この国の為政者はどこか狂っている



◆ことしの「秋の叙勲」の受章者が発表され、各界で功労のあった、合わせて3964人が受章することになったそうですがNHKによれば、外国人叙勲では、アメリカのラムズフェルド元国防長官やアーミテージ元国務副長官が「旭日大綬章」を受章するなど、38の国と地域から、これまでで最も多い、合わせて89人が受章したそうです。

ramuzu01.jpg

アーミテージ

◆誰がカザール・ネオコンのジャパン・ハンドラーズに「旭日大綬章」をきめたのでしょうか。アーミテージやラムズフェルドは湾岸戦争やイラク戦争、アフガン戦争に日本を引ずりこんで莫大な戦費を貢がせ、自衛隊を派遣させたり、食い物にするだけのやくざに勲一等旭日大綬章とは!気が狂っているとしか言いようがありません。

◆昔にも同じことがありました。大東亜戦争で東京焦土化作戦と広島長崎原爆投下を立案し指揮を執った鬼畜カーチス・ルメイにも日本政府は同賞を授与しています。

ルメイ

カーチス・ルメイへ勲章を推薦したのは、旧帝国海軍大佐で、真珠湾奇襲作戦を立案し、戦後は航空自衛隊の初代航空総隊司令や、航空幕僚長を務めた事のある自民党の参議院議員「源田実」でした。彼がカーチス・ルメイへ叙勲の推薦したのは、航空自衛隊の育成に多大な貢献をしてくれた事がその理由だそうですが、何十万という無辜の一般市民を爆殺した戦争犯罪者に対して勲一等が相応しいものかどうか、昭和天皇はこの受賞に反対だったそうですが、内閣で決まった事なのでいやいやながら署名されたと言われています。どう考えても変な話です。

叙勲

◆これも変な話ですが源田実は米国からレジオン・オブ・メリットという勲章を授与されています。敵との戦闘において功績を挙げた軍人に対して授与されるものだそうですが、源田は真珠湾奇襲作戦の立案者であり、米国にとってみれば憎むべき敵である筈なのに。
源田実

勲章


考えてみれば、これは日本を戦争に引き込むためF・ルーズベルトが作った罠にまんまと嵌ってくれた源田実とバカな日本人に対する嘲笑と感謝の意味合いが込められていたのではないかとも思われます。言ってみればイグノーベル賞のようなものだったのかもしれません。

◆源田実がルメイの叙勲を進めたのは、レジオン・オブ・メリット勲章の返礼だったのかもしれません。しかし、ルメイに勲一等を授与したのは大きな間違いでした。なぜなら米国の東京焦土化作戦と原爆投下という人類に対する大犯罪を日本人が正当であると認めたことになるからです。当のルメイは日本人は恐ろしい、何を考えているのか解らないと言っていたそうです。

◆ルメイの授章に同調したのは、当時の防衛庁長官「小泉純也」でした。
時の総理大臣は佐藤栄作、安倍晋三氏の大叔父です。そして防衛長官は小泉純也、小泉純一郎の父親です。何か奇妙な因縁話のようですが、10年前に郵政民営化を推し進め郵政事業をズタズズタにしたのがこの小泉純一郎でした。

◆東京証券取引所は昨日11月4日に日本郵政と傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の計3社の株式上場を果たしました。売り出し価格の想定に基づく時価総額は合わせて12兆6100億円で、約1兆4千億円分の3社株が国内外に放出されたそうで、好調な売れ行きに期待が高まっているとのこと。

上場


◆小泉純一郎元首相は4日、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の日本郵政グループ3社が東京証券取引所に上場したことについて「当初の目標に向かってこれからしっかりやってもらいたい。遅ればせながら、だんだんと進んでいる、長かった~」と記者団に答えていました。

◆小泉氏は郵政選挙で、民営化に反対する自民党議員を公認せず、「抵抗勢力」と位置づけてガチンコ対決に臨み、有権者を巻き込んだ闘いは「小泉劇場」と呼ばれていましたが、当時を思い出したのか、小泉氏は「よく、あの反対の中で、(民営化の流れが)できたよ」と、しみじみ呟いてもいました。

◆民主党の岡田代表は「自民党のマニフェストは郵政民営化すれば景気も外交もよくなる、地方も元気になるというとんでもないものだった」と指摘。その後、09年の民主党マニフェストについても「小泉マニフェストに引きずられ、公約を膨らませすぎた」とした上で、「国民にいいことだけを色々と約束し、しっぺ返しを食った」と述べています。

◆岡田代表も言っているように、郵政民営化というのは日本がおかしくなった最大の要因です。民主党政権が何とか郵政民営化を食い止める為の法案を作りましたが、安倍政権になってからそれも中止され、遂には株式上場という状態になっています。

◆郵政民営化はお金の話だけではなく、地方のコミニュティが崩れます。地方によっては郵便局がなければ成り立たないところもあります、民営化が本格化することで赤字の郵便局は全部閉鎖ということになり、そうなると過疎化が深刻になります。中国人が日本の土地を買っていると言う話もありますが郵政民営化でそれも促進されてしまうのです。

◆また、保険等の業界も圧迫することになるため、日本のあらゆるシステムが崩壊するでしょう。株式を売って復興財源にするというような話がありますが、これからハゲタカ外資が爆買いし、膨らむだけ膨らませで売り浴びせて逃げるというパターンです。
国民の貯金がゼロになるのは目に見えています。小泉政権の総仕上げがこれから始まるのです。


◆米国の犯罪者に勲一等旭日大綬章を与えたり、ハゲタカファンドに国民の財産を惜しげもなく差し出す日本の権力者たち、やはり彼らは狂っているとしか言いようがありません。

【郵政株は買いか?】上念司「私は買いません!イヤな予感が・・・」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR