破れかぶれの将軍様


◆数日前、北朝鮮が潜水艦ミサイルを試射したという写真が出回り、日米の防衛関係者を慌てさせた事件がありましたが、この写真は合成されやものだと解りましたwwww

ミサイル発射





北朝鮮の潜水艦ミサイル試射、公開写真は「修正後」=米軍幹部ら

[ソウル 20日 ロイター] - 米統合参謀本部のウィネフェルド副議長(海軍大将)は19日、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を試射したとして公開した写真について、北朝鮮によって加工されたものだとの見方を示した。
北朝鮮は今月9日、SLBMの発射実験に成功したと主張。しかし、ウィネフェルド氏はSLBMの開発には「多くの年数」を要すると指摘した。

正恩笑い
© REUTERS 北朝鮮の潜水艦ミサイル試射、公開写真は「修正後」=米軍幹部ら

また、ドイツの専門家2人も写真は「大幅に加工されている」とし、海水面に反射するミサイルの発射炎とミサイルの位置関係が不自然などと分析している。

一方、韓国軍関係者は、ウィネフェルド氏の発言について「われわれの見解に変わりはなく、写真は加工されてはいないとみている」と述べた。


http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AE%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E8%A9%A6%E5%B0%84%E3%80%81%E5%85%AC%E9%96%8B%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%AF%E3%80%8C%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E5%BE%8C%E3%80%8D%EF%BC%9D%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E5%B9%B9%E9%83%A8%E3%82%89/ar-BBjZdSk




◆この写真とミサイルの部分をフォトショップで合成したのでしょう。
ミサイル発射成功に、若き将軍様が得意満面で高笑いなさっていますが、なかなか演技がお上手ですな。


ミサイル2フェイク

◆北の軍備は骨董品の寄せ集めではないかと思われるようなものばかりです。まるで軍事博物館の様相を呈しています。

飛行機

60年前野ソ連機


空軍視察

トラクター2

海軍2

海軍1

潜水艦3

◆これは、レーダーらしいですが、このようなものでミサイルでも迎撃する積りなのでしょうか?

レーダー?



◆将軍様ご視察の、この潜水艦は何時頃つくられたものか解りませんが最近建造されたものでないことだけは確かです。ソ連時代のものと思われますが、グリーンの色からして最近塗り替えられたものだと解りますし、全体的に金属疲労が見られます。本当に潜航できるのでしょうか。出来たとしても2度と浮上できなくなるのではないかと不安になりますね。

潜水艦1

潜水艦2

◆将軍様は万能であらせられるようで、潜水艦での軍事指導から、スッポンの養殖指導まで幅広くなさっておられるご様子。この時は家来どもの不始末で烈火のごとく、お怒りあそばされたそうです。




金第1書記、スッポン養殖場視察で激怒 北朝鮮

【AFP=時事】(写真追加)北朝鮮の大同江スッポン養殖場(Taedonggang Terrapin Farm)で働く労働者たちは、自分たちにも甲羅があれば、その中に首をひっこめられるのにと思ったことだろう──視察に訪れた金正恩(Kim Jong-Un)第1書記が、施設の状況に激怒したためだ。

すっぽん養殖場

© AFPBB News 提供 北朝鮮の大同江スッポン養殖場を視察する金正恩第1書記。朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」より。News1提供。(c)News1

 朝鮮労働党の機関紙「労働新聞(Rodong Sinmun)」の1面に大きく掲載された写真には、養殖タンクがある建物の中で、明らかにいらだった様子の正恩氏が、突き出した指を振りながら現場幹部たちを叱責する姿が写っている。国営朝鮮中央通信(KCNA)によれば、正恩氏はこの視察中「工場幹部の欠点が、無能さ、時代遅れの考え方、無責任な仕事ぶりに表れている」と酷評した。正恩氏は特に、自らの父、故金正日(Kim Jong-Il)総書記の主導で創設された工場で、さまざまな欠陥を見つけたことに憤ったようだった。
 正恩氏は、父や祖父と同様に毎年、北朝鮮各地で多くの民間施設や軍部隊を視察し「現地指導」を行っている。その一つ一つを国営メディアが報じているが、通常はにこやかに「専門的な助言」を与える正恩氏の姿を写した映像が多く、今回のような厳しい表情のものは少ないため、今回叱責された人々が戦々恐々としていることは疑いがない。
【翻訳編集】AFPBB News
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E9%87%91%E7%AC%AC1%E6%9B%B8%E8%A8%98%E3%80%81%E3%82%B9%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E9%A4%8A%E6%AE%96%E5%A0%B4%E8%A6%96%E5%AF%9F%E3%81%A7%E6%BF%80%E6%80%92-%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE/ar-BBjWDb9




◆そしてまた別の記事もありますよ。スッポンだけでなくエビの養殖もご指導なさっていたらしいですな。




金正恩氏、スッポン養殖場視察、「失望」と怒り狂う

北朝鮮・朝鮮中央通信の19日付記事では、北朝鮮の最高指導者金正恩(キム・ジョンウン)氏は大同江(テドン)スッポン養殖場を視察の際に激怒し、同養殖場をきつく叱ったという。

金正恩氏がこれまでの視察でも数回、怒りを露わにして指導することがあったが、今回ほど、視察中にきつく叱ることは珍しいと北朝鮮・朝鮮中央通信は伝えた。

北朝鮮・朝鮮中央通信によると、金正恩氏は大同江スッポン養殖場の生産活動が正常化できていないとの報告を受け、自ら視察に行き、養殖場の職員らを厳しく叱責した。

スッポンは北朝鮮で生薬の材料として利用されてきたが、今では国民の食材になっている。故金正日(キム・ジョンイル)氏はそのことを喜んでいた。ところが、この養殖場にこんなに「失望させられる」窮地に陥ったことは思わなかったと、金正恩氏は指摘した。

金正恩氏はさらに、えび養殖に関する指示を下して稚エビを送ってから2年も経ったが、養殖場がまだ完成していないとは思わなかったと語り、「養殖場の職員らの能力が足りず、考え方が硬直化し、責任感がないからだ」と非難した。

送電、水道、設備などのせいで生産が正常に行われないということは理由にならない。養殖場の近代化、科学技術化の程度はまだ不十分だと、金正恩氏は指摘した。

養殖場に革命史教育学習室がないことは「理解できない」とし、故金正日革命業績への毀損だと非難した。

北朝鮮・朝鮮中央通信によると、朝鮮人民軍総政治局長の黄炳誓(ファン・ビョンソ)氏などは視察に付き添った。

(翻訳 金慧)

http://www.xinhuaxia.jp/social/69602




◆ご家来衆は手帳とボールペンを握って震えあがっているのが何とも哀れで、もの悲しさがありますが、同時に可笑しくもあります。

先代の金正日は策士ではありましたが、正恩ほど残忍ではありませんでした。正恩は権力基盤を固めるために、マキアベリズムを徹底しています。俺に逆らう奴は譬え身内でも粛清すると、叔父を機関銃で射殺したことで宗主国の中国でさえ彼を敬遠するようになっています。

張成沢氏処刑で機関銃銃弾90発、「火炎放射器」で焼却観測も?非情な迄の北朝鮮金正恩第1書記独裁政権


◆そして今月13日に行われたとされる玄永哲人民武力部長(国防相)の処刑です。玄氏は、正恩氏主催の会議で居眠りをしたという“反逆罪”に問われ、何百人もの市民の前で対空砲による至近距離の射撃で公開処刑されたとされていると言われています。

居眠りは「反逆罪」? 北朝鮮国防相を“公開処刑”(15/05/13)


処刑された将軍

◆こんな大砲で撃たれたら肉片も残らないかもしれません。まあ何ともおぞましい国が日本のすぐ近くにある訳ですから、矢張り防衛には万全を期して頂きたいものです。

大砲

◆北朝鮮政府が今年に入ってから処刑した幹部ら15人は、スパイ容疑がかけられたり、山¬林緑化運動に不満をもらしたことなどが処刑理由だそうです。北朝鮮で処刑された幹部は、¬2014年は41人で、弁論などは通用せず、見せしめのために処刑が行われているということで、国連では北朝鮮に対する非難決議が出されていましたが、北朝鮮代表が、アメリカを非難し始めたのでアメリカ側がマイクのスイッチを切断するというハプニングがあったようです。

【怒号】北朝鮮外交官が突然の”声明” 「マイクを切れ!国連騒然


◆北朝鮮はこのままでは国際的に孤立します。そうなれば益々財政困難になり、軍のクーデターが起き、武器を持ったボート難民が日本へ押し寄せて来るのは確実です。そうならないためには、正恩と兄の正男を入れ替えればうまくいくような気がします。中国がやろうと思えばできる事なんでしょうが、それをやると朝鮮半島全体が蜂の巣をつついたような状態になり、日本も無事では済みません。

◆中国瀋陽にはシンと言う働き者の焼き鳥屋さんがいます。この人と正恩を、こっそり入れ替えるというプランはどうでしょう。wwwww

シアさん4

遼寧省のシアさん

シアさん2

シアさん3




▼わしも、そう思うがにゃあ~

金正恩


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR