深まる中国の脅威



◆エリザベス女王の中国についての発言が話題で、笑わせて頂きました。余程腹が立ったのでしょうwwww




エリザベス女王の「本音」に中国当局が震撼 「(主席一行は)とても失礼」発言をアノ手コノ手で...

英国のエリザベス英女王がバッキンガム宮殿で2016年5月10日(現地時間)に開いた園遊会で、中国の習近平国家主席が15年10月に国賓として英国を公式訪問した際の中国側の振る舞いが「非常に失礼だった」と発言したことが分かった。

両国は経済関係の強化を進めており、習主席の公式訪問は「大成功」だというのが表向きの立場。女王の思わぬ「不規則発言」が波紋を広げている。

news_20160512185330-thumb-645xauto-86428.jpg

エリザベス女王は、習近平国家主席の一行が2015年10月の公式訪問で「非常に失礼だった」と憤っていた(代表撮影/ロイター/アフロ)

警備責任者を紹介されて「それは大変でしたね」

園遊会の様子は代表取材のカメラが撮影しており、16年5月11日にBBCなどが放送した。それによると、ガイド役の男性が、習主席訪英時の警備責任者だった警察幹部の女性を女王に紹介し、女王は「それは大変でしたね」と、ねぎらいの言葉をかけた。

ガイド役が「非常に中国側には悩まされたが、職務をやり遂げた」と幹部の立場を説明し、発言を促すと、幹部は「御存じかどうかは分かりませんが、非常に大変でした」と切り出した。

すると、女王は「知っていますよ」と応じた。さらに女性は警備の苦労について、「(習主席)一行が(イベントが行われていた)ランカスター・ハウスから出てきて、私に『旅行は終わりだ』と言った時には...」などと明かし、女王は「彼らは大使に対して非常に失礼でした」と話した。幹部が、習主席一行の「失礼」な様子を「そうです、バーバラ(北京駐在のバーバラ・ウッドワード大使)は私と一緒にいましたが、彼らは私たちを前にして出て行きました」
と具体的に説明すると、女王は「それは異常なこと」と驚いた様子。幹部も「非常に失礼で、非常に無神経なことだと思いました」
と、怒りが収まらない様子だった。

http://www.j-cast.com/2016/05/12266626.html




◆聞くところによると、国賓として英国が作っセレモニーのスケジュールが、気にくわないと中国側が英国大使にクレームをつけ、何度も女王ではなく習近平が主役であるような演出をしろと上から目線で要求したようです。


◆中国はこれに似たようなことを、米国でもやっています。昨年でしたか、日時は忘れましたが習近平が国連総会で演説するのでローマ法王の国連入りの日程を変えろとか、スピーチの順番を変えろ、などと米国と国連事務局に要請したものの、聞き入れてもらえませんでした。フランシス法王のスピーチはほぼ満席で喝采を浴びていましたが、習近平の番になると、会場の聴衆はまばらになり寂しい演説になり、恥を曝した格好になりました。




西側メディアは「粗野で無礼」=英女王発言で中国紙


北京 12日 ロイター] - 中国共産党機関紙・人民日報傘下の環球時報は、英女王が中国の当局者らは「大変失礼だった」と発言したことをめぐり、中英関係を損なうものではないとしたうえで、西側メディアは「野蛮人」と酷評した。

エリザベス女王はバッキンガム宮殿で10日に行われた園遊会で、中国の習近平国家主席が昨年10月に訪英した際、中国当局者は「大使に大変失礼だった」と発言。BBCがこの場面の映像を公開した。

憲法上の役割から、女王が政治的、または外交上微妙な発言を公的に行うことはなく、私的な会話が公開されるのは珍しい。

環球時報は、英当局者が意図的に発言の動画をリークしたのであり、こうした行為は「粗野で無礼」で、考えられないと論評した。

さらに「メディアに非礼なゴシップ屋がおり、彼らは独りよがりで牙をもち、野蛮人の片鱗を踏襲しているようだ。しかし、中国5000年の文化に触れ続けていれば、改善するだろう」としている。

http://news.livedoor.com/article/detail/11517054/




◆野蛮人は間違いなく中国です。

ホスト国の意向を無視して、手前勝手な注文をつけるのは外交的に大変非礼であると言う基本が全く解っていないのです。平成10年(1998年)11月26日の宮中晩餐会で何があったか、覚えておいでの方もいらっしゃるでしょうが、この時のニュースを視て中国が嫌いになった方も多いと思います。

それは、習近平の天敵、江沢民中国国家元首による天皇陛下に対する侮辱でした。
この出来事を忘れてはなりません。今の中共の本質を理解する上で欠かせないからです。


◆この日の夜、天皇・皇后両陛下主催の宮中晩餐会が開かれ、江沢民夫妻を歓迎する行事が、「豊明殿」で行われました。
この席で陛下は、「貴国と我が国が今後とも互いに手を携えて、直面する課題の解決に力を尽くし、地球環境の改善、人類の福祉、世界の平和のため、貢献できる存在であり続けていくことを切に希望しています」と歓迎の辞を述べられました。


◆これに対し、人民服という平服姿で臨席した江沢民は、「日本軍国主義は対外侵略拡張の誤った道を歩み、中国人民とアジアの他の国々の人民に大きな災難をもたらし、日本人民も深くその害を受けた。『前事を忘れず、後事の戒めとする』と言う。われわれは痛ましい歴史の教訓を永遠にくみ取らなければならない」と、仏頂面で答礼を返したのです。

bansankai.jpg

◆何という無礼、何という傲岸不遜な態度。日本国の象徴である天皇陛下の前で、相手国の元首が取る言動では有りません。こういう厚顔無恥で、傍若無人な元首は江沢民だけではなく、習近平にも連綿と引き続かれているのです。

20140603080800ae5.jpg




◆女王が英国最高の礼を尽くし、バッキンガム宮殿に王族や貴族を招いてのディナーで習近平がどのようなスピーチを行ったのか知りませんが、実に傍若無人な態度であったのは間違いないでしょう。
王族の方々は明らかに不快な表情を隠しませんでした。それでも我慢してきんぺーをもてなしたのは経済的見返りがあったからです。

wor1510240035-p1.jpg




英中関係の黄金時代幕開け?人権問題棚上げの返礼に莫大な投資を獲得した英国―米メディア

20151022-04625437.jpg

2015年10月19日、CNNは記事「中国と英国:新“特殊な関係”の予兆か」を掲載した。22日付で環球時報が伝えた。

習近平(シー・ジンピン)国家主席の訪問を、英国は最高級の格式で出迎えた。今回の訪問は英中黄金時代の幕開けだとキャメロン首相は中国中央テレビ(CCTV)のインタビューに回答している。

英中関係は良好な状態が続いていたわけではない。2012年のキャメロン首相とダライ・ラマ14世の会見で悪化し、その後も中国メディアは「昔日の帝国」「旅行と読書にはちょうどいい欧州の老舗」などとこき下ろしていた。この状況を変えたのは英国の姿勢だ。

オズボーン財務相が主導した新たな対中外交では、人権問題は棚上げされ中国との接近が図られた。オズボーン財務相は今年9月に弾圧と襲撃事件が相次ぐ新疆ウイグル自治区を訪問するというパフォーマンスまで行っている。

英国の外交方針転換は巨額の返礼を引き出した。中国の対英投資は2011年の5億1000万ドル(約616億円)から2014年には85億ドル(1兆300億円)に急増。また、今回の訪英では原子力発電所建設に対する投資など約400億ポンド(約7兆4400億円)もの契約が取り交わされた。(翻訳・編集/増田聡太郎)


http://www.recordchina.co.jp/a121770.html




◆中国人と言うのは本当に鈍感で、慮と言うものがない。カネと力しか信じない。恥を知らない。カネさえ出せばだれでも思い通りにできると思っている。そして毛沢東に言わせれば、平和は銃口で作られるのであり、習近平もその言葉の信奉者なのです。




なぜだ!日本は中国を恐れていない!わが軍事力は日本超えているのに=中国

1933035p.jpg

11(水)7:55 サーチナ なぜだ!日本は中国を恐れていない!わが軍事力は日本超えているのに=中国サーチナ

 中国は世界でも少ない核保有国の1つであるうえ、近年は軍事費の拡大が続いており、質・量の双方で軍事力を増強しているとされる。これに対し、中国メディアの南方財富網はこのほど、「中国の軍事力はすでに日本を大きく超えているのに日本は中国を恐れていない」と主張論じる記事を掲載した。

 記事は、日本のロシアと中国に対する態度がそれぞれ異なると主張したうえで、日本が海上と空中の戦力増強に余念がないところから「日本がどの国を仮想的と考えているか、明白である」と主張、日本は中国を念頭に防衛力を増強していると主張した。

 さらに、日本とロシアは北方四島で領土をめぐって対立しているとしながらも、日本のロシアに対する態度は礼儀正しく、丁重であると主張。一方で、日本は中国に対してはますます強硬となっているとし、ロシアと中国に対する日本の態度が異なっていることは「二枚舌」であるとの見方をし召した。

 記事の主張からは、中国の軍事力に対する自信が伝わってくるが、その一方で、増強され続ける中国の軍事力に対して、日本が「相応の敬意を払っていない」という不満も伝わってくる。

 記事が主張しているように、日本は中国に対して強硬な態度を示しているわけではない。中国は尖閣諸島(中国名:釣魚島)近海で領海侵入を繰り返すなど、日本からすれば強硬な態度を示しているのはむしろ中国だと映っているのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2180685




◆中国人は客観的視点が決定的に欠けていて反省もなければ相手の立場になって考えてみるという、理性や知性がありません。自分の独断と偏見だけで決めつけてしまう習性は何とかならないものでしょうか。

◆エリザベス女王の言葉に憤慨したのか、中国の某メデイアは「英国は伝統や文化を誇るが、中国の歴史は5千年と英国より長い。その永い歴史の中からは夥しい数の文明分化が生み出されてきた。英国は中国をもっと尊敬すべきだ」と書いていましたが、中国共産党はその長きにわたる伝統文化をすべて焼き捨て、唯物論一色にして、精神性を尊ぶ儒教文化の欠片もないのが今の中国です。

◆自国の核心的利益の為なら近隣諸国の領海を侵犯し、領土拡張も当然と乱暴狼藉。国際ルールを鼻にもかけない言語道断な振る舞い。国連もG7もこの蛮行を止めることが出来ない状態です。経済後退と金権腐敗、環境問題で国内問題が大きくなり社会不安が起きるのを恐れてか、習政権は南シナ海に人民の耳目を集めようとしているのでしょう。中国は遂に米国のイージス艦にまでスクランブルをかけるまでに増長してきました。




南シナ海“一触即発”状態 米3度目「航行の自由」作戦 中国機スクランブル

81ddc36a.jpg

米国が、南シナ海の「航行の自由」を断固として守る決意を改めて示した。米海軍のイージス駆逐艦「ウィリアム・P・ローレンス」が10日、南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島にあるファイアリークロス(同・永暑)礁で「航行の自由」作戦を実施したのだ。同作戦は昨年10月、今年1月に続き3回目。現地では、中国軍が戦闘機を緊急発進(スクランブル)させるなど、一触即発の緊迫した空気が流れた。

927614af2d700b5721c7fc28d1bffcff.jpg

 米国防総省によると、イージス艦は10日午前、中国に事前通報することなく、人工島から12カイリ(約22キロ)内を通過した。人工島には3000メートル級の滑走路など大規模な施設が建設されており、事実上の軍事基地となっている。米国防総省は、軍事行動を伴わない「無害通航」だとしている。

 ウィリアム・P・ローレンスは、2011年5月に就役。鉄壁の防空力を誇る米艦隊「最強の盾」といわれる。全長約155メートル、全幅約20メートル、排水量約9650トン。乗員約380人。主要装備は、5インチ砲、25ミリ機関砲、艦艇用近接防御火器システム(CIWS)、巡航ミサイル・トマホークや、対艦ミサイル・ハープーンなど。

 今月末の伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)では、中国が軍事的覇権を強める南シナ海問題も議題に取り上げられる。米軍としては、その前に世界に向けて現状をアピールする狙いもあったとみられる。

 これに対し、中国国防省は10日、米イージス駆逐艦に対し、戦闘機を緊急発進させたほか、軍艦船を現場海域に派遣し、同海域を離れるよう米軍側に警告したことを明らかにした。

 中国外務省の陸慷報道官は同日の定例記者会見で、イージス駆逐艦派遣について、「中国の主権や安全保障上の利益を脅かし、地域の平和や安定を損なう行為だ」と厳しく非難。中国側が今後も監視や追跡、警告措置などの必要な措置を取り続けると強調した。

 「パナマ文書」の公開で習近平指導部が激震するなか、米国はさらに中国を追い詰めるのか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160511-00000004-ykf-int




◆日本も米国にばかり頼るのではなく、インド、東南アジア、豪州などと広く軍事同盟を結んでNATOのような関係を構築する必要があります。中国の膨張主義は止まるkところを知りません。南シナ海では着々と中国の軍事要塞化が進んでいます。
これは日本も座視できません。これ以上中国の増長を許せば第3次世界大戦は免れません。

715417t51.jpg

南シナ海 滑走路完成

0a05ff59.jpg

レーダー基地完成

20151030143518.jpg
岩礁占拠

20160209-05434419.jpg

軍艦配備

134984065_14520850912181n.jpg

軍用滑走路完成

201512251001070294239094.jpg

原潜配備

20090313164915.jpg

水陸両用戦車配備

xes_89732e5783be10292ce59d9a44667a28.jpg

岩礁基地完成

suyanjiao01.jpg

海底資源掘削

20120917gyosen1000.jpg

他国の領海で密漁する中国漁船≪武装している≫

◆米国がこれを黙って見ているとは思えません。そのうち太平洋艦隊がこのあたりに終結して海戦と言うことにならないとは限りません。

95f3f46c.jpg

◆中国は確実に日本を標的にしています。

中国人民解放軍の対日本を想定した軍事演習


◆自国の国民の臓器を盗む中国共産党です。他国の国民の命などいくら奪っても何も感じない鬼のような連中です。

チベット

◆安保法制反対、憲法9条死守という連中は、中国より危険です。彼等は日本を憲法で縛り、日本民族が中国に殲滅されることを願ってやまないのです。

plt1508310041-p1.jpg

▼同感だニャア!!!

BOSS008CAT.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

関東大震災時や敗戦時の日本で起きた日本国乗っ取り武装テロ、成りすまし軍団を思い出します。今、国内で起きている成りすまし集団の極悪犯罪。大和民族純正日本人と同じ大和名をかたる詐欺軍団。成りすまし朝鮮人に成りすまし中国人。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR