全てがケタ違いwww



◆中国の腐敗官僚摘発が進むにつれ、その数が半端ではない事に驚愕します。拝金主義と共産党一党独裁という構造そのものが抱えた宿命とでも言いますか、これはいくら習近平が頑張っても無駄ではないでしょうか。石川五右衛門の台詞が思い出されます「石川や浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ」www





3カ月で9636人摘発 中国、22億円の汚職も

2015.04.27

 中国最高人民検察院(最高検)反汚職賄賂総局の徐進輝局長は27日、今年1~3月に立件した汚職事件が7556件、9636人だったと発表した。うち閣僚・省長級の高級官僚は12人だった。

 徐氏は巨額汚職として、雲南省第1人民病院の元院長が2005~14年に現金約3500万元と約8千万元相当の不動産、計約1億1500万元(約22億円)の賄賂を受け取っていた事案を紹介した。

 最高検によると、昨年1年間に立件した汚職官僚は5万5101人。(共同)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150427/frn1504271559009-n1.htm

◆1年で5万5101人とは驚きです!官僚は全て賄賂を贈って地位を買うのだそうで、下から上へ昇り詰めるには何十回、何百回と賄賂を繰り返さねばならないシステムになっているのです。だから余り厳格な取り締まりをすると総書記と身の安全は保障の限りではありません。




習氏にクーデター危機 胡錦濤政権での軍トップ・郭伯雄氏“粛清”の身柄拘束

郭伯雄

 中国の習近平国家主席が腐敗官僚の一掃を狙って推し進める「反腐敗運動」で、また新たな大物が葬り去られた。中国当局が、胡錦濤前指導部で軍制服組の最高位を務めた郭伯雄・前中央軍事委員会副主席(72)の身柄を拘束していたことが明らかになった。郭氏と同じく前政権で軍事委副主席を務めた徐才厚氏も昨夏に失脚している。だが、粛清をエスカレートさせる習政権への反発も軍部内で強まっており、軍事クーデターの危険がささやかれている。(夕刊フジ)


 共産党筋によれば、北京市内で軟禁状態にあった郭氏は今月9日、「反腐敗運動」を取り仕切る党中央規律検査委員会によって実質の身柄拘束となる「双規」を通告された。郭氏には、制服組トップの軍事委副主席に在任中、部下から多額の賄賂を受け取った疑いがあるといい、中国当局が汚職の疑いで取り調べを始めているとみられる。

 郭氏をめぐっては、先月2日に中国国防省が、郭氏の息子、郭正鋼・浙江省軍区副政治委員(少将)を収賄容疑で立件するなど、周辺に捜査の手が伸びていた。

 同じ時期に軍事委副主席を務め、今年3月に死亡した徐才厚氏も昨年6月に収賄容疑で党籍を剥奪され、失脚している。

 拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏は、「郭氏の失脚によって、習政権に対抗しうる有力な勢力は事実上なくなった。2月末に軍部の会計監査の徹底調査を始めた。昨年末には7大軍区の訓練の査察もスタートさせ、綱紀粛正にも乗り出している。今後さらに軍部への圧力を強めていくことになるだろう」と指摘する。

 習政権は、軍高官の汚職の取り締まりのみならず、「ぜいたく禁止令」を発令するなどして、下士官への締め付けも厳しくしている。強権をふるう習政権に対して、軍部の不満は高まっており、軍事クーデターの芽が育ちつつある。

 加えて習政権にとって脅威となりそうなのが、「反腐敗運動」の主要ターゲットに据えられている「上海閥」の残党からの反撃だ。

 「月刊中国」の発行人である鳴霞(めいか)氏は、「郭伯雄氏も徐才厚氏も、江沢民元国家主席と近い『上海閥』のメンバーとされる。彼らの息がかかった者が軍内にはまだたくさん残っており、生き残りのために蜂起する可能性は十分ある」と指摘する。

 中国国内のみならず、国外にも不穏な動きが出ているという。

 「米国で、元北京軍区対外作戦秘書長を指導者とした、習政権の打倒を目指す人民解放軍の退役軍人連盟が組織された。彼らは、中国の民主化を求めて海外に散らばった退役軍人のほか、中国国内の現役軍人ともつながっていて、軍事蜂起を呼びかけている。彼らが、『上海閥』の残党と結託し、大規模な軍事クーデターを仕掛ける事態もあり得る」(鳴霞氏)

 習政権が進める軍の覇権奪取が、新たな波乱の幕開けとなるのか。

http://www.sankei.com/world/news/150428/wor1504280015-n1.html




◆中国が世界第2位の経済大国になり、最近の習近平はアジア、アフリカで存在感を示し、バンドン」会議などでは、周辺国の指導者に対して、まるで秦の始皇帝のようにふるまっていました。

バンドン会議

AIIB設立では大英帝国が米国を裏切って中国に馳せ参じるほどの大国になっています。この計画は中国独自のプランではなく、真相はロスチャイルドが仕掛けた新興国のインフラ整備に名を借りた高利貸しシステムではないでしょうか。カネを貸して返済できなければその国の資源を質に取るという、新しい植民地制度では?

◆狡猾なロスチャイルドが何を考えているのか解りませんが、かつて大英帝国が清国をアヘン戦争で潰した時のように、この赤い帝国に寄生して、小さな貧しい国から生き血を吸おうとしているのではないでしょうか。

テキサスオヤジも別の面で、AIIBの如何わしさを指摘しています。





すべては習主席のさじ加減…危険すぎるAIIB 欧州各国は本性に気付け

テキサスオヤジ


ハ~イ! みなさん。最近、中国主導で設立準備が進められている、アジアインフラ投資銀行(AIIB)が注目を集めているな。米国と日本は慎重姿勢だが、50カ国以上が参加を表明している。「バスに乗り遅れるな」という意見も聞くが、大丈夫なのか?(夕刊フジ)

 AIIBは、アジア太平洋地域のインフラ整備を支援する国際金融機関で、中国の習近平国家主席が2013年に創設を提唱したものだ。米国と日本が主導するアジア開発銀行(ADB、67カ国加盟)と似ているが、調べてみると、似て非なるものというしかない。

 ADBは、アジア太平洋地域の経済成長、貧困削減、社会開発などを目指して1966年に発足した。米国と日本が最大の出資国で、歴代総裁は日本人だが、公平性を担保するために本部をマニラに置いている。融資対象の事業が、環境破壊や人権侵害を招かないかなど、審査は厳格だ。ちなみに、中国はADBの大債務国でもある。

一方、AIIBは中国が40~50%を出資し、本部は北京に置かれる。融資審査の手続きが不透明で、中国人の総裁が専決していくようだ。その総裁は一党独裁の中国共産党が決めるといい、事実上、最終権限は習主席が持つ。

「中国共産党の支配機関」という報道も納得だ。採算性や環境破壊、人権侵害などを度外視した融資が懸念されているぜ。

 中国は現在、不動産バブル崩壊や人件費高騰などで成長力が鈍化している。AIIBで資金調達したうえで、アジア太平洋地域のインフラ整備で需要を創出し、自国の過剰生産能力や余剰労働力を活用する思惑も指摘されている。共産主義者もよく知恵を絞ったよな。

 俺が心配するのは、AIIBによって、安全性に疑問が残る中国版新幹線や、信頼性に懸念がある低価格の中国製原発が輸出されることだ。これは、かなり怖いぜ。

 中国はまた、太平洋や東・南シナ海、インド洋の覇権も狙っている。AIIBの融資で、中国人民解放軍の艦船や航空機が寄港・待機する港湾施設や空港が、建設されることもあり得る。米国や日本を始めとする自由主義陣営には脅威だよな。

 わが国のオバマ大統領も現時点では参加に反対している。ただ、どこまで踏ん張るかは疑わしい。日本でも一部で参加論が高まっているようだが、「反日」中国が主導するAIIBに入っても、莫大な資金を出さされて、不良債権を押しつけられるんじゃないのか。

 チベットやウイグルの悲惨な歴史を知っていても、中国に尻尾を振る国が50カ国以上もあるなんて、理解できない。

欧州各国はアジアに比べて負担が少ないので参加が増えているようだが、中国の本性を知るべきだ。ターゲットの国を債務超過にさせて、中国の思い通りに操るための布石という危険性もある。すべて習主席のさじ加減一つだからな。

 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。両国が中国にだまされないことを祈っている。
 では、また会おう!


■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。著書に『テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」』(青林堂)など。

http://www.sankei.com/world/news/150410/wor1504100028-n1.html

◆ギリシャ見たいに完全に経済破綻した国は、喉から手が出るほどカネが欲しいので、多少の不利益を被ってもカネを借りようとします。しかし返済が滞ると、腎臓を売れ、肺を売れ、心臓を売れと攻められますよ。

くわばら、くわばら


/span>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR