ポスト舛添は副知事の昇格で解決すべし



◆早くも舛添後任知事候補探しが難航しているようです。

4365.jpg




都知事選投票日 7月31日か8月7日で調整か

後任を決める都知事選挙は、舛添知事から辞表が議長に提出され、選挙管理委員会に辞表が通知された翌日から50日以内に行われます。

東京都選挙管理委員会では委員会を開いて、選挙日程を決めることにしていますが、今のところ東京都知事選挙は7月14日告示・7月31日投票、あるいは7月21日告示・8月7日投票の日程で調整が進められていく見通しです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160615/k10010556971000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004




◆いろんな候補の名前が挙がっているようですが、舛添知事が解散宣言をすると都議会議員選と知事選が同時に行われることになり,合わせて150億円もの費用がかかると言われています。そこで、そうならないような簡単な秘策がありますので後述します。


◆費用の心配もさることながら、都政が停滞して不都合なことが起きるのではと言う懸念もあります。また後継者探しは難航必至で、候補と言われているどの顔を見ても東京都知事に相応しいと言える人物は中々見当たりません。こういう悪夢が再び登場するのでしょうか。

blog_import_52ced150c35ad.jpg

i320.png


◆中には谷亮子と言う名も挙がっています。最近は何かと言うと知名度のあるタレントを候補に挙げる傾向がありますが、行政知識や経験のない人物を、予算13兆円、職員16万人のトップに据え権力と影響力を行使することが果たして可能なのでしょうか。
猪瀬、舛添両氏も東京都知事という権力の魔力に嵌って自滅したのです。

20140129-00000007-wordleaf-0e5379b093d61e1ffe1befb5083d50830.jpg

◆都の実務は職員が行うので、知事は単なるお飾りでよいと言うものではありません。やはり知事は行政に精通している人から選ぶべきでだと思います。東京都には副知事が3人もいます。何のために副知事制度があるのか、改めて考えてみる必要があります。副知事は知事を補佐する役割がありますが、もし知事に不測の事態が起きた時には知事に代って政務を担います。舛添知事が辞職すれば当然副知事がその代理をすることになります。しかしトロイカ(3頭立て馬車)と言う訳には行きませんから、3人の副知事の中から一人を選出するのです。

東京都副知事について
http://www.seisakukikaku.metro.tokyo.jp/hukuchiji/index.htm


◆現副知事はこの3人の方々です。

・安藤立美(前財務局長、2012年6月 - )

・秋山俊行(元知事本局長、2012年6月 - )

・前田信弘(前知事本局長、2013年10月 - )

◆この中から都議会が投票で一人を知事に昇格させることで無駄な時間と莫大な費用がかかる面倒な選挙が省けますし、タレント知事より行政の専門家に任せるのが一番安心です。

ケチが付き通しの東京オリンピック・パラリンピックを成功させるために東京都が新しい動きを始めたようです。




都 副知事4人に 五輪専任も 人事案を都議会に提出の見通し

東京都の副知事を現在の3人から4人に増やし、新たにオリンピック・パラリンピック専任の副知事を設けるとした人事案が都議会に提出される見通しとなりました。

東京都の副知事は現在、3人体制ですが、安藤立美副知事と秋山俊行副知事の2人が今月20日までの任期となっています。

4年後のオリンピック・パラリンピックに向け副知事の新たな体制が検討されてきましたが、新たに大会の準備に当たる専任の副知事を設けて副知事を3人から4人に増やすとした人事案がまとまりました。

人事案では、オリンピック・パラリンピック専任の副知事として産業労働局の山本隆局長を起用するほか、政策企画局の川澄俊文局長と総務局の中西充局長を新たに起用するとともに安藤副知事を再任するとしていて、15日の本会議に提出される見通しです。前田信弘副知事は退任する予定です。

この人事案は、舛添知事が14日の議会運営委員会で説明する予定です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160614/k10010555581000.html




▼政界の人材不足は深刻だニャア
201205221836440b3.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR