もの悲しい話・・・・



◆人生いろいろと言いますが、世の中にはホロリとさせられる話があるものですね。




もしホームレスに1万円渡したら?意外な結末に、世界中から感動の声が


ホームレスに1万円渡すと一体どのように使うのか?という実験を、YouTubeチャンネル「JoshPalerLin」代表のジョシュが動画で紹介しています。

h1.png

© TABI LABO 提供 homeless-100-1道路の上で、物乞いをするホームレス。彼の名前はトーマス。食べ物を買いたいと懇願する彼に、ジョシュが手渡した金額はなんと100ドル(約1万-1万2千円ほど)。

h2.png
© TABI LABO 提供 homeless-100-2

すると、トーマスは喜びのあまり涙まで流して喜んだとか。さらに今まで一度もこのような親切を受けたことはなかったと語ります。

h3.png

© TABI LABO 提供 homeless-100-3その後ジョシュはその場を立ち去り、渡したお金をどのように使うのか様子を見ることに。

h4.png

© TABI LABO 提供 homeless-100-4


Liquor Market(お酒や日用品を販売するお店)に入っていく彼。一体何を買うのでしょうか?食品?それともお酒?

h5.png

© TABI LABO 提供 homeless-100-5


手に大きな袋を抱えています。中にはたくさん詰まってそう。

h6.png

© TABI LABO 提供 homeless-100-6

さらに彼の行方を追っていくと、公園に向かう様子。

h7.png

© TABI LABO 提供 homeless-100-7

すると、先ほどスーパーで購入した食品を公園にいる人たちに配り始めました。
子どもたちにも、買ってきた食料を渡しています。

h8.png

© TABI LABO 提供 homeless-100-8

h9.png

© TABI LABO 提供 homeless-100-9

そこへ、ジョシュが話しかけにいきます。トーマスは、「どうしてここにいるの?」と驚いている様子。

h10.png

© TABI LABO 提供 homeless-100-10

ジョシュは、お金を渡してからずっと彼の後をつけていたことを告白。トーマスが親切心で公園の人に食べ物を配っていることに感動し、さらに100ドルを渡しました。
h12.png


© TABI LABO 提供 homeless-100-12

トーマスは以前まで両親と暮らしていたそうですが、義理の父がガンを患い、その治療のために仕事を辞めたとか。治療でお金を使い果たし、現在ホームレスになってしまったといいます。彼いわく、同じように不幸な境遇でホームレスになってしまった人々もたくさんいるそう。

h11.png


© TABI LABO 提供 homeless-100-11

アメリカのホームレス数は、世界各都市のホームレス数ランキングで上位25位中、11都市がランクインしている(日本は東京の1都市のみ)ほど深刻な問題。ランキング2位のニューヨークでは、約6万人近くの人がホームレス用の避難所を使用しています。
また、子どものホームレス数も増加傾向にあり、2014年には世界で過去最高の250万人になっています。

ジョシュは、普段は目をそらしがちな存在にもしっかりと目を向けようというメッセージから、この動画を制作したとか。ここで紹介した動画の、フルバージョンはこちらから。

Licensed material used with permission by JoshPalerLin

How Does A Homeless Man Spend $100?


http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%E3%82%82%E3%81%97%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%81%AB1%E4%B8%87%E5%86%86%E6%B8%A1%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%89%EF%BC%9F%E6%84%8F%E5%A4%96%E3%81%AA%E7%B5%90%E6%9C%AB%E3%81%AB%E3%80%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%AD%E3%81%8B%E3%82%89%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%AE%E5%A3%B0%E3%81%8C/ar-AAbYCZ4#page=2




◆善良で心やさしいホームレス、トーマス、その後日談がありました。




YouTubeで有名になった「優しいホームレス」が亡くなっていた。

キャプチャ

先月、あるホームレスの遺体がロサンゼルスの路地裏で発見された。死因は慢性アルコール中毒による衰弱だった。彼は世界で最も有名なホームレスであったと言っても過言ではない。

 Text: Masako Iwasaki

 2014年12月、米国人ユーチューバーのジョシュ・ペイラー・リンが投稿した動画が大きな話題となった。それは、見ず知らずのホームレス男性に100ドルを渡し、それをどう使うのかを隠しカメラで追跡するという一見意地の悪いいたずらビデオだった。トーマスという名のホームレスはその足でリカーショップに赴いた。100ドル分の酒を買うのだろうという視聴者の予想を裏切り、たっぷりと食料を購入。それをホームレス仲間に配って回ったのだ。

 自らも困窮しているにも関わらず、他人への思いやりを優先したトーマスに、リンはネタばらしをして謝罪。さらに100ドルを渡し、再出発を支援するためのクラウドファンディングも起ち上げた。

トーマスの行動を収めた動画は現在までに3880万回以上も再生され、世界中の人々が彼の優しさに心を打たれた。病気の両親の治療費を払うために家を失い、路上生活を始めたという彼の身の上も同情を集め、クラウドファンディングサイトには14万5000ドルもの寄付が寄せられた。

 しかし、後にトーマスの兄弟によって、彼の嘘が告発される。トーマスの本名はケネス・ニッケル。両親と同居していたころからアルコールに溺れ、両親が死去した後は15万ドルにのぼる遺産を受け取ることになっていたという。

遺産が入金されるまで、施しを受けながら生活したいと自ら路上生活を選んだのだとか。リンのビデオも“やらせ”であったことを当日その場に居合わせた看護学生が証言している。この学生は以前からリンのビデオを見ていたため、彼がリカーショップの近くに停まっている車の中にいることに気づいていた。そしてその助手席にはトーマスが座っていたのだという。

 『Daily Mail』紙の取材に対し、トーマスはリンに会ったことはないと主張し、リンのスポークスパーソンもビデオの内容は事前に計画したものではなく、一連の出来事はあくまで偶然の産物であると強調したが、疑惑は払拭できなかった。過去にリンのいたずらビデオに出演した人物は、リンが視聴回数と利益を得るためには手段を選ばない人物だと語っている。

結局、トーマスが待っていた遺産とリンが集めた14万ドル超の寄付金の行方、そしてあのビデオの真偽についてはわからずじまいに終わった。

ただひとつ明らかなことは、トーマスことケネス・ニッケルが長年のアルコール中毒によって路上生活者のまま死んだという事実のみ。56歳の人生を終える瞬間、彼は何を思っていたのだろうか。

http://www.sankei.com/gqjapan/news/150625/gqj1506250001-n1.html




◆このyoutubeが、やらせであったにせよもの悲しさに変わりはありません。アグレッシブな生き方ができない人にとって3次元世界は過酷です。
これで、トーマスはもう、空腹や雨露をしのぐ苦役から解放された訳です。今頃は千の風になって4次元を自由に飛び回っているのかもしれませんね。とにかく御苦労さまでした・・・

▼なんとも悲しい話だにゃあ~~

悲しい猫


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR