下衆の極み


◆今、日頃あまり口にしない、否、口にしてはいけない言葉が飛び交っています。女性タレントとロック・バンドメンバーの不倫騒動で俄かにクローズアップされたのが「ゲスの極み」と言う言葉です。

下衆の極み

◆下衆の極みとは、「この上なく下劣で品性が卑しいさま、人として最低であるさま、これより低劣な者は他にいるまいというほど品位を欠いている様子などを意味する語」とあります。昔は、最低の人間を罵るときに使われてきましたが、近年はほとんど死語になっていました。この言葉が再登場したということは世間に「ゲスの極み」が蔓延しているからでしょう。

◆メディアは挙げてベッキー不倫とSMAP解散問題を国民的課題でもあるように怒涛のような報道を続けています。
そのため、民主党の斎藤嘉隆議員は19日の参院予算委員会でSMAP解散問題について質問していました。 国会運営には1日3億円以上かかると言われています。国会質疑で取り上げる質問は、国民・国家にとって大切で必要な事柄に限られるべきではないでしょうか。

民主党、齋藤よしたか議員「安倍総理、SMAP解散回避の感想をお聞かせ下さい」マジキチ質問に首相が苦笑いwww





安倍首相「存続よかった」 中谷防衛相「解散は『存立危機事態』」


 分裂・解散危機が報じられていた人気グループ、SMAPが活動を継続する意向を表明したことについて安倍晋三首相をはじめ、多くの閣僚から言及が相次いだ。

 19日午前の参院予算委員会で、安倍首相は「政治の世界もそうだが、同じグループが長年続いていく上で、さまざまな課題もある。しかし、多くのファンの方々の期待に、また願いに応えて、グループが存続するのは良かった」と歓迎した。

 菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で「これからも国民から親しまれ、夢と希望を与え続けられるように、さらなる活躍を期待したい」と述べた。

 中谷元防衛相も「雨降って地固まる。雪降って絆固まる。話し合いによって氷が溶ける」と述べた上で、安全保障関連法にある「存立危機事態」を引き合いに出し、「存立危機を脱したことは国民にとっても良かった」と語った。

 遠藤利明五輪相は「2020年東京五輪大会で、特にパラリンピックでSMAPの応援は大変ありがたかった。これからもみんなで力を合わせて活躍し、日本の皆さんに元気を与えていただきたい」と要望。高木毅復興相は「誰からも愛させるグループで、子供たちにも若者にも年配の方にも幅広いファンを持っている。これまで通り活動していただければ何よりだ」との認識を示した。

 加藤勝信拉致問題担当相は「30年近い活動をされ、さまざまなヒットを飛ばし、国民的に歌われる歌もあった。国民にとって大変うれしいニュースだったのではないか」と明言した。

http://www.sankei.com/politics/news/160119/plt1601190013-n1.html





◆次期総理を狙うと言われている石破茂大臣は、元キャンディーズの熱狂的ファンだったそうですが、彼にとってSMAP問題は国政以上に危機感を持っているようです。




石破地方創生担当相「キャンディーズ解散に匹敵」


『キャンディーズ』の解散にも匹敵するような大きな出来事だ!」

 石破茂地方創生担当相は15日午前の記者会見で、自らファンだと公言する昭和のアイドル3人組キャンディーズを引き合いに、「SMAP解散危機」に受けた衝撃の感想を漏らした。

 石破氏は「もちろん一人一人が立派なアーティストだと思うが、あの5人がそろって発揮するあの持ち味に、多くの国民が共感している」と“アイドルオタク”らしい高度?な分析を披露。

SMAPメンバーとフジテレビ番組で共演したこともある石破氏は「関係した者として、あの『味』が続けられたらいいと思うが、(メンバーや事務所の)調停なんぞ大それたことを全く考えているものではない」と語った。

http://www.sankei.com/politics/news/160115/plt1601150013-n1.html




◆民主党の枝野幹事長は地元の選挙区で支持者から猛烈なパンチを食らったそうですwwww




民主党幹部「地元で『民主党は解散したほうがいい』といわれた…」


アイドルグループ「SMAP」が存続する意向を表明したことを受け、民主党幹部は17日、国会内で記者団に「地元で『SMAPは解散しないほうがいいけど、民主党は解散したほうがいい』といわれた。返す言葉がなかった」と感想を漏らした。

 一方、民主党の枝野幸男幹事長は同日、「SMAPには、平成に入って唯一の国民的ヒット曲とも言える『世界に一つだけの花』とか『Triangle』といった大変な名曲がある。これを5人で歌い続けてもらえることは歓迎したい」と国会内で記者団に語った。

http://www.sankei.com/entertainments/news/160119/ent1601190018-n1.html



◆かつて政財官の要職はにあるものは、歌舞伎や芝居などの役者を河原者などと称して一線を画していましたが、近頃では政財官、与野党揃って下衆な世界がお好きなようで、お笑いからも呆れられています。




爆笑問題 参院予算委のSMAP騒動言及に疑問


お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(50)と田中裕二(51)が、SMAPの解散騒動について参議院予算委員会で安倍晋三首相がコメントしたことについて「何やってんだよ」とあきれた。

 安倍首相は19日、参院予算委員会で、民主党斎藤嘉隆議員にSMAPの解散回避について質問されると「多くのファンの方々の期待や願いに応えて、グループが存続することは良かったのではないかと思います」と答えた。

 太田は同日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で、安倍首相がコメントしたことに触れ、「何やってんだよって話じゃない。バカだよなぁ」とコメント。

田中は斎藤議員が安倍首相に質問したことについて「それが変だって思う。だって、安倍さんはしょうがない。ウケたかったのか、目立ちたかったのかしらないけど。意図がわかんない」と違和感を示した。

 さらに太田は、「こういうのって、外国から見たらどうなんだろうね。一アイドルにこれだけ大騒ぎになっているって。

今、株なんて大変な事になってんだよ。それどころじゃないんだよ、本当は。テロは起きてるはなんだって時に」と諸外国からどう見られるのかを心配したが、「(日本におけるSMAPは世界での)ビートルズレベルなんだろうな、おそらく」と国民にとって大きな関心事だとした

http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0120/nsp_160120_2837223960.html

◆米中を筆頭に世界経済崩壊の兆しが現実味を深める一方で、ISISのテロがグローバルに拡大し、シリア、サウジ、イラン、トルコ、イスラエルなど中東の紛争が元で第3次世界大戦が始まる可能性もささやかれている時に、日本のメディアは世界の出来事に背を向けて、芸能界のスキャンダルを国民的関心事のように仕立て上げるだけです。これはパパラッチであってジャーナリズムではありません。
まあ、他人のアラで飯を食うメディアがマスゴミと揶揄されるのは致し方のないことかもしれませんな。


▼「ゲスの極み」って言葉、際立ってるニャアwww

warai.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR