まだ言論機関の積りでいる朝日



◆中国共産党の下請けチンドン屋が、また奇妙な出し物を思いついたようです。これには爆笑させられました。告げ口外交の朴槿惠おばさんと全く同じメンタルなんですねえwww 

アカヒ




朝日新聞デジタル

首相経験者5人、安倍首相へ提言 安保関連法案めぐり

参院特別委で審議中の安全保障関連法案をめぐり、法案に反対するマスコミOB有志が11日、首相経験者5人による安倍晋三首相に対する提言を発表した。首相側にも郵送した。

 「歴代首相に安倍首相への提言を要請するマスコミOBの会」(51人)が7月に中曽根康弘氏以降の存命の12人に要請文を送付。11日までに回答した細川護熙氏、羽田孜氏、村山富市氏、鳩山由紀夫氏、菅直人氏の5人の分を発表した。5人はいずれも自民党以外の政党から首相になった。

 提言では「集団的自衛権の行使が必要だと感じるなら、憲法改正を」「恣意(しい)的運用の歯止めがない」などとして、5人全員が法案に反対の立場を表明した。

 羽田氏の文章は、関係者が口述筆記したもの。「9条は二度と過ちを繰り返さないという国際社会への約束事」などとしたうえで、「安倍総理から日本を守ろう」と結ばれている。

 このほか、細川氏は解釈改憲について「立憲主義に対する畏敬(いけい)の念の欠如を物語っている」と指摘。村山氏は「力で押し通す国民軽視の姿勢は許せない」と訴えた。菅氏は「国民の将来よりも祖父の思いを優先する政治姿勢」を批判した。鳩山氏は「私は日本を『戦争のできない珍しい国』にするべきと思う」とした。(市川美亜子)

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E9%A6%96%E7%9B%B8%E7%B5%8C%E9%A8%93%E8%80%85%EF%BC%95%E4%BA%BA%E3%80%81%E5%AE%89%E5%80%8D%E9%A6%96%E7%9B%B8%E3%81%B8%E6%8F%90%E8%A8%80-%E5%AE%89%E4%BF%9D%E9%96%A2%E9%80%A3%E6%B3%95%E6%A1%88%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8A/ar-BBlE6Ay




◆時代の変化が読めず、時の流れに取り残されたレトロ・サヨクの老人を寄せ集めたところが面白いですね。
ハトポッポは「戦争のできない珍しい国」にして、日本を無防備で戸締りもできない状態に置き、中国にくれてやる積りでしょうwwww

アカヒは日本が自衛できないように手足を縛り上げ、外敵に侵略させることに使命感を持っているようですが、細川護熙、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫、菅直人などを総理大臣にしたのは他ならぬ日本の有権者です。本当に日本はおめでたい珍しい、お花畑で遊ぶ子供のような国になってしまいました。その意味でアカヒは大きな貢献をしてきたと言っても過言ではないでしょう。

◆70年談話に「侵略と謝罪」の文言は織り込まないと言っていた安倍氏ですが、まさかアカヒのせいで翻意したのか、やはり侵略、植民地支配、お詫びのセットが盛り込まれるようです。




70年談話「おわび」記述へ=「侵略」「植民地支配」も言及―安倍首相

安倍晋三首相が14日に公表する戦後70年談話の原案で、先の大戦に関する「おわび」の文言が記述されていることが11日、分かった。原案は、戦後50年の村山富市首相談話のキーワードである「侵略」や「植民地支配」にも言及。複数の政府・与党関係者が明らかにした。首相は談話の内容について、14日の閣議決定に向けて最終調整を進める。

 首相は当初、戦後の歴史に区切りを付ける目的から、談話に先の大戦への「謝罪」を盛り込まない意向だった。

だが、公明党は「心からのおわびの気持ち」を表明した村山談話などの継承を要求。首相は同党への配慮のほか、安全保障関連法案の審議などの影響による内閣支持率下落を受け、さらなる世論の反発を避けるため安全策に傾いたとみられる。

 原案は、「侵略」と「植民地支配」も盛り込んだ。有識者会議から異論も上がった「侵略」に関して政府内では、国際社会で認められない行為などの文脈で取り上げ、先の大戦での日本の行為との位置付けと一線を画す案が浮上している。

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%EF%BC%97%EF%BC%90%E5%B9%B4%E8%AB%87%E8%A9%B1%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%82%8F%E3%81%B3%E3%80%8D%E8%A8%98%E8%BF%B0%E3%81%B8%EF%BC%9D%E3%80%8C%E4%BE%B5%E7%95%A5%E3%80%8D%E3%80%8C%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0%E6%94%AF%E9%85%8D%E3%80%8D%E3%82%82%E8%A8%80%E5%8F%8A%E2%80%95%E5%AE%89%E5%80%8D%E9%A6%96%E7%9B%B8/ar-BBlDAEI




◆安倍氏が侵略、植民地支配、お詫びの文言を取り入れ、河野村山談話を上書きするだけならわざわざ大騒ぎして有識者会議を組織したり、閣議にかける必要もなかったし、第一新たに談話を出す必要は全くありません。もしどうしても何か言いたいなら「私が戦後70年を総括するならば、河野さん、村山さんが仰るとおりです。以上!」で終わればいいじゃありませんか。

◆何故安倍氏が翻意したのかと言えば、連立を組んだ公明党の山口代表に、3点セットの文言を加えろと迫られたからに他なりません。自民党単独では政権維持できないところまで公明党し浸食されているから、政権維持のためにはやむを得ないというジレンマに立たされているのです。

◆第2次安倍内閣が発足して間もないころ、石原慎太郎氏が安倍氏に忠告したのを思い出しました。「公明党との連立は止めた方がいい、必ず禍根を残すことになる」という言葉を。
いま、安倍氏は歯ぎしりをしているのではないでしょうか。

カルト教団の大ボス、前科者の成太作(ソンテチャク)の意向は脈々とこの政党に受け継がれ、日本を自虐の海に沈めているのです。

池田

ikeda


▼暑苦しいことばかり、クマったもんだ・・・

ダレ熊



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR