最後の審判に備える米国人

◆最近の米国はハリケーン、大雪、ブリザード、洪水、山火事、落雷などに襲われ、家や車の損害が続いているようです。
アイスエイジ

山火事


砂嵐B

そのほかにも戦争、核攻撃、経済崩壊、エボラなどのパンデミック、大停電などでコンピュータ機能がマヒすれば即座に国中が大パニックに陥ります。
人々の間ではヨハネの黙示録が言う「最後の審判」が近づいているというような不安が高まっているのか、何とか生き残ろうとサバイバル訓練をする人々が増えているようです。

ドームスデイ


バグアウト1

テロリストや押し込み強盗が跳梁跋扈するようになれば自衛のために戦う準備も必要になるのも解りますが、しかし、平和ボケした日本人には、そこまでやるかと少々戸惑いますね。


Doomsday Preppers. USA families prepare for potential apocalypse


◆裁きの日に備えて、家族向けのシエルターが販売されているようで、富裕層に人気だそうです。

サバイバル•センターから究極の地下ファミリーシェルター


◆世界的なエリートやスーパーリッチのための豪華なミサイル攻撃シエルター、内部には植物工場まであります。

Luxurious Underground Bomb-Shelters For The Worlds Elites/Rich!



◆このシェルターはカンザスのミサイル基地跡を利用して、創ったもので核攻撃にも耐えられるそうです。

Doom Boom



◆エリート層や大富豪は大勢のセキュリテイサービスがうけられますが、普通の人々は自分で自衛するしかありません。自力でサバイバルするのは相当な資金力、体力、気力、忍耐力が必要です。私のようなヘナチョコは到底まねができないので1日で死んでしまうでしょう。
Mobile Bug Out Prototype * Leaving The City Behind



◆最後の審判を生き残るには軍用トラックも必要だという事ですが、ガソリンはどうするのでしょうか。盗む?

Doomsday Truck


◆黙示録を利用して無知な大衆に恐怖心や不安を煽るテレビ伝道師と言われる人々の罪はかなり大きいのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR