もう中韓のパクリを笑えない!



◆東京五輪は初手からケチのつき通し。競技場も五輪エンブレムも白紙撤回し、再コンペと言うことですが、全く先が見えてこないところで、今度は東京ブランドのロゴまでがパクリだと騒ぎになっています。




【盗作】博報堂・永井一史の「&TOKYO」盗作疑惑で東京都が調査開始

騒動の発端は、永井一史氏がデザインした「& TOKYO」がフランスの眼鏡ブランド「Plug & See」のロゴに似ているのではないかと指摘されたことだった。特に「&」の字体が似ているとのことで、話題になった。

ロゴ1

ところが、その後、「酷似」と言ってよいほど似たものがあるという新たな指摘がなされた。それは、ニュージーランドの弁護士事務所「Jones & Co」のロゴである。字体がほぼ同一であることに加え、「&」が赤い円の中に白字で記されていること、その他の文字は黒であることなど、全ての点において「& TOKYO」と共通しているというのだ。

ロゴ2

http://tanteiwatch.com/26652


▽関連スレ

【盗作】『&TOKYO』のパクリ元が特定される…ニュージーランドの弁護士事務所『Jones & Co』と酷似

【速報】博報堂・永井一史が制作した『&TOKYO』ロゴに盗作疑惑が浮上

舛添


永井一史

・博報堂デザイン社長

・東京五輪エンブレム選考委員長である永井一正氏の息子

・元博報堂専属デザイナーの佐野研二郎氏と教授仲間(多摩美)

・東京ブランディング戦略監修者(『おもてなし制服 』、『&TOKYO 』責任者)

(制作費用は都税から
およそ1億3000万円)


フランス(リオン)にある眼鏡を扱うお店『 Plug&See 』
http://plugandsee.club/


http://mona-news.com/archives/45257928.html





◆佐野研二郎といい、永井一史といい、博報堂絡みのデザイン屋さんは揃いもそろってオリジナリティ皆無のパクリ屋集団ですね。「おもてなし制服」もこの人物の仕事だとかwww

ださい2

ダサイ3

「おもてなし東京」のユニフォームは、発表当初からダサイと悪評ふんぷんでしたが、これは李氏朝鮮の武官の衣服をパクったものとの指摘がなされています。なんだかこれを着せられるボランティアの方々が気の毒に思えてなりません。せめて、これも白紙に戻してはどうでしょうか?

ださい1

ナニ?また余計な金がかかる?それもそうですね・・・・とほほ・・・

◆それにしても、「&TOKYO」という素人のような簡単素朴なデザインに1億3千万ですか・・・どうせ税金他人のカネwww。大手広告会社とディープな関係にあるデザイナーと言うのは実に美味しい商売ですねえ。まあいろんな連中が絡んでいますからキックバックしなければなりませんので、全額懐に入るわけではないのでしょうが、それにしても今時、美味しい商売です。

◆東大卒で頭脳は明晰かもしれませんが、舛添都知事閣下にはファッション・デザインとかグラフィック・デザインのセンスが致命的に欠落しているとしか言いようがありません。

kusokora.jpg

◆デザイン発注に自分は直接関与していないと言うかもしれませんが、ツンボ桟敷に置かれていた訳でもないでしょう。最終決定を下したのはご本人ではないのでしょうか。東京都は今、「おもてなしボランティア」を募集中だそうですが、このようなダサイユニフォームを着せられるのなら応募しないと言う人々が出てきてもおかしくありませんな。
舛添知事閣下はキャリアに傷をつけたくなかったら、もうファッションとかデザインとかには係わらない方が好いでしょう。音痴と言うのは音楽分野だけではありません。ファッション音痴というのもありますのでねえ。

◆ロゴのパクリ疑惑について、知事閣下の御発言は物凄いものですよ。神経を疑いますな。




1億3000万円かけた「&TOKYO」ロゴをPRも…パクリ指摘には「誰でもこんなロゴは書けますから」

《10月13日午後2時から都庁会見室で》

 【冒頭発言】

 「まず東京ブランドの推進に向けたキャンペーンについて、お知らせします。今日から東京ブランドのロゴ『&TOKYO』を使ったバックパネル(※会見で知事の後ろに飾るパネルのこと)を使ってみました。(会見で飲む)水、コップにも『&TOKYO』マーク。バッジは5色あり、スーツの色に合わせて変えられるという感じで、今日は(私も)招致マークを外して、こっちをちょっとつけて、目立つようにしました」

 「どれぐらいお金がかかったかということですが、全体で1億3000万円。このうち、さまざまなPRツールのデザイン経費が約7000万円。それで、こういうグッズをいろいろ作っているわけです」


 「要するに『I Love New York』ってマークがあって、これがもう本当、世界中に浸透しているので、ニューヨークに行っても、この『I Love New York』グッズって、めちゃくちゃたくさん売れているわけ。いずれ、こういうのを売っていくし、このことによって東京のセールスが成功すれば、おそらく何千億円となって戻ってくると思って、その努力をしたいと思います」


 「自分で言うのもおかしいのですが、結構、私の出たやつ(※知事が出演したPR動画のこと)は好評で、ぜひホームページでご覧いただければと思っております。東京の魅力の発信につなげて、できるだけ多くの外国の方にいらしていただいて、東京を愛していただければと思っています」

 「それから次はうれしいお話ですが、ノーベル賞を北里大の特別栄誉教授の大村智先生がおとりになりました。そこで、この功績をたたえるため、東京都民である大村さんに、東京都栄誉賞を贈ることにいたしました。大村先生は世田谷区にお住まいで、かつては都立の墨田工業高等学校の先生もおやりになったということです。表彰式はノーベル賞授賞式が終わって、先生がお帰りになってから、皆さんでお祝いをしたいと思っています」

「次は、北京市との協力関係です。このたび、北京市と環境分野における研究員の相互派遣を初めて行うことになりましたので、お知らせします。昨年、私が北京市を訪問して、王安順市長と会談した際、環境分野とりわけPM2.5をはじめとする大気汚染対策について、技術交流・技術協力をさらに推進することで合意しました」

 「これを受け、来月の1カ月間、北京市環境保護科学研究院の2人の研究員が東京都に参ります。研究員の方々には、東京都環境科学研究所でPM2.5や、光化学スモッグの発生原因となるVOC(揮発性有機化合物)の測定、データ解析など、都の大気汚染対策の経験や技術に関する知見を深めていただきたいと思っています。

また、来年1月には、東京都から環境科学研究所の研究員1人を、北京市へ派遣して、技術交流を行う予定です。このような交流を通じ、今後も北京市との友好関係を深めていくとともに、世界の大都市が共通して抱えている大気汚染の解決につなげていきたいと思っています」

 「次は、パラリンピック絡みです。都として初めての試みとなる『パラリンピック選手発掘プログラム』の参加募集を開始します。2020年東京大会の成否というのはパラリンピックの成功にかかっているというわけで、1人でも多く地元の選手が出場して、活躍して、応援する観客を熱狂させるということが非常に大事だと考えています」

 「そこで今回、都の障害者スポーツ競技団体や全国レベルの障害者スポーツ競技団体、健常者の競技団体からも協力を得て、『パラリンピック選手発掘プログラム』事業を実施します。具体的には、まず、参加者に複数の競技を体験してもらって、自分に合った競技を選んでもらう。そして、その競技について練習試合などやってもらう。

そのうえで、競技団体と相談しながら、『あ、この人は非常にこの競技に適性あるじゃないか』と。では、練習して、もっとステップアップしていく、こういうことをやる」

今年が初回なのですが、今年度は車椅子バスケットボール、ゴールボールなど。ボッチャというのもありますね。15競技として、16日から参加者の募集を行い、来年1月からプログラムを順次実施します。パラリンピック競技は、障害に応じた種目が細かく設定されているので、ぜひ参加してもらって、自分に合った競技を見つけてもらいたいと思います」

 【質疑応答】

 --「&TOKYO」について、デザインに1億3000万円、今後のPR活動も含めて5億円の経費がかかるということだが、今後拡散していく“秘策”のようなものはあるのか。

 「実を言うと、キャンペーンの最大のポイントは展開例なのです。それで皆さんの知恵を拝借したい。例えば、外国のお客さんには、(私は)しょっちゅう(ペットボトル入りの)水をお出しするのですが、『東京水&TOKYO』という(ロゴを入れる)ことで、どんどん展開していく。そうすると、いろんな意味で『I Love New York』と同じくらいのブランドにしたいと思っています。それによって、観光の面でいろんな実績が上がると」

 「それで、東京というのが、本当にすっと皆さんの頭に入ってきて。自由に使えますから、個人で。私はこれ、おもしろいから、(前回の会見で発表した)レターヘッドに『YOICHI&TOKYO』と入れるのを、早速やってみようかなと思っていて、やろうとすると、便箋を発注します。そこでGDPがちょっとだけ上がることになるわけです。そういう波及効果もあるので、それだけの投資の効果があるように、全力を挙げて展開を頑張ってやりたい」


 --「&TOKYO」のロゴについて、ネット上では、ニュージーランドの弁護士事務所のロゴに似ているという話題で盛り上がっている。都民にどのように説明されるか。

 「一生懸命探されたかもしれないけれども、ごまんとあります。こういうのは。(&などは)記号ですから。パソコンで打とうと思ったら。だから、ごまんとあるので、著作権の対象にならないのです。だから、もっと見つかってもいいのです。アンドの書き方だって、どういう書き方をしてもいいので。ですから、全く問題はない。要するに、悪い言葉でいうと、パクリとか、パクったとかいう話がありますけれど、エンブレムの話と全然違うのです」


「2540万円もかかったが、商標登録をきちんとやった。したがって『&TOKYO』について何かクレーム出たとしても、こっちが商標登録をしていれば、商標権は問題ありません。著作権はないわけです、基本的に。誰でもこんなロゴは書けますから」


(※誰にでも書けるロゴに1億3千万+2540万円もかけるのはおかしいだろ?)

 「だから、むしろそういうことの法的なものを、法律の専門家ときちんとクリアしたということで、それで、自転車の例を出して、『BIKE&TOKYO』と、この間(の会見で)出しました。

それで、ある自転車屋さんが、既に『BIKE&TOKYO』と商標登録をしていて、ほかの自転車屋さんがそれを使ったときには、商標権の侵害になって訴えられる可能性があるので、それを使って商売をするときには自己責任で、つまり、自分でお金をかけてチェックをして、大丈夫ですよとやってくださいと。

そのリスクは常にありますよということは申し上げたのです。けれど、著作権に関しては全く問題ないので、この前の大会エンブレムとは、これは全く違いますという、それは、そうご理解いただければと思います」


 --ラグビー・ワールドカップで日本が3勝したものの、残念ながら1次リーグで敗退した。知事はロンドンに決勝戦を見に行くというが、今回の受けとめは?

 「本当によく頑張ったなというので、その最初の南アフリカ戦というのは世界中に大ショックを与えて、それで、今でもとにかくラグビーをやる国の方々と会うと必ず話題が出て、いかに紳士的ですばらしいかというので、今日もイギリスのどこかの新聞か放送は、決勝リーグに日本チームが残らなかったのはワールドカップにとって本当に大きな損失だと流したように、特に最初の南アフリカ戦で向こうが二十何個反則して、こっちはほとんどしなかった。2個ぐらいですか。そういうことも含めて、大変すばらしい戦いだったと思います」

「月末にロンドンに行って決勝戦、公務の時間が許せば、3位決定戦も見られればと思っています。そういう視察をやりながら、どうすれば(2019年の)日本大会を盛り上げることができるか(を考えたい)。私が開催12自治体の都市の代表なものですから。特に開幕戦を東京スタジアムでやるということは、東京から発信できるので、これから私は『RUGBY&TOKYO』と、皆さんに作ったものをあげようかと思っているぐらいなので、非常にすばらしいと思っています」


 「それでやはり、これだけ頑張ってくれたことで、ラグビーに全く興味がなかった人がおもしろいなと思って見てくれるので、これを大きな励みにして、2019年、そして2020年につなげたいと思っています」

 --パラリンピックのアスリート発掘事業について、「初回」という発表だったが、いつまで続ける考えか。

 「できればずっと続けたいなと思っています。種目によっては、例えば、車椅子バスケット、あれはやはり相当練習しないとうまくならないのだけれど、私が見た限り、例えば、間違っていたらごめんなさい、そんなに易しくないぞと怒られるかもしれないけれど、ボッチャというのは、何年間も練習しないとできないというわけではない気もする。

しかも障害の程度に応じて、いろいろあるので『おまえが言うほど易しくないよ』と叱られるかもしれませんけれど、(難易度は)全部違うと思います」

 「ですから、もう全部、5年も練習しなきゃオリンピック(※パラリンピックのこと)なんか出られないよというなら、それはもう間に合いませんが、おそらく、間に合う(競技もある)と思うのです。それで、その人の特性があるので、これをできるだけ、ぎりぎりまで続けたいというのが、今の私の方針です

http://www.sankei.com/politics/news/151014/plt1510140003-n1.html




◆オリンピックとカネをばら撒くことばかり考えていますね。

現代

豪遊

◆東京都は日本一裕福な自治体ですから、ドブに捨てるほど金が余っているのでしょうが、この浪費家の知事の好き勝手なことをさせていたら、オリンピックが終わるころ東京都は巨大な夕張市になっているかもしれませんぞ!


▼はようリコールせニャア~!!

swardson_wheelchair_720.png


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

気になる記事

第3部:グローバルエリートの船をシンクしようとしていること20その他のサイン

こちらの情報も翻訳していただけると助かります^^;

2015年10月13日

Part 3: 20 More Signs That The Global Elite’s Ship Is About To Sink

http://themindunleashed.org/2015/10/part-3-20-more-signs-that-the-global-elites-ship-is-about-to-sink.html
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR