テロとクーデターは終わらない



◆強権でイスラム法を強化し国民を縛ろうとするエルドアン大統領に反発した、世俗派の一部軍人が起こしたクーデターは、日本の2,26事件と同様正規軍によって鎮圧されました。




トルコ、クーデターを鎮圧 265人死亡 軍人2839人を拘束

【AFP=時事】(更新、写真追加)トルコ政府は16日、レジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領に不満を持ち、政権転覆を試みた軍の一部勢力によるクーデターを鎮圧し、国政の制御を取り戻した。民間人とクーデターを企てた軍人らを合わせて265人が死亡した。

 北大西洋条約機構(NATO)加盟国であり、約8000万人の人口を擁するトルコの首相・大統領を務めてきた過去13年間で最も血なまぐさい挑戦に直面したエルドアン大統領は、15日に発生したクーデターの「再燃」を避けるため、支持者に対し路上での抗議を続けるよう促した後、同国最大の都市イスタンブール(Istanbul)で数千人の支持者を前に勝ち誇って演説を行った。

 トルコ政府当局は、今回のクーデターがエルドアン大統領の政敵で、米ペンシルベニア(Pennsylvania)州在住のイスラム教指導者フェトフッラー・ギュレン(Fethullah Gulen)師の責任だとして、クーデターに関連したとされる軍人2839人を拘束した。国際社会では報復への懸念も高まっている。

 トルコでは16日朝、クーデターに失敗し、両手を頭上に上げたり路上に倒されたりした数十人の兵士が投降する場面がテレビで放映された。

 トルコのビナリ・ユルドゥルム(Binali Yildirim)首相は、クーデターを企てた軍の一部勢力に人質に取られていたトルコ軍トップのフルシ・アカル(Hulusi Akar)参謀総長と共に首都アンカラ(Ankara)の首相執務室前で会見し、「状況は完全に(政府の)制御下にある」と述べた。

 クーデターの企てをトルコの民主主義に対する「黒い汚点だ」と語ったユルドゥルム首相は、前夜の暴力で161人が死亡、1440人が負傷したと話した。またアカル参謀総長が人質となっている間、参謀総長代行を務めたウミット・ドゥンダール(Umit Dundar)将軍は、クーデター参加者104人が死亡したと述べた。治安部隊の作戦によるアカル参謀総長の救出で、クーデター首謀者の希望は打ち砕かれた。

 権力のバランスが定まっていなかった夜間、トルコ国旗を持った大勢のエルドアン大統領支持者らがクーデターの首謀者らが出した外出禁止令を無視して路上にあふれ、政府転覆の試みを阻止した。

 エルドアン大統領は16日、短文投稿サイト「ツイッター(Twitter)」に「今夜は(クーデターの試みが)いかなる段階にあろうとも、新しい(クーデター)再燃の可能性はあり得る。われわれは路上を占拠し続けるべきだ」と投稿した。トルコ各地にいるAFPの記者によると、イスタンブールやアンカラ、トルコ西部の港湾都市イズミル(Izmir)の広場には、大統領の呼びかけに応えた大勢の人々が集まった。

■「国民は軍政を恐れている」

 15日のクーデターは、首都アンカラをクーデター側のF16戦闘機が低空飛行し、兵士や戦車が路上に出て始まった。アンカラと最大都市イスタンブールでは夜通し爆発音が聞こえたという。また、議会議事堂の一部がクーデター側の戦闘機による空爆で破壊された。

 また反乱側はボスポラス海峡(Bosphorus Strait)に架かるイスタンブールの2つの橋を占拠し、怒った群衆と対立する結果となった。
 トル
コでは1980年に当時のケナン・エブレン(Kenan Evren)軍参謀総長がクーデターを起こして政権を転覆させて以来、このような状況は見られなかった。トルコ国民の多くは、当時の記憶をよみがえらせたいと望んではいない。

 AFPのカメラマンが目撃したところによると、占拠された橋のうち1本の近くで路上に集まってクーデターに抗議していた人々に向かって反乱側の兵士らが発砲し、数十人が負傷した。また、クーデターを試みた兵士らはイスタンブールのタクシム広場(Taksim Square)に集まり、クーデターを非難していた群衆に発砲して数人が負傷した。

 混乱するイスタンブールの路上を戦車が通ると怒った群衆がやじを飛ばした。反乱側の兵士を歓迎した人の数は怒った群衆よりはるかに少なかった。

 ドアンと名乗る38歳の男性はAFPに対し、「国民は軍政を恐れている」と話した。「国民の多くは軍に所属した経験を持ち、軍政になればどうなるか分かっているから」

 ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相はクーデターを非難したが、首謀者は法に従って公正に裁判にかけられるべきだと述べた。クーデター未遂の発生によりトルコの司法当局は2745 人の判事が解任されると述べた。

【翻訳編集】AFPBB News

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%80%81%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%92%E9%8E%AE%E5%9C%A7-265%E4%BA%BA%E6%AD%BB%E4%BA%A1-%E8%BB%8D%E4%BA%BA2839%E4%BA%BA%E3%82%92%E6%8B%98%E6%9D%9F/ar-BBupfVU?ocid=iehp#page=2




◆エルドアン大統領がテレビで、国民に表に出て反乱軍に抵抗せよと呼び掛けると夥しい数の住民らが戦車を取り囲んで停止させ、上へよじ登って操縦士を引きずり出すという荒業を見せたのには驚きました。戦車隊みんなで囲めば怖くないと言うことでしょうかww

l_135351_055959_updates.jpg

anakara-turska-puc-vojni-udar-foto-ap-2016-1468651588-951101.jpg

反乱軍兵士


◆中国の天安門事件では戦車の前に立ちはだかった市民を敷き殺すという残酷な事件がありましたが、流石にトルコは中国と違って民主主義の国、罪のない一般市民を敷き殺しはしませんでした。


◆トルコ国民の多くはEUへの加盟を望んでいるのに、エルドアン大統領はイスラム法の強化で、偉大なるオスマントルコの復活を夢見ています。アンカラの首相官邸で16のチュルク系国家を象徴する甲冑姿の兵士を従え、パレスチナ自治区政府のアッバス議長と握手するエルドアン氏の表情は、まさにオスマントルコの皇帝スレイマン1世のようです

tyuruku.jpg

20150520exclanalit2zast.jpg

suleyman-i-sultan-of-three-continents.jpg


◆エルドアン首相には様々な疑惑があります。ISの指導者アブ・バクル・アル・バグダディことサイモン・エリオットという名のモサド工作員のスポンサーであると言われ、シリアでISが盗んだ原油はトルコ経由で海外へ売られている事が判明しています。

CRALt_bWwAEmGZk-1.jpg

◆そのISが盗んだ原油を自分の船で運んでいたのがエルドアン氏の長男と長女だったということも解っています。

親子

imgNews20150322_081555.jpg


◆「シリアの内政に対するトルコの干渉は、様々な形を取って行われてきました。時にはエルドアン政権が、テロリストらを支援する軍事攻撃作戦にトルコの軍人を参加させた事もあります。ロシアのプーチン大統領が、シリア内のIS掃討に空爆を始めた頃、トルコ軍がロシアの戦闘機を撃墜すると言う事件があり、これでロシアとトルコの関係は一瞬で悪化しました。

173314e3-680x383.jpg

◆ロシアトルコの対立の背景には歴史的な確執があります。オスマン帝国時代のクリミア戦争や露土戦争など過去10回以上戦火を交え、トルコはロシアを安全保障上の脅威とみなしてきました。トルコ人の中には今もロシアを警戒する人が多く、エルドアン大統領の強気の姿勢を支持しているようです。しかしクーデターはこれで終わりにはならないでしょう。個性が強い二人の指導者が和解に向かうのかどうか気掛かりです。

putin-erdogan-car-sultan-670.jpg

◆中国の習近平は南シナ海での軍事拠点拡張は国際法に抵触していると裁判所で裁定されても紙くずだとして受け入れず、意固地になって核心的利益を主張しています。カネをばら撒いてアフリカやカンボジアなどを味方につけたようです。そしてまた江沢民一派を強権で追いつめる習近平を恨む者は日増しに増え、中国でもクーデターが何時起きてもおかしくない状況ではないでしょうか。世界の流動化と混迷は深まるばかりです。

fushenqiwenhui2013051712442.jpg


▼世界は皇帝ばかりだニャ!

jGT-glt_f.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR