3SはNWOの愚民化政策


◆先日、ポール・マッカートニーは替え玉説の拙訳を掲載したことで、次のような警告を頂きました。




・この記事はジョークです
この記事はソースのサイトに「この記事は全て偽物です」と書いてある、「虚構新聞」の類です。訂正入れたほうがいいですよ。http://worldnewsdailyreport.com/disclaimer/
2015/03/04(13:49) ゆずりん

・信じてる人多くてヤバいですよ。

・「ロシアの声」にまで転載されちゃった…こうなるともう、ジョークにならない。ポールとリンゴに対してあまりに失礼。特に人の生死に関わるネタは…。早く火消しするべきです。
http://japanese.ruvr.ru/news/2015_03_04/283186498/
2015/03/05(09:35) ゆずりん





◆替え玉説は私が捏造した訳ではなく、こんな記事がありましたよと、転載したものであり信じない人に無理に信じさせようというものではありません。信じるも信じないもあなた次第という事です。ロシアの声もビフォアー・ニュースの同記事を読んで転載したものと思われます。出典はこちらです。

http://beforeitsnews.com/eu/2015/02/ringo-says-paul-died-in-1966-2579186.html


◆ザ・ビートルズは世界のスーパー・スターで、ファンにとっては信仰の対象でしょう。

しかし、彼等には出発点から暗い噂が付きまとっています。彼等は最初からイルミナティの広告塔として育てられたロック・バンドで、奇妙奇天烈な扮装と歌で、クラシックを始め、既存の正統な音楽を破壊する目的で結成されたものだと言われています。

The-Beatles-Sgt-Peppers-Lonely-Hearts-Club-Band.jpg

◆ザ・ビートルズは1962年10月にレコードデビュー、1970年4月に事実上解散していますが、メンバー同士の諍いが絶えなくなり、最初にジョン・レノンが脱退して揃活動を始めています。特にジョン・レノンはビートズメンバーを取り仕切ろうとする、ポール・マッカートニーを酷く嫌悪していたようです。

◆メンバー諍いの元はジョンと一緒になったオノ・ヨーコに原因があったとされていますが、そればかりではありません。ジョンはイルミナティの指示通りに動く人形にはなりたくなかったのです。


◆ジョン・レノンはインタビューで「世界は狂人によって支配されていると言っています。NWOの企みを理解したのでしょう。それまでジョンは自分たちがイルミナティの広告塔に利用されている事を知らなかったのでしょうが、リンゴ・スターが言うように、もし本物のポールがイルミナティの儀式殺人によって取り除かれたのを知ってしまったら、次のように言うのは当然です。


ジョン・レノンのインタビュー―世界は狂人によって支配されている



◆ジョンの発言はリンゴ・スターの替え玉説を補完するものではないでしょうか。やはり陰謀の臭いが漂って来ます。
リンゴ・スターはポールが死んだのは自動車事故だと言っていますが、それが単なる事故なのか、それとも儀式殺人であったのかは不明です。イルミナティは悪魔を崇拝していますから、悪魔と取引するためにはどうしても生贄が必要なのです。

ポールが死んだとされる日は1966年11月9日だとされていますが、如何にも19・66・11・9と言う数字がイルミナティ好みの秘数アナグラムのように思えてなりません。


◆儀式殺人が行われた可能性も否定できません。リンゴ・スターはポールが死んだ事を何とか世間に知らせるために色んなサインを出したと言っています。それはレコード・ジャケットの中に象徴されているようです。全員後ろ向きで黙とうしているような写真や、アビー・ロードを歩くポールがもう靴がはけない存在、つまり裸足であるなどの写真に象徴されていると指摘する人もいます。前のジョンが白い服で神父、そしてポール、黒い服にリンゴは葬式か火葬場の係り人、最後のジョージは墓穴の土を掘る人だそうです。

裏ジャケット

アビーロード大




◆このグループを成功に導いたのは、プロデュサーでマネージャのブライアン・エプスタインと言う人物で、イルミナティ新世界秩序構築の意向に沿ってこのザ・ビートルズを結成し世に送り出したのです。
穴埋めに、ポールにそっくりのウィリアム•シアーズ•キャンベル を探して身代わりに立てたのも、このブライアン・エプスタインです。


◆そして怪事件は続きます。翌年の1967年8月27日にこのブライアン・エプスタインが自宅の寝室で変死しているのが発見されたのです。死因は睡眠薬の過剰摂取と言う事になっていますが、これは明らかに他殺です。一説には、ビートルズの公演活動終了により自分の役割の多くを失ってしまったこと、自分が育てたはずのビートルズが自分の手の届かない存在になってしまったという疎外感から自殺したのではないかという噂もあるそうですが、このやり手マネージャーは自殺するような玉ではありません。メンバーはエプスタインに言われるままに動いていただけですから。


◆ジョンはビートルズを抜け、ソロ活動を続けながら、イルミナティの支配から人類を解放したいという思いから「イマジン」を創ったのです。

イルミナティーがもっとも恐れる音楽 - YouTube.flv



◆分断支配で新世界秩序を目指すイルミナティに取って、イマジンの歌詞にあるように、イメージしてご覧、国境なんてどこにもないんだ、などと言われると非常に都合が悪いのです。反抗的になり、NWOの方針にそぐわない者は消さねばならない。それがイルミナティの掟です。

そして、ジョン・レノンは1980年12月8日にアメリカ・ニューヨークでマーク・デイヴィッド・チャップマンという男に射殺されています。これは明らかにイルミナティに逆らった事に対する儀式殺人だと観るべきではないでしょうか。


ビートルズ解散の訳、ジョン、マイケルジャクソンの死因 アメノウズメ塾



◆欧米のショウビジネスは、全てイルミナティが取り仕切っています。歌手や俳優、スポーツ選手たちはイルミナティの広告塔として大金と地位を保証され、大衆のマインドコントロールの為に働いているのです。米国では大統領であっても同調しない者は処刑の対象になります。

リンカーンからケネディまで何人が処刑されたことでしょう、弟ロバート・ケネディ司法長官も、マリリン・モンロウも然り。

マイケル・ジャクソンのように愛だとか、自由だとか優しさ、などと言い出せば粛清されるのは当たり前なのです。ダイアナ妃もホイットニー・ヒューストンも同様です。

◆ザ・ビートルズのメンバーの一人、ジョージ・ハリスンもソロ活動を続けていましたが、肺癌と脳腫瘍を併発し、フランスでコバルト放射線治療を受け療養生活に入るが、世界中のタブロイド誌ではハリスンの病の原因に関する様々な憶測が飛び交ったと言われています。
つまり癌細胞を植え付けられたのではないかなど、報道は更に加熱。2001年11月29日に肺癌のため彼は滞在先のロサンゼルスで死去58歳でした。

◆リンゴ・スターがポール替え玉説を語ったのは、パパラッチや多くのメディアの注目を集めて暗殺者の襲撃から身を守るためだったのではないでしょうか。


◆米国のミュージック・エンターテイメント業界は益々悪魔的様相を呈しています。スラムダンクやフットボール、野球などに大衆を熱狂させ、政治経済から目をそむけさせ全人類を愚鈍な奴隷にするために3S作戦(スクリーン・セックス・スポーツ)は益々巧妙になっています。


ミュージック・エンターテイメント産業の洗脳 MKウルトラ イルミナティ フリーメイソン 新世界秩序



モーツァルトからマドンナまで/音楽業界とフリーメイソン


イルミナティ、レディガガのBad Romanceより洗脳シンボル


◆和製ガガと言われるこのタレントがイルミナティのコントロール下にあるというのも、まんざら嘘でないような気がします。

逆再生_PONPONPON_reversed


ボヘミアン・グローブで子供の生贄を目撃?アメリカの「地獄の火クラブ」



おまけwwwww
Illuminati Agents of Japan ? (日本のイルミナティ工作員 ?)


◆陰謀論は日本のメディアが絶対伝えないタブーになっていますので、こう言う話を馬鹿にして否定するばかり、考えてみようともしない人が多いのにはがっかりさせられます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

唖然坊さんのYouTube、作動しませんね。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR