隔靴掻痒


◆隔靴掻痒(かくかそうよう)とは靴を履いたまま痒いところを掻くと言う意味ですが、オルタナ系の情報はまさにこれで、痒い所に手が届かず、常に苛々させられます。





RVニュー ス 2016年2月1日

http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=40500
RV UP DATE, Thurs Feb 18 2016
Approx. 1:30 PM

5500か所の償還センターと、選ばれた銀行で、償還金を支払う準備ができている。私的グループの償還が完了した後には、償還金支払い場所は、4万行の銀行支店に増加する。

新しいATMが設置されている。

新しい米国紙幣が配布され、利用できるようになっている。

新しいディジタルの、黄金の裏付けがある米国財務省紙幣(TRN)が世界的に流通している。

一時間毎に非可逆的に近づいている。

まだ、私的グループの償還金支払いと一般向けのRV資金支払い待ちの段階である。

先週末には、米国の銀行がメモ書きで、2月18日水曜日から2月21日日曜日にかけて銀行の役職は通貨交換の準備をしておくようにとの指令を出していた。

http://www12.plala.or.jp/gflservice/RVNews160218.html




◆ロン・ポールは2月18日にドルが暴落すると言っていましたが、全くその気配はありませんね。ハザールの私物であるFRBも解体されると言うような話がありましたが、相変わらずイエレンが居座ったままです。ベンジャミン・フルフォードはダンフォードの米国暫定政府がFRBを奪還したと言っていますが、本当のところはどうなのでしょうか。




米FRB議長 国会証言で中国経済不確実性を言及

2016/02/12 17:59

イエレン

 米国連邦準備制度理事会(FRB、中央銀行)のジェネット・イエレン議長は2月10日、米下院金融サービス委員会で米国金融政策についての証言を行った際、中国の為替政策と経済失速などの要因が米国の経済成長を阻み、FRBは追加利上げの実施を緩やかにしていくとの見解を示した。

 イエレン議長は「このほどの経済指標では、中国の経済増長の急激な後退は示されていないが、元安が中国の為替政策と経済の見通しに不確実性を持ち込んだ。このような不確実性が世界金融市場の不安定さを増した」と述べた。

 キャロリン・マロニー民主党下院議員から中国株式市場の急落で米国を含む世界同時株安となったことで、FRBの金利政策にどのような影響を与えるかとの質問に対して、イエレン議長は「我々は世界金融市場を注意深く観察している。世界経済と米国経済の急激な減速は見当たらないが、世界金融市場の動向を注視する必要性を認識している」と答えた

 また追加利上げの時期について、米国内経済指標が悪化し経済成長が減速すれば、追加利上げ実施のペースを緩やかにしていくとの見方を示した。

(翻訳編集・張哲)

http://www.epochtimes.jp/2016/02/25241.html




◆中国株が急落したのはジョージ・ソロスらヘッジファンドのハゲタカ軍団が一斉に浴びせ売りをして逃げたからです。ハゲタカの一人が中国にとんでもない経済テロを仕掛けたようです。




カイル・バス氏「中国銀行業に時限爆弾」、損失はサブプライムローン危機時の米銀の5倍

カイル・バス

2016/02/12 17:41

 米国著名ヘッジファンドマネジャーで、ヘイマン・キャピタル・マネジメントの創業者であるカイル・バス氏がこのほど投資家宛てに送った書簡で中国銀行業に「時限爆弾がある」と警告し、中国の銀行システムにいったん信用危機が発生すれば、その損失額は米国の銀行がサブプライムローン危機で被った損失額の約5倍にあたる可能性があることを示した。

2月10日付VOAが伝えた。

バス氏は書簡において、「過去10年間に中国の銀行システムの資産が3兆ドル(約339兆円)から10倍以上に拡大して約34.5兆ドル(約3898兆円)に達し」、「国際決済銀行(BIS)によると中国銀行業は1998年~2001年までの周期に不良債権で失った資産が国内総生産(GDP)の30%に相当する」、「もし再び金融危機が発生すれば、中国銀行業の損失額は前の周期での損失を上回る。

現在の中国のGDPで計算すると、その30%は3.6兆ドル(約407兆円)を上回る」と示した。世界金融危機で米国の銀行が約6500億ドル(約73.5兆円)の損失額を出したため、中国銀行業に信用危機が発生すれば、米国の銀行の損失額の5倍以上だとした。

 またバス氏は金融危機で中国銀行業が莫大な損失を被ったことで、危機の対応策で中国政府当局と人民銀行(中央銀行)が約10兆ドル(約1130兆円)に相当する人民元の紙幣を増刷する可能性が高いため、その結果深刻なインフレと一段の人民元安に見舞われると警告した。

 2月初め、バス氏はウォールストリート・ジャーナルに対してヘイマン・キャピタル・マネジメントのポートフォリオの85%は中国関連、特に元安と香港ドル安に目標を設定していると話した。

 カイル・バス氏は米国サブプライムローン危機を事前予測に成功し、空売りで約5.9億ドル(約667億円)の利益を上げた。

(翻訳編集・張哲)

http://www.epochtimes.jp/2016/02/25240.html




◆中国は完全にハザールの金融マフィアに乗っ取られているので、最後の血の一滴まで吸いつくされるでしょう。
金融マフィアを国際金融資本と呼んでいますが、これは人間を奴隷化するための組織です。何の裏付けもない不換紙幣を増刷して貸付け、利息を取って搾取する。奴らは中国と米国を競わせ、分裂させ、争わせて両方を支配するのです。




2015年中国外貨準備高5127億ドル激減、1月末3.23兆ドルに

1410170041492663--ss13.jpg

2016/02/08 15:29

 中国人民銀行(中央銀行)が2月7日発表した最新統計によると、1月末時点の中国外貨準備高は3兆2300億ドル(約378兆円)で、前月比995億ドル(約11.6兆円)減少した。

2012年以来の低水準となった。また中国国家外為管理局の4日の発表によると、年間ベースでは2015年中国の外貨準備高は5127億ドル(約60兆億円)減少となった。統計を始めて以来初めての減少となった。

 ブルームバーグは、外貨準備高の減少は国内経済鈍化、株価急落と資本流出の急増のほかに、中国当局が外貨準備高を資金にして外国為替市場で頻繁に行ったドル売り元買いの介入と関係すると分析。人民銀行が突如人民元の対ドル為替基準値を約3%引き下げて元安に誘導した昨年8月に、同月の外貨準備高が前月比940億ドル(約11兆)減少した。また同12月に過去最高の1080億ドル(約12.6兆円)減を記録した。

 一部専門家の間では、市場で人民元が今後一層下落するとの観測が依然に強く、人民銀行が急激な元安を防ぐため、今後外国為替市場でドル売り元買いの介入を続け、月間ベースでの外貨準備高の減少も続くと分析する。

 しかし、急速な資本流出に対応して中国当局は相次いで資本流出規制の強化措置を打ち出しているため、今後月間ベースでの外貨準備高の減少幅は縮小されるだろうと、ブルームバーグに対してみずほ証券アジア地域チーフエコノミストの沈建光氏は述べた。
 ブルームバーグによると、2015年中国資本流出総額は約1兆ドル(約117兆円)で、14年の7倍に相当する。

(翻訳編集・張哲)

http://www.epochtimes.jp/2016/02/25209.html




◆中国がAIIBを設立したのも世界各国から出資させることが目的だったのでしょうが、外貨準備が激減しているようでは、海外にインフラ投資などできる訳がないと思いますが・・・





中国外貨準備高激減 資産流出いっそう加速


ドルを数える

2016/01/14 15:12

 中国の中央銀行、中国人民銀行の今月7日の発表によると、昨年12月末時点での中国の外貨準備高が前月末時点から1079億米ドル(約12兆7300億円)激減し、3兆3300億米ドル(約393兆円)に低下した。月間減少幅としては過去最大。2015年は5126億6000万米ドル(約60兆4900億円)減少、こちらも過去最大の減少幅である。英紙フィナンシャル・タイムズは、資本の海外流出が加速していることや中国人民銀行が大規模な元買い・ドル売りで人民元相場の急落を阻止していることを表していると報じた。

 同紙はトレーダーの5日の見方を紹介、「中国人民銀行が為替市場で人民元の相場を懸命に支えているのは明らかだが、翌6と翌々日の7日には人民元の急落に歯止めがかからなかった」などと、同為替介入の効果は短期かつ限定的だとみている。
 市場では元安が続くとの見方が根強い。経済アナリストは「介入を続けても中央銀行はいずれ万策尽きる」と指摘している。

 今月7日、人民元対米ドルの為替レートが6年ぶりの安値になったことをうけ、手持ちの人民元を米ドルなどの外貨に換える中国人が銀行に殺到している。上海市証券報は、金融機関の関連業務は激増、多くの富裕層が海外不動産の購入などに目を向け、投資先を海外に転じていると報じた。

 ロイター通信によると、中国国家外貨管理局の一部地方支局はこのほど、管轄内の銀行に対し、1月の外国為替の総取扱額が昨年12月分を超えないように制限することを内部に指示したという。

 米財務省のデータによると、昨年の前半8カ月で中国から海外に流出した資産総額は5000億米ドル(約59兆円)。英大手商業銀行ロイヤルバンク・オブ・スコットランドの統計では、昨年12月だけで同流出資産は1900億米ドル(約22兆4200億円)に達した。前半8カ月間合計の4割弱に相当することから、流出の勢いが更に加速しているのも明白だ。

(翻訳編集・桜井信一、叶子)

http://www.epochtimes.jp/2016/01/25067.html




◆ハザール金融マフィア作り上げヘッジファンドやポートフォリオなどの資産管理システムは実に巧妙な罠が隅々にまで仕掛けられ、そこかしこに地雷が埋められています。
2007年のリーマンショックはまだ記憶に新しいところです。サブプライムローンで無茶苦茶な不良債権を作り出し、リーマンブラザーズが倒産し、世界全体が被害を受けました。

◆そしてこれは世界経済危機、世界金融崩壊、世界金融不況、世界同時不況、第二次世界恐慌などという名がつけられましたが、中国の経済状況が伝えられる通りなら結果はリーマンショックくらいでは収まらないでしょう。

その前に隔靴掻痒ですがRVとNESARAが実施されないと悲惨なことになります。一日も早くその日がくるのを待つばかりですね。

▼そうなれば、世の中、逆さまになるニャ!

6a39a6f1.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR