中国の常識は世界の非常識www



◆本当に中国人種はジコチュウで鉄面皮ですねえ。マナーもルールもあったものではありませんwww




中国、エコカー開発を計画 技術譲渡の強要に外資系メーカーが反発

7310.jpg


【大紀元日本9月24日】米国のジョン・ディンジェル(John Dingell)下院議員は22日、中国の張業遂・駐米大使宛てに書簡を送り、中国当局が中国市場への進出の条件として、外国の自動車メーカーに対して知的財産権である環境車技術を譲り渡す要求をする計画の考え直しを求めた。同議員は、(その計画を実行すれば)世界貿易機関(WTO)加盟国の一員である中国はその義務に違反することとなると非難した。

 事の発端は、国家工業及び信息化部が9月上旬に発表した「省エネ及び新エネルギー自動車産業発展計画(2011~2020年)」の草案。中国国内報道によると、同草案では、中国自動車メーカーが2020年にハイブリッド自動車を代表とする環境車の開発・生産・販売台数の世界一を目指すと計画している。

 同計画を目にした外資系自動車メーカーの幹部の話によると、中国当局は、外資系自動車メーカーに対して、中国市場に進出する条件として、最先端の電気自動車またはハイブリッド自動車の技術を中国側に譲り渡すよう求めている。9月16日付のウォールストリート・ジャーナル紙が報じた。

 この報道によると、同「十年計画」では、中国政府当局が中国で電気自動車を生産しようとする外資系自動車メーカーに対して、少ない株式保有の形で中国自動車メーカーと合資企業を設立することによって、強制的に重要な技術を譲り渡すのを容認するという。

 ウォールストリート・ジャーナル紙の取材を受けた外資系自動車メーカーの幹部は、「この計画は、中国政府が外国自動車メーカーに対して中国市場に進出する条件に、電池、電動モーターなどの生産技術管理権を強制的に放棄させようとすることに等しい」と述べ、外資系メーカーの知的財産権が侵害されるのを危惧している。

 昨年米国を抜いて世界最大の自動車市場となった中国は、まだ世界有名自動車メーカーに勝てる自国メーカー
を持っていない。ハイブリッド自動車や電気自動車への関心が世界中で高まり、需要も拡大している今現在、中国政府は中国自動車産業が世界的なリーダーになる良い機会だと考えている。国内自動車産業が一日も早く「世界のリーダー」になるために、中国政府はこれまで環境車に関する重要な技術を取得しようとしてきた。

中国国家工業及び信息化部によると、「省エネ及び新エネルギー自動車産業発展計画(2011~2020年)」の草案をすでに制定しており、各方面の意見を聴取してから国務院に提出するという。

 同「十年計画」草案では、中国政府は自動車産業に対して、2015年までに新エネルギー自動車の初歩的産業化の実現、2020年までにハイブリッド自動車を代表とする省エネ自動車の生産台数の世界一を達成する、など具体的な目標を挙げている。

 これらの目標を達成するために、「十年計画」を5年ごとに分け、二段階で実行するという。2011~2015年に、省エネ自動車産業を大いに発展させ、従来の自動車の燃費を向上させながら、ハイブリッド自動車の大規模産業化を実現する。2016~2020年、従来の自動車の燃費基準を先進国水準まで向上させ、大規模にハイブリッド自動車を普及させ、徹底的に電気自動車及びプラグインハイブリッド自動車の産業化を実現する。

 さらに、この草案によると、中国政府は2020年までに世界的な競争力を持つ電気自動車及びハイブリッド自動車企業を3~5社と、動力である電池及び電動モーターなど環境車に必要な部品を供給するグローバルな企業を2~3社設立することを計画している。

 外資系自動車メーカーに対して、同「十年計画」草案は、中国で環境車に必要な先端リチウム・イオン電池や高性能電気モーターを生産・販売する場合、中国企業との合資企業(ジョイント・ベンチャー)を設立しなければならないと定める。その合資企業の保有株比率について、中国メーカー側は51%を下回ってはいけないという。言いかえれば、「十年計画」が実行されれば、外資系メーカー側の保有株比率が高くても、49%しか許されず、現在、ハイブリッド自動車を生産する外資系メーカーに許される最高保有株比率の50%より低くなる。多くの外資系メーカーがこの計画に関して外資系企業への差別で、技術管理権喪失の恐れがあるとして、反発しているという。(執筆・張哲)

http://www.epochtimes.jp/jp/2010/09/html/d90506.html




◆米国企業が長年の研究と、莫大な研究開発費をかけて取得した特許をよこせなどと厚かましく、図々しいことがよく言えるものだと唖然とします。しかもジョイント・ベンチャーでも株は中国側が51%以上保有すると言うのだから、こんな虫のいい話はありません。技術だけ盗んで自前で生産できるようになれば外資は国外退去と言う算段ですwww

◆中国人とユダヤ人はモノ作りのための基礎研究や開発は行わず、他人の知的財産を盗むか買うかして商品化し、濡れ手に泡のようなぼろい商売をすることで知られています。
経営難に陥ったシャープ電機をなんとか買収して技術を盗もうと中国シンパの台湾企業、鴻海精密工業の郭台銘社長もまたその典型ですね。次の記事も笑えます。




「中国はボールペンのボールすら生産できない」 李克強首相嘆く

t_qufukevmi8otqygu76ye.jpg

2016/01/13 15:34

 1月4日に山西省太原市で開催された鉄鋼石炭業界における生産能力過剰問題の座談会に出席した中国の李克強首相は、国内鉄鋼業界が深刻な生産能力過剰に陥っている一方で、高品質の鋼材の生産ができなく輸入に頼る現状を指摘した。李首相は「われわれはボールペンのボールを含めて、ダイス鋼を生産する能力すらなく、輸入に頼っている。これらの構造的問題を調整する必要がある」と述べた。

 李首相の発言は中国製造業全体の深刻な問題を露呈した。企業、特に各業界を独占する国営企業に技術革新または改善の意欲が全くないことは事実だ。中国経済の低迷につながる一つの主因ではないか。

 昨年8月の国内報道によると、中国は高新技術生産においての実力が依然に不足しており、毎年輸入される半導体チップの総額は約2000億米ドル(約23兆6000億円)に達し、毎年輸入される石油総額を上回ると指摘した。このような重要な精密製品をすべて輸入に依存しているため、仕入れコストと元安による輸入コストの上昇を合わせると、企業の資金圧力が拡大した。また生産能力過剰で製品の卸価格が下落し、赤字の急増で破産に追い込まれる企業も現れた。

 鉄鋼業、半導体製造業だけではなく、中国では多くの製品が生産できなく、品質も良くない。近年、中国人旅行者が日本各地で家電や化粧品やカバンやアパレルなどの日本製品を「爆買い」していると話題を呼んでいるように、中国国民が海外旅行を通じて海外の高性能で高品質の製品を購入している。

 技術革新と技術改善をしない中国製造業は主に低価格製品を生産しており、また輸入製品のコストが高いため、携帯電話、カバン、パソコンソフト、腕時計など、ありとあらゆる安価なパクリ製品が市場にあふれている。これらの偽物製品は海外まで輸出されている。

 香港誌「動向」は昨年3月、「李克強首相が中国機械設備輸出に関する資料を審閲する際、中国企業は港で使用されるクレーン車、起重機のワイヤーロープ、自動車エンジンの主軸、飛行機の外装アルミ合金などの製品を生産できなく、すべて輸入しなければならないことに気づき」、衝撃を受けた李首相は「資料に赤い線を3本引いてから5分間も呆然としていた」と報道した。   

(翻訳編集・張哲)

http://www.epochtimes.jp/2016/01/25080.html




◆この記事には続きがあって、これがまた笑えます。




なぜ中国はボールペンのボールが製造できないのか 企業の本音「模倣されるから」

t_hvynjed5clcwedbpremm.jpg

2016/03/22 01:16

中国の李克強首相が1月に「中国は現在ボールペンのボールすら製造できない」と発言したことについて、現在、中国国内で広く議論されている。なぜ中国製造業がボールペンのボールを製造できないのかについて、国の専門家は材料科学の技術不足、法的保障がなく直ちに他の企業に模倣される恐れがあるなどの原因で、中国企業がボールペンのボールを製造しないようにしていると分析した。3月16日付国内ニュースサイト「澎湃新聞」が伝えた。

 同サイトは、精密工作機械やガスタービン、半導体部品など、中国製造業が低価格製品から高価格製品製造へ躍進できない主な理由は、材料科学の発展の遅れだと指摘した。同記事によると、中国政府は長い間、材料科学の発展に対して投資しており、他の主要大学や研究機関や企業なども技術革新の課題を担ってきたが、よい効果と結果を得られていないのが現状だという。また、ボールペンのボールも生産できないことを李首相に指摘されたことは生産大国(である中国)のメンツをつぶしたとも言えると批判した。

 この問題について、同済大学材料科学および工程学院教授で、上海微譜技術公司創業者の任天斌氏は「澎湃新聞」に対して、「技術秘密保護措置の不足が技術科学の遅れの根本的な原因だ」と述べた。

 任氏は材料生産産業の遅れについて、「例えば、家電製品の部品など他の製品と比較すると、材料の再現と『二次技術革新』が難しい。材料生産技術は目にしたからと言ってすぐに習得できるものではない。ある材料の成分や生産技術を完全に把握することができない」、「もう一つは、他の企業に模造されやすいため、多くの企業は財力と人力を投じたくないということだ。技術力の高い材料と精細な化学品は研究開発から産業化の実現まで時間的、資金的な投入が非常に大きい。

しかし、これらの問題が解決されても、このような商業秘密が厳重に保護されることは難しく、技術が容易に不法拡散される。入手されるとそれほどの投資がなくても直ちに生産できる」との見解を示した。また、他の国と比べて、中国の材料生産産業の発展が遅く、基礎の原材料産業も他の国より遅れていると指摘する。

 ボールペンのボールを生産できない理由について、任氏は「この業界の技術専門家や関係者から、本当は国内企業は製造できると聞いている。ただ、一部の企業は他の企業に模倣されるのを恐れているため、製造したくないのが本音だ。または他の企業が先に製造して、彼らがすでに出来上がったものを手に入れるだけに集中したいとの考えもある。知的財産権と商業秘密保護システムが不健全であることが技術革新の促進環境に欠ける理由だ」と述べた。

 さらに「ボールペンのボール製造問題には市場の原因もある。この現状は他の産業にもみられる。多くの製品は技術的に問題がなく品質が良いにもかかわらず、市場の原因で、価格またはブランド力の不足で販売不振となっている。その一方で、品質が悪くても安価の模倣品が大いに売れるため、正規品の企業がますます収益低迷となる。ある会社が大きな努力で良い製品を研究開発してきたが、偽物のせいで合理的な収益水準を保持できず、高品質の製品を生産することも続けられなくなり、さらには倒産することもあり得る」と指摘した。 

 中国・国営新華社通信の1月23日の報道によると、中国国内では現在、ボールペンを製造する企業が3000社あり、年間生産量は400億本となっている。しかし、大部分のボールペンのボールが輸入に頼っているという。

 また、中国製筆協会名誉副理事長の陳三元氏によると、ボールを生産するには20以上の工程が必要で、伝統的な技術ではそれぞれ分かれて加工しなければならない。海外の需要を満たし品質と生産効率を高めるため、多くの国内ボールペン製造企業はスイス機器工具大手ミクロン社の一体化生産設備を採用している。しかし、海外の生産設備には国産のステンレス鋼線材が使用できないため、日本から切削しやすいステンレス鋼線材を輸入しなければならない。また、それに合うインクもドイツや日本などの国からの輸入に頼っている。現在、中国のボールペン生産量は世界一だが、核心的な材料と設備の多くは海外から輸入されているのだ。

(翻訳編集・張哲)

http://www.epochtimes.jp/2016/03/25420.html




◆ボールが作れない理由が凄いですねえ。

本当は国内企業は製造できると聞いている。ただ、一部の企業は他の企業に模倣されるのを恐れているため、製造したくないのが本音だ。または他の企業が先に製造して、彼らがすでに出来上がったものを手に入れるだけに集中したいとの考えもある。知的財産権と商業秘密保護システムが不健全であることが技術革新の促進環境に欠ける理由だ」と述べた。


◆流石に阿Q正伝の民族だけあった、負け惜しみだけは凄いwww

▼知的財産権なんか守っていたら、中国経済は成り立たニャイからニャアwwww

C7ADA3B1.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR