暖冬一転、凍てつく列島


◆急激な冷え込みで体温管理がうまくいきません。我が家の古いエアコンは温度が上がらず、生ぬるい風が出るばかりで、つけるとかえって体温が奪われるような気がしますwww。
雪電車大

basu横転

◆北海道や東北、本州の日本海側で大雪になった。けが人や、強風でフェリーが流される事故も発生しています。冬型の気圧配置は20日も続き山沿いは大雪、太平洋側の平野部でも積雪の可能性があるそうです。気象庁によれば、20日午後6時まで24時間の予想降雪量は多い所で、北陸90センチ、北海道、東海80センチ、関東甲信70センチ、東北、近畿60センチ、中国50センチ、四国20センチ、九州5~10センチだそうです。昨日は観光バスが強風で横転するという事故があり怪我人も出ています。


◆先日は軽井沢でスキーバスの事故で15人の大学生が犠牲に成る痛ましい事件がありました。
近年、LCCという格安航空会社が人気で旅客争奪戦が激しくなっているそうですが、それは観光バス業界でも同様、激しい価格競争が行われおり採算割れをしても仕事を取ることが常態化しています。それに伴い大型バスの運転手が不足して、多少運転技能不足であっても雇い入れるのだそうです。中には素人同然の運転手もいるそうですが、給料を安く抑え違法な長時間労働を強いるので、睡眠不足や過労によって事故を起こすリスクが高まるのは当然です。

◆軽井沢のスキーバスの事故は、正規の高速ルートを通らず、一般道を通って料金所をショートカットして、通行料金1800円を節約したのではないかと言われています。高速道路を迂回したため時間を取り戻そうとスピードを上げすぎ、カーブを曲がり切れずガードレールに衝突してバウンド、コントロールできず、片側車輪走行で反対側の土手下に落下したのではないでしょうか。
片車輪

事故現場地図

◆亡くなった運転手の給料は16万円に届かなかったそうですが、これも採算割れの仕事が引き起こした悲劇です
無闇に値引き合戦をやれば中国同様、人命軽視に傾きます。安全は保障されないようなツアーには参加しないことです。
カネ儲け最優先社会では、安全基準を満たさないブラック企業が増えるばかりです。この事件をきっかけに国土交通省が実態解明に乗り出すそうですが、遅きに失した感は免れません。

それでも津軽などでは地吹雪ツアーなどが行われているようですが、若い人たちは敢えて危険を冒かし、スリルを味わうことに喜びを感じるのでしょう。

津軽恐怖の地吹雪体験



◆青森では地吹雪体験ツアーというのもあるそうです。

青森で地吹雪体験ツアー 被災者にも参加呼び掛け


◆見ただけで震え上がりますな。こう寒いと不要不急の外出は避けた方が好いかもしれません。こんな時は暖かくして懐かしい歌でも聞きましょう。

地吹雪と言えばどうしても瞽女(ごぜ)さんを連想してしまいます。瞽女とは盲目の女性旅芸人で、数人のが連れだって民家を回わり、三味線を弾いて歌を歌い、幾ばくかの小銭を貰って命を紡いでいたのです。真夏の太陽に曝され、雨でずぶ濡れになり、地吹雪の中でも、彼女たちの旅は一生続けられました。今のように暖かいダウンジャケッや防水長靴などありません。その旅がどんなに過酷なものであったか想像するだけで辛いものがあります。


瞽女さんの唄が聞こえる



ごぜうた



◆北島三郎の「風雪ながれ旅」はそんな瞽女がモチーフになった歌で、これを聞くと堪らなく切なくなってきます。

北島三郎 - 風雪ながれ旅 YouTube



◆では少し趣を変えて、アダモが日本語で歌う「雪が降る」


◆寅さんの妹役、倍賞千恵子の「雪の降る街を」



◆ダークダックスのコーラスで「銀色の道」




ペチカ (童謡・唱歌) 倍賞千恵子




◆北原白秋と山田耕作コンビのペチカ、童謡ですが本当に物静かで、優しく清らかで心が温かくなります。


▼名曲は何年たっても、スタンダードとして残るんだニャア・・・


音楽猫

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

『エアコンは寒さに弱い』

『エアコンは寒さに弱い』ですね、『室外機』が寒気を排熱出来ずに壊れた事もありました。新しい機種では対策されているようです。メーカーに問い合わせすると良いでしょう。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR