誰が13億人を養うのか?



◆なにかと世界中に恐怖を広げる中国が遂に自国での食糧生産を放棄するという事態になってしまったようで、これは人類にとって悪夢です。




中国に迫る食糧危機 食糧の輸出大国から輸入大国へ

収穫

中国当局は2014年2月、長年採用していた穀物生産の自給自足という方針を放棄した。この政策転換は輸入量を増加させることを意味し、13億人の腹を満たすために世界の資源が搾取されるという意味では、悪い知らせだ。

 当局の統計によると2013年、中国は6300トン以上の大豆を輸入した。この数字は2000年の6倍に当たり、国内生産を8割に押し下げた。小麦、米、トウモロコシも同様に輸入量は増加している。しかし食料需要は増加している。中国農業省の曾衍德氏によると毎年500万トン以上も需要は増えており、食糧供給のひっ迫は長期に続くと2013年12月に発表している。

 世界の農業事情に詳しい専門家シャファリ・シャーマ氏は「中国の需要の微々たる増加は、他国の輸出の大幅な増加を意味する」と指摘する。また穀物生産には「土地と水資源が不可欠」であり、その犠牲を他国が払うことにも警鐘を鳴らす。例えば中国輸出向けの「もやし」の生産には、米国5万世帯分の水が使われており、ブラジルでは中国の大豆市場向けに大規模な森林伐採を行った。

 シャーマ氏によると、米国穀物会議では、中国は2022年までに1900万~2000万トンのトウモロコシを輸入する必要があると推測する。その量は世界市場における3分の1を占める。

 米国農務省の最近の発表によると、同国の食物・農産物の最大輸出国は中国で、全体の2割を占める。2013年、中国の食糧輸入量は6年連続で過去最高を記録し、大豆、小麦、トウモロコシで267億ドル(2兆6700億円)に達する。これは、中国は食糧の輸出大国から輸入大国へのスイッチが入ったことを意味している。

耕地汚染と畜産の消滅

 また中国は畜産業についても政策転換が迫られている。畜産は多くの資源を必要とするが、13億人のための畜産を維持するには、中国国内では耕地や水不足が懸念されている。

 ドイツ在住の材料工学博士・王傑遜氏は、近年の中国当局による大規模な土地収用、生態退耕、農業構造調整や自然災害による損失、耕地の汚染などの問題により、中国の耕地面積は減り続けているという。

 「多くの田畑は収用され、過度に開発された。多くの高汚染企業が大都市から農村に移転し、農業従事者も減り続けている。同時に汚染企業が未処理の工業廃水を大量に排出し水質汚染問題も起きている」と指摘する。

 2013年の中国政治協商会議では、中国の耕地の16%が重金属汚染にさらされ、大都市の状況はさらに深刻だとの調査結果が発表された。特に広州市では半分以上の耕地がカドミウム、ヒ素、水銀などの重金属に汚染されており、遼寧省八家子の耕地からは基準値の1.6倍のカドミウムと鉛が検出されているという。

 これらの汚染穀物を畜産向けに利用した場合、人体の影響は明らかではないが、良い影響をもたらすとは思えない。

 国際農林水産業研究センターの銭小平氏は、中国の所得向上により食の多様化・洋風化が進み、畜産物消費は2030年には2005年の1・9倍になると予測している。しかし中国は国内生産および輸入量を足しても食糧需要に見合わなければ、穀物を大量消費する畜産業を諦めなければならなくなる。

 中国工程院の袁隆平(えんりゅうへい)院士は中国の食糧危機は逃れるすべがなく、いつでも社会危機を引き起こすだろうと警告する。「目に浮かぶのは混乱、食人、飢餓で迷う人々の姿。この状況はいつでも発生する可能性があり、そして避けることは出来ない」

(翻訳編集・佐渡 道世)
http://www.epochtimes.jp/jp/2014/05/html/d67570.html




◆こうした中国の状況を早くから指摘していた人物がいます。米国の環境活動家である、レスター・R・ブラウン(Lester Russell Brown、1934年 - )です。彼はワールドウォッチ研究所を設立して、持続可能なエコ社会の創造へ向けて世界中を駆け巡り啓蒙活動を行ってきました。彼の地球環境について20冊以上の著作があり、彼の著作は40以上の言語に翻訳されていますが、その中に「緑の革命」に警告を発したものがあります。

プランB

1970年代にインドが飢饉で食糧不足になったところ、ロックフェラーの子飼いの農学者ノーマン・ボーローグが、小麦の高収量品種をパンジャブ州に導入させ、インドの研究者と共同で開発を進めました。この品種と言うのがモンサントの遺伝子組み換え小麦でF1と呼ばれるものでした。

normanborlaug.jpg

彼が改良した小麦の短桿種(茎が短く丈夫で、穂がたくさんついても倒れない品種)は、それまでの常識では考えられないほど豊かな収穫をもたらしました。

700.jpg


 ただし、そのためには、水と化学肥料をたっぷり与え、雑草という雑草を除去し、害虫を防ぐ必要がありました。インド政府はこの条件を整えるため、用水路の建設、化学肥料の購入、灌漑用の井戸の掘削に補助金を出し、給水ポンプ用の電力を無償で供給した結果、同じ労働量で、3倍近い収穫を上げられるようになりました。
 
◆この小麦の新品種はたちまちアジア全域に普及し、アジア中の農家が伝統的な農法から、化学肥料頼みの近代農法に切り替えました。
しかし、広大な畑で単一の作物を育てるために化学肥料や農薬を多用する農法は、おカネもかかるし環境に優しいものではありませんでした。

◆F1品種は1代限りの品種ですから種が取れないので、毎年モンサントから種と肥料、農薬をセットで買い続けなければなりません。つまりインドはNWOの人口削減計画に完全に嵌められたということです。

小麦

GM.jpg

パンジャブ州では、90年代半ば以降、収穫量はほとんど伸びていないし、130万本もの井戸から水が過剰にくみ上げられたために、地下水位が大幅に低下しました。一方で、田畑が水浸しになったり、土に塩類が集積して塩害が起きて、耕作不能となる土地が広がってしまいました。過剰な灌漑、化学肥料と農薬の多用という農法を40年も続けた結果、パンジャブの土は工作不能になってしまったのです。「緑の革命は」農地も蓄えも全て失った農民たちの自殺が相次ぐと言う悲惨な結果を生みだしました。

塩害2

塩害

◆また村の人々には健康被害が出てきました。ムクトサル県の人口6000人の農村ブッティワラこの村では、飲料水の汚染が原因で「この4年間で49人ががんで死んだ」ということです。乳がんや、子供の白血病などが多発しています。パンジャブの農民の血液や母乳、地下水、畑の野菜からも、農薬が検出されて、インド政府もこうした現状を無視できず、莫大な予算を投じて、被害の深刻な村々に浄水施設を建設しなければなりませんでした。

◆レスター・ブラウン氏はインドの「緑の革命」が齎した悲劇が中国でも必ず起きると考えたのです。彼が1994年に出した「誰が中国を養うのか」と言う本があります。インドの次は中国だと解っていたのでしょう。

本


◆中国が食糧自給を放棄したのも、インドのパンジャブ同様、田畑が耕作できないほど農薬や重金属で水と土壌汚染が進んでいるからです。中国が完全に食糧輸入国になり爆買いするようになれば、自給率が39%しかない日本はいよいよ悲惨なことになります。TPPにより更に自給率は下がるでしょうから、世界で穀物の奪い合いが始まり、下手をすれば戦争になるかもしれません。

自給率

◆中国の欧米化が進み、肉食に偏ってきたことも大きなマイナス要因です。肉1キロ作るのに穀物が4キロとか11キロも消費されるわけですから、もう牛や豚に与えるのではなく人間がトウモロコシで生きていくことを選択しなければならないところに来ています。

エサ代

◆ブラウン氏は20年以上前からこのような日が来ることを予見していました。化石燃料や化学肥料、農薬に依存した文明は持続不可能だと言うのが彼の持論です。現状維持のままでは地球とそこに生存する全ての生物を破壊してしまう。私たちは、環境破壊、気候変動、海水面上昇のみならず強大化し発生頻度を増す暴風雨を目の当たりにしています。現状の選択「プランA」を続けるならば地球環境は持続不可能になる。だから我々はもう一つの選択肢、つまり『プランB』を選択しなければならないと説いています。

◆「プランB」を選択することにより気候変動の緩和、人口増加の抑制、貧困の解消、人類にさまざまな恩恵経済的をもたらしてきた自然システムの修復と保全を可能にするということです。
気候変動の緩和は、炭素の純排出量を2020年までに80%減らすために、自然エネルギーへの速やかな転換が求められていますが、中国がプランBを導入するとは思えません。

大気汚染

◆ブラウン氏は日本に対して様々な助言をしています。日本は、原子力発電を徐々に減らし、太陽光、風力、地熱といった自然エネルギーに投資することで世界のリーダーになることができるでしょう。こうした変化は、食料安全保障の観点からも重要です。日本は長きにわたって家族農業を支援してきましたし、今後もそうあるべきでしょう。今こそ、みんなが協力し合い、持続可能な道に向かうことが必要です。プランBはみんなで実現することですと述べています。日本は「プランB」で60%程度に自給率を上げねばなりませんね
レスター・ブラウン氏の動画です。5年前のものらしいですが・・・

レスター・ブラウン エコエコノミー


◆中国製?やだニャア~!!

猫夕食


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR