5月28日がリミット 風雲急を告げる世界


◆14日の熊本地震はいまだに余震が収まらない中、16日には日本の裏側に位置するエクアドルで、M7,8の激震が走り死者246人に 数百人の安否不明だということです。

4月16日にはウルグアィのドロレスが竜巻に見舞われ洪水で7人が死亡2000人の人々が家を失い、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスとモンテビデオを結ぶ主要国道が閉鎖されたと言うことです。

◆4月だけでも地震は世界的に頻発しています。4月10日 アフガニスタンでM6.6 4月13日にミャンマーでM6.9 4月14日バヌアツでM6.5と言う風に続いて起きています。

◆追いつめられたカザーリアン・マフィアが人類殲滅のために総力を挙げているのではないかと思われます。
因みに熊本地震が起きた2016年4月14日という日付には奴らの好む18という数字が隠されています。
2+0+1+6=18=666、そして4×14=18=6+6+6に成ります。つまり「666」はイルミナティが崇拝す獣を象徴する数字なのです。

1478_148547718850828_1683817912816713695_n.jpg

hqdefault480


◆しかし追いつめられた奴らはこうした、秘数に拘ることなく人類に対する死に物狂いの攻撃をかけ始めてきたと見るべきです。昨今の気候変動もその多くはHAARPなどの気象兵器で人工的に作り出されたものだと言うのが定説になっています。特にカザーリアン・マフィアが目の仇にしているのが米国だと思われます。米国の気象災害は常識外れで、季節外れの大雪、落雷、ハリケーン、洪水、山火事などが毎日のように起きています。

ひょう

大雪と車

001372acd73d1205b47f19.jpg

35sdu.jpg

ph5.jpg

星状機


◆そして米国の命脈はひと月後に尽きようとしています。米国の多くの識者が米国経済の崩壊は5月28日と口をそろえて断定しています。
5月28日ドル崩壊


◆その根拠となるのが次のレポートです。




プーチンとロシアの将軍が2016年5月28日に米国の崩壊を警告

過去数年間、多くの専門家が我々の行く末に危機を警告している。具体的な懸念は、米ドルの必然的な崩壊が中心になっている。

誰が、彼 は米国と信じていると述べている 金融システムは、災害への道にある。
なぜ彼らはパニックに陥っているのか?まあ、早い話が金融刺激策が終わりに近いということだ。

しかし、それは米国の株式市場にとって何を意味するのだろうか?それは必ず2016年に、米ドルの崩壊を通知しているのだろうか?

答えは明確であり、経済崩壊の正当な懸念がある。
少なくとも、 株式市場の暴落は、事実上保証されてる。


このことを考えてみよう。連邦準備制度は、その金融刺激策を包み込んでいると同時に、我々は、グローバルパワーの大規模な並べ替えを見ている。中国は国際舞台でヘビー級の地域大国であることから進化してきた。

ロシアは西側から実際的な反対なしにクリミアと東ウクライナを併合し、イランは国際社会に戻って公認された。世界は驚くほど短い間に多くのことを変更してきた。

我々は、もはやアメリカがアメリカ一極支配の世界には住んでいない。最近では中国、ロシア、ドイツ、イラン、サウジアラビアなどが強力な地政学的な力となっている。

政治権力がこれらの国に再配分され、同様に資本も流出している。米ドルはその台座から引き下ろされ、元とルーブルとが一緒に並んだ。それは大変明白だ。

プーチンは、2016年5月28日にドル崩壊させることを推進している!この崩壊はグローバルで、ドルの崩壊のみならず、他の認可されたすべての不換紙幣は根本的にダウンすることは間違いない。これに対する影響は世界的に信じられないほどの結果をもたらすだろう。

今日の言葉:準備しなさい!そして、それを我々の父親たちが昔成功したように、古い手法で行いなさい。 なぜなら、 その昔我々の父たちが成功をしたように、目前のどんな嘘も我々が生き延びるために必要となるからだ。このビデオを見て、飢饉と戦争の難局で我々の祖先の生き残りを保証した3つのスキルを学びなさい。

Putin Pushes To Collapse US Dollar In 28 May 2016 !


人間の歴史の中でお金は、ドルのように幅と深さの両方で同じくらいの広がりを有してはいなかった。これは、事実上の世界通貨です。他のすべての通貨の崩壊は、この大きなドルの崩壊と比較すると見劣りする。他のすべての通貨危機は、地域的なものにすぎない。

Russian General Warns of US Collapse In 28 May 2016 - America Could Be Taken Over



オバマは2016年5月28日に崩壊からドルを救うために、戦争の準備をする
Obama Prepares For W-ar To Save US Dollar From Collapse in 28 May 2016


2016年5月28日にドルの崩壊あれば、何が起こるだろうか

ドルの崩壊は、人類史上最大のイベントになる。これは、世界のすべての個人生活者に触れる最初のイベントとなる。 すべての人間の活動は、お金によって制御される。
我々の富、我々の仕事、我々の食料、政府、我々の結びつきに、お金は影響を与える。

What Will Happen When The Dollar Collapse In 28 May 2016


我々の通貨崩壊は、大インフレをもたらすだろう。また、米金利の上昇を伴うことになる。米国の金融システムが実際に崩壊をした場合、世界全体の金融システムに影響する。何故なら、中国と日本は米国債の最大の保有者であり、18兆ドルを超えるので、米国の崩壊は地球全体を破壊することになるのだ。我々は数百万人のアメリカ人の心に重くのしかかる国家債務に目を向けてみよう。

Alive After The Fall


http://beforeitsnews.com/self-sufficiency/2016/03/putin-and-russian-general-warns-of-us-collapse-in-28-may-2016-america-could-be-taken-over-2501466.html




◆5月28日に起きるドル崩壊が、世界経済を泥沼に引き込むのを象徴するかのような不気味な自然現象が頻発しています。

2016 IS STRANGE Part 9 // APRIL


◆しかし、5月28日を通過しなければNESARAも実施されないでしょうから、徒に恐れるのではなく、銀行預金などは早めに手元に置き、食料や水そして常備薬などを確保してサバイバルに備える必要がありそうです。熊本の被災者の方々は物流が麻痺してコンビニの商品が底をつき、満足に、パンやおにぎりも行きわたらないという悲惨な状況に置かれているようです。頼みは自衛隊の皆さんの炊き出しです。


▼えらいことになってきたニャア!!!


20130422_500839.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR