ロブ・ポッターのコブラインタビュー(前半)

(ポータルコンファレンスさんより転載)

ロブ・ポッターのコブラインタビュー(前半)

ヨーダ

(訳者:要約編集してあります。部分的にPFC-JAPANさんの翻訳を借用させてもらいました。なお、英文トランスクリプトに聞き違いや、ロブの勘違いが入っていることがあり、修正して日本語にしています。そのため今月に限らず、トランスクリプト通りでない箇所がたまに出てきます)


〇プラズマ・ストレンジレット/トップレット爆弾


ロブ:プラズマ爆弾とストレンジレット爆弾を近々除去できるとおっしゃっていました。除去のテクニックは両者ともに共通しているようですが、両方いっぺんに除去してしまえば、本当にイベントに進むのでしょうか。


コブラ:まさにその通りです。これらの爆弾を除去すると、イベントは間近となります。他の技術も残ってはいるのですが、大した問題にはならないでしょう。


ロブ:質問が来ています。「カバールの敗北が間近に迫っているのに、なぜ彼らは爆弾を爆発させないのですか? どっちみち彼らはセントラルサン送りでしょう?」



コブラ:ストレンジレット爆弾にアクセスできる者は多くありません。彼らはあまり感情に片寄ることがありません。彼らは感情的に反応するのではなく、知性を働かして計画を立てます。こうして25,000年間も隔離状態を維持してこられたのです。


〇妖精/天使


ロブ:あなたは妖精や天使の存在が低層アストラル界や物質界に戻りつつあると言っていました。人々の気付かない、そのような存在について説明してくれますか? なかには物質的な体をもつものもいるのですか?


コブラ:彼らは物質的な体をもつ存在ではありません。彼らはプラズマ界、エーテル界、アストラル界でなければ見えない存在です。けれども、少しでもエネルギーに敏感なら、誰でも彼らを感じることができます。彼らを見ることはできません。彼らの存在を感じることならできます。そして人里離れた自然の中のもっとも美しい場所に行けば、彼らの存在を感じられるでしょう。



〇闇の大胆な行動


ロブ:あなたは「闇の勢力はかなり大胆な行動を取ってきたので、レジスタンスは物理層においてアクションをとった」とおっしゃっていましたね。その大胆な行動とはどんなものですか。やつらがやることは、私たちの目からするとなんでも大胆でネガティブに見えますので。もう少し具体的に行為の内容を説明していただけますか。


コブラ:いろんなことをやっています。まず、トルコやサウジアラビアがシリアに挑んでいます。実際に武力攻撃もあります。これが一つ。


ロブ:たしかに。国境線で戦争のようなものを仕掛けていました。病院を実際に爆撃する映像も見ました。シリア政権の支持勢力が4万人もの市民を巻き添えにしたということだったと思います。これについてもう少し説明していただけますか。


コブラ:ネガティブな勢力が病院を攻撃したといえます。ロシアがやったと濡れ衣を着せようとしました。ロシアはやっていません。ロシア軍は、民間人の攻撃を厳格に禁止しています。ロシア軍は、イエズス会からの援助による傭兵である「テロリスト」と呼ばれるものの排除に100%注力しているのです。今回のことはすべてイエズス会がやったことなのです。米国、サウジアラビア、トルコのネガティブな軍の派閥は、シリアに重要なエネルギーの渦があるために、出来るだけシリアで苦痛を作りたいのです。


ロブ:そうですね。あそこは確かにとても重要な渦です。過去の預言書はすべてあの地域を中心として書かれています。


〇コンピュータへの工作


ロブ:レジスタンスは対応策として、カバールによる犯罪証拠を主要なニュース配信会社のコンピュータシステムや個人のPCに埋め込んだと書かれていましたね。その作戦は完了したのですか、誰もそれに気づいていないのでしょうか。


コブラ:そうです。コンピュータシステムの中にあります。見つけるのはかなり困難です。相当優秀なコンピュータの専門家でないと、PCをチェックして見つけることはできないでしょう。でも、そこに既に埋め込んであります。


ロブ:となると、そのファイルは自動的に起動し、ニュースフィードのようにPCのスクリーン上に表示されるのですか?


コブラ:ポップアップ・ウィンドウのようなものです。とても惹かれる題名が付いていて、それをクリックすると、すべての証拠を見ることができる仕掛けです。カバールの行動が行き過ぎると、これを起動します。現時点で、世界中の多くのPCに仕掛けられています。


ロブ: いずれにせよ、最終的には起動するのでしょうが、カバールの一定の行動によって先に起動するかもしれないのですね。


コブラ:そうです。イベント時にはもちろん、これは起動します。私が今回申し上げたことは、イベントより前の時点のことです。カバールの行為が目に余るなら、今日明日にでも起こり得ます。


ロブ:証拠についてですが、一般的な内容ですか、それとも具体的な名前や事実や人物が特定されているのですか。


コブラ:とても明確に特定されています。カバールの犯罪証拠です。それはすべての証拠――全体の内容、日付、氏名、あらゆることに関する証拠――を伴う情報開示です。秘密の宇宙計画やETとの接触など、すべてが含まれます。


ロブ:それはすごい。チップ・タータムが、ジョージブッシュ(父)と息子たちがコカインを所有し摂取している動画を所有していることを以前から知っていました。これは、証拠の証明力を補強するする決定的な証拠になりますね。すごいです。


〇武装したレジスタンスエージェント


ロブ:「一定の武装したレジスタンスエージェントがいま地上におり、民間人が攻撃された際は、大方の場合、暴行を防ぐために介入する」と書かれていましたね。これは、シリアのようなケースを想定しているのでしょうか。


コブラ: 地球上のどこで起きても介入できます。レジスタンスのエージェントは、普通の恰好をしています。匿名で行動するので、誰も彼らを特定することができません。闇の勢力が市民に対して暴力を振るうような行動に出る意図がみられる場合には、レジスタンスがそれを阻止します。しかし、何でもかんでも阻止できるわけではありません。けれども、阻止の行動はこれから取り始めます。今までには無かったことです。


ロブ:阻止するというのは、超光速生命体とかアセンデッドマスターとかが、闇の勢力を文字通り凍結して動けなくして暴力を阻止するのでしょうか、それともレジスタンスのハイテク技術で闇の勢力を殺さずに阻止するというものなのでしょうか。


コブラ:詳細は申し上げられません。闇の勢力が防衛策を取り始めるからです。まあ、そういうことはないでしょうが。


〇チンタマニ石


ロブ:多くの方がチンタマニの研究をされています。エメラルドグリーンの色なので、コロンビアナイトやモルダバイトを想像しています。(私が見ても、透明なグレーではなくなる時があります。黒っぽい楕円形のものになり、光に当ててみると、ラベンダー色になったりすることもあります。)同じ場所からの石だとすると、なぜ色が違うのでしょうか。来た場所が違うのですか。


コブラ:モルダバイトは緑色です。プレアデスからのものですが、チンタマニ石ではありません。チンタマニ石はシリウス恒星系からのもので、美しいラベンダー色で、時折灰色になったり、透明のものは茶色がかったピンク色になったりします。


ロブ:仏教の歴史的文献の多くや、中東文明の中には、緑色で描かれた絵があります。何らかの関連性があるのでしょうか。


コブラ:2つの異なる石の話が混じっています。一つはチンタマニ石で、2つ目は?マニ石で、ファイヤーストーンとかファイヤークリスタルと呼ばれているもので、それがモルダバイトです。


〇エチオピア


ロブ:質問です。「私はエチオピア人です。25年間政権の座についているエチオピア政府は、ティグレ人のサイコパス、ソシオパスにコントロールされています。TPLF (ティグレ人民解放戦線。ティグレ族を主体とした政党) は最初からエチオピアを破壊し人民を殺してきました。クリスチャンとアムハラ族 (1991年のエチオピア政変まで支配側の民族だった。宗教はエチオピア正教) が主なターゲットになっています。政府は大虐殺、民族浄化を行い、教会、修道院を弾圧し、アムハラ族が生計を立てられないようにしています」。質問者は、これまで殺されてきた人の数は100万人単位にのぼると見ています。「何でこんなことになったのかコブラに聞いてもらえますか? 本当に権力を握っている人たちは誰なのか、いつ終わるのか」


コブラ:そのような状況はエチオピアに限ったものではありません。サハラ以南のアフリカ全体が、大量のレプタリアンが存在しているという問題を抱えています。多数のアルコンも政権内に入り込んでいます。1996年のアルコン侵入以来、状況は悪化していきました。ほんの最近になって、この地域にいくらか変化が生じ、少し良くなりました。それでもまだまだです。


〇この世は幻か


ロブ:あなたの「絶対者」の説明に反応してコメントがきました。「奇跡のコースでは、この世は存在してないと言います。それはソースから分離しているという夢、あるいは幻に過ぎず、絶対者だけが存在しています。偶発性、異常性が作用した場合、絶対者によって即座に正されます。しかし私たちは、自分たちが絶対者とは違う時空に引き離されたのだと思い込んでいます。奇跡のコースでは、私たちは絶対者が拡張したものとして、絶対者の中で存在しているのだと教えています」。コブラ、あなたのコメントをお願いします。


コブラ:オーケー。全面的には、その見方に同意できません。高次の界層から見れば、世界は幻に見えるでしょうが、私たちは物質界、アストラル界、メンタル界という低次の界層にも自分がいます。それらの界層があるのは、絶対性とランダム性、偶然性とのダイナミックな相互作用が働いているからです。ですから、これは観点の問題です。奇跡のコースでは、精神的にあるレベルにまで達した特定の存在者たちの、特定の見方を述べているだけのことです。


〇神話


ロブ:質問です。「サイモン・パークスはアダムとイブの物語は真実で神話ではないと述べています。それについて話してくれますか?」


コブラ:人類が精神的にも遺伝子的にも操作されて生まれたという出来事が、遠い記憶として残っており、この創造神話は、それを反映させたものです。ほとんどの神話がそうです。神話はかつて実際に起きたことの記憶を反映させたものです。しかし、はるかに遠い昔の出来事であるため、それはある程度、歪曲されています。


〇ブリティッシュコロンビア沖の地震


ロブ:友人からの質問を受けてビデオを見ました。(カナダ最西部の)ブリティッシュコロンビア沖で小さな地震があり、大きな衝撃音が響いていました。一説ではアンドロメダンがレプタリアンの宇宙船を破壊したのだとか。それについて何か情報は伝えられましたか?


コブラ:私の情報源によれば、それは違います。


〇臨死体験


ロブ:臨死体験をした人たちは、その体験は本物だと言います。強烈な喜びと愛、美しい音楽。神やイエス、先に亡くなった家族から、元の体に戻るように言われるそうです。臨死体験は本当のことですか?


コブラ:ええ、本当の体験です。人々は、自分の周りに明るい光や愛深い存在がいるのに気付きます。ここで一つ大事なことは、そのガイドたち、提言を与えてくれる愛深いガイドたちも、時折操作されているということです。善良な意図をもつ良き存在であっても、アストラル界で操られていたのです。あなたがガイドから受け取るガイダンスは、時には正しく、時には正しくありません。あなたのガイダンスの究極の源は、常にあなたの内側に求めてください。


〇144,000人


ロブ:144,000人が瞑想をするとイベントを起こすことが可能ですか。別の言い方をすると、ストレンジレット爆弾除去の前に、もし144,000人がイベント瞑想をすれば、イベントが発生し得るのでしょうか。


コブラ:そうです。可能です。


ロブ: 144,000人が瞑想をしなくても時が来ればイベントは発生し得るのでしょうか。


コブラ:私たちの行動にかかわらずイベントは発生します。私たちの行動は、早期にイベントを発生させることと、誰もがイベントまでのプロセスを楽に通過できるようにするためのものです。



〇Black Sun



ロブ:ベンジャミン・フルフォード氏がイルミナティはBlack Sun(黒い太陽)を崇拝していると言っています。黒い太陽とはどんなものですか。


コブラ:カバールの組織の中に、銀河系中心のシンボルとして黒い太陽を掲げているグループがあります。黒い太陽を拝み、恐れ、崇めています。彼らは最終的にそこに行かされることになります。近々です。


〇アジェンダ21


ロブ:ベン・フルフォードは、やつらのアジェンダが崩壊するのだから人類も変わらないと、とも言っていました。地方のカレッジでは実際に「アジェンダ21持続可能な開発」という学位があるそうですよ。それについて何かコメントはありますか?



コブラ:それはただ地球上の現在の教育システムの状態が反映されているだけです。



ロブ:アジェンダ21をご存知ない方のために説明します。アジェンダ21は1992年の地球サミットから持ち越されています。コブラも述べていた通り、彼らには人口を減少させ、2000年までに世界支配を完成させるというアジェンダがありました。アジェンダ21とは今でも続けられている人口削減アジェンダです。食べ物で生殖能力を低下させるなど、多方面にわたる行動計画が含まれています。


〇大麻


ロブ:私のブログに大麻について投稿した人がおり、10人くらいの人から質問が寄せられました。「大麻と、ヒトや動物の体内の内在性カンナビノイド・システムについてコブラに質問してくれませんか?」。内在性カンナビノイドは痛みなどを取り除く脳内マリファナ類似物質です。


コブラ:ええ、その通りです。


ロブ:大麻は、ライトボディなど他の次元の身体や神経システムとのインターフェースに作用するらしいのです。大麻と身体への影響について何か教えてもらえることはありますか?



コブラ:大麻は、肉体の脳とエーテル体の脳との繋がりを妨げます。実際には両者の間の膜を消滅させてしまうのです。これは良くもあり悪くもあります。なぜならそうなったとき、大抵人々はアストラル界やエーテル界のレプタリアンと接触しやすくなるからです。



大麻は危険な場合もあるのです。ですから適切な使用を心がけてください。とても良い効能もあるのですが、逆の場合、エーテル界、低次アストラル界の低次元存在と繋がりやすくなります。



ロブ:諸刃の剣ですね。大麻を与えてくれたのは、銀河のどの文明ですか?


コブラ:銀河の中心に近い惑星からもたらされました。


〇カリフォルニア地震


ロブ:次の質問です。「オバマ政権は第一回地震対策サミットで、カリフォルニア/オレゴン/ワシントン州が壊滅的な地震に見舞われることを危惧していました。彼らはカスケード沈み込み帯についても語っています。オバマは連邦地震危機管理基準を定めるよう大統領令を発しました。彼らは私たちが知らないことを知っているのでしょうか?」



コブラ:彼らは一般市民の知らないことをたくさん知っていますが、カリフォルニア地震の取り上げ方は大げさ過ぎます。カリフォルニア巨大地震は1960年代から予言されてきたのですよ。非常に強力な光の勢力が、銀河連合、アシュターコマンドがいて、構造プレートを安定させています。特にそこのエリアで。

光の勢力は、その地域で壊滅的な巨大地震が起きるとは思っていません。



〇タキオン



ロブ:Dr. Sallaの秘密の宇宙計画の本の中に、宇宙旅行にタキオンが使用されていると内部者が言ったと書いてあります。その記述が気に入らない人もいるようですが。ベル博士と接点があったプレアデス人で、私も一度だけお会いしたジェームスと名乗る方がいました。ジェームスの宇宙船はタキオンのエネルギーで運行されていました。どのようにタキオンが宇宙旅行で使用されているのか概要をご存じですか。



コブラ:タキオンはとても興味深い粒子です。ソースとは強く連結しています。大半の物質とは直接的な相互作用が生じません。強い核力のあるものとだけ作用します。タキオンの持つ物理的特性の特殊性から、エントロピーに歯止めをかけることができます。そこで、いろいろな高度文明の宇宙船の推進システムとして広く使われています。タキオンは、亜光速の移動と超高速の移動を合体することができる能力があります。つまり、宇宙船がこの推進力を使って通常の時空連続体を移動してからスターゲートに入っても、何の違和感もありません。スムーズで快適な移動です。例えばここからシリウス恒星系まで、たった数ヵ月です。



ロブ:ありがとうございます。ベル博士は、プレアデスの宇宙船は音を動力としていると常々言っていました。あなたは、タキオンは物理層ではあまり検知できないと言っていました。


コブラ:現段階の地上の科学では、いくつか基本的な相互作用――例えば電磁力との相互作用――によるものしか検知できません。大半の検知器はプロトン(陽子)を使用していますよね。それは、電気と磁気を利用しているのですが、タキオンはそういったものと作用しません。したがって、見ることができないのです。タキオンは電気を生成しないので磁場も生じません。検知するのは簡単ではないのです。タキオンは亜原子粒子に影響を与えるため、それを利用して検知できます。どこをチェックするのかを科学者が知っていれば、現時点でもタキオンを検知することができます。



〇蜜蜂



ロブ:以前にも出た話題ですが、蜜蜂の現状はどうなっていますか?


コブラ:すでにレジスタンスが対処しています。この1年かそこらで着実に良くなってきたと思います。



〇平行現実



ロブ:「地球の浄化と悪人を排除するプロセスの一部として、現在、次元がわかれているところですか。人々は別の次元に送られているのですか?」



コブラ:ノー。


ロブ:でしょうね。「平行現実に生きている人たちは、私たちの現実にアクセスできるのですか?」


コブラ:平行現実という概念は、実際には異なる次元のことなのです。物質界があり、エーテル界、アストラ界、メンタル界があります。これらの世界はある意味で平行現実です。しかし、そのすべてが統一場で繋がっています。それらは同じ現実の別の相、別の切り子面のようなものです。ソースと偶発性の相互作用が、同じ現実の様々な相として表れているのです。いずれも同じスピリチュアルな法則と物理的法則に則っています。



〇ゼカリア・シッチン


ロブ:「コーリー・グッドの最新インタビューで、ゼカリア・シッチンの情報がほとんど作りものだったと暴いていたのを知っていますか?」

(シーズン3,エピソード6)



コブラ:知っています。これはまさに1、2年前に私がインタビューで述べていたことです。


ロブ:ええ、フランク・ストレンジス博士もそういっていました。作り事だとしても、エンリルやエンキの話にいくらかの真実があるのでは?



コブラ:ゼカリア・シッチンの描いた物語はすべて無視してください。



(後半へ続く)

http://nowcreation.jimdo.com/2016/03/02/%E3%83%AD%E3%83%96-%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC-%E5%89%8D%E5%8D%8A/





▼大ショック!シッチンの作品はすべて創作だったとはニャア!

0003.jpg

◆不老不死のヒマラヤの聖者ババジからのメッセージです。

ババジ

転載元:「ガイア・アセンション」シリーズ:小松英星氏より

迫り来る「終末」の様相と対処について―ババジ・(アセンション時局’16)

[2016年1月10日]

ババジのメッセージ

「終末(End Time)」の三つの兆候:

1.)支配者たちの傲慢
2.)被支配者たちの混迷
3.)出来事を暴力が左右する


親愛なる皆さん、

私は皆さん中にいます!

地球は生き永らえ、人類は目覚めます!

旧世界の瓦礫(がれき)の中から、新しい人類は立ち上がります。

それは完全な自由を得て、神を反映した姿となるでしょう。

そして神不在の時代は終わり、古くからの預言が現実となるのです。

私はババジです。

「出来事」が近いことは、支配者たちの傲慢から見て取れます。
この事実に基づいて、最後の出来事はすでに始まっていることが確言できます。

支配者たちは、自分自身のことや人生体験に不案内で、それが困惑として彼らを取巻きます。そしてお互いに「よそ者」同士の彼らは、相手を親友や友人のように扱おうとはせず、違った態度で相手に接します。

支配者たちの間に暗闘があり、彼らはそれを、この世界に代理戦争のように移転させることを望んでいます。しかし、これまでは舗装された平坦な道のように見えた彼らヤミの支配者たちの進路は、人類の気付きが拡大するにつれ、ますます過酷なものになってきます。これまで彼らは、このマトリックスでのゲームで主導権を握り「即座の成果」は約束されたようなものでしたが、この新たな状況への準備はできていません。抵抗というものを体験したことのない者は誰でも、それが始まった時、どう対処すればいいかを知らないのです。
それが、今日の状況に当てはまります。

そしてまた、さまざまな出来事が加速しながら起こり、大部分の支配者たちの深い転落が、前途には不気味に迫っています。真実が広く行き渡り、光が勝利するのです。

それでもなお、「被支配者たち」の混迷は、まるで完成の域に達したかのような様相を呈します。それは、この時代の矛盾が公然と現れてくるのに直面して、人類の多くは、それを正しく解釈することができないからです。しかし、このマトリックスが、とても打ち勝つことができないように見えるとしても、それは崩壊します。また、人類の奴隷状態が、ますます巧妙で気づきにくい形をとるとしても、奴隷たちは解放され完全な自由を獲得します。

気づきの拡大

人類の中には、これらの状況を見透して、このマトリックスをはるか前に内面的に克服した方々がいます。また状況に対して適切な位置づけをすることができるので、ヤミの仕掛けによって影響されたり、怖れに駆り立てられたりすることのない方々がいます。これらの方々は、この時代において畏敬するに値する人たちで、この時局を通り過ぎた後に、彼らを讃える記念碑が建てられるでしょう。

人類の中のこうした方々のお蔭で、この世界は上昇し、この地球のすべての「いのち」は癒され、光の世界へ引き戻されるでしょう。

残念ながら、人類の意識が向上しているとしても、「無関心ゆえの無知」はまだ非常に大きく、人類を全体として見れば、その意識は低い水準にとどまっています!

人類の87%は混迷状態にあり、一貫して混乱しており、自己の方向づけができない状態です。

13%という数値

これらの(87%の)人々は、もはや自力では、明晰な思考を持って、彼らなりの澄んだ感性を生み出すことができない状態にあります。そこで、13%という数値に注目しましょう。これら残りの13%が風向きの転換を請け負い、光が優位に立つようにゲームをひっくり返すのに十分な力を解き放つからです。そしてこの13%に相当する人の子たちは現時点で、悲嘆の流域を通り抜けて、あらゆるレベルで自己の命を神の光に捧げることを要請されています。

今日、自己の存亡に関わる変容過程に曝されている人は誰でも、自身の目覚めへ準備されているだけでなく、惑星や宇宙レベルの出来事への促進因子として働きます。

それでも今なお、多くの光の戦士たちが混乱していることは事実で、支配者たちの過剰な自信の背景には、被支配者たちの混迷があります。しかしこの状況は、根本から急速に変わりつつあります。意識が高まり、浄化の進展が感知できるようになります。神の光が完全に人の心に達し、それを満たした瞬間に、その人はもはや明らかな事実や真実を否定しなくなります。そしてこの意識状態が、そのような方々の周辺に新しいエネルギーを生み出し、その周囲にいる人々は神の光に触れ、「目覚めへの吸引力」に引き込まれるのです。

そして、当初は無限に永い変容過程だったものが、個人の目覚めに連れて加速します。
人間が持つ潜在力を一般的にいうとすれば、ここでの意味合いでは、増強されたエネルギーというべきです。
この過程は決定的瞬間に達するまで継続し、その次に来る事実は、間違いなく全地球規模の変容の出現です。

真実の日

それは「真実の日」となるでしょう。
そして多くの人が真実を目の当たりにして光に従うでしょう。
一方それでもなお、真実に間近に直面すると、それを見て背を向ける人々も多いでしょう。

それは最後の壁が崩れる日となり、巨大な光が新世界の覆いを外す日となるでしょう。
その新世界は、この地球の果てまで、すべての人類に見えるでしょう。
そして、人類社会のあらゆるレベルで暴力が増大するという点で、最後の膿(うみ)出しが近づき、光が支配する時代がもっと明白に現れるでしょう。

どうか決して絶望せず、あなた方自身を神の手の中に置くようにしましょう。
あなた方自身を神の保護の下に置くのです。そうすれば、すべてが得られるでしょう。

ほとんど神不在となっている世界では、神の力にはなじみがなく、神とのつながりについても実際にどうやればいいのかが分かっていません。神不在が支配し神が忘れられている地ではどこも、神への接近手段は、もはや存在しません。そこでは、神の保護の下での人間の自決は終わり、奴隷状態の世界や暗黒の王国が広がるのです。

暴力に直面するそのような世界から、あなた方自身を解放し、神の全能性も仰いで、暴力は皆さんを超えた世界で行われるようにしましょう。

あなたの神性を内観し神へ復帰することが、内面と外面の平和の、そして内面と外面の自由の、鍵であることを覚えておいてください。

「宇宙のすべて」である神は、至る所で、あなたを取巻いています。
そして光と愛が支配する場所で、新しい人生が始まります。
そして、あなたは「新しい人生」へますます大きな歩調で近づき、時間を通り抜けて「すべての源」へ帰還するこの永い旅の、最後の一歩を成し遂げるでしょう。また、あなたは「天へ帰還」して、この世界へやって来た目的を成就させるでしょう。

歓喜に満ちて光を迎えましょう。
光は、あなたが神の世界へ上昇するまで、あなたのために輝き続けます。

それまで私は、皆さんに奉仕し続けます。
永遠に、

ババジ

(転載終了)

※小松氏の解説(全文)はこちらの元記事でお読みください。
全文 ⇒ http://homepage3.nifty.com/gaia-as/current16.01a.html

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1363.html


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR