さっぱりわからんwww


◆今日は終戦記念日、日本武道館では正午から天皇皇后両陛下がご参列、全国戦没者追悼式が行われました。昨日は安倍首相の戦後70年談話が出されましたが、国の内外でも中韓を除けば概ね好意的に受け取られているようです。

追悼式


しかしこの安倍談話にクレームをつけているのが無駄山富一元総理です。




村山元首相、安倍談話を痛烈批判「さっぱりわからん」

無駄山


「談話は出す必要がなかった」。14日、安倍晋三首相が発表した戦後70年談話について、記者会見した村山富市元首相(91)から批判の言葉が次々と発せられた。

「何を言いたかったのか」「中身について評価するところはない」。20年前の首相当時、戦後50年に際して談話を発表した村山氏。「各国から評価された」という自負がある村山氏にとっては、許容できないものに映ったようだ。

 安倍氏が首相官邸で談話を発表したのは同日午後6時。村山氏はその2時間後の午後8時から、大分市中心街にある「全労済ソレイユ」ビルの会議室で記者会見した。会場には、中国のテレビ局を含む県内外の記者が詰めかけた。

 会見で村山氏はこう言った。「全体を通して見ると、焦点がぼけて言葉を薄めて述べている」

 「植民地支配」や「侵略」への「痛切な反省」という村山談話の理念について、「言葉は使っているが抽象化して不明確になっている」。批判は続いた。

「過去の歴史に対する反省を素直に認めて端的に表現すべきだった」「村山談話を否定も踏襲もしていない。さっぱりわからん」「最初から『継承する』と言えば出す必要もなかった」

 自身が出した戦後50年の談話について「節目に清算して、けじめをつける必要があると思った。

内閣に課せられた歴史的な課題だった」と振り返る村山氏。かねて、安倍首相が出そうとしている戦後70年談話について「なぜ、いま出すのか」と批判してきた。

今年に入ってから、国内だけでなく、海外メディアからも取材依頼が殺到。取材対応や講演のため、東京に頻繁に足を運んできた。

 安倍政権が進める安全保障関連法案や、集団的自衛権の行使容認の憲法解釈変更についても、村山氏は護憲の立場から反対する。国会周辺の集会にも顔を出し、現在も精力的に活動を続けている。この日の記者会見では、こんな言葉も口にした。

 「(安倍談話は)美辞麗句を並べているが、安保法案との関係で、また懸念を深めると思う」「未来志向といったって、『積極的平和主義』とひとこと言っただけ。憲法を変えて戦争のできる国にしようと言ってるんだから」(平塚学、稲垣千駿)

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E6%9D%91%E5%B1%B1%E5%85%83%E9%A6%96%E7%9B%B8%E3%80%81%E5%AE%89%E5%80%8D%E8%AB%87%E8%A9%B1%E3%82%92%E7%97%9B%E7%83%88%E6%89%B9%E5%88%A4%E3%80%8C%E3%81%95%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%82%8A%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%93%E3%80%8D/ar-BBlKtps#page=2




◆「さっぱりわからん」のは当方です。何故そんなに必死になって中韓に謝り続けたいのか、また自衛のための憲法改正が、何故戦争に繋がると考えるのか、さっぱりわからんwww

◆そしてもう一人「さっぱりわからん」人物が友愛マニアのこの人です。韓国で涙目になり土下座して、謝罪やお詫びを連発し韓国人の人気を独占するルーピー・ハトヤマ元首相。政府がパスポートを取り上げないものだから、いい気になって中韓に何度でも出かけてジャパン・ディスカウントを繰り返し、敵の宣伝戦に利用されているのです。カネと暇は腐るほどあるわけですから何をしようが自由だということにはなりません。無駄山やルーピーは痩せても枯れても元首相経験者ですから、一般人の発言とは重さが違います。

ハト1

600.jpeg

はと3

◆ルーピーの愚行によほど腹を立てている人も多いのでしょう。早速クソコラ・グランプリが始まっていますwwww

600.jpg

▲関係ないけど、取りあえず謝っちゃお~

こら1

▲暑気払い、ルーピー流し!

b.jpg

▲幾重にも幾重にもお詫び申し上げます。

クソコラC

▲ぼくちゃん、萌えなくてごめんなさい~

クソコラI

▲謝罪蝉ルーピーの脱皮
クソコラE

▲北の将軍様も大笑いwww

クソコラG

▲日本を逆襲するルーピー爆弾

クソコラD

▲もう宇宙に帰ってもらいましょうねwww



◆中韓がジャパンバッシングを止めないのは、無駄山やルーピーが卑屈になって、くどくどしく謝り続けたことにも原因があるのは明らかです。

今では国連までが中韓の反日活動を史実と認定し、日本に非難勧告と圧力をかけようとしているのです。しかし尻が重く危機意識が全くない、害務省の役立たずどもが何にもしないものだからテキサス親父さんが、わざわざスイスの国連の人権委員会にまで出向いて異議申し立てをしてくれたという。この方には感謝しきれませんね。勲一等旭日菊花賞ものです。





【痛快!テキサス親父】国連の実態は反日の言い分を垂れ流すマッチポンプ 日本人の敵は日本人だ

テキサス

2015.08.14

ハ~イ! みなさん。日本での講演会ツアーを終えた後、スイス・ジュネーブの国連欧州本部と、パリのユネスコ(国連教育科学文化機関)本部、バチカン市国の聖ピエトロ寺院などを訪問して、約1カ月ぶりにテキサスに帰ってきたぜ。俺が愛する、日本と日本人の名誉を回復するための戦いだった。

 今回のコラムでは、国連の知られざる実態について紹介したいと思う。

 日本の一部メディアや政党は、いまだに国連を絶対視するような報道やアピールを続けているが、完全に間違いだ。善良な日本人の方々は目を覚ましてほしい。

 まず、国連人権委員会は、NGO(非政府組織)の主張をもとに、対象国の「リスト・オブ・イシュー」(=問題点のリスト)を作り、謝罪や賠償などを求める勧告を出している。これでは、「NGOの言い分をほぼ垂れ流す、マッチポンプ機関」と言われても仕方ないのではないか。

 これまで参加した日本のNGOには「反日的傾向」が強い組織もあり、国連人権委員会を利用して日本政府に圧力をかける構図ができあがっていた。勧告には法的拘束力がないのに、一部メディアは便乗して政府批判の記事を垂れ流してきた。

 つまり、「日本人の敵は日本人」なんだ。

 今回の女子差別撤廃委員会の準備会合には、日本から5つのNGOが参加した。当然、俺たちが所属している「国際キャリア支援協会」や、主婦による正しい歴史を次世代につなぐネットワーク「なでしこアクション」も含まれている。

 国連が事前にまとめていた書類には、慰安婦問題について従来同様、「謝罪が足りない、賠償が足りない」とあったが、俺たちや、なでしこアクションの山本優美子代表、次世代の党の杉田水脈元衆院議員は「慰安婦が強制された証拠はない」「慰安婦問題は女性の人権擁護という目的を逸し、外国での『反日政治キャンペーン』に利用されている」などと、正反対の見解を表明した。

 俺たちの発言を受けて、委員長は「慰安婦問題であなた方のような意見は初めて聞いた。この問題に2つの見方があるとは知らなかった」と驚いていた。そして、「あなた方は日本政府の意向で動いているのか?」と聞いてきたので、「まったく違う」と返答した。


 後日、委員会がまとめた日本政府への「リスト・オブ・イシュー」には、「『慰安婦を強制した証拠がない』という意見を聞いたが、きちんと説明してほしい」との記述が入っていた。

 さらに、在日韓国・朝鮮人だけをヘイトスピーチの対象としていたが、「マイノリティー」(少数派)に置き換えられていたぜ。

 ぜひ、日本政府は正しい対外発信を行い、俺たちの努力を無駄にしないようにしてほしい。

 朝日新聞が大誤報を認めたこともあり、多くの日本人が「慰安婦問題の真実」に目覚めた。今後は「国連の実態」にも目を向けてほしい。もう、国連を「日本たたき」に利用していた連中の好き勝手にはさせないぜ。


 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。

 では、また会おう!
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150814/dms1508141140006-n1.htm




◆トニー・マラノ氏の言うとおり、「日本人の敵は日本人」です。しかもその中には総理経験者が5人もいます。これまで中韓の走狗が日本の総理をやっていた訳です。そして日本は中韓だけでなく国連までを敵に回ことになったのです。

◆もともと、国連は戦勝五カ国だけが決定権をもつ、極めてエゴイスティックな組織です。特に人権委員会などと言う組織は低開発国の出身者で占められ、中韓などが反日宣伝を正当化するために立ちあげたNGO(ロビースト)から賄賂を取って、ユスリ、タカリがしやすいように賄賂を貰ってお墨付きを与えているのです。

自分で事実関係を調べもせず、吉田清冶やアイリス・チャンのフィクションを鵜呑みにして、性奴隷の報告書を出し日本に避難勧告を突き付けたクマラスワミのような無知と偏見に満ちた連中ばかりです。

kumara2.jpg

◆日本は依然として、国際連合憲章第53条の「敵国条項」に基づく「第2次世界大戦中に連合国の敵国であった国」(枢軸国)だと位置付けられています。

この条項は、未だに削除されていません。ナチス・ドイツとイタリアは「国体」が変わっているので、「敵国条項」の対象から外されていますが、日本だけはいまだに戦勝5カ国(英米仏駐露)にとっては「敵国」なのです。ですから「戦争」は勿論「国際紛争を解決する手段としての武力行使」も認められていませんし、日本の憲法でも、第9条が存在して自衛のためでも武器使用ができないように縛られているのです。

◆そんな惨めな状態に置かれている日本が、国連分担金では米国に次いで二番目に大きな出資をしているのです。

分担金

◆国連の常任理事国でもないのにこれ程負担する意味があるのだろうか。人権委員会が中韓の宣伝戦に加担するなら分担金を払わないとクレームつけるくらいな事を政府はやるべきではないでしょうか。

◆それにしてもテキサス親父の「日本人の敵は日本人」と言う言葉は正鵠を射ていますね。最近日本人が右傾化しているというようなことを言う人が居ますが、私には無駄山、ルーピー、河野、管、そして沖縄の翁長知事や、プロ市民と言われるようなサヨク・ファッシズムの勢力がどんどん増え、まっとうな国防ができないように縛り上げる、危険な方向に向かっているように思えてなりません。

朝日が選んだワースト5

▼無駄山老人の言うことが、わからん!さっぱりわからんにゃあ~」

400.jpeg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR