日本を震えあがらせるため?www



◆3日後に中国では抗日戦勝記念軍事パレードを行うため、当局はPM2,5スモッグで汚染された空を青空にするため約2万社の工場稼働を止めさせ、自動車使用も半数以上を禁止したそうで、北京に青空が戻っているそうです。
青空

◆笑ってしまうのが「抗日戦争および反ファシスト戦争勝利(戦勝節)70周年」記念行事」と命名していることです。キンペーはファシストという言葉の意味を全く知らないで使っているのではないでしょうかwww 

◆ファシストとは自由主義、民主主義を否定して完全な独裁政策、外交では侵略主義を推進する者を指すのです。つまり中国共産党が70年間党是として続けてきたのがファシズムであり、そのファシズムで内政外交を続けてきた歴代指導者がファシストなのです。いまキンペーそのものがファシストの最たるものではありませんか。非難されるべきは自分自身だということを全く理解していないのです。そしてまあ、その共産党の喉と言われる人民日報の言説たるや品格のかけらもない、ゴロツキの恫喝以外の何物でもありません。




共産党機関紙、戦勝70周年の閲兵式は「日本を震え上がらせるため」 また反日感情を利用

hqdefault.jpg

大紀元日本1月27日】中国共産党機関紙「人民日報」のウィーチャット(ソーシャルアプリ)オフィシャルアカウントで27日、「なぜ今年閲兵式を開催するのか」と題する記事を掲載し、初めて開催を公式に認めた。これまで香港メディアなどが反ファシズム戦争勝利70周年に合わせて閲兵式が北京で行われると報じていた。

 同記事では、閲兵式を開催する目的の一つは「日本を震え上がらせるためだ」と日本を強く意識した文言が並んでいる。「米のアジア回帰の戦略に後押しされ、日本は釣魚島(尖閣諸島の中国名)を国有化し、歴史を否定するなど再び軍国主義に走る兆しを見せている」と日本を糾弾。さらに、「猖獗する日本に、アメリカは黙認と支持の態度を見せている」、「アメリカの支持を受け、日本は集団的自衛権を解禁し、このままだと改憲して国家の正常化を図るに違いない」とアメリカに対する敵意もあらわにした。

 また、「中国の戦後秩序が中国の核心的利益で、それを変えようとする者は中国の敵になり、中国からの強烈な反撃を受けなければならない」と日本批判をヒートアップさせている。

 このほか、「党と人民が腐敗を取り締まる紀律検査委員会や政法委員会を手中に収めるだけでなく、解放軍もしっかり掌握していることを腐敗幹部に見せるため」なども開催の目的として挙げられた。

 現在、習近平指導部は反腐敗運動を展開しており、党や軍の実力者が相次ぎ失脚するなど利益集団に深く切り込んでいる。既得権益層からの反発が高まり、そうした不満を抑えるために「腐敗幹部に軍の力を見せる」の文言が盛り込まれたとみられる。一方、摘発された幹部の汚職金額はいずれも高額に上り、国民から共産党政権の正当性を疑問視する声も上がっている。

 尖閣諸島の国有化問題で冷え込んでいる日中関係に、ようやく改善の兆しが見えるなか、反日感情を掻き立てたのは国内の不満の矛先を日本に向かわせたい思惑があると思われる。

(翻訳編集・江音)
http://www.epochtimes.jp/jp/2015/01/html/d42823.html




◆ハイ、ハイ、そうですか、そうですかwwww
毎度のことで驚きもしませんが、ここまでくれば震えあがるどころか呆れかえって、失笑と軽蔑と溜息しか出ませんな。
奴らはこれ見よがしに、日本をいくら叩いても反撃は愚か、反論さえできない意気地なしだと思い込んでいますので、言いたい放題、やりたい放題です。

◆弱い犬ほどよく吠えると言いますが、それは常に怯えているからです。独裁政治で人民の人権を踏みにじってきた中国共産党には、人民の一斉蜂起の恐怖があります。だから、必死に日本を叩いて見せ、人民の目を逸らそうと躍起なのでしょうが、それが逆に国際社会からの信用を失い、自国が孤立することになるのが分かっていないのです。

◆キンペーがこのパレードに執念を燃やしている背景には、中国が米国と覇権を二分しようと言う野望があるからです。

「我々はもう経済、軍事の両面で米国に勝つとも劣らない実力をつけた、米国の国債も大量に買っている。要求を呑まねば、今すぐにでも国際を投げ売りするぞ。これからアジアは中国のテリトリーだ、米国はアジアに足を突っ込むな」というデモンストレーションなのです。

◆そのキンペーがこの秋の国賓待遇で、訪米するとのことですが、一体何の話でしょうか。一説によれば、米国に逃亡した江沢民派の腐敗官僚の身柄と財産の引き渡し交渉ではないかといわれています。米国に逃げ込んだ中国人腐敗官僚の数と持ち逃げしたカネの額は天文学的だといわれています。
そしてまたハワイから西は中国が支配するという話を蒸し返しに行くのかもしれません。

◆このところの中国の傲慢不遜、無礼きわまる態度に米国では不快感をあらわにしています。
共和党のトランプ大統領候補は[中国人がアメリカ人の雇用を奪っている」と指摘。またある共和党議員は国賓などとんでもない、マクドナルドのバーガーでも投げ与えろ」と怒り狂っているとかwwww

中国という生き地獄!一刻も早く中共が消滅することを願うばかりです。そうすれば北京の空にも通常の青空がもどるでしょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR