ヒラリーの怪



◆11月の米国大統領決戦に向けてドナルド・トランプとヒラリー・クリントンがデッド・ヒートを展開していますが、ここでヒラリーに深刻な健康問題が浮上して、支援者にg不安が広がっているようです。

ennzetukai.jpg




Hillary Clinton's health in rapid collapse... voters in shock after photos show her unable to walk up small flight of stairs

ヒラリー・クリントンの急速な健康崩壊...小さな階段を一段上がることもできない姿の写真に有権者はショックを受けている。

(NaturalNews)少なくともこの5年間、ヒラリー・クリントンの健康は急落しろしい兆候が現れ続けています。彼女の繰り返す大な咳と、発作のような頭部の動きや挙動に、彼女の奇妙なスピーチの途切れには、多くの人が普通にヒラリー・クリントンは、神経症、または認知崩壊の真っ只中にあるのではないかという疑問を持っている。

Hillary-Clinton-frailty-640.jpg

そして、更に付け加えるなら、全国に懸念がひろがっているのは、公衆の面前で、緑色の「天国の門のカルトのワードローブ」ロングコートを着ている負けず嫌いな、この特別な女性の健康についてである。写真はヒラリークリントンが屈強な男たちに支えられなくては一人で小さな階段を」上がることもできない姿を映した写真が浮上してきたからである。

Hillary-Clinton-unfit-600.jpg

それは、オバマ大統領がドナルド・トランプは大統領として「不適」と指弾したわずか数日後に起きた。

この疑問に答えるために納税者にサービスを提供する、UStaxpayer.orgは:それをすべて言うこの写真の要約を掲載した。複数のカメラで発作が捉えられており、ヒラリーには介護が必要で、思考がまとまらず演説が途切れると彼女の夫が呼ばれる。彼女のロング・コートは大人のおむつを隠すためのもので、これらはヒラリーの認知機能が崩壊している証拠で、彼女は大統領には不向きだとドナルド・トランプが云っている。

ヒラリー・クリントンの認知機能が崩壊している他のサイン

・聴衆からの質問に100%承認される原稿を書いても、ヒラリーは原因不明の難問を解決することは出来ないだろう。(ドナルド・トランプは一日中それらの問題を取り上げるけれども)

・バーニーサンダーズを含む生討論会において他の大統領候補者で、討論することでの彼女の極度の恐怖。

・彼女の傾向:完全に他のヒラリーの奇妙な発作のような動きに、インタビューする記者がぞっとしてパニックに。彼女の奇妙で不可解な犬のように吠える姿がビデオカメラにキャッチされた。

・彼女の傾向 に 完全 ヒラリーの奇妙な動作に驚きパニックになるレポーター

Hillary-Clinton-shocked-reporter-600.jpg

・ヒラリー・クリントンの吠え声とバネ仕掛けの人形のような発作のショウ

Hillary Clinton Bark and Bobblehead Seizure Show



•彼女の舌の上の奇妙な病変、彼女の脳に血液凝固、神経学的な問題か・・

The Truth About Hillary's Bizarre Behavior


ヒラリー・クリントンを、首尾一貫し、エネルギッシュであるように見せるため、必死に働いている左翼メディア全体が、何でもないふりをしているが、この偽メディアを除いた、すべての普通のニュース報道のアナウンサーは知っている。彼らが実行している大規模な選挙劇の一部は、一般大衆からヒラリー・クリントンの奇妙な障害と行動を隠す必死に努力していることを。


実際、メディア全体が故意に本当のことを質問されることを拒否し、クリントン家についてのすべてを隠している。
ビル・クリントンのレイプ、女性への性的虐待、クリントンファミリー財団、増え続ける刑事恐喝操作、クリントンまたはDNC(民主党)のために働くために雇われて死んだ人の増加、これらの物語はいずれも、1分ニュースネットワークの取材で報道されたものであり、いずれにせよ100%がクリントン犯罪カルテルのポケットの中にある。

これらの報道機関が意図的にヒラリー・クリントンの悲惨な健康崩壊について、真実を隠ぺいしていると同時に、刑事告発の行動と性犯罪者の夫ビル、彼らはドナルド・トランプに対する歴史の最も誤ったスミアキャンペーンを推進している。
彼らが発する、すべての言葉は歪曲された文脈外で引用され、嘘をついたり、または偉大なアメリカを称賛するする人のすべてを憎悪し、それによって犠牲になったと称する、反米主義の偽犠牲者の例を挙げ、偉大なアメリカの再建など出来ないと主張することによって非難されている。


我々は唯一独立系の代替メディアによって、ヒラリー・クリントンの健康崩壊を見つけ出している理由である。大方の主流メディアはヒラリー・クリントンが公共の場で発作を持つ、あるいは立会演説で他の候補を議論しようとすると、階段を上って落下するのを見せるなど敢えてしないからだ。


狂気、金切り声、 短絡・・・オバマはそれを大統領に相応しいといったのだろうか?

舞台裏では、ヒラリー・クリントンが不合理な敵意と怒りのエスカレーションを繰り返しているにもかかわらず、まだ主流メディア全体がDNC(民主党)と左翼メディアが不正を行い、ヒラリーは、知的で、冷静、思いやり、正直かつ倫理的であるなどと述べている。


問題は誰も、最早メディアを信じていないことだ。より多くの真実が(ロシアに米国のウランを売り、ハイチの被災者の義援金から何百万ドルを略奪など)ヒラリーの国務省における不祥事について出続けているように、ヒラリーのための任意の実際の支援は、すべてが、蒸発した。


そして更に悪いことに、CNNはヒラリーを支持する偽の群衆をステージ上に持っている。なぜなら本当の群衆を見つけることができないからだ。(実際の左翼のすべてがバーニー・サンダースのサポーターであり、右翼のすべての人々がトランプのサポーターであるからだ。)


最近ロイターが認めたように投票でさえ体系的に偽造されれている。ドナルド・トランプまたはバーニーサンダーズの現実的な大衆のサポートが圧倒的な時にさえ、それらは、いつもヒラリーが10-15ポイント景気づけを持っていることを確かめるために数学的に微調整しているのだ。実はドナルド・トランプは全米を横断して地滑り的サポートを楽しんでいある。もし選挙が今日行われるなら彼は圧倒的余裕で大勝するだろう。


彼女が選挙に負けた後に、あなたは、恐怖のヘルガの議会で彼女が働いているのを発見するかもしれない

それは悲しいが、真実である:ヒラリー・クリントンは、好かれない人物であり、」恐ろしく吐き気を催させ、怖いと反発を受ける人間である。地球上の誰もが近くにいて楽しくはなく、誰も彼女を好きではない。彼女の政治的支援者の大半は、実際にから来ているクリントン家によって「自殺」されるのを恐れている人々だった

参照:最近の弁護士の死とサンダースのサポーターの死、この場合は、死体で発見されている。
彼らはバーニー・サンダースに対するDNCの詐欺を公開しようとした。

悪魔に所有されているヒラリー・クリントンはマインド・コントロールにかけられた生物ロボットのような存在で、彼女はカルトリーダーのようなドレスを着て、中世ダンジョンの拷問少女のように話す。彼女が最もふさわしい場所はホワイトハウスではなく、むしろ ヒラリー・クリントンがなった奇妙な神経学的オカルト・ショーを見る物好きで、ナイーブな観光客が5ドルを支払うことができる恐怖のヘルガの家(化け物屋敷)であろう 。

もし何とかして、モンサントの常軌を逸した科学者が、ヒラリー・クリントンの脳を、遺伝子組み替えの脳細胞ゼリーでいっぱいの容器の中で生かしておくならば、彼女は認識する存在であり続ける だろう。人類へのこのような脅威を与える続ける。このヒラリー・クリントンの脳は、どこかの洞窟の中で容器に密閉してロックをかける必要がある。
文明はまだそれを発見していないし、電源を確認すると、誤ってヒラリーの悪魔を解き放つことになる。

ヒラリー・クリントンは不滅性テクノロジーについての単一の最も大きい論拠である。
この抗ヒト型モンスターが永遠に生きることができるとしたら、人類は恐ろしいろしい運命を想像できるだろうか?

人類の未来に対して私達のすべてが持つ唯一の救いは、ある日ヒラリー・クリントンの生命も他のみんなと同様に終わるということを知っていることだ。

いかなる政治権力者であっても、殺人のため、騙すため、破壊するために、生涯を費やしていても、老化から死に至る方法を考え出したグローバルエリートはまだいない。

拙訳:唖蝉

http://www.naturalnews.com/054918_Hillary_Clinton_declining_health_neurological_seizures.html




◆ヒラリーはクローンであるという噂がありましたが、やはりそうなのかもしれません。クローンはドッグイヤーで老化が早いとも言われています。失禁用の紙おむつを着け、ちょっとした階段を介助なしに上れないような老化ぶりはやはりクローンの一人ではないでしょうか。

1-photo-u1.jpg

CaLJ9foUMAIrZRa.png

hillary-clinton-old.jpg

◆演説会で張り切っているヒラリーは、突然スイッチが切れたロボットのように絶句して固まることがあるようですが、それもクローンである可能性は否定できません。
しかも彼女のクローンは4人いるともいわれていますが、こうしてみるとどれが本物か見分けることができません。

hillary-old-3.jpg

13950836148974.jpg

Hillary-Clinton620.jpg

◆いずれも邪悪な目つきですね。一つ言えることは、こういう邪悪なモンスターがホワイトハウスに入ることはなく、もうすぐこうなるのではないでしょうか。

for-Prison.jpg


▼逮捕?いや、それはない!ヒラリーと逃げるだろうニャwww

55191180.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR