中共崩壊の予兆


◆6月4日は、北京の天安門広場での武力弾圧から26年にな¬りました。4日夜、香港のヴィクトリア公園のサッカー場では毎年恒例の犠牲者追悼キャ¬ンドル集会が開かれ、13万5000人が参加しました。多くの大陸の民衆の姿も見られ¬、その場で共産党関連組織からの脱退を表明したということです。

キャンドル

スローガン

香港六四追悼集会 大陸人が共産党脱退表明20150607


◆中国共産党からの脱退者はすでに2億人を超えているといわれ、人民の意識が微妙に変化しているのが感じられます。
これまでは人民が共産党幹部、しかも最高権力者であった江沢民を告訴するなどということは想像もできないことでした。習近平政権が告発者たちを泳がせているのは1億人ともいわれるファールンゴン学習者や人民を味方につけ、政敵江沢民の息の根を止めるためだと思われます。

【禁聞】江沢民を訴える動き 各地で妨害に遭う 20150608


◆習・江の権力闘争は終盤を迎えているように見えますが、まだまだ人民軍や警察の中に江沢民一派の子分たちが沢山潜んでいます。彼らは、江沢民が告発されると、悪事に加担していた自分たちの過去が芋弦式に暴かれることを恐れて、告訴の妨害をしているのです。


◆虎もキツネも蝿もみんな叩くという習近平の腐敗官僚退治は、かなり身内に甘く不公正だという不満が政権内で高まっています。人民軍や警察幹部の中には習の政治手法が気に入らない第3、第4の勢力がいるのも事実です。
強引なスプラトリー諸島における軍事基地建設は、そういう不満分子がやっているような気がします。数年前に激しい反日デモが起きて日本企業の焼打ち事件がありましたが、あれは習近平の追い落としを図るために江沢民一派が人民軍や私服警官を使ってでっち上げた事件でした。スプラトリーの軍事要塞化も、習近平が意図するものではないような気がします。

◆習近平は「偉大な中国の建設の夢」という言葉をよく使います。秦の始皇帝のようになりたいのかもしれませんが、米国をはじめ西側世界全てを敵に回して戦う積りはないと思います。
アジアの盟主になるためには武力による現状変更をするべきでないことは彼も分かっているはずです。盟主は恐怖ではなく、徳をもって治めるのが王道です。

◆フィリピンやタイ、ベトナムと地域紛争を起こすのは習近平にとって得策ではありません。戦争になれば中国が勝つかも知れませんが、米軍が介入し、一触即発になれば中国に勝ち目はありません。しかも習近平は数ヵ月後に訪米することになっています。そのような時に、わざわざ米国に喧嘩を売るようなことをするでしょうか。やはり、これは江沢民に繋がる勢力が習近平の足を引っ張るための謀略ではないかと思われます。

習近平の訪米前に南シナ海危機 何者かの陰謀か 20150602


◆こうして見ると、習近平は人民軍の最高司令官でありながら、全軍を掌握しきれていないということになります。しかし、まさかスプラトリーにおける軍事施設建設が「一部海軍軍人の暴走である」などとは口が腐っても言えず、習近平にとって非常に不本意な状況だと言えるのではないでしょうか。

◆長江の遊覧船転覆も、習政権にとっても相当な打撃だったようです。

中国・大型客船事故 中国当局、外国メディアに厳しい取材規制(15/06/03)


◆政権の徹底した秘密主義に、世界のメディアから批判の嵐が起きて、不承不承転覆した船の船内にカメラが入ることを許されたようですが、それもわずか数十秒です。

“船内にカメラが入った”長江の転覆船引き揚げる(15/06/06)


◆権力闘争、GDP鈍化、貿易不振、不動産バブル、シャドウ・バンク倒産、外資引き上げ、社会格差拡大、失業者数増加、民主化要求の胎動、どこから見ても習近平号は追い風とはいかず、竜巻に巻き込まれているようです。

この転覆船はこれからの中国の行方を示唆するものではないでしょうか。


▼俺も、そんな気がするにゃあ~

早く逮捕しろよにゃ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR