憑依



◆現代人は科学万能主義者が多く、人間は一度死んだら終わりだと信じている人が圧倒的多数だと思います。だから生きているうちに精いっぱい楽しまなければ損だと享楽的な生き方を選ぶ人がいるのも無理は有りません。しかし、少しスピリチュアルな世界に足を踏み込むと、人間は死なないのだと言うことを理解するようになります。死とは霊魂が肉体から離脱することであり、3次元とは異なる別の次元へ移行するのだと悟ります。

e62d32a3236d.jpg

◆しかし、死んでもそれが解らない人は行くべきところへ行かず、今まで通り3次元で浮遊するようになります。特に殺された霊は、激しい恨みを持っていますから常に復讐心が強く、悪霊となって他人に憑依するようです。

◆昨今「誰でも好いから殺してみたかった」と言うような、理由なき殺人が多くなっているようです。犯人を知ってい居る他人の証言では、まさか、あの人は虫も殺せないような優しい人ですよ。まさか人を殺すなんて。きっと「魔がさした」のではないでしょうか。と言うような声をよく耳にします。

satujinn


◆悪霊とは、人間に対して害を与える霊の総称です。 宗教によって言葉の定義が若干変わるようですが、具体的に「これとこれが悪霊です」というよりも、人間に悪さを行うものを漠然と悪霊と呼んでいます。


◆悪霊の中には人霊ではなく、始末の悪い悪魔が憑依すると精神だけではなく肉体的障害を受けることがあるようで、そのため世界中に霊能者による悪魔払いが行われているようです。カトリックにも「国債エクソシスト協会」という組織がありローマ教皇フランシスもその一人だと言われています。生涯を持つ信者に悪魔払いのようなしぐさをしていますが、教会側はこれを否定しています。

3b06718a.png

dd54d57b.png


◆ロシアの悪魔払いの様子ですがやはり、気味がわるいですね。

Real Russian exorcism footage


◆それでも、悪魔なんて居る訳がない、そんなのは迷信だ、単なる精神病だから病院へ行くべきだと主張する人がいます。しかし精神病院で向精神薬をいくら処方されても憑依した悪霊を追い払うことはできません。幽霊や悪霊を否定する人々は、監視カメラに写り込んだこれらの現象をどう説明するのでしょうか。

GHOSTs CAUGHT ON CCTV 24/12/2015


Aparições em vídeo #3



Top Scariest Ghosts Caught On Camera 2016



◆日本は神の国だと言って、野党やメディアの顰蹙を買い辞任した総理大臣がいました。森喜朗氏です。共産党の志位和夫は「『日本は神の国』という思想があったから侵略や軍国主義がおこった。その反省の上に戦後の政治があるという認識か」と国会で追及したところ森氏が「そのとおりです」と答えたところ志位は「そのことをわかっての発言なら確信犯」森首相は直ちに退陣せよと迫ったのです。

◆唯物論の共産党は神も仏も悪魔も幽霊も信じない哀れな気違い集団です。
森元総理は失言が多いことで有名ですが、この時ばかりは決して間違ったことを言っていません。この発言は全国の神主さんたちの集会でなされたものですから当然です。

◆そして天皇は全国の神主の総帥です。日本国は間違いなく現人神の治める神の国なのです。大和心は日本の心、日本人の心性は随神(かんながら)であり日本傾注が世界潮流になっていることが、それを証明しています。  

◆しかし神道家の山蔭基央氏は天皇家について次のように言っています。




明治憲法が制定された時、京都の公家達は次のように言つた。

「此の憲法のある限り、今は金帝さまだが、次は銀帝、次は銅帝、次は泥帝、次は哀帝に成る」と。まことに、其の通りに成りつつある。

明治憲法は「祖宗の遺訓を守る」と言いながら、天皇に軍服を着せて「覇王(大元帥)」となし、少しも恥じる事なく、憲法第一章・三條に於て、「天皇は神聖にして侵すべからず」と明記した。

其の後は、天皇は国家機關の求める事に従って国政・国事を行う「立憲君主」に成つていく。

このことを指して京都の公卿達は異議を申し立てたのである。

まず以て、天皇は神敕(しんちょく=神のお告げ)に基づいて生まれながらに祭祀王であられる。

国民の尊崇は神祕の中にある。

其れを輔弼(ほひつ)する公卿達は、日常を神事の中で生活してきた。
禁中(皇室)は神事が基本である。

其れが日本国民の宗家としての生き方である。

『禁祕抄』(順徳天皇著・承久年間成る)は宮中の故實・慣例を記したもので、其の中に「禁中は年中、神事を以て大事とする」との意が記されている。

皇室は幾度か危機に瀕したが、必ず天皇は神事を守り祭祀王の道を守られたのである。

然るに「明治憲法では、御政務とて、神事中心の生活を侵害している」と言うのが、明治の公家達の言葉である。
此のことは「現行憲法」でも変わる事はない。

ましてや「皇室外交」とて、天皇を政治外交の場に引き出すことは天皇の御本質を損なうものである。





◆公家衆が心配した通り、公家制度もなくなり、その予言は薄気味が悪くなるほど的中しています。
この予言だと、金帝は明治天皇、銀帝は大正天皇、銅帝は昭和天皇、泥帝は平成天皇、哀は皇太子徳仁親王と言うことになりますが、哀帝は廃帝になると言う不吉な預言なのです。

◆そしてある、霊能者の霊視によると、神事を守る祭祀王の宮中に悪霊憑きがいると言うのです。

誰が何と言おうと、雅子妃はダメなの、悪霊憑きなのです
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/ea2f1d61a224e7398ac455bdddee9dea

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/ea2f1d61a224e7398ac455bdddee9dea

◆確かに襟元に蛇のようなものがみえますね。

236f2903c7018aebd9c47602c434d221 (1)

◆憑依されると表情が落ち着かなくなると言われていますが、間違いないようです。

b496ac1f4896b07cc42c9e59f6c13a65.gif


▼悪霊に憑かんように、身魂磨きが大事じゃニャイかニャア~

b9f8c1a1.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR