ポールシフトに注意


◆地球の次元上昇に伴い、これから様々な異変が起きるようです。何事もなければいいのですが・・・




宇宙評議会のジャイコムメイヤス/近い将来地球に起きる事象  2016年8月9日

20151221_904289.jpg

Earth events anticipated to occur in the very near future
Jaicommeias/Council of the Universe
Chaneller:Taki Chino

私は、宇宙評議会のジャイコムメイヤスです。地球に転生しておられるライトワーカー皆さん、私にとって、ここでこのように皆さんとお話ができることを無上の喜びとするものです。

宇宙評議会は、この宇宙、およびその他の全ての宇宙に起きる事象を見守り、管理している評議会です。

今、地球は次元上昇の只中にあります。2016年7月27日 には、地球は3次元の波動から脱して5次元の波動で振動するようになりました。これによって、皆さんの中で波動上昇、次元上昇の備えができた人達は、地球 の5次元波動に同調して振動しています。そうではない人達については、地球の5次元波動には同調せず、従来通り3次元の波動に同調しているので、周囲の雰 囲気に違和感と混乱を感じているものと思われます。この非同調の期間は長くはなく、3次元にとどまる選択をされた人達は、いずれ遠くない将来に、地球以外 の3次元の惑星に移住することになりますので、違和感、混乱も、それまでのことになるでしょう。

しかし、近い将来、以下のような、地球に関する災厄的な事象が起きる可能性が高いので、皆さんには、あらかじめそれらについてお知らせをし、注意を喚起したいと思います。

1  地軸の揺らぎ

2016年8月19、20日の二日間で、天体同士の引力の影響により、10分間に0.1度の角度の大きさと速度の地軸の揺らぎが合計20回程起きるでしょう。この事象は一回だけではなく、10月半ばまでの間、何回か起きるでしょう。

texashshift[1]_11


0.1度は、地表の距離11Kmに相当します。 この揺れが10分間で起きるのですが、最高速度は時速66Kmに相当するので、遅くはありません。特にこの速度にまで達する加速度が問題です。人が倒れた りするような急激な加速ではありませんが、建設中の構造物に被害が及ぶような事故が起きる可能性があります。人や動物がパニック状態になることも考えねば なりません。

2  地球の直径の拡大

12月末以降、地球の直径の拡大が進み始め、地表には大きい割れ目が生じ、火山活動が活発化し、大きい地震が発生する可能性があります。

来年4月以降8月末までの間の4ヶ月間で、地球の直径は 12%拡大するでしょう。大亀裂、それに伴う大地震、大津波が発生するでしょう。地表の割れ目に海水が流れ込み、大海峡が構成されることでしょう。各大陸 には数本ずつの大亀裂が形成され、それぞれに海水が流れ込むので、大陸は、細かく分割されることになるでしょう。道路、鉄道は分断されることになるでしょ う。

http://www12.plala.or.jp/gflservice/JaikommeiyasEvents160809.html




◆シンクホールや地滑りが頻繁に起きるのは地球直径が拡大しているからでしょうか。

141027-1d.jpg

sinnkuho-ru4.jpg

e1698d57.jpg

inside_yamal_crater.jpg

◆このメッセージでも同じようなことを言っています。




集合体からのメッセージ 2016年8月5日

http://sananda.website/the-collective-via-caroline-oceana-ryan-august-5th/
The Collective via Caroline Oceana Ryan, August 5th

こんにちは、道を示す者たちよ!

あなた方の内の多くが非常に長い間この世界に起きると夢見ていた、注目すべき、だけではなく、日常の暮らしを変革させるほどの変化を待ちきれないでいることは良く分かっています。

私たちにはこれらの変化がすでに起きつつある多くの分野が認められますが、これらがあなた方の日常生活にどのように影響するかをはっきりさせたいと思います。

なぜなら今非常に大きい変化が予想されるからです。

あなた方は、経済的な負債システムからだけでなく、困難で苦痛を伴う日常生活の維持をしなければならないとの圧力からの解放を思い描いています。

あなた方はまた、子供として希望する、喜び、探索、他者の救済の表現、あるいは創造性(他者に対する大きく、ポジティブな助けになる)の表現の自由がある暮らしの実現を思い描いてきました。

あなた方はガイアの大気、水の浄化、植物、鉱物、および動物にとって価値がある尊敬と愛に基く気遣いをしながらのそれらの保護を夢に見てきました。

そしてあなた方は責任ある者が光をもたらし、5次元の意図と 形式に基づいて働き、力と分割という3次元的な行動をしないようにするために、国内、政府、経済、宗教、あるいは教育上の地球上の全ての抑圧的システムを 内から外へと改革することを要求し、ますます命令するようになってきています。

これらの変化の全てはすでに生起していますが、まずはあなた方自身の意識の中に生まれていることを理解してください。

あなた方は、突如宇宙船が上空に出現して古い構造を解体し、その代わりに新しい5次元構造を構成するような、突然あらゆることを解決するあることが起きるような世界を創造してはいません。

このようなポジティブな介入が起き得ましょうか?あ る時に、それが起きましたか?そう、ある種の介入はすでに行われ、いまだに続いています。宇宙船が出現してサイロから発射された核ミサイルが動作不能に なったということを聞いたことがあるかもしれません。軍隊や世界中のそのほかのソースからこの種の報告が行われていますが、これらは真性ものです。

けれども今申し上げていることは5次元の現実ではなく(なぜならこの様なことは如何なる文明においても起こり得ないからです)、あなた方が作り出したものなのです。

今あなた方からは疑問が提示されるでしょう。”5次元の世界を創造する方法についてはなにも考えがうかばないが、どうすればよいのでしょうか?”

申し上げることは、あなた方はすでにそうしている、ということです。

あなた方の惑星に注ぎ込まれている強力なエネルギー波、頭頂 のチャクラから注入され、体全体で吸収されているあらゆる光データ粒子によって、まさにあなた方という存在によって新地球を創造し、実際に形成する力を持 つより高い次元の存在へとあなた方自身が変革を行っているのです。

旧政府、旧経済システム中の者、あるはそのほかの腐敗した者を排除するための3次元的なやり方はもはや不要です。

なぜならNESARA法はすでに存在し、これによってコモンローと宇宙法の両方に従う、完璧な方法での古いシステムの解体を確実にする準備が進んでいるからです。

私たちはあなた方の存在そのもの、強力な光の伝送力、今得られ得て、そして今そうなりつつあるように、地球上での暮らしのビジョンを思い描く、より高い次元の思考形態についてお話をしているのです。

そして私たちはこれらのより高い次元のエネルギーのカプセル化についてお話をしています。なぜならあなた方はあらゆる瞬間にそれらを地球自体のための新たな現実として定着させるからです。

あなた方もガイアも声高に求めていた介入は実際に、地球へのより高い次元の周波数の導入を行う光の伝送という形で行われています。

あなた方と惑星地球の全てが今これらの周波数と混ざり合い、共振し、ますますあなた方の意識と肉体にとって自然なものになりつつあります。

あなた方自身の振動の一部として受け入れている全ての光の粒子が数千年の間の抑圧と闇の支配からのあなた方の惑星の解放を助けています。

あなた方が得る新しいレベルのあらゆることが、この惑星を取り囲んでいる天使と大天使の一隊があなた方の世界へとますます踏み込んできて、彼らの美しい仕事ができるようにするレベルにまであなた方のハート・マインドとソウルの意図を開かせます。

これは、新しい力づけとなるイベント、思考形態、発明、および社会的、経済的な形が、あなた方にとってますます可能に、現実的になり、5次元の日常生活への道をならすことを意味します。そこで、あなた方は救われつつあると思いますか?

それは確かなことです。しかし、この救済を行っているのはあなた方全てなのです。あなた方自身のために、そしてあなた方の惑星のために。

より高い次元の領域にいる私たち全てはあなた方 とあなた方の惑星がすでに決定したことを支援するために前面に出てきているだけです。私たちの介入は、可能であるだけでなく、宇宙法の許しを得て行われる ものであり、あなた方の自由意志が奪われたので苦しんでいたからだけではありません。

介入はあなた方という存在の奥底からの期待、強力な意図、指令によって可能になったのです。

ですから、そうです、自分たちが犯した犯罪に対 する回答を示さねばならない者たちが急速に解体される権力構造の中での足場を失い、彼らの嘘と隠れ家がもはや真実の光にさらされないようにできなくなるの で、古いインフラストラクチャーの崩壊がますます進むのが見られるでしょう。

地球が古いシステムの害毒を放出するので、洪水、地震などの災害が複数の場所で起きるのが見られるでしょう。

そして、時には不快で奇妙に思われるでしょうが、あなた方自身のエネルギーの解放が見られ、体、マインド、およびスピリットが3次元の害毒を解き放ち、全ての細胞を自分のハイアーセルフの中へと上昇させるでしょう。

NESARAはお金の問題だけではない、とは聞いたことがあるでしょうが、これでも非常に控えめな表現です。

あなた方が日々請求書の支払いに身を粉にし、自分と他の者を暮らしの大海の波の上に浮上させようとしていますが、この大海も今変わろうとしていることをわかってください。

この大海はこの惑星上の命のエネルギーであり、あなた方自身が決定したことがあなた方の新たな現実になるように形作られようとしています。

あなた方は何事をも待っているわけではありません。あなた方は、全ての文化と国が公正に平等に、全ての者に対する尊敬と共感で運営する、政策決定グループの重要なメンバーなのです。

あなた方は銀河間連合とアシュターコマンドの一員なのであり、救済を待っている誰の奴隷でもありません。

(今直ちに)立ち上がり、私たちとともに発言してください。なぜなら、あなた方と共に私たちは、”暮らしなれているあらゆる受動性と矮小さをやめます。私は今NESARA法の実施を要求します!私は新地球の運営を今推進します。これについて感謝します。”と叫ぶからです。

このチャネラーが言うように、叫び、実行してください。
そして、幾世紀にも亘って落とし込まれていた、主人がテーブルから投げ捨てるあらゆる廃物を待っているような、この古いプログラムが今崩れつつあり、日常、思考、命に対する理解のどの部分をもそれに振り向ける必要がないことを分かってください。

この新たな力づけがあなた方を勇気付け、あなた方の完全で喜びあふれる行動を待っています。

もう待つことがないようにしてください。

ナマステ、親愛なる皆さん!私たちはいつもあなた方のそばにいます。


http://www12.plala.or.jp/gflservice/MessageFromCollective160805.html




◆米国では既に洪水、山火事、などの災害が毎日のように起きていますし、ポールシフトが起きればNESARAどころじゃありませんね。地球の科学者たちもポールシフトの起きる日を具体的にしているようですが、チャネリングメッセージより、シビアな予測を立てています。信じたくはないですね。




科学者「2016年6月~8月の間に急激なポールシフトが発生→70%の生物死ぬ」

Tocana_201601_post_8360_1.jpg

■そろそろ起きる? ポールシフトとは?

“北と南が反転する”とはなんとも信じがたい話ではあるが、これまでの研究から360万年に11回もN極とS極が反転する「ポールシフト」が起こっていたことが判明している。ポールシフトとは、地磁気の反転のことであるが、地質学者らによると直近のポールシフトは77万年前、石器時代であったと想定されており、この時代は現代とは逆で“N極が南でS極が北”を向いていたというのだ。また、計算上33万年に1度はポールシフトが起きていたことになるのだが、前回のそれからすでに44万年の時が経過しており、代々研究者らは固唾を呑んで見守ってきたという。

 しかし、ここにきて「そろそろ起きるかも」と囁かれ続けてきたポールシフトが、どうやら科学的にも現実味を帯びてきたというのだ。

■ポールシフトの前兆? 磁場の急激な弱まり

 英「Express」紙は“米国の宇宙機関は、地球がポールシフトに向かっていることを確信している”と報じており、地球の磁場が過去160年もの間で大きく衰えていることが科学的にも確認されているというのである。…
地球物理学研究所でポールシフトを専門的に研究しているジャン=ピエール・バレ博士は、「地磁気反転が発生する時に現れる、最も劇的な変化は全電界強度の非常に大きな減少である」と語っており、現在の地磁気の大きな衰えは、今後地球が大きな地磁気反転(ポールシフト)に向かっていることを意味するかもしれない、と主張しているのだ。

 他にもドイツのニーメック地磁気観測所の科学者モニカ・コルテ博士は「ポールシフトは突如発生するものではなく、ゆっくりと、徐々に起きる。その間、地球の磁場は弱く複雑になり、しばらくは2つ以上の極を示すようになりますが、しばらくしたのち強く反対方向に引っ張られるかたちでポールシフトが終了する」と語っている。

 ではこの『磁場』が弱くなると地球はどのような状態になるのだろうか――。

■太陽からの放射線をもろに浴びる?

 まずポールシフトが起きる前兆として地磁気(地球の磁場)が急激に弱まるということだが、この磁場が弱まると地球は最大で200年もの間、太陽放射にダイレクトにさらされる危険がある、とNASA(米国航空宇宙局)の科学者が警鐘を鳴らしている。この強力な太陽光放射により人類は皮膚ガンを発症、世界中の電子機器がダウンする。もちろん人工衛星や飛行機などの無線システムにも多大なる影響が出るということだ。

 また前述した主張を裏付けるようにNASAの火星探査計画「MAVEN(メイブン)」の主要計画者であるコロラド大学ボルダー校ブルース・ジャコスキー博士も、「ポールシフトが発生する際、太陽からの放射線を防御する地球の磁場は非常に弱くなり、地球は危険な放射線に無防備にさらされることになる」と語っている。

ジャコスキー博士率いる同校・宇宙大気物理研究室では、昨年メイブンの観測結果から“火星ははるか昔、水が液体となって存在できる気温と、厚い大気が存在していた”と発表し、世界中の注目を集めたが、その後の研究の結果、博士は「火星は太陽系の始まり以来、数十億年もの間、激しい太陽風を浴び続けてきたことが水と大気を失った原因である」との研究結果を発表、火星がなぜ99%もの水や大気を失い、現在のような姿になってしまったのか原因を明らかにする歴史的な発表につながったのだ。

 また博士はポールシフトについても「地球にポールシフトが発生した場合、その後約200年は地球も数十億年前の火星と同様に磁場を持たない状態になる」と語っており、地球は火星が壊滅的な被害にあったように太陽の放射線を直接浴びる危険性を示唆している。

 しかし、怖がることはない。博士はたった200年では大気が完全に消滅するには至らず、生命体の滅亡にまではいかないだろう、とも語っているのだ。

 またNASAの火星計画主任研究員であるマイケル・マイヤー博士は、「火星は現代よりもはるかに活発で、強力な太陽の放射線にさらされていた」と語っており、「その強力な太陽放射線に数十億年という長い歳月をかけてさらされてきたが、いまだ1%の大気は残っている」と火星がさらされてきた太陽放射線と地球のそれとでは比べ物にならないとしている。

■地磁気が弱まると人類は暴徒化する!? 人類への影響は?

 しかしながら、地磁気という大きなバリアを失った状態が200年も続けば、地上では驚くほど美しいオーロラが出現する一方で、人類への影響はありえるだろうと懸念する声もあるのが現実なようだ

ただ残念ながらポールシフトがどのような原理で発生しているのか、研究と解明を試みている最中であり、明確な答えがないのが現状である。ロチェスター大学地球物理学のタージュノ教授は「はっきりといえるのは、地球はポールシフトに向かって進行しているということ、そしてこの160年間で驚くべき速度で急速に磁場が減少していることである」と語っており、その時期がそろそろ近いことを示唆しているのだ。

■今年2016年が鍵? NASA元職員の証言

 これまでも数多くの科学者たちがポールシフトについてそれぞれの主張をしてきたが、ここにきてNASAの元職員の科学者、サル・コンティ博士が2016年6月から8月の間にポールシフトが起きる、と緊急メッセージをYouTubeで公開している。

 博士が言うには、2016年6月14日から2016年8月19日の2カ月間で非常に急激なポールシフトが発生するという。現在まですでにゆっくりとポールシフトは進行しており、この6月から8月の2カ月間で急激に磁極の入れ替えが終了、ポールシフトが完了するというのだ。

 博士はポールシフトが起きると、地球の磁場の影響で多数の生物が莫大な放射線の影響を受けるという。その生存率たるやおよそ30%である。なんと厳しい環境下であろうか。しかも生存した30%にはさらに過酷な環境が待ち受けている。何とか生き残った生存者らにも放射線の影響が身体的、生理的にも深刻に現れ、遺伝子レベルにまで深く影響が及ぶということだ。

http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201601_post_8360.html





Sinkholes The Groundbreaking Truth



▼脅かすんじゃニャイ!

photo-3-20150507091545.jpeg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR