FC2ブログ

テロ朝の倒閣キャンペーン自爆www



◆テロ朝が社運を賭けて仕組んだ、倒閣キャンペーンがすべてフェイクであったことが暴露され、壮烈な自爆。もう報道機関としての存立は無理になったようだ。

同社の社員の間には大きな衝撃が走っているようで、小松靖アナウンサーは正直に「テレ朝の信頼は地に落ちた」とかたっている。それが好感されて彼の評価は高まるばかり。

【テレ朝】小松靖アナ ありえない公開謝罪「テレ朝の信頼は地に落ちた」



◆NHKの本社には中国共産党が創った国営放送中国中央電視台(CCTV)が同居しているし、韓国のKBSも入っている。民放各社も似たようなもので、中共三戦を実施する宣撫班が埋め込まれている。しかも上層部に工作員がいると、現場は変だと思っても指令通り動かざるを得ない。

◆今回のモリカケ騒動や財務省の文書改ざん、福田事務次官のセクハラ辞任もその三戦の一環であり、野党6党を取り込んだ大芝居であった。筋書きを描いたのは恐らくテロ朝報道局長の篠塚浩 ではないのか?篠塚は絶対に福田事務次官がセクハラをやったと言い張っているが、その根拠が片端からどんどん崩れている。彼が書いた倒閣キャンペーンのシナリオは余りにも杜撰で、演出は幼稚。ネタ元までがバレバレ。いかにも中国製と云った印象を受ける。ご面相を拝するに、篠塚浩は通名で本名は王とか李というのではないだろうか?

20180419-00183661-nksports-000-3-view.jpg

◆セクハラ被害を受けたと称する進優子の上司は何度もその訴えをもみ消していたそうだが、その人物は何と女性であったというから驚きである。

福田事務次官セクハラ辞任の黒幕テレビ朝日上司が発覚!進優子記者のハニートラップを仕組んだ勢力の正体



◆この松原文枝という人物は年齢不詳、出身地、出身校などすべてが不明だという。進優子もまた同様だそうで、テロ朝は氏素性の分からない連中が寄り集まっている。これでは中国共産党のスパイや工作員の巣窟になるのも無理はない。TBSやフジTVも同じようなものだと思って好い。


◆中国共産党3戦の拠点となっているのがほかにもある。それが私大に寄生する「孔子学園」であり、今これがどんどん増殖しているという。中国資本の息がかかったカスゴミは、この存在を一切報道しないので、一般市民はこれがなんであるか全く知らないだろうが、産経ニュースなどを読んでいる人々はやっと、中国共産党の狡猾で陰険な日本侵略計画に気付き始めたようだ。




018.4.21 08:00

【目線~読者から】

歴史戦・孔子学院「ここまで増えている現実に、底知れぬ恐ろしさと激しい怒り」(4月10~18日)

孔子学院


日本に関する誤った歴史認識を正し、ゆがめようとする動きを阻止するために、平成26年4月にスタートした「歴史戦」の第20部が4カ月ぶりに始まった。

日本国内、世界各地で静かに拡大する「孔子学院」の現状と実態について(11日付「『文化スパイ機関』発言で解任」「日本には14私大」、12日付「一帯一路に『奉仕』求められ」、13日付「豪州学術界へのマルウエア」、14日付「拡大警戒『中国政府と共犯だ』」)。

 ▽「御社の折々の記事で存在は知っていたが、ここまで増えている現実に、底知れぬ恐ろしさと激しい怒りを覚えます。

▽文化交流や相互理解の仮面をかぶった活動を看過してはいけません」(埼玉県、60代男性)

▽「読んでビックリしました。中国がこんな詐欺的なことをやっているとは思いもしませんでした」(熊本県、72歳女性)

▽「今まで知らなかった現実がよく分かりました。1年前から切り替えたが、こういうことを紹介してくれるのは産経しかありません」(東京都、90歳男性)

▽たまたま12日付1面に並んだニュースは「防衛省ОBにサイバー攻撃 中国関与か、情報流出恐れ」。「連日、森友問題、加計(かけ)問題の報道ばかりで辟易(へきえき)していたのですが、たまたま産経を見て、ある意味、ホッとしました。世界はどんどん変化しています。他と違う観点からニュースを伝えてくれることに感謝します」(東京都、60代女性)

▽ 米朝首脳会談が5月か6月に予定されていることで、日本人拉致問題解決に向けた期待感も。11日付主張「拉致問題 家族の思い胸に交渉せよ」には《政治家はもちろんのこと、全ての国民が、両親の思いを共有すべきである》という一文について「『新聞、テレビも』が抜けています。

▽本日、森友、加計、イラク日報ばかり…。政争に没頭する国会を批判する報道もない。日本は北朝鮮問題、非常事態に対する準備はできているのでしょうか」(男性)との声も。

http://www.sankei.com/column/news/180421/clm1804210004-n1.html




◆独善的で狡猾な中国共産党の三戦を推進する孔子学園の弊害は世界中に蔓延し、これを排斥する市民運動が各地で見られます。しかし、日本のメディアはこれを絶対伝えない。

4a826a6cf4b9b0745b7db6b31762dd74.jpg

1406112254311814-600x400.jpg

20160602084354913.jpg

1410301050001814-600x400.jpg

◆新聞もTVも週刊誌もメディアというメディアは中国の顔色ばかり窺い、報道するべきことを報じない。今度の財務省関連のスキャンダルで安倍政権は足もとがぐらついたがなんとか持ちこたえてもらいたい。このテロ朝ハニトラ騒動でクソのような野党6党はハリウッドの気持ち悪いリベラルを真似て#me too のプラカードをもって財務省に押しかけたが衛守にガードされ入室拒否されている。

DbNZvMfU0AAqsLX.jpg

2586.jpg

◆柚木は#me too(私も同じ)という意味のプラカードを大量に持っているようだが、此奴そんなに度々セクハラ被害」にあったのだろうか?wwww
こういう連中を国会議員にした有権者の見識が問われる。彼らはこれからも中国共産党の三戦に犬馬の労を厭わず、国会を空転させ血税をドブに捨てるような空しい抵抗を続けることは間違いない。

◆親中勢力は与党の中にも相当数いる。ここまで中国共産党の侵食が進めば、いくら安倍一強でも、もう日本は救えないのではないかという気さえしてくる。しかし、日本はいったん落ちるところまで落ちるが、それでもこの国は神々が守っているので救われると云う。それに一縷の望みをかけて祈るとしよう。

日本は落ちるが救われる



▼唯物論、無神論の国に日本は潰せニャイ!

ひげ猫

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最後の動画に希望を見出しました。

先生は、政治情報を分析するプロですね。 お知らせ、感謝です。 神様を大切にする気持ちが日本人にあれば、神様が正しい日本人を用いて中国と朝鮮に見えない形で侵略支配された日本社会を、間もなく正常化してくれると信じます。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR