サイコパス



◆この年の瀬に、また「誰でもいいから殺してみたかった」という青少年による理不尽な殺人事件が、起きました。よりによって、可愛がってもらった祖父母を残忍な方法でよくも殺せるものです。





少年はグロ系過激ゲームにのめりこんでいた 専門家「荷おろし症候群では…」


少年

「人を殺せば必ず捕まると思って出頭した。友達関係がうまくいかず、ストレスがたまっていた」。千葉県君津市の祖父母殺害事件で27日、祖母の子安ちや子さん(64)殺害容疑で逮捕された県立高校2年の少年(17)は県警君津署の調べにそう供述している。「真面目」「おとなしい」。普段の少年を知る知人や学校関係者は口をそろえ、事件の報に一様に驚きの声を上げた。

 同署の調べに対し、少年は22日の終業式翌日の23日早朝、ちや子さんと祖父の洋志さん(67)を殺害したと説明。同署には26日夕に自首しており、丸3日以上が経過していた。

 ちや子さんが見つかった2階からは、つるはしとナイフ、洋志さんが死亡していた1階からは金づちが見つかっており、いずれも血痕が付着していることから、同署は複数の凶器が犯行に使われた可能性もあるとみている。2人はパジャマ姿だった。

 近所に住む男性(81)によると、少年は現在、市内の別の住宅で母親と2人暮らしだが、幼児期から母方の祖父母宅をたびたび訪れ、かわいがられていた。少年が通う県立高校の教頭によると、少年は真面目に学校に通い、成績は中の上。

22日の終業式にも出席し、様子に変わったところはなかったという。学期末の21日の大掃除では、少年が片付け忘れたごみ箱を担任が代わりに片付けたことに気づき、担任に翌日、「すみません。ありがとうございます」とお礼を言いにきたという。
 部活動はやっていないが、担任教諭には美術・デザイン系の学校に進学したいと話していた。「どうして(殺人を)考えるようになったのか。本人が言うストレスは学校では見られなかった」(教頭)

 中学時代の元同級生という女子高生(16)は、「目立たないタイプでおとなしく、人を殺すような人には見えなかった。休み時間は友達と趣味のゲームの話などで盛り上がっていた」。一方、犯行現場の近所に住む少年(19)らによると、少年は「グロ(テスク)系の過激なゲームを好んでいた」一面もあり、「ゲーム好きの友達もいて、かなりのめりこんでいたみたいだ」という。
 同署によると、少年は自首時にはうなだれた様子だったが、一夜明けた27日の取り調べには淡々と応じた。だが、反省の言葉は口にしていないという。

たという。男性は「そんな子がまさか殺すなんて」と驚いた様子だった。
少年の犯行が終業式の翌日だったことについて、臨床心理士の長谷川博一氏は「『荷おろし症候群』と呼ばれる心理状態だったのではないか。憂鬱な学校生活を乗り切り、ホッと一息ついたところで生きる気力を失ってしまったのかもしれない」と指摘。
 被害者について「誰でもよかった」と容疑者が供述するケースでは、他人とコミュニケーションをとるのが苦手なことが大半だといい、「今回の少年も、学校などでの対人関係に問題を抱えていたのだろうが、打ち明けられる相手がいなかった可能性がある」と話す。

 常磐大大学院の諸沢英道教授(少年法)は、少年が祖父母を標的にしたのは、「一般の人をいきなり殺そうとすれば抵抗されるし、自分がケガを負う可能性もある。そうしたことを危惧したのだろう」と分析。「祖父母は孫である自分に警戒心は抱かないし、体力的にも衰えてきている。確実に犯行を完遂できる存在だと考えたのではないか」との見方を示す。

つるはしなど殺傷能力の高い道具が凶器として使われたとみられることについては「親族を狙った殺人事件では、とても珍しい」と話した。

つるはし


http://www.sankei.com/affairs/news/151228/afr1512280006-n1.html





◆かなり計画的な殺人です。「荷降ろし症候群」などといい加減な病名をつけも、こうした事件が片付づくものではありません。
近親者を殺すという事件が毎年のように起きています。

jikenn


◆殺人ではありませんが、困った犯罪もあります。お笑いタレント「キングオブコメディ」の高橋健一容疑者(44)が、東京都内の高校に侵入し女子高校生の制服を盗んだなどとして、警視庁捜査3課は窃盗などの疑いで逮捕。芸人生活を棒に振り、相方にも多大な迷惑をかけました。

◆反社会的な行為が止められないのは、脳の病気ではなく心の病気、所謂精神病質(サイコパス)と言われるものです。最近はコノサイコパスが異常に増加しているように思えます。何故こういう人が増えているのかと言えば、地球の次元上昇で成仏できなかった地縛霊や浮幽霊が苦し紛れに気の弱い人に憑依して、犯罪に走らせているように思えてなりません。

サイコ

サイコパス(精神病質)とは?

精神病質(せいしんびょうしつ、英: psychopathy、サイコパシー)とは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使われている。その精神病質者をサイコパス(英: psychopath)と呼ぶ。

特徴

犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは以下のように定義している。
良心が異常に欠如している
他者に冷淡で共感しない
慢性的に平然と嘘をつく
行動に対する責任が全く取れない
罪悪感が皆無
自尊心が過大で自己中心的
口が達者で表面は魅力的



◆人はみかけによりません。「あの温和で歴儀正しい人が?」と言われる人物が突然とんでもない犯罪に走ることがあります。自分と自分の周りにサイコパスの懸念がある方は次の2つの心理テストをお試しに、ただし気持ちが悪くなったら即おやめください。

サイコパス診断(凶悪犯罪者心理テスト)

http://www.qetic.jp/blog/pbr/archives/10098




サイコパス診断55問【正解してはいけない】


http://matome.naver.jp/odai/2141647686934443801



◆サイコパスの原因を脳のエネルギーと関係づけて科学的に解明しようとする科学者たちもいます。




無関心、冷淡、怠け者…その性格には科学的に理由があった


BBnWSv0.jpg

努力の問題じゃありません、脳のエネルギー効率の違いに関係しているようです。
怠惰はお正月だけの期間限定だという人も、日頃から興味範囲が狭く深い性格の持ち主も、ちょっとしたことで驚かなくなったから年をとったのかもしれないなぁとしみじみしている人も…すべての人の事情を説明できるわけではありませんが、「無関心」「冷淡」「怠け者」といった性格の持ち主と、その脳との関係性が科学的に明らかになってきていますよ。

こうした性格について理解するべく、若者を対象に様々な脳タイプの検査を実施したのは、オックスフォード大学の神経学者たち。あるアンケートの回答結果に基づいて、モチベーションの高い人たち、それから無関心で冷淡、怠惰な性格の持ち主が選出され、2グループに分類されました。

彼らは、MRIを使って脳で何が起きているか観察されながら、意思決定ゲームに参加。ゲームでは、それぞれのラウンドで努力報酬がオファーされます。被験者たちは、その報酬が努力に値するか判断して、オファーを受け入れるか断るか選ぶことができるというルール。さて、どんな結果が見られたでしょう?

アンケート結果から無関心で冷淡、怠惰だと位置づけられた被験者たちは、モチベーションの高い被験者たちと比べて、オファーを受ける回数がかなり少なく、大きな報酬に対してもあまり飛びつかなかったのだとか。ここまでは想像のつく範囲ともいえます。

ただ興味深いのが、彼らがオファーを受け入れたときのこと。モチベーションの高い被験者たちよりも、一次運動野という行動を起こす脳内での活動が、MRIでかなり大きく示されたといいます。

これは、彼らの一次運動野でより少ない活動が見られるのではないかという研究者たちの仮説とは、逆の結果になったのだとか。

オックスフォード大学で神経学と認知神経科学の教授を務めるMasud Husain氏は、同大学HP内で次のように述べています。「我々は、彼らの脳がより非効率な構造だと推測していたため、無関心で冷淡な人々にとって決断を行動に移すのは努力の問題だと考えていました。」

ところが、頑張る・頑張らないの話では済まないことが分かります。というのもさらに明らかになったのが、無関心で冷淡だと分類された人々は、意思決定と期待された報酬に働く脳前部の前帯状皮質、そして行動をコントロールするのに役立つ補足運動野という脳の一部とのあいだに非効率な接続部があるということ。

つまり神経科学者らによると、無関心、冷淡、怠惰な人々にとって脳の特定のエリアを結ぶ接続部が、意志決定や行動を起こすのを難しくしていることが明らかになったといいます。これはすべての人の怠惰を説明できるわけではないものの、この神経接続は、ときにアルツハイマーや脳卒中といった病を引き起こす可能性があるのだとか。

「日々、脳は体のなかでおおよそ5番目にエネルギーを消費する部位。無関心で冷淡、怠惰な人々にとって、行動を起こすことは、よりエネルギーの負荷がかかるもので、より努力を要する行為なのです。」Husain氏と彼のチームによる新たな発見の全貌は、ジャーナルで公開されています。

Kiona Smith-Strickland - Gizmodo US[原文]
(Rina Fukazu)
http://www.msn.com/ja-jp/news/techandscience/%E7%84%A1%E9%96%A2%E5%BF%83%E3%80%81%E5%86%B7%E6%B7%A1%E3%80%81%E6%80%A0%E3%81%91%E8%80%85%E2%80%A6%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%80%A7%E6%A0%BC%E3%81%AB%E3%81%AF%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%9A%84%E3%81%AB%E7%90%86%E7%94%B1%E3%81%8C%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F/ar-BBnWPoR#page=2




▼科学で解明できるのなら、サイコパス・ストーカーを無くす治療法も見つかるはずだがニャア!

ストーカー


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR