2016年、世界はこうなる


◆今年は地球規模の大変化の年になるといわれています。この1年、世界がどのように動いていくのか、英国のサイキッック、クレイグ・ハミルトン・パーカーが2016年に何が起きるのかをリーデイングしていますので要点だけを拙訳してみました。

craig-hamilton-parker.jpg



Craig’s World Psychic Predictions for 2016

logo-full-size-craig-psychics-co-uk1.jpg
クレィグによる2016年の世界サイキック予言

これは、2015年9月「Fate and Fortune magazine」に投稿された私のサイキック予言です。




2016-prediction-damburst.jpg


●ヒマラヤの大規模な地震がダム決壊の原因となります。

※ヒマラヤには400以上のダム計画があり、インドと中国が水の収奪戦を繰り広げています。
内訳は、インド292カ所、中国100カ所。両国以外では、ネパール13カ所、パキスタン9カ所、ブータン2カ所などです。これらのダムが決壊すれば大変な被害が予想されます。


●日本の島は海の下に沈む – 今年は突然多くの環境が変化する年になるでしょう。また、氷床にこれまで以上に大きな崩壊があります。

※原文はJapanese island sinks beneath the sea となっていますが、どの島が沈むのでしょうか?Chain of islandsとは書いてありませんので小松左京の日本列島沈没のような恐ろしいものではないのでしょう。氷床と言うのは北極のことでしょうか?

●前例のない降雨量が、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ夏季オリンピックの一部を混乱させるでしよう。

●ほとんどの天文台が見逃してきた彗星・小惑星が、地球に接近しています。

※惑星Xもニビルも宇宙連合の母船か?

●EUの国民投票では引き続きしEUを残します。


●テロリストがメルケル首相の暗殺を企てる。ISISのグループがドイツで活動します。

●地下鉄の駅でのガス攻撃

※何処の地下鉄?ロンドンか?

●オランダの歴史的建築物で大火災が発生、多くの傑作が全滅します。

※フェルメールやレンブラントが灰に?!!!

●南イングランドで大きな被害を引き起こす高潮と冬の間、英国で大規模な洪水。日付は11月29日と2月23日

※英国は暮れからずっと洪水に見舞われていますが・・・

●ウクライナとグルジアからの新しい難民の波が押し寄せ、反体制派の把握にはロシア同様、引き締めが行われるでしょう。

※1700年前に起きたゲルマン民族の大移動と同じことが始まった

●ペイン、フランス、イタリアの右翼の台頭で路上での暴動やモスクでの焼打ちが見えます。


●トルコがシリアのクルド人地域に侵入します。


●シリアにおけるドローン使用の大幅な増加は、ISISを鎮圧します。英国は地上軍を派遣します。

●ナノテクノロジーの新しい技術が、テロリストを追跡するために使用されます。


●一般的に使用されている食品添加物は、決定的に、がんの原因として証明されます。


●フィリップ殿下(エリザベス女王の夫君)は深刻な病気になって、生死を分かつ重大な手術を受けます。


●中国の通貨崩壊の舞台裏でクーデターの企てあります。


●金正恩の裸の写真の噂で、政治的問題が発生します。


※北朝鮮ではクーデターが起きて金正恩は殺されるか退位させられ、南北統一が進むと見る人が多くなっています。


●ドナルド・トランプがホワイトハウスに入るようなことがあれば病気によって阻止されます。最後の首をかけた戦いは、ジェブ・ブッシュとヒラリー・クリントンとの間で行われます。共和党の勝利の後、共和党候補者突然の変更で最後の瞬間に勝利します。

※米国最後の大統領は女性であると言う予言がいくつもあります。そして合衆国は分裂して13州になるといわれています。

●英国の労働党は、自由党に鞍替えする一部の者との二つに分かれます。英国の労働党は、スコットランドで大きな利益を手にします。


●2015年12月16日、テロリストによって射殺された有名なサッカー選手、レンジャーのスターだったアーノルド・ペラルタは彼の故郷ホンジュラスのラセイバで射殺されtました。悲しいことに、予言は的中しました(参照: Daily Mail article)


●インド経済のうねりが前進。英国とインドとの間で行われる新しい政策。

●私の2014年と2015年のサイキック予言はパリ、ブリュッセル、ベルリン、そしてロンドンでのテロ攻撃についてでしたが、それは今も現在進行形で残されています。


●これらの場所すべてがテロ攻撃の目標であることは明白です。
そして、戦争の恐怖はエスカレートしています。『御覧なさい』 あなたは、サイキックである必要はありません!私の新しい本の中でノストラダムスやインドのナディ・オラクルの第3次世界大戦についての予言について私の見解を語っています。我々は直近の5年間、テロリストや孤独なガンマンの攻撃にさらされるでしょう。多分もっと・・・



messages-from-universe-161-246.jpg

Craig’s New Book About the Future:





◆以下は2015年のクレイグ・ハミルトン・パーカーの予言です。その精度を検証してみると、16件中11件が的中、5件が外れです。3割の確率で未来は変えることができると言うことでしょうか。




Correct Predictions for 2015


これらは2015の私の予測です。

world-predictions.jpg

●多くの国で孤独な武装集団のテロ攻撃が見られるでしょう。私には、ターゲットとして、ベルリン、ローマ、パリが見えているが、同時にロンドン攻撃も。私が最も恐れるのは、テロリストが飛行機、客船、列車などの乗客になり済ましていることです。
(正しい9/10。これはちょうどオーストラリアのシドニーでのテロ攻撃と、同じ年にパリでシャルリー・エブドの攻撃を行いました。定期船攻撃はありませんでした。(参照:September 08, 15 Newsmax)

●(正8/10 私は2015年が海洋問題の多い年になると感じています。そして非常に深刻な損失があるかもしれません。この年の主要な海難事故はソレントでの自動車運搬船ホーグ・オオサカの難破をはじめ多くの事故がありました。(Wikipedia:参照)
もちろん2015年の見てきたシリア難民数千人が酷くつらい思いをしてヨーロッパに渡ろうとして海で死んだ。私はまた定期船が沈むだろうと感じましたがそれは間違いでした。(エコノミストフィギュア:参照)


●ハリー王子が婚約します
2/10 -彼は密かに彼の元交際相手のクレシダ・ボナースと再会したことが広く噂になりましたが。参照:ハリウッドライフ6月17日、15):

●日本とハワイの主な火山噴火
(正10/10 -火山(マウント御嶽山の噴火は )2014年9月27日に起きた。-またもう一つの予知は2014年9月11日で、ハワイのキラウエア火山噴火でハレマウマウ火口が崩壊しました(参照:毎日メール 9月8日15


●ロイヤルファミリーの死
4/10 -けれども、エリザベス女王を殺すための企てがあったことは事実(参照:9 月8日デイリー・テレグラフ

●ロシアの原子力潜水艦が深刻な問題になるでしょう。
(正10/10参照してください、それはロシアの原子力潜水艦がスウェーデン沖でのたうちまわり、国際的な事件を引き起こした:2015年7月27日(参照:ガーディアン

●2015年にはロシアと中国の間で、より緊密な関係がみられるでしょう。経済と軍事協定があります。これが今後数年でアメリカに挑戦する強力な提携となります。
(正:7/10中国、ロシアの群れが米国へチャレンジ。(参照:7 月7日15ガーディアン

●インドは経済的に中国よりも速く上昇します
(正:10/10 2015年、インドは中国を追い越している(参照:12 June 15 Business Standard)

●有名人の誘拐とサウジアラビアの王室のメンバーへの攻撃があります
(正10/10プリンス スルタン ビン トルウキが告発された。(デイリーメール7月18日15参照)


●フェイスブックとBBCはGoogleに対抗するため、インターネットの検索エンジンのアルゴリズムを開発します
(正5/10 Facebookを利用してウェブ検索を探している(参照:See Search Engine Land 26 August 2015)

●保守党は、英国の選挙に勝つだろう
。(正しい10/10(参照:5 月8日毎日15テレグラフ


●2015年の間、ジェブ・ブッシュは、人気を得るだろう、そして2016年にアメリカの選挙に勝つだろう。
:3/10。ジェブ・ブッシュが大統領候補になっていることは正しいが世論調査では、今三番目だ(参照:政治30は、7月15日


●ロシア経済は崩壊するが、中国が救済される。両国は双方の軍事的、経済的に非常に近い同盟国になるだろう
:0/10 ロシアは問題を抱えていたが、中国は彼らを救済していない。

●ジョセフィーナ・バスケス・モタは、メキシコ初の女性大統領になるだろう。
:0/10起きていません)



(出典)
http://psychics.co.uk/blog/predictions/




◆さて、ETチャネラーたちはしきりにNESARAや、ディスクロージャー、ファーストコンタクト、カバール退場、アセンションが近いと言ってきましたが、クレイグ・ハミルトン・パーカーはそういう話題には一切触れていません。チャネリングの相手が違うと話題も違ってくるのでしょう。クレイグが言うようにISISのテロがEU圏内で多発し、欧州全体が怯えるようでは、カバールの退場は望み薄ですかね。


▼当たるも八卦、当たらぬも八卦、日本は沈まにゃい!日本以外は全部沈没!!!

bannzai.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR