米国の衰退が中国を増長させた



◆暴走する中国に米国も打つ手がないようです。国際仲裁裁判所の判断を無視して、日米そしてアセアン諸国の反対を退け暴走する中国人民軍。もう誰にも止められません。




【緊迫・南シナ海】中国海軍司令官「島と岩礁の建設をやり遂げる」 米軍司令官に 滞在中にあえて「挑発」軍事演習も

wor1607180031-p1.jpg

18日、北京の海軍司令部で会談する呉勝利司令官(右)とリチャードソン米海軍作戦部長(AP

2016.7.18 22:38

中国海軍の呉勝利司令官は18日、米海軍制服組トップのリチャードソン作戦部長と中国軍の海軍司令部で会談し、中国は「島と岩礁の建設をやり遂げる」と述べ、南シナ海での人工島造成や軍事施設建設を続ける方針を明確にした。

 リチャードソン作戦部長の訪中は初めて。20日まで滞在する。

 一方、中国の海事局は18日、南シナ海の一部海域で19~21日に軍事演習を実施するため、船舶の進入を禁止すると通知した。中国は国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所が12日、南シナ海での中国の主権を否定した判断を「受け入れない」としており、米海軍トップの滞在中に演習を行うことで、国際社会に自らの主張をアピールする狙いがあるとみられる。

 中国メディアによると、空軍の申進科報道官は18日、南シナ海上空で日常的にパトロールを行う考えを示した。

 海事局は5~11日にも南シナ海の一部海域で演習実施を理由に船舶の進入禁止を通知した。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/160718/wor1607180031-n1.html




◆何という傲慢。正面から喧嘩を売るというのは、中国が米国に勝てる自信があるからでしょう。
米国はすでに世界の警察官ではないと宣言していますから、中国に舐めきられたのです。オバマ政権は事実上終わっていると見て取った中国は本気で南沙諸島の軍事要塞化を進め、南シナ海開戦に備えているのは間違いないようです。

【中国 崩壊 2016】中国VS米国 南シナ海 開戦目前!


◆米国を見限っているのは北朝鮮の金正恩も同じです。18日にはまた日本海にミサイルを3発、発射したということです。照準は日本上空を横切って米国に向けられていると思って間違いないでしょう。

北朝鮮がミサイル3発を日本海に向け発射(16/07/19)


◆このままだと日米安保は形骸化して、中国や北朝鮮の暴発を防ぐことは不可能です。そして更に中国の野心に油を注いで日本を危機に陥れているのが、我が国の元首相です。




鳩山元首相、中国への圧力はダメ「日米は静観すべき」 南シナ海の仲裁判断めぐり

「世界平和フォーラム」で質問に答える鳩山由紀夫元首相=16日、北京(共同 origin_1.jpg


中国主導で世界の安全保障問題などを話し合う「世界平和フォーラム」が16日、北京の清華大で始まった。日本の鳩山由紀夫元首相は、中国の主権を否定する仲裁判断が出た南シナ海問題について「日本や米国は基本的に静観すべきで、中国やフィリピンに圧力をかけて仲裁判断を受け入れるよう促すべきではない」と述べた。

 質疑応答で中国メディアの質問に答えた。鳩山氏はさらに「当事者間の対話と協力での解決を見守るべきだ」と指摘。

 南シナ海の島々をかつて日本が占領していたことや、フィリピンのドゥテルテ大統領が中国との対話を始めようとしていることにも触れ、日米は「あまり外圧をかけるのは好ましくない」と繰り返した。

 フォーラムは17日まで。南シナ海問題や米中、日中関係などについて、各国の元政府関係者や専門家らが議論。2012年から始まり、今回で5回目。(共同)

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160716/frn1607161904007-n1.htm




◆この人物は宇宙人と言われていますが、そんな筈はありません。愛を説く宇宙人が反日一色に固まり日本を貶めることに情熱を燃やすことなどあり得ません。多分中国人か韓国人のハーフでしょう。そうでなければとてもこんな振る舞いができる訳がありません。




鳩山元首相 中国メディアに「日中関係悪化の原因は日本」

に中悪化


鳩山由紀夫元首相が4月初旬、中国メディア訪日代表団と会見し、「日中関係悪化の原因は日本にある」と発言したほか、「日本政府は過去の侵略の歴史について真摯に反省し、中国政府に謝るべきだ」などと述べていたことが分かった。訪日団に加わっている中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報のウェブサイト「環球網」が伝えた。以下、その報道内容から引用する。

 まず、鳩山氏はこう述べたという。

「安倍政権が日中関係を悪化させているのであり、両国関係の現状は非常に遺憾である。日本政府には逃れられない責任がある。中国脅威論をあおり立てるのをやめるべきだ。日本は勇気を出して歴史問題を正視し、両国関係を改善しなければならない」と前置き。

 そのうえで、鳩山氏は「日本は今年から始まった中国の第13次5カ年計画や『一帯一路構想』戦略を利用させてもらって、日本経済が谷間から抜け出すことを助けてもらうべきだ」と語った。

 また、尖閣諸島問題についても、「領有権問題は存在しない」との日本政府の立場について、「日本政府は過去の侵略の歴史を反省、謝罪しなければならない」として、「領有権をめぐる争いがある現状を明確に認めなければならない」と述べて、中国側の主張に同調する姿勢を改めて明らかにした。

 続いて「中国経済は21世紀に入っても速いスピードで発展しており、中国が日本を追い抜いて、世界第2位の経済大国となったことに対して、日本が羨望や嫉妬、恨みを抱いている」と指摘。

 さらに、「日本経済の長期低迷は日本社会に大きな影響を与え、日本人の自信が揺るいでおり、日本の右傾化が著しくなった大きな原因だ」と分析。このうえで、鳩山氏は「これに対して、安倍政権が何らかの刺激により経済を動かそうとしたことが、安全保障法制の整備を進めた理由の一つだ」と強調した。

 鳩山氏は2009年9月から2010年6月まで総理大臣を務めたが、中国では「これらの親中的な発言について、なぜ現職の総理大臣時代に明らかにしなかったのか。いまとなっては遅すぎる。元首相に過ぎないから、何らの影響力もない」とのネットへの書き込みがみられる。

http://www.news-postseven.com/archives/20160413_402098.html




◆この人の弟である故鳩山郁夫元法務大臣は生前こんなことを言っていました。




兄・由紀夫氏の暴走に実弟・邦夫氏「鳩山家の信用傷つけた」

2015.03.14

b0169850_21443521.jpg

鳩山由紀夫元首相の暴走が止まらない。ロシアが軍事力を背景に併合したウクライナ南部クリミア半島を訪問し、日本政府や欧米諸国の「国際法違反」という見解と180度違う発言を重ねているのだ。米国務省当局者が「クレイジー」とあきれる実兄について、鳩山邦夫元総務相が、夕刊フジの単独インタビューで一刀両断した。

 「国益というものをどう考えているのか。イランを訪れたときもそうだったが、なぜこんなに突っ走ってしまうのか」「口をききたくない」

 邦夫氏は、怒りと困惑が混在したような表情でこう切り出した。

 鳩山家とロシアとの関係は深い。日本と旧ソ連が国交を回復した日ソ共同宣言(1956年)は、鳩山兄弟の祖父、鳩山一郎元首相が署名した。ロシアでは「鳩山」の名は特別なものとして受け止められてきた。

 ところが、由紀夫氏の一連の言動はロシアに都合良く利用され、バカにされている面もある。

 邦夫氏は「国益だけでなく、鳩山家の信用をも傷つけた」と憤り、こう続けた。

 「私は日本・ロシア協会の会長として、安倍晋三首相にも報告や相談をしながら、日露関係の発展に取り組んでいる。しかし、ロシア側から『あなたはクリミア併合を認めないのか』『兄さんはあのように言っているんだ』といわれたら、どう言葉を返せばいいのか。日露関係のことでは兄とは口をききたくない」

北方領土交渉など、日露間には困難な課題が多く横たわる。安倍首相はプーチン大統領と首脳会談を重ね、良好な関係の構築に腐心しているが、由紀夫氏の発言がロシア側の都合のいいように利用されることで、無用の混乱が生じかねない。


 「難問を抱えるなか、日露関係の発展に向け、関係者は水面下での努力を重ねている。慎重に、慎重に、ガラスの城を作っているようなものだ。それを兄にガシャンと割られたような気がする。ものすごく腹立たしい」

 一方で、弟の複雑な心境ものぞかせた。

 「悔しいんですよね。兄は努力家だから、権力を取る(=政権交代を果たす)ための努力はものすごかった。しかし、鳩山内閣は『史上最低の内閣』と呼ばれ、米国からはルーピー(=気が変)とまで酷評された。それでひねくれちゃったのかな、と思うんです。政治家は後世の人によって評価されるのだから、兄も静かに過ごしていれば、いずれ評価が変わる可能性もあったのに…」

 由紀夫氏は、弟の諌言(かんげん)をどう受け止めるのか。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150314/plt1503141525006-n2.htm




◆これには米国務省も唖然としたようです。




米国務省、鳩山元首相は「クレイジーだ」 クリミア移住も?

6b5b2bbb.jpg

 鳩山由紀夫元首相が、さらに壊れてきた。日本の政界で、同氏の旅券(パスポート)没収論が浮上したことを受け、ロシアが一方的に併合したウクライナ南部クリミア半島への移住をチラつかせたのだ。情けない美人検事長への接近と、「クレイジーだ」とあきれ果てる米国務省。実弟の鳩山邦夫元総務相も「いよいよ宇宙人になった。少なくとも日本人ではなくなった」と突き放した。

 現職時代、その言動から「史上最低の宰相」と呼ばれた鳩山氏。東大卒の68歳だが、いよいよ客観的判断ができなくなっているのか。

 ロシア通信などによると、鳩山氏は訪問中のクリミア半島セバストポリで12日、ロシア政府高官から日本で難しい状況に陥ったらクリミアに受け入れると提案されたとして、地元記者団に「旅券(没収)の問題が起きたら(移住を)検討したい」と語ったという。

 これをロシアメディアは「鳩山氏クリミア引っ越しも」などと、冗談めかして報じた。

 鳩山氏はクリミア入りしてから、軍事力を背景にした併合を「国際法違反」とする日本政府の立場とは180度違う、「(クリミアでの住民投票は)ウクライナの憲法に則って平和裏に、民主的に行われた」「多くの(日本)国民が、間違った情報の下に洗脳されている」などと、ロシアに正当性を与える言動を繰り返している。

 ロシアの報道は、鳩山発言を国際社会向けに都合良く利用しながら、内心では「○○とハサミは使いよう」と嘲笑しているようにみえる。

 フジテレビは13日午前、米国務省当局者の「(鳩山氏のクリミア訪問は)クレイジーだ。彼の行動は間違っている。外交的に信じられない」とのコメントを報じた。

 日本男子の恥といえる、情けないニュースがまだある。

 鳩山氏は自ら要望して、「美しすぎる検事」などとネット上で話題になった「クリミア共和国」のナタリヤ・ポクロンスカヤ検事長(34)と面会し、「お会いできて光栄だ」と語ったというのだ。

 ロシア側は「日クリミア友好協会」の設立を提案し、鳩山氏はこれを受け入れたという。クリミア側の会長にはポクロンスカヤ氏が就任するというが、鳩山氏を取り込もうとする一種の「ハニートラップ」に自らはまったのではないか。

 実弟の邦夫氏は12日、BSフジの番組で、兄について「話にならない。日本人ではなくなった」と批判。「兄は政治家をやめたが成仏していない」といい、国益を損ねる危険性を見据えて、「旅券を取り上げる英断があっても良かった」と指摘した。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150313/plt1503131700002-n1.htm




◆血は争えないといいますが、鳩山郁夫の反日言動が半端ではないのは、彼が日本人ではなかったからです。




由紀夫は祖父鳩山一郎が朝鮮人の妾に産ませた子である

鳩山由紀夫は、実際は戸籍上で祖父となっている故・ため、由紀夫にとって一郎は祖父ではなく実父であり、戸籍上父となっている故・威一郎は異母兄弟で邦夫は甥なのである。当然ながら、当時既に威一郎と婚姻関係にあった安子に認知させ、養子という形で威一郎と安子の子どもという事になった。

それは、去年の安子の葬儀の際に喪主を置かず、「遺族代表」という代替のポジションを作って次男の邦夫に任せ、長男とされている由紀夫が葬儀を一切仕切らせてもらえなかった事が全てを証明している。由紀夫が安子の実子でない事をひた隠しするため鳩山家がとった苦肉の策なのである。

由紀夫が歴代の鳩山家の人物と全く顔が似ておらず、邦夫とも全く顔が似ていない(邦夫は父・威一郎に似ている)。由紀夫が朝鮮人の血筋であり、宇宙人ではなく半島の顔をしている事に多くの日本国民は早く気づくべきである。

【魔都見聞録】暴走伝書鳩を、友愛のボートに幽閉したい[桜H26/11/24]


https://plus.google.com/108978573823474125499/posts/2tMKvY4d9e6




◆朝鮮の遺伝子が鳩山由紀夫の奇妙奇天烈なふるまいを決定しているのは間違いないようです。父鳩山一郎と鳩山家に対するル・サンチマン、韓国流にいえば恨みがあるのでしょう。
今後も彼の中韓を利する言動は更にヒートアップしていくのは間違いありません。

◆鳥越俊太郎や鳩山由紀夫のような反日活動家が跳梁跋扈するには理由があります。日本には諜報機関がなく、大学やメディアの世界における、中朝の工作員の動きを把握できていなし、その活動を取り締まることができないからです。彼らは憲法改正反対し、自衛隊を否定するのは日本の自衛権を奪い中朝の侵略を容易にするためなのです。

◆鳩山・鳥越のみならず、最近の左翼はリベラルを通り越して中朝の走狗、異形の魔物に化したように思えてなりません。自虐史観で固まった彼らには、愛国心というものが全く欠落しています。政府に国民の生命財産を守る意思があるなら、外患誘発罪で彼らを告発して逮捕投獄するか、もしくは国籍を剥奪して国外追放するほかありません。

▼すべては米国の衰退による結果だ。日本は本気で自衛しなきゃニャア!!!


7db36f69d96153e82f28fc4c9a7ac3d4.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR