喉元すぎれば熱さ忘れる


◆ネパール中部で25日に起きたマグニチュード(M)7.8の巨大地震で、死者が3千を超え負傷者が6492人に達し、エベレストのベースキャンプ付近で日本人の男女2人が雪崩に巻き込まれ、ヘリで首都カトマンズの病院に搬送されたが男性の死亡が確認されたそうです。日干しレンガのようなものを積み重ねただけの建物には鉄筋も浸かっておらず、耐震性が全くないのですね。

地震1b

地震2

地震3

地震4

地震5

地震6

◆聞くところによれば、インドと中国が互いに存在感を高めるために、意地になって最大限の災害援助合戦を展開しているそうです。経済成長著しい10億人を超える両大国が競い合ってネパールを助ければ、あっという間にカトマンズは新しい都市に生まれ変わるかもしれません。途中で手を抜くことなく、最後まで面倒みて下さいね。


◆一方 南米チリ南部のカルブコ火山が4月22日に噴火し、住民4000人が避難したそうです。噴火は43年ぶりで、噴煙は上空20キロに達し、稲光が走る「火山雷」も見えています。チリ政府は非常警報を発令し、半径20キロ以内に住む6万人以上に避難を呼びかけたということです。

地震1

火山3

火山4

灰2

灰1

灰3

チリは日本と同じで地震や火山が多く2010年にはマグニチュード8・8の地震、11年にはプジェウエ火山、先月3日にもビジャリカ火山が噴火しています。


◆これは他人ごとではありません。「喉元過ぎれば熱さ忘る」と言いますが、東日本大震災時の記憶も4年たてば薄らいで来ます。また火山噴火では去年2014年の御嶽山噴火で57人の方が亡くなっています。どうも地球は本格的に変化し始めているようです。地球上どこも安全と言う訳にはいかないようです。

ontake1.jpg

onntake2.jpg

onntake3.jpg

ontake4.jpg

ontake5.jpg

おんたけ7

ontake6.jpg

◆「今日は他人の身、明日は我が身」「治にいて乱を忘れず」という心掛けがひつようですね。

最近の気候はかつてないほど変動しています。創造主は天変地異で3次元に残るものと、5次元へ上昇する者との選別を始められたのかもしれません。3次元への執着を断ち、波動調整するために、老子が言う「無為自然」であることが肝要です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR