青天の霹靂とはこのことです。大中華帝国再興を夢見る習近平の一帯一路構想に安倍政権が協力すると発表しました。これはもう、日本が米国の顔色を窺い、中國を敬遠するよう忖度する必要が無くなったということでしょうか。




「一帯一路」、協力できるところは協力していく=菅官房長官
菅官房長官

World | 2017年 06月 6日 11:25 JST

東京 6日 ロイター] - 菅義偉官房長官は6日の閣議後会見で、中国のシルクロード経済圏構想「一帯一路」について安倍晋三首相が日本として協力したいとの考えを示したことに関して、構想の具体化を注視する立場は変わらないとしたうえで「協力できるところは協力していく」との考えを示した。

菅官房長官は同構想について「地域の持続的な発展や安定の観点からどのように具体化されていくかを注視しており、その立場は全く変わってない」と説明。「この構想のもとでの取り組みが、国際スタンダードに合致した質の高いものとして推進されることが重要だ」と強調した。そのうえで「日中両国が国際的な課題や地域の繁栄のため、ともに貢献することは重要であり、こうした観点から協力できるところは協力していく考えだ」と語った。

さらに、日中両国の関係について「戦略的互恵関係の考え方の上に、大局的な観点から本年の日中国交正常化45周年、来年の日中平和友好条約締結40周年の機会をとらえて関係を改善していきたい」と意欲を示した。

中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)加盟については「(動向を注視していく)従来の立場とまったく変わっていない」と述べるにとどめた。

政府が、国連安保理決議で制裁対象となった北朝鮮船籍の船舶が日本の領海に侵入した場合、船体の没収を可能とする新法の検討に入ったとの一部報道については「北朝鮮の核・ミサイル開発阻止の観点から、どのような措置が最も効果的かについて、国際社会の議論も踏まえつつ不断に検討して判断したい」との考えを示した。

(石田仁志)

https://jp.reuters.com/article/one-belt-one-road-suga-idJPKBN18X06

I


◆物凄い変わりようですね。これまで中国は歴史戦、情報戦、宣伝戦で日本を徹底的に叩いてきましたし、民進党とメディアを陰で操り、何とかして、安倍政権を潰そうと策略を巡らせてきましたが、日本側から習近平の野望実現に協力するというのだから、キンペーさんは、今頃小躍りして喜んでいるのではないでしょうか。

皇帝


◆安倍外交は益々したたかになってきました。日本が一帯一路構想に協力するなら、今後は露骨な日本叩きはやりずらくなりますし、南シナ海航行の自由を妨げるようなこともできなくなります。まあ、あれほど敵視していた日本のウルトラ・ファシスト安倍晋三に、AIIBに参加してほしいなどと泣きついてくるのだから、中国経済は余程切羽詰まっているのでしょう。

一帯一路

◆しかし中国や朝鮮民族と付き合うとろくなことにはなりません。よほど細心の注意が必要です。先の大東和戦争では大変な失敗をしました。武士の情けで、お節介が過ぎると足を掬われます。
鄧小平の要請で松下電機や、八幡製鉄など大企業がこぞって中国近代化支援を行いました。日本の政財界がこぞって中国支援へ前のめりになったのは13億人と云う巨大マーケットに眼がくらんだ、と云うより戦前戦中、日本が中国に多大な迷惑をかけた事への、罪滅ぼしの積りっだったのです。そして、中国は日本の支援で瞬くうちに工業力をつけ、世界の工場へと成長していきました。

鄧小平と大平正義

◆鄧小平は「韜光養晦」という言葉をよく使っていたそうです。つまり「能ある鷹は爪を隠す」ことでです。立場が弱い時は身をかがめ、強くなったらかさにかかって、弱いものを叩く、これも兵法の一つです。工業力と経済力が上向き鄧小平は「富めるものから富め」と檄を飛ばし自分の息子や娘に巨大な国有企業の経営権を与え、官僚による腐敗汚職の構造を作り上げてしまったのです。高級官僚だけでなく下級官僚の間でも汚職は常態化し、貧民は益々貧しくなっていきました。特に若い層には就職の道が閉ざされ、食べることもままならない状況の中で、ついに民衆が蜂起して政府に抗議したのが天安門事件でした。

天安門デモ

鄧小平は自分の一族の不正が世間に漏れないよう徹底的に弾圧、戦車の前に立ちはだかる青年を轢き殺させたり、銃の水平撃ちで5千人が殺されたと言われています。

sisya.jpg

◆そして鄧小平は江沢民に主席の椅子を譲ります。
鄧小平の衣鉢を継いだ江沢民は、師匠の教え通り「韜光養晦」を実践します。世界経済に大きな影響力を齎すまでに成長した中国の江沢民主席は、中国の経済発展に尽力してきた日本を小日本と呼び、かさにかかって日本を非難し始めます。
日本は中国を侵略し、南京では30万人もの中国人を虐殺した、日本人ほど冷酷で野蛮な民族はいないという風に宣伝してきました。江沢民の日本たたきの目的は、鄧小平譲りの国営企業を私物化して、その財力で無数の子分を養い、権力を維持するために民衆の目を日本に向けさせることだったのです。

◆韓国においても中国と同様、戦前は日本の国家予算より多くを注ぎ込んで近代化を図ってきました。日本の技術と経済援助で漢江の奇跡といわれるほどの経済成長を遂げ、国際社会へデビューすることができるようになると、こんどは後ろ足で砂をかけるようなことばかりやるようになりました。
しかし、それに対して日本政府はなんの弁明もしないし、理不尽な誹謗中傷にもじっと耐えてきました。70年前のGHQによる東京裁判以来、敗戦国日本はWGIP(自虐史観)を刷り込まれていますので他国から何と言われようと「耐えがたきを耐え、忍び難きを忍んで」今日に至っています。

◆ところが近頃、日本人が右傾化しているというような言葉が聞かれるようになりました。
李明博の竹島上陸、と天皇陛下の謝罪要求、慰安婦像の増設、日韓合意の見直しなど、訳の分からないダダをこねる韓国人につくづく嫌気がさした日本人の心の中に、武士道精神が蘇りつつあるのではないでしょうか。

◆最近のTVでは「どうだ、日本はすごいだろう」的な手前味噌番組が増えているようですが、日本人としての誇りも崇高な大和魂も長い間忘れ去られ自虐史観とコンプレックスを植え付けられてきた日本人が、プリンシプルを取り戻そうとしている証で、自己満足とばかり言えないような気がします。

◆眼には見えませんが武士道精神は日本人の魂の中で、埋もれ火のように静かに燃え続けているのではないでしょうか。これらの動画は何故か遠い記憶を呼び戻してくれます。戦前と戦後では価値観が180度違っていますが、今は無き英霊たちが戦後の日本人に、大和魂、武士道を甦らせよと云っているような気がしてなりません。

大魔神

海外の反応 驚愕!他の国には到底及ばない「日本を守り続けた高潔な精神」凄いぞ日本人!多くの外国人が長い歴史の中で日本人を賞賛する理由とは?【世界と日本感動CH】




海外の反応 日本人の危機に外国人驚愕!「日本人を救え!」国家の危機を侵してでもユダヤを救った日本人への恩返し!危険を顧みず下した決断が世界を動かす!感動実話【世界と日本感動CH】




海外の反応 外国人驚愕!死力を尽くしあのマッカーサーと対峙した!日本の未来の為に歴史が動いた!本気でぶつかった両国との感動エピソード!マッカーサーが心から尊敬し讃えた 皇室・天皇【世界と日本感動CH】





【海外の反応】日本人が大・大・大嫌いだった最強の外国軍人が出会った…とある日本人女性!米軍ブチギレ!その出会いが運命を変える!とんでもない話に世界が震えた!






海外の反応 外国人驚愕!「支配しようとしたんだが…日本は強かった…」世界を感動、賞賛させた日本人の武士道精神が凄すぎる!国民が一丸となった明治の日本人【世界と日本感動CH】






◆情けは人の為ならずといいます。日本の武士道精神は海外でも高く評価されているようですね。
善因善果、悪因悪果、良いことをすれば必ず好い結果が訪れ、悪いことをすれば、悪い結果をもたらします。民進党の悪意ある安倍引き下ろし策がすべてブーメランとなって民進党に突き刺さっているのが何よりの証拠です。



▼一帯一路にAIIBか!また煮え湯を飲まされるぞ!武士の情けは中韓人には通用しニャイと思がニャア~

kinnka.jpg


既得権と岩盤規制に風穴があいた



◆文科省と獣医師会は既得権益と縄張りが荒らされるのを嫌い、新しい獣医学部は創らせないと51年間も堅い契り(岩盤規制)を結んできたようですが、愛媛県の加計学園に獣医学部新設が認められたことで、岩盤に大穴が空きてんやわんやの大騒ぎになりました。しかし、これでこの騒ぎも終了のようですね。

愛媛知事


【加計学園問題】完全終了! 撃ち方止め~!! 「前川喜平は文部省時代の私の部下。獣医師不足を解決できていない文科省の態度を反省すべきだ。悲しい。(加戸・前愛媛県知事)」 ~News365Japan




◆民進党の玉木某の身内には獣医がいるそうですから、必死になって加計学園の獣医学部新設を中止させたいようです。文科省の前川喜平前事務次官は省を挙げて天下り斡旋が暴露されて首になったことの腹いせに、と、民進党とマスゴミが三位一体で安倍政権潰しに腐心しています。


【加計学園問題】地方を敵に回した民進党! 今治市長も反論「地方再生を邪魔するな!民進党議員が売国奴に思えてくる(菅 良二市長)」 ~News365Japan



◆森友学園に加計学園どちらも安倍総理の意向を忖度した>ものだというストーリーを作って、安倍政権潰しに集中していますが、全てブーメランwwww

【高橋洋一】加計学園疑惑と前川喜平の真相…全ての責任は民主党だった?蓮舫も辻元清美もブーメラン確実




▼民進党、これで終わりだニャア~


テーブル
pan>
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR