メルトダウンする3次元世界



◆英国のEU離脱か残留かで意見が拮抗している英国の国民投票に世界の注目が集まっています。英国が離脱すればリーマンショック級のリセッションが起きると言う人もいます。

uk-eu-referendum-flags.jpg

そしてジョージ・ソロスも警告を発しています。




EU離脱なら英ポンド20%以上急落 ソロス氏が警告

ソロス

 著名投資家ジョージ・ソロス氏は20日、英紙ガーディアン(電子版)への寄稿で、英国の欧州連合(EU)からの離脱が決まれば、英ポンドは対ドルで20%以上急落する可能性があると指摘した。「(木曜日の国民投票で)離脱に投じることで暗黒の金曜日(ブラックフライデー)を迎えることになるだろう」と警告している。

 ソロス氏は、離脱によるポンドの急落は、1992年9月に起きた「暗黒の水曜日」と呼ばれるポンド暴落より「大きく破壊的なものになる」と予想。ポンドの価値は対ドルで少なくとも15%は下がり、対ユーロでは1ユーロ=1ポンドとほぼ等しくなる可能性があるとして「金融市場や投資、雇用などにすぐに劇的な影響を与える」と指摘した。

 92年のポンド暴落は、欧州共通通貨をつくる過程で英経済の限界を見切ったソロス氏自身が売りを仕掛けた。英国はポンドの価値を守りきれず、ユーロにつながる欧州為替相場安定メカニズム(ERM)からの脱退を余儀なくされた。

 ソロス氏は92年当時と今回を比較。当時はポンド安により、英国は輸出が拡大するなどして経済は上向いた。しかし、今回は離脱を決めた後に景気後退に直面した場合、政策金利がすでに過去最低にある英イングランド銀行(中央銀行)が利下げなどによって取れる刺激策は限られると指摘。不透明さから製造業の輸出を好転させるように働かないとした。(ロンドン=寺西和男)

http://www.asahi.com/articles/ASJ6P2K0TJ6PUHBI00B.html




◆ソロスは、持ち株すべて売り払い金を買っていると言われています。つまり、もう信用経済は破綻していいて、ユーロもドルも基軸通貨として機能しなくなることを知っているのです。ただ、NWOの一員として、EUという枠組みだけは維持したいと思っているのでしょう。英国が離脱すれば、ギリシャ、ポルトガル、イタリア、スペインなどが後に続く可能性があります。

◆英国はEUに参加はしたが通貨はポンドを維持し続けています。通貨発行権を放棄してユーロを使うようになると国家としての独立性が失われ、英国のアイデンティティが失われるからです。英国のEU離脱に反対する国は経済の混乱ではなく政治的な縛りが利かなくなることなのです。つまりNWOは各民族がアイデンティティを回復することを恐れているのです。

◆ブリュッセルのEU本部のビルは最初からバベルの塔によく似たデザインですが、これは言語文化の違う異民族が協力してEUという塔を作っても、やがて神によって組織は解体され、各民族はそれぞれの言語に戻って行く運命にあることを、意識して建てたものではないでしょうか。

2012060712543143f.jpg


◆英国の離脱派の主張は米国度大統領候補ドナルド・トランプと同様に、英国人としての主体性、アイデンティティへの回帰本能が基底にあるのです。

◆日本船舶振興会の会長であった笹川良一氏は生前「世界は一家、人類はみな兄弟」のキャッチフレーズで競艇のCMに出演していました。

225px-RyoichiSasakawa_face.jpg

最近ではETや、アセンデッドマスターと称する存在たちが全く同様の事をチャネリングでメッセージを拡散しています。

◆しかし、それは理想であり建前にすぎません。感情の動物である人間は、親子兄弟夫婦であっても、一つ家に住みたくないと思う時があるのです。先日亡くなった鳩山郁夫氏も兄由紀夫とは絶対同調できませんと何時も言っていました。

◆トランプ候補や英国のEU離脱派が膨大な数の移民を排斥しようとするのも、言語、文化、習慣が異なる異民族が流入してコロニーを作って勝手なことをされると不愉快になるからです。また自国民の失業が増え、犯罪が多発するようになり社会の安全が脅かされるからです。フランスでも反EU,反移民で極右と言われる国民戦線のマリー・ルペン女子などが人気をを博しています。

Le_Pen,_Marine-9586

◆これは理屈ではなく人間としての本音なのではないでしょうか。日本でも在日外国人に反対する「在特会」という組織がそれを象徴しています。
もともとEUと言うのは、ワンワ・ールドにして民族、言語、宗教、文化、文明の違いを無視して、十把ひと括りにして世界支配しようとする、闇の勢力が考え出したものでもので、最初から無理筋なのです。


◆1%のエリートが99%のゴイムの富を独り占めするという、途轍もない強欲な金融システムが長続きするわけがありません。共産主義が失敗したのと同様に資本主義も役割が終わり、メルトダウンが始まったのです。

◆お金はよく人体に流れる血液にたとえられます。その血液を身体の隅々に滞りなく送るのが心臓の役目です。それで人は健康を保つことが出来ます。しかし、どこか一か所でも血流が滞ると病気になり、下手をすると死に至ります。

◆それは社会でも同じことが言えます。社会の血液と言われるものがお金であり、日本でお金を社会の隅々に送る役目をするのが晋三の役目です。しかし、アベノミクスという変な薬の副作用で末端までカネが流れて行かないのです。血流の邪魔をしているのが財務省という血栓です。この血栓が日本を脳梗塞にし、半身不随にしているのです。いま世界はこれと同じような現象が蔓延しています。その解りやすい例がブラジルです。




リオ州が「財政緊急事態」宣言=五輪間近、資金不足深刻―ブラジル

img_8adf7e4af10b6d2114b609bea02c9677198792.jpg

【サンパウロ時事】8月に五輪を開催するブラジルのリオデジャネイロ州政府は17日、財政難が深刻だとして、「緊急事態」を宣言した。税収の落ち込みが大きく、治安や保健、教育などの公共サービスの維持が困難になる可能性があると訴えている。
 州政府は「財政緊急事態」宣言について「リオ五輪の実施に必要な措置だ」と強調。地元メディアは、連邦政府に円滑な資金援助を求めるのが狙いだと報じた。

 石油産業が集積するリオデジャネイロ州は、原油価格下落の深刻な影響を受けている。国営石油公社ペトロブラスの汚職事件が重なって大幅な財政赤字に陥り、職員の給与遅配も発生している。 

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%83%AA%E3%82%AA%E5%B7%9E%E3%81%8C%E3%80%8C%E8%B2%A1%E6%94%BF%E7%B7%8A%E6%80%A5%E4%BA%8B%E6%85%8B%E3%80%8D%E5%AE%A3%E8%A8%80%EF%BC%9D%E4%BA%94%E8%BC%AA%E9%96%93%E8%BF%91%E3%80%81%E8%B3%87%E9%87%91%E4%B8%8D%E8%B6%B3%E6%B7%B1%E5%88%BB%E2%80%95%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB/ar-AAhg2Qe?ocid=iehp




◆原油価格の低迷はブラジルだけではありません。石油だけに依存し他の産業を育てなかったベネゼラの食料不足は悲惨で、並んでも食料は手に入らず、阿鼻叫喚、さながら餓鬼地獄の様相を呈しています。

CimC_XvU4AAQh2v.jpg

750x-1.jpg

fc2blog_201606231258047a6.jpg

chavez2.jpg

CjarhyVXAAAfA-c.jpg

venezuela-june-20-16_wide-2473b27befc3fe33d6e1f8c2ad9a96a7cfc08ac5_t614.jpg

◆この数年、原油の値段は1バレル100ドル以上に高騰していましたが、いまは40~50ドルで推移しています。価格がこれだけ下がっても需要は増えないという現実にベネゼラ政府は有効な手が打ち出せないでいます。


◆反NWOを掲げるプーチンのロシアも石油価格の下落で相当な打撃を受け、クリミア問題で国際的な経済制裁を受けている上、NWOの下部組織IOCからはドーピング問題を暴露され、リオ五輪出場が怪しくなっています。

7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e53.jpg





ロシア陸上、リオ不可=個人出場は可能性-国際陸連

【ウィーン時事】国際陸連は17日、ウィーンで臨時理事会を開き、組織的なドーピング問題で資格停止中のロシア陸連について、必要な対策は不十分とし、現状で処分を解除しないことを決めた。これでロシアの陸上選手は8月のリオデジャネイロ五輪に原則として出場できなくなった。コー会長は記者会見で「選手や世の中に対して陸上競技を改革するという明確なメッセージとなる」と話した。

 理事会では、ロシア陸連の改革状況を調査してきた作業部会が調査報告を行い、一定の改善は見られるものの、昨年11月に科した処分の継続を提言。出席者によると、反対意見は出たが、最終的に満場一致で承認された。

 その一方で、ドーピングに関与していない選手が個人資格でリオ五輪に出場できる道も残した。ただ、ロシア国外を拠点とし、適切なドーピング検査を受けていることなど条件は厳しく、該当者は極めて限定された。

 2014年にロシア陸上界の組織的ドーピング問題を告発したビタリー・ステパノフ氏の夫人で、陸上中長距離のユリア選手が国際大会に復帰できるよう特別に配慮することも決めた。

 ロイター通信によると、国際オリンピック委員会(IOC)は、18日に電話による理事会を緊急で開くことを決めた。ロシアの陸上選手を個人資格でリオ五輪に参加させることに関して協議するとみられる。 

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E9%99%B8%E4%B8%8A%E3%80%81%E3%83%AA%E3%82%AA%E4%B8%8D%E5%8F%AF%EF%BC%9D%E5%80%8B%E4%BA%BA%E5%87%BA%E5%A0%B4%E3%81%AF%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7%EF%BC%8D%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%99%B8%E9%80%A3/ar-AAhdZO4?ocid=iehp




◆お金の流れが上手くいっていないのは中国も同様で、外国企業の撤退が続いており、かなり深刻なようです。




外国資本企業、5月末相次ぎ中国から撤退

2016/06/14 14:12

月末、電機・家電製品メーカーで世界大手のフィリップスをはじめ、5つの外国資本企業が中国からの撤退を発表した。

t_qpd92aussf2wr280pkox.jpg


 5月30日の1日だけで、4つの国際企業が中国からの撤退と資金引き揚げを発表した。30日、家電製品メーカー世界大手のフィリップスが深センの工場閉鎖を決定した。同日、金属製携帯電話ケース世界シェアの8割を占める、台湾との合資会社である珠海及成通訊科技股份有限公司も倒産を公表した。

 米半導体メーカーのフェアチャイルドセミコンダクターが、同じ業界の米オン・セミコンダクターに買収されたことで中国から撤退した。
 1997年米国ナスダック市場に上場した玩具メーカーの東莞鑫達玩具礼品有限公司も倒産を公表した。

 また6月1日、世界下着メーカー大手トリンプが中国市場からの資本引き揚げを決定した。

 国内からの情報によると、外国資本企業の倒産と撤退発表に伴い、従業員の賃金未払い問題をめぐって、フィリップスを除く他の企業の従業員が抗議行動を行い、鎮圧にあたった警官らとの間で激しい衝突が起きたという。

 国際企業の中国からの撤退と資本引き揚げの原因は、地価高騰、人件費上昇、課税増加にあるほか、中国市場の飽和と低迷で、競争がより激しくなり、出荷価格が年々押し下げられ、企業の赤字拡大につながったとみられる。

 5月下旬、台湾の携帯端末メーカーの富智康集団(旧社名:富士康国際)の幹部や米アップル社のティム・クック最高経営責任者(CEO)はそれぞれ、公の場で中国にある生産ラインをインドに移転する意向を示した。

 国内業界関係者は、外国資本の撤退により、6月から10月まで、国内製造業は新たに大規模な企業倒産と失業者急増に見舞われるとの認識を示した。また、その影響で物流などのサービス業にも打撃を与える恐れがあるため、失業者の急増で、中国の社会不安が一段と広がるとみられる。

(翻訳編集・張哲)

http://www.epochtimes.jp/2016/06/25758.html




◆世界が実物経済で成り立っていた時には起きなかったことが、ユダ金が作った信用経済というインチキ金融システム、ヘッジファンドやFXなどの博打市場で巨額な株の乱高下を繰り返すようになり中国経済は崩壊の危機にひんしています。




中国が米国株を大量売却-世界を圧倒的に上回るペースで保有削減

673d23a9.png

中国の米国株保有は昨年7月末から1260億ドル減少と米財務省。中国は38%削減と、海外投資家全体の9%削減に比べ顕著な落ち込み
Share on FacebookShare on Twitter

これまでは中国による米国債売りが、投資家を落ち着かない気持ちにさせてきた。同時にそれは、中国経済の健全性を測る指標の役割も果たしてきた。

  中国の外貨準備高は世界最大だが、中国人民銀行(中央銀行)は2014年以降その20%を取り崩した。米国債を約2500億ドル(約26兆4000億円)相当売却した上で、人民元相場を支え、資本流出を食い止めるためにその資金を使ってきた。

中国の米国債売りのペースは鈍ってきたが、ここへきて米国株の保有が急減している。米財務省のデータによると、中国は昨年7月末から今年3月末までに、保有する米国株を38%、金額ベースで約1260億ドル相当削減して2010億ドルとした。

同期間に海外投資家全体が保有を減らした米国株は計9%で、中国の削減ペースが世界を大きく上回った。中国による米国債保有はその間、約260億ドル(2%)減少したのみで比較的安定していた。

  ニューヨークの外交問題評議会(CFR)のブラッド・セッツァー上級研究員は「中国の米資産ポートフォリオは米国債だけではない。中国による市場での活動を測るには、米国債以外の市場を見ることがますます重要になっている」と話した。

ポカン

  中国の米国債売りの勢いが弱まる一方で、保有する米国株を売って現金化していた事実は、人民銀が引き続きドルを調達して人民元の下落ペースを抑えるよう、圧力にさらされていたことを示唆する

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-06-16/O8U9B06K50Y101




◆リオ五輪の開催が危ぶまれているのを見ても、これから日本だけが青天井で巨額の税金をつぎ込むことは不可能になりつつあります。世界情勢を見ていると東京五輪は中止になる可能性があります。

◆昨日は参院選の公示が行われ、与野党の論戦が始まりました。この選挙の争点は安保法制とアベノミクスの賛否にあるようですが、デフレ脱却が出来ないのは円安誘導に向けて、財務省や日銀の介入を米国が許さないからだと言われています。

その米国経済辞退が間違いなくメルトダウンしていますので、どのように経済のかじ取りをやっても日本だけが無事で居られるという保証はありません。いずれにせよ、この流れはグローバリズムの終焉へと向かいます。米国株式会社が終わり、新共和国大統領としてドナルド・トランプが選ばれるなら、、反グローバリズムを掲げるロシアのプーチン大統領と思想的には一致し、現実主義者で実力主義同志、お互いにリスペクトしているようですから米露の利害も一致し世界の枠組みが激しく変わるのではないかと思われます。従って、米国依存症の日本人は意識改革が求められます。日本人が主体性を取り戻せる、またとないチャンスです。

d9f061f7.jpg

◆世界は流動的で、いつ何が起きるか解りません。そして地球の気象変動も激しくなるばかりです。世界は6月だけでも水攻め、火攻め、テロ戦争、飢餓、難民とパンドラの箱を開けたような様相を呈しています・・・

ALERT!! SOMETHING BIG IS ABOUT TO HAPPEN World Wide in 2016? P7


▼人も地球も5次元に上昇中なのかニャア?!

inori


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR