6度目の大量絶滅



◆地球が誕生してから約46億年、人類の誕生はこれまでに発見されている化石などから判断して、およそ800万~500万年前にアフリカの類人猿のなかから人類へ進化したというのが定説になっていますが、これは推測です。本当のことは誰にもわかりません。

◆環境省によると、地球上の既知の総種数は約175万種で、このうち、哺乳類は約6,000種、鳥類は約9,000種、昆虫は約95万種、維管束植物は約27万種となっています。まだ知られていない生物も含めた地球上の総種数は大体500万~3,000万種の間という説が多いとしていますが、これも推量の域を出ません。

https://www.env.go.jp/policy/hakusyo/h20/html/hj08020601.html

◆宇宙や地球の誕生、それは創造主のみがご存じのことです。
地球ではこれまで5度の大量絶滅が起きているといわれていますが、誰か見て数えた人がいるのでしょうか。絶滅の原因は、隕石衝突、火山活動、氷河期到来など、いずれも突然の大規模な自然災害で多くの種が消滅し、今また6度目の絶滅の危機に瀕しているとのことですがそれも推測にすぎないと思うのですwww




地球史上6回目の大量絶滅、すでに突入か 研究

【AFP=時事】世界は地球史上6回目の大量絶滅を迎えつつあり、これまでの約100倍のペースで生物種の消滅が進んでいるとした研究論文が先週、発表された。人類も早期に死滅する可能性があるとして警告している。

 米スタンフォード大学(Stanford University)、プリンストン大学(Princeton University)、カリフォルニア大学バークレー校(University of California at Berkeley)の専門家らが率いた研究によると、地球では現在、6600万年前に恐竜が絶滅して以降、最も速いペースで生物種が失われているという。

 今回の研究について、論文の共著者でスタンフォード大生物学部のポール・エーリック(Paul Ehrlich)教授は、「地球が現在、6回目の大量絶滅に突入していることを示している。

有意な疑いもない」と述べる。研究者らは、米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に掲載された論文を「控えめな算出法」に基づく予測だとしているが、研究では人類も絶滅する種の一つとなる可能性があるとしている。


 研究は脊椎動物など内骨格をもつ生物の記録や、化石などの歴史的データの解析に基づき、「人類の活動が支配的になる以前の生物種の自然な消滅ペース」と現在の消滅ペースを比較した。

 地球の45億年の歴史の中で発生した事象を人類は正確に知り得ないため、自然計数率(バックグラウンド計数率)と呼ばれるこうした値を算出するのは難しい。

インド
© AFPBB News 提供 日が暮れて帰宅する子どもたち。インド東部ブバネシュワルで(2015年4月4日撮影、本文とは関係ありません)。(c)AFP=時事/AFPBB News

 そのため、今回の研究で科学者たちは、広く使用されている算出方法の倍の速度で過去の絶滅速度をあてはめた。100年間で1万種の生物種のうち2種類の哺乳動物が絶滅するとすれば「前世紀の脊椎動物の平均消滅速度は、生物種の消滅に関する最も控えめな見積もりに依拠したとしても、人類の活動がなかった頃の最大114倍にあたる」としている。

 研究は「すでに脅威にさらされている生物種を保護するため、生息圏の喪失や経済的利益のための搾取、気候変動など、生物種にかかっているそうした圧力を緩和する集中的な取り組みが早急に必要」だと呼び掛けている。


【翻訳編集】AFPBB News

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E5%9C%B0%E7%90%83%E5%8F%B2%E4%B8%8A6%E5%9B%9E%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%A4%A7%E9%87%8F%E7%B5%B6%E6%BB%85%E3%80%81%E3%81%99%E3%81%A7%E3%81%AB%E7%AA%81%E5%85%A5%E3%81%8B-%E7%A0%94%E7%A9%B6/ar-AAbVNJn#page=2




◆人類絶滅の可能性もあるとのことですが、地球にとって最大の脅威は人類です。
地球が意志を持つ生命体であるからには、その命を維持延命する必要があります。母なる地球はこれまで動植物やその他多くの生命を生み育んできましたが、人類だけが異様に増殖して環境破壊の限りを尽くし、もう生命維持が難しい状況になっているのかもしれません。こんな写真をみると、人類は地球にとって悪性の癌細胞であり、6度目の絶滅は地球の自衛策で鼻緒でしょうか。

メキシコ

ゴミ捨て場

テレビパソコン

精油火災

解ける氷山

白クマ

カリフォルニア油田

精油火災

タイヤ

原発白煙

切り株

野焼き

排煙

象

ダイヤ鉱山

ゴミサーフィン

http://beforeitsnews.com/prophecy/2015/06/27-images-that-prove-that-we-are-in-danger-7-left-my-mouth-open-2470130.html




◆最近天変地異とも言うべき気候変動が激しく凶暴になっていますが、これは地球自体が生命維持のための浄化作業ではないでしょうか。
環境悪化で絶滅が危惧されている種を保護しようとしても無理です。人類が存在する限り・・・


人類消滅後の地球 LIFE AFTER PEOPLE①




▼違うにゃ!地球は絶滅じゃなく、一人でも多くアセンションさせようとしてるんだにゃあ~!

お願い猫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR