目には目を、歯には歯を!!!

◆中東の人々の復讐心には凄いものがありますね。ヨルダンのアブドラ国王2世は自らISILへの空爆を行ったそうです。国王が戦闘機を操縦するパイロットであったとは驚きです。





ヨルダン国王がシリアのISISを自ら爆撃!

国王1



ヨルダンのアブドラ国王は復讐にテロリストISILがムアズ・カサスベ中尉を焼殺したことに怒りを爆発させているヨルダン国民の意を汲み、自ら空爆に参加したと木曜日に個人的に参加したと発表。

国王2

メディアは、アブドラ国王は「ISILに対する戦いは終わりではない、我々は彼らのシエルター奴らと戦うことになる」と伝えている。
国王3


それが真実なら彼は非常に勇敢である、と言わなければならない。彼ISILの指令官55人を殺すと言っている。



※国王談話
http://www.i24news.tv/en/news/international/middle-east/60008-150204-king-abdullah-lands-in-jordan-following-murder-of-pilot




(ソース)
http://beforeitsnews.com/alternative/2015/02/king-of-jordan-to-bomb-isis-in-syria-personally-3103164.html








◆そして国王の言葉通りラッカで55人の指揮官を殺害したと云う記事があります。






イスラム国事件 ヨルダン軍“首都”ラッカに報復空爆 指揮官ら55人殺害か

【アンマン=吉村英輝、カイロ=大内清】イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」がヨルダン軍パイロット、モアズ・カサスベ中尉(26)を殺害したとする映像を公開したことを受け、ヨルダン空軍は5日までにイスラム国に対する空爆を強化した。事実上の報復とみられる。

 ヨルダン政府幹部は、同国空軍が米国と協力の上、イスラム国が“首都”と称するシリア北部ラッカで空爆を始めたと地元メディアに明らかにした。ラッカ周辺はカサスベ中尉が空爆したと伝えられる地域で、幹部は「中尉殺害を受けた空爆だ」という見方を示した。

 また、イラクからの報道によると、ヨルダン軍は5日までにイスラム国の拠点都市であるイラク北部モスル周辺を空爆し、イスラム国の指揮官を含む少なくとも55人が死亡したもようだ。

 ヨルダンのアブドラ国王は5日、カサスベ中尉の出身地である同国中部カラクを訪れ、中尉の父らと面会し弔意を表した。国王は中尉を殺害したとする映像の公開を受け、訪米日程を切り上げて4日に帰国。すぐに国軍幹部を集め、「英雄であるカサスベ中尉が流した血を無駄にしない」と述べた。イスラム国との戦闘は「無慈悲なものになるだろう」と壊滅する方針も示したという。

 ロイター通信によると、米高官は4日、イスラム国に対する有志連合の空爆作戦に参加していたアラブ首長国連邦(UAE)が、カサスベ中尉が拘束されたことを受け、昨年12月から空爆などの作戦参加を停止していると述べた。

 新型輸送機オスプレイの投入など、米軍が態勢を強化することを再開の条件に挙げているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150206-00000500-san-m_est






◆中東では、いまも『名は目を・歯には歯を」という掟が脈々と息づいているのですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR