動物の利他行為



◆ 北海道で「しつけ」と称して山に置き去りにされた小学2年生の男児は、6日ぶりに無事保護され、日本中が安堵しましたが、親が全国的に非難の対象になっているようです。何をしでかすか解らない、腕白盛りの子を持つ親は一時も子供から目が離せません。先月米国でも仰天するようなニュースがありました。




――科学分野だけではなく不思議分野にも造詣が深い理学博士X氏が、世の中の仰天最新生物ニュースに答える!

 日本でも連日テレビで報じられた事件のため、ご存じの方も多いかもしれない。

 5月28日、アメリカ・オハイオ州のシンシナティ動物園で飼育スペースに転落した3歳の男の子を救出するため、17歳のオスのニシローランドゴリラ・ハランベが射殺された。この事件は大きな議論を呼び、動物愛護団体が絶滅危惧種を安易に射殺したと動物園の対応を批判する一方、インターネット上では転落した男児の保護者の責任を問う署名に40万以上の賛同が集まっている。

21416_main4.jpg

Cincinnati zoo kills gorilla to save boy who fell into enclosure | FULL HD


 そんな中、20年前のある事件がにわかに注目を集めている。5月31日付のMail Onlineが報じていた。話題になっているのは1996年にアメリカ・イリノイ州のブルックフィールド動物園で起きた、とある事故の動画だ。

 ゴリラの飼育スペースに転落して意識を失った3歳の男の子を、8歳のメスのゴリラが救助したのである。このメスは自分の子を背負ったまま、気を失った男児を腕に抱えて飼育スペースの出入り口まで運び、スタッフらが救助に現れるまで側にいて守り続けたという。一部始終は撮影され、当時世界中で報道された。

■1986年、ゴリラが5歳の少年を救出
34CC4C6D00000578-0-image-m-4_1464706180905.jpg

 なお、同様の事故は1986年にもイギリス領ジャージー島でも起きている。5歳の男の子が転落したこの事件では、シルバーバックのオスゴリラが群れの他のゴリラを牽制し、救助に一役買っている。このゴリラは一躍ヒーローとなり、切手にもなったそうだ。

■攻撃していたのか? 守っていたのか? 理学博士の答えとは

 今回の事故でニシローランドゴリラ・ハランベが射殺されたのは、転落した男児をつかんで引きずり回していたためだ。しかし、当時の様子を撮影した動画には、ハランベの子どもを守るような行動も映っている。果たしてハランベは本当に射殺される必要があったのだろうか? アトランタ動物園の元園長テリー・メープル氏はナショナルジオグラフィック誌の取材に対し、「ハランベの行動はごく普通に見えた」と答えている。メープル氏によれば、オスのゴリラは赤ちゃんゴリラの足首や手を掴んで走り回ることがあるというのだ。しかし一方で、彼女は子どもの命を優先した動物園側の決断に理解を示している。

ゴリラ戸子供

gorila.jpg

 ハランベは子どもを守ろうとしていたのか、そしてそもそも、動物に人間を助けるような優しさがあるのか? 生物学に詳しい理学博士X氏はこう解説する。

「動物が飼い主や飼育係を助けたという事例は確かにあります。自宅で倒れた飼い主のため警官を呼んだ犬のニュースをつい最近もありましたね。目の前の困っている者を助けようという本能のようなものは、動物にも存在するのかもしれません。飼育されている動物の場合は、飼い主から褒められたいという利己的な行動かもしれませんが」

 動機はどうであれ、動物にも他の動物を助けるような優しさが存在するのかもしれない。しかし、X氏はこうも釘を刺した。
「動物が人間を助けたことがニュースになるのは、それが珍しい出来事であるからに他なりません。

ペットが飼い主などを攻撃して殺処分されることはよくありますし、動物園や水族館でも飼育員や客の死亡事故は頻繁に起こっています。先日死んだゾウのはな子もかつて死亡事故を2度起こしています。言葉による明確な意思疎通ができない以上、人間が動物と接する時には、常に事故の可能性を考慮するのは当然のことでしょうね」

 今回転落した男の子は、事故直前に「ゴリラの囲いの中で遊びたい」と言っていたそうだ。ハランベがどのような気持ちであのような行動を取ったのか、我々に知る術はない。しかし、人間は“動物の優しさ”を過剰に期待し、安易な行動を取るべきではないのだ。(吉井いつき)

http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%A9%E5%B0%84%E6%AE%BA%E3%81%AF%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F-%E7%90%86%E5%AD%A6%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E8%AA%9E%E3%82%8B%E3%80%81%E5%8B%95%E7%89%A9%E3%81%AE%E5%84%AA%E3%81%97%E3%81%95%E3%81%A8%E6%9C%AC%E8%83%BD%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/ar-BBtZqfp?ocid=iehp#page=2




◆射殺されたゴリラ、ハランベは動物園育ちか、或いは野生だったかで結果が違ったかもしれません。また雄と雌では子供への接し方も違うようです。

1971年7月4日、アメリカ合衆国サンフランシスコの動物園に一頭のゴ雌ゴリラが誕生しました。名前はココ。生後3ヶ月で病気にかかっている時に、発達心理学の研究者のフランシーヌ・パターソンと出会い、手話を教わります。1000語もの単語を習得したココは、手話でパターソン博士と会話ができるようにまでなりました。

◆手話のほかに、パターソンはココにたくさんの絵本を読み聞かせてあげたという。ココはネコの絵本がすごく気に入って、誕生日プレゼントにネコをおねだりしたというのですが、その時の動画がこれです。

奇跡のゴリラの物語】 あなたは手話できますか?The gorilla which does sign language


◆子猫のボール事故死で、ココは死をどのようなものだと認識していたのでしょうか。
後にココが研究者ムーリンと「死」について会話した内容は次のようなものでした。

ムー:念を押しますよ、このゴリラは生きているの、それとも死んでいる?

ココ:死んでいる さようなら。

ムー:ゴリラは死ぬとき、どう感じるかしら?
幸せ?悲しい?それとも怖い?

ココ:眠る。

ムー:ゴリラは死ぬと、どこにいくの?

ココ:苦労のない 穴に さようなら。

ムー:いつゴリラは死ぬの?


ココ:年をとり 病気で。
 
 
◆苦労のない穴に、さようならの原文は「Comfortable hole bye.」となっているようですが、肉体的に苦痛のない穴(世界)安楽で気持ち良い穴(世界)と訳すこともできます。天国、或いは極楽浄土へ行くというイメージでしょうか。ゴリラは並みの人間より死についてよく理解しているようですね。

◆ゴリラだけでなく動物には異種間利他行為が見られます。死にかけている者を救わなければと言うような感情が働くようです。


Animal Heroes 1 | Animal Helps And Saves Others Animal | Try To Watch This Without Crying



Animal Heroes 2 | Animal Helps dan Saves Others Animal | Try To Watch This Without Crying


▼自分にしか興味のない都知事よりゴリラの方がよっぽどましぞえ?

猫を抱くゴリラ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR