二重行政と官僚主義が日本を潰す



◆熊本大地震から一週間がたちますが、まだ余震が収まる気配はありません。道路が寸断され支援物資が滞り、被災地は場所によってかなり深刻なようです。

slide_486228_6685518_compressed.jpg





NewsUp まだものが足りない 被災地の現状

棚

今月14日の夜以降、大きな地震が相次いでいる熊本県。益城町で震度7を観測した地震から4日たった今も、熊本市内などではコンビニエンスストアやスーパーなど小売店の食料品が品薄だったり、避難所に支援物資が届かない状況が続いています。その背景には、どういった事情があるのでしょうか?

「水、食料が足りない」

熊本市内の大手コンビニは、ほとんどの店舗で営業をしていますが、水と食料を中心に品薄の状態が続いています。地震の発生以来、ネットでは「どこのスーパーやコンビニにも水がない状態です。水が不足してます」、「コンビニも食料品はどこも売り切れ。食べる物が足りなくなるんじゃと不安」といった書き込みが相次いでいます。

きょうも、熊本市中央区のコンビニでは、午前11時におにぎりやバナナなどが届いたものの、数に限りがあり、棚に並べる前にすべて売り切れてしまいました。

なぜ、こうした状況になっているのでしょうか。コンビニ各社に聞くと、「道路の寸断や混雑がひどく、配送のトラックが店に着くまでに時間がかかっている。それに加えて、被災地では飲み物や食料品に対する需要がとても高く、品物が届いてもすぐに売り切れてしまう」と話していました。このため、配送のトラックの台数を増やすなどして、商品の供給につとめているということです。

避難所も切実な声

避難所でも生活物資が足りないという切実な声が依然としてネットにあふれています。「水や食料の配給が行き届かず、きょうも1回しか配給がなかった」とか、「お米とラップと生理用品と大人用オムツが不足しています。ご協力できる方は、お願いします」といった書き込みがありました。

全国から被災地の自治体に送られた支援物資は、自治体の職員が仕分けをして各地の避難所に分配しています。

このうち熊本県庁では、市町村からの要望を聞き、必要なものを避難所に届けるようにしています。しかし、物資を仕分けたり届けたりする人手が不足しているのが現状だということです。

また、熊本市の各区の担当者によると、物資の配布は指定の避難所が優先され、そのほかの場所に避難している人たちへの支援が十分に足りていないところが多いということです。

こうしたなか、友人の家に避難しながら、指定されていない避難所で炊き出しのボランティアをしている熊本大学の大学院生、呉花楠さんは、避難所への物資の供給の課題について、「何がどこで不足しているのかという情報がしっかり伝わっていない。

そのため、物資が届かなかったり、重複して届いたりといったことが起きている。情報を速やかに共有できる仕組みが必要だと痛感した」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160418/k10010487141000.html




◆被災地を更に混乱に追い込むのが国と地方の二重行政と縄張り意識です。普段から狭いテリトリーの中での事務的ルーティンワークしかしていない役人たちに緊急事態宣言が出されても、なにをどうすればいいのか判断が出来ず、唯オタオタするばかりで何の対応もできないのです。

◆地震被災地の場所によっては水も食料も全く枯渇しているところがあるのに、いつまでも支援物資が届かない所があります。熊本県には全国から送られた支援物資が十分にあるのですが、それを県職員が仕分けをして各地の避難所に分配しているとのこと。

◆このうち熊本県庁では、県職員が支援物資の仕分けをして市町村の要望を聞き、必要なものを避難所に届けているそうです。しかし、物資を仕分けたり届けたりする人手が不足しているのが現状だということですが、停電や道路分断で県に連絡できない小さな集落などは孤立したままのようです。

CgTuAWfUsAAYhm5.jpg

CgDtKJpUEAAc1aV.jpg

704f7a0f.jpg


◆物資の配送も自治体でやろうとするから、非効率になるのです。昨日になってやっと佐川急便や日通などの業者に依頼したと熊本県のHPにありましたが、地震発生から五日も経っています。これでは助かるものも助かりません。

o0529038813622603251.png

201604150009_000.jpg

思い出されるのは1995年1月7日の阪神・淡路大震災です。この大災害に対して時の首相村山富一は、自衛隊の派遣命令を出さず、また兵庫県知事貝原俊民と神戸市長井戸 敏三も出動要請を出しませんでした。

kobe_chuou19.jpg

o0580040012499182849.png

◆自衛隊は地震直後に各部隊に召集をかけ、すぐにでも出動できる態勢にありながら、官邸からも自治体からも全く要請がなく、空中偵察を行って官邸に報告してもナシの礫でした。そして、たまりかねた市役所の職員が勝手に自衛隊に救援要請を出したので出動することが出来たのです。
火の手が上がってから4時間、その空白の時間の6000人の方が亡くなり、被害が甚大なものになったのです。

◆左翼は自分の政治的ファンタジーに酔っていて目の前の現実が見えないのです。自衛隊拒否、在日米軍拒否さえしていれば、それで立派に職務を果たしていると思い込んでいるのです。彼等にとって国民の生命財産などとるに足りないもので、中韓の為に憲法9条を死守することだけが目的の実に危険な輩です。左翼の首長を持つ自治体の方々は阪神淡路大震災の悲劇が繰り返されないよう心すべきです。


◆軍隊の暴発を防ぐために日本は文民統制をしていますが、そうであるなら、こういう時こそ政府は非常事態宣言を発令し、自治体全体を自衛隊の指揮下に置き兵站将校の指令に従って行動させるべきなのです。

◆兵站( Military Logistics)とは、戦闘地帯から後方の、軍の諸活動・機関・諸施設の総称です。戦争において部隊の移動と支援を計画的に遂行、実施する活動を指す用語であり、具体的にいえば物資の配給や整備、兵員の展開や衛生、施設の構築や維持などが含まれます。今度の熊本、大分、宮崎、福岡の地震のようの広範囲にわたる被災地区の支援には自衛隊が日ごろから訓練している兵站のノウハウが大いに活用できるのです。先日から米軍のオスプレイが物資輸送に協力していますが朝日や毎日などのメディアがこれを非難しています。

46412842001_932129992002_-----.jpg





一部メディアのオスプレイ叩きに被災者から批判の声 「露骨な政治的パフォーマンスでは…」 

CgZtXL6UYAAtqAO.jpg

 熊本地震で、輸送支援に当たっている在日米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの活動を、複数の日本メディアが批判的に報じたことに、被災者から怒りの声が上がった。「政治利用」や「パフォーマンス」などと断じる記事こそ、イデオロギーを背景とした政治利用ではないかという憤りだ。

 「今日の新聞を見て、本当に腹が立った。われわれ被災者が怒っているということを、知ってもらいたい。自分たちこそ『露骨な政治的パフォーマンス』をしているのではないか!」

 19日、熊本県甲佐町の団体職員、北川和彦氏(63)は、配達された地元紙を手に声を震わせた。

 記事は共同通信が配信した「『露骨すぎ』身内も批判、同盟PR、安全性宣伝か」との記事だ。「オスプレイの安全性に対する根強い懸念の払拭につなげたいとの思惑が透けてみえる」などとオスプレイの活動を批判的に報じている。

 これだけではない。朝日新聞は「必要性 疑問の声」「『政治的な効果』」などの文言を小見出し(文中の見出し)に取り、「今回の救援活動に必要なのか」「災害派遣での実績作りを急いだ」と報じた。毎日新聞もインターネットサイトで「オスプレイ物資搬送 『政治利用』の声も」との見出しで伝えた。

オスプレイは、ヘリコプターが持つ垂直離着陸やホバリング(空中停止)機能と、固定翼機の速度や長い航続距離といった双方の長所を併せ持つ。道路網が寸断されたなかでの支援活動には大きな力を発揮する。
 そうした利点に目をつぶった記事に、批判が噴出した。

 自民党の長尾敬衆院議員は自身のツイッターで「正直言ってとんでもない記事です。朝日新聞の皆さん、オスプレイの活躍を見て、実績作りだなどと感ずるのは御社だけですよ。本当にお気の毒ですし、そのイデオロギー論争に一般国民を巻き込まないでください」と断じた。

 批判は野党側からも出た。

 熊本県議の浜田大造氏=民進・県民クラブ=は「性能のよいものが支援することはよいことだ。オスプレイは米軍の最新鋭の飛行機で、飛行実績を重ね、信頼を得ていくことも理解できる。中国への抑止力確保の点からも重要だ。共産党などは反対するかもしれないが、このような非常時にとやかく言う人の方がおかしい」と語った。

 そもそも、日米同盟がある以上、被災地支援に利用できる米軍の航空機を使用するのは当たり前で、政治的な判断を必要とするのも当然だ。オスプレイ投入を政治利用と腐し、自衛隊の存在そのものに否定的な勢力の論法だと、自衛隊の災害派遣も、自衛隊を正当化する政治利用だということになりはしないか。

こうしたメディアが振りかざすオスプレイの危険性も事実からは遠い。

 米軍は事故について、死者や200万ドル(約2・1億円)以上の損害が出た事故をクラスA、より軽微な事故を順番にクラスB、Cとランク付けしている。

 米当局が明らかにしたMV22のクラスA事故率は1・93で、海兵隊の平均事故率2・45を下回る。この数字は大韓航空や中華航空よりも低いという。

 これまでもオスプレイは沖縄県の普天間飛行場への配備時など、執拗な批判にさらされてきた。しかし、物資輸送をはじめ、災害発生間もない被災地のさまざまな需要に応じるため、オスプレイを活用しない理由はない。主力輸送ヘリCH46と比べ、速度は約2倍、航続距離は約4倍で、積載量も約3倍といずれの性能も上回るからだ。

 救援活動での活躍は、ことさらオスプレイの危険性を強調し、過剰ともいえる議論をリードしてきた一部メディアにとっては“不都合な真実”になりかねない。しかし、露骨な反対運動のアピールは、逆に被災者や関係者の怒りや失望を買うだけではないか。(九州総局 中村雅和)

http://www.sankei.com/affairs/news/160420/afr1604200010-n3.html




◆こういうのを下衆の勘繰りと言うのです。被災者の切羽詰まった状況を思いやる人の心を持っていないのです。サヨクメディアの理屈は現実性に欠けた空理空論と言わざるを得ません。

被災地を悩ますものがもう一つあります。空路も道路も寸断され物資輸送が困難を極めている最中、何処からどうやって現れるのか雲霞のごとく押し寄せるマスゴミ軍団です。はるばる関西関東から中継車やヘリコプターを持ち込んで被災地の方々の大迷惑をかけています。次の記事にはつくづくあきれ果てました。




NHK「あさイチ」 熊本地震におけるマスコミの報道を批判する視聴者投稿を紹介

2016年4月18日 10時25分
トピックニュース

Cyzowoman_201405_post_12133woman_1_s.jpg

18日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、熊本地震におけるマスコミの取材活動を批判するFAXを紹介する場面があった。

番組では、14日夜より続く熊本地震を受けて、震災地で苦しむ被災者の声をVTRで紹介していた。番組終了間際、有働由美子アナウンサーが神妙な声で、ある視聴者からのFAXを読み上げた。

この視聴者は、熊本在住の友人から現地の模様を聞いたという。FAXには、「余震で崩れそうなお宅の前でテレビ局がずっと待機しているのだそうです。どこの局かは分かりませんが、ご当人にとってはすごく失礼なことではないでしょうか?」と、震災時におけるマスコミの対応を批判する言葉がつづられていた。

続けて、「どこに行けば何が得られるとか、水が汲めるとか、現地の人の役に立つ情報を流して欲しいです」と、マスコミに対する要望をもって、このFAXは終わっている。

なおFAXを読み上げた有働アナ含め、出演者たちがこのFAXへの感想を言うことはなかった。

http://news.livedoor.com/article/detail/11427007/




◆早い話が、マスコミはマスゴミと言われる原因を自ら作っているのですな。




「食料最低限なのに…」MBS山中アナ、取材用弁当写真をツイッターに上げ批判続出 「配慮欠けた」謝罪

弁当

熊本地震を取材していた毎日放送(MBS、大阪市)の山中真アナウンサー(39)が、取材用弁当の写真を自身のツイッターに投稿し、相次いで批判を受けていたことが19日、わかった。同アナはすでに「配慮に欠けた行為」と謝罪し、写真などを削除した。

■山中アナ「やっと1食目…手に入りにくい」、ネット上「なら持参しろ」

 同局などによると、山中アナは「前震」発生翌日の15日から熊本に入り、精力的に取材。同日放送の生ワイド番組「ちちんぷいぷい」などで報告した。

 問題となったツイートは16日夜に投稿された。揚げ物などが入った弁当の写真とともに、〈やっと今日の1食目。食料なかなか手に入りにくいです〉とのつぶやきを書き込んだ。

 この直後、ツイッター上には〈食料飲料が最低限なのに〉〈あなた以上に現地の方は食料を求めているでしょうに〉〈食糧持参しろよ〉といった趣旨の反応が相次いだという。

山中アナはその後も、ラーメンを食べる予定などを投稿したが、18日夜になって、〈被災者のみなさんに不快な思いをさせてしまいました。配慮に欠けた行為で申し訳ありませんでした〉と謝罪し、写真など一連の投稿を削除した。

 弁当は同局取材班が購入したもので、被災者に支給予定だったものを横取りした-などとする指摘は否定したものの、「被災者の方々に対して配慮を欠いた行為で、おわびするしかない」(広報)とし、詳しい経緯を調べている。

kumamoto_masukomi-1.jpg

 熊本地震の取材をめぐっては、関西テレビ(大阪市)の中継車がガソリン給油の行列に横入りしたと
して非難を浴びたばかり。

http://www.sankei.com/west/news/160419/wst1604190034-n1.html





◆どういう訳かマスゴミ人はとんでもない選良意識を持っているようで、取材のためならどんなことでも許されると錯覚しているようです。


被災して一度マスコミの図々しい態度に直接触れた人はそれ以来マスコミのことが大嫌いになるという。
現地がこんな事態になっているのならばもはや政府の規制が必要ではないか。このマスゴミ問題は看過してはいけない。


http://netgeek.biz/archives/71143



◆日本を危機に陥れるのは非効率な二重行政と官僚主義、そして自己中心で弱者に冷酷なサヨクと恥知らずなマスゴミです。


▼まだある、イルミのパシリ政治屋だニャア!

G4yvMa2aZEQ.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR