カバールの一掃開始か?


◆メインストリームのメディアでは何の変哲もない情報しか流れていませんが、世界の深いところでは大革命進行しているようです。




(Despertando meさんより転載)

images1.jpeg


情報/噂ニュース・・・2016年1月23日 新共和国、世界 通貨改革(GCR)、イベント
http://www.ascensionwithearth.com/2016/01/major-intelrumor-upd
ate-new-republic.html

Saturday, January 23, 2016
Major Intel/Rumor Update – New Republic, Global Currency Reset, ‘The Event’ – January 23, 2016
以下のニュースは、情報/噂ですが、私が調べたところでは、波 動が高く、十分な実現性があるようです。




全ての自由世界の 210か国が公におよび/または私的に米ドル/オイルダラーとのつながりを断った。米ドルは2016年1月1日を期して公に通貨 としての妥当性を失っている。

全ての公的負債は中国 元、ロシアルーブル、あるいは金塊に基づいて設定されている。米ドル/オイルダラーはもはや法的な通貨としては受け入れられなく なっている。

金のスポット価格は今 では上海金交換所(SGE)で決定され、ロンドン 金交換所(LGE)と入れ替わっている。
国連はすべての自由世 界の独立国家の集合に改組され、新たな国連が世界の出来事を統治する。このような実体の設立がまもなく宣言されるが、本部は、中 国の北京に設置されている。

IMFおよび世界銀行は自由 世界の全ての独立国家を巻き込んで改革された。両者ともに最終的には存在しなくなっている。
BRICSはNATOから離れて永遠の主守護者としての役割を担っている。

AIIBは世界銀行/アジア開 発銀行から離れて、恒久的に経済上の主要な役割を担っている。
PBOCは、IMF/国際決済銀行(BIS)/ヨーロッパ中央銀行(ECB)/中央銀行システムから離れて通貨供給主体としての役割を担っ ている。

連邦準備制度銀行(FRB・・・闇の貴族として 知られている東ヨーロッパファミリー所有の私的銀行)は国際法廷によって破産を宣告され、閉鎖している。

米国の新共和国が座に 就き、全ての統合参謀本部議長の複合オフィスを含む軍事事項を含む、米国市民のための仕事を行っている。新共和国政府の暫定大統 領はジョセフ・ダンフォードで、後継者が仕切り直して行われる2016年11月の選挙で選定されるまで大統領の役割を担ってい る。

米新共和国財務省は現 在完全操業の状態であり、ネヴァダ州のネイティブアメリカン居留地内にあるRenoで運営されている。

50年毎に行われる世界負債免除が数十年前に人間のための遷移 プロセスを静かに見守っている独立統治ファミリーと善意の交渉者である、ハンとヨーロッパのリーダーたちの間の合意に従って公式に始 まっている。

この平和的な権力移行 は、当初は2001年9月11日に行われる予定だった。全ての要員と負債はゼロに帰し、バチカン銀行に蓄えられていた前世界通貨 機関から押収された金融資産を用いて決済されている。

聖なるローマの目は必 要な法的譲渡プロセスを完了しており、人間と自由世界をその自由選択によってコントロールから解放している。

この合意の一部とし て、フランシス法王もすべてのバチカン銀行資産を上記の負債免除、通貨の再評価(RV)、だけでなく、新たなAIIB支配人会議によって管 理される人間性回復プロジェクトのために人間に戻すことに合意している。

また、不名誉なロンドンテンプルクラウングループ(ロンドンに 本拠を構え、ローマジェスイットにコントロールされている)は世界の裁判官、および弁護士ネットワークの法的権威に何らクレームを申 し立てないが、これには、米国およびカナダにおける全ての弁護士協会の活動が含まれる。

法王フランシスはこの日曜日にバチカンの塀の中で、クリスティ ン・ラガルデとIMFの法律顧問の立ち合いの下でいわゆる”銀河契約”に署名をし た。

http://en.radiovaticana.va/news/2016/01/18/pope_francis_meets_with_i
mfs_christine_lagarde/1201917


法王フランシスは法王史において最初で最後の白/黒法王(ジェ スイットの長)である。

ジュエスイットの長は決して法王としては仕えないと誓約をするので、これは異常なことである。歴史上、白、黒 法王は、全ての法王と世界に関する事項を闇の貴族ファミリーのためになるように監視する隠れた第三の、グレイ法王の絶対権威に秘密裏 に従ってきた。

法王フランシスは、彼自身の自由意志に基づいて、全世界の資産、資源、及び人々に対するあらゆるローマの絶対法王権を 放棄した。しかし、事実は、それはローマ教会の無条件降伏である。

前企業体米国の大統領であるバラク・オバマはまもなく、ローマ /CIAの秘密要員だとして暴かれることになり、公に大統領職を解か れ、外国、噂によればドバイに亡命することになる。私的にはオバマはすでにオバマの辞職が行われており、彼はただ公の解職宣告を待っ ているだけなのだ。

また全ての上下院の議員を含む米国議会はもはや米国新共和国の法令を制定するための法的な正当性を持っていない。 彼らもまた、全員が解職され、あるいは排除されている

同様な処罰は米国憲法 と人民に奉仕するとの誓約を行う前に秘密裏にローマへ忠誠を誓った全ての最高裁判事についても同じである。ワシントンD.C.ももはやアメリカジェ スイット会の支配下の神聖ローマ帝国の関心事にのみに奉仕する独立行政地域ではなくなる。

バチカン市、エルサレ ム市、シティーオブロンドンのような場所は、国際的番外地の地位を失う。これらの番外地で全てのジェスイットが指令している作戦 要員は今、新しい世界統治機関との個人契約の如何によって、逮捕されつつあり、特赦され、亡命し、あるいは追放されつつある。

こ の浄化には、(集合的にカバールと呼ばれている)人類に対する秘密の陰謀に従事していた、外交官、銀行家、法律家、警察官が対象 となる。

米国の新共和国は今す べての国際的、および国内の事項を米国市民のために処理している。新共和国はまた、財務省紙幣(TRN)と呼ばれる新しいディ ジタル通貨と、米国紙幣(USN)と呼ばれる国内向け通 貨を発行している。

TRN/USNは1:1の比率で旧FRB紙幣と交換される。こ の真実は2014年に遡って国際法廷で法制化され、2015年4月には政府内部で実行に移された。新旧通貨はあらかじめ合意され た期間使用が許され、通商に混乱を生じさせないように配慮されている。

米国市民はある国においては通貨の再評価が米国にとって厳 しい外国に出ない限り、国内では通貨の価値の変化に気が付かないだろう。この新USNレインボウ通貨はすで に印刷され、世界的なRVの実施とともに公に流 通するようになる。

全ての世界の物理的な 紙幣は流通経路から排除されて焼却され、国内外ともに、権威あるディジタル通貨に置き換えられ、衛星、スーパーコンピューター、 非公開の中国のある場所から進歩したアルゴリズムで監視される。全ての世界的な大ヘッジファンド、年金、退職積み立て金、投資資 金、及び大企業の株式はすでに、上記の金の裏付けがあるTRN/USN経理システムに置き換 えられている。

米国のT1からT5までの全ての銀行は新 技術に則って運営される新しいCIPS端末、ソフトウエア、 国際決済コードを備える。全ての国の通貨再評価率は確認、署名、シール、配布され、銀行によって準備されている。銀行は資産マ ネージャーにメモを送ってある。彼らは交換の準備を済ませており、全ての主要銀行は合意している。

オバマはダヴォスには 行かないがイラク大統領のアバディは行く。
そのうちに、CIPSとSWIFTの両方が同時に定めら れた交渉済の期間の間動作し、CIPSシステムがSWIFTシステムに代わって稼 働する。

また長い間抑圧されていたエネルギー、輸送、医療、および寿命延長技術が公に研究、開発、使用、販売の対象として認めら れるようになる。

世界的に権威があった不換通貨は、RVとして知られているよ うに再評価の対象になり、SGEですでにあらかじめ設 定されているスポット価格を用いて評価されなおす。

RVはこの大きい世界的な 改革、もしくは遷移の一つの側面にすぎず、全てが世界改革プロセスの一部なのである。
RVはより大きい世界的な 経済、外交改革プランの重要な側面の達成のためと、世界の軍事機関の私的なものへの移行のために意図的に保留されていた。

RVによって一般の人達が 百万、億万長者になるとすぐに、世界的な改革が始まったとの公の知らせが送り出されることになる。

猫が袋から出ると、後戻りする ことはない。公的な世界改革宣言がまもなくすべてのこれらの大規模な遷移を知らせることになるのを見てほしい。

宣言と教育ビデオがず いぶん以前から全ての文化/国の声であらかじめ記録されてあり、適当な時期にマスメディアを通じて放送されるように用意されてい る。

全ての真実は非常にまもなく絶対的な確度で知られることになるだろう。真実が脅かされることはなく、真実でないことは存在し えない。

翻訳 Taki

http://japonese.despertando.me/%E6%83%85%E5%A0%B1%EF%BC%8F%E5%99%82%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%96%E5%B9%B4%EF%BC%91%E6%9C%88%EF%BC%92%EF%BC%93%E6%97%A5%E3%80%80/





▼わくわくしてきたニャア!!!

飛ぶ猫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR