日本の好意が無駄になる



◆日本はベトナム、フィリピン、インドネシアなどの国々へ巡視船10隻を供与するのは、南シナ海における中国の領海侵犯を防ぐのが目的でしたが、どうも風向きが怪しくなってきたようです。




日本供与の巡視船がフィリピン到着 武器輸出緩和で可能に

巡視船


【マニラ=共同】日本政府がフィリピン沿岸警備隊に供与する巡視船計十隻の最初の一隻が十八日、マニラ港に到着した。日本政府は、南シナ海問題を巡り中国と対立するフィリピンの海上警備能力向上を図る狙い。二〇一一年十二月に武器輸出三原則が緩和され、安倍政権は一四年四月に防衛装備移転三原則を決定、「武器」である巡視船の国際貢献目的での提供が可能となった。

 巡視船は、引き渡し時に機関砲などは装備されていない。しかし、防弾のために装甲を強化しているため「武器」として扱われる。今後、フィリピン側で改造などが行われる可能性もある。日本政府は約百八十七億円の円借款で、全長四十メートルの巡視船計十隻を一八年末までに供与する。

 フィリピン沿岸警備隊のメラド長官は到着式典で、南シナ海で実効支配を強める中国を念頭に「洋上で横行する“いじめ”に対し、国民のために立ち上がる」と決意表明。海洋国家ながら装備の貧弱な沿岸警備隊の装備近代化の必要性を訴えた。

 巡視船供与は一三年七月、フィリピンを訪問した安倍晋三首相がアキノ前大統領との首脳会談で表明。一隻目は一五年十月にも引き渡される予定だったが、フィリピン側の事務手続きが滞り、大幅に遅れた。

 今回到着した巡視船は、フィリピン南西部スルー海にあり国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産にも登録されている岩礁自然公園の名を取り「ツバタハ」と命名された。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201608/CK2016081802000231.html




◆ところが親日的だったベニグノ・アキノ大統領から、ロドリゴ・ドゥテルテが大統領に代わって、対中外交が180度変わり、日本政府の思惑はどうも怪しくなってきました。ドゥテルテは大統領経験者のジョセフ・エストラーダを中国に派遣して中国との友好を深める準備を始めています。




次期フィリピン大統領、「祖父は中国人」と語る親中派


ドウテルテ

米豪との国交断絶に言及したことも

 フィリピンでもトランプ現象か。6年に一度のフィリピン大統領選挙で南部ミンダナオ島最大の都市ダバオの市長、ロドリゴ・ドゥテルテ氏の当選が確実になった。「犯罪者は殺す」といった過激発言の連発で、米大統領選を席巻するドナルド・トランプ氏に例えられる。現職のベニグノ・アキノ大統領の下で「東南アジアの奇跡」と称された経済発展を維持できるかどうかは、不透明だ。

 「フィリピンのトランプ」と呼ばれる前は「ダーティーハリー」がニックネームだった。1988年にダバオ市長に就任して以来、徹底した犯罪対策を推し進めてきた。自前の「処刑団」を組織し、超法規的に殺害した人数は1000人を超すとの説もある。事実なら法治国家では許されざる行為だが、悪を力でねじ伏せる米映画の主人公にだぶらせるフィリピン有権者も多かっただろう。

 父親をマルコス独裁政権下で暗殺されたアキノ大統領は「独裁者を復活させてはならない」と警鐘を鳴らしていたが、本人は意に介さない。投票を目前にした候補者による討論会でも「大統領になっても法の範囲内で犯罪者を殺害していく」と吠えた。

 人権意識には疑問符がつく。レイプ事件の被害者をからかうような発言で物議を醸した。米国やオーストラリアから抗議されたが、「黙れ。大統領になったら(両国との)関係を断ち切ってもいい」と断交までちらつかせて一蹴した。強面ぶりは内外を問わない。

 そんなドゥテルテ氏が柔軟な態度をみせている相手が中国だ。「私の祖父は中国人。だから中国とは戦争しない」「中国がテーブルについてくれたら話し合いをする」。中国とは南シナ海で領有権問題を抱えているにもかかわらず、対話重視をにじませ、外交でも親米路線のアキノ政権とは一線を画す。「ドゥテルテ大統領」が実際に親中へ傾斜すれば、アジア地域のパワーバランスが変化する可能性もある。

 選挙戦の序盤は上院議員のグレース・ポー氏がリードしていた。法人税の減税や交通インフラの充実などを唱えていたポー氏は経済重視。捨て子だったが、かつて大統領候補にもなった俳優フェルナンド・ポー・ジュニアの養女として引き取られ、権力の階段を昇る生い立ちにもドラマ性があった。

 しかし、アキノ氏が自ら後継指名したマヌエル・ロハス前内務・自治相とともにダバオ市長の後塵を拝した。経済は急成長したものの、有権者の関心は犯罪や格差に向かった。成功モデルとみられていたアキノ政権の経済や外交を継承しようとした選挙戦術は失敗。既成政治にはない魅力を放つアウトサイダーに支持は集まった。

 もっともトランプ氏が共和党候補の指名を確実にしてから口を慎んでいるように、「ドゥテルテ大統領」が現実路線に転じるシナリオも否定できない。地元ミンダナオ島は長くイスラム過激派の最前線で、外資には近寄り難かったが、もともと金、銅、ニッケルなど天然資源の豊富な土地だ。人口も2000万人。和平への道のりとともに日本などからの資金も流入してきた。経済政策については多くを語ってこなかったが、国民生活の安定に有力国からの支援が欠かせないことは身に染みてわかっているだろう。

 フィリピンでは米国のような二大政党制は確立していない。大統領選びはより人物本位だ。7000もの島に分かれるだけに最大の武器は知名度。元大統領の子女やテレビのスターが強い。ドゥテルテ氏はその人気投票を過激な物言いで制した。6年後の次期大統領選挙までアキノ時代の繁栄を懐かしむ声を封じるにはパフォーマンスだけでは不十分だ。
春柳 弘 ( 国際ジャーナリスト )

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00010000-socra-int




◆米国でトランプ旋風が起きて以来「反知性主義」という言葉が流行するようになりましたが、ドゥテルテ人気も同様、フィリピンは元来反知性主義者が人気を博する国だと言っていいでしょう。

◆ドゥテルテの名代で訪中している、第13代大統領ジョセフ・エストラーダもまた然り、大学を中退し芸能界に入り、アクションスターとして一世を風靡します。

エストラーダ

エストラーダは俳優時代、腐敗した金持ちの金を奪い、貧しい人に金を与えると云う日本の鼠小僧治郎吉のようなヒーローの役を演じていました。エストラーダは映画のヒーロー、義賊のように貧しい人のために活躍をしてくれる期待から大統領に当選したと言われています。

◆しかし、反知性主義者エストラーダは経済や外交の政策で失敗し、不正蓄財疑惑により議会から弾劾の訴追を受け、2000年11月13日に弾劾動議が成立し退陣、その後逮捕服役しています。 そして同じく反知性主義者ドゥテルテは血も涙もない殺人鬼でもあったのです。




たった1000人!=「犯罪者」の殺害数-比大統領

650.jpg

【マニラAFP=時事】フィリピンのドゥテルテ大統領は17日、警察創設115周年式典で演説し、麻薬犯罪者を不法に殺害していると国連から批判されていることに対し「なぜこう安易に国連が国に干渉してくるのか。

死んだのは、たった1000人だ」と反発した。国連に対し「非常にばかばかしい提案」をやめ、内政干渉を控えるよう逆に警告した。

検事出身の「ダーティハリー」=ロドリゴ・ドゥテルテ次期比大統領

 海外の人権団体に対しても「われわれを犯罪者扱いする」のをやめなければ、フィリピンでは良い扱いは受けられないと強調した。
 大統領は5月の大統領当選以降、犯罪との流血の闘争を宣言。民放ABS-CBNは、それ以来1054人が殺害されたと報じている。うち400人以上が、正体不明の自警団に殺された。

 こうした事態に対し、国連の潘基文事務総長は6月、司法手続きを経ていない殺害であり「不法で基本的人権と自由の侵害だ」と非難していた。(2016/08/18-11:54)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081800392&g=int






【閲覧注意】連日の「処刑」ラッシュで、町中が遺体だらけの血まみれに…! フィリピンの武闘派大統領・ドゥテルテの“最凶”世直し計画!

ダバオ市

この数年におけるフィリピンの経済成長には目覚ましいものがあるが、一方で貧困や犯罪率の高さはさほど改善されていないようにも見える。しかし今年の6月30日にフィリピン第16代目大統領に就任したロドリゴ・ドゥテルテ氏の大胆な行動によってある変化が起きている。

 7月27日付の英紙「Daily Mail」で報じられた記事を元にフィリピンの今をご覧いただきたい。

■「犯罪者よ思い知れ!」街中が○○だらけに!?

 街の通りに転がる何か。それは大統領に就任して1カ月が経ったドゥテルテ氏による、違法薬物撲滅のための血まみれの掃討作戦で殺害された人々の遺体だ。その中には衣服を剥ぎ取られ手足を縛られた者や、頭部を粘着テープでぐるぐる巻きにされた者、「私は密売人です」と描かれたボール紙を遺体の上に置かれた者など、そのほとんどが警察によって殺害されているのである

死体1

死体2

フィリピン国家警察(PNP)によるとドゥテルテ政権発足後、たったの2週間で麻薬密売人だけでなく、違法薬物使用者も対象にして1,844人が逮捕され135人が殺害されている。さらに7月末には死者は420人、自首した者も含めて逮捕者は何と6万6千人を超えたということだ。死者に関しては公正な調査や裁判などは一切なく、警察によって「処刑」と称して殺害されている。

 PNPは420人という膨大な数の密売人や麻薬常用者を職務として殺害したことを認めた。警視正で広報も担当するディオナルド・カルロス氏はこれらの殺害に対してあくまでも正当防衛だとし「亡くなった人たちは我々警察と戦うことを選んだのであり、我々は職務を全うしているだけです」と話す。そのかいあって路上での犯罪は一気に減少したのだとも述べている。

死体3

死体4

 昨年7月にトカナで当時、ダバオ市長として7期目を務めるドゥテルテ氏を「武闘派市長」としてご紹介したが、当時から海賊やテロ組織を撲滅し、犯罪者に対して「ここへ来られるものなら来てみろ。私がとどめを刺してやる」と公の場で発言するなど、常に大胆な言動が注目を集めていた。

この強引とも言える取り組みによって、ダバオ市がフィリピンでもっとも安全な町になったことで国民から絶大なる支持を受け、大統領選へ立候補することになった。

 そして今年のフィリピン大統領選では1660万票を集め、対立候補に650万票という大差を付けて勝利を収めた。大統領就任式のスピーチでドゥテルテ氏は、冷酷かつ執拗に違法薬物を排除する事を約束しこれまでと変わらぬ姿勢を強調している。

 しかし1日100円以下で暮らす貧困層が国内人口の30%を占めるフィリピンでは薬物の売買に関わり、また使用して中毒に苦しみ犯罪に走る人が後を絶たない。

 マニラ首都圏にある都市ケソンで「現在も多くの人が自首をしてくる」と話すのは、違法薬物撲滅タスクフォースを仕切るケソンの副市長だ。ドゥテルテ政権に殺されるよりはマシだと、自ら刑務所へ入ることを希望する人が多数押し寄せているというのである。その中には9歳の少年が含まれていたこともあり、いかにドゥテルテ政権がフィリピン国民に恐怖を与えているのかを物語っている。

 副市長は2010年にタスクフォースの責任者に就任したが、この1カ月の出頭者数はこれまで経験したことのない異常な事態だと驚きを隠せないでいるようだ。

 犯罪を許さず国の治安を改善し、国民を守るのは確かに素晴らしいことだ。しかし犯罪に手を染めてしまった者たちを手当たり次第に排除する前に、教育や雇用状態の改善、インフラ整備など国民を犯罪から遠ざける環境を作ることが必要なのではないだろうか。その恐ろしいまでのカリスマ性でフィリピンをどこまで変えることができるのか、これからもドゥテルテ大統領から目が離せない。

(文=清水ミロ)

http://tocana.jp/2016/08/post_10572_entry.html




◆麻薬撲滅のためなら1000人位殺して当たり前、内政干渉するなと居直るのは殺人臓器売買の江沢民や周永康と変わりません。

人権無視、国際世論を撥ね付け、目的の為なら手段を択ばないのは中国人共通のDNAなのでしょうか。中国も親中派のドゥテルテ大統領誕生に期待をよせて多額の経済援助で取り込みに懸命です。何が何でも南シナ海の島々を軍事要塞化したい中国は、日米、ベトナム、マレーシア、インドネシアなどからフィリピンを切り離し、中国包囲網を切断するつもりです。

◆3月18日に米、フィリピン両政府はワシントンで6回目の戦略対話を行い、フィリピン空軍基地5カ所を米軍の拠点とすることで合意しています。これは南シナ海で実効支配を強化する中国に対抗するための措置ですが、ベニグノ・アキノ政権時の話であって、6月の選挙でドゥテルテの政権が移ったので米軍基地の存立が怪しくなっています。 ドゥテルテの動き次第で南シナ海は新たな紛争が予想されます。

▼ドゥテルテと習近平の手打ち式?最悪だニャ!

001c5df6edd5c68c37b5562110ab57dc.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR