世界金融システム崩壊前夜か?



◆ジョージ・ソロスやロスチャイルドの動きに注目が集まっているようです。これから、何が起きるのでしょうか?




Elite is preparing for Something Big: Soros Sold Shares Worth Millions of Dollars Below the Price and Changes Them for the Gold!

エリート層は重大な何かのために準備をしている:ソロスは数百万ドルの株を売り、金に替えている。

Eye-of-Soros.jpg


ソロスとその連合は、金融の大混乱に備え、一つの銀行、軍隊、そして政府を作ろうとしている。

米国で仰天すべきことは大量の強制収容所が発見され、いくつもの鉄条網が張り巡らされ米国のすべての部分が組み込まれた。
これらのキャンプは数千不法移民収容のために建設されたもので、洪水のように押し寄せる何百万人もの人々を収容することができるのだ。

「なぜ億万長者ジェルジ・ソロスとジョン・ポールソンは金を買っているのだろうか?

ここに数日前に書かれた興味深い記事がある。米国インデペンデント・ポータル・ブラック・リストに記載されたジャーナリストのマイケル・サンデラの記事のタイトルは「今金融界で現実に起きていること」強力な億万長者と博識な証券取引所のブローカー、そして財界の振舞いをベースにした非常に興味深い記事である。

すぐにも大きな何かが起こるかもしれない!ウォールストリートのインサイダーと主要な銀行家たちが近頃、大変異常な動きを見せているのは「その大きな何か」に備えてのことであると、そのジャーナリストは冒頭に書いている。その上米国に限らずすぐにもやってくる大きな金融崩壊の標識であると付け加えている。

金融の有力者と億万長者ジョージ・ソロスが同時に大量の金を買い、世界の最も有名な銀行(JPモーガン、ゴールドマン・サックス)とシェアする株を安く売ったという事実。結論 から言えばそれは早く株をたたき売って、金を買っておかねば、株式が紙くずになり、この世界が崩壊すると予期しているからではないだろうか。

あなたが世界金融システムが根本的に崩壊すると思わない限り、数千万ドルの価値がある主要銀行の株を安く叩き売って同時に金に替えシェアすることはないだろう。注目のジャーナリストはジョージ・ソロスの発言を支持している。

私はよいニュースだと拍手喝采 するわけにはゆかない。なぜなら状況は非常に深刻だからだ。我々を待ち受けているのは極めて困難な時間である。それは20世紀最後の30年の危機的状況に似てきたからだ。それは金融システムの包括的崩壊の可能性があるからだ。


その後米国の街路では大きな暴動が起きている。権力側は武器の使用を「個人の自由が一層制限される」と言いわけをするかもしれない。とソロスはニューズウイークのインタビューに答えている。

米国の、大量の弾薬買いは、軍事用ではない!


米国の社会事業はそれ自体が戦争のようなものである。

大量の金を買うソロスやジョン・ポールソンのような他の億万長者以外に、多くの中央銀行がゴールドを買っている。

さて、株式売買「インサイダー」の消息によると、最近大規模な会社の株式や多額の金(数十億ドル程度)が販売投資ファンドから派生していると述べ金に加え、最近米国では、集中的に弾薬が購入されていると著者は指摘している。

o-GUN-CONTROL-4365.jpg

最近、米国の社会事業で174000発のカートリッジを購入し41箇所に分割されたことが発見された。なぜ、神の名において、ソーシャルワーカーは174,000発もの弾丸が必要なのだろうか? - 著者に聞きたい。今年初めに米国の国家安全保障局は、壁を貫通し、臓器を破壊するために10億以上の弾丸を、買っていることを指摘したことは重要であるが、米軍はそれを注文していない!

-それは株式仲買人や米国政府と中央銀行がやっていることは明らかである。 何か大きなものに対する準備 であり、 あなたは自分の頭を砂に突っ込んで、見ないふりをするべきでないと記事の著者は結論付けている。

億万長者たちは、ユーロの崩壊に賭けているのだろうか?

もし我々が上記の情報に追加するならば、ジェイコブ・ロスチャイルド、ジョン・ポールソン、およびジョージ・ソロスの数百億ドルによって近日中に ユーロ株は崩壊する。実際、最近のユーロがかなり減少し、世界の差し迫っている金融崩壊はますます非現実的であるように思われる。

誰が実際に最悪の結果を引き起こすのか、また、いつヨーロッパやアメリカの背後で糸を引いて脅かしている大きな危機、または経済的大惨事 は、20世紀最後の30年以来見なかったが、それは戦争の歴史の中で最も大きい衝突が先に起きたのではなかったか?

George Soros: The Future of Europe


Soros: The Nazi Collaborator Who Sold Out Jews To Survive



http://beforeitsnews.com/self-sufficiency/2015/11/elite-is-preparing-for-something-big-soros-sold-shares-worth-millions-of-dollars-below-the-price-and-changes-them-for-the-gold-2497438.html




◆アレックス・ジョーンズは、生き残りのためにナチに協力していると怒り狂っています。余程ソロス一味に腹を立てているようですねwwww 金の買い漁りはともかくソロスが夥しい数の銃弾を買っているのは、またウクライナのテロリストに補給する為ではないでしょうか。ウクライナをロシアから切り離してEUの仲間入りをさせることが目的で始まったのがウクライナの春であったわけですが、ロシア軍と戦うウクライナ軍の中には米国からの傭兵が沢山いて彼らをソロス一味は支援しているのです。

ウクライナの春
pamwj.jpg

◆ソロスをはじめNWOのメンバーは、EUをずっと存続させたいようですが、多くの人が近い将来「近代経済システム」の終焉を予測しています。ジョージ・ソロスらのような超富豪たちによって買い支えられていた世界中の優良株の投げ売りをすれば、返ってEUの崩壊は加速するでしょう。
20世紀、最後の30年、1970~1999年代を振りかえって見ると、確かに世界経済にとって大きな転換期であったと言えます。

◆70年代のニクソンショック(ドル兌換紙幣廃止)から80年代にかけて、米英で軌を一にするように“新保守主義”(ネオコンサバティブ)が台頭してきました。サッチャリズムやレーガノミックスと呼ばれる、それまでの主流であったケインズ主義的経済政策を否定する経済政策が志向されていましたが、日本も、中曽根政権がそのイデオロギーを採り入れ、それを政策的に実現する方向を目指してきました。

◆そして「新保守主義」の次に台頭したのが「新自由主義(グローバリズム)」でした。ロスチャイルドやソロスのような巨大投資家が財力に任せてヘッジファンドと言う地球規模の賭博場を造り、自分たちに都合のよいルールを作って世界を相手に市場を勝手気ままに操り、巨富を得ていたのです。

◆97年に発生したアジア通貨危機で経済的苦境に陥った国に対してIMFは、カネを貸す代わりに様々な条件を付けています。それは「財政支出の縮小」・「規制緩和」・「資本取引自由化」・「為替レート維持」であり、民営化に代わる「外資による企業買収促進」です。

◆財政が火の車であるギリシャは当初その付帯条件に拒否反応を示していましたが、にっちもさっちもいかなくなってIMFの出した条件を受け入れることで当面の苦境をしのいでいます。政府は国有財産である世界有数の貿易港であるピレウス港の株67%を中国に売るなどして、何とかお茶を濁していますがそれも焼け石に水。さらに観光需要の高いコスやミコノス、コルフ各島の空港を含む14の地方空港をドイツの空港運営会社フラポートAGに売却する計画も進んでいるようで、抜本的な国の再建は不可能でしょう。

ピレウス

◆それはギリシャに限った事ではありません。新自由主義が行き過ぎてしまった世界は、ソロスやロスチャイルドなどのような超富豪の0、0001%が地球上の富の99%を独占するような状況では、英米のどの国でも同じような事態になるからです。世秋経済が行き詰まり、インチキ賭博で不換紙幣をいくらかき集めても超インフレが起きるだけでなんの意味もありません。だから株を叩き売って金を買い漁っているのです。

◆スイスの国立銀行が面白い制度を導入すると言う記事があります。




ついにスイス国立銀行がマイナス金利を導入!

スイス銀行

http://tapnewswire.com/2015/11/swiss-bank-puts-negative-interest-rates-on-bank-accounts-take-your-money-out/

FRBはゼロ金利政策で米経済を下支えしてきました。

一部の国の中央銀行は、マイナス金利(-0.75%)を導入し経済システムを下支えしようとしています。

本日、社会及び環境プロジェクトの投資を行っているスイス国立銀行は、来年1月から個人の顧客に対し、マイナス金利を適用すると発表しました。金融機関がこのようなことをするのは史上初めてです。

マイナス金利が適用されると、銀行にお金を預けていると毎日預金が減って行くということです。

インフレによりお金の価値が下がって行くのではありません。
銀行は預金者の口座から少しずつお金を吸い上げようとしているのです。

しかしマイナス金利を適用するのはスイスの銀行だけではありません。欧米諸国の金融機関もやがてはマイナス金利を導入することになるでしょう。

金融緩和政策やゼロ金利政策が成功しなければ別の方法を取らざるを得ません。
マイナス金利を導入するために、中央銀行はまずはゼロ金利の方向へ徐々に金利を下げていくでしょう。

スイス以外にもスウェーデンの中央銀行がマイナス金利を導入しています。

カナダもほぼゼロ金利です。チェコ共和国、デンマーク、ユーロ圏、ハンガリーもほぼゼロ金利です。イスラエルもゼロ金利です。ノルウェーもほぼゼロ金利です。

残念ながら、世界中の中央銀行がFRBに従いゼロ金利を導入せざるを得なくなっています。しかしゼロ金利や金融緩和策には限界があるため、やがてはマイナス金利を導入する可能性があります。


Swiss Bank Puts NEGATIVE Interest Rates on Bank Accounts! Take Your Money OUT!
https://youtu.be/RzsKWY639F8

(転載終了)
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1172.html




◆預金していても目減りするようなら、引き出して使うしかない。良い所に目をつけたものです。カネは社会の血液です。循環してこそ生命が維持できるのです。どんどん引き出して使うことで景気循環が盛んになります。
「預金に消費期限を付けるとよい」という声もありました。一定期間過ぎた預金は腐って使えないようにすると言うのですがwww
ただしスイス方式にしても消費期限式でも、そんなことをすれば誰も預金などしないでしょうから、銀行そのものが不要になるのではありませんか?

◆銀河連合はNESARAは貴金属に裏付けられた、新しい世界通貨によって配布されると言っていますが、ロスチャイルドやソロスたちが改心して銀河連合に協力するとも思えませんが、サバイバルできるなら光でも闇でも強い方へ付く可能性もありますねwww

▼今日から始まったパリのCOP21会議では、そんな話題が出るかもニャア~

会議

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR