メディアが無視しても革命は進んでいる



◆節分が終わり、いよいよ二黒土星・丙申(ひのえさる)年の象意が顕著になっています。台湾や関東での地震、桜島の噴火など土に関する動きが活発になっています。今後も世界中で地震や火山の噴火が予想されますのでサバイバルの準備はしておいた方がよさそうです。

桜島

◆米国北西部には、合衆国に核の冬を到来させるおそれがある超巨大火山が存在しています。仮にイエローストーン火山が噴火すれば、その威力は、周辺に甚大な被害をもたらした1980年のセント・ヘレンズ山の大噴火よりも1千倍は強力なものになるそうです。今のところ、7万年に及ぶ休止状態ですが、これがいつの日か噴火する可能性があり、専門家は噴火すれば9万人が命を落とすと懸念しています。

イエローストーン

◆その米国では11月の大統領候補者選び以外の情報がぴたりと止まっています。候補者選出の予備選挙から本選挙まで、およそ2年間もの長きにわたり莫大な選挙資金を使ってTVCMを打ち、全候補者が全米を移動してディベートや集会を開いています。カバール・メディアは執念深く候補たちを追いかけて、毎日毎日トランプがこう言った、或いはヒラリーがこう言ったと、いちいち報道しています。

20160208163208095.png

米国民は余程選挙が好きなようですか、日本から見ればよく飽きないものだと感心します。日本で米国のような長丁場の選挙をやれば大ブーイングが起きるでしょう。

webw151209-thumb-720xauto.jpg

◆日本の選挙での運動期間は選挙告示日から始まり、国会議員の選挙では参議院議員が17日間、衆議院議員は12日間と非常に短期間です。新聞広告や、NHKの紋切り型の面白くもなんともない政見放送を見せられたところで、新人候補者の顔や名前すら覚える暇がありません。だから選挙に対する有権者の関心が低いのかもしれません。

◆日米の主流メディアの記事を読んでも目新しいことは何も起きては居ないようですが、オルタナティブなネットには、最新の米国の情報を見つけることが出来ます。




GFLサービ ス さまより転載

新 共和国の最新の状況 2016年2月7日

http://www.ascensionwithearth.com/2016/02/an-update-of-where-things-stand.html#more
Sunday, February 7, 2016
An update of where things stand - February 7, 2016

ヘイ、皆さん!!

非 常に多くの良いことが起きている。私たち人民の政府、新共和国の形成が大きく進展している。主流メディアではまだ見られていないって?少なくとも今まで は、適当なタイミングがなかっただけだ。暫定大統領の、統合参謀本部議長である、ジョセフ・ダンフォードと副大統領、及び内閣のメンバーが選定された。

3ショット

ダンフォード

国 連は新共和国に100%の信任を与え、昨日、金曜日現在で、最高裁判所の9人のすべての裁判官が新共和国の下に就任した。この、人民の、人民のための政府 はすでに数年間機能していて、この時点で頂点に達するに至り、私たちは真の見直しの時期にある。これは、今では何ら価値がない不換通貨である、連邦準備制 度通貨の置換をも意味する。

100年以上前に憲法を塗り替えて開設されたユナイテッド・ステーツ株式会社(The United States, Inc)は この国をひざまずかせ、ほとんど後戻りができない状態にした。この支配下で、私たちはさるぐつわをかまされ、何を考えるべきか、何を買うべきか、受け入れ 可能なこと、言えること、言い方を強制されてきた。私たちの両手は縛られ、支配者に逆らう言葉を吐かないように脅迫されてきた。私たちには子供の育て方が 強制され、支配者に言えること、言えないことを押し付けられ、もし従わなければ罰金や監獄行きを課された。このようなことは数え上げきれないが、あなた方 もよく分かっていると思う。選挙で選ばれた者たち、とくに大統領は、これまで数期に亘って、逃れたいと私たちに呻かせるように法と政府を支配してきた。

私 たちが要求することからかい離した一連の法を彼らは運用したので、彼らは犯した罪に対する責任を負わなければならないと思われる。最近の8年間、私たちは 行政命令と呼ばれる大統領命令に支配されてきたが、これらの”法”は私たちの正規の法的プロセスをバイパスして作成された。すべての者は、”誤っている” と叫んだが、それについては何も対策は打たれていないように思われる。

さ て、潮目は変わりつつある。今では、この企業政府は破産し、消滅を宣告され、非合法になっている。憲法が再発行され、土地法とコモンローが戻ってきてい る。

所有権は人民の手に戻っている。この暫定政府は、すべての人々を代表するものであり、任についている者は私たちを憲法/コモンローに回帰させるように 十分な訓練を受けている。

私たちは大きい”連邦”政府の解体を見ることになるであろう(すでに進行している)。
政府、銀行、財務関係のあらゆるレベルの犯 罪者たちには刑罰(少なくとも数年)が課せられ、単純な法と裁判システムが取り戻されるだろう。
私たちのスキルに合致した富と自由が人民の手に戻ってく る。これはすでに進行中で、世界通貨改革と世界的な通貨価値変更が行われる。本来の憲法では”賃金には税は課されない”のであり、より単純な国家政府が形 成される。

各州は独立し、市民が治める。これが可能かどうか考えられようか?均一の税が最近の選挙では叫ばれ、ロン・ポールは連邦準備制度の解体を要求し てきた。これもすでに進められている。

既 にしばらくの間これは起きているのだ。これを進める助けをしている著名なリーダー達が米国外にもいる。
なぜか?なぜなら、私たちは世界の舞台で大きい存在 であり、経済的に大きい部分を占めているからだ。私たちの失敗は世界の人々の利益にならない。

私たちはその実現の地点に達しているのである。そのようなこ とは聞いていない?そう、今がその機会だ。
進歩がなされ、新共和国が既に機能しており、古い連邦政府はすでに解体されている。”

主流メディア”は再建されつつある国に人民が早く追いつけるように、緊急放送システムの利用に合意している。
この全ては最高裁の祝福と権威付けの下に行われている。2008年に突 然、銀行が停止し、空が落ちてきたとのTVスクリーンが見られたことを思い出してほしい。

私たちが長い間待ち望んでいて、夢が実現するというニュースを放送するカメラの前の非常に有名な人から声が聞けるようになるだろう。


暫 定大統領・暫定政府?それは専横の乗っ取りなのだろうか?そうだ、そうだ、そしてそうではない!企業がコースをたどり、私たちは国を取り戻し、実際には存 在していたのに、言われたことがないアメリカの再建が行われたのだ。

今は共和国の設立の時なのだ。政府が人々によって、選挙で選ばれるのは憲法で規定され ている。それゆえ、この暫定グループは当初計画されたように共和国になる道を歩みはじめている。選挙はまだ続く。ある者たちの名前と顔は変わるだろう が・・・。

私たちは非常に歴史的な、ワクワクの時を過ごしていると言おう。私たちにはその答えと取り戻しの一部になる機会がある。多くの点で私たちの国は誕生のプロセスにあり、これから先の10年間には必要な真の変化を行うために多くの仕事がある。

私たちは宣言を待っているところだ。これには大きい圧力がかかっていて、月曜日には実施されるだろう。あなた方には、備えはいいか、とお尋ねしたい。

http://www12.plala.or.jp/gflservice/NewRepublicUpdate160207.html




◆米国が合衆国でなく共和国になれば、大統領選挙の候補者が変わると言うことでしょう。

巨大ダムの決壊が近いようです。カバール・メディアはそれを知っているから、大統領候補者選挙に国民の目を釘付けにしているのです。しかし、メディアに携わる者たちは既に住み分けが出来ているでしょう。現場にいればカバールの劣勢は目に見えているでしょうから、光の側に寝返る者の方が多くなるのではないでしょうか。

しかしハリウッドのカバール勢は、ネガティブキャンペーンを張って、いまだに世界中に恐怖や不安を撒き散らしています。

Double Negative – Film Reel 2015


▼もう、カバール製には食傷気味だにゃあ・・・

食傷

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR