欺瞞だらけの中国


◆共産党独裁の中国経済諸表は全て捏造されたもので、とても信用できるようなものではありません。上海株式市場では、官民による信じられないような株価操作が行われているようです。




中国の株価下支え策、官民合わせて5兆元規模 効果に疑問符

投資客

[上海 23日 ロイター] - 中国が株式市場下支えのために打ち出した対策の規模が、官民合わせて5兆元(8052億ドル)相当に上ったことがロイターの分析で分かった。ただ、効果は今のところ限定的となっている。

中国の2014年国内総生産(GDP)のほぼ1割にあたる規模で、世界的な金融危機を受けて中国が当時打ち出した景気刺激策の規模(4兆元)よりも大きい。

しかし、効果を現時点で計算してみると、上海総合指数 を約1ポイント押し上げるのに10億ドル相当かかったことになる。

方正証券(北京)のアナリスト、楊為コウ氏は「私は株価下支え策にかなり否定的だ」と指摘。「問題なのはこれらの措置がファンダメンタルズを変化させるのではなく、需給を変化させただけということであり、市場の安定は一時的なものにすぎないだろう。政府が手を引けば、株価はファンダメンタルズを反映して再び下落するのではないか」と述べた。

実際、6─7月の下落にもかかわらず、中国株は依然として割高となっている。

上海総合指数の平均株価収益率(PER)は17.64倍で、ダウ工業株の平均PER(16.12倍)を上回っている。また、深セン株式市場 の平均PERは47.23倍、小型株で構成される創業板(チャイネクスト) に至っては98.07倍となっている。

http://jp.reuters.com/article/2015/07/23/china-markets-rescue-idJPL3N1033IH20150723




◆5兆元×199、53円≒100兆円!

日本の国家予算をはるかに超えた、約100兆円ものカネをつぎ込んで中国株を買い支えるなんて狂気の沙汰です。そんなことをしても、数日数週間の時間稼ぎで、どぶにカネを捨てるようなものです。

しかし、他人ごとながら、中国政府は物入りで大変ですなあ。AIIB、BRICS銀行設立、南沙諸島の軍事要塞建設、軍備増強、東シナ海の天然ガス掘削、ギリシャの港湾買収、と大盤振る舞いをしているようですが、財政は大丈夫ですかな?
からくりがすぎるので、世界最大のレアメタル取引所がデフォルト騒ぎになっていますよ。




世界最大のレアメタル取引所 8千億円「債務不履行」のうわさ 庁舎前などで投資家抗議デモ

(15/07/24 16:29)

レアメタル2

【大紀元日本7月24日】世界最大のレアメタル取引所である昆明泛亜有色金属取引所(FYME)が債務不履行になるとの話が投資家の間で流れ、7月中旬から店舗前などで払い戻しを求める抗議デモが起きている。FYMEには全国22万人の顧客から総額400億元(約8000億円)が投資されている。

 FYMEは13日に公式ホームページで、「金融市場の変動と実体経済の成長鈍化の対策として現物市場の安定とリスクコントロールを強化」するため、13日から8月末まで、一部取引を停止すると発表した。同日、約800人の投資家が昆明市のFYME本店前で取引再開と払い戻しなどを求める抗議デモを行い、その状況は簡易ブログ・微博などで写真や動画とともに伝えられた。

 大紀元米国本部の電話取材に答えた抗議者の話によると、20日には全国から集まった約200人の投資家が省政府庁舎前で抗議デモを行い、問題解決のため、政府介入を要求した。約100人の警官が出動し、庁舎内に入ろうとする抗議者を退けた。政府は面会要求に応じなかったという。

 昆明の地域情報サイト、ゴー・クンミン(英語)によると、6月の上海市場の急落を受け、FYMEが債務不履行になるとの話が投資家たちの間で7月初旬に出回り始めたという。

 政府バックアップの取引所、わずか4年で世界最大

 2011年、雲南省昆明市にオープンした中国初の非鉄金属電子現物取引所は、国内の投機ブームを受け、わずか4年で世界最大のレアメタル取引所に成長した。売り文句は、高い利回りや雲南省政府のバックアップなどで、国営メディアがこれを「宣伝」として報じたため、投機熱をあおった。

 4月には、レアメタル価格の流動性問題に直面していることを明かした。要因は「中国市場の不安定」と「悪意ある投資企業による空売り」と説明している。

 一方、FYMEは、顧客の損失は保証しないとかねてから主張しており、今回の騒動にも冷たい態度をとっている。同社ブランド・ディレクター、鄧思キツ(人べんに吉)氏は17日、環球時報の取材に答え、「FYMEはレアメタル売買取引のプラットフォームを提供するだけで、実際に投資家(の損失)に対する支払い義務はない。しかし、高額な償還に伴う問題を解決するために、政府のサポートを求めている」と述べた。

 省政府は強気なコメントを出している。毎日経済新聞の取材に対し、雲南省政府関連部門の劉光溪氏は「現在直面している困難をFYMEは解消することが出来、この段階は早く過ぎ去る。FYMEはすでに国際的にも強い影響力がありレアアース取引のプラットフォームとして重要な意味がある」と答えた。

 シャドーバンキングで得た資金、レアメタルに注がれる

 FYMEの騒動について、「中国の金融システムの一大リスク」と従来から懸念されている中国のシャドーバンキングが背景にあるとされている。

 銀行を介さない金融取引・シャドーバンキングは、5~10%の高利回りで投資を呼び込んだ。投資家たちはこれらで得た資金の次なる投機先として、バブル崩壊が懸念される不動産を避けて、中国政府の操作が効くレアメタルに注いだ。

 中国政府のシンクタンク、社会科学院金融研究所の「中国金融監管報告(2014)」によると、中国のシャドーバンキングの規模は27兆元(約540兆円)に達し、大規模な債務不履行の発生が以前から予測されている。

(翻訳編集・叶子、佐渡道世)

http://www.epochtimes.jp/jp/2015/07/html/d75413.html




◆シャドーバンキングから消えたカネの多くは、逃亡汚職警官が海外に持ち出したもので、総額は100兆元以上だと言われています。




14年間で9万人 中国人億万長者が海外流出

【大紀元日本7月23日】最新の調査によると、中国では過去14年の間、9万人の億万長者が国外移住を選択していることが明らかになった。

逃げ出す中国人
     汚職官僚の逃亡先wwww

 富裕層情報を調査したコンサル企業キャップジェミニは今月、最新レポートを発表した。それによると、堅調な経済と株式市場を映して、2014年の世界富裕層人口は1460万人と前年比6.7%増、資産総計は56兆4000億ドル(約7000兆円)に達し、同比7.2%増だった。

 また、富裕層人口の60%を米国(435万人)、日本(245万人)、ドイツ(114万人)、中国(89万人)の上位4カ国が占めた。そして、アジア太平洋地域を中心に92万人の新しい富豪が誕生した。

 トップ25カ国の中で、富裕層人口の昨年比伸び率が最も高かったのはインド(11位)の26%増、中国(4位)は次点で17%。

 富裕層の流出と流入のデータを見ると、2000年~2014年の過去14年で、母国から外国へ移住した人口が最も多いのは中国(9万1千人)で、次いでインド(6万1千人)、フランス(4万2千人)だった。

 同レポートによると、中国の大富豪の移住先は米国が最も多く、香港、シンガポール、英国なども人気だ。

 海外流出の大きな要因は、中国の富裕層に対する厳しい税制にあると伝えている。また中国メディアは、大気汚染や食の安全、教育などの面において移住を選択する人もいるという。

(翻訳編集・佐渡 道世)

http://www.epochtimes.jp/jp/2015/07/html/d81786.html




◆日本で中国人旅行者が爆買いしているのに気を良くして、地方都市でも中国人観光客を呼び込もうと様々な設備投資をしているようですが、間もなく中国人は爆買いができなくなるのではないでしょうか。

買い物どころか今度は難民になってボートで押し寄せてくるような厭な予感がします。

中国人が国を捨てて逃げ出すのは、もうこの国は人が生存できる環境ではなくなっているからです。




【閲覧注意】中国の河川・大気の環境汚染が限界に近づいている・・・ ①


【閲覧注意】中国の河川・大気の環境汚染が限界に近づいている・・・ ②


【閲覧注意】 中国の環境汚染が生み出したもの なぜこんなことに・・


中国汚染された水源 これが現状だ Source of water pollution in China is g


◆中国共産党は徹底した唯物主義で、天をも恐れぬ社会を作ってしまいました。人々はカネだけを信じ、カネを稼ぐために良心をすてたのです。傲慢で尊大、非礼で冷酷、人倫を忘れて無知で恥知らずになったのです。

◆杜甫の詩に「国破れて山河あり、城春にして草木深し」というのがあります。国は戦で滅亡したが山や川はそのままで、町には春が訪れ草木が茂っているではないか」という希望の詩ですが、今の中国は山も川も海も空気もゴミと毒に犯され、草木も生えない状態になっており、その上環境と同様人心までが腐り果てています。習近平は虚勢をはって皇帝のように振舞っていますが、すでに裸の王様で生きた心地がしないはず。それが一番わかっているのは本人でしょう。

天はすでに易姓革命を始めています。欺瞞だらけの中国崩壊は時間の問題です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR