家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇



◆今朝も6時から連れ合いの介護と食事作りをやっていますが、手すきにネットのニュースを見ているとこのような記事がありました。




家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

maita160921-pics-thumb-720xauto.jpg

2016年9月21日 16時0分 

ニューズウィーク日本版

<退職後の日本の高齢男性の家事実施率は2.4%と欧米各国と比較すると極端に低い。高齢男性が家事をやらないことは、近年熟年離婚が増加していることとも関連がありそうだ>

 今週19日は「敬老の日」。総務省が今月まとめた統計によると、日本の高齢人口は3461万人で、国民全体に占める割合は27.3%と過去最高を記録した。

 人は誰しも老い、やがては社会の一線から退くことになるが、それに伴い生活も変化する。男性はその変化の度合いが大きく、外での仕事という役割を喪失して、何をするべきか見失った状態に陥る人も少なくない。

【参考記事】未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

 引退後の主な生活の場は職場から家庭へとシフトするが、家庭には家事労働という「仕事」がある。引退後の男性の家事実施率は、少しは上がるだろうと想像するかもしれないが、現実はそうではない。<図1>は、同居者のいる高齢者に「家事を担っているか」たずねた結果だ。日本、アメリカ、ドイツ、スウェーデンの4か国の男女の家事実施率を棒グラフで表している。

maita160921-chart01.jpg

 日本の高齢男性の家事実施率は2.4%と極端に低い。どの国でも、男性は女性より低いが、日本の性差はあまりに大きすぎる。男女平等先進国のスウェーデンでは、その差はほとんどない。

 時間ができるとはいえ、仕事一筋で生きてきた日本の男性が、いきなり家事に勤しむのは難しいようだ。2015年の調査で60歳以上ということは、1955(昭和30)年以前に生まれた世代にあたるので、戦前戦中の性別役割観が染みついているのだろう。妻の側も、夫が家事を分担することをあまり期待していないのかもしれない(夫がやっても二度手間になる)。

 しかし高齢期では夫婦だけの世帯が多くなるため、妻の不満は高まっていく。何もしない夫を横目に、自分だけがいそいそと動き回るのは心中穏やかではない。「定年退職して、家事もしない夫が毎日家にいると思うと気が遠くなる。離婚したい」といった新聞への投稿などから、妻側の心情が見てとれる。最近、熟年離婚が増えているというが、<図1>のグラフをみると「さもありなん」だ。

舞田敏彦(教育社会学者)

http://news.livedoor.com/article/detail/12047207/




家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇(2)

 2011年の総務省『社会生活基本調査』によると、無職の65歳以上男女の平均家事時間(1日あたり)は男性が51分、女性が178分。男性の分担率は、51/(51+178)=22.3%となる。男性(夫)の分担率は5分の1でしかない。都道府県別にみると、最高は長野の35.2%、最低は大阪の14.8%となっている。

 各県の高齢男性の家事分担率は、熟年離婚の発生率と関係がありそうだ。<図2>は、そのグラフだ。離婚率は、2012年中に離婚を届け出た女性(妻)の数を、同年10月時点の有配偶女性数で割って算出した。分子・分母とも60歳以上で、単位は1万人あたりにしている。

maita160921-chart02.jpg


 高齢者のデータでみると、男性の家事分担率は離婚率とマイナスの相関関係がある。相関係数(-1から+1までの値をとる測度で、-1に近いほどマイナスの相関が強いことを意味する)は-0.548で、統計的に有意(何らかの関連が認められる)だ。

男性(夫)が家事をする地域ほど、離婚率は低い傾向にある。

 もちろん要因は他にも考えられるが、47都道府県の総体で見て、定年後の男性の家事分担率と離婚率の間に有意な相関関係が見られるのは注目に値する。

【参考記事】女性の半数が「夫は外、妻は家庭」と思っているのに、一億総活躍をどう実現するのか

 熟年離婚が悪いとは言わないが、妻に去られた夫の苦難は想像される(それまで家事をしてこなかった場合は特に)。以前の記事で取り上げたが、男性の離婚率と自殺率はプラスの相関関係にある。女性には見られない男性固有の傾向だ。

 日本では定年退職に伴う役割変化があまりに急激で、男性はアイデンティティの大きな変更を求められる。しかしそれを緩和することは可能だ。現役時代から、仕事一辺倒の職業人だけでなく、家庭人や地域人としての顔も持つことだろう。それが充実した高齢期を送るためのステップとなる。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/09/post-5864.php?page=2




◆昔は「男子厨房に入るべからず」と教えられていました。私も幼いころ祖母から「台所は女の城、男がちょろちょろするところではありません」と叱られた記憶があります。恐らく日本の高齢男性はそういう躾がなされてきた慣習が今でも尾を引いているのでしょう。

e0149335_19123791.jpg

◆「男子厨房に入らず」の掟が悲劇につながることがあります。奥方が重病で倒れても「おい、ワシの食事はどうなっとるんだ?」などと云うものだから、奥方も意地になって床から起き上がり夕餉の支度をしながら、死んだなどという、信じられないような話もありました。男女共同参画社会の今日、古い日本のしきたりを改めない限り高齢男性の悲劇は止められないようです。

◆西欧では日本のような掟がなく、男は料理をしないまでも皿洗いくらいはやっています。

キリスト教の結婚式では神父が新郎新婦に誓いの言葉を掛けます。

「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」

これに二人は誓いますと宣誓します。しかし人は感情の生き物ですから、しばしば対立を繰り返し、段々溝が深まっていきます。長い人生、初心を貫くことは中々難しいですね。高齢男性諸氏は悲劇に陥らないよう、積極的に家事に参画しましょう。

5e84d05ee5df79d302c6f51022a9fadd_61947c.jpg

▼人生はただ、「忍」の一字だニャア・・・

bosuneko

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR