クラウドシップが擬態を解くのは何時か?



◆領空侵犯だとしてトルコ軍がロシアのSU24戦闘機撃墜で、両国の関係が最悪の事態になってきました。撃墜され生き残ったパイロットは自分は領空侵犯はしていないと主張しているにも拘らず、トルコはその証言を無視して、警告したと称する映像と音声を録音してメディアに流しています。しかも映像はスホーイ24が既に被弾して炎上している画面に警告音声がかぶっていました。
トルコ側は5分間に10回も警告したと言うのですが、警告とは通常、撃墜する前に発するものであり、被弾して墜落している戦闘機に発しても意味がありません。多分音声は後で貼り付けたものでしょう。
撃墜

トルコ側の言い分には大きな矛盾があります。トルコは米露仏とIS掃討の有志連合に加盟しているにも関わらず、友軍のロシア機が領空侵犯したから撃墜するというのは解せません。




トルコはスホイ24にいかなる警告も行わなかった-シリアで救出されたロシア人乗組員

パイロット

トルコの戦闘機に撃墜されたロシアのスホイ24から脱出し、救出されたパイロットは、トルコは領空侵犯をしているとの警告も、攻撃を準備しているという警告も、乗組員に一切行わなかったと語った。

パイロットは記者団に、次のように述べた-

「実際には、いかなる警告もなかった。無線交信でも、視覚的にも(警告は一切なかった)。コンタクト自体が全くなかった。そのため私たちは、通常体制で任務に入った。爆撃機の速度と、F-16戦闘機の速度を理解する必要がある。もし私たちに警告したかったのであれば、並行して飛行し、自分たちの姿を示すことができたはずだ。しかし、何もなかった。そしてミサイルは、私たちの航空機の尾部に向かって突然やって来た。私たちは、自分たちの目で見ることさえできなかったので、ミサイル攻撃への対応も間に合わなかった」。

救出されたSu24の爆撃手、「飛行領域に熟知していたか?」の問いに断言

「もちろん熟知していた。我々はあの場所で幾度も戦闘飛行を遂行してきており、自分の5本の指のように知っている。戦闘課題は遂行され、元北ルートを空軍基地まで戻るところだった。爆撃手である自分はあの地域のすべての高度を知っており、計測器なしでもわかるくらいだ。」

この発言から、撃墜されたSu24機が誤ってトルコの領空を侵犯した可能性は除外される。

http://jp.sputniknews.com/russia/20151125/1225644.html




◆嘘をついているのはトルコと言うことになります。
トルコやシリア国境にはトルクメン人やクルド人が沢山居住しているのでいろいろ複雑な問題がありますが、それにしてもトルコの振る舞いには疑念がわきます。ずいぶん前からトルコがISISを支援しているという話はありましたが、ロシアのメドヴェージェフ首相の発言でそれが真実であることが解りました。




メドヴェージェフ首相は、東南アジア訪問後にエカテリンブルグを訪れた際に、ロシア機スホイ24をめぐる事件についてコメントし、次のように語った-


medo.jpg

「常識はずれだ。ロシア機を撃墜したトルコ当局の犯罪行為は3つの結果を引き起こした。

一つは、ロシア・NATO関係の危険な緊迫化。これは国境保護を含むいかなる関心によっても正当化できない。

2つ目は、トルコが、自らの行動によって、事実上、「IS(イスラム国)」の戦闘員の保護をデモンストレーションしたことだ。

これは、ISに属する企業で生産された石油製品の供給と関連しているトルコの複数の人物の直接的な金銭的利害に関する情報を考慮した場合、驚くべきことではない。

3つ目は、経済や人道分野におけるロシアとトルコの長期にわたる善隣関係が損なわれたことだ。
この損失の埋め合わせは難しくなるだろう。

その直接的な結果として、一連の重要な共同プロジェクトが拒否されたり、トルコ企業がロシア市場で自社のポジションを失う可能性がある」。

プーチン大統領は24日、ロシアは、ISが管理下におく油田で生産された原油がトルコ領内にたくさんあることをずいぶん前から確認していると述べた。

「我々は、占拠された地域から大量の原油と石油製品がトルコ領内へ送られているという事実をずいぶん前から確認している。そこから、徒党集団の多額の金銭補給が行われている」。

http://jp.sputniknews.com/politics/20151125/1220431.html




◆ISISが盗んだ中東の原油がトルコ経由で世界各地へ輸出されていたと言う訳です。マネー・ロンダリングならぬ、オイル・ロンダリングでISISを支援していたのがトルコであり、サウジアラビアやカタール、そしてイスラエルなどがこれに加担しているのでしょう。中東問題が一向に片付かないのは宗教的対立でも何でもなく、ただカネの奪い合いでしかないと言うことです。

◆中東のごたごたを作り出しているのはハザーリアン・シオニストであることは周知のことです。トルコのエルドアン大統領もその一員であることは疑いようのないことです。

◆光の銀河連合はこの悪党どもは既に勢いを失っていると言っていますが、そんな気配はあまり感じられません。クラウドシップで見守っているというのですが、いっそ大量に出現してくれた方が、つまらないテロ騒動が早期解決すると思いますがねえ。




光の銀河連合・・・2015年11月21日

銀河連合

http://sananda.website/the-galactic-federation-of-light-via-garrith-lamanov-el-melchizedek-november-21st/
The Galactic Federation of Light via Garrith Lamanov El Melchizedek, November 21st

世界中の大気圏の中で クラウドシップの活動が活発になっていて、多くの人が写真やビデオ撮影を行い、世界の人たちに配信していることを知ってください。

雲1

雲2

雲3

雲5

雲6

雲7

雲8

これらのビデオは私たち、光の銀河連合の銀河評議会の天使たちが撮影させたものです。これらのビデオがインターネットに出回 り、世界でのデスクロージャーになり、こうすることによってゆっくりと全ての人を急激に圧倒させるのではなく、人々を展開しつつ あることに慣れさせ、世界にパニックを起こしたり、私たちの本来の意図ではない侵略だと思わせないようにしながら、次第に私たち 自身や宇宙船の姿を現します。私たちの行動は地球の次元上昇において非常に大切な位置づけになっています。

私たちは地球表面に起 きる全てのことを、秘密の回廊奥深く、あるいは政府機関の中に隠されているすべてのことと共に監視し続けています。闇の者たちは この惑星上での政府に対する掌握力を失っており、彼らには、私たちが発見できなくなるような隠れ場所もなくなっています。

これら の闇の者たちは消滅の危機にさらされており、受け入れる者については、恩赦、平和的な再教育の機会が与えられていますが、それで もある者は生き残りを模索し、多くの者は拘留され、あるいは惑星外に連れ去られています。わずかな数の者たちがこの表面上の事象 に対する、消滅しつつある力と支配にこだわり続けています。

これらの闇の手下共は 表面の人達に平和、豊かさをもたらそうと熱心に作業を進めている光の勢力に処置されているので、核戦争による核爆発は起こらず、FEMAキャンプが稼働するこ ともなく、闇の者たちが企画している新世界秩序計画は随分以前に破棄され実施に至ることがないので、全ての銃器は解体され或いは 不能化される時に、数百万の私たちの宇宙船が姿を現す時が来ることを知ってください。

私たちの宇宙船は今大気中に位置しており、 地球上で開発されたどのようなものとも類似していない他の宇宙船の多くが大規模な出現と、この今と言う時における世界的な接触に 備えています。

翻訳 Taki


http://japonese.despertando.me/%E5%85%89%E3%81%AE%E9%8A%80%E6%B2%B3%E9%80%A3%E5%90%88%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%B9%B4%EF%BC%91%EF%BC%91%E6%9C%88%EF%BC%92%EF%BC%91%E6%97%A5/




◆クラウドシップがいくら大量に目撃されても、気象庁は気圧や水蒸気がどうとか、海水温が高いのでどうとか、これが自然現象であると言い張るでしょうから、それが宇宙船であるなど絶対に認めませんし、科学を盲信する大衆も気象庁の言うことに従うのは解りきっています。
因みに富士山でよく見かける笠雲(レンズ雲)についてウイキペディアでは次のように説明しています。

雲4

「山や山脈において、風と地形の影響によって、山頂付近を湿った空気が昇る際に断熱冷却されてできる。傘雲、笠雲などは、この山のてっぺんにできるレンズ雲を指す呼び名である」と、まあこんな具合です。

◆地球人の大多数は主流メディアしか信じていませんから、ハザール・マフィアやレプティリアンの存在も信じていません。
アルカイダやISIS、ボコハラムなどのテロ組織を作って何としてでも第3次世界大戦を起こそうとしているのは全てレプティリアンであるとデービッド・アイクは指摘していますが、本当に彼は正しかったようです。

Misterios Del Mundo - La Conspiración De Los Reptilianos "Ellos Nunca Se Fueron" 2015 HD


◆権力の中枢がみんなレプテイリアンであったとは・・・・

Reptilian Overlords Exposed


◆彼らをすべて逮捕監禁、或いは他の星へ移送すればこうしたテロ騒動は収まると思いますがねえ・・・

▼ニャんでもいいから、1秒でも早くしてくれんかニャア!!!!


待ち遠しい


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レプティリアンの中にも、
魂が光の存在である者はいますよ。少ないですけど…。
彼らがホログラムで人類に擬態できるのもあと僅かです。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR