人類とアガルタ人の邂逅



GERMAN SECRET SOCIETIES COLONIZED MARS IN 1940S

◆秘密の宇宙計画を暴露している内部告発者、コーリー・グードは最新のインタビューにおいて、第二次世界大戦時代にドイツ人が火星基地を建設する試みを詳細に説明しています。 ドイツ人は、火星人が居住している地域で大きい溶岩洞窟で激しい領土争いをして植民地化するために努力をいていたと主張しています。

Nazi-Base-on-Mars.jpg

reputoid.jpg

◆グードによれば1940年代初期の第二次世界大戦中に、ドイツの秘密結社トゥーレ教会のヴリル(Vril)とブラック・サンが月に基地を建設し、任務で火星に行くための発射台を造ったそうで、当時月と火星間の移動は数時間かかったが、今では時間が大幅に短縮され数分になったと同時代の秘密の宇宙計画と比較しています。

Nazi-Slave-Empire1.jpg

◆70年以上昔のドイツには既に地球外文明によって宇宙空間を数時間で結ぶ技術があったとは・・・・

現在の国際宇宙ステーション(ISS)は人類の目を覆い隠すためのデコイだったと言う訳です。アホウドリの繁殖のために造られたデコイ、或いは狩猟のために野鴨をおびき寄せるために仕掛けるフィギュアのようなものなのです。

deco-01.jpg

デコイ


つい先ごろ「下町ロケット」というTVドラマが大評判になっていましたが「今頃何やってるの」と実に虚しい思いでいっぱいになりますね。

日本のISSの維持運営費は毎年400億円だそうですがこれを何時まで続けるつもりでしょうか。人類の目をISSに釘付けにしておいて、エリートたちは火星にコロニーを創って自分たちだけ逃亡しようとしているのです。

◆しかし、コーリー・グードによれば、もうすぐアガルタ地底人とのファーストコンタクトが開始されるようです。

グード




(転載開始)

Inner Earth Civilizations Embark on Negotiations to End Isolation from Humanity

地底文明と人類の分離終了交渉


Inner-Earth-Beings-meeting-humanity.png

内部地球には1800万年前にさかのぼる古代の人間の文明の残渣が残されている。内部地球の人達は十分に人間に類似しているが、彼らは表面の人間とは遺伝的に大きく異なる。1月12日の秘密宇宙プログラムの内部告発者Corey Goode による宇宙情報のデスクロージャーでは、表面の人間は内部地球の人間の祖先、地表の人間、数千年の間に地球を訪問してきたETとのハイブリッド(複合体)である、とのことだ。

2015年9月23日に、Goodeは7つに分化した内部地球文明連合の代表者との秘密交渉に参加した詳細な彼の報告書によると、Goodeは、内部地球の人々の非常に長い歴史と表面の人間、および訪問してきたETとの関係について述べている。

内部地球の者たちは、オリジナルの地球の人間の血統の直接の子孫であると信じている、とはGoodeが言うことである。彼らは高度に進化した”ガーディアン”と呼ばれるETが教えてくれた古代の建設技術を用いた非常に平和的な文化を築いた。

ブルーエイビアン

やがて、彼らは地表での大災害から逃れるために内部に移住した。彼らはこれらの文化を将来に伝承するために最も進歩した技術と知識を継承している。

数千年に亘る成功の後に、内部地球の者たちは表面の災害から生き延びた者たちと時々連絡を取って表面の文明の再建を助けた。Goodeによる9月の報告書の中で、彼は内部地球の人間が神またはETのふりをして真の出自と所在地を隠すために表面に赴いたと述べている。

内部地球の者たちは人間の真の歴史について多くの知識を備え、地球外からの訪問者によって長い間に亘って表面の人間に加えられた遺伝的操作を観察してきた。内部地球の者たちと表面の複合体である人間と連合した地球外からの訪問者との関係では、時に暴力的な紛争に陥ったとGoodeは報告している。

Goodeのここでの主張は種々の歴史書によって裏付けられている。

本

Sitchin Gods とMenZecharia Sitchin’s の書籍では、これらの昔の紛争に関するスメリア人の記録による神と人間の間の戦争が描かれている。同様に、インドのヴェーダのマハーバーラタにも種々の神と人間の間の戦争が記述されている。

Goodeが言うには、内部地球の人間は表面の人間からとは異なる遺伝的な純粋さの維持に基づく政治哲学を持っているとのことである。彼らはお互いに、あるものは数十万年前の、ほかの者は数百万年前の異なる古代文明に立脚しているので、政治的な孤立さえをも選択している。

最近まで、内部地球の人間の孤立政策はうまく機能していた。今では内部地球の人間に直接の脅威になっているカバール/イルミナティと秘密の宇宙プログラムによる進歩した技術によって変化が訪れている。

これは彼らの7つの文明の間に前例のない連合を形成させるに至った。1月12日の宇宙デスクロージャーで、Goodeがこの連合と彼の内部地球への訪問について述べているが、これは2015年9月の報告書にも述べられている。

2015年9月の会合の主要な話題は、内部地球グループと秘密の宇宙プログラム連合との将来の協力であった。これは表面の人間に対する内部地球の者の存在宣言にまで至る将来のデスクロージャーにつながる。

もっとも厄介なことは内部地球のあるグループが、地球表面のエリート(カバール/イルミナティ)との秘密合意を長い間維持してきていることだ、とGoodeが言っていることだ。これはナチ政権との協力による高度に進歩した秘密宇宙プログラムの開発につながったドイツの秘密社会との合意を含む。

これらのドイツ人は1940年代に月、火星上の基地の設置、および星間旅行にさえ成功した、とはGoodeが秘密宇宙プログラムで働いていた時に利用したスマートガラスパッドから読み取ったと彼が言う情報によることである。

Goodeはこれらの内部地球の人間との間に結ばれた合意は最近、ドラコニアンと呼ばれる最重要な地球外種族の提携相手がカバール/イルミナティと別れると告げた時に、戦闘基地が脅威にさらされることになった、カバール/イルミナティによって破られた、と確認している。

Goodeが 明らかにすることには、宇宙プログラム連合との秘密交渉で、ドラコニアンのリーダーのホワイト・ロイヤル・ドラコは自分と随行員の太陽系からの安全な脱出 を交渉条件にした、とのことである。内部地球の人間を犠牲にして内部地球にテリトリーを拡大しようとしていたカバール/イルミナティは絶望感に捕らわれ た。

Goddeは高度に進化した球体連合と呼ばれる強力な新しい地球外の訪問者が内部地球の者が大いに尊敬され、守護者とみなされる理由を説明している。

球体連合は、秘密宇宙プログラム連合のゴンザレス中佐と共同で作業をするGoodeを彼らの主代表に指名した。Goodeとゴンザレスは内部地球の者たちとの内部地球の者たちの表面地球への紹介を含む秘密交渉に参加したと言われている。

Goodeは幾世代にもおよび現在の者でもある内部地球の人間の歴史と交流についてまもなくさらなる報告を発表すると思われる。

Goodeの 言うことが正確なら、私たち自身についても多くのことを理解する助けになるだろう。おそらくは、表面の人間は実に地球外の者との合成ハイブリッドで地球外 からの訪問者が過度に攻撃的にすることに成功したものである。私たちの内部地球の兄弟、姉妹はしかし、私たちの中に眠っている直観を強化し平和への希求を 強める人間としての共通性があるものだということを思い出させるのかもしれない。

記録されている歴史は人間の過度の攻撃性と戦争好きを証明している。私たちが長い間忘れられていた平和な世界文化についての知識を持っている古代の内部地球文明の人間の代表と公に会うとすれば、このような会合は深く変革的かつ浄化を起こさせるものであろう。

http://www12.plala.or.jp/gflservice/InnerEarthNegotiation160115.html




▼早く会いたいもんだニャア~

d2bdced1.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR