買ってはいけない韓国製兵器



◆家電やスマホの売れ行き不振で、サムスンが斜陽化他産業も思わしくない韓国がこともあろうに最先端の武器輸出国になろうとしているようです。

クネ




韓国、小銃も作れなかった国から先端武器輸出国へ

2015年09月14日10時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

戦車1

武器体系に分類された物資のうち安定した調達と厳格な品質保証のために政府が指定したものを防産物資という。防産企業とはこれを生産するところで、政府から指定を受けた企業。2015年9月現在、1323個の防産物資がある。写真はK-2戦車。(中央フォト)

孫子兵法は敵が攻めてこないよう強力な軍事力を保有することを第一の戦略に挙げている。堅固な安保で敵の侵略意志を弱めるためだ。『形篇』では敵と味方の軍事力の対比が勝負のカギともいう。

軍事力評価の一つが武器体系だ。武器体系には武器を生産・維持・管理・使用するほか、使用者を育成するシステムも含まれる。多くの武器体系に分類された物資のうち、安定した調達と厳格な品質保証のために政府が指定したものを「防産物資」という。現在、政府が指定した防産物資は1343個だ。

防産企業はこれを生産するところで、政府から指定された企業をいう。大韓民国の防産企業は2015年6月基準で97社。

防衛産業は政府が指定した防産物資を含む武器体系および主要非武器体系を生産(製造・修理・加工・組立・試験・整備・再生・改良または改造)したり研究開発する産業だ。

大韓民国の防衛産業は1970年代の基盤造成期(模倣開発)、1980年代の基盤拡充期(改良開発)、1990年代の飛躍期(共同・独自開発)を経て、2000年代以降は拡張期(輸出・独自開発)に入った。基盤造成期には国防科学研究所を設立し、基本兵器の研究開発を始めた。防衛産業に関する特別措置法制定もこの時期だった。まず、自主的戦力増強を推進し、韓国型小銃、各種火砲などが開発され始めた。

基盤拡充期には防衛産業育成基金を設立し、基本兵器の量産体制構築を完了した。先端武器体系開発のための基盤も用意した。韓国型装甲車、K-1、玄武ミサイルなどが開発された。

1990年代の飛躍期に入ると、武器体系の研究開発が本格的に推進された。これは現在、世界的な競争力を持つ武器体系の開発と輸出増大という成果につながっている。60年ほど前に小銃1丁を作れず日本が残していった旧式小銃で武装した国が、今は先端武器で国土を守護する国になった。

▼国防科学研究所(ADD)が独自の技術で開発した52口径長155ミリ走砲で最大40キロまで打撃できるK-9

▼1500馬力の高出力動力装置(エンジンおよび変速機)を搭載して120ミリ55口径長の砲身と強力な砲弾、自動装填装置、標的自動探知・追跡装置、戦術情報処理装備などの性能を備えたK-2黒豹戦車

▼500キロ離れた約1000の各種空中標的を同時に探知・追跡して20余の標的を同時に攻撃できるよう誘導する防御・対応能力を備えたイージス艦「世宗大王」

▼魚雷をミサイルに搭載して遠距離の敵の潜水艦近接位置に投下して破壊させる対潜水誘導武器ホンサンオ(紅鮫)

▼大韓民国を世界11番目のヘリコプター開発国にした韓国型機動ヘリコプタースリオン(KUH-1)などがある。

防衛産業の関係者は「防衛産業界は今後も戦争持続能力拡充のための軍需支援能力を補強するのに率先し、このために透明性を確保し、コスト不正や事業不良を防止するために事業管理体系を改善していく」と述べた。

http://japanese.joins.com/article/682/205682.html?servcode=200§code=200




◆日本の三菱重工も真っ青になる勢いです。




【緊迫・南シナ海】比に戦闘機の韓国、兵器輸出が8年で14倍も…不正で低迷、米の機密で“ミニF22”製造懸念も


20150730100020-1.jpg

【ソウル=藤本欣也】韓国政府は兵器輸出の拡大に力を入れている。2006年に2・5億ドルだった輸出額は14年には36億ドルを超え、8年で14倍の伸びを示した。輸出先も47カ国から80カ国以上に増えている。14年はマレーシアに哨戒艦6隻、ポーランドに自走砲120両などを輸出する契約を結んだ。

 今回、フィリピンに輸出したFA50戦闘機は、国産の超音速練習機T50を基に開発したもので、T50系列の航空機をフィリピンのほか、インドネシアやイラクにも輸出している。

 韓国の国防産業は、「自主国防」を掲げた朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領が推進。“トップセールス”を得意とした李明博(イ・ミョンバク)政権時代に輸出額が急増した。

 ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、5年ほど前には世界20位レベルの兵器輸出国だった韓国は13位に急上昇。政府は20年までに7位に躍進することを目指していると報じられている。350機以上の更新が見込まれる米空軍練習機の受注を狙い、韓国航空宇宙産業(KAI)が米ロッキード・マーチン社とともにT50の改良型を共同開発中だ。

 ただし韓国の今年の兵器輸出は、最近相次いだ国防産業をめぐる不正事件が響いて低迷。兵器輸出を緩和した日本をライバル視しているとも指摘される。

 また、韓国の国産戦闘機(KFX)開発事業をめぐり、米政府が最先端の技術移転を拒否している問題も韓国にはマイナス材料だ。韓国が兵器輸出を急増させる中、軍事機密の第三国への流出を米国が警戒しているとの見方もある。

 韓国紙、中央日報によると、米国側は韓国がF22戦闘機をまねて、“ミニF22”を製造するのではないかとの懸念も抱いているという。

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%80%90%E7%B7%8A%E8%BF%AB%E3%83%BB%E5%8D%97%E3%82%B7%E3%83%8A%E6%B5%B7%E3%80%91%E6%AF%94%E3%81%AB%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F%E3%81%AE%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%80%81%E5%85%B5%E5%99%A8%E8%BC%B8%E5%87%BA%E3%81%8C%EF%BC%98%E5%B9%B4%E3%81%A7%EF%BC%91%EF%BC%94%E5%80%8D%E3%82%82%E2%80%A6%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E3%81%A7%E4%BD%8E%E8%BF%B7%E3%80%81%E7%B1%B3%E3%81%AE%E6%A9%9F%E5%AF%86%E3%81%A7%E2%80%9C%E3%83%9F%E3%83%8B%EF%BD%86%EF%BC%92%EF%BC%92%E2%80%9D%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%87%B8%E5%BF%B5%E3%82%82/ar-AAfSZF6#page=2




◆ところが、早速この超音速戦闘機が自国で墜落して死者が出ています。




韓国空軍初の超音速訓練機が墜落、炎上真っ二つ

【ソウル=加藤達也】韓国の聯合ニュースなどによると、同国南西部の光州市で28日、韓国空軍の訓練機T50が墜落し搭乗員2人が死亡した。

 T50は2兆2000億ウォン(約1900億円)を投じて韓国側と米ロッキード・マーチン社が共同開発した韓国初の超音速高等訓練機。離陸約8分後、滑走路近くの水田に墜落し、機体は真っ二つになって炎上した。

T50a.jpg

T50c.jpg

5d8585ea.jpg


 T50の墜落事故は今回が初めて。政府は各国への売り込みに力を入れており、インドネシアは導入を決めたが、イスラエルなどでは選定から漏れている。

http://www.sankei.com/world/news/130829/wor1308290038-n1.html




◆橋が落ちたりビルが崩壊したり、韓国製のインフラが信用できないのは通説ですが、戦闘機と言うことになればことは重大です。いくら安いからと言ってフィリピンはよく確かめもしないで契約したものです。




フィリピンが韓国からFA50戦闘機導入 10年ぶり「戦闘機不在」解消も性能は…
クラーク空軍基地に到着したFA50戦闘機=28日、フィリピン・ルソン島(共同)


AAfKJIL.jpg


フィリピンが韓国から購入したFA50戦闘機2機が28日、ルソン島のクラーク空軍基地に到着した。フィリピン軍は10年間にわたって戦闘機部隊が存在しない状態が続いていたが、中国との領有権争いが激しさを増す南シナ海情勢を反映した軍近代化の一環として導入された。

 FA50は韓国航空宇宙産業が製造し、2017年にかけて計12機が納入される。総額は189億ペソ(約492億円)。部隊編成後は、南シナ海を臨むスービック湾の飛行場に配備される予定だが、防空レーダー網などは未整備のため、どれだけ効果的に運用できるかは未知数だ。

 2機は28日早朝に韓国を出発し、済州島と台湾南部の高雄で給油。フィリピン空軍の操縦士ロランド・ペニャ中佐は「領域警備を行う上で画期的だ。より素早く現地に到達できる」と喜ぶが、FA50は練習機を基に開発されており、性能は高いとは言えない機種だ。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/151128/wor1511280036-n1.html




◆フィリピン軍はこの墜落事故の原因を調査したのでしょうか。
目玉商品の小銃までもが役立たず。下手をすれば手元で爆発するかもしれません。




韓国軍、国産武器K-11複合型小銃にまた欠陥…隠蔽疑惑

kikannjuu

韓国防衛事業庁は昨年9月に行ったK-11複合型小銃の品質検査中に2丁から欠陥が発生していたことを明らかにした。

防衛事業庁の関係者は同日、「昨年9月に行われたK-11品質検査の耐久度射撃試験中に1丁から射撃統制装置で亀裂現象が発見された。また、正確度・分散度射撃試験中には、別の1丁からは射撃統制装置を小銃に結合する部品が本体から落ちる欠陥が発生した」と明らかにした。

昨年、K-11品質検査中の欠陥発生は1丁だけだったと知らされていた事実とは異なる。K-11品質検査の時点も当初伝えられていた昨年末でなく、K-11公開品質実演会の2カ月前である昨年9月であることが分かった。このため、軍当局がK-11の欠陥問題を隠蔽しようとしたのではないかという疑惑が提起されている。

国防部や防衛事業庁、国防科学研究所(ADD)は昨年11月、国会議員や軍事専門家、言論人などを招いて公開品質実演会を行った。軍当局は、当時国会や言論で提起されていたK-11複合型小銃関連の欠陥疑惑を釈明しながら、9月の品質検査当時に発見された欠陥によりK-11の生産が中断されていた事実を知らせなかった。

防衛事業庁の関係者は「問題が発生したK-11は5次量産物量で、製造工程に問題が生じたとみて言論に知らせなかった」と伝えた。

http://japanese.joins.com/article/851/195851.html?servcode=400§code=400&cloc=jp|article|related




◆銃と言えば韓国警察が使用している韓国製の拳銃は何時も弾詰りが起きて肝心な時に機能しない。日本警察が使っている南部式を採用したいという愚痴を言っているとか。

nyu-nannbu.jpg


自慢のK9自走砲も・K2戦車も同様の問題を抱えているようです。

大砲

戦車

練習機





「K9自走砲・K2戦車、このまま行けば国際市場から押し出される」=韓国

2015年07月30日10時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

水中で目標物を見つけられない国産魚雷「ホンサンオ」、2010年11月23日延坪島(ヨンピョンド)砲撃戦当時、砲弾が砲身にひっかかって発射できなかったK9自走砲、エンジンと変速機が別に作動して全く動けないK2戦車、水に浮かぶはずだったのに沈んでしまったK21戦闘歩兵装甲車、射撃途中に爆発したK11複合型小銃…。すべて国防科学研究所(ADD)が名品と宣伝した武器だ。しかし、実際の実戦や訓練では「役立たず」だった。来月6日で45周年をむかえる、「自主国防の産室」という言葉から生まれたADDの暗い歴史だ。

撃いた戦車

戦車2


沈む戦車

沈む船

ADDのチョン・ホンヨン所長は29日の記者懇談会で「品質強化活動が不十分でK系列など野戦部隊に配置した国産武器に欠陥が頻繁に起こり国民の安保不安をあおってしまった」と反省した。

チョン氏は「K9自走砲などはすでに開発されて数年から20年以上過ぎたが、一度もアップグレードされていない」とし「米国はM1戦車だけとっても6回アップグレードしたが、K系列の武器は開発した時の状態そのままなので、このまま放置すれば国際市場から押し出されるのは時間の問題」とも述べた。

ADDは1970年8月に朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領が自主国防を強調したことから誕生した。設立初期は米国の迫撃砲や小銃を逆設計するなど「コピー」が一般的だったが、最近では弾道ミサイルなど最先端武器も開発している。最近では北朝鮮の空気浮揚艇(ホバークラフト)を見つけて攻撃できる2.75インチ誘導ロケットも開発した。ADD関係者は「45年間で171件の国産武器の開発に成功した。16兆ウォン(約1兆7100億円)を投じて187兆ウォンの経済的波及効果を上げた」と主張した。

しかし、K9自走砲や魚雷ホンサンオのような失敗事例も少なくない。最近のADDの状況を考慮すれば再び失敗が繰り返される可能性があるという指摘もある。人口1万人あたりの韓国の国防研究人材は0.5人。6.1人である北朝鮮と比べて12分の1水準だ。ADD関係者は「米国研究人材は人口1万人あたり4人、中国は3.7人だが、韓国の国防研究人材は世界最下位圏」と話した。実際、80年2784人だったADD人材は2010年から2646人前後となっている。ADDは今年1兆5000億ウォン(研究所の全体予算)の予算で512件の武器を開発中だ。武器開発規模と種類は増えているが人材は30年前よりも少ない。

このような状況のため、ADDと韓国の防衛産業が岐路に立たされているという指摘が出ている。ADD関係者は「武器に関連した技術は一度遅れてしまうとまた追いつくのは難しい」とし「新技術と核心技術に集中するために努力したい」と話した。

http://japanese.joins.com/article/803/203803.html?servcode=200§code=200&cloc=jp|article|related




◆韓国軍の杜撰さはつとに有名です。日頃からあまり管理もしないのでしょう、不具合のままの艦船や戦闘機などがのべつ事故を起こしています。

戦闘機1

戦闘機2




韓国軍の武器部品11兆ウォン在庫…9億ウォン台レーダー使わず捨てる状況

 海上哨戒機P3-Cは、海軍で最も使い道が多様な武器の1つだ。1995年に8台が導入され現在まで海上監視活動や早期警報、情報収集などの任務を遂行している。最近、北朝鮮の潜水艦威嚇が増大しながら「潜水艦キラー」として注目されており、済州(チェジュ)の湫子島(チュジャド)近海で沈没した釣り船「トルゴレ(イルカ)号」の救助現場にも動員された。

P3-Cの核心部品は、海のあちこちを隅々まで見渡すレーダーセットだ。レーダー(AN/APS-137)、赤外線探知体系(IRDS)、電子戦支援(ESM)、磁気探知機(MAD)などで構成されており、1台あたり価格が9億7000万ウォン(約9780万円)に達する高価な装備だ。

レーダー


海軍がレーダーセットを購入しておいても10年以上にわたり一度も使わず、廃棄したり海外売却を推進したりしていることが8日明らかになった。高価な装備を購入する際に綿密な需要調査を経ず、必要以上に買い入れて血税を浪費したという指摘が出ている。

海軍も過ちを認めた。海軍本部側は「需要予測技法の正確度が不十分で、実際に需要が発生していないのが事実」と話した。しかしこれは氷山の一角だ。

国会の国防委員会の宋泳勤(ソン・ヨングン、セヌリ党)議員が陸海空軍に問い合わせて受け取った資料によれば、軍が使わずに在庫に積まれている武器部品は計7149万点、11兆771億ウォン分に達することが明らかになった。

軍別では陸軍が3兆8200億ウォン(4488万点)、海軍が2兆1357億ウォン(1318万点)、空軍が5兆1214億ウォン(1343万点)だ。数量では陸軍が、金額では空軍が最も高い。空軍側は「航空機エンジンなど高価品が多いため」と明らかにした。

この中にはP3-Cのレーダーセットのように10年以上使わず在庫品になったのも2638億ウォン(127万点)分だった。

空軍の場合「滑走路の除雪車を製造して海外に販売する」としてバルブなどの部品を購入した。しかし除雪車を買うという国がなく、部品は10年以上も倉庫に放置されている。陸軍も20ミリバルカン砲のコンピューター射撃統制装置を購入したが10年間余り使われていないのは同じだ。

海軍の艦砲射撃統制用レーダー送受信機はもともと第一線の部隊が必要だとして申請し、購入して送ったのに一度も使われずに返却されたという。

陸海空軍のうち10年以上放置された武器部品が最も多い軍は、価格を基準とすると海軍で1685億ウォン(95万点)分だった。海軍の関係者は「海軍は艦艇に入る部品が数千種類なので正確な需要予測が難しい」と釈明した。しかしシン・インギュン統一国防ネットワーク代表は「海上哨戒機だけで4つ以上の部品が10年以上使われていないことが明らかになるなど、海軍は武器を導入した当時の需要予測に多くの問題があったと思われる」と指摘した。

宋議員は「武器部品がどれほど必要なのか100%正確に予測するわけにはいかないが、2600億ウォン分にもなる武器部品が10年余り倉庫で眠っているということは納得しがたい」として「軍は在庫量を正確に把握し、数千億ウォンの血税浪費を防がなければならない」と話した。
http://japanese.joins.com/article/476/205476.html?servcode=200§code=200&cloc=jp|article|related




◆日本は戦争好きの危険な国であるなどと難癖をつける韓国が20年までに武器輸出7位になるのを目指していると言うのですから大いに矛盾しています。
ポーランド、マレーシア、フィリピンなど韓国製武器を購入した国の軍隊は余程気をつけないと、戦闘になる前に自滅する恐れがありますよwww

▼スマホに代えて、武器輸出!ニャニ考えてるんだろうニャア~!

スマホ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

悲韓三原則!
*身を守る武器が身を滅ぼす
*飛ぶはずが堕ちる
*潜るはずの船は、浮・浮くはずの船は、潜る
世界屈指のウリなら兵器ニダ***
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR