セラピー・キャットは死神?



◆人間は、ストレスを感じると「コルチゾール」というホルモンを分泌して、高血圧になったり、記憶力低下の原因になったりすると言われています。

しかし、猫や犬に触れると、このコルチゾールの量を抑制することができ、血圧が安定し寿命も延びるということが証明されているとのこと。日本でもいくつかの老人ホームで「アニマルセラピー」を導入しているようで、癒しの効果が期待されているそうです。

そして、米国にはこんな猫もいるんですね。




人の死を予知できる猫

猫には特別な能力がある?(Tomi Tapio K/Flickr)


【大紀元日本7月22日】米国ロードアイランド州プロビデンスの老人ホームに、セラピー目的で飼われているオスカーという名前のネコがいる。このネコはなんと、人間の死を予知できるという。

オスカー3

 今年10歳になるオスカーは、2007年から人の死を予知するようになり、現在までに100人以上の死を正確に予知している。オスカーは普段、好んで人間に近づくことは殆どなく、触られたり抱かれたりするのを嫌がる傾向にある。

oscar_bg005.jpg

しかし時折、自ら入居者のベッドに上がって身体に密着し、自分を触らせたり抱かれたりする時がある。その場合、オスカーが近づいた入居者は皆、数時間後に亡くなってしまうという。

病人

オスカー2

 入居者の死亡時にオスカーが部屋にいることは、ほとんどの場合問題はなかった。しかしある時、家族の要請で部屋から追い出されると、オスカーはドアの前をうろつき、抗議の鳴き声をあげた。その後オスカーは、入居者が亡くなるまでその人のそばにつき、死亡すると静かに部屋を出るようになった。

 このようなオスカーの特異な行動により、老人ホームのスタッフは新たに特別なルールを設けた。それは、オスカーが入居者のそばにいる場合は、入居者に死期が迫った可能性があるとして家族に連絡する、というものである。

 オスカーは何故、人の死を予知できるのだろうか。その理由ははっきりと分かっていないが、「細胞が死滅する時に放出されるケトン体の匂いを、オスカーが感じているのではないか」と研究者は推測している。

(翻訳編集・金谷)

http://www.epochtimes.jp/jp/2015/07/html/d91873.html




◆オスカーの記事で思い出したのは落語の「死神」という噺です。この噺に登場する死神がオスカーの体に宿ったのではないか、ふーっとそんな気がします。名人三遊亭圓生師匠で納涼のひと時をお楽しみください。

「死神」 三遊亭圓生


◆オスカーに死神が宿っているかどうか解りませんが、日本ではその昔、夏になると化け猫騒動などの芝居や映画がよく作られていました。

化け猫騒動

化け猫2


猫を不吉な生き物と嫌う人もいますが、猫好きには癒しの効果があります。無邪気な彼らの姿を見ているだけで、とても癒されます。

Cats Being Cats


▼あ~疲れたにゃあ~

大の字

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR